ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« マウスがまともに動かないときに見るべきポイント。 | トップページ | この「つながらない」は…。 »

2009年4月15日 (水)

それは世間によくある誤解。乾電池編。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは「マウスが動かない」とおっしゃるお客様。

※いやいや、実は

  • 「マウスが動かない」
ではなく、正しくは、
  • 「マウスカーソルが動かない」
  • 「マウスが働(はたら)かない」
ですね…。

まぁそれはそれ。

マウスが働かなくなる理由はいくつもあります。

  • 内部のゴミ
  • 接続ケーブル断線・抜け
  • コードレスマウスなら無線の接続不良
  • コードレスマウスなら電池切れ
  • マウス使用場所の表面の問題
  • パソコンのフリーズ
などなど。

お伺いしてマウスを確認してみたところ、裏側のセンサーの赤い光が出てません。
どうやらワイヤレスマウスの電池切れの模様。
これは、

2007年5月24日 (木) マウスの電池は替えましたが。

こちらと基本的に同じなんですが…。

-----

ワイヤレスマウスの中に入っていた電池は、マンガン電池。

…( ̄△ ̄;

マンガンはダメですよ、マンガンは…。

「え?やっぱり安物はダメ?」

…い、いや、そうじゃなしに…。

アルカリ電池は、「マンガン電池の高級品」ということではありません。

マンガン電池とアルカリ電池は、特性が違うんです。

  • マンガン電池の主な用途
    • リモコン
    • 時計
    • 小型ラジオ
    • 電卓
    • 懐中電灯(常備用)
    • ストーブの点火用電池
    • などなど、小電力で時々しか使わないもの
  • アルカリ電池の主な用途
    • ヘッドホンステレオ
    • 大型ラジカセ
    • ワイヤレスマウス
    • 懐中電灯(キャンプなど長時間利用)
    • オモチャのラジコン
    • などなど、大電力を長時間必要とするもの
といった使い分けが必要になります。

マンガン電池は、大電流が出せないので、電力を使う機器には不向きだが、休ませている間にある程度電圧が復旧するので、間欠利用で長期間使う小電力の機器にはかなり有効。
アルカリ電池は、大電流が出せるので、電力を使う機器には有効だが、間欠利用で長期間使う小電力の機器には実はマンガンよりも不利。

乾電池を節約する技 - [節約・やりくり] :All About
「アルカリ乾電池」と「マンガン乾電池」どう違うの? :月刊アクト通心・WEB版
【特集】電池の選び方 電池・充電池 家電 :ECカレント

電池メーカーはこんな情報を出してます。

Q&A - スタミナアルカリ乾電池:何故、アルカリ電池は、マンガン電池より長持ちするのですか?<アルカリ電池共通, マンガン電池共通> :SonyDrive
電池の違いと主要機器別おすすめ | お客様への大切なお知らせ :パナソニック株式会社 エナジー社

要するに、

マンガン電池指定の機器にはマンガン電池、アルカリ電池指定の機器にはアルカリ電池を使う、という基本を守りましょう

ということ。

特性面もそうですが、アルカリ電池指定でない機器にアルカリ電池を使うと、

半額以下のマンガン電池と同じかそれ以下しか使えない、という情けない状態になる場合もある

というもったいない状態になりますので、

なんでもかんでも「とりあえずアルカリ電池を使っとけばいい」というものではない

ということ。気をつけましょう。

ただ、置き時計の電池なんかは、電池切れ状態になったアルカリ電池でも充分使えたりしますので、うまく使えば節約にもなることもあります。
特性を理解してきちんと分けて使えば、かなりの節約になる場合もあります。
ただし、アルカリとマンガンだとか、新品と使いさしを混ぜて使うと、液漏れなどのトラブルになることもあることを覚えておかないとダメですね。

…といったことをかいつまんで説明しておきました。

「へぇ~知らなかったなぁ。マンガンは単に安いだけじゃないんだ。なんでもアルカリの方が高級品だからいいものだと思ってましたよ。これからは気をつけてみます」

…とおっしゃるお客様、意外と多いです。というより「知ってる」と言われたことって、ほぼ無いです。はい。

-----

おまけ。
アルカリ電池にもピンからキリまでありますが…。

有名メーカー電池ガチンコ勝負! 連続使用決戦! :ASCII.jp

有名メーカー対抗! 12時間耐久電池間欠使用レース! :ASCII.jp

12時間電池耐久レースはコンビニ&100円ショップ対決に! :ASCII.jp

…私のイメージ的には、「金パナ」「スタミナのソニー」って感じでしたが、実に意外な結果になってますねぇ~。
私は、今は100円ショップの乾電池をよく使ってますが、昔はカセットテープのヘッドホンステレオをよく使ってたので、パナソニックやソニーのアルカリ電池はよく使いましたけど…時代は変わってきてますね。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年04月15日(水) 定番トラブル, ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(電源), パソコントラブル, パソコン・インターネット, マウス・キーボード関連, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき |

« マウスがまともに動かないときに見るべきポイント。 | トップページ | この「つながらない」は…。 »

定番トラブル」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(電源)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

マウス・キーボード関連」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/44729336/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: それは世間によくある誤解。乾電池編。:

コメント

マウス用に電池を予備していますがいま予備の電池を
見たらマンガン電池・・・・

いまマウスに入っている電池は、アルカリ電池でした・・・・

投稿: | 2009/04/21 22:15:24

地方在住者ですが、近隣のスーパーなどでは、単三の場合、マンガン電池を見かけなくなりました。また、¥100でアルカリ電池を売っていることを考えると、実用上、アルカリで統一してしまっても良い気がします。

単一は懐中電灯くらいでしか使いませんし、単二も懐中電灯か目覚まし時計くらいにしか使いませんので、どこでもマンガンが売られていますし、それが妥当かと思いますが。

投稿: nmaeda | 2009/04/22 0:59:05

谷 さん
ぜひアルカリ電池の常備を…。
でも、紹介しているリンク先にもありますが、アルカリ電池って「パワーを出す」という原理上、あまり長期保存に向かないのは確かですので、ご注意を。
まぁ、機械の対応状況が許すなら、エネループという選択肢もありですが。

nmaeda さん
探し探してまでマンガンを、と言っているわけではありません。
基本原理の解説で、上手に節約するための方法としてご紹介しているのであって、たった数10円のために何リットルもガソリンを消費していては、節約になりませんしね。

単三のアルカリが目立つのは、それを消費する機械が非常に多いためであり、それこそ「マンガンは前世代の低級品」という誤解があるのではないか、ということ。

今でもリモコンや置き時計(アラーム音に大電流を使うもの以外)に付属する電池は、基本的にマンガン電池です。
コスト削減の意味も大きいですが、特性として正しいからです。
もちろんマンガン電池用の機器にアルカリ電池を使ってもいい(ダメなものも一部あり)ですが、基本的にマンガン電池の倍以上のコストです。
指定以外の電池を使うなら、きちんとそれを理解しておかないと、という話です。

本当に電池のコストを下げるなら、エネループという選択肢がありますが、年に1度も交換しない置時計やリモコンにエネループを使うのは、明らかなコスト倒れと思われます。

nmaeda さんの見かける販売店がマンガン電池を置かないのは、在庫管理コストや流通量の観点から、そのほうが儲かるからそうしているだけではないかと…。
また、そういううがった見方で言えば、100円ショップでは、「量が多くてお得感がある」と見せかけるために置いている、ともいえなくも無いわけですが…。

記事で紹介させてもらったリンク先はご覧になりましたか?
「アルカリで統一したら?」は、かなり乱暴な意見だと思いますけど…。

投稿: ささもと | 2009/04/22 8:05:16

電池を入れっぱなしで放置すると液漏れが起こったりしますが、アルカリ電池の液漏れは最悪で、機器を腐食故障させたり、毒性が強かったりします。
そういう意味でも、基本入れっぱなしの目覚まし時計等にはアルカリは厳禁ですね。

投稿: 929 | 2009/05/03 13:02:23

929 さん
そうですねぇ~電池入れっぱなしでしまいこんでたおもちゃや時計なんて最悪ですよね…。
ただ、日常的に目にして使ってるものは、電圧が出ている間に液漏れすることは(ショートとかでもしない限り)ほぼ皆無ですので、動かなければ電池を換えますから問題ないんですけどね。
ただ、リモコンとかだと、半額のマンガンの方がよほど長持ちするのがなんとも…まぁ電池2本程度の話ですから、「それが?」と言われればそれまでですが…。

投稿: ささもと | 2009/05/05 9:27:56

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« マウスがまともに動かないときに見るべきポイント。 | トップページ | この「つながらない」は…。 »