ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« NTLDR is missing. は意外にも…。 | トップページ | VAIO PCV-W120の分解。 »

2009年2月25日 (水)

「ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。」それでも修理するかどうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらも、先日の記事のお客様と同じく、「真っ黒な画面になって起動しない」とのお問い合わせ。

ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。
最近のハードウェアまたはソフトウェアの更新が原因の可能性があります。

コンピュータが応答しない場合、予期せず再開始した場合、ファイルとフォルダを保護のため自動的にシャットダウンした場合、前回正常起動時の構成を選択して、正しく機能した最新の設定に戻してください。

前回の試みが電源障害、あるいは電源ボタンやリセットボタンを押して中断された場合、または原因不明の場合は、通常起動を選択してください。

  セーフモード
  セーフモードとネットワーク
  セーフモードとコマンドプロンプト

  前回正常起動時の構成 (正しく動作した最新の設定)

  Windows を通常起動する

上矢印キーと下矢印キーを使って項目を選択し、Enter キーを押してください。


で、選択できるどれを選んでも途中で再起動がかかって同じ画面。

結局このお客様は出張作業の依頼をいただけなかったのですが、その過程をお伝えしたいと思います。
実際、このトラブルの問い合わせは、非常に多いので、やり取りの内容はほとんど同じなので。
まぁ、いわゆる定番トラブルですね。
この症状に陥った時の判断基準にしていただければと思います。

-----

いろいろあれこれいじっていて出たのならまだしも、一般の人が普通に使っていて、ある朝突然…というこのトラブルの原因のほとんどは、

ハードディスクの起動データ破損による起動不良

です。
事例はいろいろありますが、Googleで「ご迷惑をおかけしております」で検索すると一発で出る記事、

2006年1月26日 (木) ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。

こちらをご参照を。

また、中には、

メモリ不良による起動時のメモリ読み込み不良

ということもあります。
特定のエリアのメモリ不良で、起動のためにシステムをメモリに読み込みをしている最中に、正しくメモリへロードできずに、一瞬のブルースクリーン後、再起動になってしまう、というもの。
これも事例がありますので、

2008年3月12日 (水) ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。またまた。

こちらをご参照を。

なので、出来る対処は、割と限られます。

  • ハードディスクのエラーチェックと修復
  • メモリ不良のチェック
ただし、ツールを使ってチェックしても、

チェック用ツールで修復できて、元通り復旧する確率は、経験上1~2割程度

なので、時間をかけてチェックしたものの

  • エラー修復したものの現象変わらず
  • エラー修復不可
  • エラーが出なかったのでハードディスク障害が原因ではなかった
ということもかなり多いです。

セットでメモリのチェックも必要なわけですが、

  • メモリエラーが出た場合
    • オンボードメモリ不良でマザーボード交換が必要
    • 交換可能なメモリモジュールの不良で交換が必要
  • メモリエラーは出ないので別の要因
といった対処となります。

単純な話、

この現象は、ほとんどの場合はお伺いしてもその場で直る可能性はかなり低い

となり、たとえお伺いしても、時間をかけて作業費をいただいたにもかかわらず、

その場では治らず、診断のみで終わってしまう

という確率は相当高くなります。
そこで取れる手段は、

  • 時間をかけずに引き取り修理前提でお伺い
  • 呼んで診断をしてもらい、メーカー修理にするか買い替えかの検討のアドバイスをもらう
  • 治るかもしれないという低い確率に賭けて診断作業費をお支払いいただく
ということになります。
ほとんどの方は、最後の「賭け」は選択されません。

ただ、元通り(故障直前の状況)になる確率がかなり少ない、ということをご理解いただいたお客様は、

  • 中に取り残されたデータの取り出し
を依頼される方もおられます。
この場合、ハードディスクの取り出しをして、メンテ用PCでデータコピーをすることになります。
ただし、ハードディスク自体が物理障害などで認識できなくなってしまう場合も決して少なくなく、

USB変換ケーブルでは全然認識しないので、リムーバブルケースでIDE直結にしてようやく認識できた

ということは意外と多いです。
IDE直結にしても認識しなければ、ウチでは対処できませんので、ハードディスク復旧専業の会社へ…ということになります。
こうなると、ほとんどの場合、データサルベージの相場である数万~数十万円という金額を提示した時点であきらめられてしまいますが…。

基本的にこの手の作業は持ち帰り前提ですが、どうしても現地で、というお客様もおられました。
お伺いはしますが「この場合はそれなりの割り増しが発生します」とお伝えはしてます。

また、基本的にはハードディスク障害ですので、

  • 取り出せたデータの中にご希望のデータが含まれなかった
  • データはあったけれど破損していた
といった具合に、ご希望のデータを取り出せない場合も十二分に考えられます。
たとえば、「ドキュメントファイルが数万ファイルある」「数時間の動画データが何本もある」という場合、全てのデータの完全性を保証することなどは、その100分の1でも現実問題として無理、としかいえません。
ウチでは、データ移動作業は行いますが、内容の保証は一切いたしません。
あと、ファイル交換ソフトやファイル共有ソフトをご利用の場合は、データ復旧はお断りしてます。

-----

…といった内容の説明を電話で行うのが通例です。

で、「ハードディスク交換ででも修理して欲しい」という話になった場合、またいろいろ確認事項があるわけで、

  • 付属品(説明書、CD-ROMなど)があるか
  • データは消えるが問題ないか
  • リカバリ用のCD-ROM/DVD-ROMはあるか
というところが重要になります。
それら必要物がそろっていれば、メーカー修理の半額程度で修理完了できる場合もあります。

しかし、中には、

  • 説明書ありません。
  • 付属品のCD-ROMは一枚も残ってません。
  • リカバリ用データはハードディスクの中だけです。
という、Oh!MyGod...な事態もよくあります。

説明書や付属品のOfficeなどのCD-ROMが無いのは持ち主の責任です。
でも、リカバリ用のメディア(CD/DVD)は、XP搭載機種の場合、富士通やDELLなどごく限られたメーカー以外は添付しません。
ほとんどのメーカーは、一応は、説明書には「リカバリディスクを作ってください」と書いてあったり、ポップアップで作成を促すメッセージを出したりします(消してしまうと二度と出ませんが)。

メディア作成コストを下げるための涙ぐましい努力なんでしょうけど、ゲートウェイやイーマシーンの場合は、ブランクCD-Rを添付し、最初に電源を入れた際に「作ってください」という画面を出してくるものもありました。こうなると何のためにそうさせるのかさっぱり分かりません。「そんな手間をかけて表示をさせて、ブランクメディアまで添付するぐらいなら、最初からCD-ROM作って添付しといたら?」と思うんですけどねぇ…。

要するところ、物理コストを下げると共に、とりあえず「メーカー修理しかありません」と言わせて、メーカー修理件数を増やすための、ユーザーの利便性を無視したメーカーの都合、としか言いようがありません。

さて、付属品が無い場合。どうしましょ。

説明書は…メーカーによっては、サイトでダウンロードできる場合もあります。
でも、意外とそうでない場合も多くあります。

付属品のアプリケーションディスクは…やはりメーカー頼りです。
メーカー独自のバンドルソフトは「リカバリディスク」にほとんどは含まれていますが、あえて添付してあるディスクに関しては、ユーザー登録しておけば再発行してもらえる可能性はありますが、なんともいえません。
問題は、MicrosoftOffice。
エクセル・ワードは、添付品のCD-ROMをなくしてしまうと、改めて買ってくる以外にインストールする手段はありません。
私の場合は、依頼されて有償で作業する業者ですので、インストールメディアもなしに違法コピーでインストールすることはできませんので、インストールせずにお返しするか、別でご購入いただくか、です。
MS-Officeは、どう安く見積もっても2万数千円程度します。アップグレード版は、ライセンス上使えません。

リカバリディスクは…大体のメーカーは、有償で売ってくれる場合がほとんどです。
1万円前後~2万円以下程度が相場のようです。
しかし、XPのSP1とかSPなしの場合、MSのサポート期限の問題で、出荷できない場合もありえます。
そうなると、ハードディスク交換までは出来ますが、元通りのWindowsはインストールできません。

まぁ、ハードディスクの障害レベルが軽度であれば、ハードディスク丸ごと、もしくはリカバリ用起動システムのパーティションだけでも新しいハードディスクへコピーすれば、何とかなる場合もあります。
それで何度かリカバリメディアなしでも難を逃れたことはありますが、これも出来るかどうかの保証はなく、「賭け」の部分になります。

…ということで、付属品が一切無いパソコンのハードディスク交換は、基本的に無理、もしくは余計な費用がかかり、結局メーカー修理かそれ以上の費用がかかってしまうことになります。

-----

今回のお客様は、付属品がそろっていませんでした。
予想以上に費用がかかる可能性が高い、という内容を受けて、気落ちした声で「ちょっと考えさせてください…」と電話を切られました。

ウチのブログを発見されて、この手の問い合わせをかなり受けてはいますが、ほとんどはこうなっています。
まぁ、4年以上使い込んだ、そこそこ古いパソコンですので、そこまでお金をかけることはできない、という気持ちはわかります。
でも、せっかく問い合わせをいただいても、問い合わせだけで終わってしまうのは、ちょっとつらいですけど…。

-----

とりあえず、今回のようなエラーメッセージで起動しない場合、

  • リカバリディスクがある
  • 付属品がそろっている
  • データ移動については、
    • 障害の程度によってはできない
    • ファイル交換ソフト利用など場合によっては実施しない
    • データの完全性を保証しない
という条件をご承諾いただければ、引き取り作業でハードディスク交換作業を行っています。
パソコンの送付が可能であれば、全国レベルで、私のお伺いできない遠方でもお受けすることは充分に可能です。
ただし、必ず事前にメールか電話での問診が必須です。
(問診なしで送り付けられたりした場合は、品物の安全を優先し、受け取り拒否か着払いで未開封返送いたします。アポなしで直接持ち込みされても、基本は出張修理なので対応できません)
もしご依頼をいただく場合は、その部分をお含みおきいただいた上でお願いいたします。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年02月25日(水) 定番トラブル, お知らせなど, ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), ハードウェア不具合関連(メモリ), ハードウェア不具合関連(電源), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い |

« NTLDR is missing. は意外にも…。 | トップページ | VAIO PCV-W120の分解。 »

定番トラブル」カテゴリの記事

お知らせなど」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(ハードディスク)」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(メモリ)」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(電源)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/44207963/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 「ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。」それでも修理するかどうか。:

コメント

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« NTLDR is missing. は意外にも…。 | トップページ | VAIO PCV-W120の分解。 »