ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 身近な光景に突っ込みを入れてみた。その2 | トップページ | ホコリはパソコンの大敵。 »

2007年12月 3日 (月)

12月はハードディスクトラブル月間。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

11月末から12月にかけて、本当にハードディスクトラブルによる起動不良が多いです。
たとえば、

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: System32\Drivers\Ntfs.sys
次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした。 \system32\hal.dll
次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM

オリジナル セットアップ CD-ROM から Windows セットアップを起動して、このファイルを修復できます。
修復するには、最初の画面で 'R' キーを押してください。


このトラブルは、壊れたファイルを修復すれば直るようなメッセージを出してはいますが、

パソコントラブル出張修理・サポート日記: ハードディスクはジゲンバクダン。

こちらでも書いたとおりで、コピーなどして修復したところで、ほとんどの場合は直りません。

その辺の話を少ししてみましょう。

-----

このエラーメッセージの故障がどうして直らないか?

なぜなら、ハードディスクが壊れたために、このファイルが壊れているからです。

パソコントラブル出張修理・サポート日記: ハードディスクの耐久性。

こちらでも書きましたが、ハードディスクは低温下で使うと寿命が縮みます。
高温がダメなのはよく知られたところですが、冬場などで冷え込んだ状況下で使うと、年数の経ったハードディスクは、かなり壊れやすくなるようです。

たとえば、冬場冷え込む、窓際に近いところなどに置いていると、そういう事態に陥りやすいといえます。

この手のトラブルの電話を受けて、パソコンを置いている場所を聞いてみたら、ほとんどの場合、冬場になると冷え込む場所に置いておられます。
よくあるシチュエーションとして、

朝になって「おー、寒い寒い!!」とか言いながらプチッと電源を入れる
というパターン。

要するに、クルマの暖機運転もせずに急加速するようなものですね。

ハードディスクも機械モノですから、どうしても冷え過ぎには弱いわけです。
CPUはとりあえず結露さえしなければ室温程度まで冷やす分には問題ありませんが、ハードディスクは冷えればいいというものではないようです。

ハードディスクが常時20度程度以下にならないよう自動的に調整してくれるヒーターでも発売されればいいんでしょうけどねぇ。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2007年12月03日(月) 定番トラブル, データ救出・バックアップ, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い |

« 身近な光景に突っ込みを入れてみた。その2 | トップページ | ホコリはパソコンの大敵。 »

定番トラブル」カテゴリの記事

データ救出・バックアップ」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(ハードディスク)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/17575096/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 12月はハードディスクトラブル月間。:

コメント

初めまして。
いつも、楽しく、且つ参考に読ませて頂いております。

HDDと起動時温度の関係…統計が出ているとはいえ微妙ですね。
と、言うのは少々、疑問に思う事があるからです。
それは、カーナビ。
最近のカーナビはほとんどがHDDですよね?
温度環境からすると、起動時はカーナビHDDの方が過酷な訳で。

PCのHDDとカーナビのHDDは、何か構造が違うんでしょうかねぇ?
北海道など、内陸部でも日中気温がマイナスなど当たり前ですけど、北海道にHDDトラブルが多いとも聞きませんし…

以上、素朴な疑問でした^^;

これからも頑張って下さい。

投稿: pachira | 2008/01/18 11:35:52

pachira さん
コメントありがとうございます。
温度以前に、カーナビは、そもそもデスクトップPC利用では考えられない衝撃を常日頃から受けています。
また、温度変化も冬場に限らずモノスゴイです。
ハードディスクは動作可能温度が決まっていますが、上は空冷で冷やせても、下はヒーター以外では上げることができません。それに結露の問題もありますので、低温対策はおそらくなんらかの形でしてあるものと思われます。
カーナビのHDDは全く触ったことがないのでわかりませんが、パソコンみたいに、ドライブが裸でケース内にマウントされているだけ、ということはあり得ないと思いますよ。

そういえば、先日のニュースで、旭川でマイナス35度になって、カーナビどころかクルマのエンジン自体がかからなくなった、と言ってました。オイルが凍ってしまって始動できないんだとか。
今日は昨日よりも12度も高いのでまだマシです、とかいいながら冷凍庫よりも低い気温って…ねぇ。
寒冷地は、めったに雪の降らない地域の人には想像もつかない事態があるようですよ。

投稿: ささもと | 2008/01/22 7:51:39

ささもとさん
レス、ありがとうございます。
やはり、そうですよね^^;
カーナビHDDは、気温・振動に対して特別な対策はしてありますよね。

私は、東海地方に在住ですがやはり、ささもとさんのブログを見てから、冬場のPC起動には気を使うようになりました。

PCも”寒冷地仕様”とか出ると安心なんですが^^;

投稿: pachira | 2008/01/22 23:12:51

私は九州なので、むしろ12月はHDDのトラブルが少なくて助かります。

・・・・・そのかわり夏は凄いですよ~w

なにせ最高気温が37度とかになっても、エアコンを使わないご家庭も多いので。
そんなご家庭に出張行くと暑くて暑くてもう汗だくになりますw
お客様は涼しい格好ですけど、私はネクタイ着用ですからねぇ・・・・・

投稿: とみぃ | 2008/01/25 16:55:25

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 身近な光景に突っ込みを入れてみた。その2 | トップページ | ホコリはパソコンの大敵。 »