ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« ハードディスクが認識されません。 | トップページ | こんなソフトは買いたくない。 »

2007年11月21日 (水)

元のハードディスクからファイルが取り出せない。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

前回の続き。
なんとかリカバリまでこぎつけたので、今度は交換前のハードディスクからデータの流し込みです。

ということで、今付いているハードディスクを抜いて、こちらに差し替え、抜いたハードディスクをシリアルATA→USB変換ケーブルにつないで、中のデータを書き戻せばOK。
持ってて良かったシリアルATA→USB変換ケーブル。
…と前回書いた通りで、変換ケーブルでハードディスクをパソコンへつないでみました。

ハードディスク不良で交換したわけですから、認識できるかどうかは一抹の不安はありましたが、とりあえず無事認識したので一安心。

目的のファイルはマイドキュメント内なので、外付けドライブの「Documents and Settings」フォルダ内のユーザー名フォルダの中、ということになります。
「Documents and Settings」フォルダまでは無事アクセスできたので、ユーザー名フォルダをダブルクリックしてみたら…。

(ユーザー名フォルダ) にアクセスできません。
アクセスが拒否されました。
…うーむ、やっぱり拒否られましたか。

そりゃまぁ、「人には見せられない」データ満載とおっしゃっておられましたから、きっちりパスワードをかけておられたことでしょう。
こうなるのはある程度予測はしていました。

これは以前にもやったことはあります。

パソコントラブル出張修理・サポート日記: ハードディスクの耐久性。

つまり、パスワードがわかるとかわからないとかの問題ではなく、アクセス権の問題。
この時は、引き取り作業でしたので、メンテ用PC(ProfessionalバージョンのOS)で作業しましたので、それなりの事はできましたが、今回はお客様宅での作業(Homeバージョンのみ)です。
はてさてどうしたもんか…。

-----

XPの場合、最近ではファイルシステムは、ほとんどNTFSです。

従来(WindowsMe/98/95)のようにFAT16/32というファイルシステムでは、フォルダの所有権を、OSレベルでは管理ができないのです。
この場合、パスワードによるユーザー分けはできても、エクスプローラーなどでフォルダを開けば、いともあっさり別ユーザーのファイルを開く事ができてしまいます。
それをできなくする、つまりユーザー別のアクセス権をフォルダで管理できるようになったのがNTFSというファイルシステムです。

しかし、厳密に管理できるようになったがゆえに、今回のように万が一の事態には対処が難しくなります。

まぁ、その方がセキュリティ的には、いい傾向だとは言えるわけですが、管理者権限においてアクセス権を奪取すればいいだけです。ちょっと面倒なのは確かなんですけど。
パスワードがわからないと何もできないような暗号化ディスクになってしまうと、私のレベルでは手も足も出ませんので、暗号化ディスクが増えると、困ったことになるでしょうねぇ。

ということで、ハードディスク接続の次のミッションはXP HomeEditionだけでデータフォルダのアクセス権を奪取せよ!です。

以前やった作業では、

パソコントラブル出張修理・サポート日記: 本当に重いのはそれではありません。

回復コンソールでアクセスできないSystem Volume Informationフォルダを、caclsコマンドでアクセス権を奪取する、というものをやったことはあります。
でも、今回のように、ユーザー側でパスワードをかけたフォルダの場合、WindowsXP上での操作をするためには、これでは不充分です。
動作検証用のノートPCはまだ回線につながれていますので、とにかくググってみます。

「アクセスが拒否されました」とエラーが出てファイルやフォルダへアクセスできない問題への対処 - reroの日記

Windows の再インストール後,個人のファイルやフォルダ(例えば,C:\Documents and Settings\ユーザ名 以下のフォルダ)のバックアップにアクセスしようとすると「アクセスが拒否されました」とエラーが出てアクセスできない問題への対処.
…はい。もうそのものズバリですね。
ありがたく参考にさせていただきました。

でも、ここではWindows2000/XP Proの場合で書かれていますので、XP Homeのやり方に書き換えておきます。

  • まず、目的のデータが入ったUSB外付けハードディスクを接続したまま、セーフモードで起動して Administrator でログインする。
    これは、通常モードではファイルやフォルダのプロパティに「セキュリティ」タブが表示されないから。
    また、USB外付けハードディスクを認識させるには起動前につないでおくのが確実だから。
  • 開こうとしてアクセスが拒否されるフォルダ(あるいはそのフォルダより上の階層のフォルダ)を右クリックし、プロパティを表示、セキュリティ→詳細設定→所有者→所有者の変更 で Administrator を選択。
    同時に「サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える」にチェックして OK ボタンを押す。
  • すると、
    ディレクトリ .....\Documents and Settings\....(目的のフォルダの位置) の内容を読み取るのに必要なアクセス許可がありません。ディレクトリのアクセス許可を変更して、フル コントロールで利用できるようにしますか?
    [はい] をクリックすると、すべてのアクセス許可が変更されます。
    ということで、「はい」をクリック。
  • ここで指定したフォルダ以下全てにアクセス権を設定します。ファイル数が多いと結構時間がかかります。
  • いったんプロパティを閉じた後、再度そのフォルダのプロパティを開き、詳細設定→アクセス許可から、「子オブジェクトすべてのアクセス許可エントリを、ここに表示されているエントリで子オブジェクトに適用するもので置換する」にチェックして OK ボタンを押す。
  • すると、
    すべての子オブジェクトに対して明示的に定義されたアクセス許可を削除して、その子オブジェクトに継承可能なアクセス許可を伝達できるようにします。Templates から伝達された継承可能なアクセス許可だけが有効になります。
    続行しますか?
    ということで、「はい」をクリック。
  • ここで指定したフォルダ以下全てにアクセス権を設定します。ファイル数が多いと結構時間がかかります。
以上。

さて、これでフォルダが開けるようになるはずですので、開ける事を確認したら、再起動して通常モードでの起動です。

しかし…。
アクセス権奪取の過程で、どうしてもファイル名は表示されてしまいますので、パラパラと次々に表示されては消えていくファイル名を眺めていると…うーむむむ…中身までは見えるわけではないのですが、ファイル名から想像するに、これはちょっとヤバいですね。
どういったものであるかは伏せますが、確かに、いくらなんでも持ち出して作業できる性格のものではないようです…。

とりあえず、通常モードでのアクセスは無事できる様になりました。
外付けハードディスクから内蔵ハードディスクへ、問題なくコピーできることを確認して今回の作業は終了です。
データ量はかなり膨大でしたので、外付けハードディスクのケースを別途ご購入いただいて、コピーはご自身でやっていただくようお願いして退出です。

ということで、無事ハードディスク交換作業は完了したわけですが…後日談があります。
また起動しなくなった、とご連絡を頂いた時は心臓が止まりそうでしたが(汗)。
ということで、続きはこちら。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2007年11月21日(水) 定番トラブル, データ救出・バックアップ, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき |

« ハードディスクが認識されません。 | トップページ | こんなソフトは買いたくない。 »

定番トラブル」カテゴリの記事

データ救出・バックアップ」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(ハードディスク)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/17385505/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 元のハードディスクからファイルが取り出せない。:

» パソコントラブル出張修理・サポート日記 トラックバック clip.plustar.jp
パソコントラブル出張修理・サポート日記 続きを読む

受信: 2007/12/20 3:30:47

» 外付けHDDのファイルが開けない トラックバック Matthewの映画日記?
今年、PCが壊れたと思い、新しく買い換えたわけですが、新規購入したPCから、外付けHDDの中のファイルを見ること(アイコンはある)がDLしようとすると、アクセス権がないとかなんとかで、ファイルをDLすることが出来ませんでした。 新しいPCのOSがWindows7になったので、「もしかして、そのせい?」と思い、修理に出したPC(WinsowsXP SP2)を起ちあげて、ファイル(フォルダはあるが中は0バイトになっている)をDLしようと思いましたが、XPマシンでもDL出来ませんでした。 修理に出す際に、... 続きを読む

受信: 2010/09/17 22:36:30

コメント

同様の症状におちいり、メーカーサポートのQ&Aを見ても解決策がなく、どうしようかと途方に暮れつつ、検索をかけていましたら、こちらの記事にたどり着きました。

ことこまかに、書かれた記事の通り対応しましたら、無事、ファイルを開くことが出来るようになりました。
自分にとって、大事な写真やデータを失わずに済むことが出来ました。

貴重なトラブルの対応記事をUPしてくださって、本当に、ありがとうこざいました。

投稿: Matthew | 2010/09/17 22:18:43

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« ハードディスクが認識されません。 | トップページ | こんなソフトは買いたくない。 »