ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月20日 (水)

パスワードが…。

こちらは、別件のトラブルでお伺いだったのですが、ついでの相談で、とある地域SNSに入れない、というもの。

SNSとは、要するに一見さんお断りの、ご紹介でないと入れない会員制のネットワークサービスです。
mixi(ミクシィ)が有名ですね。

どうしたわけか、パスワードが通らなくなって、ログインできなくなったそうです。

本来は、そこのサポートにでも問い合わせてもらうのが筋ではありますが、もののついでですし、ちょっとやってダメなら問い合わせればいいか、とお受けしました。

そこに待ち受けていた意外(トホホ)な結果を、一体誰が予測しえたでしょうか…。

-----

ログインIDとパスワードを入力する欄の下に、「パスワードを忘れた方はこちら」というリンクがありましたので、そちらをクリックして、ログインIDとして使われているメールアドレスを入力し、送信をクリック。

メールソフトを起動し、メールを受信してみたら…来ました来ました。
しっかりパスワードが書いてあります。
これをコピーして貼り付ければ確実です。

でも、そのパスワードを見て、お客様いわく、

「これ、なんて読むんですかいの?」

…へ?

お客様の指差した文字は…

アルファベットの「キュー」の小文字です…。

「なんて読むんかわからんで、全然入力できんかったんや。ほうか、キューでっかいな。知りませんでしたわ」

…うーむむむむむ。
確かに、キューの小文字って、あんまり使いませんからねぇ。

読みがわかったところで、パスワード欄に入力したら無事通ったので完了です。

-----

そういえば、小学校でパソコンの授業をやってた時も、似たような事をコドモに言われました。
その時は、教科書に書いてあるURLを打ち込んでサイトを表示させる授業をしてました。
最近の社会科の教科書には、全てのページに関連URLが書かれていたりして、時代は変わったなぁ~とか思っていると。

「せんせー!!これ、なんていう字ですか??」

…へ?

コドモの指差した文字は…

アルファベットの「ジー」の小文字です…。

いやまぁ、キーボードに書いてある「G」からすれば、ちょっと想像しにくい形ではあるんですが…。

そういうこともあり、プロバイダのパスワードが書かれた「重要書類」などは、気の利いたプロバイダだと、アルファベットに読み仮名を付けてくれていたりします。
小学校高学年でローマ字を、中学校で英語教育を、当たり前のように受けた世代にとっては、その程度が読めんでどうする?とか思ったりするかも知れませんが、定年を過ぎたご年配の方々は、ローマ字もアルファベットの小文字も読めないでおられる方も多いのです。

パスワードの再発行にしても、画面にリンクがあっても、それをクリックすればいいことに気付かず、一人悩んでおられる方も少なからずおられるわけです。

パソコンを全く触った事がない、という超初心者の方は減りましたが、まだまだその先に進めずにまごまごしている人も多いので、私のような仕事は出番が多いはずなんですが、

こういうお世話をする仕事というものが存在するという事すら知らない

という方がまだまだ多い、という事がやはり問題ですねぇ…。
NHKあたりで特集でも組んでくれませんかねぇ。

2008年08月20日(水) 定番トラブル, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

どうしてこんなに遅いのか?

こちらは新規セットアップのお客様。
作業メニュー自体は特に変わったところもなく、すぐ終わると思っていたんですが…。

メーカー独自のアップデートをしているときにそれは起こった。

遅い。遅すぎるのだ。

ダウンロードに異常に時間がかかっています。

お客様の回線はZAQ/J:COMのケーブルテレビ回線。
普通、ケーブルテレビ回線でこんなに遅いはずがないんですけど…。

-------

ローカルエリア接続のプロパティで見てみたら、なぜだか接続は「10.0M」となってます。
うーん、100Mじゃないの?
これって…なんらかのハード的な問題?
ケーブルが10Base-Tとか…。
ADSL回線なんかだと、1Mbpsのプランとかあったりしますので、そういうお客様のところにあたると遅いこともありますけど、ケーブルテレビ回線でそんなに遅いなんて…。

首を傾げていると、お客様がこうのたまわれました。

「遅い?ああ、あんまり使わないんで、一番安いのにしてるからね!」

…な、なんですと???

アップデーターのダウンロードでとんでもなく遅い状態ではありますが、ケーブルテレビ会社サイトの料金コース紹介ページを開いてみると…。

ありました。

J:COM ライトネット 月額基本料金 2,750円(税込2,888円)
※下り256Kbps、上り128Kbp仕様の機器を利用したベストエフォートサービスです。
という料金コースが…。

って、下り最高256Kbpsかよっっっ!!!

1Mbpsの1/4やなかとね…。
1Mbpsの回線でも遅いぐらいなのに、その1/4では話になりません…。
ISDNの64Kbpsよりはマシとはいえ…。

料金的にも、一番安いといっても、微妙ですよねぇ…。
ADSLの1Mbpsや3Mbpsでも似たような価格帯での料金プランがあるというのに…。
とはいえ、ADSLは対応地域でない場合は使えないんですけどね。

かなりの時間をかけてアップデーターがダウンロードを終えて、ZAQの無料セキュリティ対策ソフトマイシールドをダウンロード。
これがまた時間がかかる…。
インストールを終えたら、最新版へのアップデートが待っているわけですが、これもまた…。
どうもWindowsUpdateも平行してダウンロードしているような感じなので、どうしようもありません。
時間の関係でそこまで待つこともできないので、速い回線へのアップグレードのご案内と、マイシールドのアップデートはお客様にお願いして引き上げです。

しかしなぁ…VistaはPCだけでなく回線にもハイスペックを要求するということが改めてはっきりしたという感じです。

まぁ、ウイルス対策をしようとすると、メモリもかなり必要ですし、アップデーターをしょっちゅうダウンロードするわけですから、VistaでなくてもPCスペックはそこそこ要りますし、回線はそこそこ速くないとダメなわけですが。

2008年08月18日(月) ネットにつながらない・遅い, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

eo光のパスワード。

こちらはインターネットもメールもできない、というお客様。
ご利用回線はeo光。

メーカーにトラブルで電話相談をしていて、結局リカバリを言い渡されて電話を切られ、リカバリしたまではいいんですが、インターネット接続の設定まで初期化してしまって、よくわからなくなった、とのこと。

あーあ、無責任なリカバリ通告の被害者ですね…。
まだ「データが飛んで大騒ぎ」でないだけマシというもの。
まぁ、単純なネット接続だけで終わると思って、軽い気持ちでお伺い。

-------

まずはeo光の書類を出してもらった。
接続IDと接続パスワードが書かれた紙です。
パソコンの新規セットアップでお伺いすると、しばしばこれが出てこなくてエライ目に遭うこともあるのですが、今回はすんなり出てきました。

eoの場合は、ONUという光からイーサネット(LANケーブル接続)に変換するモデムのような機器と、光電話の機器があるだけで、ほとんどの場合ルーターがありません。
今回のように、ONUとPCが1対1でつながる場合は、PC側でPPPoE接続の設定が必要です。
まぁ、eoのパンフレットに付属のCD-ROMにある「eo接続ツール」もあるのですが、お客様のPCはWindowsXPなので、広帯域接続の設定で充分ですから、こちらで設定を始めました。

Windows XP での PPPoE 接続の作成方法 :Microsoftサポートオンライン

で、設定ウィザードに従って設定を完了させ、接続。
こちらはすんなり完了。

そしてメール設定。
OutlookExpressに、eoの書類の通りにアカウントとパスワードを入力し、送受信してみたら…メールが受信できない。

メール サーバーにログオンできませんでした。 パスワードが拒否されました。
アカウント : 'pop.eonet.ne.jp', サーバー : 'pop.eonet.ne.jp', プロトコル : POP3,サーバーの応答 : '-ERR failed. please try later.', ポート : 110, セキュリティ (SSL): なし,サーバー エラー : 0x800CCC90, エラー番号 : 0x800CCC92
ちょっとググると、どうもパスワードが間違っているか、アカウントが壊れている可能性が濃厚だ。

…うーん、今作ったところだから、アカウントが壊れているとかありえないだろうし、パスワードは何度打ち直しても反応は同じ。

な、なんで??

-------

プロバイダであるeoのサイトでも、同じことが書いてある。

エラー番号:0x800CCC92 「メールサーバーにログオンできませんでした。パスワードが拒否されました。」 :eoユーザーサポート Q&A

eoはウェブメールも使えるので、それによってパスワード間違いの可能性を確認できます。
やってみたら…やっぱり通らない。
なんど登録証のID・パスワードを確認して打ち直しても同じ。

…なんで?????

どう考えても、パスワードが変更されているとしか思えない状況。
でも、お客様は、ご自身しか利用しないし、設定をしてもらった人にも変更をお願いした覚えもないし、ましてや自分自身でパスワード変更などできるはずもない、とのこと。

では、ということでパスワード変更も考えたのですが、eoは元のパスワードがわからないと変更ができません。
パスワードリセットは、オペレーターにお願いしてできるんですが…。

「これは違うんですかね?」

とお客様が差し出したのは、eo64エアの書類。
も、もしかして、以前はコレを使っていたとか?

「ええ、イオ64からイオ光に換えたんですけど、メールアドレスはそのまま使ってますが何か?」

…そ、それだー!!!

お客様から渡されたeo64エアの書類に書いてあるPOPパスワードを入力。

…つながりました…。

つまり、eoの場合、64(PHS接続)から光にメールアドレスを受け継ぐ場合、メールアドレスだけでなく、POPアカウントとパスワードもそのまま受け継ぐので、光接続の書類に書いてあるパスワードは嘘のパスワードなのである。

そんなバカな?と誰もが思うでしょう。
でも、これは事実です。
実は以前にも、eo64エアからeo光に契約を変更して、やはりPOPパスワードがそのまま引き継がれていたことを何度か経験してます。
同じく、光接続の書類に書かれていたパスワードはまったく無効で、64エアの書類に書かれていたパスワードが有効でした。

誰だって、「重要」と書かれた書類にウソが書いてあるだなんて思わないじゃないですか。

書類を信じて設定したのに…ひどいよ…ひどいよeo光。

2008年08月15日(金) ネットにつながらない・遅い, パソコントラブル, パソコン・インターネット, メール送受信関連, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

接続中?

こちらのお客様は、「つながったのにすぐ切れる」とのこと。
回線はeo光で、PLCでの接続。
こりゃPLCに問題アリだな、と思ってお伺いしました。
それだとそもそもつながらないはずなんですけど…。

「え〜?でも『接続中』って出るよ、ほら」

色々調べる前にトラブル状況確認は鉄則なので、お客様の示す状況を見せてもらったら…。

え、ええっと…こ、これは…。

-------

お客様はeoから支給されている「eo接続ツール」をお使いでした。
うーん、ダウンロードページにも書いてあるとおりで、XPやMacOSXのようにPPPoEをOSがサポートしているなら接続ツールは本来は必要ないもので、Vistaも同様です。
まぁ、あってもいいんですけど、余分なものはできれば少ない方が…。

で、その接続ツールの表示を見せてくれたのですが。

接続が切れている状態なので、接続ツールをダブルクリックして、「K-OPT」をダブルクリック。

「ほら、『接続中』って出るでしょ?で、しばらくしたら『接続できませんでした』って。」

…( ̄△ ̄;

い、いや…そ、その「接続中」って…要するに「接続の手続き中」ってことですよねぇ…。
「接続中」って言っても「接続できました」って意味じゃないんですけど…。

つまり、接続の手続きを一生懸命やりましたがつながりませんでした、という流れ。
それを「接続中」→「接続できませんでした」と表現していたってこと。
………いや、あの、えーっと…。

WindowsUpdateとかソフトウェアのインストーラーなどでも、「インストールの開始中…」ってよく出ますけど、よく考えたら「開始中」って日本語もおかしいですよねぇ…。

つまり、パソコン業界特有の言い回しは、一般ユーザーには理解できないという、いい事例ですね…。

-------

結果的には、あらかじめニラんでいたとおり、PLCの接続に問題アリでした。
スイッチ付きで雷サージ対策付きのOAタップに、光のONUやら光電話アダプタやら電話機やらテレビやら、目一杯つながっていて、さらに分岐コンセントがつながって、その先にPLCアダプタがつながってました…。
本来、PLCは壁のコンセントに直接つながなければならないもの。
そりゃつながらなくて当然でしょ…。
実際、PLCのランプ表示は、接続できていない表示。

PLCの親機と子機を同じコンセント(テーブルタップ)につないでみたら、PLCのランプ表示は、きっちりつながっている表示になり、タコ足の一つにつなぐとつながらない。
コンセントをやりくりして、親機も子機も壁に直接つないだら、PLCのランプ表示もつながっている表示になりました。

そしてeo接続ツールも、「接続されました」という表示になり、お客様もご納得いただけました。

要は、接続がすんなりできていた時は、そんな表示は気にもしたことがなかったので、つながる時は一瞬で消えてしまうその「接続中」とかいうまぎらわしい表示がいつもと違うということに気づかなかったので、「つながったのに切れる」ということになったようです。

PLCも、どんな加減かわからないのですが、こないだまでタコ足状態ででもつながっていた(でも時々切れていた)とのこと。
それがさらに事態をややこしくしていたようです…。

2008年08月14日(木) ソフトウェア不具合関連, ネットにつながらない・遅い, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

リズム天国ゴールド。

ムスメの誕生日が近いので、こういうのを買いました。

リズム天国ゴールド

B001ADSQMA
任天堂 2008-07-31
売り上げランキング : 1
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

NintendoDSのゲーム、「リズム天国ゴールド」です。
最近ちょくちょくテレビで見かけるゲームですね。
ミニゲームがたくさんあって、一つずつクリアしていく形式なんですが、なかなかどうして、よくできてます。
前作の、

リズム天国

B000FZ5LA4
任天堂 2006-08-03
売り上げランキング : 964
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ゲームボーイアドバンスの「リズム天国」も去年買ってあり、親子共々ハマっていたので、今回の「ゴールド」は、宣伝を見てからというもの、すっかり買うものと決まっておりました(笑)。

音楽監修に「つんく♂」の名前があるだけに、前作ではリズムを取るゲームの音楽に時東ぁみの歌があったり、「ゴールド」では、キャナァーリ倶楽部が歌ってたりで、つんく♂のお抱えアイドルの宣伝手段のような気もしないではないのですが、基本的にアイドルは嫌いではないですし、ゲームに乗せて音楽、いや音楽に乗せてゲームしてる分には、ノリノリでできるので、どちらかというとおもしろさの方が先行しますね。

ただ、「ゴールド」の方は、前作に比べて若干難易度が高く、人によってはあまり楽しめずにストレスとなるゲームもあるのは確かです。
例えば、「ウラオモテ」とか「ピンポン」とか。
この辺のゲームはタイミングがかなりシビアで、私のようにクリアもままならない人も出てくるでしょう…。
「ゴールド」だけでもおもしろいのは確かですが、できれば前作から入った方が楽しめるんじゃないかと思われます。
とはいえ、音楽が楽しくてノリノリで遊べる、ゲームの楽しさというものを改めて感じさせてくれるゲームです。
手っ取り早く数分で終わってしまうゲームばかりなので、時間がなくてあまりゲームをしない人でもオススメです。

NintendoDSが家で眠っている人、久々にゲーム買って遊んでみませんか?

リズム天国

B000FZ5LA4
任天堂 2006-08-03
売り上げランキング : 964
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

リズム天国ゴールド

B001ADSQMA
任天堂 2008-07-31
売り上げランキング : 1
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2008年08月13日(水) パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, 趣味 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

缶切り in the 缶。

同業者の pts. さんのサイトからの情報。

いつの日か…、 :パソコンのサポートやってます。

こちらによると、

dynabook AX/5*F、TX/6*Fシリーズ 内蔵ハードディスクドライブからのリカバリが出来ない場合 :dynabook.com - サポート情報: ダウンロード

取扱説明書「準備しよう」の「第5章 2 リカバリ-再セットアップをする」に記載されている手順、
「キーボードの”0”(ゼロ)キーを押しながら電源スイッチを押し、[dynabook]画面が表示されてから指をはなす」
を行なっても内蔵ハードディスクドライブからのリカバリが出来ない場合があります。
その場合は下記モジュールを実行してからハードディスクリカバリを行なってください。
…だそうです。

…と、いうことは…。

-----

つまり、この修正モジュールを適用していないと、メーカーサポートお得意の「リカバリしてください」攻撃(苦笑)も通用しない状態となるようです。

しかも、

※モジュール適用後は速やかに内蔵ハードディスクからのリカバリを行なってください。
とかのたまわれているので、
どうやら修正モジュール適用には、再起動どころかリカバリが必要らしいです…。
リカバリが必要な修正モジュールって、どうよ…。

それに、Windowsが起動しない状態だと、この修正モジュールも適用できないので、Windowsが起動しなくなってリカバリをしようとしてからこれに気がついたら、頼みの綱の修正モジュールも適用不可で、まさしく

缶詰を開けようにも、缶切りは缶詰の中

状態なわけです…。
この表現、昔のMacのSystem6〜漢字Talk7時代に時々お世話になったKankiri.exeというツールの受け売りなんですが…ググってみたところ、どうやらもう公式サイトは閉じられた模様です…時代の流れですかねぇ。

しかし、ダイナブックって、今回のに限らず、こちらは2年ほど前の話ですが、

dynabook AX/7、 AX/8シリーズ BIOSのアップデート :dynabook.com - サポート情報: ダウンロード

USBデバイスが正しく認識されない場合がある現象を改善しました。
新品のセットアップに行って、付属のマウスが動かないとかで焦っていたんですが、調べてみたら、出荷時からUSBがまともに動作してないとかいう不具合が。

…とこういうヘヴィな不具合を抱えていることが意外と多いんですよねぇ。
こうなると、「初期不良だ!」とねじ込んで新品と交換しても、結局一緒という情けない事態になります…。

ダイナブックでは、挙動がおかしくなる前の新品のうちに、とりあえずサポート情報をチェックしておく必要があるのかも知れません…。

2008年08月12日(火) ソフトウェア不具合関連(リカバリ), ハードウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

nifmail の設定ができません。

こちらは2台目のパソコンのセットアップのお客様。
今までのは家族が使うから、ということでこちらには新しいメールアドレスを作ってほしい、とご所望です。

お客様のプロバイダは@niftyなのですが、

セカンドメールとか取るとお金がかかるから、無料のがほしいんだけど」

ということで、同じ@niftyでも、無料のnifmailがあるので、そちらを取ってみましょう、という話になりました。

@niftyのトップページから、画面右側にある、

Nifmail01

この「アドレス取得」から入って、

Nifmail02

このページで無料のnifmailの機能の紹介を読んで、一通りスクロールさせてそれなりの機能があることを確認したところで、

Nifmail03

画面下の「無料の@nifty会員登録に進む」をクリックしたまではよかったのですが…。

ああ、この時点では、この後、我々を襲ったトホホな事態を、一体誰が予想できたでしょうか…。

-------

この後のメールアカウント申し込みのページで、個人情報やらパスワードやら秘密の質問やら、あれこれいろいろ何度か入力しなおして、なんとかご希望の無料アカウントが取れました。

さて、あとは会員サポートページの「Windows メール 6.0 設定方法」あたりを参考に、Windowsメールに設定をしておけば使えるはず。
アカウント設定を済ませて、送受信ボタンを押してみたら…。

うーむ、なんでエラーやねん。
nifmailだからドメインが違うんか?

ということでドメインをnifmailに変えてみたけど、

Windowsメール 要求されたタスクの処理中にエラーが発生しました。詳細については、下のエラーの一覧を参照してください。

Windowsメール
要求されたタスクの処理中にエラーが発生しました。詳細については、下のエラーの一覧を参照してください。
アカウント: 'pop.nifmail.jp', サーバー: 'pop.nifmail.jp', プロトコル: POP3, サーバーの応答: '-ERR Pop qualification none', ポート: 110, セキュリティ(SSL): なし, サーバーエラー: 0x800CCC90, エラー番号: 0x800CCC92

…あかんのかいな…。
最近は、送信側はOutbound Port25 Blocking サブミッションポート(587番)の設定とかあって面倒なんですけど、受信がダメってのは…。
こういうときは、エラーメッセージでググれば色々出てくるんですが、パスワードやIDが違うとか、そんなのばっかり。
唯一不明なのが、「サーバーの応答: '-ERR Pop qualification none'」というメッセージ。
エラーメッセージそのままでググってみたけど、該当するものは何も出ない。

こりゃ粘ってもしょうがない。サポートに電話だな。

サポートのおねーさんの回答は、何とも意外なもの。

「nifmail の無料アドレスは、POPアクセスに対応しておりません」

Σ( ̄△ ̄;

…そんなこと、申し込みの過程ではどこにも書いてませんでしたけど。どこに書いてますか?

と問いかけると、おねーさん、かなり焦ってました。
「ええっと…ちょ、ちょっと待ってくださいね…ええっと…」
(しばし沈黙 カチカチ、カリカリとマウスを操作する音が響く)

「えーとですねー、 @niftyトップ → 画面左側下の方『インターネット・PC』の『メール』 → 画面左側『@niftyメール基本仕様』 のページに書いてあります。」

…えらい深いとこに書いてあるなー。
まぁ、確かに「nifmail.jp 形式」のところには、

※ @niftyメールセキュリティパック(税込294円)をお申し込みいただくことで、メールソフトからご利用いただけます

という具合に、とんでもなく分かりづらい書き方で書いてありました。

「メールソフトからのご利用(POPアクセス)は有料です」
と書けばいいものを…。
そしておねーさんが聞き返してきました。

「おそれいりますが、お客様はどのような過程でお申し込みされましたか?」

先述のとおりにたどって行ったことを伝えて、これのどこに書いてあるのか?と聞いてみたら、口ごもってしまった。

セカンドメールとか取るとお金がかかるから、わざわざ手間かけてnifmailのIDを取ったのに、無駄になったじゃないですか。

「申し訳ございません…しかしながら、無料のメールアカウントをご所望とのことでしたら、お客様はフレッツ光プレミアムでご利用ですので、ファミリープランでの追加IDを取得されてはどうかと…

料金詳細を見てみると…なるほど、フレッツADSLでなく、フレッツ光プレミアムでの契約なら、追加IDは4つまで無料で取れることになっています
で、それでのメールならPOPアクセスも問題なくいける、ということ。

…わかりにくいんじゃっっ!!

ということで、ファミリープランでの追加IDを取って、Windowsメールの設定が完了しましたとさ。
めでたしめでたし………とほほ〜。

-------

で、この記事を書くにあたって、ふと思い立って、最初のWindowsメールで出ていたエラーメッセージの単語を調べてみた。

英和辞典 「qualification」で始まる言葉の検索 :Infoseek マルチ辞書

qual・i・fi・ca・tion
━━ n. 資格 ((for)); 資格付与; (pl.) 適性 ((for; to do)); 条件; 制限, 手加減.
…つまり、「サーバーの応答: '-ERR Pop qualification none'」というのは、英語の部分を意訳すると、

エラー POPアクセスの資格がありません

っちゅーこってすね。
なーんだ。あっははははははぁ…………あ〜あ。

2008年08月11日(月) ウェブログ・ココログ関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, メール送受信関連, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

ハードディスクが動かない?

こちらはノートパソコンの電源が入らない、とのことでご依頼をいただきました。
パソコンは、ソニーのVAIOノート。

「電源が入らない」という現象は、以前にも書いたことがあるのですが、そのノートは「内蔵バックアップバッテリーを満充電にするために約24時間ACアダプターをつないだままにしておく」という方法。
逆に「メインバッテリーとACアダプターを外してしばらく放置」という方法をとるノートパソコンもあります。
お伺いしてもこればっかりは時間のかかるものですので、電話問い合わせがあった場合は、まず説明書を読むように指示した上で、どちらか適切な方を試してもらい、説明書がなければ両方を試してもらうように電話で指示してます。
でも、これだけだと何の利益にもならないんですけどね…。

今回は、両方試してダメだったので、メーカー修理しかないわけですが、メーカー修理に出す前にデータ救出してほしい、というご依頼。
この手のご依頼は、かなり多くなりました。
いかにPCメーカーや販売店がデータ救出に消極的か、ということの裏返しなんですが。

とはいえ、状況が状況だけに、ハードディスクが生きているという保証は全くないので、

  • データが取り出せるかどうかに対しては全くの無保証
  • データ取り出しができても完全性に関しては全くの無保証
  • 市販品のディスクのデータなど、著作権的に問題のあるデータに関しては、一切関知しない
ということを念押しして、データ移動先のハードディスクをご用意いただくようお願いしてお伺いです。

さて、お伺いしたのはいいんですが…。

ノートパソコンの電源に関しては、電源を押しても一瞬LEDが点灯するだけでそれ以上何も起こりません。
バッテリーをつけても外しても変わりません。
これはもう内部の電源回路がダメですね。メーカー修理確定です。

所定の裏蓋を外して、内蔵されている2.5インチのハードディスクを取り出して、IDE-USB変換ケーブルを取り付け。
持ってきたメンテ用ノートパソコン内蔵のUSBは1.1なので、USB2.0のPCカード経由で接続です。

…動きません。ハードディスクを認識しないのです。

うーむむむむ…もしかして、このドライブ、やっぱり壊れてる?

-----

内蔵のUSB1.1につなぎ替えてみた。

…認識します。
うーむむむむ………。

どうやら、このPCカード経由では、このハードディスクは電力不足で動かないらしい…。
USBは、ポートひとつ最大で500mAまでしか使えません。
しかし、PCカードのUSBアダプタは、構造上、実はそこまで供給電流を確保できないわけです…。
そこで、電力不足を補うために、内蔵USB端子から電力をもらうためのケーブルも、このPCカードの添付品にあったりするんですが、今回は置いてきてしまいました…。

いままでそういうことがなかっただけに、ちょっとびびりましたね。
それに、USBハブもあったのですが、電力を供給するACアダプタがなかったのです…。
USBハブ自体も電力を食うので、これでは何の足しにもなりません。あかんがな。

まぁ、データ救出の場合、こういったIDE-USB変換ケーブルでは、ちょっとしたディスクエラーがあったりすると、案外認識できなくなることも多いので、こういう事態も想定の範囲内です。
そんなこともあろうかと積んでおいたメンテ用のデスクトップパソコンを、クルマから持ってくることにしました。

IDE接続と、SATA接続は、交換トレイを装備してあり、ハードディスクはケースを開けなくても交換できるようにしてありますので、まさしくデータ救出用と言えます。

でも、今回はIDE-USB変換ケーブルででも認識していますし、お客様に用意してもらっていた外付けハードディスクもUSBですので、両方USBケーブルでつないで、データ救出を行いました。

この手の作業がなぜ販売店やメーカーでは手を出せないのかというと、先に念押しした内容のように、火中の栗を拾うようなものだからです。

パソコンの修理というのは、本来なら、完全に元通り(お客様が故障に遭遇する直前の状態)にするのが理想ですが、ハードディスク故障の場合は、それは基本的に無理です。
かといって、中途半端な戻し方では、金額を設定しづらい。
一番お目当てのデータが出てこないとクレームになるからです。

ハードディスクデータ救出業者の見積が数十万単位とびっくりするほど高額なのは、こういう部分があるからです。
確かにそれなりの繊細な作業を行うこともある(そうでない場合もそれなりにあるでしょうが)ので、それなりの金額になるのは確かですが、やはりそれなりの覚悟を持って依頼をいただきたい、ということなのでしょう。
データ救出業者にそれなりの金額を積むよりも、やはり日頃のバックアップというものの方が、面倒でも安上がりとなるわけです。

そんな話をしながら、そこそこ溜め込んだデジカメデータなどのデータを、結構な時間をかけてコピーし、作業は終了です。

こうやって、データコピーなどの待ち時間って、お客様といろんな話をしながら過ごすわけですが、そういう時にそれなりの間を持たせることができるほどの話題を用意しておかないと、この仕事、なかなかしんどいですよね(笑)。

前回にも書きましたが、やはりパソコンを使うのも人間ですので、パソコンの修理をする仕事というのは、パソコンの知識もさることながら、対人スキルもきちんと持ち合わせていないとダメですね。
時々、ちょっとパソコンを自作できる程度でこういう商売を立ち上げる人がいますけど、「人の相手より、機械の相手の方が楽」なんて言ってるマニアな人は、すぐ頓挫します。そういうものです。

2008年08月10日(日) データ救出・バックアップ, ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), ハードウェア不具合関連(電源), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

使うのは人間。

ネタはいろいろあるんですが、なかなか書く時間が取れずにいます。
ご期待に沿えずすみません…。

パソコンのセッティングなどでお伺いした時に、しばしば聞かれるのが、ウイルス対策ソフトやWindowsのダイアログが出た場合の、

「こういう画面が出た時って、キャンセルとかペケボタンで消したらいいんですよね?」

こういった質問。

いや、消せば済む話じゃないんですけどねぇ…。

「じゃ、こういうのが出た時はどうすればいいの?」

…うーん、難しい質問をしますねぇ。
でも、これはみんな思ってることだとは思うんですが…。

-----

単純な話、「この時はこうすればOK」という明確な答って、存在しないんですよね。

たとえて言えば、

「コドモがくしゃみしたんですけど、風邪でしょうか?どうすればいいですか?」

という単発の質問に、明確で的確な答が存在しないのと同じです。

情報が足りないために、的確な回答を出せないのです。

的確な回答を出すために必要な情報とは…

それはその時だけの現象なのか、繰り返されるのか、別の現象は出ていないか、もっと細かい様子は、などなど。

冒頭の質問なら、「こういった画面(ダイアログ)が出た時」という、非常に漠然とした質問なので、毎回同じ対処でいいとは言えません。
本当にそれでいいなら、いくつも押せるところを用意せず、「OK」ボタンのみのダイアログになりますから。
そこで言えることはたったひとつ。

ダイアログが出たなら、とりあえず書いてあることをきちんと読んで、理解しようとしてください。
読んだ上でわからなければ、一言一句間違いなくメモして(あるいはケータイのカメラで撮って)、それを全て伝えてください。

まぁ、確かに、

パソコントラブル出張修理・サポート日記: ファイルが見つかりません"flash.ocx"

こういう具合に、わけのわからんエラーメッセージダイアログの場合もありますけど、

パソコントラブル出張修理・サポート日記: 変なエラーで起動しません。

こんな具合に、エラーメッセージを「読めないもの」と頭から決め付けて拒否反応を示す人も、決して少なくありません。

要するに、パソコンはそもそもバカで融通の利かない機械なんですから、ちょっとわからなくなったら人間様にお伺いを立てるようになっているんです。
まぁ、人間様の命令(プログラム)が間違っていて、勝手に動いて意図通りの動きをしない場合も当然ながらあるわけですが。

パソコンは難しい機械であることに間違いはありませんが、

そもそもパソコンは道具であり、あくまで使うのは人間の方であって、使われる側ではない

ということを忘れてはならないと思います。
そこに気付けば、たとえ「自分は知識がない」と自称していても、おのずと道は開けると思うんですけどねぇ…。

すんません、愚痴っぽくて。

水泳の北島康介が、ミズノ社の水着かスピード社のレーザーレーサーか、でもめていた時に、「泳ぐのは僕だ」と書いたTシャツを着ていたのを見て、

いやぁ、もっともだ!

と思いました。
パソコンも同じ。VistaだXPだ、初心者だマニアだ、と騒ぐのは愚かしいこと。「使うのは人間」なのです。

2008年08月09日(土) ウェブログ・ココログ関連, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

西兵庫代表の加古川北高校。

8月は商売柄あまり忙しくないはずなんですが、けっこう忙しくなってます。
なかなか更新できてなくてすみません。

さて、今日は我が母校、加古川北高等学校の甲子園デビューの晴れ舞台の日。

Kakogawakita01

こうして自分の母校の名前の入ったポスターがあちこちに貼られていると、何だかうれしいですね。

でも、東兵庫代表が、なみいる競合をねじ伏せた報徳学園でしたので、東西統合での決勝だと微妙だったかも…。
ともあれ、母校の晴れ舞台ですので、これから応援に行ってきます。

-----

追記

…負けちゃいました…。

まぁ、敵は4季連続出場の聖光学院(福島県)、やはり貫禄勝ちなんでしょうかね。
1回表からピッチャーのコントロールがまるで決まらず、あっという間に満塁になり、4点を先制されてしまいました。
こちらは初出場で、地元とはいえ、きっと雰囲気に飲まれてしまったんでしょうね。
その後もいいように追加点を重ねられてしまい、終わってみれば9ー2。
守備はいくつもファインプレーがあったり、攻撃も一時は満塁になるなどチャンスはあったんですが…。

応援も、向こうは何といっても4季連続出場、声も出てるしタイミングもばっちり。
こちらは地元で、アルプス席も内野席もほぼ満席で、人数的には全く負けてないのに、回が変わって応援開始のタイミングになってももたもたしてたり、アルプス席のすぐ隣の三塁側内野席で観ていた私でも、あっちの声の方が迫力があると感じられました。
まぁ実力差もあったんでしょうけど、応援も含めて完全に「場慣れ」の差だったように思えました。
いやぁ、残念…。

次は、春の選抜に選ばれれば…いや、それはないか(笑)。

でも、うちの母校も、これからしばらくは野球に力が入るんだろうなぁ。

Kakogawakita02

ともあれ、よくがんばった!!


あ、それと、野球観戦にはケータイのワンセグはちょっと不向きです。
グランドから「カキーン!!」と音がして、1塁に送球、アウト!となってから、ワンセグの音声が「カキーン!」とか言ってますので…。
恐るべし、デジタル放送のタイムラグ。
ワンセグは画像が出るのが取り得とは言え、やはり、野球観戦にはイヤホンで聞けるAMラジオが一番のようです。

2008年08月08日(金) ウェブログ・ココログ関連, ニュース, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)