ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« お客さん!メモリ増設できません! | トップページ | Wordを起動しても使えません。 »

2008年6月30日 (月)

ubuntu はなかなか使えるんじゃないか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

とある方から、「もう使わないから」と1台のノートパソコンを譲り受けました。

CPUはモバイル AMD Athlon(tm) XP-M 1900+ 、メモリは256MB。
しかし、説明書やリカバリCDなどの付属品は一切なし。
おまけにハードディスクは消去済み。
WindowsXPプリインストール機ではありますが、当然ながら起動しません。
でも、消去前はきちんとWindowsXPが起動してましたので、パソコンはパソコンとして使えるはずです。
まぁ、もし使えなくても、PCリサイクルマーク付きですし、処分にお金はかかりませんので、気軽に引き取りました。

さて、今回はこのノートパソコンを何とかしてみよう、という記事です。

-----

ノートパソコンというのは、基本的には付属品のリカバリCD-ROMがないと使えません。
ディスプレイやネットワークアダプタやサウンドやタッチパッドなど、その機種独特のドライバがないと使えない場合がほとんどです。
とりあえず、物は試しと、手持ちでライセンスの余っているWindowsXPを入れてみました。
本体裏側にプロダクトIDの書いてあるシールがあるので、インストールの際にそれを入れてみたら…「無効なプロダクトID」なんだそうです…パッケージ版のXPのプロダクトIDとは種類が違うようです。
しかたなく、パッケージに書いてある本来のプロダクトIDを入れてインストールを完了させたんですが…。

起動はするものの、動作がかなりもっさりしてます…。

ウィンドウの移動も、「すすすっ」とついてくるわけではなく、描画が明らかに遅くて「ずるりん、ずるりん」と引きずるように動きます。
また、内蔵LANアダプタもドライバがないため動作してません。
リカバリCD-ROMには、WindowsXPと一緒に、これらのドライバを組み込んだ形で収録してありますので、リカバリCD-ROMでのインストールを行えば、きちんと動くはず。
きちんと動かないのは、ドライバがないためなのは明白です。

また、LANアダプタがドライバなしなので、インターネットへの接続ができません。
これではドライバすら自力でダウンロードできません…。
別のPCでメーカーサイトにアクセスしてみましたが…残念ながら自由にダウンロードできるドライバは一切ありませんでした…。

ある程度予想はしてましたが、これでは使えません。

リカバリCDをメーカーから取り寄せてもいいんですが、

Microsoft(R) Windows(R) XPの正規OEMライセンス提供期間を2008年6月30日まで延長 :Microsoft プレスリリース
ライセンスの入手可能期間 :Microsoft

もう実質的にはメーカーからリカバリCD-ROMを出荷できない状況です。
現時点以降では、中古品などに添付されているものを探すより他にありません。
ということは…。

要するに、このパソコンでWindowsXPを使うのはあきらめた方がよい、ということ。

うーん、これではこのノートパソコンは捨てるしかないのか?

…いや、Linuxがあるじゃないか!!

こういう時のLinuxと言えば、KNOPPIXと決まっているかのような雰囲気がありますが、私の試した範囲では、XP初期(SP2以前)のパソコンでは、CD-Rからの起動では、どうにもうまくいかないことがかなり多いです。

しかし、最近雑誌等でよく見かけるようになったubuntuはなかなかいい感じです。
KNOPPIX CD-Rで起動できなかったパソコンでも、ubuntu CD-Rでなら起動できた、ということも結構多いです。
今回は、とりあえずubuntuでインストールをしてみましたが…。

インストール画面がまったく表示されません。

うーむむむむ…ハードディスクは動いているみたいだし、時間がかかっているだけかなぁ…。
と思って1時間程度放置しましたが、ハードディスクのアクセスすら止まって反応がなくなってしまいました。

サイトの情報によりますと、どうもメモリが256MBではインストールできないようです…。
インストールには最低でも384MB必要なんだそうです。

うーむ…じゃ、手元に余っていたTurboLinux7でも入れてみるか。こっちは256MBでも問題ないし。

インストールは問題なくできましたが…ブラウザが古くて話にならない。
FireFoxをインストールしようにも、Windowsに慣れきった身には、どうにもやり方がよく分からない。
致命的なのは、無線LANが使えそうにない、ということ。
ドライバらしきドライバが手に入らないですし、手に入ったとしても、Windowsのインストーラーのような簡単な手順で入るわけでもなさそうだ。

仕方ない、メモリを増設してubuntuを入れてみるか…512MBのSO-DIMMを調達して増設です。

インストールはあっさり完了。
CD-Rからの起動もかなり速かった。
うーむ、やっぱり今時256MBでは、パソコンはまともに使えないんですかねぇ…。

さて、無事起動するようになったので使ってみたら…。

Ubuntu 8.04 LTS

起動もWindowsXPと比べても遜色なく、CD-Rからの起動のようにやたらと待たされることもありません。
メニューバーが画面上部に集中しているので、どちらかというとMacの操作感に非常に似ています。
心配していたネットワーク関連も、PCカードの無線LANアダプタですらドライバを用意しなくてもきっちり動いています。
Office関連のソフトも入っていますし、ゲームも多いし(ってこりゃどうでもいいんですが)、USBメモリやメモリーカードアダプタも刺すだけで使えます。
デジカメのデータの取り込みは問題ないですし、それのサイズ変更などをする画像編集ソフトもあります。

なんとまぁ、ちょっとしたインターネット利用程度なら、何の問題もありません。

今回のブログ記事も、これだけで書いています。充分使えます。
日本語入力もさほど問題ありません。切り替えキーが「半角/全角」ではなく、「Shift+Space」だったりして、ちょっとまごつきますが。
それでいて無料ソフト。これはちょっと驚きですね。

ただ、惜しむらくは、PCカード型の無線LANが、ハードディスクの真下にあり、熱がこもってしまい、時々抜いて冷ましてやらなければならないこと。
USBの無線LANアダプタに代えてみようかな…。

ただ、Windows初心者の方が、この記事を見て同じようにubuntuをインストールしても、おそらく「?????」な状態になるでしょうから、ある程度分かる人が身近にいないとしんどいでしょうね。
でも、ある程度のスキルがあれば、試してみる価値はあります。
今まで使ったことはなかったけど、ちょっとLinuxを使ってみようかな?と思っている人、コレ、おすすめですよ。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2008年06月30日(月) おすすめサイト, ソフトウェアアップグレード関連, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い |

« お客さん!メモリ増設できません! | トップページ | Wordを起動しても使えません。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ソフトウェアアップグレード関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/41703890/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: ubuntu はなかなか使えるんじゃないか?:

コメント

maru です。

ご無沙汰しています。ブログはいつも拝見させて頂いています。

Ubuntu はいいですね、最近の KNOPPIX は肥大化して、DVD を必要する容量になってしまいました。同じバージョンで CD 版も出ていますので、個人的には CD 版で十分です。

ただ、エントリーでご紹介されている、Ubuntu が CD で有りながらとても良いと思います。久々に PC にインストールして利用したくなる、Linux でした。
個人的にはメンテナンス用にも利用しており、起動出来なくなった PC からのデータ救済に役に立っています。

後、Linux は動作が軽いと言う認識は改めた方が良い思います。
Linux で今時のデスクトップ環境は、今時のリソースを要します。まぁ、XP が快適に動く環境で有れば、Ubuntu も快適かと思います。

投稿: maru | 2008/07/02 11:42:39

こんにちは
かなり久しぶりに書き込みます。

今回の記事は、「Ubuntu」の紹介なので、下記の点を付け加えるのは差し出がましいですが、

>ウィンドウの移動も、「すすすっ」とついてくるわけではなく、描画が明ら
>かに遅くて「ずるりん、ずるりん」と引きずるように動きます。

ビデオドライバが入っていないとこうなりますよね。
メーカーからダウンロード出来ない場合は、チップセットが分かれば、そのサイトからDL出来る場合があります。

WindowsXPもOEM版ならリカバリしやすいです。LANアダプタのドライバはXPでも特にSP2なら、もともと入っているような気がするのですが・・・。
このスペックならソーテックぽい感じですね。ソーテックやデルは結構リカバリはやりやすいと思います。

しかし、「Ubuntu」に関する情報をありがとうございます。

投稿: shino | 2008/07/04 0:52:48

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« お客さん!メモリ増設できません! | トップページ | Wordを起動しても使えません。 »