ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 2.4GHzのはずが274MHz?? | トップページ | ジャパネットたかたの罠。その2 »

2008年2月 1日 (金)

ジャパネットたかたの罠。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは、ジャパネットたかたで買ったパソコンのネット接続設定でのお伺い。

テレビやラジオの通販で、みなさんすっかりおなじみのジャパネットたかた
以前からパソコンも派手に売り込んでいるので、コレで買われた方も最近は多いようです。
実際にテレビなどで観ていると、

係員が無料で設定にお伺いいたします!!

とか言っています。
そういう仕事が回って来てほしいもんだなぁ…とか思いながら観ていたんですが、よく観ると、

某プロバイダの新規契約でのみ無料で

と小さく書いてあります。まぁそうでしょうねぇ。

今回は、お客様はすでに契約済みのプロバイダがあるので、「複合機も含めて初期設定済み」のパソコンを送ってもらって、設定は私に、というパターン。

複合機まで初期設定済みなら…と短めの時間を見込んでお伺いしたところ…。

エライ目に遭いました…。

実を言うと、ここ最近は何度もコレにやられているのです…。

-------

お伺いして箱を開梱。
パソコンは、NECの春モデルのノートパソコン。

「初期設定済みです」と書かれた青い紙がありました。
誇らしげに「Windows初期設定」と「複合機設定」にチェックマークが付いています。
ふーん、と思いながら電源を入れてみると…。

初期設定完了しとらんがな…。

確かに、確かに「WindowsVistaの初期設定」は終わっています。しかし…。

-----

最近のNECのパソコンは、余分なソフトがいっぱい入りすぎているのがあまりにも不評なのか、初期設定時に、添付ソフトをインストールするかしないかを選ぶことができるようになっています。

でも、基本的には、Word/Excel以外の添付ソフトは、添付しているからといって全て料金がかかっているわけではありません。
本当にあれだけ定価で入っていたら、とんでもない価格になってしまいますから。

私が勝手に推測する範囲では、添付ソフトは、パソコンメーカーがお金を払って本体価格に上乗せしているのではなく、ソフトメーカーの宣伝戦略の1つで、「入れさせてください」とお願いしているんじゃないかと思います。
メーカー製パソコンにすでに入っていれば、買ったお客さんは、入っているソフトをわざわざ別メーカーのを買ってくるはずもない、とユーザー獲得が容易になります。
また、パソコンメーカーにしても、ソフトをわざわざ別で買ってインストールしないと使えないパソコンでは魅力が少ないわけですから、お互いの利害関係は一致します。
パソコンメーカーにしてみれば、ソフトメーカーから格安、あるいはタダ同然、はたまたソフトメーカーから「広告宣伝費」の名目でお金を取るぐらいのことすらできるんじゃないかと思われます。

でなければ、あの価格であんなにたくさんのソフトをプリインストールできるはずがありません。
ジャパネットの説明でも、

50種類以上のソフトが入っています!!!

とか言って売り文句にしているぐらいですし。

-----

しかし!

その「売り」であるはずのプリインストールソフトを、全くインストールしていない状態だったのです!!

インストールするかどうかを選択する画面が出てきているのです…。

ああ…これじゃ、全自動とは言え、インストールをしていると最低40分ぐらい待たされることになるよ…。
勘弁してよ…。
お客さんに聞いてみたら、やっぱり「添付ソフトも使うつもり」だとか。

いちいち聞いて、最低限のインストールにする事もできるけど、正直、いちいち全てのソフトの説明をするぐらいなら、全部入れておいたほうが数段マシです。
ここで入れなかったら、後からの個別インストールは、確実にお客さんに手間なり作業費なりのツケが回ります。
それをしなかったら、私がお客さんから責められる羽目になります。やるしかありません…。

説明書では、添付ソフトのインストール画面をやり過ごさない限り、他の設定をしないようになっています。
でも、デスクトップのアイコンを見る限りでは、複合機の設定は済ませてあるようです。
それが結果的に問題ないかどうかは別として、その辺の手順は守った方がいいんですけどねぇ…。
そこまでやっておいて、どうして売り文句の「50種類以上のソフト」の処理をしてくれていないわけですかねぇ。
ってか、「初期設定済み」と書いてある紙には、「電源を入れればすぐに使えます」って書いてあるのはどういうことですかねぇ。

おかげで、以降のお客さんの予定が全てずれ込んでしまいました…。
私の見込みが甘かったとは言え、ホント、勘弁してもらいたいッスねぇ…。

以降、この手の新規設定の話は「ジャパネットで買ったのかどうか」を確認させてもらってます。
そして何度も同じ状態のNEC製PCを面倒見てきました。うんざりです。

ちなみに、おなじジャパネットでも、富士通製のPCだったら、基本的には一通り終わっている(メーカー独自のアップデート除く)ので、同じ問題はほぼないのですが…別の罠が隠れてました。
そちらはまた次回の講釈で。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2008年02月01日(金) ソフトウェア不具合関連(設定不良), パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 日記・コラム・つぶやき |

« 2.4GHzのはずが274MHz?? | トップページ | ジャパネットたかたの罠。その2 »

ソフトウェア不具合関連(設定不良)」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

初期セットアップ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/40014412/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパネットたかたの罠。:

コメント

maru です。

ジャパネットたかたで販売している、PC ですが、確かに最新のモデルなんだとは思いますが、Vista モデルで CPU がセレロンと言うのは、如何な物だと思います。確かにメーカーが、出しているので問題が有るとは思いませんが、個人的には Vista でセレロンは厳しいのでは?と思っています。メモリーなら増設も出来ますが、CPU はどうすることも出来ません。

これも、ジャパネットたかたの罠、う〜ん、メーカーの罠でしょうか。

投稿: maru | 2008/02/06 12:15:09

それは災難でしたねぇ(笑)

実際、私はNEC製PCですと初期設定はインストールを含め1時間とみてます。
Windowsアップデートとその他アプリの初回起動などを行えば軽く2時間です。

あとは「富士通の罠」も非常に気になりますがw

投稿: とみぃ | 2008/02/06 14:11:50

以前、ジャパネットの設定案件やっていました。

ジャパネットのは積んでいるメモリーが少なすぎますね。
見た目を安くして、売った後のことは考えていません。

あとN社の無線ルーターの初期不良率が非常に高く、仲間内でも「外れロットでは」と言っていました。

投稿: 逸朗 | 2008/02/06 17:37:47

私は有無を言わさず
最小インストールを選んでいます。
そこまでする義理はありませんので、
あれなら3分ほどで終わります。

ミッションになければそれで逃げられるのですが
ささもとさんのように細かなケアが必要な場合、
しかたないんですかねぇ
お疲れ様でした。

富士通には2007春 泣かされました。
確かにセレロンはいただけませんね。512MBラムとか
何考えてるんだろって思います。

投稿: レッド | 2008/02/07 1:23:01

以前、日経のあるPC雑誌でプリインストールのソフトについて取材していた記事を読んだことが有ります。
その雑誌は廃刊になりましたが(^^;

やはりソフトメーカーの間で壮絶な争奪合戦を展開しているようです。
現在はどうか分かりませんが少なくても数年前のその記事によるとソフトメーカーの担当者がそれぞれパソコンメーカーに張りついてうちのソフトを入れて欲しいとお願いに行っていたそうです。

初めて使うソフトが既にPCに入っていることで顧客の囲い込みが出来ると考えているようで無料とまではいきませんが相当安い金額が相場らしいですね。

確かに使ってもらって初めてソフトの使い勝手が分かるから気に入れば使い続けてもらえるのでソフトメーカーとしてはやらざるを得ないのでしょうね。
しかし、その後のバージョンアップに繋がるケースってセキュリティ関係を除くとどうなんでしょうか?

投稿: GAN☆ | 2008/02/07 6:15:30

maru さん
それはメーカーの低価格戦略ですから仕方ないですね。
・CPUグレードを下げて価格を安くし、買いやすくする
・1~2年で陳腐化し、買い換えざるをえなくする
はい、メーカーの罠です(笑)。

とみぃ さん
NECも機種によりさまざまです。
先日はスタートアップシートに最大100分、って書いてある機種(春モデル)を見ました。
これだといくら早くても2時間はかかることに…。

逸朗 さん
春モデルは最初から2GB搭載のものもちょこちょこ出てます。
これはやはりメーカー側の問題ですね。
お客さまのためを思えば、本来ならメモリを増設して出すべきなのでしょうけど、メモリが増えてる程度では、商品紹介時の「お徳感を出す目玉」とはなり得ないのでしょうね。
2流メーカーの周辺機器をつけるよりよっぽど値打ちがあるんですけどねぇ。
あ、ちなみに、N社製ルーター、初期不良率が多かったのは、店頭販売品でもそうでした。去年の夏から秋にかけてだったかな。

レッド さん
まぁそこまでする義理は、と言われればそうなんですけどね。
委託業務ならば後のフォローは他人に振れますけど…。
秋から冬にかけては、年賀状需要がありますので、入っていなければ、クレーム必至ですので。
やはり「説明書通りに使える」「うたい文句通りにソフトを揃える」ほうがいいと思います。
今回の記事の主題でもありますので…。

GAN☆ さん
やはりそうでしたか。
よく言われるのは「いらんソフトぎょうさん入れてからに、入れんでええからそのぶん安うして欲しいわ」。
おそらく少しも安くならない、ってことでしょうね。
雑誌で言えば、某トラ技(笑)のように、記事より広告の方が多いので分厚さの割に安い、ってなもんでしょう。
添付ソフトでの囲い込みという点においては、セキュリティ関係以外では、年賀状ソフトはかなり有力ですよ。これもセキュリティ関係と同じく、毎年のバージョンアップにつながるわけですが…。
それ以外のソフトでも、「買ったパソコンに入っていたから使っているソフトがあって、次のパソコンもそれを使いたいんだけど。え?入ってないの?」てな話の展開の多いこと多いこと。

投稿: ささもと | 2008/02/07 7:40:17

そういえば同じメーカーのパソコンを1~2年おきに買い換えている友人がいます。
彼曰く、いつも最新のソフトが使えるからだそうです(^^;
1~2年だと買い取りも結構高くしてくれるので結局お買い得なのだとか...
こういう人には囲い込みの意味はないですね(笑)

投稿: GAN☆ | 2008/02/15 6:24:26

GAN☆ さん
目的が「添付ソフト」ってのが本末転倒かどうかは微妙なところですが(笑)。
20年以上前に「ソフトウェアのオマケにハードウェアが付いてきます」なんてキャッチコピーのビジネス向けコンピュータがありましたけどねぇ…。
まぁ、量販店で売ってるようなメーカー製PCってのは、あくまで「少なくとも3~4年は買い換えないライトユーザー」がターゲットという気がします。
1~2年でハードそのものをまるごとがっさり買い換える人って、かなりレアな存在のような気がするんですが、どんなもんでしょ?

投稿: ささもと | 2008/02/15 9:21:57

私もかなりレアなケースだとは思います。

ただ、1~2年前のモデルは確かにわりと高額で取引されているのも事実です。
コストパフォーマンスを考えると使い潰すより下取りやオークションに出すのもありなのかなとは思います。

私の場合は親指シフターなので親指シフトキーボード搭載モデルをいつも購入しています。
量販店モデルと比べると法人モデルなのでソフトは最小限でお値段は少し高めです。

だから7~8年は使うのが当たり前なのですがそれでも5~8万程度で第二の人生を歩んでもらっています。
これは親指シフトキーボード搭載という付加価値があるからだと思っています。

投稿: GAN☆ | 2008/02/17 6:47:00

GAN☆ さん
私も昔、親指シフトのオアシスを買取に出したことがあります。12~3万円で買って3~4年ほど使いこんだものでしたが、5万ほどで売れた記憶があります。
でも、親指シフトで慣れてしまうと後がまずいかなと思い、結局親指シフトは身に付けずじまいでした。

でもまぁ、1~2年での買い換えって、それができる環境ならいいでしょうね。私はちょっと無理そうです…。

投稿: ささもと | 2008/02/22 17:46:54

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 2.4GHzのはずが274MHz?? | トップページ | ジャパネットたかたの罠。その2 »