ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 作業途中で止まります。 | トップページ | 元のハードディスクからファイルが取り出せない。 »

2007年11月21日 (水)

ハードディスクが認識されません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

「ハードディスク交換を手伝ってほしいんです」

という、一風変わった依頼を受けました。
パソコンは、DELLのDIMENSION8400。
Windowsが起動しなくなったそうで、あれこれチェックしていくと、どうやらハードディスクが壊れていると判明したんだそうです。
症状としては、もう定番と化した感のある

ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。

のアレ。

パソコントラブル出張修理・サポート日記: ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。
パソコントラブル出張修理・サポート日記: またご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。
パソコントラブル出張修理・サポート日記: Windowsが起動しません。でもこれでは直りません。

基本的には、何もしてないのにこのメッセージが出た時点で、ハードディスク交換がほぼ確定ですね。

で、ハードディスクに入っているデータが「人に見せられないモノ」なんだそうで、とてもじゃないけどメーカー修理には出せないそうです。

まぁ、機密情報などが入っていたら、自分の目の届かないところに送るわけにはいかないですよねぇ。
特に、メーカー修理は、ハードディスク交換の場合、有無を言わさず、不良品だったハードディスクは返却してくれません。
昨今の個人情報がどうとかいう事情から言っても、これはないんじゃないかなぁ…。
そろそろメーカーもその辺を考えるべきじゃないでしょうか。

とりあえず、ハードディスクが手に入ったところでご連絡を頂きましたので交換作業でお伺いです。

…とまぁハードディスク交換ぐらいならよくある話。
お伺いしてみて、DELLから届いたハードディスクを開けてみた。

DELLから届いたハードディスク
なかなか厳重に梱包されていました。
まぁ、これぐらいきっちりしていないと、振動厳禁のハードディスクなんて配送できませんから。

ということで、早速交換作業にかかったわけですが…そこに待ち受けていたのは、とんでもない事態でした。

なんと、つないだハードディスクを、Windowsセットアップが認識しないのです!

一体何があったのか?
まぁ順を追ってお伝えしていきます。

-----

とりあえず、筐体を開ける前に症状の確認。
電源を入れると、この見飽きたメッセージが。

ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。最近のハードウェアまたはソフトウェアの更新が原因の可能性があります。
コンピュータが応答しない場合、予期せず再開始した場合、ファイルとフォルダを保護のため自動的にシャットダウンした場合、前回正常起動時の構成を選択して、正しく機能した最新の設定に戻してください。

前回の試みが電源障害、あるいは電源ボタンやリセットボタンを押して中断された場合、または原因不明の場合は、通常起動を選択してください。

  セーフモード
  セーフモードとネットワーク
  セーフモードとコマンドプロンプト

  前回正常起動時の構成 (正しく動作した最新の設定)

  Windows を通常起動する

上矢印キーと下矢印キーを使って項目を選択し、Enter キーを押してください。

これで、どの項目を選んでも、起動ロゴの後に勝手に再起動、またこの画面、の繰り返し。
もういいです。おなかいっぱいです…。
いや、お客さん自身は初めて見る画面かもしれませんけどね…。

DELLに連絡して、内蔵ツールなどであれこれチェックした結果、やっぱりハードディスク障害なんだそうです。
やっぱりそうでしょうねぇ。

で、DELLの場合は、交換用の純正ハードディスクを送ってくれるんです。
メーカーが指定したものに交換するわけですから、相性問題がきっちりクリアできているので、安心して使えます。
これは他のメーカーも見習ってほしいところですね。
まぁ、大きな企業などで、PCメンテナンス部門があるところなんかは、こういうことは日常茶飯事ですから、もともと企業向けで展開していたDELLならではなのかもしれませんが。

で、ハードディスクの袋を開けてみると…シリアルATAです。

うーん、世の中はちょっとずつウルトラATAからシリアルATAへシフトして行っているんでしょうか?
でも、プリンタのシリアルポート→USB化と比べると、かなりゆっくりですよね。
とはいえ、着実にシリアルATAは増えつつあります。

ということで、今付いているハードディスクを抜いて、こちらに差し替え、抜いたハードディスクをシリアルATA→USB変換ケーブルにつないで、中のデータを書き戻せばOK。
持ってて良かったシリアルATA→USB変換ケーブル。

で、筐体を開けてみると…うわ~またホコリだらけです…。

ホコリだらけのCPUクーラー

うーむ、こりゃひどい。
またもや掃除機をお借りして大掃除です。

ホコリの取れたCPUクーラー

これでキレイになりました。
でも、掃除の過程で気になったのはコレ。

コンデンサがパンクしかかっています

コンデンサがパンクしかかっています…。

コンデンサとは、写真内の黒い円筒状の部品です。頭頂部が膨れ上がっているのがわかるでしょうか?
いずれそのうちなかなか電源が入らなくなるなどといった症状がでてくることでしょう。
ハードディスクも壊れたわけですし、耐用年数に近づいているということでしょうかねぇ。

さて、ハードディスクを新品に交換して、さっそくシステムの再インストールです。

ここから先は、説明書どおりに進めていくことになります。
とにかく書いてある通りにやること。これ重要。

で、その結果がコレ。

コンピュータにハードディスクドライブがインストールされていませんでした。

Windows XP Home Edition セットアップ
------------------------------------

コンピュータにハードディスクドライブがインストールされていませんでした。

ハードディスクドライブの電源が入っていて、コンピュータに正しく接続されていることを確認してください。ハードディスクに関連するハードウェア構成が正しいことも確認してください。必要に応じて、製造元の診断プログラムまたはセットアッププログラムを実行してください。

セットアップを続行できません。セットアップを終了するには、F3キーを押してください。

なんだとコラー!!ふざけんな!!ε=( ̄皿 ̄ )
先にBIOSの診断プログラムで、きっちり認識してる事を確認したぞ!!

…とは叫びませんでしたが、そんな心情でした…。

さて困った。
説明書は、あらかじめ取り付け済みのハードディスクに関する事は書いてあっても、交換した時の手順までは書いていない。
はてさて…。

持ってきていた検証用のPCを使って、ネット回線をお借りして、とにかく対処方法の検索です。
で、出てきたのがコレ。

Dimensionシリーズ 「再インストール用CD」 Windows XP Home Edition 再インストールガイド (ハードディスクの領域を変更する場合)

ほう~なになに、「AHCIコントローラドライバFD」が必要なんね。
で、それは「Dell Dimension ResourceCD」で作れるってか。
お客さんはFDの余りをお持ちでなかったので、とりあえず手持ちのFDをフォーマットして作ってみました。

で、Windowsセットアップを始めて、ブルーの画面になるところで、F6を押す、と。
…ああ、なるほど。
マザーボードの標準のIDEドライバを使わずに後付のハードディスクコントローラーを使う場合は、こうしてドライバを組み込むわけですね。
で、手順どおりにFDをセットして、読み込ませてみたら…

コンピュータにハードディスクドライブがインストールされていませんでした。

とまた同じ画面が。

なんだとコラー!!なめとんか!!ε=( ̄皿 ̄ )
ちゃんとドライバ読み込ませたったやんけ!!

…とは叫びませんでしたが、そんな心情でした…。

さて困った。どうしたもんか…。

さらに検索してみると、こんな情報が。

Dimensionシリーズ 「再インストール用CD」 Windows XP Home Edition 再インストールガイド (ハードディスクの領域を変更する場合 / FDドライブの無いお客様専用)

FDドライブのあるお客様だけど、こっちも試してみるか。
なになに…

インストールを開始する前に下記設定を行って下さい。
  • コンピュータの電源を入れ、DELLロゴ画面の右上に[F2 = Setup]および[F12 = Boot Menu]と表示されたら、[F2]キーを押します。
  • 青色のセットアップユーティリティ(BIOS)画面が表示されますので、左側のウィンドウに表示されたツリーの[Drives]に緑色のハイライトを合わせた上で[Enter]キーを押します。
    ※ ハイライトの移動にはキーボードの[↓]矢印キーを使用します。
  • [Drives]ツリー内にいくつかの項目が展開されるので、その内の[SATA Operation]にハイライトを合わせ[Enter]を押します。
  • 右側のウィンドウ内に表示された緑色のハイライトを[RAID Autodetect / ATA]にあわせて[Enter]キーを押します。
  • [ESC]キーを押します
  • 右側のウィンドウ内に表示された緑色のハイライトを[Save/Exit]にあわせて[Enter]キーを押します。

なるほど。
ということでその通りやってみた。

BIOS設定画面

ということで、設定を保存して再起動。
WindowsセットアップCD-ROMから起動するようにして…

やっと「セットアップの開始」となりました…。

つ、疲れました…。

まずは出荷時の状態にセットアップ、SP2適用とWindowsUpdateを適用、なんとか使える状態にはなりました。
今度はデータの流し込みです。
そこでもまた、一波乱ありました…。
そちらは次回の講釈で。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2007年11月21日(水) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連(設定不良), データ救出・バックアップ, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い |

« 作業途中で止まります。 | トップページ | 元のハードディスクからファイルが取り出せない。 »

定番トラブル」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(設定不良)」カテゴリの記事

データ救出・バックアップ」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(ハードディスク)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

初期セットアップ関連」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/17150748/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: ハードディスクが認識されません。:

コメント

こんにちは。

同業者です。(o・ω・o)

ホコリによる不具合はうちでも多いですね~

掃除してない人がほとんどです・・・・

投稿: ヒロ | 2007/12/01 15:05:37

これ、私もDellの企業向けPCで泣かされたことあります。電源ユニットを外付けにした奴です。そのひとつ前の型のDesktopではコンデンサのパンクに泣いて、その前は富士通HDDの障害と・・・
省スペースデスクトップは設計上排熱がかなりキツいので、HDDコントローラが熱でパンクすることも多いですね。

投稿: まく☆彡 | 2007/12/01 17:31:33

大阪南部の同業者です、いつも楽しく拝見させていただいております。
ブログは持っておりませんので、トラックバックはできません悪しからず
ご了承ください。
電話番とおっしゃっておられる女性の写真が気になってしかたありません
美しい方ですね。
ってのは置いときまして、愚痴を聞いてください。
委託のISP案件でして、ADSLから光フレッツへの切り替えです。
既存の無線LANでXP機2台、なのでCTUの設定のみの楽チンコースでした。
退出して30分ほどしたら委託元から電話で、何でもPCが終了できないと
のこと。
「おかしいなー、きちんと終了・起動の確認もしたし、そもそもCTUのみ
の設定でPCには変更加えてないのになー」
とりあえず再訪問の指示です。
お伺いすると確かに「終了」しても「再起動」になります。
98/MEでLANアダプタ追加するとこんなケースあったけど、今回は元々
利用中の無線カードだしなー???
ググリながらPCメーカーにも相談、ディスプレードライバの更新しろ
とアドバイスされ、しましたがNG
「まいったなー、次の作業に間に合わないよー」と悩んでいる間
お客様はもう1台のPCで何やらされている様子。
突然「こっちも終了できなくなった!」
「えっ?何かされましたか?」
「Nortonのアップデートした、そういえばそっちのPCも先ほどした」
NIS2007Corpのアップデートが原因でした、受託作業外で解決しても
どこからもギャラはでないし時間も無いので、Symantecに問い合わせて
いただくことで退出。
後味の悪い作業となりました。

投稿: ミナミのネコ | 2007/12/05 18:08:34

突然のコメント失礼いたします。

『日本最大級のASPデータセンター』:インフォブログランキングがSEO対策ブログパーツを開発いたしました。


詳しくは、http://www.info-blogrank.com/af-gang.html


ブロガー様のSEO対策を徹底応援させていただくために頑張ります。


また、更に、ブロガー様専用の完全無料・自動更新ページのご利用キャンペーンを開催いたしております。(リンク切れ一切なしのロボット管理)

ブロガー様のブログの更新がお休みの時も、自動で更新してくれています。
完全無料ですので、是非ご利用ください。

何卒、よろしく、お願いを申し上げます。

失礼いたしました。

投稿: 無料でSEO対策できる!ブログランキング | 2007/12/06 2:55:34

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 作業途中で止まります。 | トップページ | 元のハードディスクからファイルが取り出せない。 »