ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« キレイなおねーさん関連のニュース。 | トップページ | 「識別用ニックネーム」の存在意義。 »

2008年9月19日 (金)

LAN内サーバーが使えません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらはLAN内に設置したサーバー機に接続できなくなった、というお客様。
状況をお聞きすると、どうもブロードバンドルーターの不調で交換してからおかしくなったというもの。
そこでピンと来る原因はあったのですが…。

お伺いしてみて、現象を確認。
LAN内サーバーはファイルサーバーとしてお使いで、他のパソコンで共用するデータを保存しておられました。
そのサーバーへの接続が切れてしまい、マウントしてあるはずの共有ドライブが切断状態になってました。
確かにこれではつながりませんね。

さて、アレを確認してみますか…。

-----

今回は、ルーターを交換してからこの現象になったとの事。
新旧ルーターを比べてみると…。

  • 旧ルーター : コレガ製
  • 新ルーター : バッファロー製
です。

コレガ製は、ほとんどの場合、ルーターのLAN側は

192.168.1.1

が設定画面とデフォルトゲートウェイのアドレスとなります。
対してバッファロー製は、ほとんどの場合、ルーターのLAN側は

192.168.11.1

が設定画面とデフォルトゲートウェイのアドレスとなります。
これでつながらなくなったということであれば、考えられるのは、

  • ルーター設定が不適切
  • 各PCが固定IPとなっている
  • サーバーが固定IPとなっている
という部分です。
各PCは、それぞれルーターを通じてインターネットへのアクセスはできているので、各PCはDHCPによりIPアドレスは自動取得となっているのでしょう。
しかし、サーバーのみアクセスできないということは、サーバーは固定IPでの運用となっていて、現在は「192.168.11.○○」という、以前と違うネットワークセグメント設定によって接続できなくなっているのでしょう。

今回のサーバーはちょっと特殊な仕様になっていたので、とりあえず触らないようにしておかないと、元に戻せなくなると困るので、ルーターの設定のみをいじることにしましょう。
というよりは、ルーターを替えておかしくなったのなら、ルーターの問題ですから。

ということで、まだとりあえず起動はするコレガ製のルーターにつなぎ替えて、設定画面を開いてみました。
…ん?192.168.1.1では開かない??

自動取得された「ローカルエリア接続」のIPアドレスを見てみると…「192.168.3.○○」となっていた。
…うーむむむ、まだ起動できる状態でよかった。これがわからないと設定できないところでした…。
「192.168.3.1」で無事設定画面が開きました。
IPアドレス、デフォルトゲートウェイ、DHCP配布アドレスの範囲などを書き留めて、新しいバッファロー製のルーターにつなぎ替えた。
IPアドレス設定の違うルーターにつなぎ替えているので、IPアドレスの再取得は必須です。
通常は勝手に取得しなおしてくれますが、なぜかコレガのIPアドレスをつかんだまま、なかなか離さない。

この場合、「ローカルエリア接続」のプロパティから取得しなおしてもいいんですが、コマンドプロンプトから「ipconfig」コマンドを使った方が確実な場合が多いです。
まずはIPアドレスを開放する「ipconfig /release」コマンド。
IPアドレスが「0.0.0.0」になったことを知らせてくれるので、次は「ipconfig /renew」コマンド。
これにより、DHCPによる自動配布のアドレスを取得できます。

問題なく「192.168.11.○○」でIPアドレスが取れたところで、「192.168.11.1」から設定画面を開き、ルーターのLAN側IPアドレスを「192.168.3.1」に変更し、その他DHCP配布アドレスの設定などを変更し、設定を反映させるべく再起動です。

新しいIPアドレス「192.168.3.○○」がルーターからもらえたところで、さっそくサーバーへの接続を試してみた。

…おー、つながったつながった。

サーバーの設定を見てないのでなんとも言えませんが、少なくとも、IPアドレスを元通りにして接続できていることを思えば、最初にピンと来た「セグメント違い」、おそらくそれだけの問題だったのでしょう。

-----

今回は元のセグメントの「192.168.3.○○」が判明したので早かったのですが、これがわからなかったら、ちょっと大変だったかもしれません。

理屈から言えば、「サブネットマスク」というものがありますから、通常はクラスC「255.255.255.0」で、右側8ビット(2進数8桁=0~255)を除いた部分をネットワークアドレス(セグメント)として判断されます。
でも、サブネットマスクをいじれば、たとえばクラスB「255.255.0.0」にしてしまえば、とりあえずはつながると考えてもいいはずです。
ただし、それは、今回のサーバーの設定が大きく絡んできます。

間違ったサブネット・マスク設定のパソコンがLANにいたら?  :日経ITPro

DHCPでIPアドレスとサブネットマスクをもらう自動取得のPCは問題ありませんが、今回のサーバーのサブネットマスク設定がクラスC「255.255.255.0」の場合、やはりつながらないと考えられます。

まぁ、普通につながっているなら、こういうことは関係ないんですが…。

-----

「替えてみたらつながらない」というのでは、似たような話は他でもあります。

たとえば、ウチのブログの記事では、

などなど。
要するに、ACCAやYahoo!BB(白モデム)などの「ルータータイプのモデム」を使っている回線業者から、同じく「ルータータイプのモデム」や「ルーター装備(フレッツ光プレミアムなど)」に乗り換えると、ファイルサーバーやプリントサーバーを使う際に、いろいろと面倒なことが起こる、ということです。
まぁ、プリントサーバーは、なかなか素人には敷居の高いものとなりますから、その辺は理解しておかないと、最初の設定すらままならないでしょうけどね。

まぁ、パソコンも、まだまだ素人にとっては面倒なモノであることに違いはない、ということですね。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2008年09月19日(金) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(有線LAN), ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき |

« キレイなおねーさん関連のニュース。 | トップページ | 「識別用ニックネーム」の存在意義。 »

定番トラブル」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(設定不良)」カテゴリの記事

ネットにつながらない・遅い」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(有線LAN)」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(無線LAN)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/42534232/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: LAN内サーバーが使えません。:

コメント

こんばんわ、いつも楽しく読まさせて頂いています。
私は仕事柄、LAN設定をする事が多いのですがPCに詳しい方でも
ネットワーク関係は取っ付き難いのかルーターのDHCP任せのままが
多いですね。
通常はDHCPのスコープ外に設定されるプリントサーバーや
ファイルサーバーのアドレスもご存知無いユーザーさんも多々いらっしゃいます。
複合機の設置業者さんもユーザーさんへの周知がバラバラで
ユーザーさんは意識して使っていない為にトラブル時に困るって言う事も多いです。

投稿: apex | 2008/09/20 19:57:19

いつも拝読させていただいております。
職場でネットワークや機器の担当をしております(たいしたこと
してませんが)。アライドの機器ばかり購入すればいいのですが
予算もないので・・・ですが、経験上コレガとPLANEXはできるだ
け使わないようにしています。
コレガは、友人宅で有線ルータの設定を頼まれた時、説明書通
りのIPを打っても、管理画面に到達できず、一般によく使うIPを
試していってやっと開けた経験があります。他にも熱暴走や、
USBプリントサーバーの使い勝手の悪さなど、私にとっては相性
が悪いです。アライドの関連会社とは思えません。

投稿: gaudi244 | 2008/09/21 7:27:52

プリンタサーバーなんかではよくあるケースですね>セグメント違い

で、この秋から発売されるインクジェットプリンタは
各社とも売れ筋機種が有線および無線LAN対応になります・・・・
いまからちょっと心配ですw

投稿: とみぃ | 2008/09/23 23:27:20

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« キレイなおねーさん関連のニュース。 | トップページ | 「識別用ニックネーム」の存在意義。 »