ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 女子高の運動会。 | トップページ | iTunes Storeに接続できません。 »

2009年6月24日 (水)

タコ足配線はホントにダメなの?

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

お客様宅にお伺いしてパソコンのセットアップなどを行なっていると、どうにもコンセントが足りなくなって、テーブルタップ、いわゆる二股コンセント・タコ足コンセントを用意してもらうことが日常茶飯事です。

特にフレッツ光プレミアムの場合はひどいです。
今まで電話機1つしかコンセントを使っていなかったのに、突然ONUとCTUと光電話アダプタのために3つもコンセントが追加で必要になります。無線LANを使うことになると、さらに増えて4つ追加になります…。
光ファイバの引き込みで、工事業者が機械を3つ持って来ることはあっても、コンセントを用意してくれることはまれです。

まぁ、私が行くことのある量販店の委託案件でも、気を利かせてコンセントを用意してくれていることはほとんどありませんが…。
無線ルーター追加作業だと、分岐タップを用意しないと作業に取り掛かれないことも多いんですよねぇ…。
自社案件だと、

SANWA SUPPLY TAP-AC7T トリプル
B00008KEIR


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こういうのを用意しておいて、状況によりお客様にお譲りしたりするんですが、なかなかそれだけでは間に合わないことも多いです。

メーカーも、分岐コンセントとか、気の利いた付属品でも用意してくれてればいいのにねぇ。
たとえばこんなの。

S.R. YUDEN DENSEN CMC EF-79

これは中古品のケーブルで売ってたものを入手したんですが、某光ファイバー回線用機器の電源コードがこれと同じで、2つの機器のコンセントが1つで済んで楽だった記憶があります。
でも、同じのを探したんですが…売ってないんですよねぇ。
刻印では「S.R. YUDEN DENSEN CMC EF-79」とか書かれてるんですが…検索しても出てこないんですよね。

で。
今回は、こういう配線作業で、お客様からしばしば質問される、

「ずいぶんとたこ足配線になるんですけど、これって大丈夫なんですか?」

という疑問について書いてみます。

-----

とりあえずこんな記事を発見。

蛸「タコ足配線はマジでやばいらしいぞ!」 :アルファルファモザイク

…なんか最初のイラストでは、7本足のタコさんが「×」を出してます…。
ってか、パソコン配線に限って言えば、この程度(たった5本の分岐)でペケを出されても困るんですが…。

要するところ、

通常、家庭の壁面コンセント1本の最大は15A(アンペア)=1500W(ワット)までが基本

なので、理屈上は、「それを越えなければいい」と言えるのですが…なかなか単純にそうと言い切れるものでもないんですよねぇ。

まずは容量オーバーでない場合のリスク。

先の記事にある写真のように、モノスゴイ数のグチャグチャの配線だったりすると、なかなか掃除が行き届きません。
それに、たいていはこういう配線は机の後ろなどなので、なおさらです。

私がサラリーマンだった頃、その部署のネットワーク管理者(とは言っても40人程度の部署のパソコン便利屋的存在)をしてましたので、人事異動や新人の入社などに伴い、机のレイアウト変更は年に1~2回ありました。
机の裏側は、いつでも、先の記事の写真のように、

まさしくジャングル地帯

でした…。
まぁ、ACケーブルだけに、束ねて縛っておくと発熱の危険性があるため、きっちり整理して縛ることもできませんし、ノートパソコンの場合は、しばしばコンセントから抜くこともあり、どうしてもカオス化してしまいます。
束ねて縛ってまとめると、確かにキレイでスッキリしますが、コンセントケーブルは、それなりの頻度で抜き差しが発生しますし、ちょっとした変更もままならなくなるので、どうしてもきっちり縛ってまとめるということは難しいですね。
家庭の配線ならなおさらです。

しかし、手の届きにくい机の裏側でグチャグチャ状態だと、掃除が行き届かないので、たとえ機器の消費電力が電力容量の範囲内でも、

ホコリが積もってトラッキング現象による加熱・発火が発生しやすい

ことになるのです。
さらに付け加えると、トラッキング現象は、消費電力の多い少ないではなく、

接続しているコンセントの数だけリスクがある

のです。
気をつけてこまめに掃除をしましょう。

漏電 - トラッキング現象 :Wikipedia

電気を安全に使おう - トラッキング現象 :中部電力

生活安心情報 コンセント コードから炎が!! :神戸市

予防方法としては、


トラッキングによる、コンセント火災を防止します。プラグセイフティーカバー(2P用4個入)

こんな具合に、コンセントの差込口にホコリを積もりにくくするためにゴムのカバーをするものがあります。
ACアダプタなどは、プラグ部分にトラッキング防止加工がされているものも増えましたが、壁面コンセントやテーブルタップに直に刺して使うのではなく、


OAタップや機器のコード延長に便利。トラッキング防止絶縁キャップ付プラグ採用(2Pプラグ用)。電源延長コード(2m)

こういうので壁面コンセントやテーブルタップから離しておいた方が、思わぬ緩みなどが発生しにくく、何かと安全なのかもしれません。

また、スイッチ付きコンセントなどは「節電コンセント」などと呼ばれて重宝がられたりしますが、刺しっぱなしを助長することになるので、スイッチを切ることで待機電力の節約になっても、トラッキング現象のリスク低減には決してなりません。
また、誤操作による思わぬ電源断で機器を壊すリスクは意外と高く、それによる機器の修理代は、わずかな待機電力カットによる節約など一発で吹き飛びます。
こういう「節電コンセント」の安直な導入は考え物です。
もちろん、そういう特性を理解した上での導入は問題ないのですが、安物を使うと、ホコリや粗悪部品の影響で、スイッチ部分で火花を飛ばして火災の原因になることもあります。
メーカー不明の安物には決して手を出さないようにしましょう…。

-----

また、トラッキング現象以外にも、従来から言われている「タコ足配線は危ない」の要因で、

容量オーバーでのコンセント利用

も、火災の原因になる場合があります。

まぁ、普通のパソコン1台だと、目いっぱいブンブン使いまくっている状態でも400~500ワット(4~5アンペア)程度ですし、携帯電話の充電器やモデムなんかは、1個当たり10~50ワット(0.1~0.5アンペア)程度にしかならないものも多いですから、充電器が10個ぶら下がってても、容量オーバーになんてなるはずもなく、要は

コンセント差込の数が多い=容量オーバーとは限らない

のです。
つまり、コンセントを差し込んでいる機器のワット数(WとかVAとか)を確認することが重要です。

しかし、実際に私が経験した事例では、1キロワット近い消費電力のプロジェクタを使っていた時、コンセント延長ケーブルで1.2キロワット用(定格12アンペア)のケーブルを使っていたんですが…使い終わって片づけをしようとして、延長ケーブルを持ってみると…

なにやら妙に暖かいのです。

つまり、

コンセント・ケーブルの定格以内なら大丈夫というわけでは決してない

ということ。
ケーブルの定格容量を理解し、余裕のある容量で利用し、絶対に束ねて使わないことが重要です。
特に1キロワット近くになると、コンセントコード自体が発熱していることもあるので、片付ける時以外は束ねて縛って使うのは厳禁です。

「たこ足配線」が出火原因か 東京・目黒の父娘死亡火災 - 社会 (2009年6月22日) :asahi.com(朝日新聞社)

この事件は、トラッキングか容量オーバーかはわかりませんが、いずれにしても、結論としては、

  • 本来はタコ足配線は歓迎できるものではない
  • 必要があってタコ足にするとしても、電力容量に気を配り、しばってまとめたりせず、ホコリがたまらないようにこまめな掃除が必要
  • 節電コンセントは節電にはなってもトラッキング現象のリスク低減にはならない

ということですね。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年06月24日(水) 定番トラブル, ニュース, ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(電源), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い |

« 女子高の運動会。 | トップページ | iTunes Storeに接続できません。 »

定番トラブル」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(電源)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/45571750/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: タコ足配線はホントにダメなの?:

コメント

お初です。いつも参考にさせて頂いています。

お探しのケーブルですが、NECのビジネス向けデスクトップPCに付属する電源ケーブルに似ていますね。(ディスプレイの電源を一つの口から取れるようにする為です)

富士通の場合はPC本体の電源ユニットからディスプレイの電源も取れるようにコンセントが内蔵されていますね。

投稿: 洋@gl | 2009/07/08 12:47:52

洋@gl さん
ああ、そういえば、ついこないだまでXP搭載で液晶モニタセットで売られていたのがそれでしたね。
富士通のは、意外と気付かれずに使われないままの場合もあったりしますね。
コンセントは少ないに越したことはないので、助かるのですが、他ではあまり見かけないのが残念です。

投稿: ささもと | 2009/07/08 13:17:51

昔のMac(Ⅱciのころ)にはディスプレイ専用アウトレットが付いていました。
ディスプレイが連動するので、今思えば非常に便利でした。

私の部屋にはコンセントが1箇所しかないので、OAタップで思いっきり分配してます。昭和40年代の建築なもので。^^;

投稿: こた | 2009/07/08 21:03:59

こんばんは。時々覗かせていただいてます。
写真の電源ケーブルでですが、
"サービスコンセント付き電源ケーブル”ではないでしょうか?
洋@gl さんのお話のようにNECのMATEシリーズやそのOEM製品で使われたいたと思います。

投稿: とおりすがり | 2009/07/09 2:06:07

何時もご苦労様です。

昨年末、叔父(消防署で勤めているw)の家でプラグセイフティーカバーを使用していた所が、トラッキング現象を発生し小火騒ぎがありました。
たこ足ほぼ無し、埃も積もっておらず、奥さんが毎日のように綺麗にしていたにもかかわらずです。

叔父曰く、
「100円均一で購入した物はアカン!! 安物買いの銭に失いやっ!!」
との事らしいです。


後、たこ足配線で思い出したのですが、エレコムから出ているPCタップで、これぞまさしく たこ足!!と言うのを見つけました。
T-AD4BK
ttp://www2.elecom.co.jp/cable/pc-tap/t-ad/index.asp

ささもと様が常備されておりますタップとは違いますが、
T-M310
ttp://www2.elecom.co.jp/cable/pc-tap/t-m3/index.asp

T-Y03
ttp://www2.elecom.co.jp/cable/pc-tap/t-y03/

と言うのもあります。

私は、T-AD4BKを密かに購入検討中だったりしますw

投稿: まったりお茶 | 2009/07/10 14:22:54

連続コメント、申し訳御座いません。
上記追記です。

サンワサプライより、「S.R. YUDEN DENSEN CMC EF-79」とは一寸違いますが、よく似た商品

TAP-B9-05
ttp://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=TAP-B9-05&cate=1

と言うのを発売しております。
趣旨が違うと思われますが、報告まで・・・・

投稿: まったりお茶 | 2009/07/10 14:33:53

こんばんは
はじめまして

パソコン関連何でも屋さんに勤めています。
ある客先で、電気屋さん(配電盤からコンセントに配線することも守備範囲の)にも協力してもらって配線の整理をしたことがあります。
相当のたこ足配線は下見した状況でわかっていましたが、使われていない電源コードが何本もタップに刺さっていました。そんなことは想定していないので、もしかしたら、何か間違って抜いてしまってのでは?といろいろとチェックしました。そんなこともありましたが、作業の甲斐あって、配線はかなりすっきりしました。

このときに使用した秘密兵器が「13口」タップです。
だたし、電気屋さんに確認しつつ、容量に注意していたからできたことです。


また、かつて、パソコン用のタップのずっと先に電気ストーブがつながれていて、タップのブレーカーが飛んだこともあります。そのときは、その日のうちその部屋の電源を全部、壁のコンセントからタップ一本までに配線を直しました。


そんな経験があるので、たこ足配線はオススメしません。

投稿: みならい | 2009/07/14 22:23:03

追伸

2番目の写真の電源ケーブルは、最近NECのパソコンを買ったときについてきました。

投稿: みならい | 2009/07/14 22:26:13

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 女子高の運動会。 | トップページ | iTunes Storeに接続できません。 »