ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 512MBでもこの遅さは…。 | トップページ | メールが送信できない意外な理由。 »

2007年8月27日 (月)

誰がこんなことを?2連発。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

この日に対応させていただいた案件のうち、トラブルが2件。
そのどちらもが、

「誰がこんなことしたんじゃ~!」

と叫びたくなるような原因のものでした。
要は単純な設定不良だったわけですが、こういう単純な設定不良ほど、意外とわからないものです。特に電話対応では…。

ということで、今回のトラブルはこれ。

  • 無線LANでつながった子機3台が全てつながらない
  • ワードなどは問題ないが、インターネットの印刷ができない
ご同業の方は、「ああ、おそらく単純な設定不良だろうな」となんとなくお分かりではないかと思いますが…。

-------

まずは無線子機3台のほうから。
「3台ともつながらなくなった」という時点で、ルーターの問題であることはかなり濃厚だったわけですが…。

お伺いして現象確認。
ご利用の回線はeo光。ご利用のルーターは、NECの3本角のハイパワータイプ。
はい、確かにつながっていません。
親機の電波は確かに拾っているんですが、接続ができていません。

こうなると、直接LANケーブルでつなぐしかありません。
そこで、常備している15メートルのLANケーブルの登場です。
もうこれは無線LAN設定の必須アイテムといえましょう。

直接つないで設定を確認してみると…ん?

子機側は3台ともWEPなんですが…親機側はWPA-PSK(AES)です…。

こりゃつながるわけないですよね…。

親機側と子機側を合わせてやったら、つながりました。当然ですが(苦笑)。
しかし…なぜに親機と子機の設定がずれている?

よくよく聞いてみたら…土曜日(8/18)あたりまでは使えていたけど、月曜日(8/20)にはつながらなくなっていたんだそうです。
うーむむむむ…またもや雷、です。
実はウチの比較的近所でしたので、ウチと同じく瞬停(瞬間的な停電)にあったのは間違いなさそうです。

しかし、完全に初期化されてしまったならともかく、雷で無線暗号化の設定だけが変わるなんて、正直、ちょっとありえない。

よくよくお聞きしてみたら、eoに電話して、「つながらない」の解決を依頼したんだそうです。
で、来てくれたはいいんですが、「ウチの光ファイバーは問題ないです」と確認しただけで帰ったんだそうです。
おいおい、それでいいのかeo。
お客さんは「ネットがつながらない」ので困っているんだぞ…。
まぁそりゃ、eoの責任の範囲は、確かに光ファイバの終端装置(ONU)までなんでしょうけどね。
で、ウチに話が回ってきたわけですが。

説明書でよくよく調べてみたら、どうもこのルーター、初期状態では無線の暗号化はWPA-PSK(AES)らしいです。

つまり、

  • 誰かが初期化し、PPPoE接続設定だけをやって、無線の設定はさわらずにいた
  • 誰かが親機の無線設定をWEPからAESに変えてしまった
のどちらかしか考えようがありません。

とりあえず、今後もルーター初期化の影響を受けにくくするために、子機側の設定をWPA-PSK(AES)にしておきました。
なぜルーターの設定、それも無線の暗号化設定だけが変わったのかが不明なので、とりあえずこれで様子を見てもらう以外にありません。
3台全てがつながることを確認して退出です。

-----

そして2発目。
インターネット表示の印刷ができないんだそうです。
お子さんの夏休みの宿題の調べ物をプリントアウトできなくて、困り果てていたんだそうです…。

お伺いしてみて現象確認。
パソコンはWindowsXP、プリンタはエプソンの複合機。
まずはプリンタのプロパティからテスト印字。
こちらは問題なし。接続の問題ではなさそうだ。
そして問題ないというワードからの印刷。こちらもプリントアウトできました。

さて、問題のインターネットの印刷。
正確には、InternetExplorerでブラウズしたWebサイトのプリントアウト。
とりあえずプレビューのチェックから。

真っ白のプレビューが出ました…。

ここから印刷すると…プリンタにはなにやら一瞬だけの印字指令が行きますが、プリンタは給紙しようとして止まる。
な、なんで???

ここまでくると、もうInternetExplorerの印刷設定しかないでしょう。
とりあえず、印刷関連の設定をあれこれ見直しです。

そこでふと目に留まったのが、「ファイル」→「ページ設定」。

Printer_property01
↑クリックで拡大します。ちなみに、ウチのキヤノンのプリンタのものです。

…うーむむむむむ。
なんか違和感が…。
なんだろうこれ、どこがおかしいんだ…???

そこで突然、ピンと来ました。

たしか、A4の紙幅は210mmのはず。
で、この余白設定は…左が20で…右が19.0…じゃなくて190???

つまり、余白だけで紙幅いっぱいの210mmになっていたので、どんなページであっても余白しか印刷できない、というわけです。

…( ̄△ ̄;
誰だよ、そんな設定にしたのは…。

ということで、余白を右19にしてみました。

Printer_property02
↑クリックすると拡大します。

違和感の原因はこれだったんですね…。
このウィンドウ右上の、余白部分を表示する部分が、右190だと真っ白だったのです。

なんともあっけない幕切れです。
でも、現象からすれば、こういったちょっとした設定の間違いであることは、ある程度想像は付いてたんですが…。

ということで、誰がこんな設定にしたんじゃ~!!2連発でした。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2007年08月27日(月) ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 印刷できない・印刷不良, 日記・コラム・つぶやき |

« 512MBでもこの遅さは…。 | トップページ | メールが送信できない意外な理由。 »

ソフトウェア不具合関連(設定不良)」カテゴリの記事

ネットにつながらない・遅い」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(無線LAN)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

印刷できない・印刷不良」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/16263834/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 誰がこんなことを?2連発。:

コメント

うちの学校では、Excelのシートを印刷する時、どういうわけか「ブック全体」にチェックを入れたらしく、延々数十枚の紙を吐き出させながらプリンタの前でパニクってた人がいました。
本人は「何もしていない」と言いはっていましたが、何かした人ほど「何もしていない」というものです。あはは。

投稿: みっぴ | 2007/08/28 20:25:42

みっぴ さん
お久しぶりです。
そちらの日記も見させてもらいましたが、やっぱり学校現場は大変ですね。しばらく居ただけによくわかります(^^;

そう、子供を相手にしてると、
「何もしてない!」
「勝手になった!」
「意味不明!」
とわめくコドモの多いこと多いこと(笑)。あ、先生もですかね(笑)。
「『意味不明』ゆーてるお前の方が意味不明じゃ!!」みたいな(笑)。
まぁ正直、この類のトラブルって、ホント「勝手になった」ってことは「まれ」なんですよね。
ご本人が忘れてる・気づいてないだけ、ってことがほとんどではありますが…まぁ仕方ないです。ギャラは出ますので(^^;

投稿: ささもと | 2007/09/01 2:16:12

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 512MBでもこの遅さは…。 | トップページ | メールが送信できない意外な理由。 »