ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« こんなパソコンは…ちょっと買いたくない。 | トップページ | プリンタのインストールができない。 »

2008年11月 4日 (火)

メールが使えなくなったのはなぜ?

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは「アウトルックでメールが使えなくなった」とのお客様。
WindowsはXP。

メールに関しては、最近は本当に様々な理由でトラブルがあるようです。単純なところでは、

  • サーバー情報やパスワードなどの設定間違い
  • セキュリティ対策ソフトなどの設定不良や誤検出によるブロック
  • 「Outbound Port25 Blocking」の影響
といったところ。
特に「Outbound Port25 Blocking」絡みはまだまだ多いですね。
でも、Windowsメールの不具合だとか、プロバイダのドメイン変更だとか、レアケースの例外ももちろんありますが、メールだけで考えると、昔に比べるとトラブルが増えたという感覚です。

さて今回のお客様は…送信も受信もできなくて、今まで受信したメールも消えてなくなったそうです。
うーん、それって、アレじゃないですかねぇ…。
ログオンユーザーが違うだけとか…。

いえいえ、そんなもんじゃありませんでした。
今回も、ネタになるぐらいですので、かなり意外な引き金がありました…。

-------

基本通り、お伺いしてまずはじめに現象確認です。

「いつもはスタートボタンから電子メールを起動するんですけど…なんかこの時点でおかしいんです。マークがいつもと違うんですよね」

お客様が指さした先にあるのは…

スタートメニューの一番上から2番目の「電子メール」アイコン

なんですが、

アウトルックはアウトルックでも、OfficeOutlook2003

です…。

軽く頭痛がしてきました…。

それってまさか…。
ま、まぁとりあえず、続きをお願いします…。

「ほら、受信トレイに何もない状態で、メールの受信もできない状態なんです」

…あ、あの~、もしかして、開いた時の画面も、いつもと違う画面なんじゃないですか?

「あ、そうですそうです。いつもはもっとシンプルな画面なんですけど…」

…も、もしかして、こっちじゃないですか?

と、スタートメニューに残っていたOutlookExpressを起動してみました。

「あ!これですこれです!…メールも受信してますね!え?どうやったんですか??」

…(ーー;

同じ「Outlook」という名前が付いていても、「OfficeOutlook2003」と「OutlookExpress」は違うんですよ…。

「はぁ、道理で画面構成や起動のマークがおかしかったんですね…」

どちらも同じく「アウトルック」なので、違いがピンときていないようです…。
そういう反応にはもう慣れましたけど、ごっちゃにしている人と話をしていてフラッとなりそうなのは直りそうにないですね。

それにしても、スタートメニューの上から2番目のアイコンが変更になったということは…これ自体は、単純にスタートメニューを右クリックして、プロパティから変更できるのでいいんですが、問題はなぜそうなったのか?です。

ふとデスクトップのアイコンを見ると、PowerPointの文書アイコンが。
これを見て、ピーンと来ました。

…あのー、PowerPointをインストールしませんでしたか??

「パワーポイント?…あ!しましたしました!!入れてもらいました!!そういえば、その日以降でおかしくなったんですよ!!」

見事にビンゴです。
たぶん、PowerPointをインストールした際に、Officeのインストーラーが、OfficeOutlook2003を既定のメールソフトとして勝手に設定変更してしまったんでしょう。

まぁ、先ほどOutlookExpressを起動した際に、「既定のメールソフトをOutlookExpressとするか?」と聞いてきてたので、OutlookExpressにしておきましたから、スタートメニューのアイコンはすでにOutlookExpressになってます。
いつもどおり、スタートメニューから起動できることを確認してもらいました。

「ああよかった。これでメールが使えるようになりました!ありがとうございます」

…ところで、PowerPointをインストールしてもらったとおっしゃいましたが…?

「そうなんですよ、仕事でパワーポイントのファイルが回ってきて困ってたんですけど、知り合いの人が入れてくれたんです」

…い、入れてくれた、って…。 まさか、持ってきたCD-ROMでインストールして、CD-ROMはそのまま持って帰った、とかじゃないですよね?

「ええ、そうですよ?それが何か?」

もうぶっ倒れそうです…。
完全な違法コピーじゃないですか…。まずいッスよそれ…。

お客様には、

  • それは違法コピーである
  • あちこちインストールしていると、いずれライセンスにロックがかかり、同じプロダクトキーのソフトがすべて使えなくなるかもしれない
  • 再生だけならPowerPointViewer2007というソフトがあるのでそれを使えばよい
  • 編集をするなら、お店でパッケージを買ってインストールする必要がある
とお伝えしておきました。

ちなみに、「Office PowerPoint 2007」は、2000以降のOffice(Word/Excelのセットもの)がプリインストールされているようなメーカー製PCなら、旧バージョンのPowerPointがインストールされていなくても、安い「アップグレード版」でいいようです。

B000JQLPRW
Microsoft Office PowerPoint 2007 アップグレード (メーカー提供:1,000円キャッシュバックキャンペーン中)

マイクロソフトのサイトで、製品情報からあれこれたどってその記述を探しましたがどうにも見つからず、結局アマゾンなどのショッピングサイトでしか記述が見つかりませんでした…。それってどうよ…。

しかしまぁ、ライセンス認証で多重インストールはなくなるもんだと思ってましたが、どうもそうではないらしいですね。
Office2000以前のように、2台目でもとりあえず普通にインストールできてしまうので、ライセンス認証なしの古いソフトのように、何台でもインストールできてしまうものと勘違いしている人も多いようです。
聞いた話ではありますが、同じように職場の数十台に1つのライセンスで多重インストールしていたら、ある日突然全滅した、という話もあり、ライセンス認証の必要なソフトで多重インストールを繰り返していると、その時はよくても、いつかひどい目にあうようです。

まぁ、お気軽な気持ちでの

「ワシ持っとるさけぇアンタんとこにもインストールしたるわ」

は、フリーソフト限定ってことで…。

「じゃあ今回のアウトルックのトラブルは、それが原因だったってことですか?」

…い、いや、そうじゃなしに…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2008年11月04日(火) ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, メール送受信関連, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき |

« こんなパソコンは…ちょっと買いたくない。 | トップページ | プリンタのインストールができない。 »

ソフトウェアアップグレード関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

メール送受信関連」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/43008472/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: メールが使えなくなったのはなぜ?:

コメント

OutlookとOutlook Express、JavaとJava script、等、似ている名前をつけるのが混乱の元ですよね。
問い合わせを受ける時は、実際にどちらかを確認してから答えないといつまでたっても解決しないので注意しております。

あと、ソフトのライセンスの認識、ホントに浸透していませんよね。もっと消費者に説明が必要だと思います。

ソフトの種類もエディションやアップグレード、キャンペーンなど次々出すから一体何が最適か判らなくなります。

ホント悩ましい・・・

投稿: しん@神戸 | 2008/11/10 13:01:26

「Outlook と Outlook Express は、間違えやすい」ということで Vista からは、「Windows メール」となったわけですが、今度は、「Windows Live メール」が出てきて、やっぱり間違えそうです。

> マイクロソフトのサイトで、製品情報からあれこれたどってその記述を探しましたがどうにも見つからず

あら、見つかりませんでしたか?
ここなんですけどね。
「Microsoft 2007 Office system | アップグレード対象製品」
http://www.microsoft.com/japan/users/2007office/upgrade.mspx

投稿: ラム | 2008/11/10 13:46:18

しん@神戸 さん
ああ、そういえばJavaとJava scriptもそんな感じですね(笑)。
ライセンスの認識というのは、実体のないものですので、どうしても実体(CD-ROMなどの媒体)を伴っていないと理解していただけないことが多いですよね。
まだダウンロード版の方がわかってもらえやすいのかもしれませんね。
エディションもめんどうですよね。私はまだ実機と対面するのが前提の仕事ですのでいいですが、販売店やサポートセンターの人は大変でしょうね…。

ラム さん
うーん、そうおっしゃるだろうと思いました。
でも、パワーポイント単体に絞った書き方は…ないんですよね、これが。
私もご紹介いただいたそのページを出そうかと思いましたが、アレを見て、はたしてどれぐらいの人が

「パワーポイントのアップグレード版は、パワーポイントの旧版がなくても適用できる」

と理解できるか、不安ですので…(私はあれではちょっと確信できませんでした)。
アマゾンの販売サイトの記述でも、やや「?」って感じですし。
記事を書くにあたって、パワーポイントに絞った記述が欲しかったんですが、本家MSのFAQにもなかったのが…。

で、VistaでOutlookExpressはなくなってホッとしていたら、「Windowsメール」と「Windows Live メール」(笑)。後者はWebメールのくせに、堂々とスタートメニューの「通常使うメール」の設定に君臨していますので、さらに始末が悪いですね…。

投稿: ささもと | 2008/11/11 10:45:09

> マイクロソフトのサイトで、製品情報からあれこれたどってその記述を探しましたがどうにも見つからず

パッケージには小さく書いてあるんですよ・・・ものすごく小さくて読めませんが(^^;
だから実は、量販店のスタッフですら未だに把握出来ていない人もいるぐらいでして(実話)

投稿: とみぃ | 2008/11/12 12:48:55

毎月 Microsoft Update から「迷惑メールフィルタ更新プログラム」がインストールされるたびに既定のメールソフトがOutlook2003に書き換わってしまいます。スタートメニューのプログラムから OutlookExpress を起動する方法を知らないとまたコールが…

投稿: defiant | 2008/11/15 1:07:18

悲しいかな、こういった事例はごく普通に見られる事なんですよね。
それこそPC9801の時代から、違法コピーはごく当たり前に行われてきました。
だれも摘発しないもんだから、やりたい放題。と言うか、著作権の認識がない。
プログラム1本書くのに、どれだけ脳ミソふりしぼるかなんて、経験者でなけりゃわかりっこありません。
従って、使えりゃOK。何が悪いの?誰も損してないでしょ。てな具合です。

開発者に敬意を表し、コンピュータソフトウェアは正しく導入しましょう。

虚しい…

投稿: こた | 2008/11/15 18:55:19

とみぃ さん
そうですよねー普通そうですよねーーー。
アップグレード版じゃなく「優待版」とでも書いてくれれば、もっときちんとチェックするだろうにね。
ちなみに、私が数年前に買った「はがきスタジオ」の乗り換え版は、実質的にはインストール時に何のチェックもなかったんで、通常版と何が違うのか未だに不明です…。

defiant さん
うーん、それはウチでは発生しませんねぇ~。
たぶん、特定の環境で発生するんだと思います。
すべての環境でそうなってたら、とっくに大騒ぎですから。
http://209.85.175.104/search?q=cache:foa90rhqeKQJ:pc11.2ch.net/test/read.cgi/win/1205230422/17n-+%E8%BF%B7%E6%83%91%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%BF%E6%9B%B4%E6%96%B0%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%80%80outlook2003+%E5%8B%9D%E6%89%8B%E3%81%AB%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%80%80%E6%97%A2%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%A9&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp&lr=lang_ja
ここの170番台の書き込みによると、どうやら「Microsoft Office 2003 & ATOK 2007 の環境」で起きるような記述が見受けられます。IMEに勝手に切り替わるだけなのかもしれませんが。

投稿: ささもと | 2008/11/15 20:52:27

こた さん
コピーしてやる側にすれば「買ったんだから何しようと自由でしょ?」「コピーしてあげればその人は買わずに済むんだからいいことでしょ?」てな感じ。
コピーをもらう側にすれば「タダでもらえるんだからもらわないと損」「盗んだわけじゃなく、買った人からもらったんだから悪くない」てな感じ。
まぁ、気持ちはわかるんですが、そこにはソフト開発者・ソフト販売者の視点は欠落しているわけです。
要はお笑いなどで言う「パクリ」と同じです。自分たちが考えたものをパクられ「タダ乗り」された気持ちがわかれば、違法コピーも減ることでしょう。

そういう意味では、ライセンス認証で「先にインストールしたものだけが有効(パクれない)」もしくは「あとにインストールした方だけが有効(パクられたら困る)」というシステムはかなり効果的なはずですが、どうやらそれは有効には働いていない、ということが判明してしまった格好です。

音楽も、いずれは「ライセンス認証が必要」とかになってしまうのでしょうか…。

投稿: ささもと | 2008/11/15 22:41:47

> うーん、それはウチでは発生しませんねぇ~。
> たぶん、特定の環境で発生するんだと思います。
> すべての環境でそうなってたら、とっくに大騒ぎですから。

[毎月 Microsoft Update から「迷惑メールフィルタ更新プログラム」がインストールされる]ように設定している人がそれだけ少ないってことですね。Office2003のUpdateを定期的に行うスキルがあれば騒ぐ必要も無いことですから。
ちなみにこの現象は職場と自宅のPC3台で発生します。
(3台ともXP+Office2003ですが、エディションの組み合わせがすべて違います)

投稿: defiant | 2008/11/16 2:16:23

はじめまして。

楽しく読ませていただいております。

秋葉原の路上でOEM品を単体で売っている怪しいおっちゃんが思い出されました。しつこく勧めてくるので、"それライセンス違反ですよね?"と言って黙らせた記憶があります。

Officeソフトは使用許諾にも書かれているのですが、パッケージ版の場合は据置用の1台とは別に、モバイル用途の1台にもインストールが認められていて、1ライセンスで2台にインストールできるんですよね。
このあたりが、即はじかれるということが起きない原因なのかも知れません。

私自身、モバイル用PC特権にあやかっているので、なくしてほしくない権利なんですが、悩ましいですね。

投稿: autumn | 2010/10/05 9:23:08

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« こんなパソコンは…ちょっと買いたくない。 | トップページ | プリンタのインストールができない。 »