ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« Windowsメールから送信ができません。 | トップページ | OCNのメールが送信できない。 »

2008年4月25日 (金)

おたよりコーナー:WindowsUpdateはどこまで?

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

えー、さて、おたよりコーナーです。
九州のとある会社の方から。

-----

こんにちは、いつもブログを楽しく拝見しております。

現在窓口で加入や相談をメインに受けているのですが
それ以外にもWindows(Microsoft)のアップデート等をする事もあります。
Windows Updateの際、高速(推薦)の分だけインストールするのか
カスタムで全部入れるべきなのかどこまでしていいものなんでしょうか?
ネットで検索をすると詳しくは方の場合は高速の方だけでいいと書いてあることが殆どなので
窓口で対応するときもどこまでしていいものか迷ってます。

笹本さんがお客様のを扱うときはどこまでインストールしていますか?
参考にしたいのでメールしました。

-----

はい、ありがとうございました。
それでは早速回答してみたいと思います。

-----

結論から言うと、私の方針としては、

実質的には「高速」の分だけ

ということになります。
通常は、

「カスタム」で内容を確認して、ほとんどの場合は特にいじらずそのまま(≒「高速」)

でやってます。
要するところ、「カスタム」でも、「優先度の高い更新プログラム」のみにチェックが入った状態で出てくるので、そのままだと「高速」となんら違いはないはずです。
「追加選択(ソフトウェア)」や「追加選択(ハードウェア)」の分は、必要がなければ入れません。
場合によっては、たとえば「WindowsMediaPlayer」を入れたり入れなかったり、「.NET Framework」を入れたりいれなかったり、といった程度。
「高速」だと、内容の確認はできても外せないので、私は最初から「カスタム」です。

最近は「Windows Genuine Advantage 確認ツール」がインストールされなおされることが多く、何度もアップデートの確認が必要だったりで、「高速」「カスタム」問わず、かなり面倒ですね。

でも、ハッキリと、

「カスタム」で出てくる分でも、追加選択を含めると、全て入れるということはありえない

とだけは言えますね。

「.NET Framework」は、全ての環境で必須とはいえませんし、やたらと数が多いIMEの多言語ソフトウェアを入れると、ほとんど使われないフォントがインストールされ、容量もさることながら、無駄にシステムへの負荷がかかることになります。
まぁ追加選択しない限り入らない場合がほとんどですが。

ただ、最近で注意が必要なのは、「優先度の高い更新プログラム」に「InternetExplorer7」が入っているので、あえて入れない(チェックを外す)ようにはしています。
個人でお使いのパソコンでは、ご年配の方や初心者の方などは、IE6→IE7という大幅なインターフェースの変更についてこれないので、無駄な時間を割くことになりかねません。
特に仕事でお使いのパソコンに関していえば、うっかりIE7を入れると、業務が停止する危険性があります。
実際、IE7にしたら、とあるスクリプトで、ポップアップがメインウィンドウの裏側に回ってしまい、タスクバーからポップアップのウィンドウをクリックしなければならないようなものがあるのを見かけました。修正プログラムはありましたが、ちょっと面倒ですよね。
まぁ、いつかはIE7に変えなければならない日が来るんでしょうけどね。

といった感じです。

結論:

WindowsUpdate/MicrosoftUpdateは「カスタム」で、「推奨」のものだけ(=「高速」)にしておく、ただし当面は、IE7がある場合は外す

といったところです。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2008年04月25日(金) ソフトウェアアップグレード関連, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 読者のおたよりコーナー |

« Windowsメールから送信ができません。 | トップページ | OCNのメールが送信できない。 »

ソフトウェアアップグレード関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

読者のおたよりコーナー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/41006084/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: おたよりコーナー:WindowsUpdateはどこまで?:

コメント

こんにちは、この質問を送った者です。
基本的には高速のものだけインストールするんですね。
窓口で対応するときの参考にさせていただきます。
ありがとうございました
最後に変身が遅くなりスイマセン。

投稿: たけ | 2008/05/19 11:25:31

たけ さん
高速のもの、ただしXPの場合IE7とSP3は場合による、ということになります。
「高速」だと項目を選べませんので、結局は「カスタム」ですけどね。

投稿: ささもと | 2008/05/22 7:08:49

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« Windowsメールから送信ができません。 | トップページ | OCNのメールが送信できない。 »