ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 築地~浅草~草津~長野。1日目。 | トップページ | フレッツ光ネクストの罠。 »

2009年7月19日 (日)

築地~浅草~草津~長野。2日目。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

前記事の続き。
草津温泉で宴会から一夜明けて。

窓からの景色

心配されていたお天気は、どうやら持ちこたえてくれそうです。

ホテル櫻井

お世話になったホテル櫻井。
なかなか大きなホテルで、大浴場も源泉が入っていて、露天風呂も源泉。
普通に泊まると、いい値段するんだろうなぁ…。

ということで早速移動開始です。

-----

草津温泉から白根山を越えて志賀高原へ。
その白根山から見た景色は…。

白根山から見た景色

W-ZERO3で撮影モードを間違えたため、画質はイマイチですが…草津温泉街方面を振り返ると、こんな絶景が。
しかし、白根山側を見ると…。

火山ガス発生区域

火山ガス(硫化水素)発生区域のため、草木も生えない状態の場所が…。
バスの中にも、卵の腐ったような硫黄系のニオイが入ってくるぐらい強烈な状態です。
外に置いてある立て看板には、「危険区域につき駐停車禁止」とか出てます。
ニオイだけでなく、マジで危険ですよね…。
その区域を抜けて登りきった展望台のところにも、

硫化水素ガス危険区域表示図

こんな図が。
解像度が落ちたままで気付かず撮ってしまったのでよく見えないですが…赤いところが危険区域。
実際、通ってきた道で危険区域が。ニオイがすごかったのは、まさにここだったわけですね。
まぁ、白根山の火山活動があるので、草津温泉があるということは間違いないわけで。

で、「湯釜」見物に。
最初、「湯釜」ってなんじゃ?と思ってましたが…。

草津白根山火口展望台

要するに、火口にできた湖のことです。

湯釜

なんでも、時間帯により色が変わるとか。
本来なら、湯釜の近くまで行ける道があったんですが、土砂崩れで行けなくなってしまったそうです。
それにしても、さすがに2000メートル越えの山です。
火口展望台まで歩いて登っていたら、はぁはぁヒィヒィ言ってしまいました…。
え?運動不足?あ、いや、まぁ、その…。

おっちゃんばかりのお気軽なツアーでしたので、中にはビーチサンダルでアロハシャツみたいな、およそ山登りの格好じゃない人もいましたが…降りる時には、ハイヒールでよたよたしながら降りているバスガイドさんと一緒になりました。
ウチのツアーバスは小さめで安めにあげたので、バスガイドなしワンマンバスでしたので、ハイヒールのガイドさんをみんなして励ましながら、からかいながら降りてきました(笑)。
話を聞いていると、私達の行程とは反対側からのバスで、水戸方面への帰り際だったそうです。
バスガイドらしく、笑顔のかわいらしいおねーさんでした。
そんな一時のすれ違いの出会いがあるというのも、旅の醍醐味の一つですね。

それにしても…。

バイクがたくさん

バイクが多かったなぁ。
所帯を持ってから、コドモができるとなかなか一人バイクでほっつき歩くわけにもいかないので、結局バイクは処分してしまいましたが、展望台を過ぎて志賀高原側に降りてみたら、

志賀高原の山並

こんなキレイな緑と空の組み合わせや、

志賀高原の空

飛行機から見た雲の上のような空が見える高原地帯が。
こんなところを、風を感じながらバイクで走ったら、ホント気持ちいいでしょうねぇ…。
コドモが大きくなって、もう少し稼ぎに余裕ができてきたら、またバイクを手に入れて、走り回ってみたいものです。

昼食は、小布施(おぶせ)というところで取って、そのまま近辺を散策。

小布施の街並

こんな感じの、昔の街並が印象的な観光地でした。
北斎館という展示館がありましたが、ここは葛飾北斎が晩年過ごした町なんだとか。
富嶽三十六景の原画などが展示されていました。
時間がなくてじっくり観れませんでしたが、500円も出すので、もっとゆっくり観たかったですね。
他にも、

銀のカブトムシ

こんなオブジェも。
観光客が意外と多かったので、実は私が知らなかっただけで、有名な場所なのかもしれません…。

この後、長野14時発の特急に乗らなければならないので、時間厳守で集合・出発でしたが、なんとか長野駅には余裕を持って到着できました。
ここでバスとはお別れです。東京から2日間ありがとうございました。

NAGANO1998

長野駅にあった、10年ほど前の長野オリンピックのパネル。
もうそんなに前なんですねぇ。

長野から定刻に発車した特急しなのに乗って帰路に着きます。
乗換駅の名古屋まで3時間の行程です。

上高地方面を望む

一転にわかに掻き曇り…。

土砂降り

木曽川沿いを走る前ぐらいになると、もう土砂降り状態。
いやぁ、観光の行程では雨が降らずにいてくれてホントによかったです…。
しかし、この雨の影響で、列車は3分程度の遅れ。
名古屋駅で新幹線への接続は10分程度。
こりゃ走らないとダメかな??

とりあえず名古屋駅では走らなくても充分に間に合いました。
出張族の頃は、名古屋駅もしょっちゅう通過してましたので、名古屋駅南側の景色がとても懐かしく感じられました。
しかし、乗った新幹線は、当時とは違って、700系の車両。

新幹線700系電車 :フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

もう出張族ではなくなったので、この車両に乗るのは初めてです。
車内アナウンスは…アナウンス内容は聞きなれたものと変わりなかったのですが、チャイム音は、あの聞きなれたチャイム音ではなくなってました。ちょっとさびしいですね…。

スジャータのアイスクリーム

新幹線や特急の車内販売で売っているこのスジャータのアイスクリーム、270円と割高ではあるのですが、100円ぐらいで売っているアイスクリームによく入っている「乳化剤」、別の言い方をすれば「界面活性剤」が入っていません。
安いアイスクリームは、口当たりを滑らかにするために、界面活性剤を入れているわけですが、車内販売のコレには、そんなものは入っていません。要は高級品なわけですね。
会社の経費で出張時の際の、ささやかな贅沢でしたが、これは今でも変わりなくありました。

名古屋から西明石までは、ほんの1時間半ほど。
近いものです…。

今回の移動中に読んでた本はコレ。

家なき鳥、星をこえる プラネテス

家なき鳥、星をこえるプラネテス
講談社 2007-11-15
売り上げランキング : 88269

おすすめ平均 star
star一見の価値あり
star悔やまれる秀作
star二人にもう一歩ずつ踏み込む力があればもう一組のハチとタナベが生まれていたという話

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

週刊モーニングに連載してた「プラネテス」というマンガの、アニメ化された部分での、サイドストーリーの小説です。
「ハキム」という、アラブ系の航宙士の物語なのですが、彼はアニメでは主人公「ハチマキ」と敵対する立場のキャラクター。
アニメでは、彼はテロリストとして登場しているわけですが、そうなるに至るまでの半生を描いた小説。
小説だけ読んでると、特に終わりの部分はアニメとかなりリンクしているだけに、ちょっと「?」な部分があるかもしれませんが、読み物としては、なかなか読み応えのある内容です。
アニメとあわせて読めば、面白さ倍増ですね。

プラネテス 1 [DVD]
千羽由利子

プラネテス 1 [DVD]
プラネテス 2 [DVD] プラネテス 3 [DVD] プラネテス 4 [DVD] プラネテス 5 [DVD] プラネテス 9 [DVD]
by G-Tools

この話は、近未来の宇宙を舞台にした話。
宇宙ステーションでいろんな人が働いて生活をし、月へも進出しつつある時期の話。
地球の衛星軌道に漂う「デブリ」と呼ばれる宇宙ゴミが現実問題として深刻になっていて、それを回収する仕事をしていた主人公「ハチマキ」が、木星往還船「フォン・ブラウン号」の乗組員となるまでの話。
ガンダムとかのようなロボットモノではなく、より現実的な設定です。
SFとしても面白いですし、人間ドラマとしても楽しめます。
レンタル店で探してみてください。
ブルーレイ版も近日発売です。

プラネテス Blu-ray Box 5.1ch Surround Edition

B0021ZMHTE
バンダイビジュアル 2009-09-25
売り上げランキング : 433
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ということで、2日間の親睦旅行は終わりです。
飛行機~バス~特急~新幹線と、乗り物はフルコースでした。
乗り鉄の私としては、そっち方面も満足でした(笑)。

今年の夏休みの家族旅行は、まだノープランです…去年はどこにも行けなかったので、今年はどこか行かないとなぁ…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年07月19日(日) 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき |

« 築地~浅草~草津~長野。1日目。 | トップページ | フレッツ光ネクストの罠。 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/45753548/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 築地~浅草~草津~長野。2日目。:

コメント

はじめまして。
時々拝見させていただいてます。

なんか私が長野から帰ってきた日に草津~長野方面に向かわれたようですね。

小布施は栗で有名なところです。
北斎館の近くに、雰囲気の良い日本酒の飲める店があります。最近は予約しないと入れないくらい。
カブトムシのオブジェがある店の隣には竹風堂があって、ここの栗おこわは私のお気に入りです。
良い蕎麦屋もあります。

時間のあるときにゆっくり行ってみて下さい。

って、私は関東在住ですけど。

投稿: pochi | 2009/08/01 0:40:18

pochi さん
どこかですれ違ってたかもしれませんね(笑)。
確かにその店で栗おこわ売ってました。
知ってたら買って帰ったのになぁ…。
ってか、バスの中でパンフレットもらったのに読んでない(汗)。
高校の修学旅行以来の志賀高原の美しさも再発見でしたので、ぜひまた行ってみたいです。

投稿: ささもと | 2009/08/04 10:03:54

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 築地~浅草~草津~長野。1日目。 | トップページ | フレッツ光ネクストの罠。 »