ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« メールが送信できない意外な理由。 | トップページ | ようこそ画面で止まるのをなんとかしたい。 »

2007年8月31日 (金)

リカバリを考える。その2

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは自社案件。
以前にも何度か呼んでいただいたお客様です。
機種は、4年程前の日立プリウス、デスクトップタイプ。初期状態ではXPのSP1です。

「あのー、ついに起動しなくなっちゃったんですけど…買い換えた方がいいですかね?」

起動しないって…どんなエラーが出ているかお聞きしてみると、

NTLDR is missing

だそうです。

…( ̄△ ̄;
そりゃダメですね。
年数的なところから考えても、ハードディスクが逝ってしまった可能性が高いですね…。

でも、以前にもあったように、ハードディスク要因以外のトラブルも考えられなくもないです。

パソコントラブル出張修理・サポート日記: ハードディスク異常ではなく…。

お伺いしてみて、とりあえずディスクのエラーチェックです。
ターゲットのハードディスクは、Maxtorのハードディスクでしたので、PowerMaxでエラーチェックできます。
簡易テストをかけたところでは、PowerMaxには拡張テストを勧められました。
この時点で、生還の見込みはほぼないであろうと思われましたし、今後もしばらく使いつづける予定だそうなので、とりあえずハードディスクの交換をすることになりました。

メインユーザーが小中学生のお子さんで、オンラインゲームばかりやっているということを考えると、八月末という時期的にも(笑)その方がよかろうという判断になりました。

さて、単純にハードディスク交換と新規インストールだけということで甘く見ていましたが…。

-----

新品のハードディスクを入手し、早速入れ替えて新規インストールを始めました。

この機種のリカバリCD-ROMは、ノートンゴーストによるディスクイメージによるリカバリでしたので、3枚のCD-ROMの差し替えで、1時間程度で初期インストールは完了。
次に機種オリジナルのアプリケーションのインストールで、CD-ROM2枚で1時間弱。
ということで、買ってきた状態にこぎつけるまでだけで2時間程度。

さて、問題はここから。

パソコントラブル出張修理・サポート日記: リカバリを考える。

こちらの記事にも書きましたが、基本的にわれわれ個人修理業者の取るべき「リカバリ」というのは、

説明書のリカバリ手順が終わったところまで

ではなく、

最新のセキュリティ修正を当ててきちんと使える状態にするところまで

を言います。
今回のパソコンだと、初期状態はSP1なので、

「買ってきた状態」のSP1のままでお客さんに引き渡しても、何の意味もありません。

最新のセキュリティ修正であるSP2を当てて、さらに山ほどあるそれの修正をかけなければなりません。
それには、この機種用の各種ドライバを、メーカーサイトで調べて最新のドライバをインストールしておく必要があります。
調べてみると、ディスプレイドライバなどを始め10数個ありました。
それを、何度も再起動をかけてインストールしていきました。
実にこれだけで2時間近く。

そして、そこまでやった上で、ようやくCD-ROMでSP2適用。
その後、改めてWindowsUpdateをかけてみると…なんと82個もの更新が。
もうげっそりです。

夕方の5時ぐらいからハードディスク交換を始めて、ほとんどかかりっきりでやってましたが、日付が変わってしまいました…。

はっきり言います。

人に気軽に「リカバリしたら?」なんて言うもんじゃありません。

実際、XPパソコンは、SP2以前の機種なんかは、SP2以後の機種に比べて手間が倍ほどかかります。

特に、SP2以前の機種に対して、適切なSP2適用なんて、素人ではほぼ不可能です。
今回は日立の機種で、比較的楽でしたが、NECの機種は、PCGATEなどのSP2非対応ファイヤーウォールソフトがあるので、それを外さなければならないなど、いろいろ必須項目が多すぎて、非常に面倒です。
それを知らない「ちょっと詳しい」程度の人では手に負えません。
何度も「おかしいなぁ~」と首をかしげながらリカバリを繰り返すことでしょう…。

ということで、

XPのSP2以前の機種は、リカバリしなければならない、という判断が下った時点で、ほぼ買い替えを推奨

ですね。
実際、SP2以前の機種を、うかつにメーカー修理に出したら、何万円も支払った上に、リカバリされてSP2適用が必要な状態で帰ってくる場合がほとんどです。
有名どころの2007年版のセキュリティ対策ソフトは、XPの場合、基本的にSP2環境が必須です。
適切なSP2化ができる人ならともかく、素人では、

せっかく修理から戻ってきたのに、使えない状態

というトホホな状態になります…。
SP2以前の環境でインターネット接続すると、ルーターなしでは、たちまちウイルスの餌食です。
それを知っている人ならともかく、知らない人の方が多いでしょうから、

修理上がりから即ウイルス感染で再修理

なんて事態も容易に想像できます。
しかし、たとえばハードディスク交換での修理だった場合は、ウイルス感染では現象が違うので、無償再修理というわけには行きません。

修理上がりのPCにそんな注意書きなど付いていませんので、お客さんからすれば納得いかないでしょうねぇ…。

メーカーはそれで許されます(?)が、我々個人業者がそれをやると、とりあえずお金はもらえても、二度と呼んでもらえません。

でも、こうなると、SP2以前のパソコンに関しては、ちょっと修理費の価格設定を見直さなければなりませんねぇ…。

とりあえず修理作業と最新版へのアップデートは完了しましたので、お客さんへ連絡して納品日を決めることにします。

しかし、この件に関しては、他にエピソードが2つほどあるのです…。
続く。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2007年08月31日(金) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連(リカバリ), データ救出・バックアップ, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い |

« メールが送信できない意外な理由。 | トップページ | ようこそ画面で止まるのをなんとかしたい。 »

定番トラブル」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(リカバリ)」カテゴリの記事

データ救出・バックアップ」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(ハードディスク)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

初期セットアップ関連」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/16327352/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: リカバリを考える。その2:

» ようこそ画面で止まるのをなんとかしたい。 トラックバック パソコントラブル出張修理・サポート日記
こちらは前回の続き。 XPパソコンのハードディスク交換で、リカバリ済みのSP1状 続きを読む

受信: 2007/09/05 9:44:34

» NTLDR is missing。 トラックバック パソコントラブル出張修理・サポート日記
こちらは前回の続きその2です。 とりあえずハードディスク交換およびセットアップ作 続きを読む

受信: 2007/09/06 9:52:11

» リカバリ トラックバック Diary?
リカバリ…難しいですねぇ。修理の受け付け窓口なんぞやってるもので、パソコン関連色々調べることが増えている今日このごろ如何お過ごしでしょうか。そんなこんなで最近しょっちゅ... 続きを読む

受信: 2007/10/03 22:05:07

コメント

「ちょっと詳しい人」が大嫌いなんですね。
ささもとさんは、「完璧なプロ」なんですね。

投稿: さしもと | 2007/09/05 18:31:42

”さしもと”さんとやら、あんたくどいよ。
見苦しいからイヤミなコメントやめなさいよ。

これだけデリケートに毎回お仕事日記を
書かれている”ささもとさん”に失礼と思わんのか?

そういう通り魔的コメントしかできないようじゃ、

それこそ「ちょっと詳しい?ちょっとイヤミな」
人と同類ですよ。

投稿: レッド | 2007/09/06 1:14:43

レッドさん
「くどいよ」って初めてのコメントですが・・・

別にイヤミでないですし。

投稿: さしもと | 2007/09/06 18:45:06

まぁまぁ、そう興奮なさらずに。
昔から「ネットの文は取り方しだい」って言うじゃないですか。
日本語って難しいんですよね・・・

取り方間違えたんなら反省して「すいません」
間違えるような書き方をしてしまったのなら反省して「すいません」

これで燃え上がることはありません。

冷静に行きましょうや。

投稿: ぶいち | 2007/09/06 22:06:53

さしもと さん
コメントをいただくのは結構なのですが、コメント1回あたり、たかが2行では、あなたの真意は全くわかりません。
それでは、辞任に追い込まれた「しょうがない大臣」や更迭された「バンソウコウ大臣」並ですよ。
世間はそういう人物に対して、決していい評価をしません。

さしもと さんの最初のコメントは、あの書き方では、

「『ちょっと詳しい知人』をそこまで糾弾するなら、お前はさぞかし完璧なんだろうな(嘲笑)」

というイヤミと読まれても文句は言えません。
そうではないとおっしゃるなら、その理由を明確にわかりやすく述べていただきたいですね。

ちなみに、たかが1~2行のコメントでのコミュニケーションしかしない、というのは、自分の貧困極まりない文章力を棚上げにして、相手に非常に高度な読解力を強要する、相手に対する礼儀のかけらもない、「私は非常に身勝手で自己中心的である」と主張しているようなものです。
もしそうだとしたら、そういうのは2ちゃんねるあたりでやってください。

初めてのコメントとのことですが、2度目のコメントを読むに、どうやら、さしもと さんは、自分が「初対面の人にも極めてブラックに近いグレーな言葉を投げつけるような無礼な人物である」と判断されてもいいみたいですね。
自分の意見を言わずに相手にやたらと確認を求めたり、大した説明もせずに「だし。」「ですし。」といった語尾を使って一方的に理解を強要するような相手を見下した態度は、その表れです。

短いコメントで相手をブスリと刺してやった、と思っているなら大間違いですよ。

ちなみに、私がさしもと さんの「確認」に回答するならば、

>「ちょっと詳しい人」が大嫌いなんですね。

あなたの「ちょっと詳しい人」の定義が不明ですのでわかりません。
敢えて答えるならば「違います。」です。

>ささもとさんは、「完璧なプロ」なんですね。

あなたの「完璧なプロ」の定義が不明ですのでわかりません。
敢えて答えるならば「違います。」です。

としか答えられません。

投稿: ささもと | 2007/09/06 22:33:58

ささもとさん

>「『ちょっと詳しい知人』をそこまで糾弾するなら、お前はさぞかし完璧なんだろうな(嘲笑)」
決してそういう意味ではありません、そういう風に聞こえたなら申し訳ありませんでした。

>「ちょっと詳しい人」が大嫌いなんですね。
と書いたのは、よく「ちょっと詳しい人」というワードが出てきて、あたかも「解らないなら、PCを弄くるな。余計に手間がかかる」と糾弾しているように読み取れたからです。

で、ささもとさんは「ちょっと詳しい人」ではなく「プロ」なので完璧なのかなと思ったんです。

>あなたの「ちょっと詳しい人」の定義が不明ですのでわかりません。

私はささもとさんの言葉を引用しただけなので定義云々はありません。
ささもとさんのいう「ちょっと詳しい」の定義とはなんでしょうか?

大変気分を害したみたいなので、その件については申し訳ありませんでした。

投稿: さしもと | 2007/09/07 0:05:36

さしもと さん
どうも「ちょっと詳しい」というキーワードが引っかかったようですね。
「ちょっと詳しい『だけ』」とでも言い換えればわかりやすいでしょうか。
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2007/08/post_f448.html
もしこちらの記事を読んでいただいていないならご一読願います。
詳しい「だけ」の人ならどこにでもいます。
自称初心者の人にとっては、インターネットやプリンタの接続設定ができるだけでも「詳しい人」に見えてしまいます。
先の記事にもある通りで、

問題をヤヤコシくするだけで、やりっぱなしでフォローをしない

というのが「ちょっと詳しい『だけ』の人」です。
ですので、

「解らないなら、PCを弄くるな。余計に手間がかかる」

ではなく、

「フォローできないなら、他人のPCを弄くるな。迷惑がかかる」

です。

私は「テクニシャン」ではなく「プロフェッショナル」(お金をもらって作業をする)という立場である以上、適当にやりっぱなし、というわけにはいきません。
まぁ、「ちょっと詳しい『だけ』」の延長で、そういうプロ意識に欠けている個人業者もいないとは限りませんが。
とはいえ、私は「自分は完璧である」という主張は一切していません。
パソコンの世界は、どんどん進化していくので、完璧であり続けることは不可能ですし、そもそもどんな業界でも、それを目指してはいるでしょうけど、「プロだから絶対に完全無欠で完璧」なんてありえません。
「プロ」という言葉を履き違えていませんか?
報酬なり時給なり月給なり、どんな形であれ、お金をもらうならば「プロ」なのです。
さしもと さんが何かの形でお金を稼いでいるならば、それはその仕事での「プロ」です。
「完璧だ」と言えなくても、少なくとも稼いだお金に見合った仕事をしていると言えなければなりません。
私に完璧さを求めるのであれば、さしもと さんはいかがでしょうか?仕事に関して完璧でしょうか?

また、さしもと さんの「100点でなければ0点、0点でなければ100点」といった言い方はいかがなものかと思います。
先にも述べたように、たかだか1~2行コメントでは真意は伝わりません。
相手は機械(パソコン)ではなく、人間なのですから。

それと、さしもと さん、そのお名前は本名なのでしょうか?

投稿: ささもと | 2007/09/07 6:39:17

ウインドウズXPをリカバリーしてる最中に PCの電源を落としてしまい再度電源を何度も入れ直してるのですが、全く動作しません エラーメッセージも何もでません。
F8キーを押して拡張オプションメニューだけは 表示されるのですが どの項目を選んで選択しても画面が真っ暗で何も出来ない状態です セーフモードでは 四隅にセーフモードアイコンがでるだけで 下の欄にスタートなどのアイコンは 表示できません、何か良い解決策ありましたら教えて頂けませんでしょうか

投稿: PC02 | 2007/11/01 14:45:11

すいません 投稿を無効にして下さい
お騒がせ致しました すみませんでした。

投稿: PC02 | 2007/11/01 15:01:49

すいません 投稿を無効にして下さい
お騒がせ致しました すみませんでした。

投稿: PC02 | 2007/11/01 15:01:52

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« メールが送信できない意外な理由。 | トップページ | ようこそ画面で止まるのをなんとかしたい。 »