ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

「ココログ」トップページを見て…ええっ?!そうなの?

この日、たまたまココログのトップページを見ていたら。

Cocolog20090430

…ん? ……∑( ̄△ ̄; ええっ!!!

-----

気になる部分にズームイン!!

人気ブログランキング7位!

なんと、ココログのトップページに、このブログの名前が出ています!!!

しかも、かの勝間和代さんのブログを押さえての、堂々の7位です。

なるほど、アクセス解析に時々ココログのトップページが入っているのは、こういうことだったんですね…。

2009年4月 2日 (木) 「ココフラッシュ」を見て…ええっ?!そうなの?またまたまたまた。

この時も7位でしたが、おそらく同じようにココログのトップページに名前を連ねていたんでしょうね…。

これも、4年ほど地道にコツコツ積み上げてきた成果を、皆さんが認めてくれたんだと思っています。
いろんなところからリンクをいただいたり、RSSでご覧になっていただいたりで、本当にありがとうございます。

こういう仕事をしていると、事例公開って、他社さんに塩を送る「だけ」になってしまうと思われている方も多いと思います。
でも、普段はインターネット検索で、他の人の事例をいただいて解決していることも多々あるわけで。
そういうのは、こちらも情報を出していく姿勢がないと、意外と入ってこないものです。
不思議なもので、情報を出していく姿勢を持っていると、欲しい情報がすんなり流れ込んできたりするもんです。

人間を診てくれるお医者さんでも、学会などで症例の共有をしています。
事例の共有って、ホント大事なんですよ。

即座に出てくる「ノウハウ」は、経験の蓄積ですから、その人の持つ「技能」となるわけですが、それも事例を多数見ていないと蓄積されないものです。
マニュアルさえあればできる仕事ではありませんし、基本的には一般家庭にあるパソコンでの事例であり、どこででも起こり得るものですから、隠してても仕方のないことなんですよね。
ただ、第三者に個人が特定できる情報は伏せなければなりませんが。

そういう事例の蓄積が、「ランキング10位以内」という数字になって出てきた、と思っています。
おかげで全国から問い合わせが来ます。
ということで、この度、フリーダイヤルを新設いたしました。
引取修理は全国対応ですので、ぜひともご連絡をお待ち申し上げております。

私のような零細規模でされている同業者さんも、全国に多数おられると思いますが、

「トラブル事例の公開は、決してマイナスじゃない」

ということを、ここに示しておきます。
実際、他で解決できていない症例を「解決しました」っていち早く書いてるのは、インパクト大きいですよ。
それで検索トップに出てくるここの記事は多数ありますし、それを見てお電話いただくことも多いですし。

とはいえ、公開後たった数時間で検索トップに出てきたりするのは並大抵ではありませんし、公開できるような文章にするのは、結構大変なんですけどね…。

2009年04月30日(木) お知らせなど, ウェブログ・ココログ関連, ニュース, パソコン・インターネット, ホームページ制作関連, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

USBメモリに書き込みができません。

これは私のところで発生したトラブル。

ちょっと前までメインで使っていた、Windows2000プリインストール→XPへアップグレード、メモリ256MBが最大(!!)のVAIOノート。
今でもこそこそ…いやいや(汗)、そこそこ使ってるんですが、このノート、Windows2000プリインストールだけに、USB端子は2.0じゃなく1.1。
正直、この差はあまりにも歴然なので、本体横のPCカードスロットに、USB2.0の拡張カードを突っ込んで使ってました。

I-O DATA CBUS2 CardBus対応 USB 2.0/1.1

I-O DATA CBUS2 CardBus対応 USB 2.0/1.1
アイ・オー・データ 2005-05-31
売り上げランキング : 28235

おすすめ平均 star
starなかなかいいですよ
starUSB2.0がついていないノートパソコンに

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これを突っ込んでたんですが…取り外しに失敗してから変な認識の仕方をされてしまって、調子がおかしかったんですよね…。

で、ここに

ハギワラシスコム 512MB USBフラッシュメモリ Lumitas ベージュ HUD-512LJ-B
B000CR7VZI

コレの色違い・容量違いのUSBメモリを差し込んでデータをコピーしようとしたら。

こつっと手が当たって、なんかUSB2.0のカード自体を認識しなくなりました…。

あれっ?と思って、もう一度カードを刺しなおしたら…カードは認識するのですが、USBメモリを正しく認識してくれません…。
メーカーサイトの最新のドライバをダウンロードしてきて、USB2.0カードのインストールをしなおしたんですが…結果は同じ。
たまたま別件で持っていた画像と全く同じなので画像を掲載しておきます。

Usb_printer

USBデバイスが認識されません
このコンピュータに接続されているUSBデバイスの1つが正しく
機能していないことが、Windowsによって認識されていません。
問題を解決するにはこのメッセージをクリックしてください。
…( ̄△ ̄;

うーむむむむ…。
日本語がおかしいぞ、というツッコミはこの際入れないでおきますが…イヤーな汗が背中をたらりと流れてます…。

まさか、USBメモリが壊れた?
それはそれでまずいなぁ。

ということで、別のPCにつないだら…認識はして読み込みはできますが、なんと書き込みができません。

Usb_writeprotect01

Windows - 書き込み禁止エラー
ディスクは書き込み禁止です。ボリューム OFFICEONLY(ドライブ \Device\Harddisk1\DR13 内)の書き込み禁止を解除してください。

このUSBメモリには、書込み禁止スイッチなどついてないのに…ええっ???

-----

とりあえず、読み込みができるうちに、まずはデータのバックアップ。

ためしに、他のパソコンでも同じかどうかやってみた。
Vistaのデスクトップへ突っ込んでみると…。

Usbmemoryvista01

なんか修復してくれそうな雰囲気。
推奨の「スキャンおよび修復」をやってみる。

…すんなり終わった。
じゃ、新しいフォルダを作ってみるか。

Usbmemoryvista02

…∑( ̄△ ̄;

これはまずい。まずいぞ。

USBメモリ自体は、たかだか1GBの安いものなので壊れても惜しくはないけど、中身が消せないのはちょっとまずい。
いやまぁ、親指程度の大きさのプラスチックの塊ですので、ハンマーなどで物理的に破壊して読み出せなくすることは可能なわけですが、それもなかなか忍びない。
おそらく中のデータの加減でおかしくなっているだけなんじゃないかと考えてますが、なんとかならんもんですかねぇ。

データのコピーはできてるから、いろいろ大胆にやってみよう。

ちょっとぐぐってみても、同様の事例はかなり多いようだ。

  • 「書き込み禁止スイッチ」の付いているメモリで「書き込み禁止状態」になっていた
  • レジストリ設定によりOSレベルで書込禁止状態にされていた
  • ハードウェア的に壊れてしまった
などなど。
少なくとも、「書込み禁止スイッチ」はありえないですし、他のUSBメモリは読み書き共に問題なくできていますので、レジストリ設定ではない。
ハードウェア的に壊れてしまったというのも…うーん。
その他には、
  • フォーマットしてみる
というのも。いろいろあるなぁ。

ということで、あれこれもがいてみる。
まずはメーカーサイト。

スタイリッシュなスクエアデザイン USBフラッシュメモリ「Lumitas」 :ハギワラシスコム
購入特典 パスワードマネージャソフト「LoginKing Basic」ダウンロードサービス :ハギワラシスコム

専用ソフトは、このパスワードマネージャソフトしかなさそう。
ダウンロードしてみたんですが…どうも単純にAutorun.infを流し込んで、プログラムファイルをインストールするだけのもののようです。
やはり「書込み禁止でコピーできません」です…。
メーカーやデバイスによっては、専用のフォーマットソフトがあったりするので、それでうまくいく場合もあったりするんですけどねぇ…。

え?「専用フォーマットソフトなんか使わなくても、Windows標準機能にあるんじゃないか」って?
いやいやいやいや。
そうじゃないんですよ…。

実際に、Windowsからフォーマットをかましてみました。
…XPからではダメでした。「書込み禁止なのでフォーマットできない」そうです。
Vistaでもダメ。ドライブ文字を外してフォーマットしたら、なんか時間はかかりましたけど、最終的にペケ。

USBフラッシュメモリにデータの書き込みができません(Windows) 【対策3】フォーマットをします :PCと周辺機器の分からないことを質問しよう ZQwooNET SAK2(サクサク) - バッファロー
調子の悪い USB メモリを復旧してみる? :trial and error

こんな具合に、フォーマットには、メーカーやデバイスごとに違う、専用のフォーマットソフトが用意されている場合があるのです。

通常、USBメモリは、「見かけが同じで単機能だからみんな同じだ」と思われがちですが、実は中身はかなり違うんです。
大きく分けると、単純にメモリ素子に直接書き込むタイプと、今のSSDのようにウェアレベリングを行うタイプがあります。
その辺を明確に打ち出しているのが、アイオーデータのEasyDiskシリーズの「TrueFFS」。
これは当時としては珍しく、ウェアレベリングをハードウェアレベルで搭載していたものです。
USB 1.1対応 フラッシュメモリー 「ガンダムEasyDisk」(EDG32シリーズ) :I-O DATA DEVICE INC.
USB1.1接続(!!)の32MB(!!)のUSBメモリですが、2005年当時からウェアレベリングは取り入れられていました。
今まで、USBメモリやフラッシュメモリカードにおいて、ウェアレベリングがなくてもそれほど問題とならなかったのは、

  • デジカメ写真のデータ
  • バックアップ・パソコン間のデータ移動
といった、比較的大きなサイズのデータを時々書き込む、といった用途がメインだったからです。

SanDisk、SSD向けファイルシステム「ExtremeFFS」を解説~“プチフリ”と無縁な、高速化技術(2008年11月27日) :PC Watch

 そこで同社が11月に発表した新技術が「ExtremeFFS」と呼ばれる新しいファイルシステムだ。ちなみに、TrueFFSもExtremeFFSも、NANDコントローラが利用するファイル管理アルゴリズムで、OSには依存しない。

 ExtremeFFSは、このブロック単位の消去を不要とする。具体的には、書き換えを行なうページに対し無効というマーキングだけを残し、実際に消去は行なわず、空いている別の場所にページ単位で書き込みを行なう。

 この作業は、ブロック単位での消去/書き込みと比べ、遙かに高速に行なえるため、ランダムライトの性能は最大で100倍にまで向上。同時に、SSDの耐久性能と低消費電力性も改善される。

 このほか、ExtremeFFSは、NCQに対応し、NANDフラッシュチャネルごとに、リード/ライト/ガーベージコレクトを独立して同時に実行でき、例えばWindowsのレジストリなど、頻繁に利用するデータをローカライズする技術を搭載している。

 ExtremeFFS技術を使ったSSDは2009年から出荷される見込みで、基本的にハイエンド製品に採用される。同社では、この技術をライセンスする予定はないので、同社製品のみの特徴となる。

…おおっと、脱線しかけてますね(笑)。

要は、単なるUSBメモリでも、ウェアレベリングしている・していないという差があったり(もしかしたら最近は「してない」ものはかなり少ないのかもしれませんが)、高速転送を実現する技術だとかを搭載してたりしますので、「単機能のデバイスだから」といって「みんな同じ」ではなく、かなり大きな違いがあって当然、ということです。

そんなわけで、専用のフォーマットソフトが存在しないこのUSBメモリ、もうダメかも知れません…。
うーん…なんとかなりそうなのになぁ…。

-----

ところで、USB2.0カードがおかしくなったVAIOノート。
なんだか急に調子がよくなった感じです。
シャットダウンや再起動で、自動的に切れるはずの電源が、以前から切れなくなって困っていたんですが、USB2.0のカードを抜いてから、すんなり切れるようになりました。
一応使えてたので全く疑ってなかったんですが…こ、コイツが犯人だったのか…。

2009年04月29日(水) ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(メモリ), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

その「Dドライブ」って…?

こちらは、以前にお世話させていただいた人からのご紹介。
パソコンは、数年前にご購入のeMachinesのXPのデスクトップ。
事務所でのご利用のパソコンです。

「パソコンが起動しないんです。起動してもコピー操作もできなくて…Dドライブに大事なデータがあるので、何とか取り出しをお願いしたいんですが」

お聞きすると、起動はするけどそこから先はもう何もできない状態とのこと。
まぁ、ウイルスとかハードディスクのトラブルとか、いろいろ考えられますが…データ取り出しは、一切の保証はないですよ、と念押しをしてお伺いです。

お伺いすると、すでにドライブは取り出してありました。

「とにかくデータだけでも取り出していただければと思いまして、詳しい人に取り出してもらっておきました」

…( ̄△ ̄;

うーん、その「詳しい人」は何もできなかったんですかねぇ…。

まぁ取り合えず、Dドライブにあるデータであれば、起動ドライブがおかしくても、それなりになんとかなるでしょうが、一応、

データ取出しが最優先なら、下手に触ると本当に取り出しできなくなる可能性がありますので、そのままデータ取り出し専門業者へ依頼する方が確実です。
私に依頼するなら、「ダメもと」という感覚でお願いします。

と念押しして、ご了承いただけましたので作業開始です。

まぁ実際、データ取り出し業者は、だいたい相場は安くて数万円、普通は数10万円ですので、ほとんどの方は、個人レベルや小規模の事務所だと、そんなお金は出せないのが普通です…。

さて、メンテ用PCにUSB変換ケーブルでハードディスクをつないでみたわけですが…。

…うーん、メンテ用PCで見えるのは、Cドライブと思しき大きな容量のドライブと、リカバリ領域と思しき4GB程度のドライブ。
Dドライブ、ないですけど…。

「え~~~っ!!!そ、そんなぁ…」

「ドライブの管理」で、ドライブのパーティション状況を見てみても、きっちり2つに分かれているだけで、未設定領域があるとか、そういう形跡はまったくない。
CドライブにDドライブが吸収合併、とかいうパーティション操作ソフトを使わなければできないような芸当を、うっかりやってしまったとはとても思えませんし…はて????

-----

この状態では、うっかりチェックディスクやらできません。デフラグなんてもってのほか。

うーむむむ…どうしたもんか…。

とりあえず、マイドキュメントとかは見れますので、お手持ちの外付けハードディスクへ流し込み。
OutlookExpress用のデータとか設定とか、IEのお気に入りとか。

「いやー、この辺のデータはなくてもいいんですよ…Dドライブのデータが…」

…ん~、この状況だと、Dドライブは完全に消失してますしねぇ…。
ちょっと、とりあえず状況を見せてもらえないですかね?

ということで、ドライブをパソコンに戻してケーブルをつなぎ直し、起動してみた。

…うーん、デスクトップが現れるところまではくるみたいですが…。

「あ、これなんですけどねぇ…これがほしいんですけど…」

と指を差した先には、デスクトップに置いてあるアイコン。
ショートカットではなく、実体のファイルのアイコン。

……ええっと…はいぃ????

いや、必要だと思しきデータのコピーの中にデスクトップのデータを含めてなかったのは私の見落としですが…も、もしかして…まさか…いや、まさか…。

もしかして、Dドライブって、デスクトップのことをおっしゃってたんですか????

「…え?違うんですか?」

…( ̄△ ̄;

それならコピーできますよ…うーん…。

とか思って、そのままアイコンをフォルダへまとめようとしたら…なにやら妙なエラーが。
OLEがどうとか、見慣れないエラーです。

「そうそう。これが出てしまって、何の操作もできないんですよ…」

…ははぁ、なるほど、そういうことだったんですね。
お聞きすると、セーフモードでも同じで、復元もままならない状態だったそうです。
うーん、こりゃデータはよくても、システムはダメだな…。

ということで、とりあえず電源を切り、もう一度ハードディスクを取り出してメンテ用PCにつなぎ、「デスクトップ」フォルダを丸ごと外付けハードディスクへコピー。

「ああよかった!!!これで作り直さなくて済みます!!!」

…でも、パソコンはどうしますか?
チェックディスクをかけて、問題ないようならリカバリで治ると思いますが…。
修復をかけてもいいんですけど、ここまで何もできない状態だと、リカバリしないとだめでしょうねぇ。

「ああ!じゃ、リカバリお願いします!!」

…ということで、チェックディスク、リカバリ開始。

でも、この機種、リカバリオプションに、Cドライブのデータを全て「バックアップフォルダ」に残して、Windowsを新規インストールするオプション「全面的システム復元(バックアップ付)」があるのです!!

お使いのコンピュータのHDDのフォーマットやパーティション情報を変更する前に、必ずお読みください!(PDFドキュメント) :eMachines カスタマーサポート

なんとまぁ、他のメーカーにはない、実にユーザーサイドに立った機能なんでしょ!!

設定は当然ながら飛んでしまいますし、後から追加したソフトはインストールし直しとはなりますが、データはちゃんと残りますので、後から何とかできる部分もかなり多いです。
何でもかんでも消せばいいというもんじゃないですよねぇ。
他のメーカーも見習ってほしいものです。

ということで、ここでは全てを消してしまう「全面的システム復元(ディストラクティブ)」ではなく、「全面的システム復元(バックアップ付)」を選んでリカバリです。

まぁ、もちろんバックアップを取った方がいいのは確かですが、データを残したままリカバリができるという安心感は、今まで味わったことがありません。

リカバリにはそれなりの時間はかかりましたが、元通り起動するようになりました。
あとはSP3の適用と、メールやお気に入りデータの復元、細かいところの設定の整理をして完了です。
Office関係は、ご自身でできるとの事なので、お任せして引き上げです。

いやぁ、イーマシーンズって、自作機の延長みたいで、それほどいい印象は持ってなかったんですが、これには感心しました。ちょっと見直しましたね。

2009年04月28日(火) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連, データ救出・バックアップ, ネットにつながらない・遅い, パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

これは確かに「素人お断り」だな…。

引取修理で、筐体を開けるために参考にしている代表的なサイトが、

分解web

こういうのがありますが、探していた機種がちょっとここになかったので、あれこれぐぐっていて、たまたま見つけたサイトに…。

おおっ!!こ、これは…。


Apple iMac 20"/2.66GHz/2GB/320GB/SD MB417J/A

Apple iMac 20
アップル 2009-03-04
売り上げランキング : 29496


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Apple iMac 24インチ/2.8GHz Core 2 Duo/2G/320G/8x SuperDrive DL MB325J/A

Apple iMac 24インチ/2.8GHz Core 2 Duo/2G/320G/8x SuperDrive DL MB325J/A
アップル
売り上げランキング : 21324

おすすめ平均 star
star今更だけど安いですねぇ〜
starモニタへの映り込みが気になるが…
starでかい、はやい、きれい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

新型iMacの分解方法ではないかっ!!

-----

以前から、「このタイプのiMacってどうやって分解するんだ?」と不思議で仕方がなかったんです。

なんと、液晶の前面パネルが、磁石で止めてあっただけ。

取っ手つきの吸盤を用意して、ぱかっと外すだけでネジが出てきます。
とはいえ、トルクスネジなので、トルクスドライバーがないとそれ以上の分解はできないのですが…。

う~むむむむ…なるほど、そうだったのか…。
道理で表面から見えるねじ穴や、それを隠すシールも見当たらなかったわけだ…。

これはソニーのVAIOでおなじみの箱根細工状態以上にわからないものですね…。
以前悩んだ筐体は、

2005年1月25日 (火) ひどい同業者。

この件でお伺いしたお客様で遭遇した、バイオ HS。
以下のサイトに、写真入りで詳しく書かれてます。

SONY PCV-HS50Bの分解 :はやて28号のノリホ箱

まぁ、パズルに弱い人だと、同業者でもこれはわかる人とわからん人がいても仕方ないか。
でも、ノートパソコンは、あまり分解したくないですね…。
薄い筐体だとか凝った形状の筐体の場合、たいていはプラスチックの爪ではめ込みだったりするので、折れてしまったりしますしね…。
A4の3kgぐらいあるノートパソコンだと、結構簡単に分解できたりしますし、ネジ1本でハードディスクを取り出せたりする場合もありますけどね。
でも、「磁石で張り付いてるだけ」ってのは、わからんですよねぇ。
昔のMacで「Macオープナー」っていう専用の特殊工具があったのを思い出します。
Macintosh Plus Overhaul :The Vintage Mac Museum

……

………えーと。 あ、そうそう。
新型iMacの分解方法のサイト。ここです。

素人「絶対」お断り! 新iMacのHDD交換方法 :ASCII.jp x MacPeople

…( ̄△ ̄;

これを見て、普通の人だと、分解しようだなんて、普通は思わないんじゃないかと…。

実際、あちこち「外さなければならないケーブル」がまるでトラップのように存在するので、これは正直、私も「開けたくない筐体」のひとつです。はい。

それに、私の作業部屋では、きっと組み立て時のホコリに相当気を使わないとクレームになりそうですし(汗)。

2009年04月27日(月) おすすめサイト, ハードウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

PowerPointViewer2007が起動しない?

こちらは他の設定作業のついでの件。
お客様のパソコンはWindowsXPのノートパソコン。

「パワーポイントのファイルが送られてきたんですが、どうしたわけか開かないんです。パワーポイントはちゃんとインストールされているんですけどねぇ」

…( ̄△ ̄;

これは相手がPowerPoint2007を使って保存したからでは?
見てみたら、アイコンが飛んでます。
Windowsデフォルトのアイコンで、とても何かのソフトで開けそうに見えないアイコンです…。
拡張子を見える設定にして確認してみると…案の定、「pptx」です…。

.pptx とは :この拡張子のファイルを開くには? - 拡張子辞典 - IT用語辞典バイナリ

…用語ごとにリンクだらけで鬱陶しいことこの上ないのは、用語辞典という性格上仕方ないとあきらめるとして…。
まぁ単純なところ、予想通り相手がPowerPoint2007を使って保存したからですね。

2009年2月13日 (金) PPTファイルが開きません。

こちらと同じなわけですが…。
今回はPowerPoint2007はないので、当然の帰結としてPowerPointViewer2007をインストールすることになります。
でも…タイトルを見れば、そこで起こった事態は、お分かりですよね…。

-----

そうです。

インストールしたはずのPowerPointViewer2007は起動しなかったのです。

それも1度も…おいおい。

対処は前回の記事で書いた通り。
今回は少し違うアプローチで手順を書いてみます。

  1. エクスプローラーでC:\Program Files\Microsoft Office\Office12を開く。
  2. この中にある「1041」というフォルダを開き、「pvwintl.dll」というファイルを右クリックして「コピー」。
    • もしこの場所にこのフォルダが見当たらない場合は、スタートメニューの「検索(S)」を使って「pvwintl.dll」を検索する。
  3. 「上へ」ボタンで「1041」というフォルダが見える状態にし、「1033」フォルダを探して開く。
    • なければ「ファイル(F)」メニューで「新規作成(W)」→「フォルダ(F)」で新規に作り、フォルダ名を「1033」にする。
  4. 「編集(E)」メニューから「貼り付け(P)」(もしくはCtrl+V押下)で「pvwintl.dll」を貼り付ける。
    • もちろん右クリックで「貼り付け(P)」でも可。
…まぁ要するに、英語版のために用意されているはずの「1033」フォルダに該当のファイルがないために起動できない、というもう完全にバグと呼ぶべきプログラムミスです。

こういう致命的なバグが、いまだに解消できていないというのが、ちょっと考えられませんね…。

ということで、「1033」フォルダに「pvwintl.dll」を貼り付けて、無事PowerPointViewer2007は起動できるようになりました。
アイコンも、2007のアイコンに変わり、ダブルクリックで起動できるようになりました。

「ああ、そういえば、ワードやエクセルのファイルで開けないのがあったのも、もしかして?」

…多分そうでしょうね。
開かなかったファイルを試してもらうと…やはり2007のアイコンです。

「あ、アイコンが変わってる…開けますね。大丈夫です。」

とりあえず、開けるだけでなく、編集もできるように、

2008年5月 1日 (木) Word2007の文書をWord2003で開いてみる。

↑この記事でもインストールした、

Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック :Microsoft ダウンロードセンター

これをインストールしておきましょう。
これで解決ですね。

-----

業務上必要なパッケージがVistaに対応していない/できないなどで、どうしてもVistaへ移行できない例はいくつもあり、単純に

「Vistaが出たんだからVistaにしようね」

って言われても、たとえ毛嫌いしてなくても、そう簡単には移行できるわけでもなく…。
それでは、といろいろ手を尽くして、

普通ではあまり売ってない、新品でのXPプリインストール機をわざわざ選んで買ってきたものの、OSはXPでも、Officeは2007というトホホなパターン

もかなり多い模様。
それは先日の記事でもあった通り。
こうなると、せっかくXPで業務パッケージが使えても、新しい物だけがOfficeは2007ということで、ファイルバージョンの新旧混在で混乱する羽目に。
大きい会社などであれば、ライセンスで買ってあることも多いので、廃棄したパソコンからでも載せ替えも利きます。
しかし、プリインストール版はパソコンとセットですからねぇ…。

そういうこともあり、意外と、

Windowsを買えばWord/Excelはセットで付いてるもの

と思い込んでいる人も多いです。
でも…よしんばセットだとしても、オフィスソフトとOSは、同じバージョン進行とは限りませんからねぇ…。

まだまだパソコンって、普通の人にはわかりにくいモノのようですね。

2009年04月26日(日) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

NTLDR is missing. はまた意外にも…。(それは世間によくある誤解。 ファイル削減編)

こちらのお客様は、「『NTLDR is missing.』が出て起動しない」とのこと。
パソコンは、XPのデスクトップタイプ。
まぁこのエラーも、過去に何度も出てますが…。

2007年9月 2日 (日) NTLDR is missing。
2007年11月24日 (土) また起動しなくなりました…。
2009年2月23日 (月) NTLDR is missing. は意外にも…。

実に原因はさまざまです。
コレが出たからコレ、というものではありません。
単純なメッセージではあるんですが、ねぇ。

とりあえず、「ナニをしていてそうなったか」というのはかなり重要な要素となります。
それをお伺い前にはっきりさせておくと、用意するものも違ってきます。

「え~っと…そのー…ファイルを減らそうと思って、シーシークリーナーってソフトを使ったんですが…」

…は?しーしーくりーなー?

よくよく聞くと、「CCleaner(クラップ クリーナーCクリーナー)」のことでした…。

このソフトは、余分なレジストリやファイルを削除するソフトとして、割と名の通ったフリーソフトです。
雑誌なんかで、フリーソフト特集や、XPのチューニング特集ではしばしば紹介される定番ソフトです。

便利なユーティリティソフト(第2回)システムをクリーンアップして最適化:もっと便利に使うためのお役立ちユーティリティソフト :PC Online 日経BP
CCleaner レジストリクリーナー CCleaner 2.18.878 :Altech

単純な話、

「動作が重たくなったので、いらないファイルを掃除すれば早くなる?かな?」

と思って、こういうソフトを使ってしまったんだそうです。

…うーむむむむむむ…。
これもよくある誤解ですねぇ…。

-----

よく「デジカメ写真をいっぱいためてるから重いんですかね?」と言われますが、ほとんどの場合、

最近のパソコンに、普通の人が少々デジカメ写真ファイルを溜め込んだからといって、パフォーマンスへの影響がある場合はほとんどありません。

そりゃまぁ、もちろん、「確実にない」と言い切れるものでもなく、「何も知らずに使っている人」の中には、たまに数10~100数10GBだとか、びっくりするほど写真ファイルを溜め込んで、空き容量が10%程度にまで逼迫(ひっぱく)していたりする場合も、ないではないです。
でも、だからといって、

少々の余分なファイル、たとえばCD-R1枚分程度を削除したからといって、劇的にパフォーマンスが改善することは、ほとんどありえません。

その程度で劇的な変化があるのは、あくまでも、保存済みのファイルが激しい断片化やインデックスエラーなどを起こしていた場合などの、かなり限定的なケースです。

とはいえ、ほとんどの場合は、写真ファイルの溜め込み過ぎではなく、それ以外の要因が遅くなる要因です。

  • 古いパソコンにありがちなメモリ不足(128MB・256MB・384MBしかない)
  • 何年も使い込んでいるうちに蓄積された、内部設定の肥大化によるもの
  • ヘビー級の古いウイルス対策ソフト
  • ウイルスなど悪性ソフトの感染
  • ハードディスクのエラーなど
といったところが、もっとも多い原因ですね。
本来は、ファイルの溜め込み過ぎなんかよりも、こちらを対処するべきなんですけどね。
もちろん、すぐに確認できる「空き容量」は先に確認しておいて、問題ないレベルである場合の話。

よく、古い常識に縛られている人が真っ先にやるのは、

  • 使っていないプリインストールソフトの削除
なんですよね。
いやまぁ、すぐに空き容量が逼迫してしまう、XP初期もしくはそれ以前の、ハードディスク容量が20GB程度以下しかなかった頃であれば、その辺は意外と効いてくる場合もあったりしました。
しかし、ハードディスク容量が100GB以上が当たり前になっている昨今では、CD-R1枚分に相当する0.7GB(700MB)程度以下だと、1パーセント以下、つまり誤差範囲程度でしかないわけですので、その程度をいくつも、必死になって手間暇をかけてまで消去しても、容量の節減は多少できても、手間に見合うパフォーマンス改善にはほとんどつながりません。
逆に、削除しただけなら、かえってシステムファイルなどの断片化を加速し、パフォーマンスを落とす要因になる場合もあります。

どちらかというと、最近ありがちなのは、動画ファイル。
1ファイルで数100MB~1GB程度かそれ以上が当たり前にあったりしますし、長時間かかるコピーやダウンロード中に他のサイトへ移動するなど、平行していくつものファイルをコピーやダウンロードするような使い方をしていると、モノが大きいだけに、いとも簡単に断片化しますし、常時いろいろアクセスしているシステムファイルを巻き込んで断片化していたりすると、パフォーマンス低下の要因になりかねません。

しかし、同じアンインストールするなら、セキュリティ関連やシステム関連など、常駐してパフォーマンスに影響のあるものであれば、使っていないモノなら外すべきですが、常駐も起動もしていないソフト、たとえばプロバイダ加入用ソフトや画像管理ソフトなどの類は、ほとんどの場合、単に容量を食っているだけなので、ギガバイト単位で容量を食っていない限り、下手に触らないぐらいの方が無難です。
(最近のメーカー製PCだと、NECなどは初期設定時にインストールするソフトを「最小限」にすることもできる機種があります)

どうしてもそれらがインストールされていることが気になるならお引止めはしませんが、やるなら最低でもWindows標準デフラグソフト、できれば空き容量を含めたデフラグをしてくれるソフト(以前の記事でも利用した、CCleranerと同じメーカーのDefragglerなど)を使い、

たくさんアンインストールした後には、徹底的に断片化解消をやらなければあまり意味がない

と申し上げておきます。

-----

さて、今回のお客様は、CCleanerを使って掃除をしようとしたわけですが…。

「起動して、重複ファイルを検出して、そのままポチッとやっちゃったんですが、それがまずかったんですかね?」

…( ̄△ ̄;

こういうツールって、えてして的確でない判断をしたり、大事なファイルを容赦なく消したりする場合もあるんですよね。
「自己責任で」っていうのは、そういう部分の事を言うんです。

これでファイルが消えた CCleaner 2.18.878 :Altech

こちらのコメントでもあるとおりで、道具は道具でしかありません。
たとえば包丁は肉や野菜を切るために便利な道具ですが、気をつけないと自分の指を切ったり、人を殺傷する道具ともなりえます。それと同じ。

-----

とかなんとか、いろんな話をしながら、

2009年2月23日 (月) NTLDR is missing. は意外にも…。

おそらくこれと同じく、NTLDR関連のファイルをCCleanerが消してしまったんだろうと思って、WindowsXPのCD-ROMを使って起動してみたものの、どうしたわけかCドライブが認識されず、通常は回復コンソールは「ログオン」して「C:\windows」に降りるはずが、見つけたドライブ(本来のCドライブとは別パーティション)のルートに「C:\」に降りてしまった。
DIRコマンドとかでファイル一覧を見ても、Windowsディレクトリが見当たらず、どう考えてもCドライブのものではない。

うーむむむむむむむ。

最近はあまり使わないのですが、KNOPPIX(クノーピクス)のCD-Rも持っていたので、それを使って起動。
このパソコンは割と最近のパソコンのはずですが、KNOPPIXの起動にムチャクチャ時間がかかります。
こういうのがあるので、私自身は、あまりこのKNOPPIXは積極的に使ってません。
NTFSのドライブの書き込みも、しばしば失敗しますし…。
ですので、最近はより起動が速くて使いやすいUbuntuのCD-Rを持っていくことが多いのですが、この日はうっかり置いてきてしまってました…不覚です。

長い時間をかけてようやく起動したKNOPPIX。
なんとかCドライブを認識できたのでよくよく見たら、どうやらやはりNTLDRがないらしい。
今回もそのまんまだったわけですが…。

問題は、そのNTLDRをどうやってそこへコピーするか、である。

前回は、無事WindowsXPでまともに回復コンソールが起動したので、そのままNTLDRをコピーすればよかったわけですが、今回は…はて…。

USBメモリとか使って、メンテ用PCから移そうとしましたが…USBメモリは認識できましたが、あろうことか、NTFSのCドライブに書き込みができません。あっちゃー、やっぱり…。

こりゃ、このままジタバタやっても時間がかかるだけなので、本体からハードディスクを取り出してやってみるか。
ということで、メンテ用パソコンにIDE→USB変換ケーブルを使ってハードディスクをつないでみた。

こういうケーブルで、パーティションの切ってあるハードディスクをつなぐ場合、何かしらファイルシステムにエラーがあったりすると、うまく認識できないことがあったりします。
おそるおそるつないでみたら…おっと、認識できました。
メンテ用パソコンのNTLDRをコピーして…起動しました。

これで何とか解決です。
いやぁ、焦りました。

ということで、

「目に付くファイルがいっぱいあるから」と消さなくていいファイルまで削除してしまうと、分解しないと直らない羽目になることもある

なんてこともありうる、ということで。
ですので、私はいつもお客様に言うのですが、

ファイルの削除なんていつでも一瞬でできることなので、焦って削除せずに、よくよく検討して、本当に削除しても問題ないか、きちんと確認してからにする

のがとても重要です。
でもまぁ、パニクってたり、焦ってたりすると、こういう冷静な判断ってなかなかできないんですよね。
近所の方であれば、ご相談いただければ対応できるんですけどね…。

2009年04月25日(土) ソフトウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

お役所仕事。

この日は市役所へ行ってました。

2008年12月14日 (日) まちづくり構想と地区計画。

これに関しての打ち合わせだったんですが…「環境を守る会」のメインとなって活動してくれている人(仮にHさんとしておきましょう)が

ぜひ一緒に来てほしい

と言うので行ってみたんですが…なるほどねぇ。

-----

いろいろ話を聞いてると、どうやらここ1年(というよりは2年近く)の間に、8回も担当者が変わってしまった、らしい。
私は前回あたりから一緒に行ってたんですが、前回は3月で、今回は4月。
どうもその間に人事異動があったらしく、前の担当者と突然連絡が取れなくなったんだそうです。

たとえばこんな感じ。
電話して、担当の○○さんに連絡を取ろうとして。

Hさん:「○○さんをお願いしたいのですが」

電話に出た人:「○○は異動してここにはもういませんが」

Hさん:「えっ…じゃ、その異動先を教えてもらえませんか、今進行中の話が途中で、ぜひご本人と話がしたいのですが」

電話に出た人:「個人情報ですのでお教えできませんし、お取次ぎいたしかねます。では。ブチッ」

Hさん:「………」

…( ̄△ ̄;

おいおい、受け付けたコマンドは「○○さんと話がしたい」だけかよ。
普通そこで「どのようなお話でしょうか。担当にかわります」とくるもんでしょうが…。
というよりは、異動するならするで、それなりの挨拶とか、事前にしとくべきもんでは??

それでもなんとか新しい担当に連絡が取れて、4月初めにHさんと一緒に行ってみたら…

「前任者から話の引継ぎが不充分で、すみませんがその辺の話は確認させていただきますので次回にでも」

…( ̄□ ̄;

あ、あの~。
個人的に話をしてるんじゃなく、私たちは「明石市」と話をしているんですけど…。
担当者は単なる窓口で、引き継ぐんならきちんと引き継いでもらわないと困るんですが…。

Hさんいわくは、

「もうね、担当者が変わるたびにコレですよ。嫌がらせか、この話を潰そうとしているとしか思えないですよ」

実際、明石市内の他の地域で、いくつかこの手の話が流れてしまったことがあるのです。
まぁ汚い話かもしれませんが、これはお金の絡む話なんです。
活動するために、町内にお知らせのチラシを配布するために、印刷代も必要ですし、地区外権利者へも郵送しなければならないですし、条例や法律に絡むので、専門家のアドバイス(これも市からの紹介)が必要で、いろいろお金がかかるのです。
お金がなければ動けませんが、これは前回も書きましたが、市が助成金で支援してくれる制度なのです。

これは、本来ならば、市会議員などを通して陳情し、市の方で動いてもらうべきところですが、事務的に進めていては思い入れもありませんし、常に地元に密接に連絡を取っていかなければならないものですから、そこに市職員のかなりの手間と費用がかかります。
そこで、「自分の町は自分の手で」という観点で、地元の人が行なえば、市職員の労力が減り、地元の意向をスムーズに反映しやすくなるという、一石二鳥の制度です。

しかし、担当者がこれほどまでにコロコロ変わり、その都度「引継ぎが…」と言われてスムーズに進まない状態。

メールや電話で何度もやり取りをしながら進めていったものの、どうにも「担当者からなめられている」という印象をHさんは持っておられるようです…。
で、私にも…ということ。
頭数をそろえれば、対応も変わってくるんでは?ということでしょう。なるほどねぇ、

詳しくは書けませんが、今回代わった担当者の方が、今までの大前提をひっくり返すような事を言い出して、アドバイザーの方も「いろんな自治体と話をさせてもらっているが、こんなひどい対応は聞いたことがない」とお怒りモードでした。

そしてこの日、お伺いして、実際に詳しい状況を聞いてみたら…どうも前任者までのやり方に問題があったらしい。

もうこうなると、引き継ぎのまずさを責めても仕方がない状態。
1からやり直しの部分も含めて、お互いに協力をしていく方向で話がまとまりました。

Hさんは、やはり腹に据えかねていたので、単刀直入に「もしかしたら費用削減で話を潰そうとしてません?」と聞きました(!!)ところ、

「そんなことはありません!もしそうなら、私たちにも手間のかかる話を持ってきたりしませんよ。放置しておけばいいだけの話ですから」

…まぁそりゃそうだ。
そこは「今回の担当者は、今までと違うんだ」と好意的に解釈させてもらうしかないですよね…。

実際、明石市のやり方としては、この話に限らず、窓口担当者をコロコロ代え、その都度、「前任者から聞いてませんが」で適当にあしらって、話を聞くそぶりが全くないことがほとんどです。
ウチのコドモの学童保育の関係の担当者も同じでした。ハッキリ言って話を聞くつもりもなければやる気もない。気が付いたらいつの間にか担当者が代わり、一から説明しなおし。

窓口と担当者だけ用意しておいて、面倒な話は適当にあしらって、担当者を代えることで話をはぐらかして、根負けを狙っている…としか思えない対応。

今回「まちづくり」で関わってみてわかったことは、

明石市というのは「組織的な体質で」こういう対応しかしないんだ

ということ。
今回の担当者は、比較的まじめに取り合ってくれていることがわかったので、前任者のひどさをなじってしまって気の毒なぐらい。
要するところ、

あまりにもテキトーな仕事しかしない職員が多すぎて、まじめに仕事をしている職員があおりを食って、まじめに仕事をするのがバカバカしくなってくる

という負のスパイラル状態。

先日も、市長の「退職金受け取り辞退」を撤回で揉めたばかり。

社会|明石市長「退職金、受け取ります」 答申を尊重(11/26) :神戸新聞
東播磨|明石市長の退職金 市会委が支給認める条例案可決(12/13) :神戸新聞
社会|明石市長の退職金、492万円に減額(12/19) :神戸新聞

このドタバタの真相は分からないのですが…

市長は「特別職報酬等審議会」から「受け取れ」と言われた、とのこと。
その程度の理由で、全国に「画期的」とニュースになった公約をそう簡単に撤回するとは思えない。
うがった見方をすれば、「やっぱり市長もお金が惜しくなった」とか「周囲から『悪しき前例を作るな』とゴリ押しされた」とか、変な勘繰りはいくらでもできます。
小泉旋風のさなか、若い改革派の市長誕生ということで、ずいぶん期待されたのですが、小泉元総理ほどのワンマンでの影響力がなかったためか、この退職金辞退の話など、いろんな話が腰砕けになってしまっています。

そもそも、

NEWS&ニュース 迷走ラブホテル規制 明石市と市議双方が条例案/計画中の扱いめぐり対立 :神戸新聞

この「偽装ラブホテル」問題での、行政側の計画承認がグダグダになったことで、この轍を踏まないように、事前に防御の網を張るべく「環境を守る会」をつくらなければならなくなったんですから、この話までグダグダにされたら、また「お役所仕事」「業者との癒着」と言われかねない状況なのに…。

それにすら気付かない組織体質だとすれば、それこそお役所仕事です。

2008年10月20日 (月) お金は天から降ってくるもの?

お金は降ってきたり湧いて出たりしません…。
お役所仕事の人は、その程度の簡単な話ぐらいは理解してほしいものです…。

2009年04月24日(金) 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

50日後が更新期限のウイルスセキュリティ。

こちらは何度も呼んでいただいているお得意様。

「パソコンを新しく買ったので設定しに来てほしい」

新規設定の作業自体は特に珍しい話ではありません。
出張修理だけでなく、新規設定もやってます。
量販店からの委託案件は、こちらの方が多いですし。
問題は、ウイルス対策ソフトのインストールで起こった。

こちらのお客様は、私の勧めでZEROになる前からウイルスセキュリティを導入していただいたお客様です。
期限切れのないZEROが発表されてからすでに2年以上。
期限切れによる更新手続きの煩雑さの解消や費用面でのメリットは充分に感じていただいているかと思われます。
それでもパソコンの買い替えの場合はインストールしなおさなければなりません。当たり前といえば当たり前ですが。

シリアル番号を出していただくようにお願いしたところ…。

「あれ?ええっと~どこだっけ…」

…( ̄▽ ̄;

どっかにあるはずですよ~。
ご自身でお探しくださいね~。
私がガサ入れするわけにもいきませんので…。

「ああ、あったあった」

でも…出てきたのは16桁のシリアル番号。
2006年に期限切れを迎えていた番号ですが、更新をかけているため、最初の番号が有効なはずなので、これが使えるはずですが…。
ただし、これは21桁のシリアルナンバーに変更しないとダメです。
また、残っているCD-ROMは2005年版(!!)なので、インストールしてもアップデートの手間があるので、最初から最新版をダウンロードした方が早いです。

最新インストールプログラムのダウンロードページ :ソースネクスト・スタイル・セキュリティ

こちらの最新版ダウンロードサイトでは、ダウンロードにシリアル番号を聞いてきます。
無料でダウンロードできるとはいえ、シリアル番号は必要みたいです。

ということで、16桁から21桁へシリアルナンバーを切り替え、ダウンロードしてインストール。
認証が通ったので再起動したのはいいんですが…は??

な、なんで期限が50日後????

-----

ウイルスセキュリティには、お試し用に無料体験版が用意されている。

ウイルスセキュリティ 無料体験版(7日間)ダウンロード :ソースネクスト・スタイル・セキュリティ

これは、「ウイルスセキュリティ」というソフト自体が家庭・個人用途を想定したものなので、企業用途など、特殊な使い方には向かないので、そういう用途には、問題ないかどうかを事前に確認できるようになっています。
その期間は7日間。
他のメーカーのソフトは、だいたいは30日版。新規パソコンに添付されているものは90日版。
要するに起動で問題がないか、ファイヤーウォールなどで問題ないか、を確認する程度なら7日ぐらいで充分でしょ、ということなのでしょう。それでホントにいいかどうかというと微妙ですが。

それにしても、残り50日って…どういうこと??

ためしに、16桁のシリアルナンバーが通る旧版で、切り替え前の16桁でインストールを試してみたら…シリアルは通るものの、期限は今日(汗)。
うーむむむむむ…。

最近は、このお客様にウイルスセキュリティの更新で呼ばれた記憶がないので、ZEROのはずなんですが…。
こういう時は「マイページ」で確認。

マイページ :ソースネクスト

メールアドレスとかパスワードとか、メモで残っていたのでマイページはすんなり開きました。
履歴を見ると…ちゃんとさっき入れたシリアルで2006年に期限が切れて更新して…って、え???

更新してあるのは3年版への更新でした…

よくよく見たら、確かにその期限は、50日後になってます…前回の期限切れが2006年ってことですから…あれからちょうど3年ってことだったんですね…。

お客様は、もう一台ご家族用のパソコンをお持ちで、そちらにもインストールする必要があることを考えると、今ここで3台用のZEROへ切り替えた方が賢明ですね。
内容の説明をして、クレジットカードを出してもらって、オンラインでシリアル番号を購入、画面表示とメールで新しいシリアルナンバーが伝えられて、それを入れ直して完了です。

「3年版」という落とし穴があったのですね…。
でも、時期的には、この前後にZEROが出てたはずですので、タイミング良すぎましたね。

2009年04月23日(木) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェアアップグレード関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

遥かなる軍艦島。

この日、35年ぶりに上陸が許された「軍艦島」のニュースが各種メディアをにぎわせてました。
ついに上陸が許されたのか、とちょっと感慨深かったですね。

私がこの島の存在を知った時期は、かれこれ8年ほど前。
個人的には、ちょうどいろいろあった時期だったので、とても印象深かったんです。

-----

軍艦島とは、長崎県長崎市の東海上にある「端島(はしま)」の通称。
鉄筋コンクリートの建物が立ち並び、まるで軍艦のように見えることからそう呼ばれているようだ。
日本の近代化を支えてきた炭鉱のひとつで、海底炭鉱の島として、明治~大正~昭和と採掘を続けていた。
しかし、昭和の高度経済成長期に、化石燃料の主流が石炭から石油に移り、昭和49年・西暦1974年(つまり35年前)に、住民全員が退去し、無人島となった。

それ以来、施設は放置され、桟橋は台風で壊滅して上陸が困難になり、風化と共に廃墟化し、倒壊の危険があるために立ち入り禁止になったままとなっていた。

詳しくはウィキペディアなどを参照。

端島 (長崎県) :出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

私がこの島の存在を知ったのは、2001年。
その年は、日本ではADSLが解禁となりブロードバンド化の波が押し寄せており、アメリカでは同時多発テロで大騒ぎだった年。
とある仕事で、隣の「高島」のことを調べていた時のこと。
当時は長崎県西彼杵郡高島町の一部でしたので、高島町役場のホームページで、軍艦島(端島)のことも紹介されていました。
残念ながら、高島町は長崎県に編入されたため、残念ながら当時のサイトはもう存在しないのですが、折からの廃墟ブームで、いくつものサイトが存在していて、その写真を見て、衝撃を受けたのを今でも覚えています。

そんなサイトの中で、今でも残っている、とてもよくできたサイトがこちら。

軍艦島 Ver 3.0 http://www.gunkanjima.com/(音量注意)

ドメイン名が「グンカンジマ ドットコム」。渋すぎる。
2001年に作られたサイトではありますが、Flashバージョンのサイトは、今見てもデザインが秀逸です。
フォトギャラリーは圧巻です。解説も、ウィキペディアなんかより遥かに詳しく書かれています。
ぜひとも一度ご覧ください。

2009年04月22日(水) おすすめサイト, ニュース, パソコン・インターネット, ホームページ制作関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年4月21日 (火)

それでいいのかKingsoft!

こちらは、いつもとあるパソコン処理のお手伝いでお呼びいただいているお得意様から。

「助けて~パソコンが固まって動かないんです…」

…ついぞこないだXP搭載機に買い換えたばかりじゃないですか…何があったんですか?

「知り合いから大きなファイルを送ってきたんだけど、それを受け取ろうと、メールのリンクをクリックしていったらおかしくなって…」

…うーん、ウイルスとかそういうのじゃないんですかねぇ…とりあえずお伺いします。

こういうトラブルでは毎度のことながら、お伺いしてびっくり、です。
原因とその経緯が明確になって、

おいおい、それはねーだろ!!

とついつい言ってしまいました…。

-----

お伺いして現象確認。

電源を入れてみたら…デスクトップが現れて…えんえんとデスクトップの壁紙のみで、マウスカーソルは砂時計表示のまま。
アイコンは現れず、延々とそのまま。

うーむむむむむ…。

強制的に電源を切るのは簡単です。
いつでも電源ボタン長押しで切れます。
でも、何かのはずみで「パソコンが悩んでいるだけ」ということもありますので、ある程度は待たないと、いきなりの強制終了だと、場合によっては取り返しのつかないことになりかねません。
ですので、

「パソコンがフリーズした」と思ったら、基本的には最低でも5分~10分程度は待つべきです。

ウイルス感染が疑われるなら、とりあえずLANケーブルを抜いておくほうがいいでしょう。
でも、ネットワークからのデータが届くのを待っていて固まっている場合は、ケーブルを抜くのも逆効果となりかねませんが…。

とりあえず待ってみましたが、ハードディスクアクセスが止まってしまったのに、まだ砂時計状態です。
はてさて…。

キーボードのNumLockキーを何度か押してみました。
NumLockランプは押すたびに点いたり消えたりします。
つまり、ハードウェアレベルで固まっているわけではない、ということ。
Windowsが反応してないだけ、と考えられます。

ふとタスクトレイを見てみると…ウイルスバスターのアイコンと、KingsoftInternetSecurityのアイコンが。

…へ???
こ、こんなのインストールしたんですか??

「いいや~知らんよそんなもん」

…うーむむむむむ。
こりゃ何かのはずみに突っ込まれたか?
よくよく聞くと、今朝立ち上げたらこうだったとのことです…。

いずれにせよ、この状態では何もできませんので、ハードディスクアクセスがないことを確認し、電源ボタンを長押しして、電源を切りました。
そして再度電源を入れなおし。

メーカーロゴが出た直後にF8連打で拡張メニューを出し、セーフモードで起動です。

とりあえず、今朝からであれば、それ以前の復元ポイントを使って「システムの復元」を実施してしまいましょう。

一番直近の復元ポイントは、「Software Distribution Service 3.0」の名前の3日ほど前。
これ自体は、WindowsUpdateが適用された時のポイントの名前。ってか、これじゃわからんっちゅーねん。
もうちょっと気の利いた名前にせぇっちゅーねん。

しかし、気になるのは、Kingsoftの名前が全く復元ポイントに見当たらないこと。
とりあえず、その直近の復元ポイントへ復元。

…どうやらまともに起動できるようになったようです…。

しかし謎だなぁ。
何でこんなことに…。

「知り合いからでっかいファイルが送られてきてからですよ」

…ああ、それそれ。
どうやって送ってきたんですか?

「こんなメールだよ」

とメールを開いてくれた。

…なになに…どうも大きなデータ転送のために、一時的に受け渡しのための場所を提供してくれるサービスを使っているらしい。

最近はかなり寛容にはなってきたものの、通常のメールでは、あまり大きな添付ファイルは送信できません。
以前は2MB程度でしたが、最近はもう少し大きいようです。
とはいえ、あまり大きなファイルを送受信すると、メールボックスの最大容量に達してしまい、メールが受け取れなくなることもありますので、やはりそれなりの制限がかかることになります。

お知らせのメールに書いてあるリンクをクリックしてもらったら…

Kingsoft01
↑クリックすると拡大します

…えーっと…あのー…こ、これは…。

も、もしかしたら、中央下部の「ダウンロード」って赤くでかでかと書いてあるのをクリックしませんでした?

「そうそう。それそれ」

お客様は迷わずポチッとな。

…∑( ̄□ ̄;
あ、あきませんて…そんな、危ないなぁ…。

Kingsoft02

そこでマウス操作を代わってもらいました。
これではまた「ダウンロード 完全無料」とでかでかと書かれたボタンをそのままクリックして、インストールしてしまいかねません…。

「ここからどんどん画面を進んでいったんだけど、全然それらしきファイルのダウンロードができなくて困ってたんだよ」

…( ̄△ ̄;
そ、そりゃそうでしょ…。

とりあえず、このKingsoft InternetSecurity Uのダウンロード画面を閉じましょう。

目的のファイルのダウンロードをするには、ここで、その下の「同意する」をクリックして、「利用規約に同意された方は、ファイルボックスページへ」目立たないボタンを押すのが正解だと思うんですが…。

「え?ああ、そうなの?」

…よく読んでくださいよ…。
こういうのって、目立たないところにこっそり大事なことが書いてあるもんなんですから…。

とりあえず、目的のデータは、その目立たないボタンを押すことで手に入れることができました。

これで犯人は判明しました。

Kingsoftが犯人です。

しかしまぁ…あまりこういうことは言いたくないですが、この売り込み方は、

アダルトサイトによくある、錯誤させて誘引する広告のやり方と全く同じ

です。
「うっかりクリック」を誘い、勝手にインストールさせてしまうもの。

2006年4月12日 (水) WinAntiVirusPro 2006って?
2006年8月30日 (水) またもやSystemDoctor2006と、セキュリティ対策の重要性。
2007年11月22日 (木) こんなソフトは買いたくない。

こういうのとなんら違いはない。

おいおい、それはねーだろ!

それでいいのか、キングソフト。

2009年04月21日(火) 定番トラブル, ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ネットにつながらない・遅い, パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (11) | トラックバック (1)

2009年4月20日 (月)

大丈夫かNOD32!

こちら、前記事の続き。

ierdfgh.exeなどの怪しい起動項目を駆除し、症状が出なくなったところで、ふとCドライブのルートで「すべてのファイルを表示」してみたら…。

な、なんじゃこりゃっ!!

C_malware_01

…なんかやたら怪しげなファイルのオンパレードです…。

こ、こりゃ放置できんよなぁ。

まだ納品前なので、ウイルス対策ソフトはお試し版ぐらいしかインストールできない。
じゃ、ここは一発、噂のNOD32を使ってみるか。

ESET Smart Security & ESET NOD32アンチウイルス:NOD32 アンチウイルス V3.0 体験版ダウンロード :キヤノンITソリューションズ

NOD32お試し版ダウンロードのサイトからダウンロードし、インストールしてアップデートして…。
さて、この怪しいCドライブのルートのファイルをチェックだ。どうだっ!!

…あれ??

-----

Cドライブのルートの検索結果。

検査ログ
ウイルス定義データベースのバージョン: 3553 (20081024)
日付: 2009/04/19
時刻: 19:12:51
検査したディスク、フォルダ、ファイル: C:\1qlgu2wv.bat; C:\1yl.cmd; C:\2sdsu3.cmd; C:\3u.cmd; C:\3yseow89.exe; C:\6hbb9d1d.com; C:\6q.exe; C:\8a9q.cmd; C:\8d.cmd; C:\8r.cmd; C:\9.exe; C:\9max.cmd; C:\__autorun.in_; C:\_autorun.in_; C:\_k8tb.ba_; C:\a81lkgv.com; C:\AUTOEXEC.BAT; C:\boot.ini; C:\bootfont.bin; C:\bqail0n.cmd; C:\CONFIG.SYS; C:\cx820.bat; C:\em0x.exe; C:\eq0bstg.com; C:\f.com; C:\fmg83i.exe; C:\foikf6np.bat; C:\hiberfil.sys; C:\IO.SYS; C:\iybim.exe; C:\j.bat; C:\jj.bat; C:\kqa.bat; C:\l.cmd; C:\las99dn3.com; C:\m8c.cmd; C:\MSDOS.SYS; C:\n.exe; C:\nt.com; C:\NTDETECT.COM; C:\ntldr; C:\o.exe; C:\pagefile.sys; C:\qn1.bat; C:\r88p9u9j.cmd; C:\s9.cmd; C:\teau.com; C:\tmxunsw.com; C:\v91qw.com; C:\vb8jc.exe; C:\w.com; C:\xj8guf.bat; C:\y6.bat; C:\ykvqe2n.com
C:\hiberfil.sys - を開く際にエラーが発生しました [4]
C:\pagefile.sys - を開く際にエラーが発生しました [4]
検査したファイルの数: 53
検出された脅威の数: 0
終了時刻: 19:12:54 検査に要した時間: 3 秒 (00:00:03)
注意: [4]
ファイルを開くことができません。ほかのアプリケーションまたはオペレーティングシステムが使用中の可能性があります。

う、嘘っ…。
これだけの怪しさ爆発のファイル名がCドライブのルートにあるのに…なんで???

パターンファイルが古いせいか?と思って何度もアップデートするが同じ。
「ウイルス定義データベースは最新です」と表示されるだけ。

とりあえず、追加としてウイルスバスターのオンラインスキャンをかけて放置して食事。
こちらではなぜかクッキーぐらいしか検出せず。
腑に落ちないまま、この日は作業を中断。

そして翌朝。

あらためて起動して、「ゆうべのは何だったんだ?」と首をかしげながら、今度はカスペルスキーのオンラインスキャン(なんかメンテ中で「英語版を使え」と出てましたので英語版)でも試してみるか…とやってみたところ…。

なんかNOD32のタスクトレイアイコンから吹き出しが連発。
長いですが、一応提示しておきます。
以下、細かいところは気にせず、ざっくりスクロールした方が早いかも(汗)。

2009/04/20 6:21:10 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\xj8guf.bat Win32/Pacex.Genの亜種 ウイルス NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:21:02 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\ykvqe2n.com Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:21:02 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\ykvqe2n.com Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:21:01 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\y6.bat Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:21:01 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\y6.bat Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:50 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\w.com Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:50 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\w.com Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:49 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\vb8jc.exe Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:49 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\vb8jc.exe Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:48 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\v91qw.com Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:48 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\v91qw.com Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:47 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\tmxunsw.com Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:47 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\tmxunsw.com Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:47 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\teau.com Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:47 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\teau.com Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:46 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\s9.cmd Win32/AutoRun.PSW.OnlineGames.W ワーム 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:46 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\s9.cmd Win32/AutoRun.PSW.OnlineGames.W ワーム 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:45 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\r88p9u9j.cmd Win32/PSW.OnLineGames.OHP トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:45 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\r88p9u9j.cmd Win32/PSW.OnLineGames.OHP トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:44 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\qn1.bat Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:44 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\qn1.bat Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:44 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\o.exe Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:44 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\o.exe Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:43 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\nt.com Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:43 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\nt.com Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:42 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\n.exe Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:42 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\n.exe Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:41 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\m8c.cmd Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:41 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\m8c.cmd Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:40 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\las99dn3.com Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:40 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\las99dn3.com Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:40 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\l.cmd Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:40 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\l.cmd Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:39 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\kqa.bat Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:39 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\kqa.bat Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:38 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\jj.bat Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:38 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\jj.bat Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:37 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\j.bat Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:37 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\j.bat Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:37 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\iybim.exe Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:37 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\iybim.exe Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:36 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\fmg83i.exe Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:35 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\fmg83i.exe Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:34 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\f.com Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:34 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\f.com Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:34 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\eq0bstg.com Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:33 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\eq0bstg.com Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:33 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\em0x.exe Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:33 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\em0x.exe Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:32 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\cx820.bat Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:32 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\cx820.bat Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:31 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\bqail0n.cmd Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:31 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\bqail0n.cmd Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:30 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\a81lkgv.com Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:30 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\a81lkgv.com Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:29 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\9max.cmd Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:29 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\9max.cmd Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:29 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\9.exe Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:29 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\9.exe Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:28 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\8r.cmd Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:28 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\8r.cmd Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:27 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\8d.cmd Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:27 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\8d.cmd Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:26 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\8a9q.cmd Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:26 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\8a9q.cmd Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:26 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\6q.exe Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:25 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\6q.exe Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:24 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\3yseow89.exe Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:24 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\3yseow89.exe Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:24 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\3u.cmd Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:23 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\3u.cmd Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:22 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\2sdsu3.cmd Win32/Obfuscatedの亜種である可能性 トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:22 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\1yl.cmd Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:21 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\1yl.cmd Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:21 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\1qlgu2wv.bat Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションによって変更されたファイルでイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/20 6:20:21 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\1qlgu2wv.bat Win32/PSW.OnLineGames.NMY トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe.
2009/04/19 19:57:59 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\WINDOWS\system32\revo0.dll Win32/PSW.OnLineGames.NMP トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Documents and Settings\Owner\Local Settings\Application Data\Trend Micro\HCMS\checkup\jp\checkupsvc.exe.
2009/04/19 19:57:59 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\WINDOWS\system32\revo1.dll Win32/PSW.OnLineGames.NMP トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Documents and Settings\Owner\Local Settings\Application Data\Trend Micro\HCMS\checkup\jp\checkupsvc.exe.
2009/04/19 19:57:55 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\WINDOWS\system32\pytdfse2.dll Win32/PSW.OnLineGames.NMP トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Documents and Settings\Owner\Local Settings\Application Data\Trend Micro\HCMS\checkup\jp\checkupsvc.exe.
2009/04/19 19:57:22 リアルタイムファイルシステム保護 ファイル C:\WINDOWS\system32\haozs0.dll Win32/PSW.OnLineGames.NMP トロイの木馬 削除によって駆除されました - 隔離しました NT AUTHORITY\SYSTEM アプリケーションがファイルにアクセスしようとしたときにイベントが発生しました: C:\Documents and Settings\Owner\Local Settings\Application Data\Trend Micro\HCMS\checkup\jp\checkupsvc.exe.

…うーむむむむむ…。
どうやら、IEを使ってカスペルスキーオンラインスキャンで該当ファイルに「触った」時に、NOD32のリアルタイムスキャンが反応したようです。

もう一度、NOD32の設定画面をよくよく見てみたら、アップデートの画面では…。

ウイルス定義データベースのバージョン:4019(20090418)
↑クリックで拡大します

ウイルス定義データベースのバージョン:4019(20090418)

なんですが、検査画面では…。

ウイルス定義データベースのバージョン:3353(20081024)
↑クリックで拡大します

ウイルス定義データベースのバージョン:3353(20081024)

…( ̄△ ̄;
なんか古いまんまなんですけど…。

どうもこの体験版NOD32、動きがおかしいんじゃないかと…。
おそらく、リアルタイム検出では最新版、手動検索では古い版で検索してしまっているようです…。
お試し版でそんな調子じゃぁ、あきませんやん…。

※追記 2009/04/26
コメントにてご指摘をいただきましたが、どうやらこの表現は正確ではないようで、「コンピュータの検査」画面では、「『前回の手動検索に使用した』ウイルス定義データベースのバージョン」を表示している可能性が高いようです。
あの画面写真では不明確ですが、状況から考えるとそう解釈できますので、まだ検証してませんが追記しておきます。

とはいえ、手動チェックでは見落としていた、

C:\WINDOWS\system32\revo0.dll
C:\WINDOWS\system32\revo1.dll
C:\WINDOWS\system32\pytdfse2.dll
C:\WINDOWS\system32\haozs0.dll

は検出してくれてました。
検出時間から言えば、これはゆうべのトレンドマイクロのオンラインスキャンをかけた時に「リアルタイム検出」してくれてたようですね。
他のファイルをゆうべ検出しなかったのは何でだろう??
まぁ、一応は、インストールしておいてよかったと言えますね。
ちなみに、カスペルスキー博士は、NOD32が駆除してくれた後だったからでしょうか、クッキーとインターネット一時ファイルぐらいしか検出しませんでした。

なんかだんだん信用できなくなってきたので、さらにシマンテックオンラインスキャンをかけてみた。
これも長いので、しばらく放置。
で、検出されたのは…。

C:\2sdsu3.cmd は W32.Gammima.AG に感染しています。
C:\6hbb9d1d.com は Trojan.Packed.NsAnti に感染しています。
C:\foikf6np.bat は Trojan.Packed.NsAnti に感染しています。
C:\xj8guf.bat は Trojan.Packed.NsAnti に感染しています。

まだ消し残しがあったようです…。
Cドライブのルートにこの手の余分なファイルはあるはずもないので、とにかく削除です。

で、前回の記事でリネームで対処した悪性ファイルに関しては、というと…NOD32、ウイルスバスターオンラインスキャン、カスペルスキーオンラインスキャン、シマンテックオンラインスキャン、全てにおいて検出しませんでした。

最終的に、納品時にインストールしたウイルス対策ソフトは、お客様のご希望をお聞きして、更新料金と年次更新の手間がポイントでウイルスセキュリティZEROになったんですが、それでもリネームした本体は、悪性ファイルとして検出しませんでした。
まぁわかっているものなので削除して終わりですが、以前はリネームしたものも削除してくれてたように記憶してたんですが…気のせいですかねぇ。

いろいろありましたが、なんとかStop:0x00000024のブルースクリーンから生還し、ウイルスも除去し、予防までできたわけです。
お客様としては満足していただけたようです。

…とまぁこんな感じの引取修理をやってます。
詳しくは、http://pcdoc.jp/ をご覧ください。

2009年04月20日(月) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

またもやStop:0x00000024。今度はierdfgh.exeとセット。

こちらは、ご紹介でのお客様。 「ご迷惑をおかけしております」から「再起動を繰り返す」んだそうです。

もうすっかりXPのトラブルの定番です…。

こういうときは、起動時に「F8」を何度かたたいてもらい、「Windows 拡張オプション メニュー」を出し、「システム障害時の自動的な再起動を無効にする」を選択すれば、再起動の繰り返しが止まり、エラーコードの書いてあるブルースクリーンが出せます。

電話での問診で、それをやってもらったところ…。

どうやら「Stop:0x00000024」だそうです…。

これはついぞこないだも経験したばかり。

2009年3月20日 (金) Stop:0x00000024のブルースクリーン。今度は何だっ?!

これは、「NTFS.SYS」自体の問題か、NTFSファイルシステム破損か、ハードディスクの破損か、ディスクドライバの破損か、です。 前回と同じ症状でも、それ用に細工したWindows2000のパソコンが必要ですし、ハードディスク障害なら、いずれにせよ引き取り修理です。

幸いにもクルマで20分程度の近所ですので、引き取りに行きました。

ブルースクリーンで「Stop:0x00000024」が出ることを確認しました。 最悪はハードディスク交換となりますし、そうでなくてもデータの保証は一切できないことをお伝えして、付属品を含めて引取りです。

しかし、その後の惨劇を誰が想像しえたでしょう…。


まずは本体をばらして、ハードディスクを取り出して、NTFS.sysを無効にしたWindows2000のメンテ用のパソコンで、コマンドプロンプトより、

CHKDSK [drivename]: /f

を実施。 前回は、かなりの数の修正がかかりましたが、今回はいともあっけなく終了。 こんな感じ。

F: のファイル システムをチェックしています
ファイル システムの種類は NTFS です。
種類 0x80 およびインスタンス タグ 0x1 の属性の最大 VCN 0x131481d
が正しくありません。予期されている値は 0xc3ca0 です。
壊れた属性レコード (128、$Bad) を
ファイル レコード セグメント 8 から削除します。
ドライブ上の軽度な矛盾をクリーンアップしています。
ファイル 0x9 のインデックス $SII から使用されていない 83 インデックス エントリを消去しています。
ファイル 0x9 のインデックス $SDH から使用されていない 83 インデックス エントリを消去しています。
83 未使用のセキュリティ記述子を消去しています。
不良クラスタ ファイル エラーを修復します。
CHKDSK はマスタ ファイル テーブル (MFT) ビットマップに割り当て済みとしてマークされている空き領域を検出しました。
CHKDSK はボリューム ビットマップに割り当て済みとしてマークされている空き領域を検出しました。
ファイル システムを修正しました。
ものの10分程度で終わってしまいました。

うーん…なんだ、あっさり解決か…と思ったのはそこまで。

元の本体にハードディスクを取り付けなおして早速起動。

起動はしましたが…動きがおかしい。

もうね、なんかね、やたらと時間がかかるんね。

スタートボタンが反応しないと思ったら、タスクバーに矢印を持って来たら砂時計ですし…。 ウイルス対策ソフトが入ってないとか吹き出しが出るんで、それほど引っかかるソフトがあるはずがないんですが…

ようやくタスクマネージャを起動してみたら…どうしたわけか、Winlogon.exeが50%も食ってる。 うーん…普通はほとんど0%のはずなんだけどなぁ…。

その他、wuauclt.exeなんかが30%とか、いろいろあって100%近い。 こりゃダメだわ…。

とりあえず、例のチェッカーを試してみる。

2009年3月 6日 (金) USBメモリ感染ウイルスチェッカーを作ってみよう!

これで反応するようなら、確実に感染してるんですが…反応無し。 …いや、反応がなくても、「感染してない」という確認にはならない。

それにしても反応が鈍すぎる。話にならん。 とりあえず、いったんセーフモードに。

で、HijackThisでチェックしたら…

Boot mode: Safe mode with network support
Running processes:
C:\WINDOWS\System32\smss.exe
C:\WINDOWS\system32\winlogon.exe
C:\WINDOWS\system32\services.exe
C:\WINDOWS\system32\lsass.exe
C:\WINDOWS\system32\svchost.exe
C:\WINDOWS\system32\svchost.exe
C:\WINDOWS\Explorer.EXE
C:\WINDOWS\expiorer.exe
C:\WINDOWS\AhnRpta.exe
C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe
C:\WINDOWS\system32\ctfmon.exe
C:\Documents and Settings\All Users\Documents\HijackThis\HiJackThis.exe
…は?????

C:\WINDOWS\expiorer.exe ??? C:\WINDOWS\AhnRpta.exe ???

前者は、「explorer.exe」のタイプミスのようなファイル名。ありえねー。 後者は、AhnLabo(アンラボ)の関連ファイルみたいに見えるけど…。

で、起動項目の中には…。

O4 - HKCU\..\Run: [kxswsoft] C:\WINDOWS\system32\ierdfgh.exe

…∑( ̄□ ̄; で、出た!! ierdfgh.exe !!

2009年2月27日 (金) またもやUSBメモリのウイルス。今回はierdfgh.exe mmvo.exe uvg.com afmain0.dll。

この時にかなりてこずった、アレです。

参考リンクにも、「AhnRpta.exe」のファイル名はあった。 やはりクロでしたね…。

ということで、書込み禁止にしたUSBメモリのチェッカーは、チェッカーとして役に立たなかった、ってことですね…。 もうダメなんだ…対応早すぎ。

そんなことでガックリきても仕方ない。

とにかく前回やった内容を改めてチェック。 例によって隠しファイルの表示がうまくいかない。 前回はスタートメニューの「検索」からでうまくいったが、今回はダメ。表示できない。

レジストリをいじってもいいんだけど、そもそも面倒で危険だし、しくじるとまたやり直しというクソ面倒なことをするつもりはないですし、ターゲットとなるファイルはわかっているので、コマンドプロンプトから操作することに。

コマンドプロンプトから、まずはCドライブ直下のAutorun.infのあぶり出しから。

attrib c:\autorun.inf -s -h -r

このコマンドで、隠しファイル属性が外れて書き換えが利く状態になる。 コマンドを打ち込んでEnter。 エラーが出ないということは、ファイルが存在して、コマンドが通ったということ。 やっぱりあった。出てきた出てきた。エクスプローラー表示にあぶり出されてきた。

次は「AhnRpta.exe」と「expiorer.exe」のあぶり出し。

attrib C:\WINDOWS\AhnRpta.exe -s -h -r
attrib C:\WINDOWS\expiorer.exe -s -h -r

実物を見てみた。

System32_01

…( ̄△ ̄;

なんでこのファイル名でメモ帳のアイコンやねん…。

とりあえず、有無を言わさず、タスクマネージャで終了させて名前の変更。

…復活しやがった…(ー益ー ;

変更した名前のファイルはそのままで、元の名前のファイルがまた現れたのだ。 しょうがない、msconfigで起動項目から外して再起動。

今度は起動ファイルのチェックだ。コマンドプロンプトから、

type c:\autorun.inf

これでファイルの中身がコマンドプロンプトから安全に確認できます。 …うーむ、どうやら「c:\k8tb.bat」とやらを起動しているらしい。 コイツが主犯か…。 ちょっとぐぐってみた。

Worm:Win32/Taterf.B, Trojan.Win32.Inhoo, Trojan:Win32/Inhoo.A :ThreatExpert Report

…∑( ̄□ ̄; なんと前日アップされたばかりの情報。 ファイルサイズは全てこの情報と同じ。

c:\windows\system32\pytdfse0.dll
c:\windows\system32\pytdfse1.dll

これらもいるらしいので、またコマンドプロンプトからattribコマンドであぶり出し。 きっちり出てきたのでリネーム。

ついでにこれらの怪しいファイル全て、同じ場所に「同じ名前のフォルダ」を作って対処。 コレなら簡単には復活するまい!

…なんとか症状は治まりました。一安心です。

あとは、レジストリエディタで、

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion \Explorer\Advanced\Folder\Hidden\SHOWALL

ここにある「CheckedValue」を「1」に書き換え。 これをやらないと、「すべてのファイルの表示」への変更ができないんですよね…。

これでエクスプローラの「ツール」→「フォルダオプション」→「表示」タブで「すべてのファイルの表示」から変更できるようになりました。

…って!!! なんじゃこりゃっ!!!

つづく。

2009年04月19日(日) 定番トラブル, ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月17日 (金)

この「つながらない」は…。

こちらは「インターネットにつながらなくなりました」というお客様。
パソコンは、WindowsXPのデスクトップ機。
なんでも、ソニーのウォークマンのソフトをインストールに失敗してからダメになったとか。
とにかくお伺いです。

現象確認してみたところ…どうもおかしい。

ネットはYBBの白モデムで、無線LANにも対応してますが、有線接続はブリッジ接続のタイプ。
「ローカルエリア接続」を確認したら、とりあえずIPアドレスは取れている。
「修復」ボタンでIPアドレスの取り直しはできるので、決してつながっていないわけではない。
でも…つながらないのだ。
IEを開いても、「ページが表示できません」です。

ここで真っ先に考えられるのは…。

2007年5月15日 (火) メールは使えるのにホームページが見れません。
2005年11月12日 (土) またつながらない!

IEが拒否られているというありがちな話。
これならメールは使えるはずですからわかりやすい。

「いえ、メールもダメなんですよ」

…そ、そうですか…。
実際、使えませんでした…。

と、いうことは…DNSの解決ができてない?

Lesson1:ドメイン名とIPアドレスを結ぶ,DNSの役割を確認する :ITpro 日経NETWORK

たとえば、私のサイトはアドレス欄に「http://pcdoc.jp/」と入力すれば表示されますが、実際には、「***.***.***.***」といった、0~255の数字4つを組み合わせたIPアドレスへの変換が必要で、それをするのがDNSです。

たとえばここで、この問題のパソコンに、「pcdoc.jp」などの代わりに、それに該当するIPアドレスを入力しても、一応サイト表示はされます。
ただ、画像などはIPアドレスで参照していないので、表示できないものも出てきます。
ということで、「インターネットにつながっていない」というわけではなく、「DNSが利用できないだけ」とわかります。

実を言うと、お客様にはお伺い前にYBBへ連絡してもらって、回線には問題がないことを確認済みなのです。
持ってきたメンテ用パソコンに差し替えると、IPアドレスの取得はできて、ブラウザ表示は何の問題も無くできます。
ということは…うーむ…。

-----

単純にIPアドレスが取れないのであれば、それはそれでアプローチがあるし、その方が問題をつかみやすい。
でも今回は、IPアドレスは取れて接続はできているものの、DNSが使えない、という症状。
DNSが使えないのは、いろんな理由がありますが、今回は同じモデムにつないで、同じくグローバルアドレスが取れる状態で、別のパソコンでは問題なく使えるところを考えると、明らかにパソコン側の問題。

とりあえず問題のあったウォークマンのソフトをインストールした前の段階へ「システムの復元」をやってみましたが、やっぱりダメ。

…うーむむむむむむむ。

で、さっきから気になってたのは、タスクトレイの古いノートンのアイコン。
パソコンの頭にアンテナが付いてぴこぴこしている、2006年版あたりのLiveUpdateのアイコン。アレです。
(今回は画面キャプチャを撮り損ねてしまいました…)
どう考えても、コレは古すぎるでしょう…また期限切れノートンが悪さしてる?

2008年12月18日 (木) そろそろエラーコードを何とかしてほしい。

もうね、期限切れノートンはね、ろくなことがないですね。

「え?毎月ちゃんと払ってるはずですけど…」

…は、はいぃ?

ノートンのメイン画面を開いてみたら…「BBセキュリティ Powerd by Symantec」の文字が。
あちゃ~…月額版の弱点ですね。

月額版で期限切れがないと言っても、ほったらかしではダメで、エンジンの更新は毎年手動でやらなければなりません…。

ウイルスセキュリティZEROの場合は、コレがないので、私はお勧めしてるんですが、残念ながら常に在庫を常備しているわけではないのと、月額版はクレジットカード番号の打ち込みが必要なくて支払い手続きが楽なのと、お客様の好みの問題もあるので、プロバイダの月額版のノートンやバスターを入れる場合が結構多いです。
ただ、月額版の場合は、放置でいいと思い込んでいると、こんな具合に、数年後に問題が顕在化してきます。

とにかくこれでは入っていても意味がないので、とにかくアンインストール。
余計なトラブルの回避の意味で、Norton 削除ツール (Norton Removal Tool)を最初から使いました。

Norton 削除ツール (Norton Removal Tool) を使う方法 - 詳細手順

途中でなぜか画面表示の文字を入力させるステップがありますが、これはどうやら、悪意のあるソフトによる自動実行でノートン自体を削除してしまうことを防ぐ意味があるらしいです。

Nortonを完全アンインストールする :Hibi日記

こちらの記事のコメント欄を参照。

要は「人間が操作してますか?」という確認ですね。

ということで、ノートン先生さようなら~をしたのですが…やっぱりダメです。DNS参照が全くできてません。
コマンドプロンプトからURLでのPINGも通りませんし、完全にDNSへの接続の問題ですね。
ブリッジモデムだからか?と思って、ブロードバンドルーターをはさんでみましたが、全く変わらず。
うーむむむむむ…。

もうひとつ気になったのは、システムのプロパティからバージョン情報を見ると「ServicePack 2」との表示があったのに、「プログラムの追加と削除」を見ると、「Windows XP ServicePack 3」の文字が。

「ああ、サービスパック3は入れたはずなんですけどね」

…どうももともとがSP3がうまく適用できてなかったんじゃないか?という気がします。
ウイルス対策ソフトがあると、サービスパックの適用に失敗することはよくある話です。

どうにもパソコン単体でDNS参照ができていない事例がほとんど見つからないですし、サービスパック適用の不具合があったんだとすれば、これはもうリカバリ以外に修正手段はないんじゃないか?
アップデートの不具合は、何が起こっているか見当も付かないので、がんばって治そうとしても無駄に時間がかかるだけ。
引取修理でリカバリをさせていただくことにしました。

作業場で、まずはハードディスクにエラーがないことを確認。
ここでダメだとリカバリは徒労に終わります。
問題ないことを確認して、内蔵のリカバリシステムからリカバリです。
リカバリ自体は1時間ちょっと、SP3のCD-Rでサービスパック適用、さらにWindowsUpdateで更新。

お客様のパソコンは、某メーカー製でPentium4で512MB搭載の、WindowsXP(SP1)プリインストールだったのですが、SP3適用後も、かなり快適に、ビュンビュン動いています。

こんな状態で、「XPはサポート切れなのでVistaか7に買い替えなさい」って言われても…普通の人の感覚では、それはありえないですよね。
マイクロソフトも、ちょっとは売り方を考えて欲しいものです。

リカバリが完了し、お客様宅へ納品です。
ブリッジモデムは、ルーター内蔵モデムに変わってました。
YBBへ連絡した際に、「一応モデムは交換しましょう」と言われたそうです…。
ブリッジモデムでウイルス対策ソフトもなしに直接接続は危なすぎるので、一応ブロードバンドルーターを持ってきたんですが、コレだと必要ないですね。

さて、問題なく接続できて、Yahoo!のトップページもきっちり表示されることを確認して、BBセキュリティのサイトへ。
YBB版ノートンインターネットセキュリティをダウンロード、インストール。

…あっという間に完了してしまいました。プレスキャンも含め、15分もかかってません。
「え?もう終わり?」みたいな。

最初からこうしとけよノートン先生…。

きっかけとなったウォークマンのソフトも問題なくインストール完了、きちんと動くようですので、これで引渡しです。

とりあえず、リカバリから正しい手順でセットアップ・アップデートしてあるので、あらゆる面で快適になりましたので、お客様にはご満足いただけました。

今回は結局リカバリでしたが、DNSの問題はかなりわかりづらい、と改めて痛感です。

2009年04月17日(金) 定番トラブル, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連, ソフトウェア不具合関連(リカバリ), ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

それは世間によくある誤解。乾電池編。

こちらは「マウスが動かない」とおっしゃるお客様。

※いやいや、実は

  • 「マウスが動かない」
ではなく、正しくは、
  • 「マウスカーソルが動かない」
  • 「マウスが働(はたら)かない」
ですね…。

まぁそれはそれ。

マウスが働かなくなる理由はいくつもあります。

  • 内部のゴミ
  • 接続ケーブル断線・抜け
  • コードレスマウスなら無線の接続不良
  • コードレスマウスなら電池切れ
  • マウス使用場所の表面の問題
  • パソコンのフリーズ
などなど。

お伺いしてマウスを確認してみたところ、裏側のセンサーの赤い光が出てません。
どうやらワイヤレスマウスの電池切れの模様。
これは、

2007年5月24日 (木) マウスの電池は替えましたが。

こちらと基本的に同じなんですが…。

-----

ワイヤレスマウスの中に入っていた電池は、マンガン電池。

…( ̄△ ̄;

マンガンはダメですよ、マンガンは…。

「え?やっぱり安物はダメ?」

…い、いや、そうじゃなしに…。

アルカリ電池は、「マンガン電池の高級品」ということではありません。

マンガン電池とアルカリ電池は、特性が違うんです。

  • マンガン電池の主な用途
    • リモコン
    • 時計
    • 小型ラジオ
    • 電卓
    • 懐中電灯(常備用)
    • ストーブの点火用電池
    • などなど、小電力で時々しか使わないもの
  • アルカリ電池の主な用途
    • ヘッドホンステレオ
    • 大型ラジカセ
    • ワイヤレスマウス
    • 懐中電灯(キャンプなど長時間利用)
    • オモチャのラジコン
    • などなど、大電力を長時間必要とするもの
といった使い分けが必要になります。

マンガン電池は、大電流が出せないので、電力を使う機器には不向きだが、休ませている間にある程度電圧が復旧するので、間欠利用で長期間使う小電力の機器にはかなり有効。
アルカリ電池は、大電流が出せるので、電力を使う機器には有効だが、間欠利用で長期間使う小電力の機器には実はマンガンよりも不利。

乾電池を節約する技 - [節約・やりくり] :All About
「アルカリ乾電池」と「マンガン乾電池」どう違うの? :月刊アクト通心・WEB版
【特集】電池の選び方 電池・充電池 家電 :ECカレント

電池メーカーはこんな情報を出してます。

Q&A - スタミナアルカリ乾電池:何故、アルカリ電池は、マンガン電池より長持ちするのですか?<アルカリ電池共通, マンガン電池共通> :SonyDrive
電池の違いと主要機器別おすすめ | お客様への大切なお知らせ :パナソニック株式会社 エナジー社

要するに、

マンガン電池指定の機器にはマンガン電池、アルカリ電池指定の機器にはアルカリ電池を使う、という基本を守りましょう

ということ。

特性面もそうですが、アルカリ電池指定でない機器にアルカリ電池を使うと、

半額以下のマンガン電池と同じかそれ以下しか使えない、という情けない状態になる場合もある

というもったいない状態になりますので、

なんでもかんでも「とりあえずアルカリ電池を使っとけばいい」というものではない

ということ。気をつけましょう。

ただ、置き時計の電池なんかは、電池切れ状態になったアルカリ電池でも充分使えたりしますので、うまく使えば節約にもなることもあります。
特性を理解してきちんと分けて使えば、かなりの節約になる場合もあります。
ただし、アルカリとマンガンだとか、新品と使いさしを混ぜて使うと、液漏れなどのトラブルになることもあることを覚えておかないとダメですね。

…といったことをかいつまんで説明しておきました。

「へぇ~知らなかったなぁ。マンガンは単に安いだけじゃないんだ。なんでもアルカリの方が高級品だからいいものだと思ってましたよ。これからは気をつけてみます」

…とおっしゃるお客様、意外と多いです。というより「知ってる」と言われたことって、ほぼ無いです。はい。

-----

おまけ。
アルカリ電池にもピンからキリまでありますが…。

有名メーカー電池ガチンコ勝負! 連続使用決戦! :ASCII.jp

有名メーカー対抗! 12時間耐久電池間欠使用レース! :ASCII.jp

12時間電池耐久レースはコンビニ&100円ショップ対決に! :ASCII.jp

…私のイメージ的には、「金パナ」「スタミナのソニー」って感じでしたが、実に意外な結果になってますねぇ~。
私は、今は100円ショップの乾電池をよく使ってますが、昔はカセットテープのヘッドホンステレオをよく使ってたので、パナソニックやソニーのアルカリ電池はよく使いましたけど…時代は変わってきてますね。

2009年04月15日(水) 定番トラブル, ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(電源), パソコントラブル, パソコン・インターネット, マウス・キーボード関連, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

マウスがまともに動かないときに見るべきポイント。

こちらは別件でのお伺いの際にあったトラブル。

「こっちのパソコンもちょっとだけ診てもらえませんか?マウスの動きがおかしくて…」

…はいはい、それぐらいなら。

XPの比較的後期の機種ですので、マウスはボール内蔵タイプではなく、光センサータイプ。
ボール内蔵タイプも、最近はとんと見なくなってきました。
「ボール型マウスは、時々ボールを取り出して中のローラーを掃除すればいい」
なんていうことを知らない人も結構増えてきましたね…。

マウスパッドの上でマウスをぐりぐり。

…うーん、これは…。
なんか、画面上の矢印の動きが、ギコギコとぎこちない。
マウスパッドの模様を拾ってるとか、ツルツルの表面で使ってる時の動きそのものです。

2008年9月21日 (日) マウスが動かないその理由。
2008年12月17日 (水) レーザーマウスが動かないその理由。

赤い光でもレーザーでも、マウスを動かしている表面が重要です。
ちゃんと光学式マウス対応のマウスパッドを使わないと…。

たいていはそれなんですが…そうです。それだったら記事にはならないのです。

お使いのマウスパッドは、どう見ても問題なさげな、光センサー用。…はて??

-----

私が首をかしげていると、お客様が一言。

「マウスって、やっぱり掃除しないとダメなんですかねぇ?」

…い、いや、「ボール型のように掃除しなくてもいい」というのが光学式マウスの特徴ですから、それはないと思うんですが…とマウスをひっくり返してみたら…。

なんかセンサー面に微妙にホコリが積もってますが…。

確かにちょっと、マウス周りは埃っぽいですし、ニャンコさんはおられますしで、まさか…。
ということで、麺棒…じゃない(笑)綿棒をいただいて、赤く光っているセンサー部分をくりくりとこすってみた。

…∑( ̄□ ̄;
め、綿棒が真っ黒に…。

ま、まさか…。

マウスパッドに戻してぐりぐり。

…な、治りました…。

結論:光学式マウスでも、一応、掃除はしてみましょう。

Vista出現からもう2年経ってます。
世の中のXP機のほとんどは、3年以上使い込んでる状態となってしまいました。
これからもこういうXP機の意外なトラブルは、いろいろ出てくるんでしょうねぇ…。

まさかこんなオチだとは思わなかったので、ほこりが積もってる写真を撮り損ねてしまいました…うーむ。

2009年04月13日(月) 定番トラブル, ハードウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, マウス・キーボード関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

それは世間によくある誤解。SSDのプチフリーズ・デフラグ編。

この日は町内会の総会があり、仕事は入れられませんでした。
町内会の役員って、ボランティアで面倒なだけで、何の権限もありませんけど、自分自身の住んでいる町を良くしようと思えば、積極的に関わっていくべきものなんですよね。
まぁいろいろ面倒なのは確かなんですけど…。
皆さんも、役員として関わるところまでいかなくても、協力はして差し上げてくださいね。
ゴミ出し場なんかの面倒を見るのも、基本的には自治会活動なんですから…。

それはさておき。

このブログでも、ちょっと前にかなりのアクセス数を稼いだ

2009年3月13日 (金) 結論:SSDだからこそデフラグは要ります。でも条件付。

この記事。
はてなブックマークやらリンクによる言及などで散々コメントされたのは、

  • SSDって半導体素子だからデフラグなんかしてもしなくても関係ない
  • これはMLCだから SLCは関係ない
  • JMICRONのコントローラーだからそれ以外は関係ない
  • コントローラーがキャッシュを積めば解決
  • HDDとクラスタサイズがずれてるだけ
というコメント。

…うーん。違うんですよね。観点が。

要は、

SSDを「ATAインターフェースに差し替えで使わなければならない」という固定概念から脱却できていない

だけのこと。
加えて言えば、

本来はハードディスクドライブと同じ形である必要もないのです。

この目先の概念から抜け出せないと、トンチンカンな議論になってしまうのです。

-----

フラッシュメモリには1素子あたりの書き込み回数の寿命が明確にあるため、SSDコントローラーは、データ消去・書き込みには、事実上書き込み制限回数のないHDDとは違って「ウェアレベリング」と呼ばれる独自の書き込み管理を行っており、全てのフラッシュメモリ素子を使ってまんべんなく書き込み回数を分散させるようにしています。
つまり、

常に意図的に断片化を起こし続けているのがウェアレベリング

です。
これはSSDがフラッシュメモリであるがゆえに、絶対に外せないものです。
正しくウェアレベリングがなされれば、1素子の書き換え寿命が3000回でも、たとえば64GBのドライブなら、単純計算で毎日64GBの書き込みをしても7~8年はもつ計算となります。
容量が大きくなればなるほど、寿命は延びる計算となります。しょっちゅうデフラグしても、パソコンの製品寿命よりもつ計算になります。

しかし、ATAインターフェースでつながっている以上は、「HDDとして振舞う」必要があるため、ウェアレベリングによる断片化の管理とは全く別に、

OSから見たファイルレベルの断片化を管理・再現する必要がある

という

強烈な無駄を強いられる

のです。
それは高速化・大容量化により、さらに顕著になります。

本来はそんなことまで再現するのは無駄以外の何物でもないのに、激しい断片化の発生状況まで「HDDと同じ振る舞いをする」ようにしているので、パフォーマンスにかなりの無駄が出ている、と一連の記事で書いているつもりです。

1TB分の断片化の管理なんて、どれほどのキャッシュがあれば目立たなくできるものでしょうか?

断片化の解消によるSSDのパフォーマンスの回復は、OSへ「断片化と見せかけることによる無駄」が少しでも減るからだという、いたってシンプルな理屈です。
実際にはそれだけではなく、見せかけている断片化状況とは別に、ウェアレベリングによりフラッシュメモリ上の断片化状況が常に変わっていくため、いろんな要因が絡んできてそこまでシンプルなわけではないと考えてます。
キャッシュを積んだところで、大容量化・高速化により、今度はキャッシュ容量の問題が発生するのは目に見えています。

そういう無駄のために、やれ「JMICRONのコントローラーがヘボだからだ」、やれ「キャッシュ搭載すれば全て問題は解決」、果ては「RAID0で行こう!」

…観点がおかしいと思いませんか?

-----

これからは、HDDからSSDへとシフトしていくのは間違いないと思われますので、私は、

現行のSATA以上の高速インターフェースを用意し、SSDに特化したファイルシステムをOSがサポートするべきだ

と思っています。
読み出しに関しては、誰もが言っている通りで、

「SSDはHDDに比べて【読み出しにおいて】断片化の影響なんてほとんどない」のはまぎれもない事実

です。それを否定しているわけでは決してなく、むしろ大前提です。
でも、【書き込みにおいて】は、ウェアレベリングの影響を強烈に受けるということを忘れてはならないのです。

だからこそ、書き込みに関しては、

  • OSは書き込みっぱなしで(ウェアレベリングを含めた)データ保管場所の管理はSSDコントローラーにおまかせにする
  • わざわざ「ファイルや空きエリアが断片化している」ように見せかける必要などないファイルシステムにする
こうすれば、HDDとは比べ物にならないSSDのポテンシャルを最大限に発揮できるはずで、それこそコントローラー性能に依存してくるわけです。

こうなると、

ケーブルによる伝送ロスすら馬鹿にならなくなる

ので、従来のHDDのように、四角い頑丈なアルミ合金の箱に入ったユニットである必要すら全くなくなるため、

転送速度はHDDの20倍、今までの常識を覆す速度のSSDが登場へ :GIGAZINE

こういう感じで、SATAよりもさらに速いインターフェースを使うのが正しい将来像であるといえます。

ということで、HDDとは記録管理手法が全く違うSSDについては、

「わざわざHDDとして見せかけ、著しい断片化までくそ真面目に効率よく再現する」ためのコントローラー性能をどうこう言うのは、根本的な部分を見落としたトンチンカンな議論以外の何物でもない

と考えています。
そういう観点で、私は、

「今のSSDは単なるキワモノであり、マニアのオモチャだ」

と論じています。

現に、明石・神戸あたりでは、SSDは、リテール品・バルク品のHDDと並んで売られていることがあまりなく、店によっては店頭に並んですらない状況。
こんな片田舎の状況が全国に当てはまるとは思えませんが、自作ショップですら、あまり積極的に並べていない様子が見られるのは、やはり製品としてはまだまだ様子見状態なのだろうと思われます。

まぁ、何度も書いてますが、起動ドライブではなく「読み出しメイン」のデータドライブであれば、断片化の影響もほとんどなく、結構いい線行くんですけどね。
たとえ起動ドライブでも、ROM-WINのように、起動ドライブへの書き込みを一切やらないものであれば、SSDは今のままでも目立って性能を発揮できますが、それはそれ。

マニアのお遊びとして使う分には、とっても魅力的なデバイスではあるんですけどね。

今のWindowsと現行の(HDD前提の)ファイルシステムとの組み合わせで起動ドライブに使っていては、SSDは「狼なのに牙もむけず、羊の皮をかぶっていなければならない」という状態です。実に哀れです。

…まぁ結論は前記事と同じなんですけどね。

2009年04月12日(日) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (31) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

それは世間によくある誤解。iPod shuffle編。

アクセス解析の「リンク元ページ」を参照してあっちこっちふらふらしていたら、こんな記事を見かけました。

僕がiPod shuffleを持てない理由 :「走れ!プロジェクトマネージャー!」オルタナティブ・ブログ

そう考えるとシャッフルさせるのではなくて、選曲できるものが良いんですよ。どうなんだろう?shuffleでもできるんでしょうか。
…うーむむむむむ。なんともったいない誤解だ。

-----

結論から言えば、「できます」。何の問題もなく。

どのiPod shuffleでも、「シャッフル再生しかできない」なんてことはないのです。

単純にシャッフル再生ではなくノーマル再生(「ループ再生」と呼ばれてます)にして、(画面がないので曲目を見て確認はできませんが)スキップで飛ばしていけば選曲は可能です。

この記事では最新の第3世代のiPod shuffleのことを書いておられるわけですが、第3世代のものは、「VoiceOver」機能というもので曲目やプレイリストの読み上げをしてくれて、画面がなくてもプレイリスト分けに対応できるようになりました。さらに便利になってます。もはや「画面無しのiPod nano」と言ってもいいぐらい。

使うほどに楽しくなる、ゼロ・ボタンのiPod--アップル「iPod shuffle」 :CNET Japan スペシャルレポート » パーソナルテクノロジー
実は見た目より中身がすごい! 新iPod shuffleリポート 【操作編】 :日経トレンディネット

私は初代の、ムスメは第2世代のiPod shuffleを持っています。
正直なところ、一度でも手にして使ってみればすぐにわかるはずですが、シャッフル機能は、スライドスイッチで切り替えて使います。
これはどの世代のiPod shuffleでも同じです。

iPod shuffle :出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これによれば、最初の宣伝方法とネーミングで世間に刷り込まれてしまったんだと思います。

「iPod shuffleはシャッフル再生でしか使えない」という誤解

を。

でも、シャッフル機能というのは、「自分のお気に入りの曲」しかないリストの中から、あたかも店内の有線放送やラジオ番組のように、自分の選択ではなく、意外性を伴った選曲で再生されるものですので、BGM的にBGM的な曲を聞くのであれば、面白いといえば面白いんですよね。
まぁ正直なところ、それは「そういう気分」の時にしか使わないでしょうけど。
とはいえ、容量が適度に少ないだけに、充電の都度、「気分に合わせて入れ替えたりする」とか「オートフィル機能で意外な選曲を楽しむ」という楽しみ方ができたりするわけですね。

私の場合は、LPレコードやカセットテープのウォークマンで音楽鑑賞の習慣づけをした世代ですので、シャッフル再生なんてほぼ使いません。逆に、お気に入りのアルバムであればあるほど、順番どおりに聴かないと違和感を覚えます。
ですので、アルバム曲を順番どおりに放り込んで、シャッフルしない再生で、電源を入れてプレイボタンを一発押して、後は何の操作もせず聴くだけ。
まさしくカセットテープの電子版(笑)。

ムスメは、「気に入ったシングル曲」を何度も聞くために、手軽に持ち歩けるプレイヤーとして使っていますので、iPodを買う時には、逆に「液晶モニタは要らない」と言われてしまいました。
いずれいろんな音楽をヘヴィに聴くようになったら変わるんでしょうけどね。

…とまぁ、ウチでは全然シャッフルなんて名ばかりの使い方しかしてないってことです。はい。
「iPod shuffleだからシャッフル再生しなければならない」なんてことは全然なく、「小さな小さな音楽プレイヤー」として使えばいいだけなんですよね。

「ネーミング」の重要さと「刷り込み」の恐ろしさがよくわかる事例ですね。

たとえば「iPod pico」とかだったら、もっと売れてたかもしれないのに、とも言えます。

2009年04月11日(土) 定番トラブル, ウェブログ・ココログ関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 趣味 | | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

じゃ、なにがまずいの?

こちらは、別件(新規セットアップ)のついでに診させてもらった古いパソコン。 結論から言うと治してないのですが…。

お客様のご希望は、

「起動しなくなったパソコンの中にあるデータを、取り出せるようなら取り出したい」

という、いたってよくあるご希望。 まぁ、「起動しない」の理由によっては、取り出せない場合もあるんですけどね…。

起動しているうちに「壊れる前に」と買い換えたのか、「壊れたので」と買い換えたのか、の違いです。

できれば前者が理想ですけど…なかなかそうもいかなくて、ほとんどの方は後者で、しかもバックアップも取ってなくて設定情報の書類もなくしている、というパターンも少なくないです。 普段はそんな書類は用事ないですからねぇ…。

今回は書類があったので、「できれば取り出せるとありがたい」というご要望。 どんな状態だったかというと…。


くだんのパソコンは、XP登場当初の、富士通のデスクトップ機。

パソコンの電源を入れていただきました。

通常はメーカーロゴの裏側に隠れているPOST画面がいきなり出てきて、メモリのチェックをするべく数字がめまぐるしくカウントアップしています…。

「ね?こういう画面が出ること自体、もう異常でしょ?」

…ま、まぁ、そうですね…。

メモリは256MBでいったん止まり、また0からカウントしなおし始めている。

うーん、メモリの異常ですかねぇ。

元は128MBしか搭載されてなかったとか…それを256MBに拡張して、つい最近までがんばってたそうです。 …「大往生」といわせていただきます…。 とはいえ、メモリの異常であれば、交換…いや、この際512MBにでもしてしまえば、まだ使える範囲じゃないのか?

しばらく放置しておくと、何度かのカウントアップの末、POST画面が消えて、左上に点滅するカーソルが残ったままとなり、ハードディスクランプの点滅もなく、キーボードはNumLockボタンを押してもランプの点滅がないので、これは完全にフリーズ状態ですね。

まぁメモリって事はほぼ確定でしょうけど、一応memtest86でチェックしてみましょう。 これでエラー頻発画面が出れば、その方向で何とかなるかも。 手持ちのCDでチェックをかけて、その間に、新規セットアップを進めます。

memtest86の判定は、エラー無しです…。

…な、なんですと???

それでは、ということでアプリケーションCD2に入っている、富士通純正ツールQT-PC/Uの出番です。

QT-PC/Uの判定は、エラー無しです…。

…は、はひぃ??

じゃ、一体ナニがまずいの??

「実を言うと、メーカーに電話して、何度もリカバリをかけてるんですよ…」

…うーむむむむむむ。 ってか、リカバリかけてるんなら、もうダメじゃん…。

まぁ、その辺のご説明をして、新品もあることですし、あえてお金をかけて修理しなくても、ということで話は終わりましたが…。

ナニがまずくて、そういう症状になったのかは、結局謎のままです…。 まぁいずれにせよ、XP初号機あたりということは、2002年としても…。

もう7年も経っている

ということ。 実はXPって、すでにそんな年代モノのOSだということですね…。 まぁ、それだけの年月を現役できているということは、「枯れて安定してる」と言えなくもない。 何ともいえませんが…。

2009年04月10日(金) ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(メモリ), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

音楽ファイルに寄生するトロイの木馬。

こちらはウイルス対策ソフトが出す警告が消えてくれないのと、ネットにつながらないので来て欲しい、とのお客様。
パソコンはVista搭載のノートパソコン。
ネットにつながらないのとウイルス対策の警告はあまり関係なさそうですが、いずれにせよお伺いしないと何ともならなさそうなのでお伺いです。

お伺いして現象を確認。

Norton01

Norton360 警告- 手動の解決が必要です

コンピュータの一部の脅威を解決するためにはさらに操作を実行する必要があります。[処理]の下でボタンをクリックするとこれらの脅威を解決できます。
終了したら[更新]をクリックしてこれらの脅威が解決したことを確認してください。

手動修復が必要なリスク
Trojan.Brisv.A!inf
現時点で削除できません。

…∑( ̄□ ̄;

こ、これは…。

-----

とりあえずここは、検出メッセージから「ヘルプの表示」で[→]マークのボタンを押してみるか…。
ん?ネットにつながってない、とな。

じゃ、まずはネット接続を復旧させてみるか。
Vistaなので、とりあえず「ネットワークと共有センター」を開いてみる。

Network01

…どうやら無線LANはつながっているけど、その先で切れているらしい。
お客様の回線はNTT西日本のフレッツ光プレミアムなので、CTUの接続を確認したら…。

Network02

…うーむむむむ、切れてますね…。

こういう時は、接続ボタンを押せば…って、あれ?

Network03

とりあえず、プロバイダの書類を出してもらって、パスワードを入れなおしてみると…

Network04

つながりました…な、なんで?????

お客様はこんなところの設定(CTU内のパスワード設定)は触れるはずもなく、触ったならそう言うはずですし、実際「そんなところは触ってない、触れるわけもない」とか。
うーむむむむむ。

「もしかして、Cabosをインストールしてるせいですかねぇ…」

…うーむ、確かにデスクトップにCabosのアイコンはありますが…。
お聞きすると、それをインストールした本人(息子さん)は、すでに家を出て離れて暮らしているので、お客様はそれを使うのはあまりよくないと認識しており、触っていないそうです。

「iTunesは使ってますが、そっち(Cabos)は怖くて使ってないんですけど、大丈夫でしょうか?」

…私は立場上、ファイル共有ソフトは使えないので、よく知らないんですが、まさか、Cabosとリンクする機能があったりしないでしょうね…。
ということで、ぐぐってみました。

Cabos はiTunes と連動機能があると聞いたけど? :Cabosって? > Q&A

…ないわけじゃないですが、iTunesから能動的に取りに行くことはしないような感じですが…。

「これ使ってたから、つながらなくなったんですかね?」

…うーん、帯域制限はありますが、切断ってのはなかったと思いますけどねぇ…。

ファイル交換ソフトが使えなくなるのですか。 :@niftyトップ > 会員サポート > Q&A(よくあるご質問)

とりあえず、切断の原因ではないとはいえ、Cabosは使わない方向で、あとで外しておきましょう。

で、例の検出メッセージは残してあるので、検出メッセージから「ヘルプの表示」で[→]マークのボタンを押してみます。
今度はインターネット上から情報を引っ張ってきて…。

Norton04

ステップ・バイ・ステップ ガイド
--------------------
エラー:「Norton 360に内部の問題がありました。これを解決しますか?」(10014,4001)
--------------------
手順1 一時ファイルを削除する
  1. 一時ファイルを削除するツールを実行する。
  2. ツールを実行した後、コンピュータを再起動する。
…こんな表示が。 で、手順2以下いろいろありましたが、やってみても現象に変化無し。 やっぱり検出してしまいます。

追加情報を得るために、マルウェアファイル名の「Trojan.Brisv.A!inf」をクリックしてみよう。
すると…

Norton02 Norton03

…うーむむむむ…全てのリスク項目が高レベル…かなり凶悪なモノのように書かれてますが…。

当のシマンテックでは…。

Trojan.Brisv.A!inf :Symantec.com > 企業・法人向け > セキュリティレスポンス

どうも、Trojan.Brisv.A によって感染した音楽ファイルの検出名らしい。

MP3ファイルであれば、どのようなファイルであろうと、実行形式のマルウェア(悪質ソフトウェア)のように、隠れた状態で実行されることは決してありません。
ただし、再生ソフトから呼び出されて開いてしまうと、再生ソフトが誤動作し、勝手にヤヤコシイところにつないでヤヤコシイことになるようになっているようです。

まさしく「トロイの木馬」です。

とりあえず、実行形式ではなく、感染音楽ファイル自体で他に感染を広げることはありませんし、それを再生ソフトで開かなければいいだけですので、単純に削除すれば済む話です。

ということで、該当ファイルを削除しようとしたのですが…できません。
エクスプローラが無反応になり、ファイル操作ができなくなります…。

うーむむむむむ。

しばらく待っても同じなので、Ctrl + Shift + Escでタスクマネージャを起動し、エクスプローラを強制終了し、Windowsを再起動。

…なにやらログオフに異様に時間がかかってます…。

ディスクアクセスもほとんどなく、こりゃ固まったか?
でも、こういうのはうっかり強制電源断にすると、余計にヤヤコシイことになるからなぁ…。

とりあえずさらに5分ほど待ってみたら…「シャットダウンしています」に変わった。
カラカラとディスクアクセスがかかり、シャットダウン完了。
再起動して、もう一度くだんのファイルを削除しようとしたら…やっぱり固まった。

仕方ないなぁ…セーフモードで削除してみるか。

再起動して、F8連打でセーフモード、該当のファイルを削除。
…いともあっさりゴミ箱へ入ってくれました。
なんじゃそら。
では再起動。

通常モードで起動して、改めてゴミ箱を空に…ってまた固まった…。

もう一度セーフモードでゴミ箱を空に。スパッと消えてくれました。

うーむむむむむ…こりゃノートン先生がちょっかい出してるんじゃないんですかねぇ…。

とりあえず、LiveUpdateを2度ほどかけ、最新の状態にし、改めて全体をスキャン。何も検出しません。
念のため、例の音楽ファイルの入っていたフォルダをもう一度スキャン。何も検出しません。

ようやく片付きました…。

ということで、Cabosをアンインストールして終了。

「いやぁ、助かりました。もうファイル共有ソフトなんて二度と使いません。っていうか、使ってたのは息子なんですけど…」

…そうですね。ファイル共有ソフトというのは、こちらが公開するソフトを持っていて初めて成り立つソフトですので、種類によっては、他から流れてきた違法公開データが自分のパソコンで公開状態になってしまい、意図せず違法行為を犯してしまう危険性があります。
なによりも、今回のようにウイルス感染したデータを拾ってしまうと、それこそ「タダより高いものはない」という結果になりかねません。

人によっていろいろ考え方はあるでしょうけど、クオリティの高い著作物を手に入れたいならば、それ相応の対価を支払うのは当然だと思います。
従来は、売られている音楽を楽しむためには、レコード・カセットテープ・CDなどの「買ってきた入れ物ごと」扱う必要がありました。
しかし、20数年前に出現した「ウォークマン」の影響で、最近は、中身(音楽)だけを再生専用の機械に移し変えて使うことが定着してしまい、「買ってきた入れ物」は、まさしく「単なる入れ物」と化してしまいました。
中身(音楽)は入れ物とは別に移動して使うもの、というのが当たり前となってしまいました。
さらにインターネットと「Napster」の出現により、中身(音楽)だけをデータとして扱う傾向に拍車がかかり、「iPod」の出現で、それがパソコンマニアだけでなく一般ユーザーにまで浸透してしまいました。
そしてダウンロード販売が出現し、入れ物を買わなくても、中身(音楽)が手に入るようになってしまいました。
ケータイの使い放題定額プランが出現し、CDよりも「着うた」ダウンロードの方が数字的に大きくなってしまったぐらいになってしまいました。
もはやCDなどの物理メディアは単なる入れ物と化し、入れ物に高いお金を払うことをしなくなってしまいました。
ケータイならばかなりの規制がかかりますが、パソコンになると規制のしようもなく…今に至るわけです。

まぁ少なくとも、「その辺で売ってるものと同じだけど、タダだよ~」には裏がある、と肝に銘じておきましょう。
何かあっても自己責任ですし、何かあった時に自分で何ともできないなら、そういう怪しげなものに手を出すのはやめといたほうがいいです。はい。

2009年04月09日(木) 定番トラブル, ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ネットにつながらない・遅い, パソコントラブル, パソコン・インターネット, ファイル交換ソフト(Winny・WinMx)関連, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

ノートンの更新のお手伝い。

以前からそうなのですが、ウイルス対策ソフトの更新作業の依頼は時々あります。
ここ最近、この作業が何件か続いています。

ちょっと知った人からすれば、「え?たったそれだけのことが仕事になるの?」とお思いでしょう。
事実、過去に何度か記事にしましたが、現にそこそこ件数はあるのです。

2005年9月15日 (木) とっても難しい、ウイルス対策ソフトの更新。
2008年10月17日 (金) 自動更新の落とし穴。(ワンクリウェアの恐怖 またまたまた)

まぁ実際、毎年やり方が変わる上に、ノートンの場合は特に「ノートンアカウント」というものを作らなければならなくなったりで、ほとんど目にすることのない画面をよく見ながら手続き作業をしなければならず、かなり面倒な場合がほとんどです。

ちょっと面倒くさがりの人であれば、やりかけた時点でやめてしまうでしょう。

期限が切れても、毎回出てくる「期限切れ」警告を消せば普通に使えるんだから、まぁいいや

ってなもんです。
それで「起動が遅い!」とぼやいてたり、近頃大流行中のUSBメモリ感染型ウイルス(たとえばConfickerやDownad)にやられたりしてたら、全く意味ないですね。

ということで、「期限切れ」ということを危惧されて私を呼んでくれたりする方はまだマシなわけですが…。

今回はノートンの更新。
しかし…何ともトホホな事態に遭遇することも多いのです。

-----

ノートンの場合、一般に手に入りやすいものとして、

2009年版ノートンNorton Internet Security2009 3台登録OK1年版
B001NY27Q2


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ノートンNorton 360 バージョン3.0最新版 3台登録OK1年版
B001OGM2TQ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この2つがあります。
ノートン360の方が微妙に高いわけですが、まぁ、価格的にノートン360の方が高いわけで、

普通に考えて「高いほうが性能がいいんだろう」と思ってしまう

のは当然の話で、あまり考えもなしに、「インターネットセキュリティ」から「360」に乗り換える人は、そこそこいます。
この2つ、何が違うのかといいますと、非常に乱暴な区切りであれば、

ノートン360の方は、バックアップ機能が付いているだけ

と言えます。
正直な話、

ノートン360のバックアップ機能なんて、初心者の方には手に余る機能で、なくてもいいぐらいです。

企業のIT管理担当の方などはご存知でしょうけど、

バックアップは戦略だ

と言えるぐらい、あれこれ考えをめぐらせて、作戦を立ててバックアップを計画します。

単純に考えるだけでも、

  • どのファイルを
  • いつ
  • どのような頻度で
  • 毎回全部バックアップするのか差分だけバックアップするのか
といったことを把握しないと、バックアップする意味はほとんどありません。

しかし、何も知らない初心者の方は、「バックアップしてくれる」という機能であれば、

それさえやれば、何かあったら全部元通りにしてくれるもの

と思ってしまっている場合がほとんどです。
でも、

そんな都合のええもん、あるわけおまへんがな…。

まぁ、自称初心者でノートン360ユーザーの方は、「バックアップしてない」という警告が鬱陶しくて、バックアップ機能をOFFにしてしまっていることがほとんど。
設定上でも、簡単にOFFできてしまうようになっていて、

事実上ノートンインターネットセキュリティとほぼ同じ状態

という、全くノートン360である必要がない状態になっていることもしばしば。

意味ねぇ~…。

ハッキリ申し上げておきます。

初心者にノートン360は必要ありません。

ノートン360は、「ある程度の知識のある方」か、「ある程度の知識のある方のフォローが期待できる方」が使うものです。
とはいえ、ノートンインターネットセキュリティも、更新作業がそこそこ面倒ですから、初心者向けとはいえませんけどね…。

2009年04月08日(水) 定番トラブル, ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), データ救出・バックアップ, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

カリスマブロガーの条件。

最近はちょっと書けない内容の仕事が続いてますので、トラブルとは関係ない話が多くてすみません。

いつも買ってる週刊ビッグコミックスピリッツで、こんなこと書いてました。

今週から「バンビ~ノ!セコンド」として新装開店した「バンビ~ノ!」なんですが…。
なんか「影響力が馬鹿にならない」というカリスマブロガーが出てたんですが。

-----

Blogger01

一介の「毒舌ブロガー」だったのが料理評論家になったんですね。
なるほど、そういうのも充分アリですよね。うんうん。

何せ1日…はい?

Blogger02

1日8千ヒットカリスマブロガー…。
影響力は馬鹿にならない…。
どこの店でも腫れ物扱い…。

うーん…そうなんですかね…。
まぁ簡単には作れない数だとは思いますけど…。

かと思えば、

カリスマブロガーと言われるには、一日当たりでどの位のヒット数が必要なのでしょうか? :Yahoo!知恵袋

「少なくとも万単位」とかいう意見も…。
そういうもんなんですかねぇ…。

ウチも1日で万単位いってますけど、あまり実感ないですね。

少なくとも、ふらっと立ち寄った店で腫れ物扱いされることはないです。はい。

そこまで有名人になるには、少なく見積もっても、あと一桁ほど多くなければって気がします…。

バンビ~ノ! (1) (ビッグコミックス)
せきや てつじ

バンビ~ノ! (1) (ビッグコミックス)
小学館 2005-03-30
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star等身大がいいですね.
starリアル!
star新入社員の入門書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2009年04月07日(火) ウェブログ・ココログ関連, パソコン・インターネット, ホームページ制作関連, 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき, 書籍・雑誌 | | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

「ご自由にお使いください」だそうです。

この日の昼食で立ち寄った、大蔵海岸にあるマクドナルドでの光景。
明石海峡大橋の見える絶景がここの特徴。

ちなみに、「明石海峡大橋」「明石大橋」まったくの別物です。
地元では明石大橋といえば、

明石大橋 :フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

全長100メートルにも満たない、明石川に架かっている国道2号線の橋。

世界一のつり橋として有名なのは、

明石海峡大橋 :フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

こちらです。

まぁ、全国放送のテレビや、道路標識ですら「明石大橋」と嘘を書いていることもあるぐらいですし、明石市のホームページ自体が誤表記満載ですので、どうしようもないのですが…。

閑話休題。

明石海峡大橋の見える窓際の席についてみると…。

Macdoconsent01

窓べりに何かあります…。

-----

気になるところにズームイン!

Macdoconsent02

「ご自由にお使いください。Please use it free」だそうです。

以前コメントを入れさせていただいたこちらの記事のコンセントとは趣きが違うようです。

はじめて見ました :Digital Device Life & Work Diary

今回のコンセントは、明確にパソコン利用を想定しているようですが…これで「『ご自由にお使いください』ってかいてあるじゃん」とか言いながらヘアアイロンとか使う「ぢょしこぉせぇ」とかがいたりして、ブレーカーが飛んで大騒ぎ!にならないことを祈ります。
一応12アンペアまでのコンセントのようですが、安全性を考えると、個別に10アンペア程度で切れるブレーカーを付けといた方がいいんじゃないかと思ったりしないでもないです…。

マクドナルドは、「BBモバイルポイント」を用意している店舗があり、この店舗もまさしくそうです。
「BBモバイルポイント」の店舗はコンセントを用意してくれている場合が多いと考えられます。
ただ、先にコメントを入れさせていただいた記事のコメントでも書きましたが、必ずしも「ご自由に」と書いてあるわけでもなさそうなので、注意が要るようです。
実際、この店舗でも「ご自由に」と書いてない席がありました。それってどうだかなぁ…。

2009年04月06日(月) パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

花より…。

D1000318この日は世間並みにお花見に行ってました。
とある集まりで、前からこの日と決めてましたが、晴れてよかったな、と。
でも、北朝鮮のミサイルは、前日の発射はなかったので、この日かどうかが気にはなってましたが…。

まぁ結局は楽観論の方が勝ってしまったということで。

とはいえ、やはり「あ、失敗しちゃった~そっち行ったよ~」なんて言われても困るので、一応災害時の常備品「ランタン付ラジオ」を持ってきました。
カラオケとかで騒ぐわけでもないので、ラジオ放送をかけながら花見してました。

結局どうだったかというと。
まぁ皆さんもすでにご存知の通りですが。

-----

お昼前に、ミサイル発射の一報。

…まぁ、一報が入って、身の回りに何も変化がないということは、何事もなくどっかへ飛んでった、ってこと。
周りの人は、ほとんど気にもせず、花見に興じてました。私もですが…。

続報も「発射されました」以上のものは何もなく、ラジオはどこの局も、日曜日ののどかな放送をしているだけ。
結局は何事もなく、花見の席を撤収。

近所の田んぼの風景を1枚。

D1000313

なぜか田んぼにヌートリアのコドモが4匹も。
ニュースの物騒さとはうらはらに、のどかな春の日でした。

-----

それだけの記事でもいいんですが、ついでにパソコン関係のことも書いておきましょう。
この日ではないのですが、掘り出し物情報。

近所にはハードオフがありまして、時々掘り出し物がないかのぞきに行くのですが…今回はこういうのが。

D1000005 D1000004

Gatewayの最近のデスクトップの機種に添付されているマウスです。
裏側の牛柄(笑)がなにげにお茶目。
モデル名は「MOAKUO」とだけ書かれてます。
ゲートウェイのセットアップや出張修理は何度かやったことがあり、なにげに持ちやすい大きさで気に入ってたんですが、どうも単体では売っているところを見かけないのですが…たまたまジャンクマウスのコーナーに置いてあったので早速ゲット。

他のマウスに比べると、かなり高さがあります。
マイクロソフトマウスのいわゆる「ナス型」のインテリマウスよりも1.2倍ほど高めで、私が使ってる「Microsoft Wireless IntelliMouse Explorer ナイトビジョングリーン M03-00064」と同じぐらいの高さ。
私の手はちょっと大きめですので、これぐらいの高さがぴったりきます。
Wireless IntelliMouse Explorerほどのフィット感はありませんが、高さやクリック感、ホイールの回しやすさ、光学センサーの動きなど、意外と使いやすくていい感じです。
ジャンク品にしては840円と、ちょっと高めでしたが、これはなかなかお買い得でした。

もうひとつは、

Epa01
↑クリックで拡大します

トナーカートリッジ。
新品で買えば、7~8000円しそうなモノなんですが…なんと1050円!!
ただし…有効期限がビミョー。

2009年04月05日(日) ニュース, パソコン・インターネット, マウス・キーボード関連, 印刷できない・印刷不良, 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

パソコンユーザーの9割は「パソコンの性能の9割を眠らせている」と思っている。

この日は図らずも事務所内作業。
やることはあったのですが、北朝鮮のミサイル報道がバンバン流れていて、お昼前あたりから昼過ぎにかけては、仕事になりませんでした…。
結局は「飛翔体検知」は誤報とのことで、おまけにあちらの発表の「間もなく発射」の「間もなく」が誤訳で、あちらの言葉のニュアンスでは、「Soon」ではなく「A few days」なんだとか…なんじゃそら。
夕方には「本日中の発射はなさそうだ」との報道。…はぁ~。

-----

お客様のところへ、トラブルだとか新規セットアップだとかで呼ばれて行ってみたら、ほとんどの方が、次のようなことを言われます。

「私、機械のことなんてよくわからなくて、パソコンなんて使いこなせないですよねぇ…使うにしても、インターネットとメールぐらいしか使わないから、1割も性能を使いきれなくて、もったいないんじゃないかと」

…ヾ( ̄▽ ̄;

いやいや、そうじゃなしに…。

まぁ、CPU性能的な話をすれば、Celeronで充分なところをCore2Quadなんかを買ってしまって、

軽自動車で充分なところをクラウンに乗っている

と言うならば、そういう部分もないわけではないのですが…。

-----

単純な話をすると、

たとえ軽自動車でも、それを「使いこなしている」と言える人がいるのかどうか

という話。
もう少し言うと、

軽自動車を買って「使いこなさないと!」と意気込む人がどれだけいるのか

ってところでしょう。
要するに、軽自動車でもクラウンでも、それを購入するということは、

「移動手段」としての乗り物を手に入れる

ということが重要なのであり、

「隅々まで余すことなく使い切る」

ことを考える人などいないと思うんです。

以前にも書きましたが、

クルマに毎日乗ってても、ボンネットの開け方も知らない人なんてそこらじゅうにいる

わけですから。
こういう人がクルマに求めるものは、

  • キーをひねれば普通にエンジンがかかる
  • アクセルを踏んだら動き出して、ブレーキをかければ停まる
  • ハンドルを使って向きを変えられる
  • そこそこのスピードが出る
  • 運転してて疲れない
…といった程度のことです。

では、パソコンは?

  • 電源を入れれば普通に起動する
  • 「e」の字のアイコンをクリックすればインターネットが見れる
  • コマンド入力じゃなくマウスで操作できる
  • イライラしない程度の反応で動作する
  • 難しい操作がない
…といった感じではないでしょうか。

パソコンを買う目的は、ほとんどは、

いわゆる「インターネット」「メール」、仕事に使うのに「エクセル・ワード」「パワーポイント」程度

の話。
その目的さえ達成できれば、

人知れず付属しているゲームの「チェス」や「ハーツ」を攻略して極める必要なんてどこにもない

わけです。
パソコンは確かにいろんなことができるわけですが、だからといって

「いろんなことをやらなければならない」わけではない

のですから。
実際、

レジストリエディタの使い方なんて必要か?

と問われれば、

別に必要ない

と言えます。
え?「レジストリエディタって何?」って?
…知らなければ知らないで、パソコンは使えます。
はい。そういうものです。
要は、

自分のやりたいことができればそれでよい

わけであり、

使いもしないレジストリエディタの使い方を習う必要などどこにもない

わけです。

まぁ、クルマでも同じですが、

修理やチューンアップの仕方を知ってないとダメ、というわけではない

ということは間違いないですよね。
まぁ、オイルチェックだとかタイヤの減り具合のチェックだとか、「運行前点検」にあたる部分は、きちんと知っていればトラブルは未然に防げますが、(あまりよくないとは思いますが)ほとんどの人は「やってない」わけです。
つまり、

ちゃんと理解してれば得ですが、それほど理解してなくてもなんとか使えてる

というあたりは、パソコンと通じるところがありますね。
なので、パソコンを使うにあたっても、それほど気負わなくてもいい、ということです。ご安心を。

…でも、クルマの運行前点検は、なるべくやりましょうねー…。

2009年04月04日(土) パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (9) | トラックバック (1)

2009年4月 3日 (金)

プリンタがインストールできません。

こちらは「プリンタのインストールができないんです」とおっしゃるお客様。
パソコンは、Windows2000のデスクトップ。

まぁ、普通なら適切なドライバを適用してやれば済む話ですが…プリンタ本体がダメだったり、USBケーブルがダメだったり、USBポートが(物理的に)壊れてたり、といった可能性も考えられます。
まぁWindows2000が入っているぐらいですので、そこそこ使い込んだ機種なんでしょうけど…。

お伺い前にもう一度現象を確認させていただくと、なにやら「インストール中に『Cがいっぱいです』って出るんですが」とおっしゃる。
うーむ、それって…。

一応、プリンタの機種をお聞きしておいて、それ用のWindows2000対応のドライバをダウンロードしてからお伺いです。

-----

お伺いしてみて、まずはとにかく現象確認。

プリンタフォルダを開いても、標準でインストールされている「FAX」のみです。
こりゃもう、単純にインストール作業をするしかないんですが…。

問診でお聞きしていた、容量問題を先にチェックする必要があります。
Cドライブのプロパティを確認してみると…。

全容量6.7GBで、空き容量は32MB程度しかありません…。

…( ̄△ ̄;
そ、そりゃダメですわさ…。

数字的には、たった0.5%しか空きがない状態。
Windows2000にしては、メモリは256MB積んでありますので、それなりのはずですが、これじゃ、起動も動作ももたつくでしょうに…。

「ああ、そうそう。そのもたつきも何とかならんかと思いまして」

…ま、まぁとりあえず空き容量を増やさないと話になりませんので、まずはディスクのクリーンアップ。
Cドライブのプロパティの、空き容量確認画面にそのボタンがありますので、ポチッとな。

…ん~、ゴミ箱とか、一時ファイルとか、かなりたくさん溜まってたようですねぇ…。

お客様いわく、インターネットやメールとかするわけでもなく、伝票の印刷ができればそれでいいらしいですから、その辺を気をつけながら、クリーンアップをかけました。
それでも空き容量は600MB前後。
うーむ、これじゃ10%程度ですので、まだまだ足りませんねぇ…。

では、余計なソフトウェアを削除しましょう。
実は、今回のパソコンはNECのMateで、かなりガタイのでかいタイプ。
いかにも業務用って感じです。
それでもNECなので、余分なソフトがいくつもありましたし、EPSONやCANONのプリンタをつないでいた名残か、それらのバンドルソフトがいろいろ入ってます。
使ってないかどうかを確認しながら、1つずつ削除していきます。
それでもなかなか空き容量は増えません。

ふと見たら、地図ソフトが結構な容量を食ってます。
メーカーや機種にもよりますが、地図ソフトがインストールされている場合がよくあります。
このソフト、容量を食う割には、使っている人って、ほとんど見たことないんですよね…。

「そんなん使ってませんよ…そんなソフト入ってたんですね、知らんかった。消していいです」

仕上げに、インターネット一時ファイルを100MB以下に減らしてオフラインファイルを削除、仮想メモリのページファイルをあまり使ってなさげなDドライブへ指定しなおして、Cドライブのページファイルを0にして再起動。

「おお、えらく起動が早くなったねぇ。空き容量も…ありゃ、だいぶ空きましたね」

最終的に、空き容量は2GB程度、4割近くの空きができました。これなら大丈夫でしょう。
本来なら、時間があれば仕上げにデフラグぐらいかけておきたいところですが、とりあえずこれでやってみましょう。
ドライバをインストールしてみます。

「こないだはここで止まったんだけどねぇ…あ、行きましたね」

画面の指示通り、USBケーブルをつないで電源を入れて、何の問題もなくインストール完了です。
テストプリントも全く問題なし。これで作業は終わりです。

-----

実際のところ、お客様の用途は単純に、エクセルなどで作られた伝票のプリントアウトをするだけのものなので、Windows2000でCドライブがたった6GBでも、起動して印刷できればそれでいいのです。
まぁそれにしても、年数が年数だけに、もういつ壊れてもおかしくないですよね…。

パソコンの悲しいところはそこで、ハードディスクという機械部品がある以上、いずれ確実に壊れてしまいます。
まぁ、それほど激しく使わなければ、電解コンデンサの経年劣化の方が先かもしれませんが。

このところ、数年前のパソコンのトラブルで呼ばれるたびに思いますが、ごく一般的なユーザーさんの使い方って、どうしても限られた使い方になるんですよね。
でも、壊れかけて買い替えが必要になっても、操作方法が変わることがネックになってしまうので、買い替えもままならず。

かと思えば、パソコンではありませんが、逆に「操作が変わらない」ことを売りにするものも。

携帯電話(らくらくホン TV-CM) 「お取替キャンペーン」篇 :FMWORLD.NET(個人) : 富士通

おじいちゃん:「わしは今のでいいんじゃよ…」
孫娘:「でも最近のらくらくホンはこんなに見やすいのよ」
嫁:「使い方も今と変わらないから安心!」
孫のボク:「おじいちゃん!CHANGEだよ!!」
おじいちゃん:「Yesじゃ!!」

…ということで、ドコモのムーバをFOMAへの「お取替キャンペーン」ってのをやってるみたいですので、古いムーバのらくらくホンをずっと使ってて、操作が変わるのがいやだからと買い換えてなかったなら、買い替えのチャンスでっせ!みたいな。

パソコンでは、「Vistaは使いづらいので買い換えない方がいいよ」と言ってる人が意外と多いですよね。
使っているソフトの問題で、XPでないとダメな場合も当然あるわけですが、

「わしは今のでいいんじゃよ…」

とおっしゃる方も多いのは事実。

ということでXPの販売ニーズもあるわけですよね。
商売的には、注目の価値のあるポイントではありますが…。

私は、個人的には、パソコンもケータイも、まだまだ進化途上ですので、買い換えれば変わってしまうものと思っています。
クルマだって、買い換えれば全く同じとはいかないわけですが、そこをどうこう言う人はいません。
パソコンもケータイも、それと似たようなものと思うんですけどねぇ…。

まぁ、買い替えを勧めるだけなら誰でもできることです。
私は「販売業者」ではなく、「修理業者」なので、まだまだ世間にたくさんある「まだ使えるパソコン」の面倒も、できる限りみていきたいと思っています。

ご依頼をお待ち申し上げております。

2009年04月03日(金) ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(プリンタ), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 印刷できない・印刷不良, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

「ココフラッシュ」を見て…ええっ?!そうなの?またまたまたまた。

ここフラッシュからのアクセスなんてほとんどないんですが、たまたまアクセス解析の「リンク元サイト」にあったので、見てみたら…ええっ!

Cocoflash200904
↑クリックで拡大します

∑( ̄□ ̄;

なんと7位!!!

過去にも意外な順位の上がりかたでびっくりしたことがありましたが…

2007年5月10日 (木) 「ココフラッシュ」を見て…ええっ?!そうなの?
2008年2月22日 (金) 「ココフラッシュ」を見て…ええっ?!そうなの?またまた。
2008年2月27日 (水) 「ココフラッシュ」を見て…ええっ?!そうなの?またまたまた。

今回はトップ10に入るという快挙。
いやぁ、みなさんのおかげです。

ブログとかサイトとかのアクセス数って、一筋縄では伸びないものではありますが…。

-----

この日のニュースで、

TDLとTDS、「安近短」で入園者数最高 08年度 :日本経済新聞
OLC(4661)が反発、08年度入場者数が過去最高更新 :サーチナニュース
オリエンタルランド(4661)は4営業日ぶりに反発 TDL・TDSの08年度入園者数は過去最高を記録 :毎日新聞

こういうのもありました。
オリエンタルランド社が運営する2つのテーマパーク「東京ディズニーランド」と「東京ディズニーシー」の2008年度の入園者数が、前年度比7.1%増の2722万1000人と過去最高だったんだそうな。
数だけでいえば、日本国民の5人に1人の割合で来ている計算。
とはいえ、テレビで言ってましたが、なんでも、ほぼ9割がリピーターだとか…。

テレビのニュースなどで解説をやってましたが、やはり

  • 内容の充実(「永遠に未完成」がコンセプト)
  • 来るたびに新鮮な感動がある
  • 従業員の教育の徹底
といったところがポイントだとか。
25周年のイベントや、台風が少なかったことで天候に恵まれたことや、景気悪化による「安・近・短」傾向が後押しして過去最高になったらしいので、2009年度は下がる傾向だろうと言われてますが…。

ウチのサイトの1日のアクセス数は、最近ではコンスタントに5桁、土日などで4~5桁みたいな状態ですので、TDL/TDSなんかとは比較にならないんですけど、やはりサイトアクセスの伸びというのも同じようなポイントがあると思います。

このブログも最初はやはり1日10~20ぐらいでしたが、とあるウイルスの駆除過程を記事にしたところ、ピーンと伸びました。
日本語の解説がなかったので書いてみようと思ったんですが、まぁその辺がきっかけだったと思います。
日々いろんなトラブルに遭遇しますが、日々新しい発見の連続です。
それなりにまとめれば、初級シスアドレベルの立場の人には有益な「共有すべき資産」と言うべき情報となるので、お客様の情報を保護するよう考慮しつつ公開しています。
その辺が認められているんだと考えています。

あとは、人気のニュースサイトに注目してもらえるようになったのが、アクセス数の伸びとしては一番大きかったと思います。
でも、注目してもらえるようになるには、それなりの内容を書いていないとダメですから、それこそ一筋縄ではいきません。
それほど意識はしてませんが、やはり「これは!!」というような内容をピックアップして書くようにはしています。

今後ともよろしくお願いいたします。

2009年04月02日(木) ウェブログ・ココログ関連, ニュース, パソコン・インターネット, ホームページ制作関連, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

4月1日はエイプリルフール。

4月1日。この日は「お茶目な嘘でみんなをびっくりさせましょう!」という日。
「4月1日から始まります」ってニュースが全て嘘っぽく見えてしまう日でもあります…。

たとえば、4月1日から施行された法律として、

薄型テレビにリサイクル料 衣類乾燥機も :神戸新聞

家電リサイクル法の規制対象として薄型テレビと衣類乾燥機が追加されたとか。事実です。

禁煙・喫煙について :JR東日本

4月1日より、首都圏のJRの駅は全面禁煙だとか。事実です。
これは「『エイプリルフールだ』と言ってくれ~…」って人は多いでしょうねぇ。私は喫煙しないので歓迎なんですけどね。

私は相変わらず仕事で出てましたが、空模様もエイプリルフールだったようで…。

-----

快晴だと思っていたら突然の大雨。

うわ、やっべー…なんて思って作業してたら、終わったころにはまた快晴。
なんだ、晴れてるじゃん…と思って移動してたら、また大雨。
用事を片付けて移動し始めたら…また快晴。

D1000312s

17時過ぎ、渋滞の中でたまたま道路案内標識の後ろに太陽が隠れたところで停滞しましたので撮ってみました。

この30分前は土砂降りの大雨だったんで、路面はかなり濡れてますが、空は進行方向(西)を見る限りでは、雲ひとつない快晴。

なんて天気だ…。

この日は甲子園球場で春の選抜高校野球をやってましたが、移動中にラジオを聴いている限りでは、どうやら2試合とも無事?終了したようで。

清峰4-1報徳学園 清峰が快勝、山崎全打点 :神戸新聞
花巻東5-2利府 花巻東が逆転勝ち :神戸新聞

天気のせいか、荒れ模様だったようで…。

-----

インターネット上の各所でも、かなりあれこれ盛り上がっていたようです。

エイプリルフールに便乗しているサイトまとめ2009年版 :GIGAZINE

某メールマガジンの4月1日号も、

 「SSD は故障しやすいのですか?」というご質問がありました。従来のハードディスクは、モーターでディスクを回転させるのですが、SSDは フラッシュメモリなどと同じように駆動部分はありませんし、発熱もありませんので、従来のハードディスクよりも耐久性があるのです。

…( ̄△ ̄;

日付が日付だけに…どうなんでしょ。微妙。

2009年04月01日(水) ニュース, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (11) | トラックバック (0)