ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« メールの返信の作法。 | トップページ | 「つながらない」の意外な理由。 »

2009年5月 8日 (金)

低速回線でVistaを使うと…。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらはウイルス対策ソフトのセットアップご依頼のお客様。

今回のウイルス対策ソフトは、ウイルスセキュリティZERO
やはり毎年の更新料金がかからないのがポイントだったそうです。
まぁ、毎年数千円の請求が来てると、何とかならないかと思うのは人情でしょう。

しかし、今回は「セットアップがうまくいかない」とのことでご連絡いただきました。


うーん、買ったばかりのVistaのノートパソコンですので、この手のソフトで、基本的にはうまくいかないことはほとんどありません。
最近はすでに他社のが入ってると、「外しなさい」とか「外します」とか出ますし。
それに、このウイルスセキュリティZEROのセットアップって、かなり簡単な部類なんですけどねぇ…。

お伺いして、その意外な要因に驚かされることになったわけですが。

-----

お伺いしてみると…どうもパターンファイルの更新ができない状態のようです。
更新をかけてみると、どうもデータベースが壊れているとかで、「再インストールしなさい」とかメッセージが出ます。
(残念ながらスクリーンショットを撮り損ねました…)

まぁいずれにせよ、ウイルスセキュリティZEROは、アンインストールも再インストールもかなりお手軽なので、とっととアンインストールして、インストールしなおしましょう。

ということで…再インストールはすぐにできました。

ウイルスセキュリティZEROは、インストール完了直後に、ネットワーク接続が確立している場合、自動でアップデートがかかります。
実はこの辺がポイントで、

ウイルス対策ソフトの、インストール直後の自動アップデートはかなり重要なのです。

この辺は、他社のウイルス対策も同じような部分はあります。
基本的には、インストール時に、そのバージョンの最新のエンジンにしなければならないので、やはり同じようにインストール中もしくは完了直後に自動でアップデートがかかり、何度か再起動を余儀なくされることがあります。

ウイルスセキュリティZEROの場合は、インストール完了後、これがかなり迅速に開始されますので、手動アップデートをかけても、「自動アップデート中は手動でのアップデートはできません」とかいうメッセージが出ます。
これが出たら、アップデートが終わるまで待たなければなりません。
途中で再起動とかかけると、またやり直しになるので、待っていた方が確実です。

しばらく待てば、アップデートが完了した旨を知らせるウィンドウが開いて、再起動を促すはずです。
これをきちんとやらないと、あとあと動作がおかしくなることがあります。今回もおそらくそれだったのでしょう。

………

………………お、終わらない…。

おかしいなぁ…光回線なんかだとものの十数秒で出るはずだし、データの流れを示すモデムのランプの点滅はしてるんだけど…。

…そこでピンと来た。

お客様に回線契約の種類を聞いてみたら…ああ、やっぱり…。

接続コース案内/ZAQスーパーライトコース :ZAQ 入会案内

上り通信速度 (upload) 最大: 128Kbps(ベストエフォート)
下り通信速度 (download) 最大: 1Mbps(ベストエフォート)
接続先までのトラフィックや環境により変化し、速度を保証するものではありません。

…最大1Mbpsしかもベストエフォート。
うーむ、これだと、めいっぱいの最大でも、秒間128KBの転送がやっとですよね…。
しかも、今回はVistaですので、Vista自身のアップデートも取りに行ってるでしょうから…うーむむむ。

時間がかかるとはいえ、これをやらないと、また同じ状態になりかねない。

メーカー製のVistaパソコンであれば、説明書どおりに初期セットアップをすると、Vista自身が有無を言わさずアップデートファイルをガンガン取りに行く設定になります。
低速回線だと、この辺は、使い方を考慮してきちんとチューニングしておかないと、ただでさえ遅い回線をアップデート用データが帯域を圧迫し、とてもじゃないですが使えない状態になりかねません。

で、1時間近く待ちましたが、どうにも終わらない。
しかも、このままでは、どれぐらい進んでいて、いつごろ終わるのか見えない。

それでは、といったん再起動をかけて、LANケーブルを抜いてみる。
これで自動アップデートはかからなくなります。
起動が完了した時点で、手動アップデートをかけ、「ネット接続がないのでできません、再接続しますか?」といった表示を出しておき、LANケーブルを接続。
今度はファイル数とプログレスバーが出てきたので、先は見えるのですが…遅い。遅すぎる。

とりあえず、次のお客様の約束もあるので、とにかくアップデートが終わるまで触らないように置いといてもらうことに。

次のお客様の案件を片付けて戻ってきたら、ようやく終わっていた。
再起動をかけ、改めて手動アップデートをかけてみたら、「最新版です」と出た。
これでようやく完了です…。
Vista自身のアップデートは、時間をかけてでも勝手にやるでしょう…。

要するところ、

Vistaでインターネットするなら、必ず高速回線で。

中途半端な低速回線は、アップデートファイルのダウンロードに時間がかかることで、システムのパフォーマンスを下げ、アップデートが遅れて危険性を上げるだけ、ということになります。

その辺は、お客様自身も目の当たりにしておられましたので、高速回線へのアップグレードをご検討することになりました。

作業が終わってから回線速度を測ってみたら…なんと下りで128kbpsしか出てませんでした…。

おそらくVistaのアップデートファイルのダウンロードが帯域を圧迫しているのもあるのでしょうけど…。
実際にYahoo!Japanのトップページを開くにも、かなりの時間がかかります。数字はあながち嘘ではないのでしょう。

同じZAQで「スタンダードコース」の5Mbpsでも、そこそこ使えるはずで、月額で1400円のアップは微妙ですが、ご検討の価値はあると考えておられました。
ぜひとも速い回線で使うことをお勧めいたします…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年05月08日(金) 定番トラブル, ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ネットにつながらない・遅い, パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い |

« メールの返信の作法。 | トップページ | 「つながらない」の意外な理由。 »

定番トラブル」カテゴリの記事

ウィルス・スパイウェア関連」カテゴリの記事

ソフトウェアアップグレード関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール)」カテゴリの記事

ネットにつながらない・遅い」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

初期セットアップ関連」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/45090110/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 低速回線でVistaを使うと…。:

コメント

今、新潟では「2Mbpsで2625円」という謳い文句でNCVというケーブルテレビのテレビCMがよく出てます。
http://www.tulipnet.co.jp/newinternet/index.html
こっちも似たような現象が出てるんでしょうかね・・・。

投稿: yui | 2009/05/22 20:47:00

ちょうど一年前のことですが、インターネット接続でごたごたしたのを思い出しました。
その時はいろいろ試しました。
その内容が、NTTでは、光の工事ができない建物なので”ADSLで64kbps”か、”ダイアルアップ”を勧められたり(ここ最近のパソコンはダイアルアップ用のモジュラージャックってないと思うんだけど・・・)
eo光は今年中には工事入りますんでそれまで待ってくださいっていうし・・・
EMモバイルは圏外で基地局を設置の必要がなんて言ってるし・・・
最後に不動産屋に文句を言ったら、方法を考えますと少し前向きな返事があったが、その後に「その建物にケーブルテレビが入っているらしいことがわかったのでそれでどうですか?」って設備の案内が漏れてたことにそこで気づく始末・・・
名古屋市内だから片田舎よりインターネット環境が整っていると思った私が悪いんでしょうが・・・。

投稿: yoko | 2009/05/23 0:32:52

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« メールの返信の作法。 | トップページ | 「つながらない」の意外な理由。 »