ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« プリンタのインストールができない。 | トップページ | 「こまったちゃん」な無線ルーター。 »

2008年11月 9日 (日)

「カリスマ講師」山中博先生の公開授業。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

この日は、ウチのコドモの塾のイベント?ということで、神戸市西区の学園都市にある流通科学大学のホールを借りて、「大勉強会」がありました。
保護者の方も参加OK!とのことで、コドモについて行って参加してきました。

このイベントの目玉はタイトル通り、カリスマ講師といわれる山中博先生の公開授業・兼・講演会です。

私はこのたぐいの講演が割と好きなので、著名人を招いて無料で実施される講演は、時間が合えばちょくちょく出向きます。
お金を出してまで聞きに行く、というのもなかなかできませんが、「この人!」という指定がないならば、こうして無料で聞かせてもらえる講演も意外と多いものです。
著名人の方々は、常に独特の視点をお持ちですので、講演を聞くと、いつもいろいろ刺激されます。

今回はそんな機会の一つでしたので、参加してみました。
いや、なかなかびっくりしました。行ってみてよかったです。

-----

ちょっと前置き。

私は大学へは行かず、塾や予備校の類には行きませんでした。
早くからコンピューター関連の仕事に就くものと決めて、高校を出てから専門学校へと進んだのですが、正直言うと、勉強らしい勉強って、中学高校と、あまりやってませんでした。
「世の中、学校の勉強だけが全てじゃない」とはよく言います。
でもそれは、いろんな勉強をしてきた人だけが言える言葉なんだと、今になって思います。
間違っても「学校で習ったことは社会へ出ても使わなかったから」という理由で言うのは論外で、不勉強の極みと言えます。

確かに、分数の割り算や世界史やアサガオの育て方なんて、実社会では直接は使うことなどない人も多いことでしょう。
でも、生徒として過ごしたその頃は全くわかりませんでしたが、今思えば、義務教育期間の勉強というのは、あくまで一般常識の基礎であり、それがあって初めてその先の選択肢が存在するんですよね。

社会へ出ると、一部の職業では学歴が必要になります。
でも、そういうところでは、基本的には学歴とともに一般常識が問われるものであり、最近ではテレビを見ていると「大学出てるのにそんなことも知らないの?」と恥をかくタレントやアナウンサーがボロボロ出てきて、いい物笑いの種になっていることはすでにご承知のこと。
だから、「そんなもの受験に必要じゃないので教えないでください」「授業でやるのは受験に必要なことだけにしてください」などと学校へ文句を言いに来る親なんて、モンスターペアレントと呼ばれて当然だと思います。
「ゆとり教育」のように、さんざん混乱を招いた揚句、結果「学力が下がっただけ」というのも困りものですが、「受験テクニック」だけがやたら先行した学歴だけのバカを助長するモンスターペアレントは、これ以上増えないでほしいものです。

閑話休題。

私は塾というのは「とにかく何も考えずに学校の成績を上げて、受験に合格することしかやらない」ものとばかり思ってました。
もしかしたら、そういうところもあるのかもしれません。
しかし、この公開勉強会では何人かの講師の方が前でしゃべりましたが、どの講師もが言っていたのは、

  • 社会へ出てからの自分の進路を見据え、大学を選び、高校を選ぶ
  • 「志望高校合格は、目的ではなく一つのステップにすぎない」ととらえ、志望高校に入学できたからといって気を抜いてはならない
  • 志望高校をワンランク落とすことになったとしても、高校に入ってから頑張れば逆転のチャンスは充分ある
ということ。
私の世代は、今よりも同世代の人数が多い世代で、中学・高校の頃は「受験戦争」「詰め込み教育」なんて言葉がささやかれた時代でした。
(とはいえ、私の学年は「丙午」生まれ(私は翌年の3月生まれですが)でしたので、前後の学年より極端に少ないという特例の学年ではありましたが)
ですので、学校ではなく塾で、ここまで進路のことまで考えてくれているとは思いもしませんでした。
逆にいえば、そこまでやらないと差別化できなかったりするのでしょうね。
また、ゆとり教育のあおりで、塾へ行かなければ学力向上が不可能というのが当たり前となり、私の世代の頃とは比較にならないぐらいに「塾の競争」が激化しているということなのかもしれません。

さて、タイトルにもさせてもらった、山中博先生。

本当なら、この日に出た例題だとかをお見せしたいところですが、残念ながらそれはできなさそうですので、公開されている動画をご覧ください。

予備校の東進 - 実力講師陣 紹介 【山中 博 先生】 :東進ドットコム
予備校の東進東進Movie体験講義 山中 博先生『センター試験英語160点の壁を打ち破れ!』 :東進ドットコム

「うわ~何このくどい顔!声が「フリーザ」の「ルー大柴」じゃん!」と思ったあなた。私と同じです(笑)。
でも、実際に授業されているところを聞いていると、どんどん引き込まれてしまいますし、教え方がものすごくうまいので、非常にわかりやすく、たった1時間ほどの解説で、現役の頃によくわからなかった「時制の一致」や、知らなかったアクセントの法則まで理解できてしまったのにはびっくりでした。

まぁ、この人は、

英文法・語法問題集 完全版 (東進ブックス パーフェクトマスター)
山中 博

英文法・語法問題集 完全版 (東進ブックス パーフェクトマスター)
ナガセ 2007-10
売り上げランキング : 36959

おすすめ平均 star
star英文法・語法問題集の革命的一冊
star網羅性が高いけれど
starまとめに使える

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)
瓜生 豊 篠田 重晃

全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)
桐原書店 2005-10
売り上げランキング : 2912

おすすめ平均 star
star全体的によくできていると思います☆
starこれは神書
star奇跡の一冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こういう本を出しているぐらいですし、やはり一味違うんでしょうね。

こんなことではイカンのでしょうけど、こういうところでこんな話を聞いて、受験生の親となっている実感を、今更ながら感じています。今更って…あきませんがな。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2008年11月09日(日) 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき |

« プリンタのインストールができない。 | トップページ | 「こまったちゃん」な無線ルーター。 »

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/43140798/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 「カリスマ講師」山中博先生の公開授業。:

コメント

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« プリンタのインストールができない。 | トップページ | 「こまったちゃん」な無線ルーター。 »