ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« Cドライブの空きがありません。 | トップページ | リカバリ時・初期セットアップ時に気をつけなければいけないこと。 »

2009年10月 7日 (水)

ウイルス対策ソフトを入れたのに…。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらはVistaの新規セットアップのお客様。
ケーブルテレビ回線をご利用ですので、この地域はZAQですからマイシールドというアンラボのV3ベースのウイルス対策ソフトが無料で使えます。

ZAQセキュリティ - マイシールド :ZAQ

無料なので、とウイルス対策をお勧めしたところ、二つ返事で「入れておいてください」とのことで、早速インストールです。

…っとその前に、既存のプリインストールのウイルス対策ソフトを必ず外しましょう。
マイシールドは、既存のソフトの自動アンインストールどころか、何か入っているかどうかのチェックすらしてくれません。
最近の大手ウイルス対策ソフトには、ほとんどはそういう機能があるため、同じようにしてくれるだろうと油断していたら、きっちり多重インストールになったことがありました…要注意です。
でも、考えようによっては、ケーブルテレビ回線はルーターなしだとグローバルIPを割り振ってくるので、後から外す方が安全なのかもしれませんが…。

ケーブル回線の利用者IDとパスワードを入れて、インストールを進めていきます。
とりあえず特に引っかかることもなくインストール完了です…が!!

マイシールドのアイコンの横に、セキュリティセンターの赤いペケ印の楯のマークが。
吹き出しが出て、「マイシールドが最新の状態ではない」とかなんとかおっしゃってます。

「スマートアップデート」で最新版にアップデートをかけました。
でも、やっぱり吹き出しが出ます。
な、なんで?

-----

セキュリティセンターを開いてみると、なぜかファイヤーウォールが無効です。
いや、Windowsファイヤーウォールは無効だけど、マイシールドのファイヤーウォールは有効にしてるぞ?

さらに、「マルウェア対策」の項目は、「設定を確認してください」ということで赤くなってます。

マイシールドは有効になっていますが、Windowsセキュリティセンターへの状態報告がサポートされなくなった形式によって行われています。プログラムの自動更新を行うか、プログラムの製造元に問い合わせて、更新されたバージョンを入手してください。

って…はぁ??
最新バージョンにしたっちゅーねん!!
何が不満やねん!!

こういう時はサポート情報。

会員サポートQ&A マイシールド :ZAQ

ぱらぱらと項目をたどっても、該当する情報は見当たらない。
うーむむむむむ…。

悩んでいても仕方がない。
こういうときはサポートへ聞いたほうが早い。

…でまた、これが例によってなかなかつながらない。
保留メロディが流れてますが、スピーカーホン状態で放置しつつ、さらにあれこれ探る。
そうこうしている間につながったので聞いてみたところ…。

「ああ、その現象はWindows Vista SP1の一部環境で発生することがあります」

…は?
そんなことどこに書いてます?Q&Aを探しても書いてませんでしたけど?

「えーとですねー、ZAQのトップページにお知らせのリンクを掲示してますので、とりあえずトップページを出してみてもらえます?」

ということで、ZAQのトップページを出してみた。

∑( ̄△ ̄;
うわっ、お知らせの項目に、確かに書いてある!!

(ちなみに、ZAQの会員向けトップページはZAQ回線でないと表示できないようになってますので、他の回線の人では見れません)

お知らせのリンクをクリックしてみたら…。

マイシールドがセキュリティセンターで認識しない現象が発生中 ZAQケーブルインターネット接続サービス/インフォメーション :ZAQ

2009年7月14日(火)より、マイシールドご利用の一部のお客様におきまして、
マイシールドのエンジンバージョンが最新の状態にもかかわらず、
「Windowsセキュリティセンター」で認識されず、「マルウェア対策」の項目が
「設定を確認してください」といった状態になる現象が発生しております。

なお、この症状は、Windows Vista SP1をご利用のお客様でかつ、7月14日に実施されたWindows Updateを適用された環境において発生しております。

・他社のセキュリティ製品でも発生しております
・Windows Vista SP2では発生しておりません

※ソフトウェアのアップグレードについてはパソコンメーカーにご相談ください。

(中略)

【表示される警告内容】
「マイシールドは有効になっていますが、Windowsセキュリティセンターへの状態報告がサポートされなくなった形式によって行われています。プログラムの自動更新を行うか、プログラムの製造元に問い合わせて、更新されたバージョンを入手してください。」

なお、上記のメッセージが表示されていてもマイシールドのリアルタイムスキャン機能やウイルス検知機能等、マイシールドの機能は動作しております。

※ 文中の赤文字は原文どおり

なるほど。
この文面で読み取れるのは、

マイシールドが悪いのではなく、他でも起こってるから、マイクロソフトのチョンボだよ

と言いたいらしい。
どうなんだろうなぁ。
サポートの人は、「SP2にアップデートすれば問題は出ません」とのこと。
うーむむむむむ…。

ウチではSP適用は追加料金を取ってますので、お客様にはその旨を説明し、ご自身で実施されるのでしたら、VistaのSP2はそれほど大きな問題もないので、WindowsUpdateでかけても(時間はかかりますが)おそらく大丈夫でしょう、不安があれば一応パソコンメーカーに問い合わせてみるのがいいでしょう、とお伝えしてこのままで完了となりました。

しかしまぁ…マイクロソフトもこんな仕様変更をしてひどいと言えるけど…。
どうもなぁ…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年10月07日(水) 定番トラブル, ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 日記・コラム・つぶやき |

« Cドライブの空きがありません。 | トップページ | リカバリ時・初期セットアップ時に気をつけなければいけないこと。 »

定番トラブル」カテゴリの記事

ウィルス・スパイウェア関連」カテゴリの記事

ソフトウェアアップグレード関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

初期セットアップ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/46533353/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: ウイルス対策ソフトを入れたのに…。:

コメント

>マイシールドは、既存のソフトの自動アンインストールどころか、何か入っているかどうかのチェックすらしてくれません。
>最近の大手ウイルス対策ソフトは、ほとんどはそういう機能があるため、油断していたら、きっちり多重インストールになったことがありました…要注意です。

この文面を見る限り、何が入っているかのチェックがあるため、多重インストールになるとなってます。
言いたいこととは、違うんじゃないでしょうか?
ちょっと気になりました。

投稿: cry | 2009/10/21 15:44:39

cry さん
この文の主語は「マイシールド」です。
マイシールドをインストールしていたらうっかり多重インストールになった、ということですけど何か。

投稿: ささもと | 2009/10/21 16:57:18

>最近の大手ウイルス対策ソフトは、ほとんどはそういう機能があるため、油断していたら、きっちり多重インストールになったことがありました…要注意です。

の主語が『マイシールド』という事でしょうか?

『最近の大手ウイルス対策ソフト』は、ほとんどはそういう機能があるため、油断していたら、(『最近の大手ウイルス対策ソフト』は、)きっちり多重インストールになったことがありました…要注意です。

のように、()部分を読み手が補足してしまうのでは?と思ったまでです。

つまり、マイシールドは。。。でマイシールドの話があり、
最近の大手ウイルス対策ソフトは。。。で最近の大手ウイルス対策ソフトの話になったので、
その後の省略された主語も最近の大手ウイルス対策ソフトの事だと思いました。

投稿: cry | 2009/10/21 22:48:01

おそらくMSのチョンボ、という前提で書きますけど、Microsoft Security Essentialsのリリースと関係あるんですかね~

あれ?逆か、Vista SP1の時点ですでにこのチョンボなのか?
なぜ今になってから?
SP2になった時の仕様変更に合わせてワクチン作るとSP1でこうなるのかな?

謎が謎を呼ぶ...

投稿: SHU | 2009/10/22 4:01:02

cry さん
先のコメントでは、2行とも引用されてましたよね。
こちらのコメントのように1行だけで取り上げられれば、そのご指摘もアリだったかもしれませんけど。
でも、1行だけ切り取って読んでも仕方ないですけどね。全体の流れというものを読んでいただければと思います。
「そういう機能」という部分が前の行にかかっていますので、前の行とセットで読まれるはずのものと思ってましたが。
とはいえ、ご指摘はご指摘としてわからなくもないので、そういう解釈を回避できるよう修正しておきます。

SHU さん

>SP2になった時の仕様変更に合わせてワクチン作るとSP1でこうなるのかな?

こちらのほうだと思います。
要はSP2で改良したはいいけど、SP1での挙動との整合が取れてないってことですね。
SP2のセキュリティセンター表示って、かなり違う形になってますので、その関連かもしれません。
「そういう仕様なんだからソフト側で対応しろ、ユーザーはSP2にしろ」っていうのはMSの横暴ですよね。
Windowsがアップデートしてあるものもしてないものも世の中には存在するんだから、それらすべてにソフトが対応しなきゃならないと要求するのはおかしな話です。
「ちゃんとしてくれてるメーカーさんもあります」と言うのでしょうけど、それは違うだろ!って思います。
要するところ、
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2007/12/flashocx_99e7.html
この「ファイルが見つかりません"flash.ocx"」の話と同じです。

ところで、Microsoft Security Essentialsは単なるウイルス対策ソフトですから、あまり関係ないと思います。

投稿: ささもと | 2009/10/22 5:06:24

補足
>Windowsがアップデートしてあるものもしてないものも世の中には存在するんだから、それらすべてにソフトが対応しなきゃならないと要求するのはおかしな話です。

今回のはおそらく、ソフト屋さん側に公開されていない部分での勝手な変更がWindows側にあったのかもしれません。
そう考えれば、マイシールド側の声明もなんとなくうなずけます。
あらかじめ「変更するよ」と出てたものなら、ソフト屋さん側のこういう反応は、ソフト屋さんの怠慢と取られても仕方ないわけですが。

投稿: ささもと | 2009/10/22 5:16:55

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« Cドライブの空きがありません。 | トップページ | リカバリ時・初期セットアップ時に気をつけなければいけないこと。 »