ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 起動に30分かかります。 | トップページ | 無線LANアダプタが見つからない? »

2008年5月23日 (金)

ConfigFreeとAOSSの微妙な関係。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは東芝ダイナブック、WindowsXPのお客様。

「無線LANがつながらないんで何とかしてほしいんです」

まぁよくある話といえばよくある話。
しかし、そこにはとんでもない落とし穴が潜んでいました…。

お伺いしてから、まずは現象確認。

お使いの無線LAN親機は、バッファローのAOSS対応のもの。
クライアントマネージャ3を使ってAOSSで接続しようとすると…。

AOSSでセキュリティを設定します…

ここで止まってしまい、最終的には、

AOSSモードのAirStation(親機)に接続できませんでした

これで終わってしまいます。
うーむ。
要するに、AOSSで接続するクライアントマネージャ3と、ダイナブック内蔵のConfigFreeが当たっているんでしょう。よくある話です。
ConfigFreeとかは、うかつに外すと後が面倒なので、こういう場合は手動でWEPキーやWPS共有キーを入れてしまうんですが…。

「いや、でも、こちらのだとつながってますけど」

は?

奥からお客様が持ってきたのは、微妙に型番は違いますが、見かけはほぼ同じのダイナブック。
見ると、こちらでは、きっちりクライアントマネージャ3でAOSS接続しています。

「同じダイナブックだから大丈夫だと思ったんですけど、ダメなんですかね?」

…うーむむむむむ。

-----

ダイナブック、ダイナブックと書いてますが、実は、正確にはダイナブックではなくコスミオ(Qosmio)
東芝のノートパソコンは、通常のノートパソコンはDynabook、AV重視のノートパソコンはQosmio、とブランド分けしているようです。

ノートパソコンが2台もあるいきさつは、そもそもお使いの新品のコスミオが調子よく無線LANで使えていたので、ご家族用にと(型番は違いましたが)ほぼ同じ見かけのコスミオを中古で入手。
同じように無線LANで接続しようとしたらうまくいかない、というもの。
どちらも同じくConfigFreeを使っているし、どうして機種によってつながったりつながらなかったりなんだ?

セキュリティ対策ソフトを止めてみたり、クライアントマネージャ3をダウンロードしなおしたり、いろいろいじってみましたが、どうにもつながりません。
どちらも同じセキュリティ対策ソフトなので、このままでは説明がつかない。
うーん、どうしたもんか…。

ふと思い立って、ConfigFreeのバージョン情報をチェックしてみました。

ConfigFree(TM) Version 5.50.12

↑こちらがAOSS接続のできないコスミオのConfigFreeバージョン情報。Version 5.50.12です。

ConfigFree(TM) Version5.70.09

↑こちらがAOSS接続のできている新しいコスミオのConfigFreeバージョン情報。Version5.70.09です。

…うーむむむむ。
どうやら「バージョンが新しいものは、AOSS対策ができている」と考えるのが自然なようです。

んじゃ、バージョンアップすりゃいいんじゃ?
確か、機種別に不具合モジュールのバージョンアップができるはず。
…と思ってコスミオのサポート情報サイトへ行ってみたんですが…。

どうもConfigFreeは、不具合対策でのバージョンアップをさせてくれないようです…。

東芝サイト内をいろいろ探ってみたんですが、どうもConfigFree単体のダウンロードをさせてくれる雰囲気がありません。
たぶん、ConfigFree自体が、かなり機種に依存したソフトなのでしょう。

クライアントマネージャ3 対応確認済みパソコン(最終更新日:2007年01月19日) :株式会社バッファロー

コスミオはいろいろ機種が出ているんですが、クライアントマネージャ3の対応確認のできている機種には、このサイトには2機種しかありません。
表下部の注意書きにあるような、「PC搭載の標準接続ツールをお使いください」といった表記にすらなっていません。

まぁ、いずれにせよこの状態では、クライアントマネージャ3での接続は無理、といわざるを得ません。
ConfigFreeのバージョンが違う、という部分でしか説明がつきませんが、AOSSでつながらない明確な原因を調べるのが目的ではなく、無線LANでつながるようにする、ということが目的です。
その辺をお客様にご説明差し上げて、親機への接続を手動で行いました。

[QA番号: BUF3799]AOSS非対応の無線LANアダプタで、AOSS状態のエアステーションに接続する方法 :株式会社バッファロー
[QA番号: BUF7110] Windows XP標準のワイヤレスネットワーク接続を使用して無線接続する方法(無線LAN全般) :株式会社バッファロー

有線で接続し、設定画面を開き、暗号化キーを拾い出して、親機の名前(ESSID)を探し出して接続、求められた暗号化キーを入力してOKです。
上記サイトではXPの標準の機能を使っていますが、今回はConfigFreeでやっておきました。

以前から、ダイナブックやコスミオで、同じくConfigFreeを使っているのに、すんなりクライアントマネージャ3が使えたり使えなかったり、という現象があり、首をかしげていましたが、今回は偶然にもバージョン違いによる動作の差を見つけることができました。
何かクライアントマネージャ3がきちんと動くような方法もあったのかも知れませんが、今回は時間の関係もあり、こういう決着になりました。
そこまでしてクライアントマネージャ3が使えるように、とバッファローに義理立てする理由なんてありませんしね…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2008年05月23日(金) 定番トラブル, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき |

« 起動に30分かかります。 | トップページ | 無線LANアダプタが見つからない? »

定番トラブル」カテゴリの記事

ソフトウェアアップグレード関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール)」カテゴリの記事

ネットにつながらない・遅い」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(無線LAN)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/41297646/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: ConfigFreeとAOSSの微妙な関係。:

コメント

はじめまして場末のパソコン教室で講師をしているものです。いつも楽しく拝見させていただいております。同様の症状で困っていたのですが、おかげさまで疑問が氷解して気分晴ればれです。

投稿: 場末講師 | 2008/07/03 11:26:29

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 起動に30分かかります。 | トップページ | 無線LANアダプタが見つからない? »