ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« U3メモリをVistaで使いたい。 | トップページ | IE7が起動しない、とてもありがちな理由。 »

2009年1月 9日 (金)

VAIOでiTunesのライブラリが消えてしまう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは事情があって最後までお世話できなかったお客様の事例ですが、どうやら同様の現象に悩まされている人が多いようなので、まとめてみたいと思います。

現象は、

「iTunes起動したら、ライブラリが消えてしまった。どうしたわけか、ライブラリのファイルはゴミ箱に放り込まれていた」

というもの。
パソコンは、ソニーのVAIO、WindowsVista。

経緯は諸般の事情で省略しますが、改めて調べてみたら、他の事例でも同じ現象が出ているようなので、ちょっとまとめてみます。

-----

この現象が出るのは、Vista搭載のVAIOで、iTunesを使った場合。
起動ごとに、あるいは気まぐれに、iTunesのライブラリが消去されてしまう。
よく見たら、ライブラリのファイル( iTunes Library.itl 他)がゴミ箱に放り込まれている、というひどい状態。

誰がそんなことを?
…そうなんです。VAIO君が勝手にやってるのです。

要は「VAIOでiPodなんか使うな!ウォークマンを使え!」ということ…いやいや、そういうわけではなく(汗)

どうやら、「クロスメディアバー」という、PSX以降のプレイステーションシリーズでおなじみの、ゲーム機用十字キーで直感的に操作できるメニューを実現する「VAIO Media plus」というソフトの管理方法とぶつかっているようなのです。
「VAIO Media plus」に関してはこちら↓を参照。

VAIO Media plus 店員の声 :ソニースタイル専門店 カラーテック

「WindowsMediaCenter」はこれをパクッたのか?と言いたくなりますが(笑)。
まぁ要するところ、ソニーの独自ソフトで、主に音楽や写真などのファイルを使いやすくするためのソフトということですね。

この「VAIO Media plus」が、iTunesのライブラリにちょっかいを出してくれるようなのです。

最初はまったくわからなかったんですが、どうやら同じことで悩んでいるVAIOユーザーは多いらしく、回避手段が提示されております。

iTunes8を開くとライブラリの中身が消える :Apple Support Discussions

この問題について、アップルサポートに電話をして私の環境では問題が解決をしました。
【原因】
やはりVAIOに入っている機能との競合で、VAIOサービスの一つの
「VAIO content Folder Watcher」というものが原因でした。
【解決方法(VISTAの場合)】
スタートメニュー⇒アクセサリー⇒ファイル名を指定して実行⇒msconfigを実行⇒システム構成画面にてサービスタブを選択⇒その中にある「VAIO content Folder Watcher」のチェックを外す。
以上で今回の問題は発生しなくなりました。

これは「VAIO Media plus」の要(かなめ)の機能を止めてしまう、という解決方法。
まぁiTunesだけあればいい、ということであればこれでもいいんでしょうけど…。

itunesのライブラリが起動時毎に消えてしまいます(AppleComputer itunes) :Sony VAIO Hot Street
itunesでつくったライブラリが何度も消える(AppleComputer itunes8) :Sony VAIO Hot Street
こちらの書き込みから提示された「他のサイトの情報」はこちら↓。

『iTunesで・・・』 SONY VAIO type A VGN-AW50DB/H のクチコミ掲示板 :価格.com

VAIO Medio plus -> 設定 -> 通信設定 -> 詳細設定 -> 共有設定 -> コンテンツを共有するフォルダの設定 -> 選択されたコンテンツフォルダ一覧

にデフォルトで設定してある物をすべて削除する。
その後PCを再起動する。
iTunesとVAIO Medio plusの参照するフォルダが重なる?といけない感じですかね。

と書かれている通りで、どうやらファイル管理がかち合っているようです。

こちらで確認できたやり方としては、以下の通り。

  1. コントロールパネルを開き、「システムとメンテナンス」 → 「VAIO コンテンツフォルダの設定」を開く(この時点でVAIO特有というニオイがプンプンしているんですが)。
  2. ここで管理するフォルダにチェックが付いている画面になるのですが、Cドライブの「ユーザー名フォルダ」内の、「ミュージック」フォルダ内の、「iTunes」フォルダに付いているチェックを外す。
  3. 「VAIO Media plus」にiTunesで取り込んだ曲の演奏を許可する場合は、「iTunes Music」フォルダにチェックを入れ直す。
通常は「ミュージック」フォルダ以下のすべてのフォルダにもチェックが付いている状態ですが、普通にiTunesをインストールしてあると、「iTunes」フォルダ及びそれ以下のフォルダにチェックが付いていることが今回のトラブルの原因のようです。

通常、iTunesの音楽データは、「iTunes」フォルダではなく、「iTunes Music」フォルダに入っているのですが、「iTunes」フォルダにはライブラリのデータファイル( iTunes Library.itl 他)があり、「VAIO Media plus」はなぜかこれを勝手にゴミ箱に放り込むらしいのです。
なんと極悪な…。

要するに、iTunesライブラリのデータファイルのあるフォルダを、「VAIO content Folder Watcher」サービスの管理下から外せばいい、ということ。
でも、いくらなんでもゴミ箱に放り込むことないでしょうに…。

このたびのお客様は、iTunesで数万曲の膨大な曲データから、数千曲単位のプレイリストを作成しておられたため、かなりショックは大きかったのですが、単純にライブラリデータを元に戻せば復旧できるので、音楽データをすべて取り込み直しとなるよりははるかにマシだったと言えます。
しかし、これだけの膨大なデータと、作成に数時間はかかると思われるプレイリストを、何のバックアップもせずに利用されていること自体が問題ですので、一応、iTunesのバックアップの方法は提示しておきました。

iTunes for Windows:“iTunes Music”フォルダの移動 :Apple Support

準備:
  1. iTunes を起動します。

  2. 「編集」メニューから「設定」を選択します。

  3. 設定ウインドウの「詳細」タブをクリックし、「一般」タブをクリックします。

  4. 「[iTunes Music] フォルダを整理する」チェックボックスを選択します。

  5. 「OK」をクリックします。
移動作業:
  1. iTunes を起動します。

  2. 「編集」メニューから「設定」を選択します。

  3. 設定ウインドウの「詳細」タブをクリックし、「一般」タブをクリックします。

  4. 「[iTunes Music] フォルダの場所」セクションの「変更」ボタンをクリックします。

  5. 表示される「音楽フォルダの場所を変更」ウインドウで、新しい音楽フォルダを作成する場所を指定します。

  6. 「音楽フォルダの場所を変更」ウインドウで「新しいフォルダの作成」ボタンをクリックします。

  7. 新しい“iTunes Music”フォルダの名前を入力します。

  8. 「音楽フォルダの場所を変更」ウインドウで「OK」をクリックします。「詳細」ウインドウで「OK」をクリックします。

  9. 「詳細」メニューから「ライブラリを統合」を選択します。

  10. 表示されるメッセージで「統合」をクリックします。

  11. フォルダのコピーが完了した後、元の“iTunes Music”フォルダを「ごみ箱」にドラッグします。
    注意:“iTunes Music”フォルダと同じ場所にある可能性がある iTunes ライブラリのファイルは、削除しないでください。

  12. ごみ箱を空にします。

こちらは単純に音楽データの「iTunes Music」フォルダの移動のみです。
ライブラリ関連のファイルは、元の場所にあるので、今回のようにライブラリやプレイリストのバックアップにはなりません。

iTunes ライブラリファイルとは? :Apple Support

こちらにあるとおり、ライブラリやプレイリストは、

  • iTunes Library.itl
  • iTunes Music Library.xml
というファイルで管理しているので、これも移動する必要があります。

iTunes Musicの曲をフォルダごと外付けハードディスクに移動する :SOHO見聞録 by SEO塾

さらに高度なテクニックとしては、iTunesフォルダの中を空にすることもできる。
  • iTunes Library.itl (ファイル)
  • iTunes Music Library.xml (ファイル)
  • Album Artwork (フォルダ)
上記3つを、外付けのiTunesフォルダにコピーする。
続いて、Shiftを押しながらiTunesを起動する。
下図のダイアログが現れるので、「ライブラリを選択」をクリック。
ここで、先ほどコピーした外付けのiTunesフォルダの中の「iTunes Library.itl」を選択する。
うまくiTunesが起動するはずである。

ポイントは、「Shiftを押しながらiTunesを起動」ですね。

正直なところ、iTunesの曲データは増える一方ですから、パソコンが壊れて起動しなくなった程度で音楽データまで共倒れ、とならないように、起動ドライブとは物理的に別のドライブ(内蔵の別のHDDか外付けハードディスク)に保存するべきだと思います。
お客様のパソコンで、「起動しなくなった」でもっともお困りなのは、やはり
音楽やデジカメ写真のデータが取り出せなくなった
ということ。
こういうのは、中途半端に「同じハードディスクドライブの別パーティション」では、万が一の際に手間がかかるだけなので、同じやるなら必ず物理的に別ドライブにしておくことが重要です。

これができれば、パソコンの起動トラブルの際の復旧が飛躍的に楽になります。
でも、普通のユーザーさんではなかなかここまでやらない(できない)のですが…。
お困りでしたら、作業をご用命ください。
さすがにコメント欄や電話のみではサポートいたしかねますので…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年01月09日(金) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連, データ救出・バックアップ, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき |

« U3メモリをVistaで使いたい。 | トップページ | IE7が起動しない、とてもありがちな理由。 »

定番トラブル」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

データ救出・バックアップ」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/43931152/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: VAIOでiTunesのライブラリが消えてしまう。:

» VAIOでiTunesのライブラリが消えてしまう トラックバック 理想未来はどうなった?
VAIO type Pがちょっと話題になっていますが、気になる記事があったのでメモ Apple Discussions - Japan (Beta): iTunes8を開くとライブラリの中身が... VAIOユーザーばっかり。 VAIO Media plusの機能との競合とのこと。 通常、iTunesの音楽データは、「iTunes」フォルダで... 続きを読む

受信: 2009/03/07 14:31:25

コメント

これはちょっとひどいトラブルですね
意図的にこういう機能を仕込まない限り、偶然にこういったことが怒るとは考えづらいですね
企画者は何を考えてこんなひどいシステムを実装させたのでしょうか

投稿: to | 2009/02/04 18:41:16

to さん
勝手に消去されても困るし、わざわざゴミ箱送りにするという仕様もどうかと思いますし。
不思議なことに、そういうのは他では聞きませんしねぇ…。

何を考えてそんな仕様にしたのかが、本当に不明です。
ソニーとアップル、というプレイヤー市場では競争関係にある会社のことですから、変な邪推は免れませんよね。

回避策はすでに明確なのですから、この程度の話を、と言っては言い過ぎかも知れませんが、そこそこ期間を引きずっているのも不可解ですね…。
まぁ環境によって出たり出なかったりみたいですので、意外と根深いのかも知れませんが。

投稿: ささもと | 2009/02/06 8:51:10

はじめまして。いつも読ませていただいております。
情報を見つけたので投稿させていただきました。

今回の現象、どうやらSONY側でも確認している現象のようですね。

http://search.vaio.sony.co.jp/qasearch/solution/S0812171056375/?p=&q=itunes&c1=&c2=&c3=
[Windows Vista]
iTunes 8 をインストール後、再起動するとライブラリに登録したデータがすべて消えてしまうことがある

「VAIO コンテンツ解析マネージャ」との競合のようです。
まぁ、SONYとしては他社製ソフトウェアは動作保障外ですからというお話にはなるんでしょうね。

投稿: あおい | 2009/02/11 13:02:21

あおい さん
情報ありがとうございます。
そのサイトでアップデーターを配布してますが、「一度消えてしまったライブラリのデータは復元できません。」とか書いてますね…ひどい。

>まぁ、SONYとしては他社製ソフトウェアは動作保障外ですからというお話にはなるんでしょうね。

当然の反応と言えなくもないですが、ソニーのパソコンで対象がiTunesだけに、「陰謀だ」と言われる可能性が…。

投稿: ささもと | 2009/02/12 11:32:28

お困りでしたら、作業をご用命ください。
のリンク先がまちがってますよ!

投稿: なまえ | 2009/02/14 17:47:35

なまえ さん

…∑( ̄□ ̄;

あ、ありがとうございます…修正しときます…。

投稿: ささもと | 2009/02/15 7:35:54

僕も同じトラブルで悩んでました。
ipodと一緒にiphoneも使っており、
iphoneに関しては毎回、同期するたびに中身のデータ
(音楽ファイル、ビデオファイル)がすべて消えるという
最悪な状態でしたが
解決しました!!
ありがとうございました。

投稿: ひろ | 2009/02/15 23:31:10

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« U3メモリをVistaで使いたい。 | トップページ | IE7が起動しない、とてもありがちな理由。 »