ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

ETC車載機が手に入らない!!でも!!!

※最後に追記で訂正があります。申し訳ありません。

パソコンを使っている人は、実にいろんな人がいます。
裏を返せば、「誰でも使ってる」ということになりますね。

Vistaの新規設定の場合、設定の合間に待ち時間がかなりあります。
その間は黙っているわけではなく、お客様がすぐそばで付いていてくれる場合は、いろんな話をします。
時には思いがけず得をするような話だったり、思いがけず思い込みをしていて損をした話だったり。
関係ない話のようでも、これはお客様との信頼関係を築くための、重要なステップです。
電話やメールでなく、直接人と対面して話をする、ということに勝るコミュニケーションはありませんよね。
特にトラブルの際はそれが重要です。
お客様との人間関係を築くということも重要ですが、現場にいると、電話対応では決して見えない変化や異常、お客様のオペレーションミスを、いともあっさり発見できたりします。
問題の解決は、やはり現場がもっとも重要だということに変わりはありません。

前置きが長かったんですが、今回はお客様ではないんですが、知り合いの人と話をしていた時のこと。

こないだの讃岐うどんツアーの話をしていて、「ETC車載機がなかなか手に入らなくて、土日の割引が使えないんですよね」とこぼしたら、

「そんなことありませんよ。ウチもETC車載機は付けてませんが…」

…え?

-----

その人が財布から取り出したのは、ETCカード。
よく何かのついでに「作ってください」と景品付きなどで頼まれてたETCカード。

そんなもん、車載機がなかったらただのカードでしかないやん…と思って一切相手にしてなかったんですが。

「車載機がなくても、料金所でETCカードを提示すれば、ETC料金で通れますよ。土日休日1000円もOKです。(記事最後の追記参照)

…∑( ̄□ ̄;

ああ~~っ!!!
そういうことかっ!!!

要するところ、ETC車載機で無線を使って自動で清算するのではなく、料金所でETCカードを提示して、機械を通して清算してもらう、ということ。

機械のトラブルなんかで自動清算ができない場合、料金所で手動で清算できる、というやり方を利用するわけです。

トクトクETC ETC安全運転のお願い :NEXCO西日本

このサイトの一番下の図にありますが、簡単に言うと、

  • 入口で通行券を受け取るゲートでは通行券を取って、入口で料金を支払うゲートではETCカードを提示。
  • 出口では一般ゲートでETCカードを提示。通行券を取ってあればカードと一緒に提示。
これでETC料金でいけるようです。

建前上は、割引適用は「車載機にカードを挿入して無線でゲートを通過する場合」としてますが、ちょっとした裏技的な使い方としていけるようです。

よく考えたら、たとえETCでも、ゲートがある限り、必ず人手での対応が存在します。
ETC車載機がトラブルを起こしたりしたら、そういう手も当然アリなわけです。
ただ、阪神高速の出口など、出口で料金所がないところもありますから、車載機と全く同じように使えるとは限りませんが…。

まぁしかし、もし政権交代で民主党が与党になった場合、高速道路は無料になるので、ETC自体がほとんど不要になる可能性があるので、

民主の高速道路無料化 ETCはいらなくなる? :J-CASTニュース

車載機メーカーは生産設備の増強に及び腰らしいです…。

車載機が手に入らないにしても、とりあえず、先にETCカードだけでも作っておきますかね?

※訂正追記

NEXCO西日本に電話で聞いてみました。

やはり、車載機がないと休日1000円割引は適用にならないそうです。

ごく一部の地方有料道路で、ETCゲートがない入り口からの乗り入れのみ、イレギュラー的にその方法でいけるようですが、最初から全く車載機なしでは休日1000円割引は適用されず、通常料金のクレジットカード払い扱いとなるそうです。
知り合いの言うことを鵜呑みにして記事にしてしまいました…申し訳ありません。

2009年06月30日(火) 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

調子がいい時もあったので使ってました。

こちらは「ネットがつながらないことがあるのを何とかしてほしい」とのお客様。
実際には、新しいパソコンを買い足したので、無線ルーター追加のついででお願いされたんですが。

古い方のパソコンが、ずっと前から調子が悪かったようなんですが、そろそろなんとか…とのこと。
いや…その…調子が悪くなった時点で言ってほしいです…。
パソコンの場合、勝手に直るなんて事は、基本的にありませんので…。
なんかとんでもない地雷が埋まってる予感が…。

お伺いして、いつもどおり現象確認。

って!
XPの起動画面に「HomeEdition」の文字が…。
SP1かSPなしじゃないですか…。

回線も、光ファイバーでPPPoE接続のもの。
ま、まさか…。

-----

…まさか、勝手に再起動とかしませんでしょうか?

「あ、しますします!!カウントダウンして再起動しちゃうことがあるんですよ!!カウントダウンが入らずに調子がいい時もありましたんでそのまま使ってました。でもいい加減そろそろ直したいと思ったもので」

…( ̄△ ̄;

カウントダウンして再起動って…それってブラスターウイルスですやん…。

爆発的流行の兆し? Blasterウイルス対策マニュアル(2003/08/13) :Internet Watch

もう6年も前のウイルスですよ…。
その当時にいきなり感染したわけではないにせよ、5年はウイルスを飼ってたことになりますね…。
今回の地雷はこれでしたか…。

それにしても、SP2以前の状態でPPPoEということは…アレにもやられてないでしょうねぇ…。

2009年1月24日 (土) 安直なリカバリのツケは高かった。

そう、このごろ流行のアレ。USBメモリに感染するアレ。

msconfigで確認してみたところ、怪しいのは以下の4つ。

  • teekids.exe
  • msblast.exe
  • mslaugh.exe
  • msb32.exe
  • enbiei.exe
…どうやら運よく? Downadup (Conficker) はいなかったようですが…Blasterの亜種がぞろぞろと。これらは、単純に起動されているウイルス実行ファイルを削除し、レジストリから起動用の情報を削除するだけで駆除はできます。

しかし、これでまたPPPoEで接続してしまうと、また感染します。
同じものに感染しないためには、最新のSP3の適用が必要です。
さらにウイルス対策のソフトを導入する必要があります。

実は、このパソコン、ウイルスセキュリティZEROがインストールされていました。
不思議なのは、SP2以前なのにインストールされているということ。
おそらく、ZERO以前からの更新などで、まともに動いていないのか…。
でも、ZERO以前からの更新にしても、実行ファイルはインストールをやり直す必要があるのに…。
うーん、謎です…。
たぶん、調子がいいとか、Downadup (Conficker) に感染していなかったのは、コレのおかげだったのかもしれませんが…いずれにしても、SP1では話になりません。

メモリは256MBしかありませんでしたが、仕方がないのでSP3適用です。
意外にも1時間かからず適用完了。
あとはSP3での修正と、ウイルスセキュリティZEROの更新、およびウイルス検索です。

起動はやや遅くなりましたが、ウイルスもいない状態が確認されましたので、これでお使いいただくことにしました。
また後日に、メモリ増設をご依頼いただくことにして、この日は終了です。

-----

それにしても…そういう時期なんでしょうか、256MBしか積んでないXPパソコンでのご依頼がけっこう多いです。

SP3やウイルス対策ソフトなどの影響で、最近では512MBでもちょっと厳しくなりつつある状況です。
さすがにもう最大搭載容量256MBというパソコンは減っていると思われますが、できれば最大搭載容量は、1024MB(1GB)のもので、1GBぐらいにした方がいいように思えます。
Windows7は、ベータ版などでは、そこそこのグラフィックボードがあれば、メモリが1GBであれば、割と動いてくれます。
Windows7登場は今年中らしいので、買い替えのチャンスかもしれませんが、Vistaを買ってアップグレード権でアップグレードするか、7発売を待って買うか、それは考えどころですね。
マニアや上級者なら、Windows7は、今すぐRC版を入手して、試用専用機を用意して、先行して使うことをお勧めします。

Windows 7 製品候補版(Release Candidate): ダウンロードの手順 :マイクロソフト Windows

しかし、初心者とか一般的なユーザーであれば、VistaないしXPのままでもう1年は待っていた方が無難です。
目安は、Windows7のSP1が出るタイミング。
SP1導入で大きな問題がないようなら、まさしくそれがWindows7のお買い時です。
まぁ、でも、1年も待つぐらいなら、今すぐもしくはボーナスセールで、Vista機(ミドルエンド以上)を買ってもいいんじゃないかと思います。
今Vistaを買っても、周辺機器もセットなら大きな問題はほとんどありません。あるとすれば、大きく変わってしまった操作方法へ慣れるまでに時間がかかる、というぐらいでしょうか。
でも、そこは1年後にWindows7を買っても同じですから、同じなら早いうちに慣れておいた方がいいと思いますけどね…。

まぁこの辺は、人それぞれ考え方も使い方も違うので、どれが「絶対的な正解」という選択はありません。
人に「お勧め」をするとか、ご自身が買い替えをするとか、そういう場合の考え方のひとつということでお納めください。

2009年06月28日(日) 定番トラブル, ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ネットにつながらない・遅い, パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

信貴山 僧・尼僧体験。

この日は、とあるグループの「野外活動」と称して、信貴山真言宗総本山 朝護孫子寺で僧・尼僧体験に行ってきました。

奈良大和路 おすすめモデルコースマップ :社団法人 奈良県観光連盟
204 僧・尼僧体験コース(PDF)

↑このPDFの2ページ目に書いてあるモノで日帰りコースだったんですが…祈祷とか写経とか座禅とか。
実は決定したのは前日で、メールで

「日帰りコースの8000円です」

とか聞いて、「はっせんえんって…高っ!!」とか思ってしまいました…。
明石から信貴山まで、往復の電車賃を含めたら10000円越えるやん…と思いましたが。

まぁ終わってみて、個人的には決して高くはない内容だと思いました。
写経とかやったことない人で、宗教的に問題なければ、一度やってみてはどうでしょう。

今回は写真とかはあまり撮れなかったんですが、できる範囲でご報告させていただきます。

パソコンとは関係ないと思いましたが、このブログを書いてきた意義に通じるものがありました。

-----

まずはJR明石から7時過ぎの新快速で大阪へ、環状線に乗り換えて待ち合わせ場所の鶴橋へ。
ここから近鉄大阪線(準急)へ乗り換え、河内山本から近鉄信貴線へ乗り換え。
近鉄信貴線はたった3駅の単線ですが、ぐんぐん山へ向かって登っていきます。
そして終点の信貴山口からケーブルカーに乗り換えます。

近鉄西信貴ケーブル

ケーブルカーの片道運賃540円

ケーブルカーなんて乗るのは久しぶりです。
ここから乗車時間7分の斜面の旅です。

ケーブルカーで登りました

ぐんぐん高度を稼ぐので、耳がちょっと痛くなります。

…すみませんねぇ~こんなとこだけ写真を撮ってて。
鉄分多目(ちょっと鉄道マニア)なもんで^^;
いわゆる「乗り鉄」で、乗るのを楽しむほうなので…。

終点の高安山からバスに乗り換えて、いざ信貴山門へ。

信貴山門行きバス乗り場

なんか、ここはもともと鉄道があったそうです。
確かに停留所もそれっぽいですが…どうなんでしょ。
バスを降りてから、また10分ほど歩いて、お寺の赤門へ到着。

世界一の大福虎

世界一の大福虎がお出迎えです。

なんで虎なのかといいますと…。
この場所で聖徳太子が初めて毘沙門天と遭遇したのが、寅の年、寅の月、寅の日だったんだそうです。
来年は寅年なので、いろいろイベントがあるそうです。
今年は阪神タイガースの調子もイマイチだし、優勝は来年ですかねぇ~。

そこから5分ほど歩き、ようやく今回の僧・尼僧体験の場所、信貴山大本山 玉蔵院に到着。

一休みしてから、スケジュールの説明。

09:30~11:00 法話・般若心経解説読経、食事作法解説
11:15~12:15 御祈祷・戒壇巡り 諸堂参拝(融通堂・地蔵堂)
12:30~13:30 昼食
13:30~14:00 百八礼拝
14:00~14:30 阿息観
14:45~16:15 般若心経・読経・写経

…てな感じ。
なんのこっちゃ?みたいな。

まぁ要するところ、最初に般若心経の簡単な解説や食事の際の作法の解説。
真言宗ですので、般若心経が基本です。
何かにつけて般若心経を唱えます。
食事の前も般若心経。
御祈祷の時も般若心経。
何が何でも般若心経。いやいやあのね。

とりあえず、般若心経の解説は、お手軽なところではウィキペディアを参照。

般若心経 :出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ここから般若心経のテキストをコピペしときます。
写経のつもりで打ち込んでもいいんですが、たぶん筆で書く方が早そうです…。

-----

仏説摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。舎利子。色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。受・想・行・識亦復如是。舎利子。是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。是故空中、無色、無受・想・行・識、無眼・耳・鼻・舌・身・意、無色・声・香・味・触・法。無眼界、乃至、無意識界。無無明、亦無無明尽、乃至、無老死、亦無老死尽。無苦・集・滅・道。無智亦無得。以無所得故、菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離一切顛倒夢想、究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提。故知、般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚。故説、般若波羅蜜多呪。
即説呪曰、羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩娑婆訶。般若心経

-----

ちょっとだけ修正しました^^;
難しい漢字は代替されてます。
読みは、ウィキソースに原文と一緒に掲載されてます。

摩訶般若波羅蜜多心経 - Wikisource

-----

名前と住所をお願い事(家内安全とか開運長久とかいろいろ)を書いて渡したら、なんと本堂でご祈祷してくれるんだとか。私は「商売繁昌」と書いておきました。
毘沙門天をまつる本堂に案内されて、受付窓口を見てみると、御祈祷料は5000円なり。なるほどね。料金の中でコレが一番高いのかな。
ご祈祷用の席に案内されて座ってたら、隣におばあちゃんの団体が。
ご祈祷が始まったら、お坊さんと合わせて般若心経を唱えるんですが、隣のおばあちゃんたちは何も見ずにそらで唱えてます。
振り仮名つきのコピーを見ながら唱えてる私達4人はマヌケに見えてしまいます…。

それにしても、大きな太鼓を叩く音に合わせて読み上げる般若心経は、なんだか特別なもののように聞こえます。

-----

ご祈祷が終わったら戒壇巡り。
本堂の地下部分に、本堂周りをぐるっと一周する真っ暗な地下道があります。
有名なところでは、善光寺にも同じようなものがあるそうです。
ぐるっと巡る真っ暗な地下道の1箇所に小さな仏像が並んでいる場所があり、そこだけが唯一明かりがある。
さらに進んだところに、如意宝珠を納めた鍵のかかった蔵があるんですが、そこの大きな南京錠を触ると、如意宝珠に触ったのと同じぐらいのご利益があるんだとか。
商売繁昌をお願いしておきました。

-----

本堂裏側に「信貴山縁起絵巻」という、鳥獣戯画に並ぶ国宝の絵巻物が展示されてましたので見せてもらいました。通常は有料なんですが…。

信貴山縁起 :出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

今をさかのぼること千百年前に命蓮上人が「飛倉巻」「延喜加持巻」「尼公巻」の3巻構成で描いたものです。
巻物の形ですから、今のマンガのコマ割のような表記ではなく、巻物をスクロールして見ていく形になっています。
千年以上も昔にこんな表現方法があったことに驚きです。

本物は国宝のため奈良国立博物館にて保管されていて見ることができません。
ここで展示されているものは複製ですが、日本の漫画のルーツといわれるだけに、スタジオジブリの人がこれをわざわざ見に来たこともあるんだとか。ほほぉー。

-----

てな感じで、敷地内にいくつも点在するお堂などを案内されたところで昼食の時間。
先の説明にあったんですが、食事の前には、「五観の偈(げ)」というものを読み上げます。

一、功(こう)の多少(たしょう)を計(はか)り、彼(か)の来処(らいしょ)を計(はか)れ
二、己(おの)が徳行(とくぎょう)の全(ぜん)か欠(けつ)か多(た)か減(げん)かを計(はか)れ
三、心(こころ)を防(ふせ)ぎ、過(とが)を顕(あらわ)すは、三毒(さんどく)に過(す)ぎず
四、正(まさ)しく良薬(りょうやく)を事(こと)とし、行苦(ぎょうく)を救(すく)わんことをとれ
五、道業(どうぎょう)を成(じょう)ぜんが為(ため)なり、世報(せほう)は意(い)にあらず
…いただきます。

精進料理

小さいほうのお膳にある蒲焼のようなものは、餅にタレを塗ったもの。うまく作ってます。
ただ、気になるのは、デザートのゼリーに乗っかってる生クリームのようなもの。うーむ、豆乳で作ってる?

値段的には、これでどうも3500円ぐらいするらしい。
この辺ですでに8000円越え。
うーむ。

意外と量がありました…。
おなかいっぱいになってしまいました。

-----

一休みしてから百八礼拝。
お坊さん的には「百礼拝」と言っているそうです。
百八という数字は、いわゆる108個の煩悩というアレです。除夜の鐘の108回と同じです。
ちなみに、「お百度参り」といいますが、アレも100回ではなく108回なんだそうです。
まぁ、1024バイトを1キロバイトと言うようなもので。違うか。

で、これがまたキツイ。

  1. 立ってる状態から、左ひざから先に付き、正座する。
  2. 両手とも人差し指と親指でわっかを作り、その状態で手の甲を床に付けて、額を床に付ける。つまり礼。
  3. 手足とも左から上げて立ち上がり、手のひらを合わせて拝むようなポーズ。
  4. 最初に戻る。
この間、唱える言葉がありまして、
オン サラバ タタ ギャタ ハンナ マンナ ノウ キャロ ミ
と唱えながら、これを108回。
スクワットみたいなもんです。食後の運動にしてはキツイです…汗だくになり、貧血でぶっ倒れそうになりながらでした。

108を数えるのは、数珠を使うんだそうです。
真言宗の数珠は、ちょっと大きめで、お葬式などで持つ数珠の倍ぐらいの大きさです。
半周すると54個。一周すると108個。ただし、一周して数えるのは輪廻してしまうことになるので、生きている間は輪廻しませんから、半分の大きな玉のあるところで戻って数えます。
枝のように付いている小さな数珠球も使うと、かなりの回数を数えることができます。
そろばんの原型だとかおっしゃってました。

-----

次に「阿息観(あそくかん)」。
いわゆる座禅ですね。
ただ、禅宗の座禅と違うのは、バシッとしばかれることがないことと、目を完全に閉じずに半眼で、足はきっちり座禅の組み方ではなく「半跏座」という、片方の足はももの上、片方の足はももの下という組み方。
梵字の「ア」の字(さすがに梵字のフォントはないので、正確な字は画像にしないとダメなので…)をイメージしながら、腹式呼吸で息を吐く時に、「ア~……」と声を出しながら、「ア」の行方を半眼で追いかけるような感じ。
時間の関係であまり長くはできませんでしたが、スクワット108回(苦笑)の後で気を落ち着けるにはちょうどよかったように思います。

-----

そしていよいよ写経です。
最初のイメージでは、コレがメインだったはずなんですが、写経って、写経だけじゃなかったんですね…。
企業の研修などで、1泊とか2~3泊で修行していくことがあるそうなんですが、なかなかコレはコレでいいことかもしれません。
宗教が違うので…と断る人もいるんだろうか?とか思ってしまいましたが。
写経自体は、すでに薄く原文が印刷済みの半紙が用意されていて、その上からなぞるだけになっていました。
すずりで墨をすって、細い筆でなぞっていくわけですが…難しい漢字が多いですし、なれない毛筆で書きますし、いつも使っているボールペンのように手を紙につけて書けませんので、なかなか集中力を要求されます。
300字程度を書くのに30分ぐらいかかってしまいました。

-----

終わってからいろいろと講釈がありました。
真言宗の「大日如来」という概念は、仏様や仏像として形があるものではなく、モノや人の中にある中心的な存在らしいです。
今、自分の目で見えているものというのは、必ずしもそのものが見えているわけではなく、「大日如来」という光源から、その人の「心」というフィルムを通じて投影されているイメージを見ているようなもの、という表現をされてました。
つまり、「心」が汚れていると、見えてくるイメージも汚れてくる、とそういうわけです。
で、その「心」をキレイにするためには、自分のために動くのではなく、人のために動くこと。
人のためを思って献身的に動けば、自分の見える世界も良くなっていく、ということ。

私もこのブログを通じて、世の中の同じような立場の人のために事例を公開し続けてきました。
私自身が、サラリーマン時代に「他の事例」というものがなくて苦労した経験があるので、とにかく事例を残す意味で公開を続けてきましたが、今になって1日ピークで3万ヒットを記録する日もあるほどのサイトとなりました。
全国からの問い合わせも増えているので、やはり続けてきてよかったと思っています。

この「大日如来」のイメージの話は、それにつながるものがあったと確信できたので、なかなか意義のあるものでした。

その辺を考えると、8000円は決して高いものではなかったと思えます。はい。

皆さんも、もし宗教的に問題なければ、写経体験のできるところを、近くで探してみてください。
精神修練の場として、とても意義があると思います。

2009年06月27日(土) 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき, 趣味 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

iTunes Storeに接続できません。

こちらはMacのお客様。
新規購入の分で無線LAN接続をご希望です。

最近はMacの方も増えてきました。

Apple iMac 20"/2.66GHz/2GB/320GB/SD MB417J/A
B001UHN7R0


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

12万円ほどであれば、「買ってみようかな」と思われる方も多いのではないでしょうか。

XP→Vista、あるいは98/Me→Vista、といった買い替えであれば、正直なところ、同じWindowsとはいえ、まるっきりの別物と思われる方も多いのではないでしょうか。
Vistaになると、周辺機器の互換性まで考えたら、結局すべて買い替えという場合も少なくありません。
過去の資産を生かせないなら、いっそのことMacへ!という方もおられるのかもしれません。

ネットブック・ネットトップという選択肢もあるのかもしれませんが、やはりいろんな面で考えると、Windowsにしばられる必要がないなら…とMacへスイッチされる方もいてもおかしくないでしょう。

この辺も、やはり性能の割に価格がかなり下がったことが最も大きいと思われます。
Officeは別売りとはいえ、ExcelやWordが必要なくて、無線LANが標準装備だと、こちらの方がリーズナブルだと感じる方は一定数おられると思われます。

まぁそれはそれ。

今回は、そんな感じでMacを買われたお客様でしたが、少し前にご購入されたiPhoneもお持ちで、

「Windowsでやってみたけど、どうもうまく使えなかったんだよね。Macにしたら使えるかなと思って」

とのこと。

うーん…それだけのために買い換えたりはしないでしょうけどねぇ。
まぁ目的の一つであることは間違いないようですので、一通りのセットアップ後に、プリインストールのiTunesを起動。
iTunesさん、しばらく悩んだ末に、

「iTunes Store に接続することができません。未知のエラーが発生しました。」

とのたまわれます…な、なんですと??

-----

いろいろお話をお聞きしてみると、どうやら、「うまく使えなかった」の内容は、WindowsのiTunesでもコレが出て、曲名の取り込みなどもうまくいかない状態だったらしい。

うーむむむむ…。

こういうときは、とにかくメーカーサイトのヘルプを探すのが基本。

iTunes Store に接続できません :Apple サポート

下の説明の中から、iTunes Store にアクセスできない状況に最も近いものをクリックしてください。
…なるほど、サーバーメンテナンスの可能性があるってことですね。
でも、新品のMacにプリインストールですから、バージョンが古すぎてつながらないとかはありえませんし、キーチェーンのリセットというのも…ちょっとなぁ。
で、「新しい ISP へ変更した場合。」ということで、
新しいネットワークハードウェアをインストールしていない場合は、ご利用になっている ISP が iTunes Store へのアクセスをブロックしている場合があります。ISP のサーバを iTunes Store との通信が可能になるように設定するために役立つ、こちらの記事について ISP に連絡してください。
てなことが書かれている。
ここで言う「こちらの記事」とは、

アップルソフトウェア製品で使われる「一般的な」TCP および UDP ポート

↑コレのこと。
この資料によると、iTunesは、3種類ほどのポートを利用しているようです。
でもなぁ…普通、iTunesが使えなくなるほどポートがふさがっててポート開放があえて必要だとか聞いたことないですし、Macということで今回はウイルス対策ソフトも導入してません。

うーむむむむむむ…。

そこでピンと来た。

まさか、プロバイダは「ぷらら」じゃ…。

「そうですよ。それが何か?」

…( ̄△ ̄;

出たよぷらら…。

悪名高きネットバリアベーシックです…。

セキュリティプラス1|ネットバリアベーシック :ぷらら

コレに何度やられたことか…。

iTunesの音楽ダウンロードが出来ない。Gyaoなどの動画が見られない。 :ぷららQ&A

光回線をご利用の場合は、下記URL「ネットバリアベーシック」のログイン画面より、パケットフィルタのレベルがいくつになっているか確認ください。
iTunes Storeや、Gyao、Yahoo!動画などの音楽、映像配信などのストリーミングや、ダウンロードサービスをご利用される場合は、パケットフィルタをレベル1、もしくは0にしないとご利用出来ません。(サービスによっては、レベル0でないとご利用出来ない場合があります)
…で、そのパケットフィルタの初期値はと言うと、

セキュリティプラス1|ネットバリアベーシック|利用上の注意 :ぷらら

  • 「パケットフィルタ」の標準設定については、
    • 2005年5月31日以前に本サービス対象セットをお申し込みのお客様については、パケットフィルタの標準設定を『レベル0(OFF)』
    • 2005年6月1日以降に、本サービス対象セットへ入会またはセット変更されたお客様については、パケットフィルタの標準設定を『レベル2(強)』
    • 2008年7月1日以降に、本サービス対象セットへ入会またはセット変更されたお客様については、パケットフィルタの標準設定を『レベル1(弱)』としております。
…な、なんなんだ、このどっかの総理大臣みたいにぶれた対応は…。
まぁ、要するところ、今回のお客様の「パケットフィルタ」の初期値は「レベル1(弱)」で、「レベル0(OFF)」にしないと、iTunes Storeは使えない。つまり、

ぷららさんは、最初からiTunes Storeを使えないようにしてくれているわけです。

余計なことを…。

早速、パケットフィルタ設定を「レベル1(弱)」→「レベル0(OFF)」に変更。

なんか変更に30分かかりますとかなんとか、まぁセキュリティのものだから、あえて時間がかかるようにしているのかもしれませんが、だとすれば、ちょっとこれはやり過ぎでは…。

とか何とか言ってる間に、5分ほどでiTunesはまともに起動できるようになりました。
iTunes Storeもちゃんと表示できますし、CDを突っ込んでも、きちんとトラック名を取得できました。

ネットバリアベーシックでは、URLフィルターおよびパケットフィルタのカスタマイズは不可で、つながらないサイトがある場合は、一律で設定レベルを下げる以外に方法はありません。
しかも切り替えに時間がかかる。

ぷららさんには申し訳ないんですが、ハッキリ言います。

コレは使えません。意味ありません。

パケットフィルタは、回線丸ごとiTunes Storeやストリーミング動画が使えなくて、結局OFFにするぐらいなら、最初からない方がマシですし、URLフィルタも、必要があって見なければならないサイトがブロックされるたびにOFF設定を30分もかけて切り替えなければならないだなんて、使えないにも程がある。

お子様用に1本別に光ファイバー回線を引くならコレでいいでしょう。
でも、そんな家庭は、この不況下、基本的に存在しえません。
まぁ、Winnyフィルタが唯一「使えるかな?」と言える機能でしょうけど…ねぇ。

-----

今回のようなトラブルが発生した場合、普通の人は、どこへ聞けばいいのやら、全くわからないんですよね。

今回のトラブルでは、単純に考えられる問い合わせ先は、

  • 音楽プレイヤーのメーカー
  • パソコン販売店
  • パソコンメーカー
  • セキュリティソフトメーカー
  • 無線ルーターメーカー
  • プロバイダ
  • 回線業者
  • わかってそうな知り合い
  • 街のパソコントラブル対処業者
…と、かなり多岐にわたります。
えいやっ!と適当にめぼしいところに質問してしまうと、散々つながらない電話を待たされた上に、「ウチじゃないですね」とたらい回しにされて徒労感に打ちひしがれてやる気がなくなる、というサポート不信への黄金パターンに陥ります…。

たまたま私がお世話することになったお客様はまだラッキーです。
基本的にはお伺いして現場の状況を把握します。
そして、とにかくその場で原因の絞込みをして何とか対処する、その場で何ともならないなら引取修理なり、その後のアクション(どこへ聞くのが的確か、など)を指示できます。

とはいえ、委託案件だと、責任範囲の問題で心ならずも見殺しで引き上げなければならない、ということもないではないです…。

当社は、できるだけお客様に近い立場で、レベルの高い技術の提供をめざしております。
メーカーやプロバイダや大手競合会社のように、責任範囲の縛りで何もできずたらい回しではなく、縛りができるだけ少ない状態での対応を目指しております。
ご用命は、当社ご案内サイト http://pcdoc.jp/ をご覧の上、

0120-786-835 (フリーダイヤル 悩む・パソコン)

もしくは

078-924-5731

までご連絡を。
時間外の場合は、メールにて。

2009年06月26日(金) 定番トラブル, ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, パソコントラブル, パソコン・インターネット, ファイル交換ソフト(Winny・WinMx)関連, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

タコ足配線はホントにダメなの?

お客様宅にお伺いしてパソコンのセットアップなどを行なっていると、どうにもコンセントが足りなくなって、テーブルタップ、いわゆる二股コンセント・タコ足コンセントを用意してもらうことが日常茶飯事です。

特にフレッツ光プレミアムの場合はひどいです。
今まで電話機1つしかコンセントを使っていなかったのに、突然ONUとCTUと光電話アダプタのために3つもコンセントが追加で必要になります。無線LANを使うことになると、さらに増えて4つ追加になります…。
光ファイバの引き込みで、工事業者が機械を3つ持って来ることはあっても、コンセントを用意してくれることはまれです。

まぁ、私が行くことのある量販店の委託案件でも、気を利かせてコンセントを用意してくれていることはほとんどありませんが…。
無線ルーター追加作業だと、分岐タップを用意しないと作業に取り掛かれないことも多いんですよねぇ…。
自社案件だと、

SANWA SUPPLY TAP-AC7T トリプル
B00008KEIR


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こういうのを用意しておいて、状況によりお客様にお譲りしたりするんですが、なかなかそれだけでは間に合わないことも多いです。

メーカーも、分岐コンセントとか、気の利いた付属品でも用意してくれてればいいのにねぇ。
たとえばこんなの。

S.R. YUDEN DENSEN CMC EF-79

これは中古品のケーブルで売ってたものを入手したんですが、某光ファイバー回線用機器の電源コードがこれと同じで、2つの機器のコンセントが1つで済んで楽だった記憶があります。
でも、同じのを探したんですが…売ってないんですよねぇ。
刻印では「S.R. YUDEN DENSEN CMC EF-79」とか書かれてるんですが…検索しても出てこないんですよね。

で。
今回は、こういう配線作業で、お客様からしばしば質問される、

「ずいぶんとたこ足配線になるんですけど、これって大丈夫なんですか?」

という疑問について書いてみます。

-----

とりあえずこんな記事を発見。

蛸「タコ足配線はマジでやばいらしいぞ!」 :アルファルファモザイク

…なんか最初のイラストでは、7本足のタコさんが「×」を出してます…。
ってか、パソコン配線に限って言えば、この程度(たった5本の分岐)でペケを出されても困るんですが…。

要するところ、

通常、家庭の壁面コンセント1本の最大は15A(アンペア)=1500W(ワット)までが基本

なので、理屈上は、「それを越えなければいい」と言えるのですが…なかなか単純にそうと言い切れるものでもないんですよねぇ。

まずは容量オーバーでない場合のリスク。

先の記事にある写真のように、モノスゴイ数のグチャグチャの配線だったりすると、なかなか掃除が行き届きません。
それに、たいていはこういう配線は机の後ろなどなので、なおさらです。

私がサラリーマンだった頃、その部署のネットワーク管理者(とは言っても40人程度の部署のパソコン便利屋的存在)をしてましたので、人事異動や新人の入社などに伴い、机のレイアウト変更は年に1~2回ありました。
机の裏側は、いつでも、先の記事の写真のように、

まさしくジャングル地帯

でした…。
まぁ、ACケーブルだけに、束ねて縛っておくと発熱の危険性があるため、きっちり整理して縛ることもできませんし、ノートパソコンの場合は、しばしばコンセントから抜くこともあり、どうしてもカオス化してしまいます。
束ねて縛ってまとめると、確かにキレイでスッキリしますが、コンセントケーブルは、それなりの頻度で抜き差しが発生しますし、ちょっとした変更もままならなくなるので、どうしてもきっちり縛ってまとめるということは難しいですね。
家庭の配線ならなおさらです。

しかし、手の届きにくい机の裏側でグチャグチャ状態だと、掃除が行き届かないので、たとえ機器の消費電力が電力容量の範囲内でも、

ホコリが積もってトラッキング現象による加熱・発火が発生しやすい

ことになるのです。
さらに付け加えると、トラッキング現象は、消費電力の多い少ないではなく、

接続しているコンセントの数だけリスクがある

のです。
気をつけてこまめに掃除をしましょう。

漏電 - トラッキング現象 :Wikipedia

電気を安全に使おう - トラッキング現象 :中部電力

生活安心情報 コンセント コードから炎が!! :神戸市

予防方法としては、


トラッキングによる、コンセント火災を防止します。プラグセイフティーカバー(2P用4個入)

こんな具合に、コンセントの差込口にホコリを積もりにくくするためにゴムのカバーをするものがあります。
ACアダプタなどは、プラグ部分にトラッキング防止加工がされているものも増えましたが、壁面コンセントやテーブルタップに直に刺して使うのではなく、


OAタップや機器のコード延長に便利。トラッキング防止絶縁キャップ付プラグ採用(2Pプラグ用)。電源延長コード(2m)

こういうので壁面コンセントやテーブルタップから離しておいた方が、思わぬ緩みなどが発生しにくく、何かと安全なのかもしれません。

また、スイッチ付きコンセントなどは「節電コンセント」などと呼ばれて重宝がられたりしますが、刺しっぱなしを助長することになるので、スイッチを切ることで待機電力の節約になっても、トラッキング現象のリスク低減には決してなりません。
また、誤操作による思わぬ電源断で機器を壊すリスクは意外と高く、それによる機器の修理代は、わずかな待機電力カットによる節約など一発で吹き飛びます。
こういう「節電コンセント」の安直な導入は考え物です。
もちろん、そういう特性を理解した上での導入は問題ないのですが、安物を使うと、ホコリや粗悪部品の影響で、スイッチ部分で火花を飛ばして火災の原因になることもあります。
メーカー不明の安物には決して手を出さないようにしましょう…。

-----

また、トラッキング現象以外にも、従来から言われている「タコ足配線は危ない」の要因で、

容量オーバーでのコンセント利用

も、火災の原因になる場合があります。

まぁ、普通のパソコン1台だと、目いっぱいブンブン使いまくっている状態でも400~500ワット(4~5アンペア)程度ですし、携帯電話の充電器やモデムなんかは、1個当たり10~50ワット(0.1~0.5アンペア)程度にしかならないものも多いですから、充電器が10個ぶら下がってても、容量オーバーになんてなるはずもなく、要は

コンセント差込の数が多い=容量オーバーとは限らない

のです。
つまり、コンセントを差し込んでいる機器のワット数(WとかVAとか)を確認することが重要です。

しかし、実際に私が経験した事例では、1キロワット近い消費電力のプロジェクタを使っていた時、コンセント延長ケーブルで1.2キロワット用(定格12アンペア)のケーブルを使っていたんですが…使い終わって片づけをしようとして、延長ケーブルを持ってみると…

なにやら妙に暖かいのです。

つまり、

コンセント・ケーブルの定格以内なら大丈夫というわけでは決してない

ということ。
ケーブルの定格容量を理解し、余裕のある容量で利用し、絶対に束ねて使わないことが重要です。
特に1キロワット近くになると、コンセントコード自体が発熱していることもあるので、片付ける時以外は束ねて縛って使うのは厳禁です。

「たこ足配線」が出火原因か 東京・目黒の父娘死亡火災 - 社会 (2009年6月22日) :asahi.com(朝日新聞社)

この事件は、トラッキングか容量オーバーかはわかりませんが、いずれにしても、結論としては、

  • 本来はタコ足配線は歓迎できるものではない
  • 必要があってタコ足にするとしても、電力容量に気を配り、しばってまとめたりせず、ホコリがたまらないようにこまめな掃除が必要
  • 節電コンセントは節電にはなってもトラッキング現象のリスク低減にはならない

ということですね。

2009年06月24日(水) 定番トラブル, ニュース, ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(電源), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

女子高の運動会。

この日だったわけではないのですが、ウチのムスメの高校(女子高)の運動会がありました。
平日に、神戸市内の、エアコンの効いた某体育館でやってました。
個人的には、こんな運動会は初めてです…。

それにしても…なかなか見応えありました(笑)。
2ちゃんねる風に言えば、「女子高の運動会クソワロタw」ってところでしょうか。

今回はパソコンの話も写真もありませんので、興味のない方は読み飛ばしていただいていいですよ^^;。

-----

平日に、しかも体育館で実施するのは…とりあえず女子高は女子高なので、やはり同年代の男子対策なんでしょうねぇ。
実際、招待状にも、

中学・高校のご兄弟のご入場はできません

とか書かれてました。
あ、そですか^^;みたいな。

まぁ、コドモが高校生になってまでビデオカメラ構えて運動会…なんていうのもどうなんだろ?とか、女子高の運動会におっさんがビデオカメラ構えてええんだろか?とか、いろいろ思いながら、やっぱり家から出られないおじいちゃんおばあちゃんにも見せてあげたいですから、ヨメさんと二人してビデオカメラ抱えて行きました。

とりあえずその辺の心配は杞憂だったようです。
基本的に、僕と同年代の親ばかりですし、かなりの数のビデオカメラが稼動してました。

それにしても…。

ここ、確か女子高だよな…??

※豆知識:「女子」と書くのはAV。「高校生を使っていない」ことを明示的にするためだそうです…。

なんか、どう見ても男子がいっぱいいる。
いや、観客ではなく、参加者に。

髪がほとんど丸坊主に近い短髪で、体格もやたらゴツイ。
リレー競技などでの走りっぷりも、男子そのもの。
どう見ても男子だよなぁ…。

入学式を見に行った時も、部活の格好をした子は、どう見ても男子。
でも、上級生として入学式の会場に来た時は、その高校の制服で、スカート姿。
この学校は、スポーツにかなり気合が入っていて、具体的に競技は言いませんが、あの球技とこの球技で、県内では有数の強豪校らしいのです…。
うーむむむむむむむ…。

まぁ、いわゆるアイドルみたいな感じの清楚なロングヘアの子も、中には当然いたわけではあるんですが、知らないで見に来たら、きっと男女共学の高校だと言われても誰も疑わないのではないのかと…。

それにしても、部活動対抗リレーは最高でした。
部別の入場行進で、短髪の子たちは、あの球技の部とこの球技の部の子だということがハッキリしました…。
また、ダンス部もあったりで、ロングヘアのアイドルみたいな子はダンス部だったこともハッキリしました…。
入場行進が終わり、リレー競技スタート!
この球技の部の先頭ランナーがこけた!!いきなりの最下位!!
あの球技の部がトップ!!
しかし!!ランナーがバトンタッチされるごとに、その差はぐんぐん詰まっていく!!
アンカーにバトンタッチ!!
さぁ!この球技のアンカーが必死で追う!!
しかし!あの球技のアンカーも負けてはいない!!
間もなくゴール!!勝敗の行方は!!
あの球技が逃げ切って1位!!

いや~なかなか手に汗握る展開でした…。
え?「この」とか「あの」とかじゃワカラン?すんません。

で。
高校なのに玉入れやりました。
1年 vs 2年 vs 3年 vs 保護者。
この組み合わせで綱引きもやりました。

スポーツに気合の入ってる高校だから、もっと発育がいいのかと思ってましたが、平均身長はかなり低い。
150センチ台前半の子がかなり多いのです。
ですので、必然的に、そこそこの数の男親が入ってたりすれば…結果は見えてきます。

ということで、180発入った保護者チームの圧勝(笑)。

でも、綱引きは…。
優勝した2年生には勝ちましたが、直後に対戦した準優勝の3年生には負けました(笑)。

…てな感じのビデオを撮っておきましたが、平日で来れなかった2番目と3番目のムスメに見せたら、えらいウケてました。
学校行事の関係で代休だった3番目は「こんなオモロイ運動会なら観に行きゃよかった!!」と後悔しきり。
それこそ、「女子高の運動会クソワロタw」とかでタイトルをつけてYouTubeにでもアップしたら大ヒットなんでしょうけど、さすがにそれはできません…。

2009年06月22日(月) 日記・コラム・つぶやき | | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

Yahoo!BBのモデムは正しく配線しましょう。

こちらは回線をYahoo!BBへ変更されたお客様。
新しくパソコンを買ったので、設定やデータの移行などとモデム配線をひっくるめてやってほしい、とのことでお伺い。

この手の話は別に珍しいわけではありませんが、この程度の話で何もなければ記事にはなりません。
今回も思わぬところに地雷が埋まっていたのです…。

お伺いして、いつもどおり作業を始めました。
旧パソコンの状況確認、移動データの確認、新パソコンのセットアップ。
セットアップの待ち時間に、YBBモデムの接続などをしておくのがセオリー。
もともと他社回線用にあったスプリッタなどを外して、壁のモジュラーと電話機を接続。
ACアダプタを接続して放置。
YBBの白モデムの場合、初回接続で2回ほどの再起動をします。少なくとも5分ぐらいは放置しておかないと、思わぬところで勝手に再起動されて待たされることがあるので、作業開始から早めに接続しておく必要があります。

しばらくしてからBBフォンのランプが点いたことを確認して、一応の通話確認。
つながってないわけがないのですが、ま、一応です。一応。
あとで「アンタが触ってからつながらないんだけど」なんて電話がかかってきても困るので。

…なーんて軽い気持ちで「オンフック通話(いわゆるスピーカーホン)」ボタンを押したら…発信音がしません…受話器を取ってみても同じ…は、はいぃ?

-----

うーむ、おかしい。
そんなはずないでしょ…。
とりあえず、モジュラー配線を抜いて、もう一度電話機のモジュラー配線を壁面のモジュラーソケットに差し込む。
…これだと発信音はしています。

ま、まさか、モデムの初期不良??

とりあえずもう一度配線しなおして電話機まで接続。
カチッと音はしてますし、きっちり押し込んでますから、緩んでいるわけでは決してない。
オンフック通話ボタンを押してみる。…やっぱりダメ。発信音がしません。

うーむむむむむ。

モデムが壊れてても私の責任ではないですから、それはそれで後日作業でも作業料金を請求できるんですが…商売的にはまっとうな請求ができるとはいえ、この日の作業が完了できないと、またスケジュールを組み直さなければなりません。
それはそれで、個人的には歓迎いたしかねます。
お客様的にも、余分な時間を割く必要があったり、無駄な作業費が発生するので、まるっきり歓迎できませんよね。

とりあえず、ここはYBBのサポート(ソフトバンク)へ電話です…。

まずはお客様に出てもらって、一応の本人確認をしてもらってから代わってもらいます。
電話機の発信音がしないことを伝えると、

「あのー、一応の確認なんですが、付属のケーブルを利用して正しく配線はされてそういう状態でしょうか?」

要するに、

トリオモデム3-G接続方法|各種モデムの接続方法|STEP1モデム・接続機器の接続|接続と設定 :Yahoo! BBサービス|ADSL・光・ブロードバンド|SoftBank

この通りに正しく接続したか?ということ。

…そうですよ。
でも、電話機の接続は、緑のケーブルじゃなく、電話機でもともと使っていたケーブルを使ってます。

「えーとですねー、とりあえず全て付属のケーブルを使って配線しなおしてほしいんですが」

…は?

今電話してるのは、もちろん電話機でもともと使っていたケーブル。
それで通話できているのに、それでも緑のケーブルを使えと。こういうことらしい。

「いやー、大変申し上げにくいんですが、一応は付属のケーブルでその通りに配線をしていただきたいんですよ…。携帯電話の番号をいただければ、そちらへ折り返しますので、付属のケーブルで配線していただきたいんです」

…わかりました…それしきで直るとも思えないんですけどねぇ…。

ここで「んなわきゃねーだろ」と押し問答をしても時間の無駄です。
先方のご希望に沿った形で異常が出るなら、その方がこちらも強気に出れますし、話は早いですから。

ということで、電話を切って、言われたとおりに電話機につながっている元の配線を外し、緑のケーブルでつなぎ、モデムから壁面ソケットまでは黄色のケーブルで接続。
ACアダプタをつないで、リンクしたことを確認。
そこで電話機のオンフック通話ボタンを押してみたら…

ぷーーーーーーーーーーー

…∑( ̄□ ̄;

な、なんでっっっ???

「発信音は出ましたでしょうか?では別の携帯電話などございましたらおかけになっていただいて、つながるかどうかをご確認ください…つながりましたか。ではこれでOKですね。またなにか問題がありましたらお電話ください。では失礼いたします」

…は、はぁ、ありがとうございました…。

うーむむむむむ…納得いかんなぁ。

それにしても、今回うまくいった緑のケーブルでは、お客様の家具のレイアウトの関係で、このままではちょっと短くて届かない。
しかし、ホントにこれじゃないとダメなの…?

ためしに、緑のケーブルを抜いて、元通りの電話機のケーブルに戻してみたら…。

ぷーーーーーーーーーーー

…( ̄△ ̄;

な、なんで???

電源を入れなおしても問題なく通話できますので、そのまま使っていただくことにしました…。
うーん…何だったんだ???

結論:
問題があったら、とりあえず説明書通りにやってみる。

2009年06月20日(土) ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

パソコン内蔵地デジチューナーで映らないその理由。

最近は、パソコンもデスクトップタイプだと、特に追加ハードが何もないシンプルなモデルだと、液晶モニタ込みでも10万円切るものもあったりしますので、家電量販店のチラシを見ていると、メーカーもノートパソコンを売り込もうとしている感じを受けます。
そのノートパソコンも、やはり10万円を切るVistaパソコンも珍しくなくなっています。
パソコンが安くなることは、消費者にとっては歓迎できますが、確かに安いけどホントに何もついてないパソコンだとか、大して使わない機能をゴテゴテと盛りまくっているパソコンというのも考え物ですね。

そんな中、デスクトップ型のパソコンの場合は、地デジチューナー内蔵のモノが増えています。
昔のアナログの内蔵チューナーのように、残念な画質のものは、かなり減りました。
最近のものは、アナログチューナーでもかなりいい画質をキープできていますし、地デジにいたっては、普通のテレビと全く遜色ない画質で観れるものがほとんどです。

しかし、画質で問題がないはずの内蔵チューナーで問題となるのは、

どうしたわけか一部(もしくは全部)のチャンネルが映らないことがある

ということ。
まぁ、まだ最近はマシとはいえ、それでも依然しばしば発生してます。
はてさて…。

-----

以前の事例としては、

2006年7月 5日 (水) 地デジが映りません。

といった、自前でアンテナを立てておられないお宅の特有の現象。
ケーブルテレビなどで、実際とは違う周波数で転送されてくる場合などにありがちです。
転送方式の問題で、特定のチャンネルだけしか映らないとか、まったく映らないとか、普通にあります。
地デジのテレビでは問題なく映っていても、

パソコンの内蔵地デジチューナーでは映らないということは充分にありうる

ことを認識しておかなければならないんですよね。

実際、量販店の店員さんにも聞いたことがあるのですが、単純な話、

パソコンの内蔵チューナーとテレビのチューナーは作りが違う

ということだそうです。
同じだと思っていると、映らなくて涙目なんてこともありうるようです。
理由は、先の事例をご参照願います。

しかし、その辺は必ずしもパソコンに問題があるというわけでもないことも、意外とあるようです。

パソコン接続前の時点で、電波自体の問題(電波強度が足りない等)の場合も、充分にあり得ます。

最近、立て続けに数件、似たような現象を対処していますので、「そういうこともある」ということはまず間違いありません。

特定のチャンネルだけがレベルが低くて映らないとか、全部レベルが低くて映らないとか。
レベルが微妙に低い場合、初期設定のチャンネルスキャンの段階で、チャンネルの取得だけはできるものの、実際に放送が映るかどうかというと、レベルが低くて映らない、ということがあります。

「アナログは映ってるよ」と言われることもありますが、アナログの場合、少々レベルが低くても、「なんとなく見れる」レベルだったりしますので、改めて比較してみないと、「そのチャンネルだけ微妙に映りが悪い」ということには気づかないものです。
デジタルの場合、電波レベルが一定レベル以下になってしまうと、アナログでは観れても、デジタルでは映せない状態ということも充分にあり得ます。

そのパソコンの内蔵チューナーのコントロールソフトが、受信レベルを数字などでチェックできる機能があればまだわかりますが、それがなかったりするとお手上げです。
それがそのパソコンの内蔵チューナーの仕様である場合もありますので、別のパソコンや普通の地デジ対応テレビだと映る、ということが必ずしも確認にはならないのです…。

自前のアンテナを立てているお宅であれば、アンテナを変えるなりブースターを付けるなりして対応できますが、そうでない場合は、電波をもらっているところに聞かなければ対処できません。
ケーブルテレビと契約してるならケーブルテレビ会社へ、マンションで共聴のアンテナだったりしたら、マンションの管理会社へ聞くしかありません。
全体的に電波のレベルが低いとか、一部のチャンネルだけレベルが低いとか、その辺は、きちんとした測定器を持ってこないと、はっきりとはわかりません。

ごちゃごちゃ書きましたが、

結論:
パソコンの内蔵地デジチューナーは、地デジテレビのそれとは別物で、かなりヤワである

ということ。
地デジチューナー内蔵パソコンをご検討されておられる方、お買い上げ前に、店頭で「映らない場合」の対応を確認しておいた方がいいですよ…。

2009年06月18日(木) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ | | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

STOP:0x0000004E PFN_LIST_CORRUPT で起動しません。

こちらはいつもお世話になっているとある事務所での話。

「ついでで申し訳ないのですが、ちょっと教えてもらっていいですか?ウチの事務所のパソコンが起動しないんですが…」

…ええ、いいですよ。いつもお世話になってますので、その程度は。

顔見知りでもなんでもない人から突然「教えてください」とか言われても、正直なところ、答える義理なんてないんですが、お世話になっている人ならば、ちょっとしたアドバイスぐらいなら、差し上げる場合もアリですよね。

お聞きしてみると、例によって

Windows起動画面 → 再起動 → Windows起動画面 → 再起動 …

ってな感じの再起動の繰り返し。
WindowsXPの最近のトラブルって、どうしてコレが多いんでしょうねぇ…。

セキュリティ上の問題があり、残念ながら私は直接タッチできないので、とりあえず、

電源投入直後のメーカーロゴ表示が消えたところで「F8」キーを連打してみる

という操作で「拡張起動メニュー」を表示させ、

「自動的な再起動をしない」

を選択して、自動的に再起動するブルースクリーンエラー画面で停めて、エラー状況を確認する必要があります。

ブルースクリーン、いわゆるSTOPエラーは、致命的なエラーではありますが、ハードウェア的に壊れてしまっている場合も当然ありますが、ちょっとしたことで起動できないだけということもないことはありません。

そのブルースクリーン画面を、ケータイのカメラで撮ってきてもらえれば、ある程度の判断はできます。

ということで、早速撮ってきてもらいました。
ポイントは、

  • 上から3行目あたりにある、大文字だけのエラーメッセージがあればそれが入るように撮る
  • 下の方の「STOP:0x」で始まるエラーコードが入るように撮る
というところ。
で、撮ってもらった画面が…。

D1000392

ということで、

  • エラーメッセージ : PFN_LIST_CORRUPT
  • エラーコード : STOP:0x0000004E
とのことです。

…う~むむむむ…。
これはあまり経験ないですねぇ…。
仕方ない、手元にあるW-ZERO3[es]で検索してみるか…。

-----

まぁ、エラーコードとエラーメッセージが明確なので、わりといろいろ出てきます。

"STOP: 0x0000004E PFN_LIST_CORRUPT" エラー メッセージのトラブルシューティングの方法 :Microsoft サポートオンライン
コンピュータの起動時に STOP 0x4E、STOP 0x1A、STOP 0x50、および STOP 0xA エラーが発生する :Microsoft サポートオンライン

どうやらメモリの問題っぽいですが…。

ブルースクリーン :教えて!goo

USBハブを外したら治った、という事例も。

要は、最小限の構成(LANケーブルやプリンタケーブルなどを外し、本体・キーボード・マウス・モニタのみ)にして、もう一度確認し、ダメならメモリ交換、という方向性かな。

メーカーによっては、たとえばDELLなんかだと、ハードウェア診断ツールはほぼ標準で装備してますので、説明書を元に実行してみると、メモリなんかだったらそこで判明しそうです。

残念ながら直接タッチできないのでここまで。
事例のようにUSBハブだとかいった周辺機器はつないでおられないので、そちらではなかったようです。

-----

後日、どうだったかを聞いてみたら、「古いパソコンなので、あえて修理はせずに買い替えの方向で検討してます」とのこと。
まぁ、古いので買い替えとのことであれば、あえて引き止める必要もないのかもしれません。
古いXP機であれば、たいていは256MBなどで起動が遅いとかいろいろ支障が出ているはず。
DDRメモリでも、1GBぐらいに増強なら1万円+作業費程度でできそうなものですが…残念ながら諸事情から私が面倒見れる範囲ではないので、今回はこれで終わりです。
写真の公開の許可をもらってこの記事を書かせていただきました。

まぁ、このトラブルになった場合、

  • とりあえず周辺機器を外して再起動
  • もともとメモリが少なければ交換でついでに増設
が正しいようですね。

2009年06月16日(火) 定番トラブル, ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(メモリ), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

讃岐うどんツアー2009初夏。

この日はこないだ花見に行った時の顔なじみのメンバーで、クルマ2台で讃岐うどんツアーを敢行しました。
もちろん、土日ETC1000円効果に乗っかってるわけです。はい。
でも、ウチのクルマには、まだETCが付いてません…。
ETC補助金効果で、いまだ品薄で手に入らないせいです(泣)。
ということで、ETCを搭載しているクルマに便乗して行きました。

1000円って言っても、ホントに1000円で行けるのか?というと、そうでもなく。
実際のルートは、明石からだと、第二神明道路から入り、本四道路の明石海峡大橋を通って淡路島に渡り、大鳴門橋を渡って高松自動車道、というルートになります。
で。
実はこのルートの場合、本四道路だけが「高速道路」という扱いでETCで1000円ですが、その前後の第二神明道路と高松自動車道は有料道路、という扱いのようです。
結局は高松まで行くのに片道2000円ほどかかることになります。はい。

さてさて、その道中をつらつらと書いてみます。

-----

今回は、淡路島は大橋2つの間の高速道路でしかないので、完全に通過だけです。

明石海峡大橋は、現状世界一の長さのつり橋ということで、最も高いところで300メートル弱あります。
その高さから、私の出張範囲からはいろんなところから見えます。
ほぼ毎日目にしているためか、もうすっかりその大きさに慣れてしまい、今回久々に通過する、25年ほど前に開通した大鳴門橋は、明石海峡大橋の半分程度でしかないので、かなりしょぼく見えてしまいました…。

徳島に上陸して、高松あたりから一般道に降りる前に、まずは1杯目のうどんを。

津田の松原SA


ここに到着で8時前。
壁掛けテレビでは侍戦隊シンケンジャーが終わって仮面ライダーディケイドが始まるぐらいに津田の松原サービスエリア下り線うどんコーナーがオープン。
サービスエリアの売店だからと侮るなかれ。
しっかりセルフで麺もダシも本格的。
その辺の根性の入っていないうどんとは全く違いました。
なかなかポイント高いです。

で、その先で事故通行止めがあり、「さぬき三木」インターで一般道へ。
まずは超有名店の、丸亀は飯山の「なかむらうどん」へ。
有名だから並ぶだろうということで、一番に行ってみることにしたんですが、9時開店なので9時半に到着してみたら…

「140分待ち」とか書いてまっせ…。

だめだこりゃ。
次行ってみよー…。

比較的近所の店ということで、ガイドブックから「山下うどん」を選びました。

山下うどん

10時前でしたので、並ぶこともなくすんなり入れました。
すぐにできるというので、ぶっかけうどんの小を頼みました。
隣で食ってた人のぶっかけうどん大は…かなりの量がありました…小でも普通のうどんぐらいの量はありました。
しょうがをすりおろし、レモンが入った一風変わったものでしたが、ぶっかけのダシと合っててうまかったですね。
うどん自体もコシのある食べ応えのあるものでした。
でも、2杯目なのに、意外とするっと食べられるもんですね。

そう遠くないところに「こんぴらさん」があるので、せっかくだから観光していこうということに。
長~い階段があるので、腹ごなしにもなるかな、みたいな。

こんぴらさんの階段

…やめときゃよかった…。

この写真の階段は、境内の正門までにあるみやげ物屋さん街のラスト。
すでにくたびれていたり…。
普段の運動不足を感じさせられました…。

境内正門からちょっと入ったところ、トイレのすぐ上辺りにある資生堂パーラー「神椿」で休憩。

神椿 入り口

銀座の味、こんぴらさんで-境内に資生堂パーラー :四国新聞社 香川ニュース

本宮まで785段ある石段の、ちょうど500段目だそうだ。
江戸時代から休憩用の茶処があったところだとか。

神椿 店内

中はクーラーが利いてて快適そのもの。
すっかりくつろいでしまったので、もうそれ以上上る気力が…。

ということで、そこから折り返して次のうどん店、モンドセレクション金賞受賞の「うどん亭 大庄屋」へ。

うどん亭 大庄屋

ここではかけうどんを頼みましたが…うーん…ぶっかけと麺が違うのかなぁ…コシがないぞ…。

この時点で13時前。
なんかすっかりおなかいっぱいだぞ。

とりあえず、どこか観光スポットはないかと探してみたら…粟井神社のあじさい祭とやらがあったので寄り道。

アジサイ3000株「祭り」を彩る/観音寺・粟井神社 :四国新聞社 香川ニュース

狙って行ったわけではないのですが、たまたまこの日にやってたようです。
近くの公民館のグラウンドに駐車場があり、そこからマイクロバスでパーク&ライドで会場の神社へ。
びっくりするほど多いわけではなかったのですが、そこそこの本数があったので、なかなか楽しめました。

白いアジサイ 水色アジサイ 谷間のこいのぼり

小さい赤のアジサイ 小さい紫のアジサイ 可憐なアジサイ

斜面いっぱいのアジサイ 粟井神社 案内図

抹茶の振る舞いがあったのでいただきました。

抹茶とお茶菓子

お茶菓子もアジサイ型です(笑)。

これだけゆっくりしてたんですが、まだ15時前。
でも、めぼしいうどん屋さんはもう終わってます。
とりあえず向かった先は…。

道の駅滝宮

道の駅 滝宮です。
ここの名物?が…

さぬきうどんアイス? さぬきうどんアイス!

さぬきうどんアイスです。
なめてみたら、たしかにうどんだしの味が…って!

アイスの中から短いうどんが!!

わははは。
これはもう話のネタ以外の何物でも(笑)。

〆にどこかでうどん食って終わりたいなぁ~ってことで、営業時間的にやってそうな、高松市街地のうどん屋さんを目指して移動。
高松ってそこそこにぎやかなところですねぇ。ちょっと意外でした。
で、「鶴丸」というカレーうどんが名物の店があるということで行ってみましたが…。

Img101

営業時間が夜8時からだってさ…しかもよく見ると、日曜祭日は休みじゃないですか…。

周りをよく見ると、どーやら飲み屋街ですね…。
日曜日の夕方では、ほとんどの店がシャッター閉めてます…。

しょーがないので、また近所で店がないかをガイドブックで探しました。ガイドブック大活躍(笑)。
歩いて5分ほどのところに「うどん棒」というお店があるのを発見。
チャンポンうどん食いました。

Img102

あんかけうどんに見えますが…チャンポンの麺がうどんなんです。チャンポンです(笑)。
いやぁ、これはなかなかうまかった。

この時点で17時過ぎ。後は帰るだけですね。

高松自動車道で自然渋滞。
「トンネル出口渋滞終わり スピード回復せよ」とかなんとかいう、一風変わった電光掲示が。
山間を通るのでトンネルが多いわけですが、なにやら1車線で急カーブのあるトンネルがあって、スピードが上がらず渋滞になるようです。
ちょっとした交通集中とトンネルとカーブとの複合要因で渋滞になるんでしょうね。

その前に、2車線から1車線になるところでもちょっと渋滞してました。
車線減少ですのでしょうがないのですが、早くから減少する車線を空けて1列に並んでいます。
要するに、どうせすぐに減少するので、ギリギリで割り込むより素直に並んでいよう、というものですが…。
関西圏は違います。
車線減少ギリギリまで2車線のまま突っ込みます。

みんな素直に1列に並んでいるのに、それを横目に車線減少ポイントへかっ飛んで行くクルマは、間違いなく関西圏の「大阪」「なにわ」「神戸」「姫路」ナンバーでした…。
地域性の違いでしょうねぇ…。

渋滞を抜け、大鳴門橋を渡り、夕闇迫る淡路島を駆け抜け、明石海峡大橋手前の「淡路ハイウェイオアシス」で最後の休憩。
ここには明石海峡の向こう側、本州の明石から神戸にかけての夜景がキレイに見える観覧車があります。

淡路ハイウェイオアシスの観覧車

見ての通り、夕焼けがちょっと残る、ちょうど夜景がキレイに見える時間帯なので、乗ってみました。

淡路ハイウェイオアシスからの夜景

…ウィルコムW-ZERO3[ES]で撮ったんですが…640×480のモードではイマイチですねぇ…。
とりあえず中心あたりに明石海峡大橋、その向こうが明石から舞子にかけての夜景です。

明石海峡大橋のワイヤー部の灯りは、7色に変化します。
時間帯やイベントなどにより、本当に色とりどりに美しく光ってくれます。
「レインボーブリッジ」と呼ぶにふさわしいのは、東京のベイエリアにかかっている橋ではなく、こっちじゃないかと思うぐらい。
誰が「パールブリッジ」だなんて名前を採用したんだ?
実際、地元では「パールブリッジ」だなんて誰も言ってないですね。
逆に「は?なにそれ?」とか言われそうな勢いの、かわいそうなぐらい通ってない愛称です…。

観覧車の真ん中

こちらはゴンドラから撮った、観覧車の中心部。
昼間にも一度乗ったことがありますが、夜はかなり高さが感じられて怖いですねぇ…。
足の裏に変な汗をかきます(汗)。

夜更けの観覧車

ということで、今日の讃岐うどんツアーはおしまい。
なかなか充実した、楽しい1日でした。

2009年06月14日(日) 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき, 趣味 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

迷惑な営業電話を黙らせるマジックワード。

皆さんのご自宅にも、「光にしませんか?」というセールスの電話の1回や2回はかかってきていることでしょう。
え?「1回や2回で済むか!!」って?
うんうん、そうですよね。迷惑ですよね。勘弁して欲しいですよね。

で、「光にしたら速くなりますよ!!」としつこいので光にしてみたところ、「光にしたのに遅くなった」という事例の多いこと多いこと…。

これを光幻想の吹き込みと言います。え?言わない?

で、調べ物をしていて見つけたこんな動画。

-----

YouTube - 簡単なセールス電話撃退法

自宅にかかってきたセールスの電話に対して、

「今忙しいんだよ、後でかけなおすから、あんたの自宅の電話番号を教えてよ」と。

すると当然「個人情報なのでお教えできません」
そこですかさず「ああそう、自宅に電話してほしくない、と」「そうです」
待ってましたとばかりに「俺もそうなんだよ。じゃ」ブチッ。ぷーっぷーっぷーっ。

…∑( ̄O ̄;
そ、その手があったか!!!


2009年06月13日(土) 定番トラブル, おすすめサイト, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 迷惑電話関連 | | コメント (20) | トラックバック (3)

2009年6月12日 (金)

Wordの選択した文字列を右クリック一発でGoogle検索したい。

こちらは別件でのお伺いで質問を受けたもの。

「Wordで、文中の選択した文字列を、右クリックしたらインターネット検索できるようにしたいんですが」

お聞きしてみたら、どうやら知人の方のパソコンでは、そうできるようになっているようです。

…うーん、ブラウザの文字列では、インストールされたツールバーのついででそういうことができるようになっていることが多いですが…ワードでは…。

まぁ、実際にできるようになっている人もいるようですから、何かやり方があるのでしょう。
残念ながら私はやり方を知らないので、ぐぐってみるしかありません。
ということで調べてみました。

-----

早速発見。

テープリライター必見 テープ起こしメキメキ上達法 :テープ起こしの必須知識

① ワードメニューバーの「ツール」 → 「ユーザー
  設定」 → 「ツールバー」パネルの「ショートカ
  ットメニュー」にチェックを入れる。すると、メニ
  ューバーのような小さな「ショートカットメニュー
  バー」が画面に現れる。あとで使うので、これが出
  ている場所を覚えておく。
② 次に、「ユーザー設定」パネルの「ツールバー」右
  隣の「コマンド」画面を開く → 左側の「分類」
  で、「Web」を選択 → ①のショートカットメニ
  ューバーの「テキスト」をクリック → プルダウ
  ンメニューの「テキスト」選択 → 出てきた右の
  メニューの好きなところに、先ほどの「分類・Web」
  右隣の「コマンド」の「アドレス」をドラッグ。
なるほどなるほど。
ワードのツールバー機能をうまく使って、ということですよね。

でも実際にやってみると…。

では、いよいよ実際の使い方です。ワード作成中の選択文字を右クリックすると、先ほど追加した、URLアドレスを書く窓が出てきます。
 
その窓に、「http://www.google.co.jp/search?q=キーワード」と入れます。この「キーワード」というのは、「キーワード」と書き入れるのではなく、「調べたい用語」を書き入れてくださいね。
…どうやら、検索窓にキーワードを自分で入力するか、コピペしなければならない。

「ん~、これはちょっと違うような気がしますね…右クリック一発で検索してましたから…」

…確かに、これはその都度キーワードを何らかの形で入れなければなりませんから、あらかじめ検索サイトを表示してあるブラウザウィンドウに切り替えて入力、というのとほとんど違いはありません。
もう一つの常駐物のフリーソフトも、雰囲気的に同じような感じ。
まぁウィンドウを切り替えなくていいから、と言えばそれはそれですが、お客様も「違う」とおっしゃるわけですから、もっと違うやり方があると思いますが…。
と思ったら、こんな別エントリーが。

朗報です、右クリックでグーグル検索(Word) :テープ起こしの必須知識

んー、他の方が作ってくれたとのこと。
早速見に行ってみます。

選択した文字列をグーグルで検索 :みんなのワードマクロ

選択された文字列の上にカーソルをあわせて右クリックをします。メニューに「グーグル検索」と表示されるので、そのメニューを選ぶと、インターネットブラウザが自動で立ち上がり、検索結果画面を表示します。
…おお、どうやらコレがそのご所望のモノらしいですよ。

では早速ダウンロード…って、別エントリーに移動しましたか。

ぐーぐる検索用の右クリックマクロ(ワイルドカード対応版) :みんなのワードマクロ

こちらからダウンロードできるようですね。
マクロを組み込んだテンプレートを開くことで、この機能を右クリックメニューに組み込むことができました。
まずは調べたい語句を選択し、選択部分を右クリックすると…おおっ!!その語句のGoogle検索結果が表示されてます!!

「ああっ!これですこれです!!コレがやりたかったんです!!」

お聞きすると、やはりテープ起こしでこれをやりたかったようです。
私はテープ起こしは、やったことがあるのはあるんですが、自分の書く原稿用とかだったと思いますので、こういうことまではやらなかったような気がします。
このお客様も、一つ目のブログの人も、同じくテープ起こし関係の人ですので、やはりテープ起こしでは必須のテクニックなのでしょうね…。

-----

私の専門は、どちらかと言うと、設定やトラブルの解決ではあるんですが、こういう「こうできたらいいのにな」という部分は、すでにフリーソフト等が公開されていない場合は、プログラムを組む部分になりますので、私にはできない領域になってきますね…。
25年以上前の、私がコンピューターに初めて触れた頃は、基本的には、

コンピューターに触る=プログラムを組む・入力する

でしたから、とにかく当時のコンピューター(マイコン)は、

プログラムを何らかの形で「扱う」ことができる人、それをしようと勉強する意欲のある人しか触れない

状態でした。
でも、私は「プログラムを組む」という現場から早期に離れてしまい、パソコンが普及し、パソコンを扱う人が「プログラムを組める人」ばかりではなくなってしまった時期から、そういう人のお世話をするようになり、今に至ります。

その頃(正確にはそれよりもう少し前)のマイコンキットが、この度発売されるようです。

Vol.24 4ビットマイコン | 大人の科学マガジン :大人の科学.net

次のふろくは4ビットマイコン :大人の科学マガジン編集部BLOG

『大人の科学』4ビットマイコンに触る :遠藤諭の東京カレー日記

そもそもコンピューターというのは、たとえどれだけ進化しても、「人間の命令した通りにしか動かない」という基本に違いはありません。
もしご興味があれば、その手ごたえを直接感じることのできる、こういうキットを、あなたも手にしてみてはどうでしょう?

アマゾンでは、

大人の科学マガジン Vol.24 (4ビットマイコン)
大人の科学マガジン編集部

大人の科学マガジン Vol.24 (4ビットマイコン)
学習研究社 2009-07-01
売り上げランキング : 135


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

現時点では発売前ですので、まだ予約のみ、商品写真もないようですが…。

私ですか?もちろん買いますよ!
また時間があれば記事にしてみたいと思います。

2009年06月12日(金) パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

修理不能?

こちらは遠方のお客様。
フリーダイヤルで全国から宅配便にて修理受付を開始してから、遠方のお問い合わせが増えました。
やっぱりフリーダイヤル効果は大きいですねぇ。

で。

そのお客様の問い合わせ内容はと言うと…。

「パソコンが起動しないので治して欲しいんです」

お聞きすると、ブルースクリーンが出るらしいんですが、

STOP:0x000000ED

だそうです。
こりゃアレです、

2009年3月18日 (水) いや、それはまずいでしょ…。
2009年5月26日 (火) UNMOUNTABLE_BOOT_VOLUMEは、本当に断末魔の叫びなのか?

UNMOUNTABLE_BOOT_VOLUMEです…。

正直なところ、かなり微妙なトラブルです。
そのままハードディスクの修復で復旧する場合もあれば、まるっきり無理で、ハードディスク交換しかないものもあります。こればっかりは着手しないとわかりません。

「はぁ~やっぱりそうですか~…いや、実はメーカーにも電話したんですが…」

…が?

-----

「メーカーの人いわく、
 
『修理できません』
 
なんだそうですよ…で、あちこち探してて、こちらを見つけたのでご連絡したのですが」

…は、はいぃ??

よくよくお聞きすると、東芝ダイナブックで、XPの出始めの頃の機種なんだそうです。
出始めということは…2001年後半~2002年あたりか。
もう7年ほど前ってことだから…もしかしたら、保守部品の保有期限にひっかかったか?
調べてみると、

[PDF] 東芝 PC 工房 サービスメニュー / 取扱商品 のご案内

これの2ページ目には、こんな記述がある。

  • 商品発表月より6 年6 ヶ月を経過した製品につきましては、修理できない場合がございます。
    あらかじめご了承ください。
※保守部品(補修用性能部品)は、本製品の機能を維持するために必要な部品です。保守部品の最低保有期間
は、製品発表月から6 年6 カ月です。保有期間の終了をもちまして、修理対応は終了とさせていただきます。
商品発表時期につきましては、東芝dynabook.com
[URL: http://dynabook.com/pc/catalog/support/cata2008.htm]をご確認ください。
「製品発表月から6 年6 カ月」だそうです。
2002年発売の機種だと、見事に保有期間を過ぎてますね…。
なるほど、こういうことですね…。

WindowsMeなんかの場合は、

2008年12月15日 (月) 富士通さんの言うことにゃ…。

すでに修理ができないことを表明しているメーカーもありますが…XP機も、モノによってはもうそんな時期になりつつあるんですねぇ。

「どうでしょう?治りますでしょうか?」

…うーむむむむむ。
先に申し上げたとおり、運よくハードディスクの修復で復旧すればいいのですが、東芝製のハードディスクだと、修復ツールがないので、ハードディスク交換になってしまう可能性がかなり高くなります。
東芝ダイナブックですから、おそらくハードディスクも東芝でしょう。
ハードディスク交換の場合、リカバリCD-ROMがないとシステムの入れ直しができません。お持ちでしょうか?

「…えーっと。付属品は何も残ってないんですが…」

うーん…それだとリカバリディスクをメーカーに言って入手…って、メーカーももう保有してないんですよね…。
運よくハードディスクの修復ができたらいいんですが、そればっかりはやってみないとわかりませんし、着手すれば診断のみでも料金がかかってしまいますし、往復の送料は有無を言わさずかかりますので、かなりリスクが高いですねぇ…。

まぁ、Windowsがダメでも、Ubuntuなど他のOSを入れることもできるわけですが、自己責任の世界ですし、Windowsとはかなり操作が変わりますので、その辺の違いを吸収できる人か、フォロー体制ができている利用環境でもないと難しいと言えます。

それに、初期のXP機ということなら、おそらく256MB、下手すると128MBです。
最大容量が384MBとかであれば、もう今後使うにも支障が出ます。
もしそういう低スペックであれば、そこそこのお金をかけてまで修理するのは、ちょっとお勧めいたしかねます…。

「そうですか…。そういうことだと、ちょっと考えた方がいいかもしれませんね…」

…ウチとしても、修理不能という結果はなるべく作りたくありません。
できればよくよくご検討いただければと思います。

-----

今回は、結果的には修理を断念された形で終わりましたが、こういうものは、とにかくご相談いただかないと何もわかりません。
あきらめてしまう前に、ぜひ一度ご相談ください。


2009年06月11日(木) ソフトウェア不具合関連(リカバリ), ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

レンジでパスタ。

調べ物をしていて見つけたこんな記事。

“もう挫折しない”健康管理:150円でおいしくダイエット――いいことずくめの“パスタ弁当” :誠 Biz.ID

ここで紹介されているのは、

レンジでパスタ 1.2L

レンジでパスタ 1.2L
エビス
売り上げランキング : 542

おすすめ平均 star
starかなぁ〜り使える♪ 
star限られた環境で美味しく
star楽をして得られる味

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このタッパーウェアのような入れ物。
12分で1人前のパスタを、電子レンジでゆでることができるというもの。
まぁ、コンロがなくても、ナベがなくても、職場などにある電子レンジで、火を使わずにゆでることができるのはなかなかポイント高いかな。

でも、値段を見てみたら…

え~?これが500円以上もするの??

高っっっ!!!

と思ってたんですが…。

-----

この記事を見つけた翌日、某100円ショップをふらふらしていたら。

やっぱりありましたよ… ( ̄△ ̄;

要は、長さ的にパスタの入る長さの入れ物で、フタに湯切り用のスリット分量を量る穴があればいいだけですから、100円ショップのメーカーが目をつけるのは当然といえましょう。

まぁ100円ですし、早速買ってきました。

D1000363


ためしに作ってみたところ…ちゃんと作れます。フツーのスパゲッティができます。
当たり前か(笑)。
職場なんかだと、パスタソースは粉で混ぜるだけのものがお勧め。

で。

ためしに4人分ほどのパスタを入れて作ってみたら…。

…( ̄△ ̄;

しまった…パスタ自身が吸い込んでしまう分量を計算に入れてなかった。
パスタが全部吸い込んでしまい、ゆで汁がなくなってました…。
ゆで汁には塩を入れてますから、かなりしょっぱいパスタが出来上がってしまいました。

どうもこの容器だけだと、150gまでが限界らしい。1.5人前だそうな。
付属の説明書を改めて読んでみたら…そう書いてありました。
やっぱ説明書は大事だねぇ。

2009年06月10日(水) ウェブログ・ココログ関連, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, 趣味 | | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

トラブルシューティングは誰のため?

これ、どこのサイトで見たのかは忘れましたが、タイトルでついつい釣られて読みに行ってみました。
なんだかこの仕事の根幹に関わる心理的な部分の話かな~?とか思いながら、ぽちっとな。

トラブルシューティングは誰のため? :秋的屋

…全然違ってました(苦笑)。
でも、これはこれで深いので、コメントしてみたいと思います。

-----

要は、ここで言う「トラブルシューティング」とは、説明書での「困ったときのQ&A」とか「故障かな?と思ったら」の記述の部分の話。

大層に書いたぁるけど、いっこも役に立たへんやん

みたいな内容ばかりで、

意味あんの?

と。
うんうん。
わしもそう思う。

…と書きかけて「ワシもそう思う博士」をぐぐってみたけど、すんなり画像が出ないなぁ…。
※すんません、意味のわかる人だけ笑ってください…。

とはいえ、ありとあらゆるトラブル事例を網羅していたら、それだけでとんでもない分量になりかねない、という話。

似たような話を以前書いたことがあります。

2005年3月10日 (木) オンラインマニュアルの存在意義。

趣旨はほぼ同じですが、くだんの記事は、

となると必然的にマニュアルに載せる内容は簡易的なものになるわけです。こう考えると、単に自分がトラブルシューティングの対象から外れているだけであり、それなりに存在意義はあるのかな、と思いました。
ということで、少し踏み込んだ結論を出しておられました。
まぁ、私も仕事柄、普通では掘り起こせないようなトラブルシューティングを掘り起こすのが仕事ですので、たいていの場合、説明書の「トラブルシューティング」は役に立たないことが多かったりはしますが、油断は禁物です。

2005年9月 2日 (金) ノートパソコンの電源が入らない。

パソコンの説明書や、委託案件・法人案件の手順書というのは、見落としてると痛い目にあう記述が意外とこっそり書かれてます。
法人案件なんかではテキトーに流すとえらいことになることもありますので、どんなに変なことが書かれてても、その通りやらなければならないですね。
一般の案件の場合でも、説明書はとりあえず基本ですので、迷った際は、やはり一応は目を通してみるのがよろしいかと。
結果的に「役に立たなかった」のは、目を通したからこそわかったことであり、逆に、思わぬ見落としを発見して解決に至ればラッキーですから。

パソコンのトラブルの現場に行った際、

負けないこと、投げ出さないこと、逃げ出さないこと、信じ抜くこと、ダメになりそうな時、説明書が一番大事。by大事マンブラザーズ。

え?大事マンブラザーズはそんなこと言ってない?言ってない…。はぁ…。

2009年06月09日(火) パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

ネットブック・ネットトップはどうなの?

最近、セットアップとか無線の接続とかでよくあるのが、いわゆるネットブックとかネットトップとか言われている、低価格パソコン。

ネットブックはいまさらですのでおいといて、ネットトップは、たとえばこんなの。


【送料無料】MSI Computer ATOM搭載18.5インチ液晶一体型コンピュータ白モデルMSI NetOn Wind Top AE1900-WH【在庫目安:お取り寄せ】

こちらは6万円台ですし、


【16時までのご注文完了で当日出荷可能!】【送料区分A】【在庫あり】BENQ I91 / nScreen i91 I91

こちらはCD/DVDドライブがないものの4万円台。

それぞれ、MS-Officeが入ってませんが、Intel ATOMプロセッサーやAMD Sempron210Uプロセッサ搭載で、インターネット・メールといった通常の用途には全く問題なく使えます。
また、コンパクトなので設置面積もそれほど取られず、大きなデスクトップPCのように空冷ファンがブンブンいいませんので、気軽に設置できます。
それに、WindowsXP搭載ですので、「Vistaはいらない」「慣れたXPがいい」という用途にはもってこいです。
なかなかいいことづくめっぽいですが…。

-----

ネットブックでよく言われるのは、

初心者にはお勧めできない

という話。

単純なところ、CD-ROMを読み込むための光学ドライブがないものがほとんどなので、ドライバのインストールがCD-ROM供給だと素人では対処できない場合がある、ということ。
たとえば、それ1台しかない状況で、フレッツ光の設定が初心者にできるものなのか、というと、ほぼ無理でしょう。
プリンタ等の周辺機器に至っては、おそらく想像もつかないのではないかと。
(別のパソコンでCD-ROMからUSBメモリにコピーして持ってくるとか、メーカーサイトからドライバをダウンロードするとかすればいいのですが…)
学生や社員に「個人端末」として配布するのであれば、基本的にはネットワーク管理者がいるはずのところなので、それなりのフォローはまだ期待できますが、個人で買うのに、「単なる安いパソコン」だと思って、「初めてのパソコン」として買ってしまうと、いろいろ苦労することになってしまいます。

そして、もう一つ注意しなければならないのは、購入方法。

実際の価格は16万円!? 「100円パソコン」の購入は使い方を考えてから! :日経トレンディネット

ネットブックの100円販売です。

まぁこの手のものは、毎月の基本料金で回収していることがほとんどですが、ちょっと使っただけですぐ上限に達してしまうのは考え物ですね。
ほとんどメインPCであるかのように、毎日それなりにバリバリ使う人であれば、それはそれで問題ない(っていうか逆にお得な)のですが、「時々使う程度」というライトユーザーであっても、20ページも表示しないうちに上限に達してしまうようでは、ライトユーザーでもヘビーユーザーと同じ料金を支払うことになるわけで、

ますますもって初心者にはお勧めできない

ということになります。
私のお付き合いのある店では「初心者にはお勧めしてません」と言ってましたが、こういうからくりもあるわけです。はい。
何万円もする端末をセット販売するわけですから、早期解約にもやはりそれなりの負担があるので、目先の安さに惑わされないように注意が必要ですね。

2009年06月08日(月) ハードウェアアップグレード関連, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年6月 7日 (日)

「つながらない」で、とりあえずやってみるべきところ。

こちらは「ページを表示できません」とおっしゃるお客様。
実は、以前お伺いしたことのあるお客様です。

2007年8月27日 (月) 誰がこんなことを?2連発。

ここで「無線LANでつながった子機3台が全てつながらない」のお客様です。
今回も同じ症状です。
今年はまだゲリラ雷雨はないし、雷雨の影響とは考えにくい。

お伺いしてよくよくお聞きすると、どうも回線業者であるeo光には連絡済で、来てもらって確認してもらうと、やはり前回と同じく「回線には問題ありません」だそう。
うーむ。

単純な話、突然つながらなくなったら、無線LAN接続の場合、

  1. パソコン自体の再起動
  2. パソコン自体の無線LAN機能のスイッチの確認
  3. ルーターの再起動
  4. 回線業者への問い合わせ
  5. パソコンもしくはルーターの何らかのトラブル
という順番で疑うのが基本です。
これは、

2007年10月17日 (水) 「インターネットにつながらない」の辿り方。

こちらでも書いたとおりです。
今回はちょっと引っかかった部分がありましたので、書き残しておきます。

-----

今回のトラブルは、無線子機3台が全てつながらないので、パソコン個別の問題とはちょっと考えられません。
内蔵子機や、PCカード型子機が混在していて、それでいて全てつながらないわけですから、よくある無線のスイッチの入れ忘れなどではないことは間違いありません。

タスクトレイのアイコン表示などで見てみるに、とりあえず、無線はつながっているようですので、ルーターの設定画面を開いてみましょう。
設定画面は開きます。つまり、ルーター自体はまだ死んでない、ということ。
今回はeo光ですので、PPPoE接続のルーターとして動いているはずですが…WAN側の接続ができていません。
うーむ。これだと無線でも有線でもダメってことですよね。
ここで考えられるのは、PPPoE設定が飛んでいるとか、何らかの理由でIDが変更になったとか…。

一応、管理画面で接続のログを見てみると…なにやら「認証しました。接続しました」と「認証を解除しました。接続を切断します」(実際には英語表記)をやたらと繰り返す。

「認証しました」ってことは、接続IDやパスワードが間違っているわけではないはず。
おかしいなぁ…なんかおかしい。

管理メニューにある再起動ボタンで、ルーター自体を再起動。
普通、ルーターの一時的な問題なら、これで治るはず…って!やっぱり同じ!

うーむむむむむ…。

何度か再起動とログファイルを眺めるのを繰り返して…ピンと来た。

もしかして、電源を入れ直さないとダメなんじゃない?

無線ルーターのところまで来て、ルーターの電源を抜いてみて、数秒後におもむろに刺しなおし。
ルーターのランプが元通りの点灯状態になるまでしばらく待ち、無線子機のパソコンへ戻ってみたら…。

WAN側の接続ができてます。

…ということは…。

インターネットへの接続は問題なくできてます。Yahoo!Japanなどの表示も問題なし。

…( ̄△ ̄;

どうやら、管理画面からの再起動(ソフトリセット)だけではダメで、電源の入れ直し(ハードリセット)をしないと復旧しない状態だったようです…。

横着こいてないで、最初から電源を入れ直せばよかったですねぇ…。

無線でつながっているパソコン全てを再起動してみたりしてきちんとつながっていることを確認してお引渡しです。

-----

それにしても、eo光の技術屋さんも、ルーターの電源の再起動ぐらいはアドバイスしてもいいんじゃないの?とは思うんですけどね。
おそらく責任の範囲の問題で、ONU以降は触れないんでしょうねぇ…。

…いや、触ってくれなかったからこそ、私のところに依頼が来たんです。
eo光さん、ありがとう。

でも、お客様的には、ウチでもeo光でも、来てもらった人に一発で直して欲しいと思うでしょうに…。
責任範囲の問題で、そういうところを触れないのはわかるんですが…微妙な問題です。
今回は、お客様的には、冒頭で書いた「つながらない」を疑う順番を、知ってか知らずか、順当に実行されていたわけですが…。

本来なら、我々のような業者が、パソコンに関していろんなところを総合的にお世話する窓口(コンシェルジュ)になれれば、お客様的には喜ばれるんでしょうけど…。

コンシエルジュ :フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

回線トラブル解決からメーカー修理代行、果ては使い方指導や家庭教師まで…。
まぁ個別にやらせてもらっている項目ばかりですが、「とりあえず何でも聞いてください」とできればいいんですけどねぇ…電話だけで終わってしまう項目って意外と多いですから、そこまで全て受け付けることができるのは、大手のコールセンターぐらいでしょう。
でも、大手になると、「一手に引き受け一手に解決」の力量はあるはずですが、必ずたらい回しになっちゃうんですよねぇ…。
だからこそウチの存在意義があるわけですが…。
昔の電気屋さんは、実際そうだったわけですが、今は責任範囲の問題で、なかなかそこまでできません。
お客様の不満は、当面はなかなか解消に至らないでしょうね…。

でも、私をお呼びいただいたお客様には、設定や再起動の待ち時間でその辺の話をさせてもらっているので、ほとんどの場合、

「たまたま見つけたのでお呼びしたけど、お呼びしてよかったです。ぜひまたお願いします」

と言っていただけることが多いのが、こちらとしても嬉しいですね。
この仕事をしていてよかったと思える瞬間です。

2009年06月07日(日) 定番トラブル, ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

それは世間によくある誤解。メール編。

メールの設定は、最近はかなりメンドクサくなりました。
Port25BlockingだとかSMTP認証だとかで、メール送信設定が、当初プロバイダから発行された用紙に書いてある設定情報がそのまま使えない(とりあえず使えますがいずれ使えなくなる)のと、送信認証のやり方がプロバイダによって微妙に違うので、その都度確認が必要なのです…。

2008年2月11日 (月) Biglobeのメール設定。
2008年4月26日 (土) OCNのメールが送信できない。
2008年12月 2日 (火) パスワードが合ってるのにメール受信できない?

こんな具合に、細かい事情を書き出すと、かなりのイレギュラーがあるという状態。
もう「その都度確認」が最も確実です…はい。

はてさて、新しいパソコンにそんな設定をしながら、よく聞かれるのは、

「今度からこのパソコンにメールが届くんやね?」

…うーん…まぁそう考えてもらっててもいいんですけど、厳密には違いますよね…。

-----

最近は、パソコンでメールをしてない人も多く、携帯電話(ケータイ)でメールをしている人が多いので、ありがちな誤解として、

メールは端末(ケータイ・パソコン)に直接届くもの

と思っている人も多々おられると思います。

しかし、ケータイのメールもパソコンのメールと同じく、

いったんセンターのメールボックスで受ける

という原理に違いはありません。
ただ、ケータイの場合は、センターからケータイへ「届いたよー」という知らせが飛んで、ケータイが自動的に受け取りに行く、という形なので、ケータイへ直接メールが届くという勘違いをしてしまいがちです。

でも、以前は、ホントに端末へ直接メールを送るものがありました。
DDIポケット(現:ウィルコム)のPメールです。
相手が圏内にいて、通話できる状態にある場合のみ、送信できる仕組みです。
専用の呼び出し信号で端末を呼び出し、メッセージを送信するもの。
圏外だと送信できませんので、送れれば届いていることになります。あとは相手が読むかどうか、です。
ただこれは、「圏外だと送信できない」という、あちらの都合によっては送信すらできない、という点がウケなかったのでしょう、他社はほとんど追随しませんでした。
まぁそれはそれ。

ドコモの場合は、圏外から圏内に戻ってきた場合に、メールを取りこぼしている場合のための「センター問い合わせ」という機能があり、センターに残っているメールを受け取ることができるようになってます。
ドコモの場合、第3世代と呼ばれる「フォーマ(FOMA)」という種類にほぼ移行しています。FOMAの場合は、圏内に戻ってきたり、通話直後などにメールを取りに行くようにできていますが、第2世代と呼ばれる「ムーバ(mova)」の頃は、自動的にセンターへ取りに行く機能が弱く、しばしばセンターにメールが滞留することがあったので、movaの頃からのドコモユーザーの方は、この辺の感覚はなんとなくわかるのではないかと思います。
しかし、幸か不幸か、ドコモ以外のケータイの場合は、この辺が意外と強かったので、かなりの人が

メールは端末(ケータイ・パソコン)に直接届くものという誤解

が蔓延してしまっています。
パソコンの場合は、ほとんどの場合は、センター(メールボックス)に届いたからといって、すぐにパソコン上で見られるわけではありません。
せいぜい、起動時に受信する設定がONだとか、自動受信機能のインターバルで「15分おき」とか「30分おき」ぐらいで受信しているに過ぎません。
急ぐなら「送受信」ボタンを押せ、程度の話。
まぁ、1時間単位で考えれば、その間にメールはパソコンが受け取りに行ってますので、やはり「パソコンに届く」という誤解を生じやすい状態です。

あくまでパソコンはメールをセンター(メールボックス)に取りに行く立場

であることを理解しておかないと、

新旧2台のパソコンで同じメールアドレスを設定してしまうと、2台でメールの取り合いになる

という現象を理解できなくなります。
その辺を説明するのに、

家に届くハガキは、あくまで郵便受けに届くのであって、自分の机には届かないので、郵便受けに取りに行く必要がある

というたとえ方をしています。
さらに、

郵便受けに取りに行くのに、たとえばお兄ちゃんが先に取りに行き、すぐ次にお姉ちゃんが取りに行くと、先にお兄ちゃんが回収した分をお姉ちゃんは受け取れない、ということになる

とお伝えすれば、たいていの方はご理解いただけます。
ですので、

同じメールアドレスを別のパソコンで運用するのはかなり面倒なので避けたほうがいい

という説明はスムーズに通ることが多いのですが、プロバイダの会員情報画面からメールアドレスの追加取得という面倒な作業が発生するという諸刃の剣。素人にはお勧めできない。
でも、パソコン2台で同じメールアドレスの設定してて、あとで「メールが届かん」なんていう問い合わせをもらっても困りますので、仕事で追加のパソコン設定でお伺いする分には、きちんとしておかないといけません。
メンドクサイっちゃーメンドクサイんですが、仕事ですので…。

2009年06月06日(土) 定番トラブル, パソコントラブル, パソコン・インターネット, メール送受信関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

メールはあくまでメールであって、メール以上の何物でもない。

以前、こんな記事を書きました。

2008年9月30日 (火) 急ぎのメールって?

基本はこの辺となんら変わりはないのですが、ちょっとためになる記事を見つけたので、改めて。

-----

前回も「10分以内に返事を返さないと…」という内容を書きましたが、それを裏付ける内容の記事がありました。

携帯使う中2の1割「すぐに返信せず友だちにキレられた」経験 :INTERNET Watch

 中2(携帯電話・PHSの所有者845人)の回答では、「絵文字で気持ちを伝えることが多い」が60.2%に達した。「メールの返信がないと不安になる」については25.9%、「すぐに返信しないで、友だちにキレられたことがある」は11%だった。

…( ̄△ ̄;

もうこうなると病気だね。
ワーカーホリックならぬメーラーホリックだね。メール依存症

そもそも、e-mailというものは、原理から言えば、郵便ハガキとほとんど同じで、

  • すぐ届くことを保証していない
  • システム上、届いたことの確認が送信者からはできない
  • そもそも確実に届くことを保証していない
のです。
郵便はがきの場合は、届かない場合の調査はしてくれますが配達証明ではなく、また汚損の賠償はされないことになってます。要するに、確実に届けたいなら書留にしなさい、という考え方。

メール送信はほとんどの場合一発で完了してしまいますが、センターが混み合うなど何らかの理由で、その先の配信遅延が発生することは、ない話ではありません。

私も一度、家にいるムスメのケータイに向かってたまたま「これからカエルぞ、なんか買い物とかないか」とカエルメールをしたところ、返事が返ってこない。
おかしいな、と思いながら家に帰ってきたら、「え~!!今返事打とうとしてたところやのに!」という。
もう30分ほども前に送信したのに…と言うと「今届いたよ」とかなんとか。
同じドコモだったのに、こういうこともあるのか?という体験。
それ以来、カエルメールではなくカエルコールにしてます。はい。

送信が完了したメールが、相手に読んでもらえるまでの遅延が発生する要因はいくつもあります。

  • 送信サーバーの遅延(センターからの送り出しに時間がかかる場合がある)
  • 受信サーバーの遅延(インターネットからの受け取りに時間がかかる場合がある)
  • 端末が受信するまでの遅延(圏外など、回線がつながっていない場合がある)
  • 受信者が本文を読むまでの遅延(端末から離れていて見ていない場合がある)
てな感じ。

国内のケータイ同士のメールでは少ないでしょうけど、パソコンのメールでは、海外経由なんかだと、数時間の遅れがあったり、途中で消滅したり、ということがあった時代があります。
最近はさすがに少ないのでしょうけど…。

こう言ってしまえば、どちらかと言うと、すぐに読まれることの方がスゴイんじゃないか?と思えますね。

そう、回線が問題なく通じている状態で、メール端末に張り付いて常に受信しまくり状態でないと、すぐに読むことなどできないのです。

つまり、メーラーホリックだと、それですら自分にとっては当たり前の行動と状況なので、

「こんな自分でもやってるんだから」

と、

自分の依存症めいた行動を相手にも要求する

というのが、

相手の都合を考えない、手前勝手な行動

であることに気付かないのです。
さらに、それをつねづね要求することにより、

相手も「メールをすぐに返さなきゃダメ」という強迫観念を刷り込まれてしまう

勢い、それが伝染し、

他の人にも「メールをすぐに返さなきゃダメ」という強迫観念を刷り込みにかかる

という悪循環。
インフルエンザか?

さらに、人に強迫観念を刷り込むためのマジックワード、

「みんなそうしてるよ」

…みんなそうしてたらなんでもやるんか?
「赤信号みんなで渡れば怖くない」んか?
みんながやってたら正しいんか?
違うでしょ。
「みんなやってる」が「正しいこと」とは限らない。
いい年した社会人でも、他人を説得する際や「正しい」ということを説明する際に、なんでもかんでも「みんな」を論拠や基準にする人が時々いることには、本当に呆れてしまいます。

そりゃ、ぱっぱとメールのやり取りができれば気持ちいいのは確かですが、それをできる時とできない時があることを理解しなければなりません。
だからこそメールという手段にしているのであって、

急ぐなら電話しなさい

という原則に変わりはないのです。

そういうことを学校で教えるとか、キムタクあたりがTVで「メールなんてすぐ返せるわけねーじゃん、10分で返せだ?はぁ?バカじゃね?」とか言ってたりすれば、ちったぁ変わりますかねぇ。

仕事で使う上においては、

新入社員の為のメールの読み方・書き方講座 :3流(技術屋 and 本読み)
(ところで、なんで日付に付いたタイトルが「アーアーアー引越センター」なんだろ?)

こちらの記事はなかなかいいことを書いていると思います。
新入社員だけでなく、メールを仕事上の連絡手段として使っている人にも、もう一度改めて読んでもらいたい内容ですね。

とりあえず、項目だけを引用してみますと、

1.受け取ったメールの行き先を確認する。
2.受け取ったメールの本文を見る。
3.本文を読む。
4.本文を書く。
5.タイトルを書く。
6.本文を見直す。
7.行き先を書く。
8.行き先を確認する。
9.メールを送信する。
てな感じ。
項目だけを見たら「なんだ当たり前じゃん」とか思うでしょう。
しかし、CCとかBCCとか使い始めると、この辺の項目と流れは意外と重要です。
この記事には項目以下に細かいことがいろいろ書かれてます。そちらも含めてご参照を。

でも、惜しむらくは、4.5.6.あたりで、もう少し「メール本文の書き方」に踏み込んで欲しかったところ。
これは前記事の

2008年9月30日 (火) 急ぎのメールって?

にも書きましたが、

メールはたとえ読まれていても、必ずしも返事がもらえるとは限らない

ということ。
相手が中学二年生みたいなメーラーホリックならまだしも、ほとんどの人は、仕事でメールを使うことに対してそれほど積極的とは言えません。オジサン世代は特に。
メールでテキトーな指定しかしてないと、当然ながらテキトーにしか扱われないのです。
この辺は以前の記事、

2009年5月30日 (土) どうしてプリンタが認識しないのか?

と同じ。

テキトーな記述では、相手もテキトーにしか動かないのです。

あと、9.の項目にもありますが、急ぎで返事が欲しいのなら、相手がメールを見落とす・読まない・読めない可能性を考慮して、

急いでいる旨を電話で伝える。

これは基本中の基本です。

メールはすぐに届くとは限りません。
電話はつながればその場で相手に伝えられますが、メールは送ってもすぐに読まれないどころか、すぐに届くかどうかすら保証がありません。

メールはあくまでメールであって、電話ではないのです。

コレが最も重要です。はい。

2009年06月05日(金) 定番トラブル, ネットにつながらない・遅い, パソコントラブル, パソコン・インターネット, メール送受信関連, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき, 迷惑メール関連 | | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

モノスゴク容量を食っていたものの正体は…。

こちらは「リカバリでいいので治してほしい」というお客様。
最初からリカバリの依頼も珍しいのですが…ご近所ですし、引取前提でお伺いです。
パソコンは、ソニーの一体モノのXPデスクトップ。
テレビも視聴できるんですが、パソコンの処理速度が遅いのと、空き容量がほとんどないので、ウイルスとかの可能性も考えて、リカバリの依頼です。

お伺いしてみたら…うーん…こりゃ遅いのは当然っちゃ当然ですが…。

-----

今回のパソコンは、PCV-V151B/B。

PCV-V151B/B | 製品別情報 | サポート | VAIO | ソニー

画面は15型で、一体もののパソコンとしてはコンパクトですが、なかなかカッコいい筐体です。
で、発売時期からして、メモリは256MBしか積まれていません。
起動したところのロゴも、WindowsXPに「HomeEdition」を表示してましたので、もうはっきり言って

買ったときの状態そのまんま

の典型ですね。
SP1aなので、自動更新もままならない状態ですし…。

まぁSP2にもなっていない状態なら、まだ256MBでもなんとかなるでしょうけど…。

「遅いのもそうですが、空き容量が少なすぎて、いくら消しても全然減らないので、もうこの際すっきり初期化してもらったほうがいいかなと」

…うーん、空き容量が少なすぎると、確かに動作に問題が出ますしねぇ…。

って!空きが数10MBしかないじゃないですか…。

この状況では、おそらく少々のプログラムを削除しても間に合わないと思うんですけど…。
ちょっとデータを溜めすぎなんじゃないかと…。

「ああ、もうとりあえず必要なデータはないことを確認してますので、初期化でいいですよ」

…なるほど。最初からそう言っていただけるとこちらもやりやすいです。
でも、今のメモリ搭載量ではちょっと足りませんよ。
調べてみたら、特に手に入らない特殊なメモリを使う機種じゃないようですから、最大の1GBに増設した方がいいんじゃないですかね?
256MBからであれば、効果は絶大ですよ。

「じゃ、それもお願いします」

ということで、説明書や付属ディスクをお預かりして、メモリ増設とリカバリで引取作業です。

-----

まぁざっくりとリカバリしてしまってもいいんですが、その前に、異常に容量を食っている原因を探っておかないと。
原因がわからないと、リカバリしてから同じことをしていたら、こちらのリカバリ作業を疑われかねない。

お客様は「削除できるデータは削除した」って言ってたのに、空き容量が残り数10MBしかないってのは、いくらなんでも変だ。
マイドキュメントやらそれらしきフォルダをいろいろ見ても、ほとんどファイルがない。
まさかと思ってCドライブのルートを見てみると。

C_root_01

なんかファイルサイズが0バイトのtmpファイルが山のように…1800ほどありました。
これでよく起動できてたなぁ…こんなにたくさんファイルがあると、

2007年11月24日 (土) また起動しなくなりました…。

と同じく、起動しなくなっちゃうんですけどねぇ…。
一応、tmpファイルですから、消してしまえば済む話ですが、ファイルサイズがゼロなだけに、容量の削減にはつながりませんでした。
あと…なんかWinMXのアイコンがあるんですが…うーむ。

ちなみに、知らずに容量食ってる定番モノは、インターネット一時ファイル「システムの復元」データ。

特にインターネット一時ファイルは、何かと不具合の元となっていることが多く、普通の使い方なら、基本的に100MB以上はあっても意味がありません。
これは、そもそもは、ダイヤルアップなどの低速回線での回線利用効率を良くするために存在するもの。
一度読み込んだデータで同じものを使う場合、「インターネット一時ファイル」に置いてあるデータを再利用することで、低速回線を圧迫せずに、再表示を速くするためのもの。
しかし、ADSL以上のメガビット級の回線では、それほどのメリットとならないばかりでなく、溜め込む量が多いと、かえって該当ファイルを探して読み込む方が遅くなる場合もあり、また、細かいファイルが多いため、他のファイルを巻き込んでドライブの断片化を加速させる要因ともなりかねません。
ですので、ADSL以上の常時接続回線を使っているなら、

インターネット一時ファイルは、必要がなければ100MB以下に設定

が基本です。
参考:Hint:Webキャッシュを減らしてディスクを節約する :Windows TIPS - @IT

まぁ実際、IE7のインターネット一時ファイルの設定は、

Tmpinetfiles

推奨が20~250MBです。

また、インターネット一時ファイルを、ブラウザを閉じれば自動的に消去することもできます。

「ブラウザを閉じたとき、[Temporary Internet Files] フォルダを空にする」

にチェックを入ればOKです。
この画面はIE6ですが、IE7でも同じ項目はありますので、低速回線でない、ADSLや光ファイバーなどの常時接続回線なら、これにチェックを入れておくことをお勧めします。

はてさて、これで仕上げは、

Tmpinetfilesdelete

「ファイルの削除」ボタンで余計なファイルを削除。
(このキャプチャは私のメンテ用パソコンのものですが、「ホームページ」の設定がいつぞやのトラブルの検証をしたときのままなのは内緒です。内緒ちゃうって。)

多い時は数分かかって削除されることがあるので、しばらく待つ。待つ。松。待つ。

…小一時間経っても終わりません…。

インターネットオプションのウィンドウを触ってみても、「反応なし」となってしまう。
うーむむむむむ…。

こういうことは初めてです。
ハードディスクはなにやら一生懸命ガリガリやってるようですし、朝方に作業してて、もう出る時間になってしまったので、とりあえず放置で仕事に出ました。

昼過ぎに戻ってきたら、終わってました。

そして空いた容量は…なんと4分の3ほど空いてしまってます!!

そもそも40GB弱のCドライブでしたから、実に20数GBが削減されたことになるわけです…うーむむむむ。
何か情報はないかとぐぐって調べてみたら、

インターネット一時ファイルで指定より多くのディスク領域が使用される :Microsoft サポートオンライン

現象
次のどちらか、または両方の現象が発生することがあります。
  • Temporary Internet Files フォルダで、[使用するディスク領域] に指定したディスク領域より多くの領域が使用されることがあります ([使用するディスク領域] を見つけるには、[インターネット オプション] ダイアログ ボックスの [全般] タブで [設定] をクリックします)。
  • [インターネット オプション] ダイアログ ボックスの [全般] タブで [ファイルの削除] をクリックし、[すべてのオフライン コンテンツを削除する] チェック ボックスをオンにした後でも、Web サイトからダウンロードしたファイルが Temporary Internet Files フォルダに残ることがあります (ただし、エクスプローラでは表示されません)。

ということで、設定容量よりも多い場合もあるそうなんですが…20GB以上も余分に食うなんてことが…。

まぁ、WinMXとか使っておられましたし、メモリ容量の関係でウイルス対策ソフトは導入できてなかったので、この状況では何かヤヤコシイのが居る可能性はないでもない。
msconfigを見てみたら、

Msconfig01

なんかいますね…。

2007年5月16日 (水) ワンクリウェアの恐怖。

コイツと同じパターンではありますが、C:\WINDOWS\System32 には、該当ファイルはありませんでした。
かと思えば、System32フォルダを更新日順に並べ替えて表示してみたら…。

System32_02

rsvp322.dll
sporder.dll
msuwbuw.dll
mskkakk.dll
msshnsh.dll
mspnkpn.dll
pfxzmtwbmail.dll
pfxzmtaim.dll
pfxzmtgtal.dll
pfxzmticq.dll
pfxzmtsmt.dll
pfxzmtsmtspm.dll
pfxzmtymsg.dll
sfxzmtforum.dll
sfxzmtwbmail.dll
pfxzmtfpurse.dll
pfxzmtrpurse.dll
pfxzmtzpurse.dll

こんな具合に、怪しいファイルが。
ファイル名でぐぐってみると…

TROJ_MESPAM.C - 詳 細 :トレンドマイクロ ウイルスデータベース

・インストール:
 この不正プログラムは、通常、他の不正プログラムに作成されるか、悪意のあるWebサイトにアクセスしたユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータへ侵入します。
 
 実行されると、不正プログラムは "rsvp32_2.dll" というファイルを<Windowsシステムフォルダ>※内に作成します。トレンドマイクロ製品では、このファイルをこの不正プログラムとして検出します。
(中略)
・ファイルの作成:
 不正プログラムはまた、"sporder.dll" という無害なファイルを<Windowsシステムフォルダ>※内に作成します。
(中略)
 不正プログラムは、収集したメッセージ内容を以下のファイル名で保存します。
 
forum
pfxzmt
sfxzmt
smtspm
uiqzmt
wbmail

…ん~、pfxzmt とか sfzmt とか、この辺は組み合わされているようですね…。
かと思えば、

今日の情報社会における脅威、2007年第3四半期 :ViruslistJP.com Kaspersky Lab Japan

これら文字列が見つかったすべてのサンプルに共通する特徴は、ntos.exeという名前でシステムにインストールされるファイルで、Gpcode.ai と同じものでした。その中には、sporder.dllやrsvp322.dllが含まれており、Windowsディレクトリに、audio.dllやvideo.dllを含むwsnpoemというディレクトリが作成されます。

…( ̄△ ̄;
ntos.exeという同じ名前でも、こっちは新しく、さらに凶悪になってた…ってことですか。

まぁ、今回はコレの手動駆除が目的ではないですから、ざっくりリカバリです。

メモリを増設し、メモリとハードディスクに異常がないことを確認し、ディスクtoディスクでリカバリです。
ハードディスクからのリカバリなのでそこそこ早いのですが、VAIOのリカバリは異常に時間がかかります。
ディスクイメージのリカバリなら、アプリケーションも含めてディスクイメージを作ればいいのに、著作権の関係でできないんでしょうか、追加アプリケーションは毎度毎度時間がかかります…。

リカバリ完了後、SP3を適用し、WindowsUpdateを適用し、納品です。

「やっぱりそんな変なのがいましたか…もうWinMXは手を出しません」

まぁファイル交換ソフトだけが悪性ソフトの要因とは限りませんが、そういうのに手を出さない方が無難なのは確かですね。
メモリ増設でかなり快適になりましたので、あとはプロバイダ提供のウイルス対策ソフトをインストールして完了です。
これでWindows7への買い替えまではなんとかもつのではないでしょうか…。

2009年06月04日(木) 定番トラブル, ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, ファイル交換ソフト(Winny・WinMx)関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

コントロールパネルに「プログラムの追加と削除」が2つあるのを何とかする。

前記事の続き。

コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」をクリックしようとしたら…。

Controlpanel01

…∑( ̄□ ̄;

はぅあっ!! 2つある…なんで?

とりあえずどっちででも起動はしますが、2つあるってのは、普通の人に渡すにしてはまずいよなぁ。
ということで、なんとかしましょう。

-----

まずはとりあえず、普通のアイコンと同じく右クリックで削除してみましょう。

Controlpanel02

…右クリックでは削除できません…。
こうなると、当然ながらゴミ箱にドラッグ&ドロップも受け付けられません。

なんでこうなったかはとりあえずおいといて、とにかく消したいですね。

ということでぐぐってみましたら…ありましたありました。

プログラムの追加と削除が2つある :答えてねっと

コチラの回答群によると、

  • コントロールパネル内のアイコンを右クリックやゴミ箱へのドラッグでは削除できない
  • C:\WINDOWS\system32フォルダ内に、appwiz.cpl というファイルが、名前を変えて二重に存在するので、正しくない方を削除すればよい
ということみたいですね。

他にも、

実戦テクニック/Windows XP コントロールパネルから不要なアイコンを消す :日経トレンディネット

こういう小難しい内容もありますが、こっちはちょっと方向性が違いますね。

ということで、C:\WINDOWS\system32フォルダをチェックしてみると…。

Controlpanel03
↑クリックで拡大します

…∑( ̄△ ̄;

確かに2つありますね…

「appwiz.cpl」と「appwiz(2).cpl」。

ファイル自体はどちらも同じサイズ、作成日も同じ2002年12月、更新日も同じ2008年4月。
バージョンも同じ「5.1.2600.5512 (xpsp.080413-2105)」とある。
…うーん、どういうこっちゃ?

とりあえず、(2)の方を削除してみたら、一つに戻り、問題なく使えるようになりました。

-----

ところで、メンテ用パソコンで、該当のファイルをわざと増殖させて再現実験してみたら…。

Controlpanel04

…( ̄▽ ̄;

良い子はまねしないように…。

2009年06月03日(水) ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

デスクトップアイコンとタスクバーが表示されない。

こちらは前記事の続き。
古いXPノートパソコンをSP1からSP3へアップデートしたのはいいのですが、再起動したらどうしたわけか壁紙だけしか表示されないという症状。

うーん、まずい。こりゃまずい。

時間が迫っていたので、仕方なく引取修理となったものの…。

引き取ってきて動作確認。
一応、Ctrl+Shift+Escを押せばタスクマネージャは起動しますが、

2006年5月17日 (水) 起動しても壁紙しか表示されません。

この事例のように、タスクマネージャ起動だけでは起動が進んでくれる…ということはありませんでした。
ということは、その事例のウイルスによる異常動作ではないということ。

タスクマネージャのファイルメニューから「新しいタスクの実行」で「explorer.exe」を実行したら、とりあえずエクスプローラ表示は出るものの、スタートボタンやタスクバーは出てくる様子がない。
うーん…これじゃまともに使えないですよねぇ…。

さてどうしたもんか…。

-----

まず真っ先にやってみたのは、SP3の削除。

スタートメニューからは呼び出せないので、Ctrl+Shift+Escを押して、タスクマネージャのファイルメニューから「新しいタスクの実行」で「プログラムの追加と削除」のコマンド、「control appwiz.cpl」を実行。
そこからSP3を削除。

SP3外しても一緒でした…。

うーむむむむむ…違ったか…。
まずいじゃん…。

仕方ない、再起動でセーフモード、Administratorからログオンして、システムの復元だ。

…って!こっちでも壁紙のみで止まります…なんじゃこりゃ?

とりあえず、Ctrl+Shift+Escでまたタスクマネージャにご登場願い、ファイルメニューから「新しいタスクの実行」で

%systemroot%\system32\restore\rstrui.exe

で、「システムの復元」は実行できます。

参考:
Windows XP でコマンド プロンプトからシステムの復元ツールを起動する方法 :Microsoft サポートオンライン

とりあえず、SP3適用直前あたりのチェックポイントに戻ってみたものの…やはり変わらず。

おかしい。
なんかおかしい。

あれこれ悩んだ挙句、たまたま通常モードで起動して、同様の「システムの復元」起動をしてみたら…。

で、出た!!「Software Distribution Service 3.0」!!

おっかしいなぁ…さっきAdministratorでセーフモード起動した時は、これ、出なかったのに…。

この「Software Distribution Service 3.0」は、ネットにつながったら勝手にやってるWindowsUpdateの復元ポイントなんですが、最近これが原因でろくでもないことが起こることがとても多いです…。

2009年5月 2日 (土) qttask.exeとの闘い。

ということで、この復元ポイントの一つ前のポイントに戻したら…無事起動できました…。

( ̄△ ̄;

やっぱり「Software Distribution Service 3.0」のせいだったのね…。

今度はすかさず手動でWindowsUpdate。
すでにダウンロード済みのアップデートが山ほどあったので、どうせSP3かけるんですが、溜めたままではいかんでしょうから、まずは適用。

すかさずSP3。
間髪を入れずに手動でWindowsUpdate。

えらく時間がかかるなぁ~と思ったら。

Kb8921300

やっぱりコレだよ…。

Kb892130_01

KB892130の更新が単独でかかりました。

もうね、コレの前後で「Software Distribution Service 3.0」って、ろくでもないですね。
勘弁して欲しいです…。

残りのアップデートを何回か繰り返し、再起動やらシャットダウンやら何度もやって、今度こそ問題ないことを確認。
何とかこれでまともに動いてますから、あとはJWORDやら無駄すぎるソフトの駆除をしに、もう一度「プログラムの追加と削除」を開いて…って!!

なんじゃこりゃっ!!

…次回へ続く。

2009年06月03日(水) 定番トラブル, ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, ファイル交換ソフト(Winny・WinMx)関連, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

フレッツ光ネクストとFMV-BIBLO NB16C/Tの分解。

とある身内の家で、出張サポートをしてきました。
光回線を引いたとかで、無線LANの設定とかとか。
行ってみてびっくり。

なんと!
光回線なのに、機器が1つしかありません!!

フレッツ光ネクスト

てっきりフレッツ光プレミアムかと思ってたら、フレッツ光ネクストだそうです。

NTT西日本|フレッツ公式|フレッツ光ネクスト

おお~すばらしい!

速度が最大1Gbpsとかは正直どうでもいいけど、機器が1台になったのは画期的!!!

フレッツ光プレミアムのお客様のところで何度「3台も要るの?1台にならない?」と文句を言われたことか…。

しかも、セットアップCD-ROMが秀逸なのです!
「フレッツ簡単セットアップツール」と銘打たれたこのCD-ROM。
この手のセットアップツールがホントに簡単だったためしがないのですが…。

-----

まずは、新しいVistaパソコンにCD-ROMを挿入。

Fletstool01

設定を始めましょう!
 
これからお客さまの環境に合わせて、インターネット接続設定、メール設定、
無線LANの設定等をしていきます。
 
はじめに、冊子「フレッツ 光ネクスト 超カンタン設定ガイド」を参考に機器の
接続をしてください。
 
※現在ご利用中のアプリケーションを終了してください。
※本ツールは、パソコンのネットワーク設定を変更します。変更したくない
 お客様は本ツールを終了してください。
…へっ、な~にが「超カンタン」だよ…なーんて思ってたんですが。

Fletstool02

インターネット接続設定にメール設定、診断復旧ツールにスタートアップツール、セキュリティ対策ツールにリモートサポートツール。

ふーん、インターネット接続設定にメール設定ねぇ。
どうせポチポチ打ち込まないとダメなんでしょ?

…と思ったら!!

光プレミアムなら、接続設定をお客様IDとかパスワードとか打ち込まなければならないところを…素通り。
あれ???
※追記
素通りしません。「CAF」で始まる「お客さまID」と「アクセスキー」は入力が必要です。

さらにメール設定に至っては、

Fletstool03

ぬおっ!!
自動で入った!!!

あれよあれよと進行し、ろくに打ち込みもせずに設定完了。
打ち込んだのは、ユーザー側で決める「設定画面のパスワード」ぐらいか?

ホントに超カンタンでした…。

すごいなぁ…配線さえ間違ってなければ、書類なくても設定できちゃうんだ…。(追記:書類がないとできません。)
まぁ書類はないとダメだけど。

ただ、とりあえずLANケーブルで接続しないと設定できないのはちょっとマイナスかな。
フレッツ光プレミアムのように、あらかじめ無線ルーターをブリッジ接続して無線LANが使える状態にしていても、このCD-ROMだと認識してくれないんですよね。
まぁ、とにかくLANケーブルでつないで設定してしまえば、無線ルーターは後か先かの違いだけですが。
でも、無線接続が大前提でパソコンの設置場所と離れてる場合だと、長いケーブルが必須だというのがちょっと…。

そして実はこのONU(?)は、対応の無線LANカードを突っ込むことで、単体で無線LANに対応してます。
おそらくレンタルしかないのでしょうけど、それで機器が1つ減るのをよしとするのかどうか、というのは微妙ですね。

-----

さて、この環境に組み込むパソコンは、もう一台、古いXPノートがあります。
起動してみると…WindowsXPロゴの下に「HomeEdition」の文字が。
なんかイヤ~な予感が…。

その予感は「あたり」でした…メモリは256MBしかありません…。

これはもう、問答無用でメモリ増設です。

説明書の仕様欄を確認。
どうやらDDRのメモリで、最大768MBということで、512MB追加が最大のようです。
とにかく近所の店に調達しに行きました。

さて、増設スロットを開けるわけですが…裏ブタにはそれらしきフタがありません。

であれば、キーボードを外すとその下に…というのが定番。
電源ボタンまわりのパネルをスライドして外し、キーボードを留めているネジを外すのも定番。

しかし…取れないのだ。キーボードが。

どうもどこかが留めてある様子で、ネジを外すだけでは外れないようだ。
裏側からちょっと長いネジで留めてある場合もあるので、裏側のネジを外してみたが取れない。

こりゃやっぱりちゃんと説明書を読まねば…ってか、読めよ>私

説明書を見ると…メモリ増設方法はどこにも書いてない。
「富士通サービスアシスタント」を見ろ、とあります…。

メモリ増設方法を「画面で見るマニュアル」でしか確認できないって、どうよ?

それは紙のマニュアルでわかるようにしておくのが筋でしょうに…。
仕方なく、遅い起動ながらもう一度パソコンを起動し、タスクトレイアイコンから「富士通サービスアシスタント」を起動してみたら…

Fsa01

なんと起動しない!
どうやらいろんなアップデートのあおりで起動できなくなっているようです…だから紙のマニュアルじゃないとダメだってば…。

後で調べたら、スタートメニューから「画面で見るマニュアル」アイコンからだと起動しました。
また、これは、

富士通サービスアシスタントv1.0/v1.1/v1.2/v1.3/v1.4/v2.1修正パック :AzbyClub - サポート : 富士通

5. 改版履歴(修正項目)
 
 1)富士通サービスアシスタントの起動時に、以下のメッセージが表示されて富士通
   サービスアシスタントが起動できない場合がある問題を修正しました。
 
  ・V1.0/V1.1/V1.2/V1.3/V1.4の場合に表示されるメッセージ
  「富士通サービスアシスタントを起動することができません。
   「プログラムの追加と削除」で富士通サービスアシスタントを削除してから、
   「富士通サービスアシスタント」のCD-ROMからインストールし直してください。」
 
  ・V2.1の場合に表示されるメッセージ
  「問題が発生したため、Motive Chorus System Tray Buttonを終了します。ご
   不便をおかけして申し訳ありません。」
所定の不具合のようでした…うーむむむむむ。

まぁそれは後ほどの対処で改善しましたので、それはそれ。

仕方ないので、ネットにつながっているもう一台のパソコンで調べてみた。

Q&Aナンバー【3704-3356】更新日:2009年3月5日 メモリの増設方法を教えてください。

…って、やっぱり「富士通サービスアシスタント」を見ろってか。あかんがな。
かと思えば、動画で見せてくれるみたいです。
リンクがあるので開いてみる。

動画でわかる接続と取り扱い

ここからまた機種名を入れさせられた。
さっき入れたんやから一発で出せよ…。
ようやく出てきた。

FMV-BIBLO NBシリーズ (2003年 春モデル)

ってリアルプレイヤーかよっ!
しかも「注1 メモリの取り付け/取り外しの際、キーボードが取り外しづらい時があります。詳細は Q&A navi を参照してください。 」ってなんやねん!

[FMV-BIBLO] メモリを増設したいのですが、キーボードを取り外すことができません。(2001年冬モデル~2004年夏モデル)Q&Aナンバー【1705-8220】更新日:2008年11月19日

…( ̄△ ̄;

リャンメンテープで貼り付けとるんかい!!
そら取れんわ!

注意深くバリバリと両面テープをはがしてメモリスロットとこんにちは。
ようやく増設です。

ちなみに、あとで修正を適用して「画面で見るマニュアル」でチェックしてみましたが、両面テープのことはかけらも書かれてませんでした…あかんがな。

あとは、

2007年9月24日 (月) メモリを増設したのに速くならない。

こちらと同じく、仮想メモリの設定を適切に設定して、メモリ増設自体は完了です。
しかし、メーカー製XPパソコンの場合、仮想メモリの設定は、ほぼ必ず「カスタムサイズ」になってます。
適切に設定しないと、256MBから増設したら、かなり高い確率で「増設しても速くならない」という症状に見舞われますね…。

このあと、常備しているCD-RでSP3化。
それからネットワーク設定をして各種アップデートをするわけです。
無線ルーターとセットで付いていた子機をセットアップし、うまくつながるところまではよかったのですが…。

しばらく話し込んでいて、ノートパソコンを放置していたんですが、改めて再起動してみると…。

なんと、デスクトップアイコンとタスクバーが表示されない!!!

一応、Ctrl+Shift+Escを押せばタスクマネージャは起動しますが、

2006年5月17日 (水) 起動しても壁紙しか表示されません。

こちらのように、タスクマネージャ起動だけでは起動は進みません。
ファイルメニューから「新しいタスクの実行」で「explorer.exe」を実行したら、とりあえずエクスプローラ表示は出るものの、スタートボタンやタスクバーは出てくる様子がない。

うーむむむむむ…ヤバイっスよ…。

というところで、時間切れとなってしまったので、引取修理となりました…。
まぁ、とりあえず新しいVistaパソコンがつながっているので、まだマシなんですが…ちょっとこれは…どうしたもんか…。
続く。

2009年06月02日(火) ウィルス・スパイウェア関連, ハードウェアアップグレード関連, ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(メモリ), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

あるまじき取り違え。

ウチの家内いわく。

「コピーしても文字が出んのやけど」

…は?

要は「パソコンからプリントアウトしても文字が印刷されない」と言いたかったらしい。

前々から「プリントアウト」のことを「コピー」と言うなと、何べん言えば…。

アンタはこないだ(5/22)の探偵!ナイトスクープに出てた「ブッコロリー」のばーちゃんか。
ブロッコリーを「ぶっころり」と言ってはばからないおばーちゃん。
ローソンを「ローチョン」。くまのプーさんは「ブーちゃん」。おいおい。
レベル一緒やぞ。

まぁ確かに、

スクリーンショット :フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハードコピーの意味 :OKWave

昔々は画面そのままをプリントアウトすることを「ハードコピー」と言いましたけどね。
でももうかれこれ死語ですし、プリントアウトのことを言うとしても、よほど明示的に「紙に出力する場合」をさす表現でないと「ハードコピー」とは言わない。

…まぁそれはそれ。

「『インクが切れた』とか出たから交換したのにアカンよ。どないなってんの」

…な、なんだとぅ?

ということでプリンタを見に行ったら…そこにあった驚愕の事実を、誰が予想しえたであろう?(ホントこればっかりやね)

-----

ウチのプリンタは、キヤノンのiP4100。
かれこれ年代ものになりつつありますが、最近主流のボックス型になった最初の機種。

当時は2万円以上してたのに、今時2万円も出せば、

Canon インクジェット複合機 MP630

Canon インクジェット複合機 MP630
キヤノン 2008-10-03
売り上げランキング : 52

おすすめ平均 star
star初めての
star使用目的に合っていれば、文句なし!
starやすい!きれい!早い!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

カラーコピー機能付きで、メモリカードからダイレクト印刷ができる複合機が買えます…。
単機能プリンタに至っては、

Canon インクジェットプリンタ iP4600

Canon インクジェットプリンタ iP4600
キヤノン 2008-10-03
売り上げランキング : 150

おすすめ平均 star
starキラキラ
starCD/DVDレーベル印刷
starキャノンIP4600

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1万円切りそうな勢いです…。

まぁそれはそれ。

そのiP4100のふたを開けて、インクカートリッジを見てみると…。

違和感が…

…ん?
なーんか違和感が…。

セットするインクが間違っとる!

…∑( ̄□ ̄;

おいおい、違うやろ!!

そこに入るのは、文字用のモノクロ専用インク、


新品・純正(09年07月期限切れ)!キャノン BCI-3eBKインク

こっち(BCI-3eBK)であって、カラー用の


Canon/純正インクカートリッジ「ブラック BCI-7eBK」【インクタンク】【新品】

こっち(BCI-7eBK)とは違うやろ…。

そもそも形も大きさも違うインクカートリッジを、ムリヤリ突っ込みやがってます。

そらまぁ、文字も出ませんわ…。

びっくりするのは、この状態であっても、パソコン側では、インクが入っているかのように認識しているということ。
iP4100の場合は、電気的な接点でチェックしているのではなく、リザーバータンクにインクがあるかどうかを光センサーで読み取るようになっています。
このムリヤリな突っ込みかたでも、どうやら「インクはある」と認識しているらしい。
これ以降の機種の場合は、電気的な接点があるので、こんなムリヤリでは認識できないはず。
うーむむむむむ…。

で、違うインクが入ってることを言うと、

「そんなもん、『黒のインクが切れた』って出たから、予備で置いてあった黒のインクを入れただけやん。何がアカンのん?」

…( ̄□ ̄;

「抜いたカートリッジ(BCI-3eBK)」「入れようとしているカートリッジ(BCI-7eBK)」が違うモノってことぐらい気付けよ…。
そもそも、うまく入らんという時点で普通気づくやろ…。

ちなみに、最近のエプソンのプリンタだと、

色ごとに固有の切り欠きのあるエプソンのインクカートリッジ

こんな具合に、全てのカートリッジには固有の切り欠きが付いているので、間違った場所には決してハマらないようにできています。

でもなぁ…この人にかかったら、これでもきっとムリヤリ突っ込んでくれるんだろうなぁ…。
よしんば突っ込めないにしても、「この機械おかしい!はまらん!」機械のせいにするんだろうなぁ…。

ってか、アンタ、まがりなりにも医療従事者やろ…。
アカンやろ、そんなんじゃ…。
クスリとかで、こんなあるまじき取り違えをしてたら、ホントただじゃ済まんだろうに…。

ということで、ゴチャゴチャ言ってても仕方ないので、BCI-3eBKの純正インクを買いに走って、

正しいセッティング

無事、正しいセッティングとあいなりました。

とはいえ、ムリヤリ突っ込んであったので、なかなか抜けませんでした…どんなバカヂカラで突っ込んだんだ?

で、偶然にも、隣のBCI-7eBKはそろそろ空でしたので、せっかく新品をあけているので、そちらに差し替えておきました。

しかし、ムリヤリ突っ込んでいたために、インクは正しく充填されてませんでしたから、タンクからノズルまでの経路はスッカラカンになってしまったようで、交換時の通常の「クリーニング」だけではノズルまでのインクの充填ができておらず、「リフレッシュ」をかけないとインクが出ませんでした…。

まぁ、無事にインクが出るようになったからいいようなものの…。
壊れてたらどないするつもりやったんやら…。
ということで文字が出るようになったことを知らせに行ったら、

「出るようになったん。ふーん。あそ。はいはい」

…( ̄皿 ̄#

おいおい、そんな時はどない言うのが正しいか(以下略)。

-----

お客様のところに行っていつも言われるのが、

「ささもとさんのご家族はヨロシですねぇ。こんなにパソコンに強いおとーさんがいて…」

いやぁ…現実はそんなに甘くないっスよ…。
「できて当たり前」の敷居が高すぎるので、まったくありがたがられていません…。

2009年06月01日(月) ハードウェア不具合関連(プリンタ), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 印刷できない・印刷不良, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (25) | トラックバック (0)