ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« ルーターの設定は簡単か? | トップページ | WANポートにPCを接続したらどうなる? »

2009年8月17日 (月)

サマーウォーズ観てきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

今回はパソコンの話ではありません…いや、比較的近い話かもしれません。

先日は、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 を観てきましたが、平行して夜中にTV版「新世紀エヴァンゲリオン」も放映してましたので、そちらも観ていたんですが、やたらとこの「サマーウォーズ」の宣伝が入るんです。

サマーウォーズ公式サイト

で、この映画の監督の前作品である、アニメ版「時をかける少女」も放映してましたので、とにかく観に行かないと!!と思ってました。
ウチのコドモたちは、部活だとかいろいろあって、今年はどこにも遊びに行けないので、映画ぐらい…と思って声をかけたら、下二人は、

「えー?ハリーポッターの方がええ!!」

とかほざいてます。
まぁ、確かに、針野ポタ夫さんもよろしいんですけどね…。
とりあえず、下二人はいろいろスケジュールが合わず、結局賛成した一番上だけを連れて行きました。

なぜか明石では上映しておらず、神戸か加古川まで行かねばならない羽目に…。
ということで、上映時間の関係で加古川へ。

ワーナーマイカル加古川というシネコンで、中でも、ちょっと収容人数が少なめの、小さなスクリーンの7番で上映されてました。
しかし…!!!

公式サイトの「満足度驚異の96%!」は、はっきり言いますが、伊達じゃないと思いますよ!!!

これは見逃さない方がいい!!

-----

内容をあまり書いてしまうとネタばれになるので全部は書きませんが…。

舞台は現代に非常に近い近未来。
ネット社会は世間にどんどん浸透し、「OZ(オズ)」と呼ばれるオンラインサービスが世界をつなぎ、ほとんどの人が「OZ」を利用し、その普及率は、今の携帯電話以上。公共の手続きや送金など、いろんなことがそれを通じてできるようになっている、という設定。
そして、Yahoo!などでよくある「アバター」をみんなが持っていて、OZ内の分身として動いている状態。

まぁ、アバターを日ごろから使っている人は、かなり簡単にこの映画に入り込めることでしょう。
そうでない人も、おそらく大丈夫だと思います。

物語の舞台は、その「OZ」とそれを取り巻く人々のつながり。
主人公は、成り行き上、旧家の大家族(多数の親族)の中に巻き込まれる。
そこに突然来た謎のメールに返信したところ、どうしたわけかOZのシステムトラブルの犯人として報道され…。

という導入部から、モノスゴイ大混乱に巻き込まれていき、本当の犯人である「ラブマシーン」というAIアカウントが暴れ回る。
「ラブマシーン」は他のアカウントをどんどん飲み込んでいき、巨大化して、手がつけられなくなり…。

ついには人工衛星を叩き落してこちらをつぶそうとし始めて…。

荒唐無稽な展開ではありますが、まさしく「映画」として、エンターテインメントしてくれています。
ぐいぐい引き込んでくれます。
もう涙出そうになります。
そして、ネット上のつながりだけでなく、家族のつながり、人のつながりの大切さまでも見せてくれます。

もう一度言います。必見です!!

近所で上映していて、時間のある人は観に行きましょう!
アニメだと馬鹿にしてるとびっくりしますよ!!

で、いつもどおりにパンフレットを買おうと思ったら…売り切れ。入荷未定。なんじゃそら!!

たまたま三宮方面に用事があったので、HAT KOBE 109シネマズまでパンフレットだけ買いに行きました…。

あ、そうそう。
この映画を見る前に、花札の「こいこい」のルールを予習していった方がいいかもしれません。

花札ゲーム 現代版こいこいの遊び方 :任天堂

任天堂は花札やトランプのメーカーとして老舗なんですよね(笑)。
そのせいか、映画の中でも、NintendoDSiが出てます。
でも、協力企業名に任天堂は…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年08月17日(月) おすすめサイト, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ, 芸能・アイドル, 趣味 |

« ルーターの設定は簡単か? | トップページ | WANポートにPCを接続したらどうなる? »

おすすめサイト」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/46007661/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: サマーウォーズ観てきました。:

コメント

う~ん、皆さん評価高いですね・・・

一応システムを組んだことある人には
否定派が多いんじゃないかと思っていましたが・・・
ttp://katsuhirotani.blog65.fc2.com/blog-entry-1492.html

投稿: | 2009/08/24 0:52:42

谷 さん
これはマンガです、マンガ。
また、荒唐無稽さと非日常を楽しむ「映画」でもあります。
設定の不備をなくしたら、こんな話は成り立ちません。

谷 さんのブログにもコメントさせてもらいましたが、細かいツッコミでいちいち引っかかっていたら、どんな映画も楽しめませんよ。
私も疑問に思ったのは、劇中で大おばあちゃんが黒電話であちこち電話するシーン。
あれだけのシステム大混乱の中、なんで発着信規制にひっからないんだ?発着信規制ならまだしも、全然別のところにつながるとかいった混乱はなかったのか?と真っ先に疑問は出ましたが。
他にもたくさんありましたよ…。

逆に、コレの前作「時をかける少女」なんかは、ウチの2番目のムスメは、テレビで2回観て2回とも「意味ワカラン」とほざいてました。
タイムリープの繰り返しに、途中でついていけなくなったらしいです。
実写の大林版との違いを含めて、私は楽しく観れましたけどね。

まとめると…世の中いろんな人がいるので、評価はそれぞれ。荒唐無稽で非日常なのでツッコミどころはてんこ盛り。でも本作品「サマーウォーズ」は、ささもとは大いに楽しめました。

ということで。

投稿: ささもと | 2009/08/24 9:00:09

初めまして。

今までROMながらずいぶんこちらのブログを拝見させていただいてましたが、いきなりサマーウォーズの記事になって驚きました(笑

私もサマーウォーズは楽しく見られました。ワクワク感というか、次の展開はどうなる!?といった感覚で映画が見れたのは久しぶりです。
人と人との繋がりには涙したり・・・
「時かけ」でも泣いたし、涙もろいだけなんですけどねー。

細かい設定も脳内補完でどうにでもなりそうな範囲ですし、気になりませんでしたね。
キーボード操作はシステム側で、簡単なコマンド入力で決まったパターンを記憶してあるとか(3D格闘ゲーム的な)。

漁船がざっぱーん!とか、大型サーバーがぐおおおんとかそれだけでも楽しかったですしね。

投稿: kkzt | 2009/08/24 12:32:05

いろいろ映画、ドラマ見ていますが、この作品の場合は
「突っ込みどころ満載で面白くなかった」
と。

ただ突っ込みどころ満載だけどそれを検証していくと
面白い作品もあるわけで。

アニメ、時かけはまさに突っ込みどころ満載が面白い
と。

時をかける少女は2010年にまた新作が公開されます。

投稿: | 2009/08/24 21:51:33

昔観た映画パトレイバーで整備班のシバシゲオがレトロな下宿で謎のOS HOSを調査するもそのコンピュータだけでは処理出来ないとネットワークで特車2課のコンピュータをアクセスする描写がとても好きだったが、サマーウォーズもそんな感じがしました。

投稿: UP2 | 2009/08/25 2:31:11

kkzt さん
こないだはヱヴァンゲリヲンでしたけど…。

まぁ私も同じような感じで楽しませてもらいました。
「マンガ的な楽しさ」がこの映画の醍醐味だと思います。

谷 さん
うーん…きっと谷 さんにとっては、ツッコミどころが悪かったんでしょうね。
この辺は好みの問題じゃないですか?

人によっては、どんな感動的な名画でも、殺戮シーンがたった1シーンあるだけで「感動しなかった。観なきゃよかった」という人もいますし、笑いのツボが違うと、評価の高いコメディ映画でも笑えませんし。
そういうものですよね。

こういうのは語学などと同じで、たとえば英語など、「This is a pen」から入ったとして、「Thistって何? isって? aって? penって?」とか言って次に進めないようでは勉強になりませんよね。
パソコンの学習でも、「漢字変換の順番が変わった!なんで??テキストと違うよ??」と言い出してそこから脱却できないでいると学習はすすみません。
ある程度は「流す」ということをしないと、先に進めないのは映画も同じだと思います。

ちなみに、私は「時をかける少女」は、特に突っ込むこともなく観ました。単純に面白いと思いましたけどね。
ムスメは「意味ワカラン」という評価。みんなそれぞれですよ。

まぁ、映画は理屈で楽しむものではありませんし、「楽しかった」って言ってる人にネガティブ評価を押し付けるのはどうかと思いますよ。
映画を愛する者としては、「面白くなかった」と言う人に「これはこう楽しい部分があるんだよ」とポジティブに評価を変えてあげるべきだと思いますけど、どうでしょうか。

まぁ「面白くないものは面白くない」と言い切る人もそれなりの需要はありますけど…ね。

でも、今回のは「システム組んだことがある人」かどうかは関係ないような気がします。

UP2 さん
そのパトレイバーは残念ながら見逃してましたが、雰囲気はわかります。
その辺の描写はフィクションの世界の醍醐味だと思います。
またレンタル店で見つけたら観てみようかと思います。

投稿: ささもと | 2009/08/25 8:26:14

サマーウォーズ、この夏一番のアニメでしたね!
そうか、システムを組む人とっては「突っ込みどころ満載で面白くなかった」という感想もあるんですね...。ただ、あんなに、全部OZに依存しちゃうのは怖いと思いました。
私は単純に「マンガ的面白さ」で楽しみました。画像も、驚きを見せてくれて刺激的でした。

TBさせて頂きました。あと『ドット絵風似顔絵変換ツール』もやってみたり、楽しませて頂きました。ありがとうございます(^^)

投稿: あん | 2009/08/27 21:08:09

見てきました。
見ようと思っていたが今一歩、足が進まなかったんですがここのトピがあるのを見て「これは見てから読まんと」と行って来ました。
シネコンで木曜のレイトショーで9割の入り。開始2時間前にネットで予約したら1割以下の入りだったのに。
独り占め状態かと思ったら、あてが外れた。

感想は「理解するんじゃない、感じろ」と。
※実際はこの下に20行ほど書いたんですが、恥ずかしくなったのでここまでで。

投稿: MoD | 2009/08/28 2:18:00

あん さん
コメントありがとうございました。
他の記事でもお楽しみいただけたようで。
ブログ見させていただきました。
イラストが楽しいですね。私は絵心がないので、イラスト入りのブログは、いつも感心してしまいます。

ところで、トラックバック届いてませんね…。
なにやら、fc2の場合は、受ける場合も送る場合も、記事に言及リンクがあるかないかというのが厳しいのかもしれませんね。
それと、表示されているトラックバックURLは、そのまま貼らずに、注意書きにあるとおり「/void」を抜いてくださいね。

MoD さん
いや、まだ夏休みですから(大阪・兵庫・雪国関係除く)。
正直なところ、ハリーポッターやらナイトミュージアム2やらの大作がないタイミングなら、かなりのヒットを記録したのではないかと思います。
まぁ、夏休みですので、大作がないということはありえないですけどね…。
感想消しちゃったんですか?もったいない…。

投稿: ささもと | 2009/08/28 7:03:22

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« ルーターの設定は簡単か? | トップページ | WANポートにPCを接続したらどうなる? »