ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« WindowsMediaPlayer11を起動しないとどうなる? | トップページ | 過払い金返還請求の光と影。 »

2009年7月14日 (火)

これでキーボードが使えないとなると…。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらはお問い合わせのみで終わってしまった企業ユーザーのお客様。

「古いパソコンなんですが、キーボードが使えなくなったのを何とかしたい」とのこと。

うーん、キーボードぐらいだったら、単純に交換したら済む話のような気がしたんですが…。
話をお聞きするに、それでは済まない話だとわかり、ご納得いただいた上、お断りしました。
でも、正直なところ、これはお受けできないですよねぇ…。

-----

どういう状況だったのかをお聞きしてみると…。

なにやら、動作中にキーボードのコネクタを抜いてしまったらしいのです…。

プスッと電源が落ちてしまい、改めてコネクタを刺しなおして起動したところ、電源スイッチを押しても、まるっきり起動しない状態になってしまったんだそうです。

うーん…それは…キーボードが壊れてるんでは?

「私もそう思いまして、他のパソコンにつないでみましたけど、起動できますし、キーボードはきちんと使えるんですよね」

…はぁ…だと本体側の問題ですよねぇ…。

「で、キーボードを接続しない状況だと、ちゃんと電源が入るんですが、キーボードがないので何もできないんです」

…うーん、確かに、マウスだけではできることは限られますしねぇ…。

とはいえ、使えるはずのキーボードを接続して起動できないのでは、キーボード周りの回路に異常があるってことですよね。

PS/2コネクタがダメってことなら、USBにすれば…って…。
あ…まさか…。

…古いって言ってましたけど、もしかしてWindowsNTとか…?

「そうです、WindowsNTなんです」

…( ̄△ ̄;

WindowsNTは、USBをサポートしてません…。

Windows NT 4.0 で USB がサポートされない :Microsoftサポートオンライン

ああ、終わったなぁ…。
PS/2コネクタの回路が死んでてBIOS起動ができない状態ってことは、NTが前提なら、そのマザーボードではキーボードが使えないってことです。
ただし、最初からUSBキーボードを刺した状態なら、BIOSレベルで認識すれば、使える可能性がないわけでもないんでしょうけど、これはBIOSによって対応が変わるでしょうし、キーボードの方がNT非対応の場合も考えられます。
かといって、USBを使えるように、Windows2000とかXPとかにアップグレードしようにも、キーボードが使えなければ、アップグレードインストールの作業すらままならない。
そもそもマザーボードにUSBコネクタがない場合もあります。
BIOS関連の問題なら、アップグレードや電池交換などで解決する可能性もありますが、あくまで可能性の話なので、治るかどうかは保証の限りではありません。
この辺はお伺いしてチェックするしかないのですが、もしダメでも出張作業費はいただくことになりますので…。

こうなってくると、マザーボードを交換するのがもっとも確実ですが、すでにメーカーには問い合わせをしていて、交換部品はない、とのこと。
かといって、マザーボードを別のものに交換しても、メーカー製のNTパソコンですから、OEM版OSだと、おそらくまともに起動するとは思えませんし、現行のマザーボードでは、NTに対応しているとはとても思えません。
また、使っているシステムが、NTでなければ起動しないシステムで、2000でもXPでもダメなんだそうです。

これを直すには、全く同じ機種の同じマザーボードを用意しない限り、なんともなりません。
マザーボード上の、PS/2周りの壊れた回路を修復すれば何とかなるんでしょうけど、さすがにそういう修理は不可能です。

ああ…こりゃ八方ふさがりですね…。

「やっぱりそうですか…」

かなりがっかりされた様子ですが、コレばっかりはどうしようもありません。
WindowsNTは、Windows2000の前のOSですので、すでに10年ほど前のシステムです。
この10年の間に、止まっても差し替えが利くように準備しておけば済んでいた話なんですが…。

「いやまぁ、おっしゃる通りなんですが、動いてくれていたので…」

…まぁ、お仕事でお使いであれば、差し替えの利かない状態で、こうした突然の故障があったら業務が止まるんですから、次のシステムは、差し替えが利くように準備しておいた方がいいですよ…。

と提案はしたのもの、ウチはシステムインテグレーターではないので、残念ながらそこから先のお手伝いはできません。ここまでとなりました。

まぁ、インターネット回線とか電話回線とか、データセンターにある特定業務に特化したレンタルサーバーや、自分の体とか、万が一の「替え」が簡単に利かないものも確かにあります。
しかし、手元にあるパソコンやサーバーは、手元で「替え」が利くものですので、重要な業務で使うものであれば、万が一の故障に備えるべきだとは思うんですけどねぇ…。
不況不況と言われて久しいですし、高価なものだと仕方のない部分ではあるんですが…汎用性のあるもので、「それが止まると業務も止まる」ようなモノなのに、予備も無しに5年以上も使ってたというのは、改善の余地がありそうに思えます。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年07月14日(火) ハードウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い |

« WindowsMediaPlayer11を起動しないとどうなる? | トップページ | 過払い金返還請求の光と影。 »

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/45715305/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: これでキーボードが使えないとなると…。:

コメント

こんにちは
いつも楽しく読ませて頂いています。

DELLとで古いNTのドライバーを配布している中古のPCを探してきてNTを入れて
そのシステムを入れて、データを移し替えてという方法はどうでしょうか。

投稿: fuji | 2009/07/23 10:43:48

PS/2 キーボードを活線挿抜して以後認識しなくなった場合、マザーボード上の保護ヒューズが切れていないかを確認する価値はあると思います。
うまくするとソケットへの差し替えだけで簡単に交換できます。基板に直接半田付けだとしても NT 時代のマザーボードなら実装密度は今より低いと思いますので、どうしても救出したいならダメ元で試す価値はあるかもしれません。もっとも基板直付けの場合は笹本さんの扱う範囲は超えてしまいますね、、、、。

投稿: tss | 2009/07/23 12:39:27

いつも楽しく拝読させていただいております。

今回の話題、「直し方分からなくもないけど、ウチの仕事じゃあないですね」と断わった。その上で、「業務システムを、べたべたに依存しているOSのサポートが切れてから5年間、結果的に無策で使い続けたのはBCP(Business Continuity Plan)に問題あり」とまとめていらっしゃる。まとめについて、全く同感です。また、お客さんと多少不愉快なやり取りがあったのかもしれない、と推察いたします。

しかし、現実的になると、類似例はいっぱいありそうですね。
担当者から社長までのラインのどこかに「今ちゃんと動いている物を、ISerに金払ってまで直す必要なし!」と言い切る管理職が居る、そんなイメージです。
リスクを都合よく過小評価する。今回の金融危機の原因の一つだと言われています。人間の性と言ってしまえばそれまでですが。

実は、一番気になったのはNT4で動いていてW2K以降のNT系OSで動かないシステムって何だろう、と言うことです。もしかしてハードがPC-9800、MIPS、Alpha、またはPowerPCベースだったりして・・・・んな訳無いか?

投稿: mitaka1954 | 2009/07/23 17:01:43

いつも拝見しています。

PS/2 キーボード・マウス分岐ケーブルを使えませんか?
うちでは保守してる産業機器(いまだにDOS!)用にストックしています。
代替品が無い&納期長いんでクリティカルな使用はもうやめてほしい・・・

投稿: miz | 2009/07/23 18:25:59

いつも楽しく拝見させていただいております。

下記のように仮想化してしまうっていうのも手ですねー。
(まあお客様から作業費をもらえたらの話ですが)

HDDを取り出してディスクイメージ吸出し

VMwareなどの仮想PC上にイメージを展開

VMwareツール(デバイスドライバ)のインストール

投稿: kluivert | 2009/07/23 19:58:54

私はThinkpad T61(xp)にMSのVM入れて、NT4 SP6aを動かしています。
何に使うという訳ではありませんが、今回のケースでは試す価値はありそうですね。
(NT4の寂しそうな起動音、排水が落ちて行く様な終了音が好きです)

投稿: こた | 2009/07/23 21:27:43

この記事を読んで、
あ、このPCの役目は終わったな・・・と思いました。

あとは、壊れるまで使うというか、動いているから
下手にOSの変更はできない・・・
今回はNT4.0?じゃないと動かないシステムということで
すよね。

自分が使っている家のPCも動いているから
OSの部分はいじりたくない・・・
昔は新しいOSが出るたび飛びついていましたが
Vistaも7も様子見ですね・・・

投稿: | 2009/07/23 23:15:30

訂正&追記です。

誤:ISer → 正:SIer
(あわてていると、右手と左手の協調がうまくいかない場合があるようです)

世間では、NTと言うとNT4.0の事なんだなぁ、と思い知りました・・・・NT3.51を「おお、これは素晴らしい!」と思いながら使っていた時期が結構長かったので・・・・古い人間の昔話でした(失礼!)

投稿: mitaka1954 | 2009/07/24 3:59:41

私の仕事先でも、NT4はまだまだ現役です。先日古い専用のアプリケーションで、SP6aまで当ててしまうと起動しなくなる、というトラブルがありました。起動しない原因がSPのバージョンにあることがわかるまで、何度も再インストールをやったんでいいかげん嫌になりました。
現場では、動いているシステムは古くてもそのままにしておけ、という不文律があってサポートには本当に手間がかかります。そのくせ予備をつくろうにも24時間稼動しているから、バックアップもできなかったりするんです(泣)

投稿: まく☆彡 | 2009/07/25 0:20:58

みなさん、いろいろコメントいただきありがとうございます。

いずれにせよ、マザーボードのチップのダメージを調査して不良箇所を交換、などという高度なことは、専門業者の領域です。
交換にしても、全く同じものが手に入らない限り、別のNTマシンを手に入れる必要があります。
また、新品はもう手に入らないので、いつ壊れるかわからない中古品を調達することになります。
総合して考えると、いずれにしても修理は現実的ではないとしか言いようがありません。

こういうのは、差し替えの利かないシステムを構築したシステムインテグレーターに振るのが普通ですが、たいていそういうところは潰れているんですよねぇ…。
次は、もっと汎用的な、差し替えの利きやすいシステムにされることを期待するしかなさそうです。

それにしても…。

>そのくせ予備をつくろうにも24時間稼動しているから、バックアップもできなかったりするんです(泣)

それはシステムが死んで業務が止まっても文句を言わない、という現場なのでしょうか???
それならバックアップで止めても文句は言われないはずですが…よくわかりませんね…。

投稿: ささもと | 2009/07/25 10:23:25

>そのくせ予備をつくろうにも24時間稼動しているから、バックアップもできなかったりするんです(泣)

まさにそんな現場を持つ会社で管理者してます。
ワタシが経験した狭い範囲での話ですが、こういう部署の人って24時間稼動させることが目先の大義になっていたりします。
だからバックアップの為の停止時間など認められませんし、システムが止まれば激怒します。どちらも矛盾してないです。24時間稼動させる事しか見えてませんから。

ワタシのところなんか、ノーメンテのせいで年に何回かは必ず止まるような状態なのですが、それでもバックアップはさせません。で、深刻な故障で1日どころか3日も4日も止まってみたり。そのたびに「壊れたから直せ」とベンダーが導入した機械なのにワタシが呼び出され、「さっさと済ませろよグズ」とか後ろでつぶやかれながら作業してます(泣)
あ、なんか辞めたくなってきた...

投稿: ゐ | 2009/07/28 17:09:34

ゐ さん
お疲れ様です…。
たとえば、数万人レベルの不特定多数のユーザーがいるインターネットインフラシステムなんかは、基本的に止めることはできませんが、止めてもバイパスできるようなしくみになっているはずです。
24時間止めないことを至上命題にしているため、メンテナンスのための代替手段もきちんと用意しているということです。
問題は、そこまで考えられていないのに、止めることが許されないシステム。
「飲んだら乗るな」じゃなく、「飲め!そして乗れ!」って感じですね…。
早くまともな環境を勝ち取れるといいですね…。

投稿: ささもと | 2009/07/28 17:54:01

私も業務用のソフト(ハード含めて)のサポートをした事がありますが、お疲れ様でした。

聞いてみるとサポート外である事はよくあることですよね。そこで、コールセンターの(SEも含めて)人たちには、現象を聞く前にまず、

1.OS、
2、そのバージョン、
3、SPなどパッチの当たり方、
4.対象のソフトのバージョン、パッチのあたり方、
5.ハードの名前、そのバージョン
6.他のソフトの使用状況。
など、基本情報をたずねるようにしてもらっています。
(Winmsd, system32, msinfo32で取れます)

大体の人は結構答えられません(コールセンターの人たち)。これを聞いただけで解決できる事柄が(ソフトの熟成もあるが)、10%ほど在ります。

現象を聞いただけで解決する場合も在りますが、おおよその概要を聞いてから、関係あるなしにかかわらず、この基本情報を聞いてもらっています。

情報取得の、次の段階に進み再現テストする場合もこれらの基本情報が役に立ちます。当然、バグ修正、パッチ発行には、無くてはならいとても重要な情報です。


みなさんも、友達とか知り合いに頼まれた場合も、この基本情報を取得して、対処に当たってください。

投稿: おせっかいな人間より | 2009/08/18 18:43:28

おせっかいな人間より さん
コメントありがとうございます。
しかしながら、世界が違うので参考にならないのが残念ですね。

>これを聞いただけで解決できる事柄が(ソフトの熟成もあるが)、10%ほど在ります。

そういう世界があるのかも知れませんが、こちらはその世界とは違うので、残念ながらそんなにありません。
ほとんどは「つながらない」「起動できない」「電源が入らない」「ウイルスが…」ですので、その辺を聞き出すことができませんから…。

投稿: ささもと | 2009/08/19 16:21:08

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« WindowsMediaPlayer11を起動しないとどうなる? | トップページ | 過払い金返還請求の光と影。 »