ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« SSDの耐久性とプチフリーズと断片化。 | トップページ | 「ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。」それでも修理するかどうか。 »

2009年2月23日 (月)

NTLDR is missing. は意外にも…。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらのお客様は、「真っ黒の画面で起動しない」とのこと。
パソコンは、WindowsXPのデスクトップ。

この症状の定番は2つ。

ほぼこのどちらかです。
そうでなければ、
  • そもそも全く電源が入らない
  • ディスプレイのケーブルが抜けている・電源が入っていない
  • ディスプレイの故障
  • 液晶ディスプレイのバックライトが切れた
といったところでしょうか。

今回のお客様は、よくよく聞くと、

NTLDR is missing
Ctrl+Alt+Delete to reboot

でした。
きっかけとなった作業は、

ハードディスクの大掃除をしていて、あれこれ削除していたらこうなった

とのこと。
うーむ、ファイルの移動をしていてであれば、

2007年11月24日 (土) また起動しなくなりました…。
と同じく、

Cドライブ直下に大量のファイル(あるいは著しい断片化)があることによる起動不良

でしょうけど、削除でしたら…やっぱり起動関連の重要ファイルを消してしまったんじゃ?

「いやぁ…そういうのは触った記憶ないんですけど」

とりあえずお伺いして確認しなければなんとも言えませんのでお伺いです。

-----

お伺いして現象確認。
確かに

NTLDR is missing
Ctrl+Alt+Delete to reboot

ですね…。

とりあえず、回復コンソールを起動しましょう。
WindowsXPのCD-ROM(メーカーPCの付属品であるリカバリディスクにあらず)をセットして再起動。

すぐになにやら英語でCD-ROMから起動する云々のメッセージが出るので、何かキーを押す。たとえばEnterキーとか。

青い画面で準備を始めますので、しばらくすると、「セットアップの開始」でその先の作業を選ぶ画面になるので、「R=修復」を選ぶべくRキーを押して、「回復コンソール」を起動します。

真っ黒な画面になって、

1: C:¥WINDOWS
どのWindows インストールにログオンしますか?(取り消すにはEnterキーを押してください)
とか出ますので、ここでは1を押してからEnterキーを押します。
(ここで間違えてEnterキーだけ押すと…Oh,My God!! ここまでの手順をやり直すべく再起動しかありません…)
そして、
Adminstratorのパスワードを入力してください。
とか聞いてきます。
ほとんどの場合は、何も入力せずにEnterキーだけで、
C:¥WINDOWS>_
と出てきます。
パスワードをけられたら…ご愁傷様です…。

これで回復コンソールの起動は完了です。

さてさて、Cのルートに行ってみるか。「cd c: ..」と入力、Enter。
Cのルートのファイルを見てみるか。
dir」と入力、Enter。

…うーむむむむ。
どうやら、本当に「NTLDR」が無いようです。

本来なら、この「NTLDR is missing」は、

  • boot.ini
  • NTDETECT.COM
  • ntldr
  • bootfont.bin
この4つのファイルがそろっていない場合に出てきます。
この4つのファイルのうち、「ntldr」だけがありません。

うーむむむむむむ…。
ナニをどう操作を間違えたら、これだけが消えるんだ?

まあ、本当にこれが無いだけなら、CD-ROMからコピーしてくればいいだけ。
今はCのルートにいるのと、CD-ROMはDドライブになっているので、「C:¥>copy D:¥i386¥ntldr」と入力、Enter。
これで「ntldr」をコピーできました。あとは圧縮属性を外すべく、「ATTRIB -C C:\NTLDR」と入力、Enter。

Exit」と入力、Enterで再起動してみたら…。

普通に起動し始めました。

…意外にも、どうやらホントにNTLDRが見つからなかっただけらしい。

念のため、Cドライブのディスクチェックをかけておきました。
そこそこの時間をかけて、問題ないことを無事確認。
作業完了です。

今回は、意外にも、エラーメッセージそのままの状況でしたね。
こういう青や黒の画面のエラーの場合って、ホントにエラーメッセージのファイル自体がおかしいってことは、意外と少ないんですけどね。

まぁ、年数がそこそこ経っているパソコンなので、いつまた別のハードディスクトラブルで壊れてもおかしくないので、きちんと起動している間に、必要なデータのバックアップをやっておくようにアドバイスして終わりです。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年02月23日(月) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い |

« SSDの耐久性とプチフリーズと断片化。 | トップページ | 「ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。」それでも修理するかどうか。 »

定番トラブル」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(ハードディスク)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/44190006/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: NTLDR is missing. は意外にも…。:

» ゴミ箱 トラックバック パソコンのサポートやってます。
本日のお客様、 起動しなくなったというお話で見させていただくと、真っ黒の画面の右 続きを読む

受信: 2009/10/06 18:39:05

コメント

こんにちわ。まーくんです。
以前持ってたパソコンも画面が真っ暗になっていました。
修理に出すお金がもったいなくて
ずっと放置してましたね。
いろんな原因があるんだと知って勉強になりました
また来ます

投稿: まーくん(レンタルサーバー研究者) | 2009/03/16 20:55:12

まーくん(レンタルサーバー研究者) さん
パソコンも意外な原因で起動不能に陥ることがあります。
昔はフロッピー突っ込んだまま、なんてのがありましたけど、最近は減りましたね。
もし修理をお考えでしたら、ぜひご用命を。
メーカー製パソコンでメーカー固有部品の交換が必要になったら、あきらめた方がいい場合もありますが。

投稿: ささもと | 2009/03/18 11:14:22

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« SSDの耐久性とプチフリーズと断片化。 | トップページ | 「ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。」それでも修理するかどうか。 »