ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« Vistaの起動画面のままで起動しません。 | トップページ | USBメモリ感染のautorun.infウイルスの駆除方法。(mmvo.exe ierdfgh.exe revo.exe sfwypsy.exe ksahqgbi.exe r0so.exe afmain0.dll pytdfse0.dll ) »

2009年5月21日 (木)

STOP:c0000139 Unknown Hard Error のその向こうに…。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは「パソコンが起動しなくなりました」とのお客様。
エラーメッセージが出て起動できなくなるんだそうで、メッセージは、

STOP:c0000139 Unknown Hard Error

だそうです。
WindowsはXP。

…ええっと、それって…。

2008年4月23日 (水) Windows XP SP3 RC と STOP: c0000139 Unknown Hard Error。

SP3とかインストールしようとしませんでした?

「いいえ。何もしてませんし、屋内LANは組んでますがインターネットへはつないでませんので、自動アップデートではないはずです。中のデータだけでも何とかできればと」

…うーむむむむ。
それはちょっと…。
お伺いしても、もしかしたらハードディスクがやられてたりして、全然ダメかもしれませんね…。

先に言ってしまうと、実はあっさり起動はできるようになったものの、その先に悪夢が…。

-----

お伺いして現象確認。

…うーん、確かに、通常起動でもセーフモードでもダメ。
こうなるとシステムの復元ですら、手動でするとかでもないとダメですよねぇ…。
でもそれは、ハードウェアが問題ない状況での話。

とりあえず、ハードディスクのクラッシュによるものだと、今からの作業でとどめを刺してしまう可能性があることをご説明してからの作業です。

まずはハードディスクのチェック。
常備している「Ultimate Boot CD」を使って、ハードディスクに異常がないかどうかをチェック。
メーカーはDELLで、比較的最近の、Vista対応ハードウェアでデュアルコアCPUで大容量ハードディスクですから、大容量の割には比較的短時間でチェック完了。問題なし。
メモリのテストもやってみる。こちらも問題なし。
DELLですので、自己診断プログラムがあるのでそちらも試してみる。全く問題なし。

これだと、メーカーでなくても「リカバリしたら?」ですよねぇ…。
でも、やばい理由ではありませんが、ちょっとここでは書けない事情があり、リカバリできない。
できなくはないけど、通常のリカバリよりもかなりメンドクサイことになるので、できればリカバリは避けたい。

とりあえずやってみる手段として、かのエラーメッセージだと、手動システム復元よりは、回復コンソールから修復セットアップをやった方が望みはありそうだ。

ということで、WindowsセットアップCD-ROMより回復コンソール、修復セットアップ。

…無事に起動するところまで来ました。

しかし、妙に動きが引っかかる。違和感がある。

修復セットアップで設定が乱れた?
ファイルの断片化が激しい?
仮想メモリの設定がおかしい?

いろいろ考えられるところはありますが…まさかと思い、エクスプローラーのウィンドウの、ツールメニューからフォルダオプション、「表示」タブから「ファイルとフォルダの表示」設定を「すべてのファイルとフォルダを表示する」に切り替えたが…隠しファイルが表示されない。

ま、まさか…。

msconfigコマンドでスタートアップ項目を見たら…

で、出た!! 「kxswsoft」の名前で、ierdfgh.exe がスタートアップ項目に…。

もしかして、USBメモリは使ってますか?

「ああ、使ってますよ。日常的に」

…( ̄△ ̄;

それでやられた可能性が濃厚ですね…。

「ええっ!!そうなんですか??」

USBメモリを刺したパソコンや、LANでつながっているパソコンに感染している可能性が高いですよ…こりゃまずいですよ…。

ということで、エクスプローラーの「すべてのファイルとフォルダを表示する」のチェックとmsconfigのチェックをしてみてもらったら…やはりあちこち感染しまくりです。

とりあえず、やるなら一気にやらないとまずいです。
ネットにつないでいたりいなかったり、ウイルス対策があったりなかったりとまちまちなので、さらにまずいです。
ウイルス対策ソフトによっては、反応して感染を防いでくれるものもありますが、感染しているものをきっちり駆除できるソフトは少ないようです。

今回のパソコンは手動で駆除してLANから切り離してUSBメモリを使わないようにしてもらいましたが、日を改めて駆除することになりました…。

以前にも駆除方法はさらっと書いたのですが、どうにも適用外の場合もありますので、次回の記事にて、改めて駆除の方法を書いておきたいと思います。
まぁ、すでに他のサイトででも書いてはあると思いますが…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年05月21日(木) 定番トラブル, ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い |

« Vistaの起動画面のままで起動しません。 | トップページ | USBメモリ感染のautorun.infウイルスの駆除方法。(mmvo.exe ierdfgh.exe revo.exe sfwypsy.exe ksahqgbi.exe r0so.exe afmain0.dll pytdfse0.dll ) »

定番トラブル」カテゴリの記事

ウィルス・スパイウェア関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール)」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(ハードディスク)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/45123945/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: STOP:c0000139 Unknown Hard Error のその向こうに…。:

コメント

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« Vistaの起動画面のままで起動しません。 | トップページ | USBメモリ感染のautorun.infウイルスの駆除方法。(mmvo.exe ierdfgh.exe revo.exe sfwypsy.exe ksahqgbi.exe r0so.exe afmain0.dll pytdfse0.dll ) »