ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« Windows XP SP3 正規版 と STOP: c0000139 Unknown Hard Error と GDI32.dll の微妙な関係。 | トップページ | ワードパッドの勝手な改行。 »

2008年5月12日 (月)

WindowsXP SP3 導入の余波。 - WLANmon.exe と WZCSLDR2.exe のエントリポイントが見つかりません -

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

さて、無事にWindowsXP SP3の導入が完了したVAIOノート君と富士通ノートびぶろー君。
実は先に導入が完了したVAIOノート君もなんですが…。

起動時に変なエラーが出るようになりました。

WLANmon.exe - エントリ ポイントが見つかりません

WLANmon.exe - エントリ ポイントが見つかりません
プロシージャ エントリ ポイント apsSearchInterface がダイナミック リンク ライブラリ wlanapi.dll から見つかりませんでした。

WZCSLDR2.exe - エントリポイントが見つかりません

WZCSLDR2.exe - エントリポイントが見つかりません
プロシージャ エントリ ポイント apsInitialize がダイナミック リンク ライブラリ wlanapi.dllから見つかりませんでした。

…えーと…は、はいぃ???

あいかわらず、わけのわからんエラーメッセージを出してくれるなぁ…。

-----

こういうときは、ファイル名やエラーメッセージで検索するに限ります。

…って、また例によって、質問サイトなどの尻切れトンボな中途半端な解決方法ばかり出てきます…。

いろいろ調べてみたところ、どうやら、これらのファイル

  • WLANmon.exe
  • WZCSLDR2.exe
は、コレガの無線LANカードWL54GLの関連ファイルらしいことがわかりました。
実際にファイル検索してみたら、それらしき場所にあります。

ファイル検索結果表示:「冴子先生」がいらっしゃるのに気付いている人がどれぐらいおられるやら…

「WlanMon.exe,WZCSLDR2.exe」で検索すれば、両方のファイルを一度に検索できます。
WZCSLDR2.exe は C:\Program Files\ANI\ANIWZCS2 Service に。
WlanMon.exe は C:\Program Files\corega WL54GL Series に。

…でも、これは動作の検証のために、お客様宅に持ち込んだ際に入れたもんですので、常用しているわけではありません。
実際に使っているのは、内臓の…ちゃうちゃう(笑)、内の100Base-TのLANか、NECのAterm WL54AG。
それでもこんなエラーが出るのは…うーむ。
とりあえず、Aterm WL54AGの最新版を持ってきてインストールしましたが変わらず。まぁ2006年のものですし、あまり根本的な解決になっているとも思えませんけど。

さらに調べてみたら、こんな情報が。

Windows XP Service Pack 3 のインストール後、再起動するたびにエラー メッセージ "プロシージャ エントリ ポイント apsSearchInterface がダイナミック リンク ライブラリ wlanapi.dll から見つかりませんでした" が表示される :Microsoft サポートオンライン

∑( ̄□ ̄;
おおっ!まさしくそのものだっ!!
なになに…。

原因
Windows XP SP3 では Wlanapi.dll という名前の新しい .dll ファイルが導入されています。このファイルは %WINDIR%\system32 フォルダにインストールされます。また、一部のサードパーティ製ワイヤレス ネットワーク アダプタのデバイス ドライバのインストール時にも、%WINDIR%\system32 フォルダに Wlanapi.dll ファイルがインストールされます。このファイルが Windows XP SP3 のインストール前にこのフォルダにインストールされている場合、ネットワーク アダプタに関連付けられている Wlanapi.dll ファイルが Windows XP SP3 のインストール ファイルに置き換えられます。

解決方法
この問題を解決するには、ワイヤレス ネットワーク アダプタの製造元の Web サイトにアクセスし、Windows XP SP3 ベースのシステムで使用できる最新のデバイス ドライバを確認します。次に、該当するワイヤレス ネットワーク アダプタの最新のデバイス ドライバをダウンロードしてインストールします。

…( ̄△ ̄;
つまり、

他の会社が勝手に同じ名前のファイルを使ってたみたいだけど、このたびウチが使うようにしたんで、勝手に使ってた他の会社に対応してもらってね

っつーこんですか?

まぁとりあえず、あらかじめカードは抜いておいて(ってもう使ってませんが)、

WL54GLのアンインストール

スタートメニューからアンインストールすればOKです。
くれぐれも「プログラムの追加と削除」から削除してはいけません。
もちろん、ファイルをムリヤリ手動で削除なんてしてはいけません。
コレガはこれをキレイに掃除するツールを提供してくれていませんので、リカバリしなければならなくなる可能性があります。
詳しくは、coregaのサイトにあるマニュアル(PDF)の7ページから8ページを参照。

ドライバを削除したところ、エラーは出なくなりました。めでたしめでたし。

…って、コレガのWL54GLを使ってたらどーなるんでしょう?
残念ながら、今手元に実物がないために、確認が取れません。
この記事を書いている時点では、

Windows XP 対応情報 : 株式会社コレガ

こちらにはXPのSP3情報はまったく書かれていません…。
また何かわかりましたら、時間があれば追記します。

2008/05/26追記

ようやくSP3対応情報を出してきたようです。

Windows XP SP3 対応情報 : 株式会社コレガ

こちらの情報によると、現時点では、CG-WLCB54GLは、Ver 1.2 pl0(最終更新日 2008/05/23)で公開中のようです。
こちらで試すことはできませんが、一応「続報」ということで。

-----

さらに追記。

これでもエラーが残る場合の対処を書きました。

2010年8月15日 (日) WZCSLDR2.exe - エントリポイントが見つかりません プロシージャ エントリ ポイント apsInitialize がダイナミック リンク ライブラリ wlanapi.dllから見つかりませんでした。の解決。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2008年05月12日(月) ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき |

« Windows XP SP3 正規版 と STOP: c0000139 Unknown Hard Error と GDI32.dll の微妙な関係。 | トップページ | ワードパッドの勝手な改行。 »

ソフトウェアアップグレード関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(無線LAN)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/41168238/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsXP SP3 導入の余波。 - WLANmon.exe と WZCSLDR2.exe のエントリポイントが見つかりません -:

» SP3導入にご用心 トラックバック へっぽこヲタ日記
異変は数日前に起きました。 それまで何の問題も無く動いていたプリンタが突如印刷できないと言う事態に。 続きを読む

受信: 2008/06/13 21:02:15

» 温故知新でもないが… トラックバック カゼヒキの日々一喜一憂
WLANmon.exe と WZCSLDR2.exe のエントリポイントが見つかりません というエラー表示で、かなり苦労してしまった。... 続きを読む

受信: 2010/10/13 13:09:40

コメント

 はじめまして 記事は結構前から読まさせてもらってます
SP3(正確には11 月 14 日 に Microsoft 社から月例リリースされた修正プログラム(MS07-061))をインストール後

「画面のプロパティ」-「デスクトップ」-「デスクトップのカスタマイズ(D)」-「全般」-「デスクトップ アイコン」

□マイ ドキュメント(D)    □マイ ネットワーク(N)
□マイ コンピュータ(M)

デスクトップ画面に、該当のアイコンを表示する/しないを設定する項目です。
 になってませんか?
IE6の表示の所です 色々ぐぐってみたらどーもマイクロソフトの
仕様みたいですね 修正パッチが出るまで待たないとダメかも(^^;

投稿: RVF | 2008/05/13 15:48:01

RVF さん
コメントありがとうございました。
あんまり本文と関係ありませんね(^^;
ちなみに、使えないのではなく非表示になっているだけのようですよ。

世の中は不思議なことだらけ : XP SP3 にしたら「デスクトップのカスタマイズ」に IE がない
 http://snow-white.cocolog-nifty.com/first/2008/05/xp3_ie_da90.html

こちらに書いてありますが、どうも「デスクトップ項目」ウィンドウを開いて「I」キーを押してOKボタンすればいいらしいです。
ショートカットキー(コマンド)とは…しかも隠れてても有効だなんて…ちょっとした盲点です。

投稿: ささもと | 2008/05/13 17:30:19

 対策方法ご教授ありがとうございました
まさに目から鱗でした。

投稿: RVF | 2008/05/13 18:57:52

いつも参考になる記事、ありがとうございます。

「くれぐれも「プログラムの追加と削除」から削除してはいけません。」と書いてありますが、
なぜいけないのでしょうか?

「スタートメニューからの削除」と「プログラムの追加と削除」では削除のされ方が違うのでしょうか?

私はプログラムを削除する場合はほとんど「プログラムの追加と削除」から削除しているのですが、
スタートメニューからの削除できる場合はその方が良いのでしょうか?

お忙しいとは存じますが、アドバイスをお願いします。

投稿: にょろにょろ | 2008/05/14 9:52:09

WL54GLを使用しています。ユーティリティーは使用しておりませんでしたが、SP3にしてから無線LANの認証に失敗するようになりました。そこで、Vista用ドライバを入れたところ接続できるようになりました。

投稿: ハイパーKちゃん | 2008/05/14 13:00:17

IEのチェックボックスが消えたと思ったらそんな対処法があったんですね・・・
マイクロソフト、ようわからん(^^;

投稿: ぶいち | 2008/05/14 21:49:01

にょろにょろ さん
基本的には、スタートメニューに「xxxxの削除」「xxxのアンインストール」というアイコンがある場合は、そちらを使った方が確実である場合がほとんどです。
特にコレガは、あるPCカード型子機の説明書にそう書いてあったことがありました。
まともに「正しくアンインストールしないとリカバリしなければならなくなる」とも書いてありました。
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2006/02/windows98se_11bd.html
ただ、この記事にあるコレガのサイトへのリンクは現状切れている状態ですが…。
いずれにせよ、基本的には説明書に記述に従った方が賢明です。
今回のドライバも、WlanMon.exeとWZCSLDR2.exeはインストール場所も違うし、「プログラムの追加と削除」の項目も別々です。
WZCSLDR2.exeはコレガのユーティリティだとは明記されていないので、気がつかなければ放置してしまいます。
スタートメニューからの削除であれば、こちらもきちんと削除してくれます。
コレガだけでなく、ほかのソフトなども、スタートメニューからの削除を指示してあるものもあります。
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2006/04/winantiviruspro_14c5.html
こちらのWinAntiVirus Pro2006などは、スタートメニューからでないと正しく削除できません。

説明書の記述は伊達ではありません。
説明書にそう書いてある場合は、そちらに従うべきです。

ハイパーKちゃん さん
うーん、XPにVista用ドライバですか…逆は時々やりますが…そういう解決方法もあるんですね。
いい情報をありがとうございました。いずれまた試してみます。

ぶいち さん
試しにVistaで同じこと(同じ設定画面で「I」ボタン)をやってみたら、きっちり拒否られました(エラー音が出て受け付けられない)。
ですので、通常はVistaの場合は、IEはショートカットを置く以外にないのですが、ソニーのVAIOでは、ショートカットではないIEのアイコンが出ています。
あれはいったい何なんでしょうねぇ…。

投稿: ささもと | 2008/05/15 3:06:59

エレコムの Laneed LD-WL54AG/CB (サポートは現在 Logitec)でも全く
同じ症状になってしまいました。ドライバ、ユーティリティもそっくりなの
で OEM 製品なのかも知れません。

Vista 用ドライバですか。この製品には提供されていませんねぇorz

投稿: SakiPapa | 2008/05/15 18:48:07

Logitec に LD-WL54AG/CB の SP3 対応について問い合わせました。

「既に生産終了の製品となり SP3 には対応していない」
「SP3 への対応予定も今のところなく、予定も未定」

とのことです。

投稿: SakiPapa | 2008/05/16 19:02:21

IEのデスクトップアイコンですが、Vistaの場合は
http://www.howtogeek.com/howto/windows-vista/add-internet-explorer-icon-to-windows-vista-desktop/
で従来のようにアイコンを出せます。

XP SP3の隠しショートカットでon/offすると
HCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\
HideDesktopIcons\ の下の、ClassicStartMenuとNewStartPanelにある
当該キーが0/1に変わるようです。

投稿: ひの | 2008/05/17 3:35:59

SakiPapa さん
情報ありがとうございました。
まぁエレコムですから、そんな感じでしょう…。

ひの さん
情報ありがとうございました。
まだ試してませんが、また時間のあるときにでも試してみますね。

投稿: ささもと | 2008/05/22 7:05:40

「プロパイダーに接続しない」(2008-05-18 15:37:04)

●カテゴリー
無線LANアダプタ>PCカード>CG-WLCB54AG
●内容
有線LANケーブルでは「接続」されますが「無線」では接続されなくPCをセット起動した際に「エントリーポイント」が見つかりませんのエラーMSGが表示され「無線」では接続がされません。昨日の午前中(2008/5/17)は接続されていました。エラーの発信元は「WZCSLDR.exe」より発信と「WLANMon.exe」より発信されています。
ドライバーの再インストール・ルーターの設定等を実施しましたが復旧に至っていません。復旧方法をご指導願います。
●回答
日頃より弊社製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。
お寄せいただきました件についてご案内申し上げます。

お客様の症状から推測させていただきますと、WindowsXPをSP2から
SP3へとバージョンアップされていらっしゃいませんでしょうか。

お客様のおっしゃいます症状がSP3インストール後に発生するという
報告を弊社にても受けております。
しかし、大変申し訳ございませんが、現在本製品はWindows XP SP3
での動作確認がとれておらず、対策方法や対応予定の公開時期につき
ましては現在未定です。
公開の際は弊社ホームページでご案内させていただきます。

お役に立てず恐縮でございますが、何卒ご了承いただきますよう、
お願い申し上げます。
coregaに問い合わせをしたら上記のMSGが帰ってきましたので参考にしてください

投稿: 長谷川 修 | 2008/05/25 18:37:42

長谷川 修 さん
情報をありがとうございます。
5/23時点で対応ドライバが公開されていたようです。
記事に追記しましたのでご参照願います。

投稿: ささもと | 2008/05/26 10:57:34

はじめまして。
いきなりですみません。

エラーメッセージについて調べたところ
ここにたどり着きました。

ほぼ、初心者だと思って頂けると助かります。

一番上のエラーメッセージが開けると出ますが
プロシージャエントリポイントの後のスペルがまるっきり
同じじゃないんですが、同じような対策をしても大丈夫ですか?

自力でやる自信もないのですが
×をするとネット上では問題なく使えてるため
そのままできてしまったのですが
やっぱり開けるたびに出るので気になってます。

こんなに詳しく表現されてるにもかかわらず
理解して実行できないでいます(汗)

このまま放っておくのはよくないんですよね?

投稿: かずまま | 2008/10/13 20:08:18

かずまま さん

「いきなり」とか「初心者」とかいうよりは…。

大変申し訳ないのですが、当方はそれを仕事として受けている業者なので、コメント欄で無償にて個別のトラブル相談を受けることはできません。
ご自身で作業する自信がおありでないなら、悪いことは言いません、ご近所の業者に有償で作業依頼をお出しください。

ですが、ひとつだけ。

>プロシージャエントリポイントの後のスペルがまるっきり
>同じじゃないんですが、同じような対策をしても大丈夫ですか?

どっちかというと、「後のスペル」の方がかなり重要なんですが…。

投稿: ささもと | 2008/10/14 7:45:36

大変失礼しました。
全くお恥ずかしい事をしてしまいました。

ご迷惑おかけいたしました。

投稿: かずまま | 2008/10/14 19:45:31

エレコムの Laneed LD-WL54AG/CB が Windows XP SP3 に未対応な
件で、試しにスペックの似ている Corega の CG-WLCB54AG2 の SP3
対応ドライバに入れかえてみたところ、SP3 でちゃんと使えるように
なりました。

職場のノート PC で Windows Update を自動更新にしていたせいで、
SP3 が強制的に適用されてしまい、無線 LAN が使えなくなりました。
なんとか上記方法でしのぎました。

# やっぱりエレコムはエレコムですか。

投稿: SakiPapa | 2008/10/23 14:02:31

SakiPapa さん
この手のドライバって、チップセットのメーカーから出されているドライバでうまく動いたりするものもありますけど、結局は自己責任です。
おそらくOEM品だったのでしょう。うまく動いてラッキーでしたね。

エレコム製品全般が…という話はしたくないですが、OEM供給の販社は、そういう話になりやすいですね。
ソースネクストも、「そういう話」になりやすいです。

投稿: ささもと | 2008/10/25 8:09:12

当該症状のパソコンを所有していて、久しぶりに思い立ちググって見たところ、こちらのブログにたどり着きましたので、報告します

Planex GW-NS54SG のユーティリティでも、全く同様の症状が出ます

SP3が自動更新で導入され始めた頃に、もれなくこの症状に当たってしまい、自身で探っていたところSP3にしなければ発生しないという結論に達し、SP2にロールバックして使っていたのもつかの間、当該PCを使用しなくなったのでしばらく放置しておりました

当時、SP3との互換性で症状が起こると確信したのでPlanexのサポートに対応できないかメールで問い合わせたところ、なんと3週間経過しても返事がないのです
再度、この無視の件とともに問い合わせのメールを送ってみたところ、3日ぐらいして返事が来ました
ドライバの対応をお待ちくださいとかそんな感じだったと思います

それからもう何ヶ月経ったことでしょう
コレガなどは既に対応しているにもかかわらず、Planexといえば、いまだに対応される様子もなくこの症状に関する情報すらないようです

Planex製品を贔屓にしていたのですが、今後はもう検討することすらないでしょう

失礼しました

投稿: 匿名希望 | 2009/01/27 12:30:27

初めまして、えらーが出て困っていて
ココにたどり着きました
参考になりました
ありがとうございます

投稿: つー | 2009/12/09 9:20:04

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« Windows XP SP3 正規版 と STOP: c0000139 Unknown Hard Error と GDI32.dll の微妙な関係。 | トップページ | ワードパッドの勝手な改行。 »