ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 「FMV画面で見るマニュアル」を起動することができません。 | トップページ | 派遣労働の本当の問題点。その2 »

2008年7月 3日 (木)

派遣労働の本当の問題点。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

7月に入ってまたもやガソリン価格が上がりました。
この状態では、投資家以外は誰も得をしていません。
先日書いた記事では、「投資家は投資家の仕事をしている、悪いのは政治だ」とトラックバックが付きました。
でも、どんな「アコギな儲け方をしているのか」を明確にすれば、

法律は許しても世間が許さん

のではないでしょうか。

似たような話は、派遣労働でも起こっています。

先日の秋葉原の無差別殺傷事件の犯人が派遣労働者で、派遣労働にまつわる問題が露呈したこともあり、行政もようやく重い腰を上げたようです。

-----

派遣労働者の待遇改善、マージン公開義務など与党見直し案 7月3日3時1分配信 読売新聞 :Yahoo! ニュース
(数日でリンク切れになります)

 派遣労働者保護のため、自民、公明両党がまとめた労働者派遣制度見直し案の全文が2日、明らかになった。

 派遣元企業が受け取る手数料割合(マージン率)の公開を義務付けたほか、派遣先企業にも労災保険の補償責任を求めている。同一企業グループ内に労働者を派遣するいわゆる「専(もっぱ)ら派遣」について、規制を新設する。

 与党は8日に見直し案を決め、舛添厚生労働相に法改正を要請する。厚労省は要請を踏まえ、秋の臨時国会に労働者派遣法改正案を提出する方針だ。

 見直し案は〈1〉派遣労働者の雇用安定・待遇確保〈2〉労働者派遣事業の適正化〈3〉違法派遣への対処--の3項目から成り、それぞれ具体策を盛り込んでいる。

 派遣元は派遣先から派遣料金を受け取り、必要経費や社会保険料などと、手数料を差し引いた残りを賃金として労働者に支払っている。しかし、マージン率が明らかにされていないケースが多いとされ、「派遣元が必要以上に搾取し、低賃金の一因になっているのではないか」との指摘が出ていた。

 このため、見直し案ではマージン率をはじめとする情報公開の徹底を求めた。公開によってマージン率の適正化促進が期待されるほか、派遣労働者にとっては派遣元企業選択の判断材料とすることができる。

最終更新:7月3日3時1分


この辺の話は、以前にも書きました。

パソコントラブル出張修理・サポート日記: 正社員と派遣社員と、お金の行く末。

お金の流れは、

派遣先 → 派遣業者 → 派遣労働者

となっているわけですが、当然ながら派遣業者は中間マージンを取ることになるのです。
その中間マージンが、半端じゃない。
先の記事「正社員と派遣社員と、お金の行く末。」にも書きましたが、

派遣社員が20万円の月給をもらっているとしたら、派遣先は40~50万円ぐらい支払っているなんてザラです。

私のような技術者系の仕事における派遣労働の場合は特にそうです。
お金を出す立場の派遣先からすれば、わざわざ何も知らない新人を正社員として雇って一から技術を積み上げなくてもいいので、短期(年単位)であればこれでも充分ペイできる場合も多いからです。

でも、客観的に見れば、会社はその人の労働に相応の金額を支払っているはずなのに、その人はその半分程度しか受け取れていないのは、どう考えてもおかしな話です。

これでは、

【ハケンという蟻地獄】「派遣」の正しい理解の仕方(下) :JanJanニュース

こちらにも書かれている通り、

「鵜匠(企業)は鵜(派遣会社)を使って鮎(派遣労働者)を獲らせて儲ける」

ということになります。

先のニュースにもあった通りで、

派遣業者がどれだけピンハネしているかが明確になれば、法律は許しても世間は許さん

のです。

要するところ、派遣業者も、先物投資で原油価格を吊り上げている悪徳投資家と同じで、

うまく上前だけはねて、「跡は野となれ山となれ」と言っているようなもの

なのです。

しかし、一部の業種では、「派遣労働」という形は、必要不可欠なところもあります。
たとえば、引越し業者だとか、一部製造業のライン労働者など。
一時的な需要増のためだけに正社員を雇う事はできませんし、かといってアルバイト募集が思うようにいかなければ、ビジネスチャンスを逃してしまいます。

なにやら「専(もっぱ)ら派遣」というのが規制されているようです。
「派遣が特定の企業の労働力確保源となってしまうと、正社員の雇用を阻害すると考えられるため」なんだそうです。
でも、それの逆説として、

その「専ら派遣」の会社が、きっちりそこの正社員だけを派遣すればいい

んじゃないでしょうか?
派遣先の仕事のない時は、自分の会社で、常に訓練を受け、来たるべき派遣の時を待っていればよい。
正社員なので、不当に給金を絞られる事もなければ、スキルを個人に投げっぱなしにされる事もない。
当然ながら、派遣料金も上がるわけですが、従来が安すぎたということになります。

また、日雇いではなく長期の仕事の場合は、「派遣労働」ではなく、「就職予定派遣」としてしまえばいいのではないでしょうか?
「近く切り捨てる事が前提の派遣労働者」ではなく、「今後正社員として受け入れる」、いわゆるインターンシップをもっと推進するのがいいのではないかと思います。

ただ、派遣労働者により人件費を圧縮するのが当たり前となった今の風潮では、言えば湧いてくる税金や補助金でのうのうと経営できる公官庁や自治体と違い、民間企業で正社員を増やすのはそう容易ではありません。
本来、お金は自然に湧き出てくるものではありませんので、何かの形で補填しなければなりません。

やっぱり外貨か税金なんですかねぇ…。

まぁ、少なくとも言えば湧いてくる税金や補助金でのうのうと経営できる公官庁や自治体がその意識を変えて無駄遣いをなくさない限り、何の解決も見い出せないでしょう。

そんなに派遣業者が儲かるんであれば、全部国営にしてしまえば?

と思ったりもするんですけどねぇ…。
歳入不足を補えるし、雇用問題も解決するしで、一石二鳥のような気がしますけど、どうでしょう?

いや、天下り問題もあるから、一石三鳥…かな?

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2008年07月03日(木) ウェブログ・ココログ関連, ニュース, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき |

« 「FMV画面で見るマニュアル」を起動することができません。 | トップページ | 派遣労働の本当の問題点。その2 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/41723242/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 派遣労働の本当の問題点。:

コメント

maru です。

今日のニュースでは、派遣の際ピンハネの金額も提示しろ議論されていますね。
個人的にはとてもナンセンスな議論だと思います。

根本は、ご指摘の通り登録という形態で派遣者を出しているのが問題です。派遣会社は派遣に出す人材は全て社員にして、派遣に出ていない時は社内でスキルアップを義務づけすれば良い話だと思います。技術系の大手派遣会社等、新卒で学生取って社員として企業に派遣に出しています。

派遣に出す人材全て派遣会社で社員として抱え込むのも大変だとは思いますが、その位の気持ちで登録者を守って欲しいと思います。
現実的に、派遣に出る人間にも問題はあると思うので、そんなに簡単な話ではないと思いますが・・・。

投稿: maru | 2008/07/03 12:40:30

たしかアメリカは派遣業務に関しても厳密な法律があるんでしたっけね。
派遣業者が受け取るマージンは10%以内でしたか?
派遣労働者の組合もあるし立派な職業として成り立ってると思いました。
まぁアメリカが手放しで素晴らしいとはいいませんが、日本政府のの初動の遅さといい加減さは世界一でしょう(笑)

投稿: ぶいち | 2008/07/03 21:21:48

はじめまして。
いつも興味深く拝見させていただいております。

私、過去に派遣会社で内勤していた経験がございます。
その経験上ですが・・・

>手数料割合(マージン率)の公開
仕入れ金額を公開して商品を販売している店舗なんかあるの?

>派遣先の仕事のない時は、自分の会社で、常に訓練を受け、来たるべき派遣の時を待っていればよい。
売り上げが無いのに社内待機している人に払う給料はどこから捻出するの?

と思います。
「人は物じゃない」と仰るのはごもっともですが、派遣会社にとって「人=商品」である事も事実です。
派遣会社同士の営業合戦が激しく、一部の特殊技術を持った人以外の市場はダンピング合戦の様相を呈しています。
特に地方の製造派遣で多いのですが、酷い時には時間当たりの受け単価が、その地域の最低賃金プラス20円。
こんなことも珍しくありません。
ダンピング合戦そのものは、派遣業界が自分で自分の首を絞めた結果な訳ですが、
こんな現実の中で派遣労働者に充分な賃金が払えるとお思いでしょうか?

>派遣先の仕事のない時は、自分の会社で、常に訓練を受け、来たるべき派遣の時を待っていればよい。
失礼ですが、管理人様は人を雇用されておられますか?
事業主様ですので、売上が多い時も少ない時もあるのは御経験の事と思います。
ある月の売上が10万円しかなかったとしても、被雇用者の賃金や保険は支払わなければなりません。
年間通して黒字で終われば結果◎ですが、それでも赤字の月があった場合は、何か(融資を受けたりする場合とか)に経営者の資質を問われる事態にもなりまねません。
派遣会社では内勤人間が疑似経営者として(営業担当者として)毎月管理資質を問われています。

まあ、こんなヤ○ザな業界ですから叩かれても当然なのですが・・・。


批判するばかりでは失礼ですので、メールアドレスはフリーではなくメインのアドレスを記載させていただきます。
最後になりますが、私は管理人様を誹謗中傷する気は全くありません。
ただ、中に居ないと見えない判らない事を頭ごなしに批判するのはいかがなものか?と思って書き込みさせて頂きました。

派遣業界を辞したいま、末席ではありますが管理人様と同業種で糊口を凌がせていただいでおります。

投稿: generator | 2008/07/03 22:08:53

maru さん
そうです、今の派遣会社の問題点は、ろくに教育もせずに現場へ放り込むわりに、派遣費をぼったくっているところ。
どの程度のマージンかが派遣先に明確にされていれば、選ぶ基準になりうるわけです。
派遣労働者のスキルアップに力を入れているならば、当然ながら高いマージンで、質の高い労働力を提供する。当然のことです。

ぶいち さん
何の落ち度もなく突如派遣先から契約解除を申し渡されたら、派遣元は何かフォローをするでしょうか?
否、「明日から当面は仕事ありませんねぇ」だけです。
これでは「労働力の提供」と言うよりは、「首切り代行」と言われても仕方のない状況だと思います。
そりゃ珍重されても当然ですよね。
他の国の話は存じ上げませんが、派遣労働であってもやはり労働者であることに違いはないのに、ぼったくり派遣会社と、労働力を安く買い叩く派遣先に、権利をないがしろにされています。
日本の現状はこんなもんです。

generator さん
反発するのはいいんですけど、

>>手数料割合(マージン率)の公開
>仕入れ金額を公開して商品を販売している店舗なんかあるの?

商品を仕入れ店に直接取りに行ってるのに、仕入れ価格の倍取られたら誰だって怒るでしょ。
「商品」を引き合いに出すたとえ方がおかしいのです。
同じ職場で同じ人が半額で働いてくれるんなら、それの方がいいに決まってるでしょ?
派遣会社のマージンが正当か不当かを派遣先は知る必要があるんじゃないでしょうか?
派遣される人員も然り。
自分が本来どの程度のスキルを要求される立場なのかをきちんと知るべきだと思います。

>>派遣先の仕事のない時は、自分の会社で、常に訓練を受け、来たるべき派遣の時を待っていればよい。
>売り上げが無いのに社内待機している人に払う給料はどこから捻出するの?

常に教育してクオリティを確保し、常に待機させておいて数を確保する。
そのための高いマージンではありませんか?
そのために派遣先は同じ働きの正社員より高いギャラを派遣元に支払うんではありませんか?
悪徳派遣会社なら、要請が来たら泥縄式に人員をかき集めて、ろくに教育もせずに派遣し、暴利をむさぼるんでしょうけど。
で、派遣先から切られたら、はいさようなら。
こういうのが多いから、問題視されているんじゃないですかね。

>ダンピング合戦そのものは、派遣業界が自分で自分の首を絞めた結果な訳ですが、
>こんな現実の中で派遣労働者に充分な賃金が払えるとお思いでしょうか?

だからと言ってフルタイムで働いているのに食えないような賃金にしてもいいとおっしゃるわけではないでしょう?
マージンを明確にするのは、そういう現実を放置する派遣先・派遣元を少しでも減らす必要があるからです。
そういう現実を放置されているところで働かされている労働者の身に
なってみたことがあるんでしょうか?

おそらく、同じ立場で同じ仕事をしている隣の正社員の給料が、派遣で来ている自分より10万円以上も高かった、なんて経験はないのでしょう。
もしそうだとしたら、「頭ごなしに批判」をしているのは、generator さんの方ではありませんか?

>失礼ですが、管理人様は人を雇用されておられますか?

少なくとも、ウチのような零細であれば、同じ雇うにしても直接雇います。
派遣会社なんかに高額なマージンを支払って赤字になっていては話になりませんので。
それが普通だと思いますがいかがでしょう?

投稿: ささもと | 2008/07/04 0:21:49

反発じゃないんですけどねえ・・・。

どの業種にも世間が見ている明るい面と、
世間には見せられない見せたくない、真面目に努力している姿や、、灰色な(時に黒い)部分もあると思うのです。
報道される事だけを取り上げて叩くのはいかがなものか?と思うだけです。

いま、派遣業界の暗黒部分が取り沙汰されています。
そして管理者様が仰る「世間が許さん」事態になっている訳です。
「黒」の部分について、それに携わった人間として弁解の余地はないです。
私が知っている範囲に於いて、報道されている「派遣業界の実態」はほとんどが事実と言えます。

ただ、製造や日雇い派遣は世間で思っているほど「高いマージン」なんか取れません。
雇う派遣会社も(特に現場に近い人間は)本音では仕事が無くても待機手当を払って常用したいのです。
ところが受け単価が安すぎてそれが出来ないのです。
常用すれば保険や年金という、いわゆる「社会保険」を雇用者が払わねばなりません。
それが出来るほど現場は潤っていないから日雇いにならざるを得ないのです。

地域は言えませんが、受単価1000円/時で労働者に800円/時と言う事例も知っています。
これで会社が成り立つとお思いでしょうか?
派遣会社は上納金を吸い上げるトップだけが潤っていて、他は内部の正社員でさえも火の車です。

この件について私が書き込む事はもう無いと思います。
当然の事ではありますが、
管理人様とは中を知っているか、報道された情報ベースで語っているか、情報量の差がありすぎます。

繰り返しますが、反発する気は毛頭ありません。
これからもブログ、参考書として拝見させていただきます。

投稿: generator | 2008/07/04 2:44:02

generator さん
要は「報道だけを鵜呑みにして書くな」とおっしゃりたいようですね。
でも、「50%もピンハネしている」なんていう実態は、報道では(私は)見てません。
私が追記したコメントや記事本文を読めば、「報道された情報ベース」かどうかは容易にお分かりいただけるかと思いましたが、どうやらそうではないようです。

>地域は言えませんが、受単価1000円/時で労働者に800円/時と言う事例も知っています。
>これで会社が成り立つとお思いでしょうか?

「会社が成り立たないから派遣労働者さんには時給500円で働いていただきましょう」と言い出しかねない口調とも言えます。

派遣先は「直接雇用のアルバイト並み」の時給を「解雇通告手数料」込みで派遣元へ要求するというムチャクチャなことを言っているわけですが、それは「派遣元のマージン」というものが明らかでないために起こることだとも言えます。
派遣先企業の意識は、「人材派遣業者」ではなく「求人広告」程度でしかない、ということ。
結局は、直販形式で中間マージンを省くことでコスト削減をしようとする「商品」と同じ。
企業は期間労働者ですらすでにそういう意識でしかなく、間に入って儲けようとしても無理が出始めていて、そのしわ寄せが労働者にきている、ということです。
generator さんは、それを「派遣元での(元)正社員」という立場で語っておられるに過ぎない、ということ。
派遣会社や派遣労働者があえいでいても、どこか「自分は正社員だから、自分だけは給料が出て当然だ」という考えが見え隠れしているように思えてなりません。

generator さんが「中を知っているから」どうだというのでしょう?
こんなところでそういうコメントを吐いている意味はあるのでしょうか?
一度ブログを作って、体験された実状やご意見を書いてみられてはどうでしょうか。

generator さんは同業者とおっしゃいますが、やはり「給料をもらう立場の正社員」なのでしょうか?
もしそうなら、おそらく私の伝えたいことは理解できないでしょうし、こうしてブログでノウハウを公開している意味も理解できないでしょう。
「同業者がタダで情報公開してくれててラッキー」程度でしょうね。
正社員(給与所得者)で名前も立場も公表しないで、

>管理人様とは中を知っているか、報道された情報ベースで語っているか、情報量の差がありすぎます。

こういうことを言っている間は、何を言ってても「中の人」One of Themです。
同業者さんでしたら、もっと実のある議論をしたいものです。

投稿: ささもと | 2008/07/04 9:09:03

ささもと様

>こんなところでそういうコメントを吐いている意味・・・

通りすがりですみません。
以前リングプルの記事でコメントを書かせていただいたaceです。

そこまで言わなくてもいいかと思いますが・・・、いかがでしょうか。
もう少し言葉を選んでいただきたいなぁと感じてしまいました。

generator さんは決して誹謗する気はないと仰っていますし、
違った立場からの貴重な意見だったと思いますが。

「議論」をされたいと思うのでしたら、お互いの意見を尊重すべきではないですか?
すべてささもと様の解釈が正しいのでしょうか。
いえ、別に誰が正しいなんて正解はないかもしれません。
世の中なんてそんなものかも知れないし。

ただ、どうも後味が悪く感じますけれども。

こちらはささもと様のサイトですので、こういう運営方針でしたら
私の意見こそお門違いになりますけれども。
どうも失礼いたしました。

投稿: ace | 2008/07/04 9:37:39

某社パッケージソフトウェアの販売をしている
零細企業営業兼SIですが
保守抜きでの粗利率は平均50%ですゴメンナサイ

投稿: ウワーン | 2008/07/04 10:45:08

maru と申します。

generator 様の言わんとする事は理解出来ます。
派遣に出る人材を社員として抱え込み、仕事が無いと時はどうるするだという意見なんですが、その為に高いマージン(決してピンハネではない)を取り、常に社員を雇用出来る余力、技能を訓練する設備を用意します。現実にそうしている技術系派遣会社は存在しています。元業界人であれば判ると思います。

現状、単純労働、日雇い派遣が横行した原因は、2004年に改訂されて労働者派遣法改訂が有るのでないでしょうか。

また、働く側も簡単に日銭が稼げる日雇いアルバイト感覚が横行し、いつもでも欲しい時に稼げるなんて思い、職に就く、キャリア・技術を磨くという事を怠り、気が付いたら高齢になってしまったと側面はないでしょうか。

ですので、何も派遣会社が全て悪いという事は無いと思いますが、法律が緩和された事で簡単に一日単位でアルバイトが出来る、簡単に仕事が出来る事を大々的に広告し、多くの若者を単純労働者して、働かせた派遣会社の社会的責任は問われないでしょうか。

また、派遣会社に取って派遣人材は商品かも知れませんが、単に商品として扱うので無く、もの言う人間なんだという事を、経営者、内勤者、営業の人は意識を持つベキなんだと思います。

申し訳ないのですが、ダンピングが激しいなんていうのは言い訳になりません。ダンピングが激しいというので有れば廃業すべきか、簡単にダンピングが発生しない商品を確保すべきではないでしょうか、その商品品質を上げる一つが、派遣会社の正社員化ではないでしょうか。

何も正社員化で無くとも派遣会社して恥ずかしくない商品を用意すべき努力を行っていたでしょうか。
登録者に対して接客の方法、言葉使い、挨拶、電話の取り方、話し方、社会人して必要なスキル・マナーを学べる環境を多くの派遣会社は用意しているでしょうか、基本的に日雇い派遣専門の派遣会社では、そのような試みはしていなかったのではと予想出来ます。逆に業界大手老舗派遣会社では、多くのプログラムが用意されています。

また、ダンピングが横行するような法制度にも問題はないでしょうか。
2004年に改訂されて労働者派遣法はある意味、規制緩和ですが個人的には、専門職以外の派遣を許可した事に問題が有るのではと思っています。
何も規制緩和が全て悪いと一概に言えない部分もあり、今後より良い改訂を願うばかりです。

少し熱くなって申し訳ありません>ささもと様

投稿: maru | 2008/07/04 11:37:15

ace さん
うーん、generator さんが誹謗する意図がないのは理解できますが、意見を尊重しようにも、「文章が読めていない」ようでは議論も何もないと思いました。
generator さんは私を「外の人」つまり報道だけで上っ面を撫でただけの何も事情を知らない人、ととらえているようですので、それでああいう文章になっているようでは、話はかみ合いませんし、そんなに「知ってる情報量に差がありすぎる」とおっしゃるのであれば、一度文章にしてブログででも公開してみれば?と言っているんです。
どうも、こんなブログの一記事でのコメントで終わる程度の話ではないんでしょうから。
本来、このブログの主題は、パソコンのトラブルの話です。私の考え方も表明するために、こうした社会情勢の話も載せています。
同業者なら同業者らしい話がしたいですね。以前から知った人ならまだしも…。

ウワーン さん
保守込みだとどうなんでしょう?
その辺が今回の話にからんでくる部分かと思われますが…。

maru さん
Yahoo!なんかはShotWorksとかいう日雇い派遣の宣伝をバンバンしてましたねぇ。
http://shotworks.yahoo.co.jp/
ちょっと思うところがあるので別記事にします。

投稿: ささもと | 2008/07/04 17:42:22

ハードの保守はメーカー系だとご存知の通りソノママの値段だったり、
15~25%程度乗せたり。
コレは手間がかからないのでぶっちゃけ粗利ナシのスルーでもおkです。

反面、パッケージのメーカーで行っているソフト及びハード保守プランは、
モニタ、PC本体、プリンタセットで月額数千円と割安なのですが、
最近はそんなにH/Wの障害がアリマセンので割と儲かってるかもデス。

保守部分で足が出るってのは正直ナイです。
ぶっちゃけリース期間にH/Wが壊れたとしても、
都度新品の代替機を出しても、粗利からすると十分割が合います。

サポート業務やフィールドエンジニア業務ってのは一番割を食いやすいと自分では考えていますが、
反面依然としてこの業界自体はボロ儲けな部分もあると思いますヨ。

でも粗利50%は取りすぎですかネ
ゴメンナサイ

メーカーさんはもっとボロ儲(ry

投稿: ウワーン | 2008/07/04 22:23:18


派遣に関しては皆さん色々思う事があると思います。
私にもありますが今回はあえて控えさせていただきます。
「あなただけ述べないのは無責任だ、卑怯だ」と
お感じになる方がいらっしゃるかもしれませんが、
今回のコメントは派遣自体に対して言いたい分けではないのでお許しください。
また本題から外れる事もお許しください。

私はこの記事のささもと様とgenerator様のコメントを見て少し悲しい気持ちになりました。
理由はお2人共、特にささもと様が相手の意見に対して心遣いが足りないように感じたからです。
少なくとも皆さんはこのHPが嫌いではないと思いますし、
ささもと様も自分に賛同しない意見は排除なんて考えてはいらっしゃらないと思います。
それならばもう少し他人への配慮があっても良いと思います。
今回のコメントを見ると相手が理解していないのはあなたの理解力不足と冷たい感じがします。
なぜ理解されなかったのか、一歩引いて自分の説明が不足なのではないか、
こうすれば伝わるんじゃないかなどのアプローチ方法はあると思います。
(限度はあると思いますが。)
みなさんは、PC初心者の方に説明する時に相手が理解していないのに専門用語を使い
理解できないあなたが悪い、とは言わない人だと思いますので。

投稿: ぽぽ | 2008/07/05 0:02:24

>また、働く側も簡単に日銭が稼げる日雇いアルバイト感覚が横行し、いつもでも欲しい時に稼げるなんて思い、職に就く、キャリア・技術を磨くという事を怠り、気が付いたら高齢になってしまったと側面はないでしょうか。

就職氷河期のことを知っていたら、そんなセリフはでないと思うよ。
マスゴミ連中はあの時代のことを無かったことにしたいらしいけどね。

投稿: 氷河期世代 | 2008/07/05 11:00:45

ウワーン さん
ご回答ありがとうございました。
まぁ、どの業界でも「こんなんでこんなに取ってええんかい?」という部分はあるのではないかと思います。
企業ならまだしも個人相手でも…。
そこはビジネスと割り切るしかないのでしょうけど。
でも、「こんなことしててええんかいな」的な内容は、ちょっと考えたほうがいいのかもしれません。
以前、浄水器販売の会社がディスポーザーも販売していたことがあるのを見たことがあります。
水質汚濁をうんぬんする会社がディスポーザーだなんて、どうだかなぁ…と思いましたが、案の定その会社はつぶれました。
割り切るべきかどうかの線引きって難しいんですけどね。

ぽぽ さん
ご意見ありがとうございます。
おっしゃることは理解できます。
それに関しては、ace さんに返答した内容と同じですので省略いたします。

しかし、誤解の無いようにしていただきたいのは、私自身、このブログの内容は、決して「初心者向け」とは思っていません。
実際、お客様にこのブログをお見せしたら、ほとんどの方は「いやぁ、私には難しいのでよくわかりません」とおっしゃいます。

はっきり言えば、このブログは「ある程度わかる人向け」として書いています。
時折、このブログを見て「私のパソコンはこうなのですが何とかならないでしょうか」とコメント欄で質問される方もおられますが、ここはお客様へのアフターサービスやオンライン受付窓口的な意味合いはほとんどありません。
また、パソコンの対処事例でもそうですが、私の考えを書いた記事に関して言えば、「それを読み解こうとする姿勢」の無い人には、それなりの対処になってしまいます。

実際、generator さんは

>管理人様とは中を知っているか、報道された情報ベースで語っているか、情報量の差がありすぎます。

と明確に言い切っておられます。
その程度の理解しかできないのであれば、議論にならないですし、本来のトラブル事例の記事を書く時間を割いてまで理解してもらう必要性も感じられません。
ですので、「お前は知らないだろうけど」的なコメントであれば、ブログでも立ち上げて書いてください、と返させていただいてます。

そろそろ「コメントをいただく方へ」といった注意書きを作っておいた方がいいのかもしれませんね。

氷河期世代 さん
まぁ、「高齢になってしまった」というにはまだそう年数は経っていませんし、何歳を持って高齢と言うのかわかりませんから、表現としてはどうかとは思いますけどね。
就職氷河期は、高学歴すら意味が無いという時期でしたから、相当に厳しかったのは理解できます。
しかし、「就職浪人」という事情を汲んでくれる会社はまだまだ少数で、「新卒」以外は一律「中途採用」としか見られません。
こういうところも問題のひとつと認識しなければならないでしょうね。
しかし、逆の言い方をすれば、氷河期世代だからこそ「学歴などに頼らずに自身を研鑽するのが重要だ」と身をもって知っているはず、ともいえます。
そこを生き抜いた経験は決して無駄にはならないと思います。前向きにがんばってください。

投稿: ささもと | 2008/07/05 13:05:42

久々の書き込みです。

私は、最低賃金(15万)を保証された成果制の仕事についてます。
別に派遣ってわけじゃないですけど大手の外注として働いてます。売上げありきの商売です。(汗

世の中色々と厳しいですけど、派遣業は生産性がないと私は考えてるので嫌いです。
人を派遣してるだけですやん、人材は派遣業者に頼らなくても手に入るじゃないですか。
そんな会社、増えるだけ無駄って以前から考えてました。
ま、使い勝手やいい面もあるんでしょうけど個人的に好きになれないってことで

ま、以前私も派遣社員で、お給金に関して今より高くて文句は無かったんです。
色々あって辞めたんですけどね^^;

投稿: ロート=レーヴェ | 2008/07/12 20:28:15

ロート=レーヴェ さん
なんか私が行間深くに隠しておいたことをスパッと書いてくれて恐縮です。
以下、愚痴っぽくなりますが…。

まぁ要するところ、乱暴な言い方かもしれませんが、日本の劣悪な雇用情勢に取り付いて、ろくに人材教育もせずに人を放り込むだけ、何のフォローもせず給料の上前だけはねて人を使い捨てている(首切り代行)だけの悪徳派遣会社なんてなくなってしまえばいい、と私は思っています。
ですので、悪徳業者のダンピング合戦のしわよせを労働者の給料へ転嫁することを全く否定しない「中の人」の意見は相容れないものですし、そもそもそれ自体どうかと思いますね。
派遣労働者が、働いても働いてもまともな給金が出ないことが問題であり、そもそも、そういう状況を作り上げておいて「会社がやってゆけない」と保身に走る悪徳派遣会社をどうやって守るか、だなんてここでは議論の対象になっていないのです。
ろくに「人材」として教育もフォローもしていないのにマージンだけしっかり取ってる悪徳派遣会社が、「労働者」と「雇用企業」の間に存在するならば、契約解除して改めて同じ手取りでアルバイトとして雇った方が、それこそ労働者と雇用企業「双方のメリット」となり得るわけですから…。

つまり、ちゃんと「人材」を育成している優良派遣会社が潰れるのは問題ですが、泥縄式に人を「品物」として放り込んで上前をはねるだけの悪徳派遣会社はなくなってもいいんじゃないか?ということです。
マージン公開は、それを客観的に判断できる材料となり得る、と考えます。
特に「判断材料となり得る」の部分は、政権与党の公式見解でもあるわけです。

そういう話をしているんですけど、どうもよく分かっていただけていないどころか、「アンタの文章が悪いとは思わないの?」とまで言われたりする始末。
そういう方には、コメントで批判「だけ」してるんじゃなくて、ご自身でもブログをお書きになってみては?と申し上げました。

でも、批判「だけ」している人には、この意味は分からないでしょうね…。
ブログって続けてこそ意味のあることですし、それだけのために書いてほったらかしでは意味ないですから。
メールアドレスだけいただいたところで、こんな内容のメールのやりとりにかける時間に、どれだけの意味があるかも疑問です。

「後味が悪い」とお感じの方がおられるのは、「批判書き捨て」の人がいるからです。その人は「それでもこうなんだよ」といった自身の主張を通そうとする議論にしようとしてないからです。
皆さんはいかがお感じでしょうか?

投稿: ささもと | 2008/07/13 22:18:08

>>ささもと様

私のレスもかなり端折って書いてるので、頭良さそうな文章ではないですが・・・^^;
議論についてはノータッチということで。

当時、(今もですけど)教育も研修も何も無く自身の器用さと処世術のみで何とかやってきた身なので、それが私の普通になってます(世知辛いことですが・・・^^;
私もまだまだ世の中を切り開いてく世代なんで、この現状を変えてゆきたいものです。

では引き続き、ブログを楽しく読ませていただきます。
レスありがとうございました。

投稿: ロート=レーヴェ | 2008/07/14 17:57:31

【雇用問題】各政党メール・フォーム

雇用に不満がある人は政党に直接メールした方がよい。
メルアドを知られるのが嫌なら、使い捨てのフリーメールを取得して使用すればよい。
今がチャンス。というより、今が「ラストチャンス」かもしれない。

●民主党 web-site
https://form.dpj.or.jp/contact/
●民主党 ネクスト厚生労働大臣 藤村修
衆議院議員 藤村修
http://www.o-fujimura.com/voice.html
●民主党 ネクスト厚生労働副大臣 山井和則
衆議院議員 やまのい和則(かずのり)
http://yamanoi.net/
山井和則 , 山井和則
●民主党 ネクスト厚生労働副大臣 中村哲治
中村てつじ公式WEBサイト - メール
http://tezj.jp/modules/contact/
●社民党OfficialWeb┃お問い合わせ
http://www5.sdp.or.jp/central/inq/inq.htm
●日本共産党ホームページの著作権について
http://www.jcp.or.jp/service/mail.html
kenpou25@jcp.or.jp

非正規雇用の対象業務 - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?ie=auto&q=%22%C8%F3%C0%B5%B5%AC%B8%DB%CD%D1%A4%CE%C2%D0%BE%DD%B6%C8%CC%B3%22

投稿: vsParties | 2009/08/04 14:37:12

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 「FMV画面で見るマニュアル」を起動することができません。 | トップページ | 派遣労働の本当の問題点。その2 »