ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« そろそろエラーコードを何とかしてほしい。 | トップページ | ついに新居の完成。 »

2008年12月19日 (金)

ショートカットから開いたウィンドウの大きさを変えたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは別件でお伺いしたときに聞かれたもの。

「デスクトップにホームページへのショートカットを作ってるんですが、それをクリックしても小さなウィンドウにしかならないので、最初から最大化することはできませんか?」

お聞きした範囲では、単純な話だ。
開いたIEのブラウザウィンドウを最大化して、ペケボタンで閉じれば…。

…元のサイズのままです…。

じゃ、最大化した後、Ctrlキーを押しながらペケボタンで閉じれば…。

…元のサイズのままです…。

いや、スタートメニューなどから直接IEを起動して、最大化した後、Ctrlキーを押しながらペケボタンで閉じれば、確かに最大化状態で起動してくれる。
でも、デスクトップのショートカットアイコンから起動すると、頑固に中途半端なウィンドウで開いてくれる。

うーむむむむむ…そのつど最大化するとか、IEのアイコンから起動してお気に入りを開くとかではダメですかね?

「いや、ショートカットアイコンを使いたいサイトは複数ありますし、別のパソコンではできていますし…。【いつもどおりの手順】ができないとうるさい人に使ってもらうので、なんとかなりませんかね?」

…( ̄△ ̄;
は、はぁ…そ、それはごもっとも…。

「別のパソコンでできている」と言われれば、返す言葉がない。
もうちょっと突っ込んで調べてみます…。

-----

ちょこっとぐぐってみただけでは、どこの質問サイトも同じことを書いている。

  • いったん最大化して閉じればOK
  • いったん最大化してCtrl(もしくはShift)を押したまま閉じればOK
  • ショートカットアイコンを右クリック→「プロパティ」から、「ショートカット」タブの「実行時の大きさ」を「最大化」にすればOK
などなど。
特に最後のは、あくまでもファイルへのショートカット(拡張子「.lnk」)の話。
今回のように、インターネットのショートカット(拡張子「.url」)では「ショートカット」タブはないので最大化の指定ができません。
うーむむむむむむ…。
こりゃ弱ったなぁ…。

さらにぐぐっていくと、こんなページが。

tips : tips/01.コンピュータ関連/MS製品/Windows操作など.txt

このページの中ほどに、こんな記述があります。引用しておきます。

IntenetExplorerのショートカットのフォーマット

InternetShortcut セクション
URL キー
通常はURLを記述します。
IconFile キー
アイコンファイル、またはアイコンリソースを含むExe/Dll ファイルを指定
IconFileIndex キー
対象のアイコンが IconFile で指定したファイルの何番目のリソースかを指定
Modified キー
不明
WorkingDirectory キー
プログラムの起動時にカレントにするディレクトリを指定する
ShowCommand キー
起動時のウィンドウの状態を指定します。
3:最大化
7:最小化
指定しない場合は通常サイズ
Hotkey キー
ショートカットキーを指定します。
833 - Ctrl + Shift + A
834 - Ctrl + Shift + B
835 - Ctrl + Shift + C
: : :
858 - Ctrl + Shift + Z
1601 - Ctrl + Alt + A
1602 - Ctrl + Alt + B
1603 - Ctrl + Alt + C
: : :
1626 - Ctrl + Alt + Z
DEFAULTセクション
BASEURLキー
内容はInternetShortcut セクションのURLキーと同じ内容が入っている
DOC* セクション
InternetShortcut セクションのURLキーでフレームを使用したページを
指定すると作成されるようです


なんのこっちゃ?レジストリのことか?と思ったら…。
どうやら、「インターネット ショートカット」ファイルの中身のことらしい。
単純に「インターネット ショートカット」ファイルをメモ帳で開いてみる(メモ帳を起動して「開く」メニューから開くか、メモ帳を起動した新規ウィンドウに「インターネット ショートカット」ファイルをドラッグ&ドロップする)と、確かにそういった記述がある。
たとえば、ためしに作ってみたウチのブログのショートカットファイルを開いてみると、こんな感じ。
[DEFAULT]
BASEURL=http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/
[InternetShortcut]
URL=http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/
Modified=C03298ECB764C9015B
ShowCommand=1
IconFile=c:\windows\system32\shell32.dll
IconIndex=12
IDList=
[{000214A0-0000-0000-C000-000000000046}]
Prop3=19,2

逆に言えば、この記述のテキストファイルを、拡張子を「.url」にするだけで、インターネットショートカットとなる、というからくり。
このショートカットの記述は、アイコンをいじってあります。今回見つけたこのサイトの記述を参考にいじってみました。一般的なパソコンなら、ショートカットアイコンがICチップの形になっているはずです。
まぁ、アイコンぐらいは、こんなことをしなくても、右クリックしてプロパティから簡単に変えることはできますが…。

で、ここで「ShowCommand キー」をいじれば最大化になるはずだったんですが…いくら数字を変えても、全く最大化にはなってくれません。
うーむ、ここではないのか??

さらにぐぐってみた。
するとこんな質問が。

インターネットのウィンドウ? :答えてねっと

ここの回答3に、こうあります。
長いですが、引用しておきます。

修正方法は2種。
1.タスクバー経由で設定をリセットする。
何でもいいからIEでどっかのサイトを開きます。
Shiftキーを押しながらそのサイト内のリンクをクリックし、新しいウインドウでページを開きます。
新しいウインドウで開いたページだけを残して、後のウインドウは全部閉じます。
その状態で、タスクバーを右クリック→「上下に並べて表示」か「左右に並べて表示」を選択します。
この時点で位置情報がリセットされます。
その後、開いているウインドウの四隅にマウスカーソルを合わせて、ドラッグすることで好みの窓の大きさにします。
でもって、最後にCtrlボタン(なんかよそのサイトではShiftボタンって言う説もありますが、違いはよくわかりません)を押しながら「×」ボタンでウインドウを閉じます。
この時点で新しいウインドウサイズがIEに記憶されます。
次にIEを起動するとさっきのウインドウサイズで開くはずです。


2.レジストリのキーを2つ削除する
レジストリエディタを起動します。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\Main
とたどります。
右のペインの「Window_Placement」という文字列を右クリック→「削除(D)」などの方法でさっくり削除します。
この値のデータには最後に開いたウインドウ(メインウィンドウかサブウインドウかは関係ありません)のサイズを記録保存されているそうです。でもって、IEってのはウィンドウを閉じるときには、閉じる順番に無関係で必ずメインウインドウのサイズと位置が記録されるんです。サブウインドウは、開いたときには記録されるくせに、閉じるときには記録されません。
この仕組みの当然の帰結として、最後に閉じたメインウィンドウのサイズと位置が、次に開くIEのウインドウサイズに反映されるんだそうです。

実はこの値が存在しない環境があるそうで、なんでそんな環境が存在するのかはわかりませんけど、そういう場合は下記の値を参照してウインドウサイズを決めるそうですので、あわせて削除しておいた方がいいと思います。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\Desktop\Old WorkAreas
とたどり、右のペインの「OldWorkAreaRects」っていう文字列値を削除します。

この2つの値の削除で、IEのウインドウサイズが初期化され、次回IE起動時は初期設定の値で窓が開くはずです。(たぶん、OSを最初に起動したときの「Windowsへようこそ」とかいうじゃまっけなウインドウのサイズと同じなんじゃないかと思います)
その後は1.と同様の方法でウインドウサイズを好みのサイズに変更してください。


参考URL
Internet Expolorer の起動時に Web ページのウィンドウ サイズが固定されない場合の対処方法
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;882869
Internet Explorer の新しいウィンドウは、画面から部分的に開きます。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;194759

お役立ちソフト
Fix IE(Windows95/98/Me/インターネット&通信)
http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se106125.html

ここでのポイントは2つ。

この症状が出る環境と出ない環境がある

ということ。
出ない環境では関係ありませんし、出たとしても気にもしない人も多いでしょう。
この方法では、それをレジストリで修正することとなるようです。
そして、

世の中に出回っている俗説「Ctrlキーを押しながらペケボタン」だけでは不充分な場合もある

ということ。

今回は、こちらの2つの方法でようやく治りました。

-----

それにしても、思わぬところに地雷が潜んでいたものです…。
簡単な話だと思って受けてみて、えらい目に遭いました…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2008年12月19日(金) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき |

« そろそろエラーコードを何とかしてほしい。 | トップページ | ついに新居の完成。 »

定番トラブル」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/43562569/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: ショートカットから開いたウィンドウの大きさを変えたい。:

コメント

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« そろそろエラーコードを何とかしてほしい。 | トップページ | ついに新居の完成。 »