ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月30日 (木)

ノートン先生に辞めていただくと…。

こちらは別件のトラブルのついでにご相談を受けた件。

「この起動が遅いのはなんとかならんですか?」

お客様のパソコンの構成は、ペンティアム4とメモリ512MBのWindowsXP。
今となってはやや古さは否めませんが、WindowsXPを使う分には全く問題のない構成です。

起動の過程を見てみたら…ああ、やっぱり。

メタボ体質を脱却できていないノートン2007が入ってます…。

しかも期限切れ…ダメだこりゃ。

「でも、このパソコンでは、インターネットは使ってないんですけどね」

うーん…お聞きしてみると、どうやらデジカメ写真などの印刷用途にしか使っていないようですし、外部とのデータのやり取りも、ご自身のデジカメ以外ではしていない模様。

じゃ…思い切って、ノートンを外してみますかね?

-------

正直なところ、いくら期限切れとはいえ、ウイルス対策ソフトを外してしまうというのは、本来は、あまりお勧めはできません。
でも、インターネットに接続していない、する予定もない、というパソコンに対しては、古いノートンのように高負荷のソフトは、百害あって一利あるかないか状態です。
それに、2007では、当然ながら最近流行のUSBメモリ感染タイプのウイルスには耐性がありませんので、重いだけで何の役にも立っていない、ということになります。

また、ウイルス対策ソフトというのは、インターネットにつないで常に最新のパターンファイルなどを入手していないと、すぐに役に立たなくなってしまいます。
まぁ、今時インターネットにつながないパソコンも珍しいと言えば珍しいのですが、せめてUSBメモリからの自動実行を抑制して、本体への実行ファイルのコピーを制限するようなソフトが出てもいいのに…と思います。

とりあえず、いくらインターネットにつながないパソコンとは言え、ウイルス対策ソフトを外してしまうと、丸裸状態になるので、インターネットにつないだり、他からデータをもらうといった使い方をする際には、ウイルス感染の危険性があることを重々説明したうえで、ノートンをアンインストールしました。

…おおっ!!なんて速いんだ!!

起動からデスクトップアイコン・タスクトレイアイコンが出そろうまで、おそらく2分もかかっていません。
写真管理用のソフトのサムネイル表示も、サクサクビュンビュンズバズバです。

こんな状態を見てしまうと、もうノートンを入れ直そうなんて考えることはできません…。

ただ、私も、ウイルス感染の被害にあった人の事例を本当にたくさん見てきていますので、とにかく

  • 他人とのデータのやり取りは絶対にしないこと
  • インターネットには絶対つながないこと
と念押しし、「インターネットにつなぐなら、ウイルス対策は必ずすること」と伝えて完了です。

まぁ、本当に「インターネットにつながない」「外部とデータのやり取りもしない」と割り切ってしまえば、ウイルス対策ソフトは全くの無用のものと言えます。
たとえば、今回のようにご自身のデジカメ写真の印刷用だとか、ワープロ専用機からの乗り換えで文章を打って印刷するだけだとかであれば、ウイルス対策なんて重いだけで、本当に不要なものなのかもしれません。

デジカメ印刷なんてプリンタ複合機でできるじゃないか、と言う人もいるでしょう。
でも、多数の写真データの管理だとか、A3サイズの印刷は、複合機だけでは無理です。
ついでにインターネットも、と色気を出さなければ、確かにウイルス対策は不要でしょう。

たとえて言うなら、

他に誰も来ることのない無人島に一人で住んでいるのに、厳重な戸締りをする必要があるのか?

という問いに似ています。

とはいえ、やはり感染事例を山ほど見てきたせいでしょうか、どうしても「ウイルス対策ソフトを外したままにする」ということには抵抗があります。
でも、要らない状態に無理に入れても仕方ないですからねぇ…。
自分のパソコンなら、何かあってもなんとかできますから、ネットにつながないパソコンなら入れませんけどね…。

2008年10月30日(木) 定番トラブル, ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

オフラインのためこのWebページを表示できません。

この件、実によくあります。
どうしたわけかVistaで、ここ最近、このトラブルで何件も呼ばれています。

オフラインのためこのWebページを表示できません。

コレが出て「つながらない」とのことで呼ばれます。

ちょっと詳しい人なら、この程度で悩むことはないでしょうけど、自称初心者の方だと、やはり「つながらない」ということになります。
しかし、コレの悩みどころは、電話をもらった時。

「インターネットにつながらないんです。でもメールは送受信できます」

…( ̄△ ̄;

いや、あの、えーと…。
ネットにつながってなかったら、メールは送受信できないんですけど…。

多くの人にありがちな誤解は、「インターネット」=「ホームページ」
「ホームページ」も、正確には「Webページ」とか「Webサイト」とか言えばいいのでしょうけど、お客様と話をする場合は、面倒なので「ホームページ」にしてます。
ですので、先のお客様の電話の言葉を、もう少し現象に忠実な言い方にすれば、

「ホームページが見れないんです。でもメールは送受信できます」

ということになりますね。

で。
この現象と原因をちょっと分析してみました。

-----

お伺いして実機を拝見すると、単純な話、InternetExplorerが「オフライン作業」になっているだけでしたので、

「オフライン作業」にチェックが入っている

このチェックを外すだけで直りました。
でも、電話でここまで指示するのには相当な苦労があるので、こちらからすれば「行ったほうが早い」のです。

大手メーカーは、フリーダイヤルでこの苦労をタダで、いや、フリーダイヤルだから通話料を払ってまでして提供してくれているわけです。何と太っ腹な。
でも、そういう大変な苦労をしているオペレーターに支払う給料は、自然と天から降ってくるわけでも、地面から勝手に生えてくるわけでも、細胞分裂のように勝手に増えてくれるわけでもありません。
当然のことながら、販売価格と量販店の赤字に転嫁されているわけです。

ウチは電話で無料で解決しても、その苦労・対人スキル・技術スキルに見合う転嫁先はどこにもありませんので、ある程度のヒヤリングをした上でお伺いして対価をいただくことになるわけです。
しかし、実際、行ってみないとどんな問題が隠れているかなんてわからないもので、訪問してみてビックリ!なんじゃこりゃ?!なんてことも多いですし、何といっても、特にご年配のお客様は「来てくれた」ということをとても喜んでくれることがほとんどです。
最近のメーカーのサポートは、小馬鹿にしたように小難しい言葉を並べ立てる低レベルのオペレーターも珍しくないようで、それでいて訪問サポートの提供は、ほとんど積極的にやろうとしません。
とはいえ、だからこそ、我々のような弱小サポート業者がなんとか持ちこたえられる状態ではあるんで、ぜひともその状態を維持しておいていただきたいものなのですが(苦笑)。

閑話休題。
この現象、実を言うと、eo光のお客様で頻繁に起こっています。
同業者の方なら、ピンとくるでしょう。
そうです。

PPPoE接続が曲者

ということ。

普通なら、「『オフライン作業』だなんて誰がそんな設定に…」と思われることでしょう。
でも、そんな設定にしてしまう場面があるのです。

広帯域接続(いわゆるPPPoE)が未接続でブラウザを開くと、「オフライン続行」とかいうボタンが出るダイアログがあり、それを押してしまうと、ブラウザがオフラインになってしまいます。
で、パソコンは広帯域接続がつながったとしても、ブラウザはオフラインを継続したままなので、「オフラインのため…」という画面になってしまうのです。
無線LANや数台同時接続などでのルーター環境の人や、NTTの光プレミアムなど最初からルーター環境で回線を提供されている人だと、こういうトラブルの現場に行ってみても、この辺は気づきにくいところです。

Vistaって、ネット接続状態が前提の機能がたくさんあるはずなのですが、どうしたわけか、ブラウザのIE7は、普通の人は滅多なことで使わないオフライン状態がいとも簡単にできてしまい、それも利用者が意図せず押してしまうボタンで意図せずできてしまい、戻し方がわからないと元に戻せないっていうのは、明らかなユーザーインターフェースの設計ミスですよね。

ユーザーインターフェース設計も問題ですが、回線業者も、そろそろ危険なPPPoE接続での回線提供をやめる方向で動いてもらいたいものです。
何も知らない「自称初心者」に、危険性の説明もせずにPPPoE接続をさせちゃダメでしょうに…。
まぁ「ルーター環境だから安全です」というわけじゃないけど…。

それにしても、

「回線は接続しているのに、ブラウザがオフラインでWebサイトの閲覧ができない状態」
 ↓ 
「ホームページが見れない」
 ↓ 
「インターネットが見れない」
 ↓ 
「インターネットにつながらない」

これほど実際の現象と言葉の表現が乖離しているのが当たり前のようにあるのは、パソコン関連業界以外にどんなところがあるのでしょうか?
まぁ世の中狭いようで広いですから、それなりにありそうな気もしますけどね…。

2008年10月29日(水) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連, ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(有線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

これはひどい! 文字列からドット絵風似顔絵変換ツール「Turn Your Name Into a Face」。

ココログの編集画面に、いつしか「ココログニュース」が表示されるようになった。
今の話題をなかなか的確に出してくれるので、ブログのネタに困っている人にはうってつけである。

ウチのブログも、ネタは山ほどあれども、そこそこ内容が濃いので、書く時間が取れなくて困っているわけですが、時間がないのについついクリックして(苦笑)あれこれ見ていたら、こんな記事が。

なになに?
「あなたの名前をドット絵の変顔にするツール」??

-----

該当のサイトはこちら。

Turn Your Name Into a Face

リンクを開くと、味気ない文字入力欄だけのサイトが。
早速自分の名前「Shinichi Sasamoto」を入れてみた。

Shinichi Sasamoto
Shinichi Sasamoto

∑( ̄□ ̄;
ぎゃ~~っ!!

わしゃニコチャン大王じゃにゃーでよ!!

あなたの名前をドット絵の変顔にするツール - 2008.10.28 11:02 :ココログニュース

この記事は、

文字列からドット絵風の似顔絵を作るだけの「Turn Your Name Into a Face」 :ICHINOHE Blog

こちらの記事を受けてのもの。

ということで、いろいろやってみた。

笹本 真一
笹本 真一

…( ̄△ ̄;
わしゃロボットか?

笹本真一
笹本真一

…うーん、まだマトモだけど、似てねぇ~。

じゃ、これでは?

ささもと
ささもと

………。

ついでに、このブログのタイトルで。

パソコントラブル出張修理・サポート日記
パソコントラブル出張修理・サポート日記

…ビミョーやね…。

みなさんもやってみてください…。

2008年10月28日(火) おすすめサイト, ウェブログ・ココログ関連, ニュース, パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 趣味 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

いつものボタンがない。

こちらは何度かお呼びいただいている、ご年配のお得意様。

「メールの画面が変なんです。ちょっと説明するにもどういえばいいかわからないけど、メールが送れなくて困ってるんです」

たまたま別件のキャンセルが入ってしまい、どうしようかと思案していたところに、タイミングよくお電話をいただきましたので、すぐにお伺いすることができました。

委託案件の場合、こちらのスケジュールを逆に委託することになるのですが、朝チェックすると、いともあっさり「本日は0件です」と出てしまうことがやや多くなりました。
家庭の投資の行き先が、オリンピックで大画面テレビに、運動会シーズンでビデオカメラに、という具合に、夏前からパソコンの販売がやや低調らしい、というのが要因のようですが、丸1日のスケジュールを委託してあったりすると、当日になって「本日0件」って言われると、かなり痛いです。スケジュールを委託してある以上、そこに仕事は入れられないのですから。
また、この手の仕事は、御用聞きとかしてみたところでそう簡単に「その日の仕事」なんて入りませんし…。

この日もそんなキャンセルの谷間のご依頼でした。

さて、お伺いしてみたら……VistaのWindowsメールでの症状だったんですが…うーむむむ、これは…。

-----

お客様は画面を指差して、

「ほら、ここにあるはずのボタンがないんです」

メニューバーの下にボタンがない

…うーん、確かに、「ファイル」「編集」などのメニューバーの下の、「送受信」などのボタンがない。

でも、これだけなら送信できなくはない。
ファイルメニューから新規メッセージを作るように…って、あれれ。

こちらもボタンがない

こちらも「送信」ボタンがありませんねぇ…。
まぁこちらも同じく、ファイルメニューから送信できたりするわけですが。

とはいえ、ご年配の方ですので、「いつもと違う画面」でも柔軟に対応、とまではなかなか行かないものです。
では、ボタンを出すようにやってみましょう。

こういう場合は、たいてい右クリックで何か答えが出る場合が多いです。

ということで、メニューバー下の、本来ボタンがあるはずのところを右クリック。

本来ボタンがあるはずのところを右クリック

ほらほら、出た出た。
「ツールバー」のチェックがありません。
ここをクリックしてみたら、見事にもとのボタンたちが現れました。

「え?今ナニをしたの????」

いともあっさり元通りになってしまったので、かなり驚かれました。

メッセージ作成ボタンを押してみたけど、こちらはまだボタンが出てなかったので、こちらも同様に右クリック。

こちらも同様に右クリック

送信ボタンが出ましたので、これでおしまい。

こう書くと、あまりにもあっけなさ過ぎますが、ご本人はしばらくお悩みだったそうです。
メーカーなどに電話してもいいんだけど、この画面の状態を、どうやったら伝えることができるのか?と。

まぁ、最近はリモートアクセスという便利なものもありますから、ネットがきちんとつながっている状態ならば、設定などの乱れ程度なら、著著猪野著伊…い、いや(笑)チョチョイのチョイで治せることも、ないわけでもない。
とはいえ、ウチの仕事は、その「ネットがきちんとつながっている」の方が珍しい場合も多いですしね。

あまりにもあっさり直ってしまいましたので、他にもいろいろお悩みの部分のご相談や、世間話にお付き合いさせていただき、引き上げです。
まぁ、リモートや電話対応で、顔を合わさずに治しても、なかなか信頼は得られません。
お伺いをして、お客様の目の前で、いろいろ対話しながら治す。これです。

事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!! by 青島刑事@踊る大捜査線

やはり私は現場仕事の人間ですから…。

ちなみに、Word2007やExcel2007の「リボン」も同様です。
右クリックで出したり消したりできます。
この件で呼ばれた、やはりご年配のお客様がおられました。

原因は、おそらく、マウスを持った手の指が、右ボタンからうまく浮かせた状態を維持しきれなくて、マウスを動かした瞬間に意図せず右ボタンを押してしまい、一瞬出てきたメニューを一瞬でクリックして、一瞬で離してしまった、という早業をやらかしてしまったのでしょう。
これは私も時々やってしまいます。
くたびれているときなんて、気が付いたら右クリックメニューが出ていた、なんてことも多くて…ああ、体力の衰えが…。

2008年10月21日(火) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連, ソフトウェア不具合関連(設定不良), パソコントラブル, パソコン・インターネット, マウス・キーボード関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

お金は天から降ってくるもの?

ローカルな話で申し訳ないのですが、ウチの地元の神戸新聞を読んでいたら、

県職員のタクシー券利用、4分の1に激減 :神戸新聞

こんなニュースが。

 財政危機に直面する兵庫県が、職員の深夜帰宅などに使われるタクシー券の「適正利用」を呼び掛けたところ、使用額が二年前の四分の一近い水準に減少していることが分かった。以前の使い方を疑われかねない激減ぶりだが、県は「無駄を削ったというよりも、より適正な利用に努めた結果」としている。

 県は、残業が深夜に及び公共交通機関を利用できなくなった場合や、日中の移動で公用車が出払っていて使えない場合にタクシー券の利用を認めている。深夜帰宅は各部の総務課が申請に応じて発給し、日中の利用は管財課が発給する。

 財政難による経費節減のため、県は昨年度から、職員に公共交通機関が動いている時間帯での帰宅を心掛けるよう通達、「適正利用」を呼び掛けてきた。

 その結果、二〇〇七年度の利用額(県警、県教委などは除く)は六千四百三十八万円で、〇六年度の九千五百七十四万円から32・8%減少。さらに〇八年度上半期(四-九月)の利用額は千六十二万円で、〇七年度同期の二千五百八十一万円から58・8%減った。

 下半期(十-三月)は翌年度予算編成などで残業が増える傾向があり、〇七年度は上半期の一・五倍程度。ここから本年度の利用額を推計すると二千六百五十六万円となり、〇六年度の四分の一近い水準で推移していることになる。

 県管財課は「以前の利用が適正でなかったわけではない。職員一人一人が帰宅時間により留意して仕事をした結果だ」としている。(森本尚樹)


タクシー券を今までは4倍使ってました、なんていうのは不適正以外の何物でもないでしょ…。

うーん、なんか聞いたことがあるような…。

-----

高速のコンピュータスキャン - 軽快なセキュリティプログラム | ノートン 2009 製品は従来より高速で、軽い動作 :シマンテック

インストール
シマンテック製品の新しいインストーラなら、1 回のクリックで短時間でインストールが完了します。
メモリ使用率
システムスキャンを実行する間、使用するメモリの量は平均 7 MB 未満ですむため、あなたが主に使用しているアプリケーションとリソースが競合することはありません。
起動時間
平均的な PC で、起動時間が 3 秒未満、ブラウザを開くための所要時間は 1 秒未満ですむため、短時間でオンライン接続することができます。
スキャン時間
シマンテック製品のスキャン速度は他社より高速であるため、PC を使用するためにスキャンが終わるまで長時間待つ必要はありません。

そうそう。これこれ(笑)。2年前に比べて4分の一?とか。

兵庫県もシマンテックも、無駄をなくしてくれたのは評価できるけど、

じゃあ、今までは何してたの?

という問いには、何も適切に答えてくれてないわけでして。
まぁ、

別にがんばらなくても、納税者(登録ユーザー)からは税金(更新料金)を取れるからという本音

は表立って言えないわけでして(笑)。

「お金は放っておいても天から降ってくるもの」という環境にいたら、流されてしまうのは人間としてある程度は仕方ないことでしょう。
でも、何も知らない消費者に、当たり前のようにお金を支払わせている立場なのですから、その分はがんばっているという姿勢はちゃんと見せてもらってしかるべきですよね。

兵庫県もシマンテックも、この姿勢を是非とも維持していて欲しいものです。

2008年10月20日(月) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ニュース, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

自動更新の落とし穴。(ワンクリウェアの恐怖 またまたまた)

こちらのお客様は、もうかれこれ定番と化してきたワンクリ詐欺ウェア、「起動したらアダルトサイトの請求書が出る」です。

Seikyu01

うーむ…毎度のことながら、「残り時間のカウントダウン」「目にインパクトのある顔写真を使う」ことで心理的プレッシャーをかける手口ですね。
写真も文面も毎度毎度違うので、ずらり並べると壮観でしょうね…なんてのんきな事は言ってられません。

この手のは、基本的には起動項目を外せばいいだけのはずですが…一応調べてみましょう。
どんな凶悪な進化を遂げているか、わかったものではないですから。

-----

まずはいつもどおりHijackThisで起動項目のチェックです。
ここで怪しい項目が見つかることもかなり多いですから。

R3 - URLSearchHook: MyUrlSearchHook Class - {2ACECADE-0BC7-4C6F-95CF-A221CC161B52} - C:\PROGRA~1\JWord\Plugin2\jwdsrch.dll
O2 - BHO: AcroIEHelperStub - {18DF081C-E8AD-4283-A596-FA578C2EBDC3} - C:\Program Files\Common Files\Adobe\Acrobat\ActiveX\AcroIEHelperShim.dll
O2 - BHO: Yahoo!ツールバーフィッシング警告 - {1F68E72C-50E5-44B8-8F56-6A54D3AF1DA4} - C:\Program Files\Yahoo!J\Toolbar\7_0_0_11\Modules\ypho.dll
O2 - BHO: Norton Internet Security 2006 - {9ECB9560-04F9-4bbc-943D-298DDF1699E1} - C:\Program Files\Common Files\Symantec Shared\AdBlocking\NISShExt.dll
O2 - BHO: NAV Helper - {A8F38D8D-E480-4D52-B7A2-731BB6995FDD} - C:\Program Files\Norton Internet Security\Norton AntiVirus\NavShExt.dll
O2 - BHO: Google Toolbar Helper - {AA58ED58-01DD-4d91-8333-CF10577473F7} - c:\program files\google\googletoolbar1.dll
O2 - BHO: Yahoo!ツールバーヘルパー - {EEBA90E6-2B14-413F-9BF8-61A8BDF92258} - C:\Program Files\Yahoo!J\Toolbar\7_0_0_11\Modules\YahooToolBar.dll
O3 - Toolbar: Yahoo!ツールバー - {AEF44653-C059-42CB-A5B7-41C640DA4A67} - C:\Program Files\Yahoo!J\Toolbar\7_0_0_11\Modules\YahooToolBar.dll
O3 - Toolbar: Norton Internet Security 2006 - {0B53EAC3-8D69-4b9e-9B19-A37C9A5676A7} - C:\Program Files\Common Files\Symantec Shared\AdBlocking\NISShExt.dll
O3 - Toolbar: Norton AntiVirus - {C4069E3A-68F1-403E-B40E-20066696354B} - C:\Program Files\Norton Internet Security\Norton AntiVirus\NavShExt.dll
O3 - Toolbar: &Google - {2318C2B1-4965-11d4-9B18-009027A5CD4F} - c:\program files\google\googletoolbar1.dll
O4 - HKLM\..\Run: [IMJPMIG8.1] "C:\WINDOWS\IME\imjp8_1\IMJPMIG.EXE" /Spoil /RemAdvDef /Migration32
O4 - HKLM\..\Run: [PHIME2002ASync] C:\WINDOWS\system32\IME\TINTLGNT\TINTSETP.EXE /SYNC
O4 - HKLM\..\Run: [PHIME2002A] C:\WINDOWS\system32\IME\TINTLGNT\TINTSETP.EXE /IMEName
O4 - HKLM\..\Run: [IgfxTray] C:\WINDOWS\system32\igfxtray.exe
O4 - HKLM\..\Run: [HotKeysCmds] C:\WINDOWS\system32\hkcmd.exe
O4 - HKLM\..\Run: [Persistence] C:\WINDOWS\system32\igfxpers.exe
O4 - HKLM\..\Run: [RTHDCPL] RTHDCPL.EXE
O4 - HKLM\..\Run: [Alcmtr] ALCMTR.EXE
O4 - HKLM\..\Run: [Adobe Reader Speed Launcher] "C:\Program Files\Adobe\Reader 9.0\Reader\Reader_sl.exe"
O4 - HKLM\..\Run: [jwdsrch] C:\Program Files\JWord\Plugin2\jwdsrch.exe
O4 - HKLM\..\Run: [RemoteControl] "C:\Program Files\CyberLink\PowerDVD\PDVDServ.exe"
O4 - HKLM\..\Run: [LanguageShortcut] "C:\Program Files\CyberLink\PowerDVD\Language\Language.exe"
O4 - HKLM\..\Run: [NeroFilterCheck] C:\Program Files\Common Files\Ahead\Lib\NeroCheck.exe
O4 - HKLM\..\Run: [IME JPN 2007 Migration] C:\PROGRA~1\COMMON~1\MICROS~1\IME12\IMEJP\IMJPKLMG.EXE /Preload
O4 - HKLM\..\Run: [ccApp] "C:\Program Files\Common Files\Symantec Shared\ccApp.exe"
O4 - HKLM\..\Run: [Symantec PIF AlertEng] "C:\Program Files\Common Files\Symantec Shared\PIF\{B8E1DD85-8582-4c61-B58F-2F227FCA9A08}\PIFSvc.exe" /a /m "C:\Program Files\Common Files\Symantec Shared\PIF\{B8E1DD85-8582-4c61-B58F-2F227FCA9A08}\AlertEng.dll"
O4 - HKLM\..\Run: [www.he-collection.net] C:\WINDOWS\system32\Restore\www.he-collection.net.bat
O4 - HKLM\..\Run: [QuickTime Task] "C:\Program Files\QuickTime\qttask.exe" -atboottime
O4 - HKLM\..\Run: [iTunesHelper] "C:\Program Files\iTunes\iTunesHelper.exe"
O4 - HKCU\..\Run: [ctfmon.exe] C:\WINDOWS\system32\ctfmon.exe
O4 - HKCU\..\Run: [MSMSGS] "C:\Program Files\Messenger\msmsgs.exe" /background
O4 - HKCU\..\Run: [swg] C:\Program Files\Google\GoogleToolbarNotifier\1.2.1128.5462\GoogleToolbarNotifier.exe
O8 - Extra context menu item: JWord でサイト検索 - res://C:\PROGRA~1\JWord\Plugin2\jwdsrch.dll/300
O8 - Extra context menu item: Microsoft Excel にエクスポート(&X) - res://C:\PROGRA~1\MICROS~2\Office12\EXCEL.EXE/3000
O8 - Extra context menu item: Yahoo!ツールバーに追加 - res://C:\Program Files\Yahoo!J\Toolbar\7_0_0_11\Modules\YahooToolBar.dll/script_search.htm
O8 - Extra context menu item: Yahoo!検索で検索 - res://C:\Program Files\Yahoo!J\Toolbar\7_0_0_11\Modules\YahooToolBar.dll/script_yahoo.htm
O9 - Extra button: JWord プラグイン - {34D67ED2-C837-4627-838C-2264E347D291} - http://www.jword.jp/intro/?partner=AP&type=lk&frm=iebutton&pver=2 (file missing)
O9 - Extra 'Tools' menuitem: JWord プラグインについて - {34D67ED2-C837-4627-838C-2264E347D291} - http://www.jword.jp/intro/?partner=AP&type=lk&frm=iebutton&pver=2 (file missing)
O9 - Extra button: Research - {92780B25-18CC-41C8-B9BE-3C9C571A8263} - C:\PROGRA~1\MICROS~2\Office12\REFIEBAR.DLL
O9 - Extra button: (no name) - {e2e2dd38-d088-4134-82b7-f2ba38496583} - %windir%\Network Diagnostic\xpnetdiag.exe (file missing)
O9 - Extra 'Tools' menuitem: @xpsp3res.dll,-20001 - {e2e2dd38-d088-4134-82b7-f2ba38496583} - %windir%\Network Diagnostic\xpnetdiag.exe (file missing)
O9 - Extra button: Messenger - {FB5F1910-F110-11d2-BB9E-00C04F795683} - C:\Program Files\Messenger\msmsgs.exe
O9 - Extra 'Tools' menuitem: Windows Messenger - {FB5F1910-F110-11d2-BB9E-00C04F795683} - C:\Program Files\Messenger\msmsgs.exe
O10 - Unknown file in Winsock LSP: c:\program files\bonjour\mdnsnsp.dll
O11 - Options group: [JWDSearch] JWord プラグイン
O18 - Protocol: ms-help - {314111C7-A502-11D2-BBCA-00C04F8EC294} - C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Help\hxds.dll
O18 - Filter hijack: text/xml - {807563E5-5146-11D5-A672-00B0D022E945} - C:\PROGRA~1\COMMON~1\MICROS~1\OFFICE12\MSOXMLMF.DLL

はい、見つかりました。
O4 - HKLM\..\Run: [www.he-collection.net] C:\WINDOWS\system32\Restore\www.he-collection.net.bat
コイツですね。

Seikyu03

起動しているバッチファイルを見てみると、どうやら今までと同じく、単純にワンクリウェア本体を起動する一行だけを記述してあるだけです。
しかし、system32のRestoreフォルダって…。

ここって、システム復元用のフォルダ?

「ああ、そういえば、システムの復元でこの日以前に戻してみたんですが、どーしたわけか直らなかったんです」

…うーむむむむ、システム復元のフォルダと同じ場所に置いてあるとそういうことがあるのかなぁ。
それとも、復元ポイントに影響しないような起動の仕方をしているとか…。
まぁとにかく、しつこいスパイウェアのように、起動項目を削除してもダメならちょっと考えましょう。

ということで、該当ファイル2つををゴミ箱に入れて、HijackThisで起動項目をFIXして再起動です。

…とりあえずは出なくなりました。
再度HijackThisでチェックしてみましたが、項目は復活していません。
該当フォルダもファイルは消えたままです。おそらく大丈夫でしょう。

でも、ちょっと気になるので、先ほどのファイル名でぐぐってみました。
すると…やっぱりありました。

ttp://www.he-collection.net 削除方法 :ワンクリウェア削除の説明

このサイトでは、ご親切なことにバッチファイルを作ってくれていますが、いきなりバッチファイルを実行して、かえって変なことになるのはいくらなんでもご勘弁、なので、バッチファイルをメモ帳で開いて確認。
…うーん、どうやら今回のワンクリウェアは、

HKEY_CURRENT_USER\Software\06
HKEY_CURRENT_USER\Software\Windows
HKEY_CURRENT_USER\Software\System
というレジストリエントリーを作るようです。

うーむむむ、確かに、Softwareの下にWindowsとかSystemとか、不自然ですよね。
普通はSoftwareより上の階層か同階層でしょうから。
でも、この名前は、ちょっといじるのを躊躇しますよね。
チェックしてみると、「HKEY_CURRENT_USER\Software\Windows」はなかったものの…

Seikyu04

∑( ̄□ ̄;

HKEY_CURRENT_USER\Software\System\Windows\MoviePlayer

なんかでたらめなレジストリエントリーがあります…そしてその値(この画像では修正済み)には、最初の請求画面にあった「ユーザーID」と「入会日時」と完全に一致したものが!

本体は復活してませんし、もう起動はしていないので、この程度のレジストリは放置していても大きな問題はないでしょうけど、確実に不要なので、削除しておきましょう。

この情報を公開している先ほどのサイトは、その性質上、トラックバックスパムがものすごいのでしょう、トラックバックもコメントも受け付けていません。
残念ながらトラックバックは送れませんね…。

で、ふと気がついたら、ウイルス対策として、NortonInternetSecurity2006が動いている。

Norton2006

2006だから、よくある期限切れか?と思いましたが…。

「こないだ更新したばかりですよ」

うーん、確かに「正しく機能しています」って出てますからねぇ。
でも、2006では、この手のワンクリウェア対策ができていないんじゃないでしょうか?
あえて聞きませんでしたが、本当に機能しているはずなら、それなりの警告が出てしかるべきはずですが、お客様が何も言わないところを見ると、2006では古くてスルーパスだったのかも…。

「え?ちゃんとお金払って契約更新してるのに、最新版になってないんですか???自動更新じゃないんですか?」

…いや、「ウイルス定義ファイル」自体は、LiveUpdateで最新版に自動更新されます。
しかし、検出エンジンは、2006とか2009とかのバージョンによって違うものです。
数字が大きいほど新しいものになっていて、それは最新版にインストールしなおさない限り、最新版にはなりません。
特にノートンは、ついこないだまで、最新版のエンジンへは、更新ではなく購入しないとダメでした。

「え~~…じゃ、お金払ってるのが無駄だったってことですか?」

いや、最近はノートンも無償アップデートを行ってますよ。
えーとですね…シマンテックのトップページから…あれ?ここじゃないな…あれ?あれ?

毎度毎度、シマンテックのサイトはわかりにくいことこの上ないです。
「アップグレード」をクリックすると、どうしてもシマンテックストアに飛ばされます…。

あれこれ開いて、ようやく「ノートン2009最新版への無償アップグレード」という隅っこの小さな小さなリンクを発見。

Norton Update Center :Home & Home Office Support - Symantec Corp.

そんなに無償アップグレードして欲しくないんか、この会社は…。
まぁ、他社に押されてそういう制度にしたんでしょうし、「ノートン・オンゴーイングプロテクション」で詐欺まがいの料金回収をしてるぐらいですから、無償アップデートなんてそう簡単にはさせてくれないのでしょう。

こちらで2006を削除して2009をインストール。
以前にも書きましたが、インストールは本当に早かったです。
今回はアップグレードということもあり、2009本体のインストールはものの数分、本当にあっという間です。
ノートンの場合、2006がもっとも肥満体質だったわけですが、2009にして、かなり動作が軽快になりました。
お客様も、年ごとの更新はしていても、そこまではご存知なかったので、たいそう喜んでいただけました。

いろんなお客様のところにお伺いして話を聞いていますが、ノートンもウイルスバスターも、更新料金を振り込めば、自動的に最新バージョンに変更してくれるものと思っておられるお客様は非常に多いです。
お金を振り込んだだけでは、ウイルス検索エンジンは現状のバージョンのままで、ウイルス定義ファイルが自動更新されているに過ぎません。
最新バージョンにするには、今回のように手動でアップグレード作業をしなければなりません。
「自称初心者」で何もわからないお客様がもっとも苦手な、こういう作業をしていない場合、最悪の場合、何年も更新でお金を振り込んでいるのに、たとえば「2004はもうサポートしていません」などと表示が出ている状態で、それの意味もわからず、今回のようなマルウェア(悪性のソフトウェア)にやられるケースも充分にありうるわけです。

何年もお金を振り込んでいるお得意様に対するケアができていないって、やっぱり変ですよねぇ。

そういう意味では、ウイルスセキュリティZEROは、ウイルス検索のパターンファイルはもちろん、検索エンジンも自動的にどんどん最新版にアップグレードしていますので、そこでの手間がかからないのは、非常に意義が大きいのです。
これが、私がこのソフトをお勧めしている理由の一つでもあるわけです。

もちろん、そんなことはとっくに理解している「ちょっと詳しい」「そこそこの知識のある」以上のスキルレベルの人は、「ウイルスセキュリティZEROは性能が…」とか言うことができるでしょう。
また、毎年最新バージョンにきっちり入れ替えて、対処をすることができるでしょう。
そういう人は、ご自身の納得する性能のソフトを使えばいいのです。
でも、人に勧めるのであれば、その人のスキルレベルを考慮してあげる必要があるはずです。

実際、誰でもが最新版へのアップグレード作業ができるとは限らないのですから、そろそろ大手ウイルス対策ソフトメーカーも考えていただかなければならないのではないでしょうか。

-----

そういえば、先のワンクリウェアのレジストリの解説をしていたサイトで、

Perfect! AV、いちごみるく、TATSUYA動画本舗、Download MAX、Sweet Babe、HMV、sex files. の補足 :ワンクリウェア削除の説明

多重感染させた画像を公開しています。
「よい子はまねしないでね!」の世界ですが、見たことのあるワンクリウェアが多数あり、ちょっとぞっとしますね…。
こちらの管理人様は、体を張って検証してくれて、その情報を公開してくれるわけですから、本当に感謝!です。

2008年10月17日(金) 定番トラブル, ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (5) | トラックバック (1)

2008年10月16日 (木)

ノートン先生はやっぱり「マニア向け」?

いつものトラブルや設定ネタはいろいろあるんですが、なかなか時間もなく、書きあぐねています。
自宅の建て替えに伴う引越し・仮住まい環境ではなかなか…。
また時間を作って書いていきたいですね。

さて今回は、ここのところ何度か書いてるセキュリティ対策ソフトネタ。

いつも膨大なページビュー(多謝!!)を誘導してくれているサイト、セキュリティホール memoより。

ノートン先生に絶大な信頼を置いている人でも、これはなかなか気づかないのでは?といえるダークサイド。

-----

■ ノートン・オンゴーイングプロテクションに注意 (amazon.co.jp, 2008.09.19) :セキュリティホール memo 2008.10.16

ノートンを使い始めて期限が切れた際、どうやら、何も考えずに更新すると、この「ノートン・オンゴーイングプロテクション」とやらにうっかり加入してしまうらしいのだ。

Norton Internet Security 2009
B001F50L8U


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

AmazonのNorton Internet Security 2009 のカスタマーレビューには、こんなコメントが。

ノートン・オンゴーイングプロテクションに注意, 2008/9/19 By windrain

パッケージ版を購入して1年後にサービス期限延長になる人と、ダウンロード版を購入した人は本当に気をつけた方がいいです。「ノートン・オンゴーイングプロテクション」とは、パソコンからノートンをアンインストールしようが、他社セキュリティソフトに乗り換えようが、パソコンを使わなくなろうが、おかまいなく「毎年更新料をクレジット引き落としし続けますよ」ということですから。

サービス更新時にそういうシステムに同意したことにされてしまうようなので、必ず「ノートン・オンゴーイングプロテクション」を解除するようにしましょう。もっとも、解除の方法はシマンテック社のサイトにはどこにも説明がないので、更新時期に送られて来るメールにしかアドレスが載ってないかもしれません。いずれにせよ、このシステムはユーザーの信頼を損なった以外の何ものでもありません。


……∑( ̄□ ̄;

ひ、ひどい…。

当のシマンテックはどんな書き方かというと…

更新サービス期限自動延長(ノートン・オートマチックリニューアルサービス) :シマンテックストア

( ̄△ ̄;
例によって、なんのこっちゃ、さっぱりわからん。
でも、解除の仕方はこのサイトにありましたね。

「ノートン・オートマチックリニューアルサービス」を停止したい場合の手順(方法)

これはあくまで「契約自動更新の停止」であって、「意図せず引き落としされた場合の返金には応じない」らしい。
つまり、

契約を意図せずうっかり自動更新してしまったら、次回の自動更新は止められても、いったん引き落とされた更新費は返金しない

ということ。
こりゃ「詐欺だ」と言われても仕方ないですよねぇ…。充分な説明もないわけですから。
せめて、こんにゃくゼリーの「子供さん・ご年配の方は食べないで」という表記ぐらいに目立たせてくれないと…。

まぁ実際、ノートンはいろんな設定項目があり、いろいろな使い方をする個人や、企業内の特化された業務パッケージなどを使う際には、柔軟な対応が取りやすいため、何かと使いやすいといえるでしょう。
しかし、特別変わった使い方をしない、世の中の大多数を占めている「自称初心者」の方は、「私はそこまでは必要ない」と言われるのもうなずけます。

ご自身の勤める企業などでノートンを採用している、ということだと「自分の個人用のパソコンも」ということになるのでしょうけど、あまり設定をいじれない「自称初心者」にとっては、乗り越えるべき壁の高いソフトだということにそろそろ気づかなければならないのではないでしょうか。

昔からのノートンファンで、自分でいろいろ設定をいじれて、契約内容も理解していて、期限の更新も「期限が切れる前に下手な更新をかけると残った期限が破棄されてしまう」という失敗をしないよう気をつけることができる、という人には、ノートンがいいと思います。
でも、そうではなく、個人でご利用で、お手軽にそれほどお金をかけずに、フリーソフトのように面倒が多くないものを、とおっしゃる向きには、

ウイルスセキュリティZERO (3台まで使える新パッケージ版) USBメモリ版
B001E74LJ4


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私はこちらをお勧めしています。

ウイルスセキュリティZEROは、過去の経緯もあり、いろいろ言う人がいますが、新品のパソコンやリカバリ直後のパソコンでのトラブルはほとんどありませんし(PCメーカー特有のソフトでごく一部に相性の悪いソフトは存在したりするようですが)、他社の1年更新のソフトが、毎年このソフトの価格以上のお金を払うに値するような機能差があるかどうかは、個人の好みや価値観の問題となります。

フリーで充分、というそこそこの知識の人はそれでいいですし、お金を払ってでも老舗の安心感を、という人もそれでいいと思います。
ただし、誰でもが、毎年5000円程度(あるいはそれ以上)ものお金を取られる価値を感じるかどうかというと、そうではないと思います。

もう、お勧めのウイルス対策ソフトは?と聞かれて、誰彼かまわず「とりあえずノートン」という時代はとっくに終わっています。

ただ、個人的には、「そこそこの知識のある人」が、ノートン(シマンテック)には喜んでお金を払い、(性能では五十歩百歩の)他社のソフトもフリーのウイルス対策ソフトも使わないのはなぜか?がよくわかりません。

「自称初心者」でないノートン擁護派の人の意見を聞いてみたいです。

-----

それにしても、「ノートン・オンゴーイングプロテクション」でぐぐってみたら、

他のキーワード: ノートン オンゴーイングプロテクション 詐欺 ノートン オンゴーイングプロテクション 解約

…うーむむむむむむ、この「他のキーワード」はちょっと…。

2008年10月16日(木) 定番トラブル, ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

実はバスター侍(ウイルスバスター2009)も速かった!

以前の記事で、

ウルトラメタボ超人・ノートン先生が減量に成功!ホンマかいな?

みたいなことを書きましたが、改めてお客様の新しいVistaパソコンで、


■【期間限定特価】ウイルスバスター2009 1年版

この一瞬何のソフトかよくわからんパッケージ(笑)のウイルスバスター2009をインストールしてきました。
以前の記事では、ウイルスバスター2009は速くないような書き方をしていましたが、それはウチの動作検証用の非力なノートパソコン(XP-SP3・セレロン1GHz・512MB)での話。

今回はCore2Duo2GHz超・2GBの最新Vistaパソコン。
さて、どれぐらい速かったかといいますと…。

-------

期間限定版プリインストールの他社製ウイルス対策ソフトは一通り外す必要があるのはどこでも同じですので、その辺の手間にかかる時間は省きますが、

なんと、インストール開始~インストール後の初期スキャン完了までたった20分!

ノートン先生の15分に比べれば…とおっしゃる向きも当然あるでしょうけど、バスター侍は、新規インストールの場合、ユーザー登録のための個人情報の入力が必要なので、その辺を含めると、実質最初の1回だけのセットアップでの5分の違いなんて、ないも同然です。

ただし、バスター侍は、ノートン先生と違い、初期スキャン時の表示は、いさぎよく「クイックスキャン」と書いてありました。
正直なところ、

クイックスキャンでええんかいな?今までバカ正直にフルスキャンさせてたのはなんやったん?

と言いたくなるのは私だけではないはず。

バスター侍に関して言えば、ウチの非力なノートパソコンでは、2008に比べると、2009は、通常利用時のもたつきを感じるようになりました。
どうやらアイドル時にせっせとスキャンを実行しているらしく、そこがもたつきの原因となっているように思えます。
まぁメモリやCPUパワーの潤沢な今時のパソコンなら、それほど気にならないようになっているのでしょうけど。

私は、ノートン先生はもっとも肥満体型だった2006で嫌気がさして見限ってしまいましたので、2009がどれほどのものなのかはまだチェックできてませんが、機会があれば試してみたいですね。

-----

それにしても、ちょっと興味深い記事が。

Symantecのエクスプロイト検出率は他社の約10倍、Secuniaがテスト それでも8割は見逃す :INTERNET Watch

 テストでは、脆弱性を残したWindows XP SP2を使用(ZoneAlarmだけは互換性の問題から、Windows XP SP3を使用)。300のエクスプロイトを用意し、それぞれのソフトがどれだけ検出できるかテストした。
 その結果、SymantecのNorton Internet Security 2009は、300のうち64を検出し、他のどのセキュリティソフトを約10倍上回る検出率の高さを示した。ただし、エクスプロイトのうち21.33%、重要な脅威に関しては30.95%を検出できたとはいえ、7割から8割のエクスプロイトは見逃してしまったことになる。

へぇ、ノートン先生は他社の10倍か…でも7~8割も見逃されたら話にならんじゃん…と思うんですが、要するにこれは

脆弱性を残したWindows XP SP2を使用

ということで、

セキュリティ修正をかけずにセキュリティ対策ソフトに頼るのがいかに危険か

ということを示す記事であり、

「ノートン先生が他社の10倍も強力でした」とか「8割も見逃してたの?」という話ではない

ということを読み取る力がなければならない、という国語力のテストに使えそうな記事です。はい。

要は、

「セコムしてますから」といって、玄関の鍵をかけない(時には大開放状態)でも大丈夫!というわけではない

というごく当たり前の話を、セキュリティ対策ソフトとOSの脆弱性に置き換えただけのことです。
実際、長嶋さん宅にはセコムしてても包丁男が侵入したとのことでセコムの株価下落騒ぎということもあるわけで。

改めて、

セキュリティ対策ソフトはウイルスにやられない保証をしてくれるわけではない

ということを肝に銘じなければならない、という話でした。

2008年10月15日(水) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

「通常使うプリンタ」が…え?

こちらはウチのパソコンでの話。

引越し直前に手に入れたVistaノートパソコンを、家庭内LANで使っている共有プリンタ(プリントサーバー経由)に接続して使ってました。
今回引越しして、ADSLを引き直したりして、ようやくネット環境が整った矢先のこと。

前の日に印刷設定まで完了して、最低限度のネット環境が復旧し、通常業務に戻ったところで、ちょっと印刷をしようとしたら。

Tuujoo_00

ん?
なんで「通常使うプリンタ」の緑チェックマークが「Microsoft XPS Document Writer」に?
ちゃんとiP4100にしておいたはずなのに…。

まぁ単純にもう一度設定すればいいだけだろうと思ってました。

翌日。

休止状態から復旧して、あれこれ作業をし、印刷をしようとしたら…また「通常使うプリンタ」の緑チェックマークが「Microsoft XPS Document Writer」に。

…はいぃ?

-----

とりあえずぐぐってみた。
一発で出たのは、

Windows Vista ベースのコンピュータに Windows Vista SP1 をインストールすると、通常使うプリンタの設定が変更されることがある :Microsoftサポートオンライン

コレ。

現象 Windows Vista ベースのコンピュータに Windows Vista Service Pack 1 (SP1) をインストールすると、通常使うプリンタが Microsoft XPS Document Writer に変更されることがあります。また、印刷ジョブを実行するときに、印刷ジョブをファイルとして保存するよう求めるメッセージが表示されます。

この問題は、ネットワーク プリンタを通常使うプリンタとして設定している場合に、最も頻繁に発生します。

原因
この問題は、Windows Vista SP1 のインストール時に、多くのデバイス ドライバが再インストールされることが原因で発生します。これにより、通常使うプリンタの設定が変更されることがあります。

解決方法
この問題を解決するには、通常使うプリンタを手動で設定します。これを行うには、次の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスにプリンタと入力し、[プログラム] の一覧の [プリンタ] をクリックします。
  2. 使用するプリンタを右クリックし、[通常使うプリンタに設定] をクリックします。プリンタ アイコンのチェック マークは、そのプリンタが通常使うプリンタになったことを示します。
…うーむ。
確かに引越し前にSP1は入れたし、このプリンタはネットワークプリンタだけどね…。
しかし、この記述では、SP1適用時にドライバの入れ直しが発生してそうなる、ということみたいだけど…。

-----

実験してみた。
まずはプリンタフォルダを開いてみました。

Tuujoo_01

ちゃんとiP4100になってます。

電源ボタンは休止状態に設定してますので、このまま電源ボタンを押して休止状態にし、電源ランプが消えたところで一呼吸おいて、再び電源ボタンを押してみたら…。

Tuujoo_01

なんや、そのままやん…と思ったその瞬間!!

Tuujoo_02

∑( ̄□ ̄;

い、移動した!!!

どうも無線LAN接続が確立されるかされないかのあたりで、勝手に切り替わるような状態。
無線LAN接続に時間がかかると、タイムアウトで切り替わるとか…いやいや、「通常使うプリンタ」を勝手に変えてどうするよ。ありえんやろ…。

マイクロソフトがああいう情報しか出してないということは、きっとまだ解決策は出てないんだろうなぁ…めんどくさー…。

2008/10/11 追記:

mitsuba さんからコメントいただきました。

>PlugfreeNetworkなんかが動いてるとネットワーク設定が自動切り替えされたときに環境設定も勝手に変わったりしたことがあります。

このノートパソコンも、その類のネットワーク環境切り替えユーティリティーがありましたので確認してみたら…。

Tuujoo_03

ありますよありますよ…ものの見事に「Microsoft XPS Document Writer」がデフォルトプリンタの適用をされてます…。
これを変更したら…また移動。iP4100に。

うーむむむ…いろいろ環境を変える人には確かに便利そうだけど…環境を変えない人だと、知らないとハマるよなぁ。

mitsuba さん、ありがとうございました。
インターネットで積極的に情報公開してると、いいことがあるという好例ですね。

2008年10月09日(木) ソフトウェア不具合関連, ソフトウェア不具合関連(設定不良), ハードウェア不具合関連(プリンタ), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 印刷できない・印刷不良, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

株価急落。

この日もいつものように、お客様のご購入のVistaパソコンを新規セットアップしていたわけですが。

インターネットがつながって、いつものようにあれこれ説明する過程で、「ネットにつながっていたら使える機能」の一つとして、サイドバーガジェットの「株価」を使ってみたら…。

Kabu01

∑( ̄□ ̄;

-952って…な、何じゃこの下がり方は!!!

私は株はやってませんのでそんなに関心はなかったのですが、いつもこうやってサイドバーガジェットの動作確認をしているので、上がったり下がったりしている数字を見てます。
でも…ここまで下がっているのを見ると、かなりの違和感を感じずにいられません。
ちょっと大きく表示させてみたら…。

Kabu02

うーん、午前中のラジオとかのニュースでは、いきなり下がったとか言ってましたが、午後からの下がり方も激しかったわけですね…。
しかし、ここまで下がるとは…。

2008年10月08日(水) ニュース, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

机 本箱 運び出された荷物のあとは…

Tatami

畳の色がそこだけ若いわ~ って小学生の頃に歌ってたなぁ。
この歌も30年ぐらい前なんですねぇ…年食ったなぁ~。
元歌の歌詞はこちら↓で。
キャンディーズ/歌詞:微笑がえし :うたまっぷ歌詞無料検索

家の建て替えのため引越ししました。
ただでさえブログの更新頻度が減っているのにこの調子です…。

ということで、歩いて数分の、ヨメさんの実家に年末までご厄介になってます。
この家には11年ほどお世話になったわけですが、壊すとなると何やら感慨深いものがありますね。
新しい家は、オール電化で太陽電池パネル付、各部屋にギガビットLAN配線の家となります。
年内に完成し、年末ぎりぎりに入居です。

それにしても、11年前から放置してあった荷物の多いこと多いこと…今回捨てたものも多いのですが、時間切れでトランクルーム行きになったものもたくさんあります。
年内入居はいいんですが、年末年始は荷物と格闘していることでしょう…。

結局、最終の荷物の運び出しが当日の早朝にまでもつれ込みました…もうヘロヘロです。
毎日だれかしら「アレがない!」「コレがない!」ゆーてます。

ところで、引越しにあたり、部屋のあかりを外していたんですが…。

-----

外してみた電球たちを改めて見てみると。

Denkyu

もう白熱球はひとつもありませんでした。

切れるたびに蛍光灯式の電球に買い換えてましたが、気がついたらすべて替えてしまってました。
左から2番目のは白熱球に見えますが、

ネオボールZリアル 東芝EFA10EL/8-R 40ワットタイプ

TOSHIBA ネオボールZリアルPRIDE A形 60Wタイプ 昼光色 EFA15ED/10-PD
B001AQUZ4Y


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近はこんな感じで外見が白熱球と見分けのつかないものもあったりで…。

従来型の電球型蛍光灯って、まだまだすぐに明るくならないものもあります。
でも、玄関や廊下など、場所を選べば、意外と不便を感じませんね。
とはいえ、このネオボールZリアルPRIDEは比較的すぐに明るくなります。さすがです。

それにしても、こうして並べてみると、時代を感じます。
写真の一番右のが初期のもの(実はここに引っ越す前の東京にいたときに買ったので50Hzなんですが、60Hzの関西ででも使えてますね)で、左にいくにつれコンパクトになってます。

それにしても、ヨメさんの実家にきてみて、部屋の明かりの蛍光灯の、点灯の遅いこと遅いこと…。
点灯管がグロー管だからですね…。

ウチでは蛍光灯はすべて電子点灯管に変えてましたので、かなり気になりました。
ということで、グロー管から電子点灯管に順次差し替えてます…。


電子点灯管 FE-1E 10-30W用

ナショナル 電子点灯管 2個入りパック電子点灯管 1E・5P2個入り FE1E5P2P
B000WMHQBC


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

その他いろいろ、引っ越して環境があれこれ変わるので、いろいろと使い勝手が悪いですが、なんとか3ヶ月ほどを乗り切るしかないですね…。

2008年10月06日(月) お知らせなど, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

今度は速いぞノートン先生!

こちらは新規パソコンの初期設定での話。
いつものようにVistaパソコンをセットアップして、YBBモデムも新規で取り付けて、ネットにつないで、メール設定…としていると、書類の記述を見て、ふと手が止まった。

あっちゃ~、BBセキュリティが「あり」だよ…。

正直、YBBのBBセキュリティには、いい思い出がありません。
BBセキュリティはノートンインターネットセキュリティがベースになって、YBBで月額版として契約できるもの。
基本的に、インストールに1時間以上、初期スキャンも1時間以上かかるのが当たり前。回線速度が予想外に遅かったりすると、もっとかかることになります。
まともにやっていると、たっぷり2時間は余分に拘束されてしまいます。

こういう場合は、あまりやりたくはないのですが、初期スキャンはお客様にお任せするか、退出直前に開始しておく、という手法でなんとか引き上げさせてもらってます。
それでも1時間は余分に時間を取られてしまいます。
こんなのが何件も続いた日には、最終のお客様は、相当ずれ込んでしまったりで、「明日にしろ」と言われてスケジュールの都合をつけるのが大変だったり、何度痛い目に合わされてきたことか…。

うーん、正直なところ、ホントは勘弁してほしいんだけど…。

もうほとんどやる気のない状態でセットアップに取り掛かりましたが…あれ???

-------

YBBの「おまかせ セットアップCD-ROM」は、出始めの2006年のはひどかった。
回線のセットアップからメール設定までで、少なく見積もっても40~50分は拘束されたので、非常に評判が悪かったんですが、Vista登場あたりから、かなりの改善が見られ、早ければ15分程度、どんなに遅くても30分もかからないのが当たり前となりました。

とはいえ、BBセキュリティありだと、ノートン2007・2008ベースでは話になりません。初期スキャンはお客様にお任せする件がほとんどでした。
しかし、今回はどうやら2009ベースのようだ。
まぁそう違いはないだろうと思っていたら…。

「インストール前のスキャン」とやらが、今まではそれだけでもイライラしながら待っていたのに…え?もう終わり?もうインストールに入ったの?

なんと、インストール開始~インストール後の初期スキャン完了までたった15分!

は、速い!!
速いとは聞いていたが、この速さは何なんだ!?

いつもなら、インストール完了直後は赤丸ペケ印状態で、「初期スキャンをしないと緑チェックマークにならないので…」と言い訳しながら、ダラダラしたノートンの進行状況を横目に片づけをしているのに、尋常じゃない速さでインストールが完了してしまった。
しかも、初期スキャンまで終わった状態で、緑チェックマーク状態だ。

あまりにもあっけなく、完全に拍子抜けです。
まぁ表示が「安全です」となっているので、このまま引き渡して退出です。

-----

しかし、これはどうしたことだ?
インストール後の初期スキャンを含めれば、ウイルスバスター2009はおろか、ウイルスセキュリティZEROですら、全く足元にも及ばないほど早く終わってしまうことになる。

推測するに、今まではバカ正直に余計なファイルまでスキャンしていただけで、今回は疑いの高いものだけを重点的にスキャンしているから速い、ということなのか?
それとも、劇的にスキャン速度が向上したエンジンが開発されたのか?
いや、今までが今までだけに、それはちょっとありえないだろう…。

いや、よしんば本当にエンジンが劇的に速くなったとしても、本当にセキュリティ性能は落ちていないのか?本当に安全と言えるのか?
逆にそこらへんが不安だとも言える。

インストールやスキャンに時間がかからなくなったことは、確かにとても喜ばしいことだ。
しかし、従来品とあまりにも差がありすぎるため、

じゃ、今まであんなに重くて時間がかかってたのは、一体何だったんだ?

と、逆に懐疑的になってしまう。

シマンテックは、今までは老舗の意地があったのか、動作の重さの改善や、ライセンス数制限の緩和(1パッケージで3台までなど)の取り組みには消極的、というよりは泥縄で後手後手でしたが、他社製品と比べて、インストールの簡便さや動作の重さが際立ってしまい、今に至るわけですが、シェア低下の前には、老舗の意地の方向性を変えざるを得なかったのでしょう。

パソコンの世界は、他の業界に比べて、かなり進化や変化の速度が速いです。
こないだまでダメダメだったものが、いつの間にかスタンダードと呼べるほど浸透していたり、今までは「そんなもんだ」とあきらめていたものが「いや、そうじゃない!こういうのも出てる!」と目からウロコなコロンブスの卵があったり。
今回のノートンの変わり方から考えても、

実績から来るくだらない偏見や不必要な贔屓目は、どんどん捨てていくべきもの

ではないでしょうか。

しかしなぁ…最重量級から、いきなりウルトラライト級になりました、って言われてもなぁ。
あまりにも変わりすぎです。
ちょっと様子見が必要なのではないかと思えてならないのは、私だけでしょうか?

2008年10月03日(金) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)