ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« Microsoft Update をコンピュータにインストールできませんでした[エラー番号:0x80004005] | トップページ | ブログでギネス認定、世界初は…。 »

2008年5月29日 (木)

それは不良品ではありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは、無線ルーターの設定依頼のお客様。

「もう散々あれこれやりつくしたんですが、つながらないんです。なんとかしてください」

…うーむ、そのお話からすると、かなり悩まれたようですね。
まぁそうでなければ、私に声がかかるというわけではないでしょうけど。

お伺いして現象確認。
…確かにつながりません。
こちらのお客様の回線は、某光回線のブリッジモデム(ONU)接続。
ルーターは、PLANEXのBLW-54CW3。
B00104EQ9Q
PLANEX WPSボタン搭載 IEEE802.11g/b 高機能・ハイパワー無線LANブロードバンドルータ BLW-54CW3

しかしまぁ、無線ルーターもずいぶん安くなったもんですねぇ…。

最初、てっきり無線がつながらないかと思っていましたが、無線はつながっているんです。
つながらないのは、その先なんです…。

-------

設定画面を見ても、プロバイダからIPアドレスをもらえていません。
ルーターがプロバイダへつながらない状態が続いています。

つまり、ここでの問題は、PPPoEの認証が通らないということ。

こうなると、パソコン側の設定の問題ではなく、単純にルーターの問題。
まぁ、お客様もそれなりに散々悩まれたんですから、いまさらパスワードの入力間違いとかはあろうはずがなく、パスワードの入れ直しやDNSの手打ちなど、わかる範囲でいろいろやりましたが、当然ながらダメ。

…これ、ルーターがおかしいんじゃないですかねぇ?

「実は別の業者さんにも見てもらって、同じことを言われたんで、交換してもらったんですけど…」

…( ̄△ ̄;
そ、そうですか…。
そうでしょうねぇ…。

とりあえず、こういう場合の動作検証用に、無線ルーターを持っているので、そちらにつなぎ替えて、お客様のユーザーID・パスワードを設定したら…いともあっさりつながります。
これでルーターがおかしいのは実証できましたが…一度新品と交換しているってことですから…うーむむむむ。

とりあえず、ネットにつながっている今の状態で、メーカーサイトを開いてみたら…。

新しいファームウェアがリリースされてました…。

PLANEX:ダウンロード:ブロードバンドルータ:BLW-54CW3

ルーターの設定画面からバージョンを表示させると、「Version 11.4.3.4.1j_b2」
サイトでリリースされている新しいバージョンは、「Version 11.4.3.4.1j_b4a」
今搭載されているのは、どうやら一番古いバージョンのようです。
(お伺い時点ではこれが最新版でした。この記事の公開時点では、「Version 11.4.3.4.1j_b5」が最新となってます。とはいえ、バージョン表記が違うだけのようですが…)
しかも、よくよく見ると、「PPPoE接続に問題があるのを改善した」と出ています…。
これじゃこの回線ではつながらない、というのは充分に考えられる話です。

「ええ~?店の人に『○○(今回の回線)でいけますか?』って聞いて『OKです!』って言ってたから買ったのに…」

お客様は当然お怒りモードで店へ電話。
しばらく揉めてましたが…

「ダメです…『それは不良品ではありません』と譲らないんで、もういいです。もうあの店からは買いません」

店側の主張は、「PPPoEを使わない、たとえばフレッツ光プレミアムなどのルーターありの環境であればつながるだろうし、メーカーは回収をしているわけでもないし、メーカーサイトではファームウェアの公開で対応してるので、それは不良品とは言わない」とのこと。当然ながら「返品には応じるつもりもない」、とのこと。

( ̄△ ̄;
ダメダメな対応ですよねぇ…これじゃお客様の信頼なんて得られるわけないでしょ…。

要するに、

どんな初心者であっても、パソコンを使う以上は、ルーターがおかしければファームウェアのアップグレード程度のことは自分で調べ上げて自分でやれ

ということです。

ムチャクチャ言いますよねぇ…。
それが通るなら、私のようなパソコン出張修理業者なんて、商売あがったりじゃないですか…。

ここでメーカーであるプラネックスにねじ込んでもいいんですが、おそらく同じ対応でしょうし、「販売店に言え」と言われるのがオチでしょう。やるだけ無駄です。

ということで、ファームウェアのアップグレードをしておきました。

無線ルーターのファームウェアのアップグレードって、いろいろ面倒なんですよね。
設定用パソコンのIPアドレスは、DHCP自動取得ではなく手動設定で固定にしておく必要があったり、無線接続ではダメだったり。
そんなもん、初心者にできるわけなかろうに…。

途中で停電やブレーカー切断にならないかとヒヤヒヤしながら、アップデート開始。

無事完了したので、バージョンチェック。
…うん、問題なくアップデートできてます。

では早速コレでつないでみますか。

…うーむむむむ、やっぱりつながらんではないか!!!

最終的には、設定情報に書かれた手動設定用DNS情報を打ち込んでやるとつながりました。

もしかしたら、MACアドレスなどの関係で、接続までに時間がかかっているだけということも考えられますが、検証用ルーターはDNSを手打ちする事もなくあっさりつながったところを考えると、どうもこのルーターの接続性の問題だと思われます。

まぁ、ADSLの出始めの頃は、似たような問題は時々ありました。
そのせいで、私も一時期はルーターをいくつも買い換えてましたし…。
でも、今時その程度の事で悩む羽目になるなんて、珍しいですよねぇ…。

とりあえず、お客様としては、接続出来る様になったので、何とか収めてもらえました。

-------

それにしても、私の前に来た業者は、どうやら大手の業者らしかったんですが、検証用のルーターにつなぎかえる事もせず「ルーターの初期不良です」と言い放ってそこそこの料金を取って帰ったらしいのです。
どこのアルバイトですか、その作業員は…。

私も法人案件や委託案件で行く事があり、確かにギャラは安いです。
まるでアルバイトみたいなギャラだったりする事もあります。
この業界は、そういうのが通例だったりしますが、作業員自身も、それ以上のスキルがあっても「それ以上」をあえてしなかったりする(要は「ギャラ相応の仕事」しかしない)ことが多いようです。
それでは、結局は自分にはね返ってくることになるのに…。
「ギャラ相応の仕事しかしないからギャラを叩かれる」ということに気付いていない作業員は淘汰されるだけです。
委託案件であっても、私は、自分の持つスキルをきちんと使って、エンドユーザーさんから頂く料金に見合う(もしくはそれ以上の)仕事をしていきます。

そうしなければ、自分のギャラはもとより、やはりお客様にご満足いただけないわけですから。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2008年05月29日(木) 定番トラブル, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連, ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき |

« Microsoft Update をコンピュータにインストールできませんでした[エラー番号:0x80004005] | トップページ | ブログでギネス認定、世界初は…。 »

定番トラブル」カテゴリの記事

ソフトウェアアップグレード関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

ネットにつながらない・遅い」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(無線LAN)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/41411900/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: それは不良品ではありません。:

コメント

プラネックスのルーターって本体のIPアドレスを手動で設定するんですよね。バッファローとかNECなら勝手にやってくれることをユーザーが設定しなくちゃならない。
光プレミアムの環境でこのルーター設定するときもずいぶん苦労しました。なんせ説明書に従って設定していたら1日かかっても終わらないんですから(2月頃の話。現在は説明書の内容が改定されているかも知れません)。
サポートも最悪ですし、ここの製品は家電量販店などでは扱うべきではないと思います。

投稿: わら太 | 2008/06/03 21:05:20

こういうのはまさに欠陥商品というのです。

投稿: fortranxp | 2008/06/05 13:15:12

わら太 さん
うーん、手動で設定って…設定されてないと、設定画面開けませんけど…。
普通は出荷時に192.168.1.1とかで決まってて、それをブラウザに打ち込んで設定画面を開きますので、変更することはあっても、不定ってことはないですよ…。
説明書の記述がおかしいのは、メーカー問わずありますね。だいたいは「お前そりゃ違うだろ」って突っ込めるレベルの記述間違いが多いんですけどね。
サポートは…残念ながらまだ問い合わせをしたことないですので、なんとも言えませんけど、「あらゆることをやりつくした」後で電話したら、どこの電話サポートも得てして頼りないもんです。はい。

fortranxp さん
そう、私もそう思うのですが、
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2007/07/post_02aa.html
こちらの例でもある通り、ファームウェアなどソフトウェアのアップグレードで治る不具合は、不良品だと認めてくれないのが通例のようです…。
ということは、「ネット環境なしで使っておられるお客様は、お客様ではない」ということになりますよねぇ。
ってか、BBルーターの癖にPPPoEがまともにできないとか、テレビの癖に映像が映らないとか、そういった「機能の根幹にかかわるトラブル」を出してたら、普通は回収でしょ…とか思いますけどねぇ。

投稿: ささもと | 2008/06/06 0:32:12

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« Microsoft Update をコンピュータにインストールできませんでした[エラー番号:0x80004005] | トップページ | ブログでギネス認定、世界初は…。 »