ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« レーザーマウスが動かないその理由。 | トップページ | ショートカットから開いたウィンドウの大きさを変えたい。 »

2008年12月18日 (木)

そろそろエラーコードを何とかしてほしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは「ADSLがつながらない」とおっしゃるお客様。
メールを送ろうとしたらつながらず、インターネットも使えなくなる、という。

お電話いただくみなさんは、トラブルの状況を把握されている方ばかりではありませんし、的確に把握していたとしても、微妙な操作を電話だけでできるわけでもありませんし、そもそもそれができるぐらいなら電話なんてしてきません。
電話・メールでのサポートというのは、「労多くして実り少なし」です。特に設定の問題であれば、行って片付けた方が、はるかにスマートに片付く場合が多いのです。
ですので、ウチの場合は、お伺いしての作業がメインとなっています。

お伺いしてみて、まずこけそうになったのは、フレッツ接続ツール。
ブリッジモデムでルーターなしでの接続はいいのですが、いちいちツールを起動しての接続なのです…。

「これ何とかならないですかねぇ。いちいち面倒なんですけど」

まぁこの辺は設定で回避できますので、これは後にしましょう。
おそらく「つながらなくなる」は、こちらの要因が大きいと思われます…。

とりあえず接続ツールでインターネット接続をして、OutlookExpressを起動。

●サーバーへの接続は失敗しました。エラー番号 : 0x800CCC0E

Outlook Express
要求されたタスクを処理中に、エラーが発生しました。詳しくは、エラーの一覧を参照してください。
●サーバーへの接続は失敗しました。アカウント : '***.ocn.ne.jp (1)', サーバー : '***.ocn.ne.jp', プロトコル : POP3, ポート : 110, セキュリティ(SSL): なし, ソケット エラー : 10060, エラー番号 : 0x800CCC0E

…うーむむむむ。
この「エラー番号」ってのは、ホント勘弁してほしい…。
一応、エラー対処方法はコードによって決まってるわけですから、対処を示したリンク先を表示するなり、具体的なエラー名を英語ででも日本語ででも表現するなりして、調べなくてもわかるようにしてもらいないものです。

ということで、エラーコードでぐぐってみました。
たいていはこれで答は出てくるものなのですから、そろそろこういう手間をかけさせないでほしいですよねぇ…。

-----

ぐぐった結果はいろいろ出てますが、とりあえずはこれ。

エラー メッセージ "0x800ccc0E" が表示され、Outlook Express 6 でメールを送受信できない :Microsoft サポートオンライン

こちらによると…

手順 1 : インターネットに接続されているかを確認する
手順 2 : プロバイダへアカウントの設定内容を確認する
手順 3 : アカウント設定を削除し、再作成する
サポートに問い合わせる
ということですが…。

「ああ、OCNへはもう聞いたんですが」

聞くと、アカウント削除・再作成まではやったそうです。
なるほど…それでアカウント名に「(1)」が付いてたんですね。
そこから先はプロバイダではわからない、とのこと。
うーむむむむ…。

先ほどのサイトの続きがあった。

高度なトラブルシューティング
お使いのパーソナル ファイアウォールが原因で Outlook Express 6 でのメール送受信が阻害されている可能性があります。一時的にファイアウォールを無効化して正常に電子メールを送受信できるかご確認ください。もし無効化で問題がない場合には、パーソナル ファイアウォールの詳細な設定を行う必要があります。詳細な設定については、パーソナル ファイアウォールのマニュアルを参照するか、製造元に問い合わせてください。
なるほど、ファイヤーウォールですね。
ありがちです。

よくあるのは、ファイヤーウォールの二重設定。
これはコントロールパネルからセキュリティセンターを開けば、すぐにわかる話ですが…セキュリティセンターが停止されてまんがな。
タスクトレイにノートンのアイコンがあったので、おそらくノートンアンチウィルスあたりでしょう。
アレには簡易ファイヤーウォール機能があるので、そちらに管理が移っているのでしょう。
と思ったら…ノートンのコントロールパネルが開かない…。
私が首を傾げていたら、

「ノートンですか?なんかパソコン買ってからしばらくして期限がどうとかずっと出てたんけど、まずいんですかね?」

…( ̄△ ̄;
また期限切れノートンですか…。
どうしてこう、ろくでもない症状のパソコンは、期限切れノートン率が高いんでしょうかねぇ。

とりあえず期限切れでは全く意味がないので、すぐにできるOCNの月額版をお勧めしました。
それはあとでやるとして。

ノートンが動いてないなら、Windowsファイヤーウォールですかね?
設定画面を開いてみると…。

うーむむむむ、例外設定にOutlookExpressがありませんがな…。

ということで、例外設定に追加してみました。

例外設定にOutlookExpressを追加

再度送受信操作をしてみたら…問題なし。

はい、原因はコレでしたね。

どういういきさつでこういう設定になったかわかりませんが、おそらく、ノートンアンチウイルスの簡易ファイヤーウォールがなくなって、さらにWindowsファイヤーウォールのOutlookExpressの例外設定がなくなっていた、ということでしょうけど…うーむ、謎だ。

ということで、OCNの月額版セキュリティを契約してインストールしました。
OCNの場合は、ウイルスバスターとノートンがありますが、料金的にも月額450円とリーズナブルなこともあり、ウイルスバスターをお勧めして、ご快諾いただきました。

ウイルスバスターを契約してインストールし、フレッツ接続ツールを起動時に自動接続するように設定して、OutlookExpressの送受信後に自動切断しない設定にして、問題なく使えることを確認して完了です。

正直なところ、フレッツ接続ツールなどのPPPoE接続はお勧めできないのですが、現地ではルーターがありませんから、こればっかりはどうしようもないです…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2008年12月18日(木) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ネットにつながらない・遅い, パソコントラブル, パソコン・インターネット, メール送受信関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき |

« レーザーマウスが動かないその理由。 | トップページ | ショートカットから開いたウィンドウの大きさを変えたい。 »

定番トラブル」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール)」カテゴリの記事

ネットにつながらない・遅い」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

メール送受信関連」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/43475434/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろエラーコードを何とかしてほしい。:

コメント

ほかにPCがあって、ネットにつなげるんならググってエラーコードの意味や対策を検索できたりするんですけど、そもそもネットにつながらないというトラブルだと2台目ががない人はお手上げですよね。 エラーコード出すんならついでに解決策一覧とか、トラブルシューティングをある程度勝手にして原因を絞り込んでくれるといいんですけどね。 そうすれば、サポートする方も、スムーズにいくんですけどね。 次期OSではそうしてくれませんかね。 Microsoftさん。

投稿: alphonse1342 | 2008/12/28 13:01:03

出先でルーターが欲しい、とかケーブルが欲しいとかってのはよくありますね。自分はいろいろ携帯して、結構現地販売しています。しかし商品自体の利ざやは発生しないし、初期不良とかあったら呼ばれるしで、お客さんにはメリットがあっても出張サポ担当者にはリスクばかり。置き薬みたいに使った分だけあと払いのできるパソコンサポート訪問販売セットを貸してくれるところはないですかねえ。

投稿: わら太 | 2008/12/28 16:59:43

エラーコードなんてものは、プログラムを組む時に検出するエラーごとに勝手に決めたもんですから、これでエラー内容を把握しようとすればそれ用のデータベースが必要になります。
本来これだけでエラーの詳細がわかるはずの識別情報なんですが、調べるのは結構難儀なので使う方としてはこれを頼りにはできないな、と。
ダイアログで出してくれた、寡黙な人間語で推量する対応力が勝負です。

ルータを使わずにPPPoEクライアントツールを使っている人もまだいる様ですね。グローバルIPアドレスを直接PCに振るのはなるべく避けたいものです。中にはルータを持っているにもかかわらず、2台のPCに接続ツールを入れて交互に使っているお宅もありました。
期限切れセキュリティソフトも決して珍しくなく、打ち捨てられたマカフィーはよく見られます。セキュリティって気にしない人は全く脅威を感じていないんです。
こりゃ感染するわ。

投稿: こた | 2008/12/28 19:00:31

同業者です。いつも楽しく読ませて頂いて「うんうん、あるある」と相槌を打っております。


「期限切れノートンは、ウイルスよりもタチが悪い」と同僚が言ってました。

確かにメール送受信不可とか、ウェブ閲覧不可とか調子の悪いPCは、期限切れノートンやバカフィー率が高いですな。そもそも更新のやり方が面倒すぎて、初心者の皆さんは諦めてしまうことが多いようです。まあ、それ以前に何でFWの設定が書き換わってしまうねん?という疑問がありますが。

期限無しとか、バスター侍みたいに振込用紙郵送にするとか、もうちょっと何とかならんもんですかね~。

投稿: う~ | 2008/12/29 20:51:19

いつも楽しく読ませてもらっています。何かにつけ参考にさせてもらっています。

「期限切れノートン」ですか。昨日ぶちあたりました。

昨日、すでに定年退職している知人のところに行き、パソコンを覗いてみると、
まず、無線LANが暗号化されていません。もちろんSSIDも初期設定のまま表示されています。
これじゃ、まずいよと面倒みてあげようと思ったのが運のつき
無線はバッファローの親機だったのでAOSSで再設定しました。
次にタスクバーのノートンを見ると契約は当然のように切れています。
しかも、2005かよ!!!
何年メンテしていないんだよ......
ネットでの更新だとクレジットカード以外は時間がかかるので、歩いて数分のところのヤマダでパッケージ版を買い、即インストールしました。
ここまでは良かったんですが、
4年近く、アップデートもしていないようなのとマシンの性能もあり、
Windowsとofficeのアップデートに2時間程かかりました。

軽い気持ちではじめたんですが、けっこう疲れました。

投稿: さくら | 2008/12/30 10:38:18

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« レーザーマウスが動かないその理由。 | トップページ | ショートカットから開いたウィンドウの大きさを変えたい。 »