ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« AhnRpta.exe、xvassdf.exeとの闘い。 | トップページ | 「Your computer is infected!」…って!もうええっちゅーねん! »

2009年8月 3日 (月)

XPが再起動を繰り返す意外な要因。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは何度かお呼びいただいている、小さな事務所のお得意様。

「パソコンが起動しなくなったんです。電源は入って起動しようとしますが、画面が真っ暗のままで…」

まぁこういう症状では、いずれにしてもお伺いしかないので、とにかくお伺いです。

まずは現象確認から。

電源を入れると…例の見飽きた画面。。

ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。
最近のハードウェアまたはソフトウェアの更新が原因の可能性があります。

コンピュータが応答しない場合、予期せず再開始した場合、ファイルとフォルダを保護のため自動的にシャットダウンした場合、前回正常起動時の構成を選択して、正しく機能した最新の設定に戻してください。

前回の試みが電源障害、あるいは電源ボタンやリセットボタンを押して中断された場合、または原因不明の場合は、通常起動を選択してください。

  セーフモード
  セーフモードとネットワーク
  セーフモードとコマンドプロンプト

  前回正常起動時の構成 (正しく動作した最新の設定)

  Windows を通常起動する

上矢印キーと下矢印キーを使って項目を選択し、Enter キーを押してください。

まぁこの画面自体は、起動途中などで強制終了してしまったら出る画面ではありますが…。
とにかく通常起動を選んでEnter。

…ん?画面が真っ黒のまま…???

「そうなんですよ、ここから進まないんですよ…」

…うーむむむむむむ。

-----

見飽きた症状としては、ここでWindowsロゴの出る起動画面になり、しばらくしてからブルースクリーンで止まるか、自動的な再起動でまた「ご迷惑をおかけしております」→Windowsロゴ→再起動…の繰り返し。

しかし、今回は、画面が真っ黒のままで止まるのだ。

うーん…あまり見ない症状ですねぇ…。

とりあえず、「ご迷惑をおかけしております」の症状の、最も多いのはハードディスク障害。
もしそれだと、基本的にハードディスク交換でしかないんですが…。

いずれにしても、もしデータが重要でも、何10万円もかけてデータ救出専門業者へ依頼することはないようですし、ハードディスクチェックをかけてみますか。
ということで、WindowsXPのCD-ROMをセットして再起動。

…あれ?
起動しない…。
CD-ROMからのブート動作に入ったところで、カーソルが画面を走り、パラレルポート接続のプリンタが騒ぎ始めた。なんだか勝手に印刷を始めている。
な、なんだとぅ?

今度は別のCD、UltimateBootCDをセット。
…なんかエラーを起こして起動しない。
なんで????

ここで考えられるのは…

  • CD-ROMの不良
  • CDドライブの不良
  • マザーボード側の何らかの不良
といったところ。

CDドライブの不良を検証するのはちょっと難しいけど、CDを2枚入れて2枚ともおかしいはずはない。

とりあえず、周りがかなりホコリっぽいので、一度箱を開けることにした。

…ぐわっ!!!め、メモリに真っ黒なパウダーがっ!!!

まるでコピー機のトナーのようなパウダー状の真っ黒なホコリが、メモリーのDIMM基板に…。
コレが原因なんじゃ??

とりあえずメモリを外し、エアーダスタースプレーでホコリを念入りに吹き飛ばし、パソコン内部のホコリもできるだけ吹き飛ばし、メモリはガシガシと何度か突っ込んだり抜いたりを繰り返し、接触不良の要因をなるべくなくすようにやってみた。

箱を閉じて、配線を元に戻し、電源再投入。

…おおっ!Windowsロゴが表示された!

デスクトップが現れ、アイコンとタスクバーも表示された。
ここまでくれば大丈夫でしょう。

何度か再起動や電源再投入をしてみて、問題ないことを確認。

ここは幹線道路沿いですし、土足で出入りしてますし、ダンボールもたくさん積まれてますので、こういうホコリは、ある程度は仕方ないのかもしれません。

「フィルターとか貼ってたらダメですかね?」

…うーん、この筐体なら、CPUにかかる空気の取り入れ口である正面のスリットに、換気扇なんかに使うような目の粗いフィルタぐらいは貼っておいてもいいのかもしれませんけどねぇ…。
まぁ、究極は、土足をやめた方が確実かもしれませんが。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年08月03日(月) ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(メモリ), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い |

« AhnRpta.exe、xvassdf.exeとの闘い。 | トップページ | 「Your computer is infected!」…って!もうええっちゅーねん! »

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(メモリ)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/45866297/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: XPが再起動を繰り返す意外な要因。:

コメント

お疲れ様です。
ありますよねぇ、開けてみたらホコリが絨毯みたいなってて、CPUファンを塞ぎ熱暴走、みたいなww
メモリのところには、あちこちのメーカー製PCでCPUファンからの廃熱が意図的に当たるような構造をとっているところも少なくないですし。
かといって、「年末の大掃除の時に分解して掃除してあげて下さい」とも言えませんし。
この際、パソコン版のお掃除ロボみたいなのを搭載…無理か(笑)。

投稿: kei | 2009/08/09 1:50:13

kei さん
今回はまさしくその通りで、CPUファンは前から後ろへ風を抜けさせる配置になっており、吸い込んだホコリがそのままメモリに降り注ぐ形となってました。
意外とホコリに対するフィルターって、ないもので…。
皆さんどうされてるんですかねぇ。

投稿: ささもと | 2009/08/11 6:29:50

こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいております。
内部の清掃ですが、私は模型塗装用のコンプレッサー(7000円前後)を使ってます。
これだといちいちスプレーを買う必要もないし、噴射したところが白く曇る事もない(以前これでお客様のPCを壊した事があったので…)ので重宝しております。ご参考までに。

投稿: DISPLAYS | 2009/08/11 15:35:45

DISPLAYS さん
なるほど、コンプレッサーですか…そういう手もありますね。
でも、客先で、わざわざそういうのをその都度出すこともできないですよね…。
作業場に常備しておくのはいいですね。

投稿: ささもと | 2009/08/12 19:36:38

わざわざのご回答ありがとうございます。
模型塗装用のコンプレッサーですが、そんなに大きくはないです(厚さ7cmのB5サイズぐらいで3kg弱)。
スプレーよりも若干圧力が弱いですが、ホコリをとばすくらいなら充分ですね。
ささもとさんはバイクでの移動ですか?(以前そのような記事を拝見した記憶が…間違いだったらすみません)それだとやはりスプレーのほうが携帯には便利ですよね。

投稿: DISPLAYS | 2009/08/13 22:24:55

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« AhnRpta.exe、xvassdf.exeとの闘い。 | トップページ | 「Your computer is infected!」…って!もうええっちゅーねん! »