ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

ウイルスセキュリティZEROをWindows7対応に。

このブログではそれなりにプッシュしております、ウイルスセキュリティZERO。

ウイルスセキュリティZERO 3台用(Windows7対応版保証版)CD-ROM版
ウイルスセキュリティZERO 3台用(Windows7対応版保証版)CD-ROM版
ソースネクスト 2009-07-03
売り上げランキング : 24

おすすめ平均 star
starPC初心者限定でお勧め

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ウイルスセキュリティZERO 3台用 (Windows 7対応保証版)
ウイルスセキュリティZERO 3台用 (Windows 7対応保証版)
ソースネクスト 2009-04-03
売り上げランキング : 1743

おすすめ平均 star
star今のところ、被害も不具合もなく機能しているので満足しています。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お勧めしている理由は簡単。

永続使用なので、毎年のバージョンごとのエンジン更新をいちいち手動でしなくていいということ。

フリーを含めて、他のソフトは、ほとんどは年が変わればエンジンが変わり、パターンファイルは自動更新でもエンジンの更新までは自動でやってくれない、ということ。
まぁ、ウイルスセキュリティZEROも、まるっきり全自動とはいってないようですけど。

Vs2009123101

Windows7発売前後から、この手のメッセージがうるさく出てきます。
「Windows7未対応」ととにかくしつこい。
VistaとかXPしか使ってないっちゅーねん。
関係ないっちゅーねん。
ほっといてくれや。
…とは言ってもただのひとりごと。

事実、XPとかVistaのままなら、別にWindows7対応になんてしなくていいんですけど、とにかく繰り返ししつこく出てきますので、何も知らない人だと、ついつい関係ないのに7対応にするためにお金を支払ってしまうのかもしれません。

まぁ、いつまでも同じパソコンを使っているわけでもないでしょうし、そもそも「ずっと無料」とは書いてましたが、一応「Vistaのサポート期限まで」と書いてましたし、「ずっと無料」はあながち嘘ではないんでしょうけど、ちょっと違うんじゃないかという気がしなくもない。

この調子だと、ウイルスセキュリティZEROって、年ごとではなく、OSごとの更新料金だと考えた方がいいのかも知れませんね…。

優待価格適用期限の年末ギリギリではありますが、まぁとりあえず、2009年最後のネタとして、うるさいメッセージにいっちょ従ってみるとしました。

-----

お知らせに出てくる「対応方法はこちら」に従って決済をするのですが、クレジット払いとコンビニ払いがあります。
今回はコンビニ払い。コンビニ決済の手数料を含めて、3595円。
ここでユーザー登録をしている製品であれば、ここから500円引きになるのですが、していないと500円引きになりません。
500円引きの表示が出なかったのはユーザー登録をしていなかったからなんですが、とりあえずそのまま決済。
払込票を印刷して、コンビニへ持って行ってお金を払えばOK。
一応、決済してから期限は4日ほど猶予があるようですが、年末ギリギリでどれほどの速さで決済されるか試してみました。

コンビニへ走って支払いを済ませ、メールを待つ。
だいたい1時間ほどで、メールで連絡が届きました。
以前、平日にお客様のところで同じことをやったことがありましたが、30分ほどで決済されました。
お客様のところでは、シリアル番号が変わったため、インストールをやりなおしましたが、私の方はシリアルの変更はなく、自動的に対応版として反映されました。
どんな違いがあるのかは知りませんが、とりあえずこれでうっとうしいメッセージからおさらばです。
手元にはWindows7未対応版もライセンスが残ってますので、Windows7マシンへはライセンスのやりくりをしてインストールするとしましょう。

この後、消防団の年末警戒へ参加して、近所の「林神社」で午後0時の年明けの合図の後にご祈祷してもらうのが、ここ数年の恒例となってます。
2010年もいい年でありますように。

2009年12月31日(木) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

辛口評論家の条件。

正直なところ、どうでもいい話ですが…私も批判的な記事を書くことがある立場上、やはりこの件は他山の石として考えるべきことだと思いますので書いてみます。

-----

ちょうど1年ほど前に揉めた、あの件。

2008年11月 1日 (土) こんなパソコンは…ちょっと買いたくない。

自称初心者で、買ってから筐体を一度も開けたことのないパソコンを開けてみたら、CPUクーラーのコネクタがズレていて、全く回っていなかったことと、ホームページの構成とを批判した件。

あちらさんは、これを受けて、何千人にも向けて直接送られるメールマガジンで「名誉毀損だ!このままでは済まさんぞ!」という脅迫を公言して、実際に電話してきたりニフティに対して何度もメールや電話で圧力をかけてきましたが、

2008年11月30日 (日) 誤った批判?

脅迫を受けた件で兵庫県警と、特定商取引法関連で経済産業省に相談した結果と、それを管理プロバイダに通報した結果を受けて、分が悪いと思ったのでしょう、「このままでは済まさない」の記述を取り下げたので、こちらも彼の実名を伏せました。
(ただし、連絡先不明という特定商取引法関連に関してはいまだ改善されていません。サイト内検索をかければ出てきますが、そこへのリンクもなく、本当にこっそりとかかれているだけです)

しかし、これに至るいきさつは実にドタバタでして。

2008年12月10日 (水) 脅迫文は移動されました。

彼の一連の行動は、一言で言えば、まさに「人を呪わば穴二つ」といったところ。

ただ、彼の製作したパソコンやホームページに関する批判は取り下げろとは言いませんでしたね。

まぁ、正直なところ、思い出したくもないわけですが…。
しかし、彼のメールマガジンは相変わらずのようでして、象徴的な展開があったので、ピックアップしてみたいと思います。

-----

No.3116 2009.12.29 ■ドスパラは悪質商法に反省なし

 先ほど、そのドスパラから、3114に書いた件で電話がありました。今回は
特別に交換するということです。他の会社なら当然のことです。私が許せな
いのは、ドスパラの「購入者性悪説」なのです。

 欠陥品を売っておき、謝罪をするどころか、一方的に私が嘘を言っている
と決めつけたことなのです。ドスパラは未だに、商品を交換さえすれば済む
ことだと考えているようです。これでは、ドスパラの悪質商法はこの先も続
くでしょうね。

参考:No.3114 2009.12.27 ■まだまだ続くドスパラの悪質商法
 欠陥品を売っておいて、一切の責任を取らないのは納得できません。「ド
スパラ」では、当社では販売する商品を開梱して検品をしていないのだから
責任がないというおかしな理由です。

 開梱をしていないのなら「ドスパラ」で傷を付けたということはないでし
ょうから、メーカーか購入者のどちらかが傷を付けたことになります。パー
ツの内部的な欠陥の場合はメーカーの責任と判断できますが、今回のように
外部的な損傷の場合は、検品をしていない「ドスパラ」では判断できません。

 判断できるんのは購入者だけです。ところが「ドスパラ」ではこのような
場合、メーカー性善説、購入者性悪説をとり、購入者が自分で傷を付けたの
に嘘を言っていると決めつけているのです。

こんなことを書いている当の本人が、例の昨年揉めた件では、

欠陥品(CPUファンが回っていないPC)を売っておき、指摘をしたら一方的に私が嘘を言っていると決め付け、お客様を怒鳴り散らし、謝罪をするどころか逆ギレした末に脅迫までしてきた

わけですが…。

ドスパラを「悪質商法」とか言う本人は、パソコンの通販業者・修理業者でありながら、住所や電話番号などの連絡先や代表者名などの特定商取引法に基づく表記が明確になっていないという違法状態だと気付いていません。
実店舗で営業しているわけでもないのに、購入者を会員として登録させ、先に連絡先を明かさなければ、住所や電話番号はおろか、取引条件すらわからないというのはちょっと…。

まさしく「天を仰いで唾する」というところ。
「人のことは言えない」という言い回しは私は嫌いですが、これでは他の店の事を悪く言うことはできないでしょうに。
同じことをやっておいて、他人をこき下ろしているだけではダメですよねぇ。

辛口の評論自省を伴わないただの「言いたい放題の悪口」とは明らかに違います。

そろそろその辺に気付いてほしいものですが、おそらく身辺には誰も指摘してくれる人がいないのでしょうね…そういう環境にしているのは彼自身でもあるんですが…。

しかし、ただ一ついえることは、彼が特別なのではなく、

人間、誰しもがそうなってしまうことがありうる

ということ。
「人に指摘した悪行を自分もやらかしてしまう」「人に指摘した悪行は、実は自分もやっていた」ということは、ない話ではなく、誰にでも充分にありうることなのです。

人間というものは弱いもので、弱さゆえに虚勢を張ったり、弱さゆえに自分の弱みを認めなかったり、弱さゆえに他人にツッコミを入れて自分の正しさを誇示してみたり、ツッコミを入れた他人の行動を実は自分もやっているということを伏せていたり。
それはあの人のみならず、誰にでもありうること。もちろん私自身も。
他人にツッコミを入れている人が、聖人君子で立派な人であるわけでは決してありません。

ツッコミを入れて辛口評論家ぶるだけなら誰にでもできること。
でも、それだけではダメ。

まさしくこれをもって他山の石とし、自省をしつつ同じ轍を踏まないように気をつけなければならないと思います。

2009年12月29日(火) ハードウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

郵便番号が印刷されない。

この時期は、やはり年賀状印刷のトラブルが多いですね。
こちらのお客様は、「郵便番号が印刷されない」というトラブル。

まぁ、この手のトラブルは、設定の問題でのものがほとんどですが、実にいろんなソフトがあるので、それぞれに設定の開き方が違いますから、その辺から探っていくことが必要になるので大変です。

さて今回のトラブルはというと…。

-----

今回はざっくりと結果を先に書いてしまいます。

郵便番号部分のフォントサイズが「1」になっていただけでした。

それでは、そこにたどり着くまでのアプローチを書いてみます。

まずは現象確認から。

編集画面では、郵便番号を含めた住所まで全て入力されていることは確認できています。
そこでの編集プレビュー画面では問題ないことは確認できました。

問題は、「印刷プレビュー」。
住所氏名の宛名は全て出ますが、郵便番号は確かに出てません。
もちろん、印刷してみても印刷プレビュー画面と同じ。

うーむむむむ…。

もう一度編集画面に戻ってみると、どうも郵便番号にハイフンの入っているものといないものが。
でも、どうもそれ自体は処理上は何の問題もないようだ。
編集プレビュー画面ではきちんと出てますし、印刷プレビュー画面では、どちらも同じく郵便番号が出ていません。
これじゃないんですね…。

改めて印刷してみたものを見てみると…そこで一つの違和感が。

郵便番号欄は、全く印刷されていないわけではない。

よくよく見ると、真ん中に小さな黒い点が。

印刷プレビューにも、よく見たら真ん中に小さな点がある。

…まさか!

改めて郵便番号関連のプロパティやら設定やらを探ってみると…。

やっぱり…フォントサイズが1になってます…。

よーわからんソフトだ…郵便番号のフォントサイズを1とかにできて、誰か得するのか???

とりあえずフォントサイズを16にしてみたら、それなりの表示になった。
24でもよさそうだけれど…今回は16にしておいた。

印刷プレビューでも表示されるようになりましたし、実際に印刷してもきっちり出るようになりました。

「なんでこんなことになってしまったんでしょうかね?」

…いやまぁ、こちらが知りたいぐらいで。

「コドモがガチャガチャと滅茶苦茶にいじるからですかね?」

…うーん、正直、それならこんなところをピンポイントで書き換えてしまうことはありえないですね。
実際、この郵便番号の設定画面は、かなり奥深くの部分ですから、何も知らないコドモが「乱れ打ち」でいじった程度でここまでたどり着けるとは思えません。
本当にメチャクチャに触っていたなら、もっと他のところ、例えば住所データにメチャクチャな文字が入っていたり、別の部分の設定もおかしくなっているはずです。

「じゃ、なんでですかね?」

…いやまぁ、誰かがいじる以外にはありえない話ですけどねぇ…。

「次にこうなったらどうすれば直りますか?」

…( ̄△ ̄;

単純なところ、

2007年8月27日 (月) 誰がこんなことを?2連発。

これの2発目と同じような話です。

つまり、意図せず勝手に変わっているわけではなく、わざわざそこを開きに行ったところで、意味も考えずにいじったか、うっかり手が当たって数字が書き換わったかのどちらかでしょう。

同じことがまた起こるとはちょっと考えにくいですし、「うっかり手が当たって」の場合は、同じ部分で起こるとも限りませんから、それらしきところを隅々まで探し回らなければなりませんので、

この修復手順だけを覚えても、何の意味もありません。

このブログででも、このフレーズは何度も出てます。

2008年3月24日 (月) 今まで問題なかったのに。またもや。

2006年7月10日 (月) インクの残量表示がおかしいです。

手順をメモしてその通り操作しないと…と考えている人って、どうしたわけか、たまたま踏み外した手順で、かなり大胆にいじってくれていたりする傾向があります。
要するに、画面をあまり見ていないということなんでしょうけど…。

ということで、改めて今回の修復手順はお見せしておきましたが、片付けて帰ろうとしたら、

「あのー、また今回みたいになったら、どうやって戻せば…」

…( ̄△ ̄;

さっきやりましたやん…。

まぁ、それだけ不安一杯で触ってるってことなんでしょうけど…。

それなのに、いわゆる「おじいちゃん」の場合は、お孫さんとか小さなお子さんには、勝手に触らせてしまう人がほとんどです。
それでおかしくなることがわかっていても、触らせてしまうようです。
私にはまだ中高生のコドモしかいないので、孫がいる人の気持ちまで理解できませんが…そういうものなんでしょうかねぇ。

2009年12月27日(日) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連(設定不良), ハードウェア不具合関連(プリンタ), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 印刷できない・印刷不良, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

無線プリントサーバーはやっぱり難しい。

こちらは無線プリンタの接続依頼。
プリンタ(複合機)は、エプソンのEP-801A。

EPSON MultiPhoto Colorio 自動ノズルチェック機構搭載 フォト複合機 6色染料インク EP-801A
EPSON MultiPhoto Colorio 自動ノズルチェック機構搭載 フォト複合機 6色染料インク EP-801A
おすすめ平均
stars満足!!
starsう〜ん……
starsWorks More Effectively Than PM-A820!
starsノズル詰まりとインク消費量で全て台無し
stars満足。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ん?
EP-801Aは、無線に対応してないはずでは…。

よくよくお聞きすると、以前、同じくエプソンの複合機を使っておられましたが、このたび新調されたとのこと。
すでに無線プリントサーバーをお持ちで、調べてみたら対応してないわけではないので、無線内蔵でないタイプにされたようです。
しかし、うまくいかないのでこちらに話を持ってきた、とのこと。

うーん…無線のプリントサーバーって、私たち業者がやるにしても、かなりメンドクサイんですけど…。

-----

今回のプリントサーバーは、エプソンのPA-W11G2。

EPSON 無線プリントアダプタ [PA-W11G2]
EPSON 無線プリントアダプタ [PA-W11G2]
おすすめ平均
starsWindows7でも設定可能
stars簡単に無線LANでプリントアウト
stars本体は良いけど、サポートが最低
starsEPSONだから大丈夫と思ったら...
stars完成品

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

パソコンはノートパソコンの無線LANで、プリンタも無線でつなぐという形態。

単純にプリンタの差し替えだけではうまくいかない模様。
あるいはいろいろ模索して、設定が変わってしまったのかもしれませんが。

無線親機はNEC。
NECではAOSSに対応してないので、設定のやり直しは非常にメンドクサイ。
バッファロー製なら、AOSSなので無線接続をやり直すにしても一発でいけるはずなんですが。

とりあえず「無線はつながっているはず」の前提でプリンタの設定をしようとしたものの、プリンタが見つからない。
あれこれやってみても、まったくつながる気配が見えない。

しかたない、初期化してやり直したほうが早そうです。

幸いにも説明書は置いてあったので、それを見ながら設定を始めようとしたんですが…もうとにかく面倒です。

-----

まずは初期化。説明書によると、本体後ろのSW1を押したままACアダプタをつなぐ。

次にEpsonNetConfigでプリントサーバーの設定をできるようにLANケーブルで接続。
ここからプリントサーバーを認識するまでにもひと悶着。
次にプリントサーバー自身の無線設定。インフラストラクチャモードで親機と接続。
IPアドレスは、自動取得だと後が面倒なので手動で固定。
無線がつながったところで、いったん電源を切り、プリンタと接続。

EpsonNetPrintをインストールしてあることを確認して、プリンタの追加設定。
説明書どおり、ドライバのみを手動でインストールして、EpsonNetPrintのポートを指定。
スキャナの設定は、EpsonScanをインストールし、IPアドレスなどを指定。

----

…あ~メンドクサっ!!

とにかくあれこれやって、2度ほどやり直しが入ったりで、なんとか完了です。

正直なところ、これは素人には無理です。

お客様も、私の作業を見ていて、唖然としてました。

「うわ~こんなにメンドクサイとは思いませんでした…お願いして正解でした」

…まぁ、最初から無線内蔵のEP-802Aという選択もアリだったかもしれませんが、親機がNECですので、いずれにしてもメンドクサイのは変わりありません。

結論:プリントサーバー(特に無線)は、素人が何とかできる範囲ではない。

加えて言えば、

無線接続でプリンタをつなぐなら、AOSS対応ルーターを用意すること。

悪いことは言いません。無線プリントの設定を簡単に済ませたいなら、AOSSが一番です。

2009年12月23日(水) ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(プリンタ), ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 印刷できない・印刷不良, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

ネットブックに期待するもの。

最近、パソコンに「ネットブック」というジャンルが増えたわけですが、これがどういう位置づけのモノかといいますと…。
おそらく世間的には、

  • ちっこいノートパソコン
  • ケータイのデータカードとセットで100円で売ってるアレ
  • とりあえずXP搭載で売られてるノートパソコン
といった位置づけかと思われます。

ネットブックというモノが出てきてはや2年ほど。
それなりのシェアを確実に積み上げているようです。

しかし、ネットブックって、そんなにいいものでしょうか?
初心者に勧められるものでしょうか?

とあるブログからリンクを受けて、別の記事を読んでいたところ、改めて考えさせられました。

-----

ネットブックはもう売れてない :とくみつ録

こちらのブログから、SSDのデフラグに関しての言及リンクをいただいてましたが、この記事がちょっと気になりました。

ふーん、そうかぁ。
つまり、

  • ネットブックはもう「売れている」とは言いがたい
  • 実は低価格のノートパソコンの方が人気である
ということ。

単純にランキングから言えば、「買ってもらえている」というわけではなく、どちらかというと先述した「ケータイデータカードの付録」として出回っている傾向にあるので、ランキングには現れにくくなってしまっているのが現状。

まぁ実際、ネットブックは、改めて書くまでもなく、いろんな制限があります。

  • CDをセットするドライブがない=プリンタなどのセットアップが単体では難しい
  • 拡張はUSB以外では難しく、かなり限定される
  • 本当に「ちょっとネットとメールだけ」ならそれなりに使えるが、画面が狭く、あまり使いやすいとは言えない
といった具合。まぁいまさらですが。

そういう意味でも、データカードとのセットは非常に意義があり、「とりあえずネット、全てはそこから」という、ネットブックという名前そのままの構図が成り立ちやすい商品と言えます。
ネットにつながってしまえば、プリンタなんかでもドライバをダウンロードしてくればいいわけで。
しかし、「ドライバをダウンロード」とかいった使い方を熟知している人であればいいのですが、初心者は誰かに完全にセットアップを済ませてもらえなければ、ちょっと「使いやすい」とは言いがたいですね。
そういう意味では、セットアップのハードルが高い分、安さの魅力は薄れてしまいます。

また、画像・動画編集などをしようとすると、パフォーマンス不足は否めませんし、そもそも「CD/DVDに収録されているソフトのインストールをする」という最初の壁をどうにかできなければなりません。

何度も言われていることではありますが、

ネットブックは初心者が一人でたった1台のメインマシンとして使うには不向き

ということに違いはありません。

1台売れたら50ドルの損失? ネットブックが売れてもマイクロソフトは大丈夫 :@IT
2009年上期、PCは売れたが単価は低下 ~ネットブックの浸透がはらむ問題が浮き彫りに :大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」

こちらの記事にもありますが、結局は企業ユーザーのニーズを満たしていたとは言えず、メーカーとしても、より利益の出るはずの「普通のノートパソコン」の売れ行きを圧迫していたに過ぎないのです。
マイクロソフトも、いつまでもXPを売っているわけにも行かず、廉価版のWindows7である「スターターエディション」という、利益を圧迫するものを提供するのもそれほど歓迎はできないでしょう。
結局は、デュアルコアCPUの廉価版でもより実用的な性能を実現できるようになったWindows7の通常版を搭載したノートPCにシフトすることになりそうです。

今となっては、Atom搭載のいわゆる「ネットブック」は、機能限定PCとして考えても「安くお気軽に使えるパソコン」ではなく、「使う人を選ぶガジェット」といえそうです。

そりゃまぁ、よくよく考えたら、外でまでデータカードが必要な使い方をするパソコンユーザーというのは、やはり限られますよね。

ネットブックも、物珍しさと安さにつられてそこそこ売れたようですが、結局は、Windows7や処理性能の向上などで、追いやられてしまう運命にあるのでしょうか。

個人的には、こういう小さなノートパソコンって好きなんですけど、ウィルコムW-ZERO3[es]という「キーボードつきスマートフォン」でもキーボードまでは意外と使わなかったりしましたし、カバンからノートパソコンを引っ張り出してまで…という使い方なら、もう少し画面が広いとか、充実したものがあった方がいいはずです。

価格的にも、契約必須とはいえ100円という額面を目にしてしまうと、4~5万円という価格帯は、安くて妥当だとは言え、どうしても躊躇してしまいます。

ネットブックというものにユーザーがどんな期待をしているか、それを読み取れるメーカーが現れるかどうかが、これからの動向を左右しているといえるでしょう。
まぁ、一時期ほどの勢いは出ないでしょうねぇ…。

2009年12月19日(土) ウェブログ・ココログ関連, ハードウェアアップグレード関連, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

ダウンロードに6時間?

こちらはいたって普通にWindows7パソコンの新規セットアップの案件。

とりあえず、箱から出して電源をつないでセットアップ開始。

それにしても、Windows7って、新規セットアップがホント速いですね。
XPと同じぐらいにすぐ片付きます。
我々のような仕事の人間にとっては、ホント助かります。

それに引き換え、Vistaはなんであんなに時間かかるんでしょうねぇ…不評の原因のひとつでもあります。
富士通のVista搭載機で、初期のものは本当にひどかったです。

2007年3月26日 (月) とってもセットアップの遅いVista。

とはいえ、「Vistaだから遅い」のではなく、

2007年3月 6日 (火) とってもセットアップの早いVista。

Vistaのセットアップというのは、本来は早いはずの物なのです。
パソコンのスペックさえ適正ならば、ですが…。

メーカー製パソコンは、個人ユーザー向けのものだと、メモリを最小限にして余分なソフトを山ほどインストールするので、どうしたって遅くならざるを得ません。
Vista・XP以前は、スペックを絞ってもそれほど気にならなかった(スペックを上げるのはヘビーユーザーという感覚だった)ものですが、XPもSP2以降になると、スペックを絞ると、普通に使う個人ユーザーですら「遅い!!」と怒鳴りたくなるほど遅くなる傾向にあります。

今時のパソコンは、

「安めに上げよう」とスペックをケチったり、メーカー製以外の自作PCにうかつに手を出したりすると、ひどい目に遭う

ようにできています。
まちがっても、シングルコア・セレロンとか1GB程度のメモリしか積んでないとかの安いだけの低スペック機には、くれぐれも手を出されないよう、お気をつけを…大変な目に遭いますよ…。

まぁそれはそれ。

今回のWindows7機は、Core2Duoにメモリは4GB。現状では基本的に問題ないレベルです。
将来的にはどうだかわかりませんが…。

回線がフレッツ光プレミアムなので、「セキュリティ対策ツール」が使えます。
しかし、すでに何年もお使いの回線ですから、お手元にあるセットアップCD-ROMは、Windows7では何の役にも立ちません。
もう古いパソコンはないので、ベランダの軒先にぶら下げてカラスよけぐらいにしか使えません(ひでぇ)。

じゃ、どうするのか?というと…当然ながらダウンロードです。
すでに開通済みの光回線で、プロバイダ接続もCTUに設定済みなのですから、NTT西日本のサイトからダウンロードすればいいのです。

各種ダウンロード フレッツ・光プレミアム 各種ツール 最新バージョン :NTT西日本 フレッツ光

このサイトから「フレッツ・光プレミアム 各種ツール 最新バージョン」(2009年末での最新版は 2009年10月22日版)をダウンロードしてインストールすればいいだけ。
スタートアップツールやコミュニケーションツールなど、いろいろ含めて400MB以上ありますが、光回線ですから気になるほどの容量ではありません。

ダウンロードのリンクをポチッとな。

そこに出ていた表示は、目を疑うものであった…。

-----

残り時間 6時間

転送速度 19KB/秒

…∑( ̄□ ̄;

え、ええっ????

6時間って…19KB/秒って…はぁ?????

光回線なのに、なんでこんなISDNに毛が生えた程度の速度に…???

中止して、YBBの速度測定サイトなんかを使ってみても、

Yahoo! BB ADSL Speed Checker | Yahoo! BB サービス

20Mbpsほど出ています。スピード的にはなんら問題はありません。

とりあえず、ダウンロードをかけたまましばらく待っていると、転送速度がどんどん速くなり、最終的には15分程度でダウンロード完了。

実を言うと、この現象を体験したのはこのお客様だけではなく、何度か遭遇しています。
30分以上かかったこともあれば、比較的早くに転送速度が改善されてすぐに終わったこともあります。

こんなツールをダウンロードする人なんて、そんなにたくさんいないだろうに…トラフィックの集中でそういうことが起こるとも思えないんだけどなぁ。

ダウンロードが完了したので、普通にセットアップ、普通に完了。
セキュリティ対策ツールも、ちゃんとWindows7に対応していますので、なんら問題なし。

うーむ…フレッツ光プレミアムをすでに何年もお使いのお客様もかなり多くなってきましたので、こういうセットアップも増えてるんですが、6時間はないでしょ、6時間は…。

2009年12月17日(木) ソフトウェア不具合関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ネットにつながらない・遅い, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

Yahoo!BBの無線LANパックとバッファローの無線ルーター。

こちらは、修理上がりで無線LANの設定を依頼されたお客様。

パソコン自体の修理は、送れば遠く離れたメーカーや修理業者がやってくれますが、現地での設定は、現地でなければできません。
今回はまさしく、現地での作業。

さて、お伺いしてみて、まずは無線ルーターの位置の確認です。

「こちらです」

そこには、Yahoo!BBのモデムと、バッファローの無線ルーターがあったわけですが…。

…ん? んんん??

-----

よくよく見ると、Yahoo!BBモデムには、無線LANパックの無線LANカードが刺さっています。

つまり、無線LANパックと無線ルーターの二本立てなのである。

なんだか頭がくらくらしてきました…。

…こ、これって、どっちにつなげばいいんですか??

「はぁ?どっちて…いや、つないでくれたらええんやけど」

…( ̄△ ̄;

そこから小一時間(もかかってませんが)、無線LANの講義が始まってしまいました…。

「なるほど、親機が2つになってて、一つは毎月1000円ほど払ってるのはわかった。ほな、どうしたらええんやろ?」

…いやまぁ、とりあえずバッファローの無線ルーターに統一して、YBBのは解約してしまえばいいんですけど。

「そないゆーてもなぁ…一人はノートパソコンで無線でつないどるけど、しばらく出張で帰ってこんしなぁ。アレがどっちでつないどるかわからんし」

…( ̄△ ̄;

そ、そりゃそれも一緒に設定しないと、帰ってきてから「つながらん!」では困るでしょうしね。

そもそもYBBモデムの後ろを見てみたら、LAN接続ポートは1本しかないタイプ。
これでは、無線の設定を確認するためには、たった一つしかないLANポートを抜かなければならず、そうとう面倒くさい状態です。
もし「あえてやっている」としたら、それ相応の設定知識を持った人がやっているとしか思えません。

まぁ、無線親機を2台構成にしているのは、いろいろ理由が考えられなくもありませんが、どうもお聞きしている範囲では、ご家族の中では、誰もそういう設定ができる人がいるわけでもないようですし(いたらウチに話は来ないから)、そう考えると、あえて2台にする理由は、ほぼなさそうですが…。

Yahoo!BBの無線LANを解約すれば、毎月1000円程度安くなるわけですが、とはいえまぁ、無線のルーターを1つにまとめるために、また出張費がかかったり、設定台数分の料金がかかったりするのは、かなり悩ましい選択になりますねぇ。

とりあえず、今回ご依頼の「修理上がりのパソコン」に関しては、AOSSで接続しておきました。

残り1台のパソコンがそろった時に、もしその分の出張費がかかってもいいという場合はまたご連絡ください、ということで決着となりました。
でもなぁ…微妙だなぁ…。

…ちなみに、このパソコンの故障はどんな故障でしたか?

「あのー、画面が真っ黒で矢印だけになって、電源を切る以外になんにもできんようになってしもうたんで…」

∑( ̄△ ̄;

2009年11月19日 (木) Windowsロゴが出た後、真っ黒の画面にマウスカーソルだけ。はNortonが入っていても…。

…こ、コレやなかとですか…で、販売店に持って行ったんですか…それで初期化・リカバリされてしまったと。

「もうね、写真とか全部なくなるし、修理だけで無線はつないでもらえんしで最悪やわ。あんなところからはもう二度と買わんわ」

…最初からウチに言ってくれてれば、おそらく治ってたかも…。
少なくともデータが根こそぎ消えるのは免れたでしょうに…。
まぁ、販売店に相談されるのは自然な話なんでしょうけどねぇ。うーむ。

2009年12月15日(火) ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

EPSONが踏んだ地雷。

こちらは「印刷ができない」とあわててお電話いただいたお客様。
やはり年賀状関連です。
この時期はかなり多い話です。

もっともよくあるのは、インクが詰まって印字できないというパターン。
年賀状以外ではプリンタを一切使っていない人も、それなりの数でおられます。
プリンターというより、年賀状印刷専用機ですね…。
で、毎年インクが詰まって毎年買い替え…という方もそれなりにおられるわけです…。
まぁ、プリンタも安くなったので、そういう買い方もアリかもしれませんが、はてさて。

お客様のパソコンはWindowsVistaで、プリンタは、複合機のPM-A840。かなり売れていた機種です。
私も仕事では、新規セットアップで何10台もセットアップしたことのある機種です。

実は、この「印刷できない」に関連しては、EPSONはとある地雷を踏んでいたのです…。

-----

お伺いしてみて現象を確認。

プリンタの電源を入れて、パソコンを起動してみたら…ガコガコと印刷がされてきます。
出てきたのは、年賀状の宛名印刷。

「ほら、こんな感じで何回やっても同じのが出てきて…」

この時点でピンときたのは、よくある印刷ジョブの便秘状態。

よくあるのは、

操作ミスで大量印刷をかけてしまった時に、焦ってパソコンの操作で何とかしよう

とする人。
えてしてその操作も「中止」とか「キャンセル」とか、とにかく焦ってあれこれやるので、何をしたのかもまったく分からないことがほとんど。
で、ジョブが詰まった状態で「止まった!よかった!」と別の印刷を始めてみて、便秘状態に気付かず、同じ印刷を何度も繰り返す、という状態。

こういう場合は、

あわてず騒がず、セットしてある用紙を抜くこと。

吸い込んだ用紙を印刷しきったところで「用紙切れ」状態で止まるので、そこからゆっくりと正しいキャンセル操作をすればいいんです。

…かと思って印刷ジョブを見てみると、ジョブは宛名印刷での数10ページ分の1つだけ。
うーん、これは詰まっているわけではないんじゃ?
とりあえず、ジョブを右クリックしてキャンセルをかけて、ジョブが消えるのを待つ。

ハイ、消えた~。

ということで、改めてテスト印字をかけてみたら。

…テスト印字も出まへんがな。

ジョブはかかってますが、一向に印刷されません。プリンタも反応している様子がありません。
な、なんで???

「でしょ?出ないんですよ。再起動をかけたら出るんですけど」

ということで再起動してみたら…印刷されてきます。
もう一度テスト印字をかけてみても、やはり印刷されず、やはり再起動で印刷される。

うーむむむむむむむ…。

機種から言って、コレはもしかしたらアレでは…。

エプソンのサポート情報のトップページを開いてみたら。

WindowsVistaで急に印刷ができなくなったお客様はこちらをご確認ください

2009年9月1日 WindowsVistaで急に印刷ができなくなったお客様はこちらをご確認ください

ほらほら、コレコレ。

Windows Vista環境で急に印刷できなくなりました。対処方法を教えてください :よくあるご質問(FAQ) EPSON


対象機種
PM-A840   PM-A940   PM-T960   PM-G860
PX-A640   PX-A740   PX-V780

対象機種以外のプリンターをご利用の場合は、 こちら をご覧ください。

Windows Vista Service Pack1(SP1)以上を適用した環境で、省電力状態から復帰させた後に印刷が行えなくなる場合があります。

発生する現象

  • 「印刷」ボタンなどをクリックして印刷を開始しようとしても何も反応がない
  • 通知領域に「不明なデバイス」という旨のメッセージが表示され、プリンタがオフラインになる
  • コンピューターの再起動を行わないと印刷できない
この現象は、Internet Explorer8をインストールした後や、Windows Updateを適用した後に初めて確認される場合もあります。
このような現象が発生した場合は、以下の手順に従って最新のプリンタードライバーへアップデートを行ってください。
…だそうだ。

要するに、マイクロソフトが、

確かにウチであれこれ修正かけてるけど。なに?プリンタが使えない?ふーん。あそう。

と言ってるわけですね…。

そういえば、以前はキヤノンが同様の地雷を踏んでましたね。

2006年7月27日 (木) プリンタの接続設定ができません。

特定のWindowsUpdate更新によって、EasyWebPrintというツールバーからの印刷で、スクリプトエラーが出るようになる、という地雷。

今回の地雷は、さらに強力です。
問答無用で印刷できなくなるんですから。

要はドライバのアップデートで対処できるわけで、エプソンのプリンタドライバは、

[ドライバ自動更新]機能を使って最新ドライバーをインストールする方法 :よくあるご質問(FAQ) EPSON

[ドライバ自動更新]ボタンがあるのです。
ボタンの下に書いてあるバージョン番号は、Ver.6.51。

[ドライバ自動更新]ボタンをポチッとな。

………

………………………

反応なし。うーむむむ。

仕方がないので、手動でダウンロードして、現状のドライバをアンインストールし、最新バージョン(Ver.6.56)をインストール。
さぁ、コレでどうだ!

…無事印刷ができるようになりました!!

「ああよかった!!これで年賀状が印刷できます!!」

無事完了です。

しかし、エプソンも災難ですなぁ…。
この時期、タダでさえ年賀状印刷で問い合わせが多いのに、おそらくこの問い合わせを含めると、コールセンターはパンク状態なんでしょうねぇ…。

2009年12月13日(日) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(プリンタ), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 印刷できない・印刷不良, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月11日 (金)

あなどれない、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」。(Windowsロゴが出た後、真っ黒の画面にマウスカーソルだけ。の対処をした後は…。その2)

例によって、Windowsロゴが出た後、真っ黒の画面にマウスカーソルだけ。
相も変わらず、このトラブルの依頼はなくなりません。

基本的な対処は、

2009年11月19日 (木) Windowsロゴが出た後、真っ黒の画面にマウスカーソルだけ。はNortonが入っていても…。

で書いた通りですので、腕に自信のある方・VistaのDVDをお持ちの方は、ぜひチャレンジを。

自信のない方は、ウチのサイトpcdoc.jpをごらんの上、ご連絡ください。
全国からの配送での受付もおこなっております。

はてさて、今回のご依頼は、その配送でのご依頼での話。

-----

電話でとりあえずの問診をした限りでは、

  • 普通にあちこち普通のサイトをうろついていた
  • 突然フリーズして何も操作できなくなった
  • 電源ボタンの長押しで強制終了
  • 起動してみたら…真っ黒画面に矢印のみ
という、もう典型的な症状です。

おそらく例のDaonolだかGENOだかgumblarだかのウイルスでほぼ確定ですが、見てみるまでは断言はできないので、一応、

  • そのウイルスでない可能性もあるのでリカバリディスクも添付していただきたい
  • リカバリでしか対処できない場合は、元の環境は復元できない
  • 必要なデータがある場合は、その場所などを明記して、USBメモリなどを添付していただきたい
といった「お約束」をお伝えしました。
でも、最近の機種は、リカバリディスクが添付されていない場合がかなり多く、お客様もそれが必要になるなどとは夢にも思わないので作っておられない場合がほとんどです。

まぁ、リカバリになってしまうような事態にならない事を祈るばかりで送っていただくことがほとんどです。

物が届いて、現象を確認。

…Windowsロゴの後、画面は真っ暗、マウスの矢印が出ているだけ。

もうこの現象、吐くほど見てます…。
でも、例のウイルスが原因とは限らないので、油断は禁物です。

とりあえずは先に書いた記事のやり方でいいわけですが、最後のコマンド「reg delete」を打ち込んでがっくり、というのも嫌なので、先にホントにこのDaonolなのかどうかをチェックするやり方を見つけたので書いておきます。

コマンド・プロンプトでレジストリを操作する :@IT CORE > Windows Server Insider > Windows TIPS

コマンドプロンプトでの REG コマンドの解説です。

ということで、例のレジストリに、感染による改竄があったかどうかは、3つ目の delete コマンドを使う前に、

  • reg□query□"HKLM\infected\Microsoft\Windows□NT\CurrentVersion\
    Drivers32"
  • ※ コマンド内の □ は半角スペースです。
      行が長いのでコマンドは折り返してあります。
このコマンドで確認できます。
実行結果は…。
HKEY_LOCAL_MACHINE\infected\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Drivers32
midimapper REG_SZ midimap.dll
msacm.imaadpcm REG_SZ imaadp32.acm
     ~中略~
aux1 REG_SZ wdmaud.drv
wave2 REG_SZ wdmaud.drv
midi2 REG_SZ wdmaud.drv
mixer2 REG_SZ wdmaud.drv
aux2 REG_SZ wdmaud.drv
wave3 REG_SZ wdmaud.drv
midi3 REG_SZ wdmaud.drv
mixer3 REG_SZ wdmaud.drv
aux3 REG_SZ wdmaud.drv
vidc.yv12 REG_SZ yv12vfw.dll
MSVideo8 REG_SZ VfWWDM32.dll
midi9 REG_SZ C:\DOCUME~1\Owner\LOCALS~1\Temp\gugjp.old 0yAAAAAAAA

HKEY_LOCAL_MACHINE\infected\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Drivers32\Terminal Server

…てな具合。これは一例。
赤く着色した行が、例のDaonolウイルスによる改竄レジストリエントリ。
ファイルの場所を示していて、今回の例では「gugjp.old」という、ユーザーフォルダのLocal Setingsフォルダ内Tempフォルダに勝手に置かれたファイルを参照しようとしている。
この行を削除するのが、
  • reg□delete□"HKLM\infected\Microsoft\Windows□NT\CurrentVersion\
    Drivers32"□/v□midi9□/f
このコマンド。
単純にそれだけで復旧してしまう。
起動不良のメカニズム自体はコレだけのもの。
改竄レジストリエントリを削除したら、
  • 原因となる該当ファイルを削除
  • インターネットオプションでインターネット一時ファイルを削除
  • インターネットオプションでインターネット一時ファイルの容量を最小限に(100MB以下、最近ではデフォルトで50MBになっている場合もあるので、通常利用では50MBで充分)
といった処置をして、あとは
  • ウイルス対策ソフトがあればウイルスチェック
  • AdobeReaderとAdobeFlashPlayerの更新
  • WindowsUpdateもしくはMicrosoftUpdateを実施
でOK…なんですが。

今回のお客様のパソコンには、マカフィーの最新版がインストール済みでした。
期限も残っていて、最新版の取得もできますので、とりあえずこちらで念入りにスキャンをかけてみました。
原因となるファイルはいいとして、他にいないかどうかをチェックしてから、インターネット一時ファイルを削除するようにしましょう。

…何の検出もなく、正常終了です。

…うーむむむ…ホントにそうなんですかねぇ。

ということで、MicrosoftUpdateをかけてみたら。

悪意のあるソフトウェアの削除ツール 2009年12月

…はにゃ?
なんか削除したみたいです…。

スキャン結果の詳細を表示してくれるみたいなのでクリック。

Trojan:Win32/Waledac.gen!A 削除済み

Trojan:Win32/Waledac.gen!A 削除済み

…だそうです…ひえ~!

改めてインターネット一時ファイルの履歴を見てみると…なんか、IPアドレス表記の一時ファイルがいっぱい残ってます…。
とりあえず、そこにあったIPアドレスを列挙しておきます。

61.111.9.100:88/crossdomain.xml
66.58.185.129
72.229.190.1
77.76.148.25
80.80.134.47
84.42.150.123
87.97.201.183
87.97.242.216
134.155.241.183
134.155.241.184
134.155.241.185
134.155.241.188
134.155.241.190
134.155.241.192
134.155.241.193
147.83.3.67
193.24.242.120
213.149.130.226
217.197.61.128

すべて外国のIPアドレスで、韓国・ブルガリア・チェコなどです。
怪しい…怪しすぎる。

とにかく、インターネット一時ファイルは削除です。

調べた範囲では、おそらく「悪意のあるソフトウェアの削除ツール 2009年12月」が削除したコレは、いわゆるGENOウイルスではないようですが、無関連だとは思えません。
まぁなにしろ、文字通りの「トロイの木馬」なら、何があってもおかしくないわけで。
どっちが先かはわかりませんが、呼び込んだ可能性は否定できません。

先ほど reg query で見つけたファイルは、どうしたわけか2009/3/21とか、やたらと古い日付(これは他の感染例でも同様)なので、このファイルから直接の感染日は特定できませんし。

こういうパソコンが持ち込まれた場合、一応、インターネット一時ファイルに残っている履歴データにあるサイトアクセス履歴はある程度チェックはしているんですが、なかなか感染サイトの特定に至ったことがないのが不思議なところ。

まぁ、起動不良の改善と、入られる要因となったAdobeReaderとFlashPlayerの更新は完了してますので、今回の作業はここまで。
お客様には、感染があった旨をお伝えし、起動はできるようになって元通りファイルへのアクセスはできるはずということと、複合感染があったのでできればリカバリが望ましい、ということをお伝えして、入金確認後返送して完了です。

-----

私の処理したパソコンに共通して言えるのは、

AdobeReaderのバージョンが6とか7とかの古いもののままだったこと。

普通の人の感覚からすれば、PDFを開く書類が最新のバージョンである必要はほとんどないのが現状。
逆に、最新版でなければ開けないようだと困るのも事実。
それだけに、最新版へのアップデートが啓蒙しにくいのは確か。

FlashPlayerは、自動的にアップデートのお知らせが出てきたりしますが、AdobeReaderは、起動しない限り古いかどうかはなかなかわかりづらいので、あまり使わない人ならなおさらです。

この辺がWindows側で何とかできるようにならない限り、このウイルスは、なかなか根絶できないでしょうね…。
それが「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」なら、まだいいんですが、月一ですので、なかなか…。

2009年12月11日(金) 定番トラブル, ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

PM-800Cの説明書。

こちらは、「印刷ができない」とおっしゃるお客様。
プリンタは、エプソンのPM-800C

うーん…。800Cって…。

エプソン、デジタルフォトを実現するインクジェットプリンタ【Super Colorio PM-800C】 :PC Watch

99年発売で、実に10年も前の機種じゃないですか…。
よく今まで使えてましたねぇ…。

とりあえず、

年賀状の印刷をしたいのにプリンタが…

という、この時期定番のトラブル。
まぁとにかくお伺いしましょう。

-----

お伺いして現象を確認です。

テストプリントをかけてみると…「紙詰まりしている」というメッセージが。

「ああ、そうなんです。こないだ紙が詰まって、ムリヤリ引っ張ったんですが、それが悪かったんですかねぇ?」

…( ̄△ ̄;

それならそうと言ってください…。

とりあえず、プリンタを見てみると…赤いランプが点滅しています。
まぁこれが紙詰まりのサインなんでしょうか…。

当然ながら、こんな時は説明書。

お客様がごそごそと家捜しを始めました…これもよく見る光景。

「ごめんなさい、ありません…」

…まぁ、10年も前のプリンタですから、そういうこともあるでしょう。

じゃ、エプソンのサイトを…。

インクジェットプリンター サポート情報 製品マニュアルダウンロード :EPSON

…って!

PM-800Cないやん…

うーむむむむむむむ…。
説明書のダウンロードをさせてくれないなんて…。

仕方がないので、見える範囲で紙が詰まってないかどうかを確認。

…み、見えん…。

紙が挟まっているようなところが見当たらないのだ。
ってか、全てが見えるわけではないので、確認不能。

紙を強制的に通そうとしてボタンを押しても反応してくれません。
ダメだなこりゃ。
修理か買い替えが現実的だと思います。

修理でも7~8千円が普通ですし、単機能のプリンタなら1万円もしませんし、修理に出してもこの時期では年内に戻ってくる見込みはありません。
また、たとえ修理できて戻ってきた10年前のプリンタと、今の新製品では、画質もスピードも比べるまでもなく進化しています。
その辺を考えると、お急ぎなら、新品を買ってきた方が早いと思われます…。

「ええ~? 修理だといくらぐらいなんですか?」

改めて調べてみると…。

サポート 修理対象機種・料金一覧 :EPSON

ここからインクジェットプリンターっと…

サポート インクジェットプリンター修理対象機種・料金一覧 :EPSON

…やっぱりないやん、PM-800C。

その前のページに戻ってみると、なんか下のほうに…。

対応終了商品 :EPSON

…なんかいや~な予感が。

サポート インクジェットプリンター修理対象機種・料金一覧 修理対応が終了した製品 2009年10月07日現在 :EPSON

PM-800C (2006/9/30 終了)
…( ̄△ ̄;

3年も前に終わってますがな…。

「仕方ないですね。急いでますし、買いに行ってきます。接続って難しいですか?」

…付属のCD-ROMをセットしてもらえば、あとは「次へ」「次へ」で画面の指示に従ってプリンタと接続して電源を入れればOKです。

「わかりました。がんばってやってみます」

ということで終了。

まぁ結局は死亡宣告をしにいっただけのようなものですが。

結論:6年以上前のプリンタなら、修理より買い替え。

2009年12月10日(木) 定番トラブル, ハードウェア不具合関連(プリンタ), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 印刷できない・印刷不良, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

「こっち見んな!」と言いたくなるペーパークラフト。

コドモと話をしていて、ふと出た話題。

なんかずっとこっち見てるドラゴンのペーパークラフト。

テレビで見たことあるんですが、どこかでダウンロードできるとかなんとか。
ということで、探してみました。

まぁ、知ってる人は知ってるでしょうけど、作ったことがない人もいるでしょう。
私もその一人でしたので、その型紙のありかを探してみました。

トリックアートドラゴンとかマジックドラゴンとか、そういう名前だったかな?とかペーパークラフトもキーワードに…とかで探ってみたら、ありましたありました。

-----

目の錯覚にたまげる騙し絵「ふりむきドラゴン」の映像…簡単に作れるペーパークラフトも :らばQ

作り方は簡単、切り抜いて、折って、貼り付けるだけです。

印刷用の画像は以下よりどうぞ。
Paper Dragon by Jerry Andrus

また、以下のサイトには、ブルードラゴン、グリーンドラゴン、レッドドラゴンと3色揃っています。
Gathering for Gardner Paper Dragon in Great things on the web

3匹のドラゴンを、少しずつ向きを変えて置いてみたら、すてきなオブジェになるのではないでしょうか。

そうそう、これこれ。

ということで、さっそくやってみた。

3色のドラゴンをプリントアウトして厚紙に貼り付け、コドモと一緒にハサミでくきかきこき(こまわり君か)と切り抜いて、ちょっと弱い首の部分を補強してできあがり。

近くで見てると、イマイチ思ったとおりに見えない。

これは、光の加減距離的なものに、ちょっとだけコツが要ります。

  • 白いものの上に置くこと
  • 1メートルほど離れてみること
  • できれば目線と同じ高さで見れる位置に置く
…といった感じ。

イマイチ動いてるように見えない人は、ケータイのカメラで見てみたらうまく見えるでしょう。

ということで、(私がアップしたものではありませんが)こんな感じ。↓

特にドラゴンの左側に回った時は、

「こっち見んなー!!!」

って感じですよねぇ。

ウチではアップライトピアノの白いカバーの上に置いてみました。
ギョロギョロこっち見てます(笑)。

年末年始のお暇なときにでもお試しを。

2009年12月09日(水) おすすめサイト, パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 趣味 | | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

Windows7にプリンタをつなぐと…。

最近なかなか更新ができてません…似たような案件や書けないような案件が多いのと、書く時間がないんですよね…。すみません。

さて、今回はWindows7新規セットアップと、お手持ちの単機能プリンタの接続の案件。

-----

実は、先日の案件でも、似たような案件がありました。
その時は、Windows7新規セットアップと、お手持ちの複合機の接続でした。
複合機は、エプソンのEP-801A。

EPSON MultiPhoto Colorio 自動ノズルチェック機構搭載 フォト複合機 6色染料インク EP-801A
EPSON MultiPhoto Colorio 自動ノズルチェック機構搭載 フォト複合機 6色染料インク EP-801A
エプソン 2008-10-08
売り上げランキング : 7641

おすすめ平均 star
star満足!!
starう〜ん……
starWorks More Effectively Than PM-A820!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1年ほど前の機種です。
現行は、後継機のEP-802A。
1年前の機種であれば、当然のことながらWindows7のドライバは、添付CD-ROMに収録されていません。
まぁ、こういう話は日常茶飯事で、ネット接続を先にしてドライバをダウンロードするなんて作業は、パソコンの新規セットアップとお手持ちプリンタ接続の場合は、しょっちゅうあります。
しかし、Vistaの場合は、意外と「単につなげば内蔵ドライバですんなりOK」という場合も多く、ドライバダウンロードが必要な機種はそれほど多くはありませんでした。
この時は、たまたまUSBケーブルをつないでから電源をONにしようとしたら…。

「ぽぺん」、とデバイスを接続する音が。

ありゃ、すでにONでした…。

…って、あれ???

なにやら「WindowsUpdateからドライバをダウンロードしています…」とか出て、あれよあれよという間にインストール完了。
きっちりプリンタ名もEP-801Aと表示されてアイコンが出てきました。
アイコンの形も、Vista以前のように、複合機も単機能機も一緒くたのアイコンではなく、箱型の外観をきちんと表現したものになっている。

ありゃー、たった1年前の機種なのに…すごいなぁ。
Vistaの時は、ある程度古いものでないと内蔵してなくて手動ダウンロード、だったのに…いやぁ、進化してるなぁ。

Windows7になって、Vistaでの不満点がいろいろ改善されたと聞きますが、プリンタドライバまで自動でダウンロードしてくれるとは!!

…という経験をふまえての今回の作業。

-----

今回のプリンタは、エプソンのPX-V780。

EPSON PX-V780 カラリオプリンタ インクジェットプリンタ
EPSON PX-V780 カラリオプリンタ インクジェットプリンタ
エプソン 2007-10-04
売り上げランキング : 29002

おすすめ平均 star
star音が大きい…しかし、欠点を補って余りある本体の安さ。故障もしませんし、とりあえず印刷したいだけであれば十分。
star見かけはいいけど…
star実売1万円のテキスト印刷用プリンタとして必要充分

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2年前のプリンタなので、当然ながらWindows7対応のドライバなど添付しているはずもなく。

Vistaでも、2年前の機種でもドライバ内蔵で「つなぐだけ」でしたので、こちらもうまくいくだろう、とふんで、とりあえずプリンタとUSBケーブルでつないでみた。

「ぽぺん」、とデバイスを接続する音が。

しばらく待つ。
WindowsUpdateにつなぎに行ってる。さらに待つ。

…………………………あれ?

PX-V780じゃなく、Epson ESC/P Standardとかいう名前でインストールされてるぞ??

うーむむむむむ…。

プリンタードライバーのインストールが正常に行えない<Windows7> 更新日: 2009/10/26 FAQ番号: 030333 :EPSON

どうやら、そういうこともあるらしい…。
まぁ今まで通りっちゃー今まで通りではありますが…。

1年前のEP-801Aが使えて、2年前のPX-V780がダメって…。

とりあえず、テスト印字をしてみたら、印刷はできます。
しかし、名前が違いますので、今はOKでも、今後何が起こるかわかりません。
とにかくアイコンを削除し、正規のドライバをダウンロードしてインストール。
すんなりインストールできました。

まぁそんなもんですね…。

結論:
Windows7にしたら、ドライバは自動で何とかしてくれるようですが、一応確認しましょう。

2009年12月07日(月) ソフトウェア不具合関連, ハードウェアアップグレード関連, ハードウェア不具合関連(プリンタ), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 印刷できない・印刷不良, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

「初心者です」は、回答者をイラつかせるマジックワード。

仕事柄、事例の検索は必須なんですが、その際に必ず遭遇するのは質問掲示板

たとえば有名どころでは、OK Waveとか教えて!gooとかYahoo!知恵袋とか人力検索はてなとかですね。

きっちり解決してるものもあれば、「おいおいちょっと待て、それで終わりなのか?」といった中途半端なものもあります。
まさに混沌とした情報源です。
ホントのことかどうかは、それなりに裏を取らないといけませんが。

まぁメーカーサポートじゃないので、誰かが責任を持って回答しているわけではないのですが、逆に、だからこそメーカーが書かない(書けない)ような効果的な解決方法が書いてあったり。
だからこそ、時々「あっ!」と言うような解決方法があったりするわけですが。

まぁそれはそれ。

質問掲示板を見ていると、実に不毛なやり取りが見受けられます。

それは質問者の「初心者です」という何気ない発言。
そして、それに対する回答者の反応。

どうやら、「初心者です」は、回答者をイラつかせるマジックワードのようです…。

私も日常的に「初心者」と向き合っているのでなんとなくわかるのですが…。

-----

実際のところ、「初心者です」と書くと、とたんにトゲのある回答になる傾向が高くなっています。

いろいろ見ていると、どうやら、

回答者は親切で答えてるのに「難しい言葉ばかり並べやがって!こっちは初心者だぞ!」的な返事が回答が返ってくることが多い

のがオチだからでしょう。

質問者からしてみれば、

詳しい人は難しい言葉ばかり出してくるから、「初心者です」と書けば、優しい言葉で書いてくれるだろう

という期待があるのでしょう。

気持ちはわかるのですが、残念ながら、質問を受ける側は、そんな受け取り方はしてくれないことがほとんどです。

中には、その辺を見越して「初心者だからとマナー違反の回答をする人の回答はお断りいたします」という、火に油を注ぐような書き方をしている人も…。

要は、

「解決のために自分自身も努力している」という姿勢が感じられる人には、親切な解答が付きやすい

のですが、

サポートセンターのように「タダで優しく答えて当然」と勘違いしている人にはトゲトゲしくなる

ものだということ。

質問掲示板での回答者の人は、基本的には見ず知らずの他人であり、回答はその人の善意(あるいは趣味)です。

別のたとえで言えば、

道を歩いていて、見ず知らずの人に「○○はどこでしょうか?」と聞くようなもの。

見ず知らずの人の善意に甘えるわけですから、それなりの態度は必要ですよね。
相手も感情のある人間なのですから、

「うんうん、それからそれから?それでそれで?あとこういう場合はどうすればいいの?」

とか根掘り葉掘り聞いてみたり、

「なんだその言い方は!もっと優しく言えないのか!」

とか、間違っても、

「なんだシラネエのかよ、ちっ」

とか言っちゃダメですよね。
そういうもんです。

お互いに見ず知らずなんですから、それなりの接し方というものがあるはずです。
それはネットであろうが目の前にいる人であろうが同じです。

まとめると、質問する側のマナーとして気をつけなければならないのは、

  • 「初心者です」と前置きしないこと(反感をかう恐れがあります)
  • 自分でも解決しようと努力する(用語は検索すれば出ます)
  • 頼りきらない(相手はボランティアです)
  • 「こっちは初心者だぞ!」と逆切れしないこと(相手も人間です)
というところが必要、ってところですね。

-----

以下、ちょっと突っ込んで書いてみます。
時間のない方は読み飛ばしていただいてかまいません…。

-----

識者ということでテレビで偉そうにコメントしてる人が、ちょくちょくしたり顔で言うのは、

「ネットのようなバーチャルな世界で…」

という言葉。
インターネットはあくまで通信手段に過ぎません。
「仮想現実」と言うにしても、言葉・文字だけの世界を「現実」と言うには貧弱すぎる。
基本は手紙や本やハガキやファックス、そして電話と同じ。
ただ単に、伝達スピードとつながり方の規模が違うだけ。
映画「マトリックス」とかが流行りはじめた、いわゆる「サイバーパンク」(もうほとんど死語)の頃に、「バーチャルリアリティ」という言葉が出始めたので、したり顔で使う人が多いように思います。

本当に「バーチャル」(まるで現実のような)ならば、お互いにもう少し丁寧な言葉遣いをするものではないでしょうか。

例えば、堅苦しそうな表情の人だとか、体格のイカツイ人だとかに対してであれば、普通はあまり横柄な態度には出ないでしょうし、人のよさそうな顔をした人なら気軽に話しかけるかもしれませんし。
ネット上の掲示板などの場合は、

相手がどんな人かわからない(顔が見えない)ので、ついお気楽な態度になる

んだろうと思います。
安直に「バーチャル」などという言葉で切り捨てる部分ではないはずなんですけどねぇ…。

いわゆる対人スキル(人と接する技量)が低い=社会経験が低いと、こういう状況に陥りやすいんじゃないかとも思われがちですが、実際には、若い人かご高齢かとか、年齢による差はありません。
これは「顔が見えない・声も聞こえない相手とのコミュニケーション」という、ネットの登場以前にあまり存在し得なかったものに対するスキル(技量)になるからでしょう。

-----

でも、「対人スキル」という言葉を初めて聞いた人も、いないでもないでしょうから、以下のような参考になる記事をご紹介いたします。

IT技術者が身に付けておくべき重要な7つのコミュニケーションスキル :ZDNet Japan

まぁ要するところ、「人に意思伝達を的確に行なうための技量」ということですが。
ここで挙げている7つとは、

  1. 「コミニュケーション相手のプロファイリングを行う」
  2. 「良い聞き手になる」
  3. 「共感を育む」
  4. 「外交に学ぶ」
  5. 「感情的にならないようにする」
  6. 「謙虚な態度で教える」
  7. 「ラポールを築く」
だそうです。

IT関連の話なので、一部わかりづらい言葉もあるでしょうけど、これは「質問を受ける側の姿勢」ですので、「質問する側」の人もとりあえず目を通しておいて損はないのではないかと思います。

とりあえず、私が気になったのは、記事の最後のほう、3ページ目の終わりごろにあるこの言葉。

 私はIT関係の出版業界に足を踏み入れる前に2つの会社で働いたことがあり、当時はIT技術者に対して恐怖感を抱いていた。いずれの会社においても、ヘルプデスクの担当者は攻撃的なオーラを発していたためである。そして、私が自分のコンピュータに起こっている問題の内容を的確に表現できないでいると、彼らは私を叱責するかのような口調になるのである。
これは、「相手に対価を払わないのが当然」と考えている人が質問をする場合に起こりうるトラブルです。
この事例のように、会社のヘルプデスクとか、あるいは家族に質問するときとか。
パソコン教室は、聞かれるのが仕事ですので、何度でも質問に付き合ってくれたりはしますけど、やはり、

質問をする以上は、自分でも何とかしてみようとする姿勢が大事

なのは変わりはありません。
いろいろ質問するのはいいのですが、必ずどこかで自立しなければなりません。
相手が親切だからと、何でもかんでも頼り切ろうとしても、必ずどこかで突き放されます。
程度をわきまえなければなりませんよね。
「初心者です」という前置きをする質問ほど、程度をわきまえていない場合が多い傾向にあります。

だからこそ、「初心者です」という質問は嫌われるのだと思います。

結論:質問の際の心得としては、

  • 質問する際に、安直に「初心者です」と発言しないこと。
  • わからない言葉は自分ででも調べてみるという姿勢をもつこと。
  • 何でもかんでも頼り切らないこと。
  • 「こっちは初心者だぞ!」と偉そうにならず、初心者ならばなおのこと謙虚になること。
質問を受ける側もやはり人間です。偉そうに言われると反発します。そこを忘れないでほしいと思います。

2009年12月05日(土) 定番トラブル, ウェブログ・ココログ関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 読者のおたよりコーナー | | コメント (22) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

DELLサポートのお客様対応。

もしかしたら、案外知られていないのかもしれないので、ちょっと書いてみます。
最近、一時期ほど派手な宣伝をしなくなったデルですが…。

DELLのサポートは、ある意味かなり使えるサポートと言えます。

ウチの場合、基本的にメーカー関係なく依頼を受けているのですが、当然ながらDELLのパソコンもその中にはあります。
例えば…。

2007年11月21日 (水) ハードディスクが認識されません。
続き:2008年9月18日 (木) DELLトラップ。

この件は典型的な例。
「使えるサポート」というのは、その中で書いた、

で、DELLの場合は、交換用の純正ハードディスクを送ってくれるんです。
メーカーが指定したものに交換するわけですから、相性問題がきっちりクリアできているので、安心して使えます。
これは他のメーカーも見習ってほしいところですね。
まぁ、大きな企業などで、PCメンテナンス部門があるところなんかは、こういうことは日常茶飯事ですから、もともと企業向けで展開していたDELLならではなのかもしれませんが。
というところ。

要は、もともとDELLは企業向けのパソコンメーカーでしたので、

現場にはパソコンのエキスパートが居るという前提でお買い上げいただくことが多い

という点からすれば、交換用部品を請求すれば送ってくれる、というのも納得です。

さて、そんなデルですが、ある日のお問い合わせはちょっと違ってました。
「Windowsが起動しないんです」という、とってもありがちなトラブルだったんですが…。

-----

遠方のお客様ですので、引取修理依頼の問診をしていたんですが、よくよく聞いていると、「ハードディスクはSCSI(スカジー)」だとか、「メモリーは手に入るのか」とか、どうも話がおかしい。

なんか、サーバー機をあれこれいじくっている状況らしい。

正直なところ、サーバー機はウチで扱うつもりはありません…。
基本的には、サーバー機は、それなりのシステムインテグレーターがそれなりの規模で運用することを前提に構築するはずのもので、ウチのような弱小零細商店では面倒見切れないからです。

ウチで面倒を見れるのは、あくまで個人ユーザー様。
情報システム部門があるような企業ユーザーさんの末端のお一人様とかでは、下手に手出ししたらこっちが怒られかねません。

実際、数10台規模の、ファイルサーバーやCISCOルーターやイーサネットスイッチなどがバリバリ動いていそうなネットワークは、本来なら常駐スタッフが居てこそ円滑に運用できるものです。
たまーに、そういうこともよくわかっておられずに、私に話を持ってくる企業ユーザーさんが、ホントたまーに居られます…。
そういう運用をしているところは、下手にアップデートもできないのです。
WindowsUpdateはもとより、最近何かと問題のAdobe ReaderやAdobe Flash Playerとか、しょっちゅう鬱陶しいメッセージを出してくるJavaとか。
InternetExplorerなんか、8どころか7ですらNG、というところも珍しくありませんし、XPどころかまだ2000が標準、という企業もそれほど珍しくありません。
そういうところは、個人ユーザー様のように「気軽に買い替え」とは行かないぐらい、ガチガチに作り込まれていることがほとんどです。
そういうところは、正直なところ、下手な手出しは厳禁なのです…。

ということで、

…サーバー機をお使いでしたら、専任の人がいるのでは?

とお聞きすると、なにやら言葉を濁されてます。
はっきりとは言いませんでしたが、どうやら

安価で高性能というだけでサーバー機を個人で手に入れたはいいのですが、その特殊性を持て余している状況

のようです…。
お聞きしていると、デュアルCPU(マザーボードにCPUソケットが2つ)だとか、SCSIボードだとか、いろんな話が出てきます。

正直なところ、サーバー機は、ハードディスクはおろか、メモリまでもがサーバー機専用品を使うことが珍しくないので、修理などのメンテナンスは、個人では非常に厳しいものがあります。

…とりあえず、メーカーであるDELLに問い合わせをされては?

とお伝えしてみました。

実際、最初にも書いたとおり、DELLは部品レベルでサポートしてくれるので、そういうサポートを受けやすいのです。
それをせずに、なぜ遠方のウチに…?

なにやら言葉を濁されています。
はっきりとは言いませんでしたが、

どうやら、中古でどこかから手に入れたらしいです…。

要するところ、

DELLのサポートは、直接お買い上げになったお客様以外は、お客様とはみなさないらしいのです。

以前からそういう話は聞いてましたが、今回もどうやらそうらしいのです。
DELLに電話すると、

2006年4月 9日 (日) とりあえずマカフィーを使わずにやってみてください。

この記事のように、そのパソコン固有のIDを聞かれます。
登録されている持ち主でない場合は、基本的に対応してくれません。
持ち主であっても、この記事のように、対応範囲を限定される場合もあるぐらいで。

とりあえず、

  • サーバーであれば本人あるいは専任技術者が面倒見るべきもの
  • DELLの部品が欲しければ、持ち主が連絡をすること
  • 自分で面倒が見れないならサーバーなど使わないこと
とお伝えし、ウチではサーバー機の面倒は見れない旨をお伝えし、電話を切りました。

なんか、かなり疲れましたね…。

-----

パソコンのトラブル修理の場合は、事前の問診で、次のアクションが変わってくる場合があるので、ある程度…というか、「直接本人からあれこれお聞きしてから」というのはある意味必須です。
しかし、このように、

とりあえず電話ででも何とか情報を引き出そうとする人

には困ったもんです。
しかも、かかってきた電話ならまだしも、出先から折り返し連絡でこちらからかけている電話で、あれこれ聞き出そうとされたりすると、むげに切れませんし、ホント疲れます…。
ウチはメーカーのサポート部門のように、パソコンの販売代金など他のルートでコスト回収できるわけではありませんので、タダで解決まで対応するわけにはいかないのです。
このブログでも、「事例の公開」は行なっていても、「コメントでの無料トラブル相談」はしていないのは、そういう意味合いなのです。

そういうところで言っても、DELLのお客様対応「中古品ユーザーは客ではない」というのは、至極まっとうな話ですよね。

まっとうなサポートには、相応の対価が必要

という普通のお話でした。

まぁ、「中古でも精一杯お世話する」というのも企業のあり方の一つではありますが…。

-----

ここまで書いててふと思った。

「中古品ユーザーは客ではない」

これ、著作権の考え方と似ている部分がありますね。

2009年12月03日(木) 定番トラブル, ハードウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

Windows Live メールでドコモ・auに送信できない。

こちらはWindows7への買い替えのお客様。
セットアップ自体は問題なく完了しましたが、問題はメール設定の完了後に起こった。

一通りのセットアップが完了してから、メールソフトがWindowsLiveメールに変わりましたので…と説明をしていたら、

「じゃ、とりあえずここに送ってみて」

と渡された、ドコモ携帯のメールアドレス
…うーむ、こ、コレは…。なんかイヤ~な予感が…。
(コレに関しては後述)
ま、まぁ、とりあえずコレで送信してみましょう。

メールの新規作成画面から、渡されたメールアドレスを入力してみたら。

メッセージを送信できませんでした。受信者の中に、電子メールアドレスが指定されていないユーザーが存在します。すべての受信者の電子メールアドレスがアドレス帳に入力されていることを確認してください。
(こちらはVista環境での再現画面です)

メッセージを送信できませんでした。
受信者の中に、電子メールアドレスが指定されていないユーザーが存在します。すべての受信者の電子メールアドレスがアドレス帳に入力されていることを確認してください。
…∑( ̄△ ̄;
な、なんだとぅ~?

-----

奇しくも、嫌な予感は的中してしまった。

渡されたドコモ携帯のアドレスは、ピリオド(ドット)で終わるアカウント、つまり@の前にピリオド(ドット)が来ているメールアドレスだったのだ。

これ、以前から問題となっていた件なんですよねぇ…。

RFCと呼ばれるインターネット上のルールを定めた文書があるんですが、それの違反であることは、私自身は知ってはいましたが、たまたま身の周りにそういう珍奇なメールアドレスを使っている人がいなかったので、ほとんど問題意識がなかったのは確かですが、メールソフトがはじくとは思いもしませんでした。

とりあえず、解決手段をぐぐってみましたが、「@以前をダブルクォーテーションでくくる(たとえば "hoge.hoge."@…とか)で回避できるかも」、というのがありましたが、Windows Live メールさんは認めてくれませんでした。
同じエラーで却下されました。
アドレス帳への手動での登録でも同様。

入力した電子メールアドレスは無効です。アドレスを確認して、もう一度やり直してください。
(こちらはVista環境での再現画面です)

入力した電子メールアドレスは無効です。アドレスを確認して、もう一度やり直してください。

どうも回避手段はないようです…。
お客様には事情をお話して、どうしてもメールをやり取りする必要があれば、別のメールソフトにするか、ケータイのメールアドレスを変更するしかないとお伝えして退出です。

-----

記事を書くにあたって調べてみたら、Windows Live メール自体は、実際には、

Outlook Expressの後継の「Windows Live メール」になるとドコモやauの連続ドット/@直前ドットのメールアドレスに送れない :Web屋のネタ帳

正式版がリリースされた時…いや、ベータ版の時かららしい。
この記事自体、2008年1月 7日とあるので、もう2年ほど前の話。
どうやら「いまさら」な話らしい…。

いまさらといえば、RFCでは、

メールアドレスにピリオド(ドット)が連続している、もしくは@の前にピリオド(ドット)が来ているメールアドレスは使えません

ということになっていますので、仕方のない話ではありますが。

ドコモ・auあたりの、その辺のいきさつについては、以下の記事にて詳しく書かれています。

au by KDDIがメールアドレスの設定仕様を再変更。2006年の改悪前に戻しましたの巻 :Web屋のネタ帳

これが2009年9月25日の記事。
関連記事へのリンクが多数ありますので、リンク先も必読です。

要するに、

10年前、ドコモがi-modeを作った時に、RFCの存在を知らずにルール違反を容認していた(KDDIは何を血迷ったかドコモへ「右へならえ」してしまった)ツケを、ユーザーが支払うことになってしまった格好

になるわけですね…。
(現状ではドコモもauも新規・変更では受付しなくなりましたが)

まぁ、Windows7からはメールソフトは好きに使えるようになった(MS-Office2007プリインストールだとOutlook2007になってしまいますが)わけですが、いまさらRFC違反の「メールアドレスにピリオド(ドット)が連続している、もしくは@の前にピリオド(ドット)が来ているメールアドレスが使えるメールソフト」というものを探しても仕方ないのではないかとも思います。

結論:
そろそろケータイなどで「ドット連続」や「@直前にドット」などの珍奇なメールアドレスはやめましょう。

「迷惑メールよけ」には、もうお守りほどの効果もないですし、そもそもケータイの迷惑メールを探し当ててまで送りつけるという手法は流行りませんし、サーバー側でそれなりの対処をしてからずいぶん経ちます。
(「それでも迷惑メールが届く」人は、メールの利用方法や人間関係などに問題がある可能性があります…)
Windows7になってからは、WindowsLiveメールに移行する人が増えますので、こういうトラブルを抱えることになる前に、メールアドレスの変更をした方がいいかもです。

あ、誤解のないように重ねて書いておきますが、ここで悪いのはあくまで「珍奇なメールアドレス利用を容認しているドコモ・au」ですので、文句はぜひドコモ・auへ。

2009年12月02日(水) 定番トラブル, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, メール送受信関連, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき, 迷惑メール関連 | | コメント (6) | トラックバック (1)

2009年12月 1日 (火)

Windows7パソコンが勝手に電源が入る(起動する)?

私自身はその現場に遭遇していないのですが、どうもWindows7は勝手に起動してしまう夢遊病にかかっていることがあるようです…。

NECのWindows7 HomePremiumのパソコンのセットアップをしていると、例によって何枚かの半ペラが入っているのですが、どうも気になるこの半ペラ。

-----

[PDF] Windows Media Center ご利用時のご注意 :121ware.com NEC
(PDFファイルへの直接リンクとなっています)

文字のみ引用してみます。

Windows Media Center ご利用時のご注意
(Windows Media Center 搭載モデルのみ)

Windows 7 Home Premium およびWindows 7 Professional に搭載されているWindows Media Center をお使いの場合は、次の手順でWindows Media Center のセットアップおよびアップデート設定の変更をしてください。
  • Windows Media Center のセットアップ
    1. (スタート)→「すべてのプログラム」→「Windows Media Center」をクリック
      「Windows Media Center へようこそ」と表示されます。

    2. 「続行」をクリック

    3. (推奨設定)をクリック
      しばらくすると、Windows Media Center のメニュー画面が表示されます。
      続いて、アップデートの設定を変更します。

  • アップデート設定の変更
    1. (スタート)→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「タスク スケジューラ」を選択
      「タスク スケジューラ」画面が表示されます。

    2. 左の欄の「タスク スケジューラ ライブラリ」の前の をクリック
      (または「タスク スケジューラ ライブラリ」の項目をダブルクリック)
      下位の項目が表示されます。

    3. 同様にして、「Microsoft」→ 「Windows」を選択し、最後に「Media Center」をクリック
      名前欄にWindows Media Center 関連の項目が表示されます。
      ※ 「カスタム設定」を選択する場合は、画面の指示に従って、セットアップを完了させてください。

    4. 「名前」欄がせまくて見にくい場合は、枠をポイントしてマウス ポインタの形が変わったところで右にドラッグして少し広げ、さらに「名前」欄も同様にして広げる

    5. 「mcupdate_Scheduled」を右クリックして、表示されたメニューから「プロパティ」をクリック

    6. 「トリガー」タブを選択し、トリガー欄にトリガーが入っている場合は、「編集」をクリック
      「トリガーの編集」画面が表示されます。

    7. 「タスクの開始」が「ログオン時」になっていない場合は、をクリックして表示された一覧から「ログオン時」を選択して「OK」をクリック

    8. 「mcupdate_Scheduled のプロパティ」画面の「OK」をクリック

    9. 「タスク スケジューラ」画面右上のをクリック
      タスク スケジューラの画面が閉じられます。
以上で設定は完了です。

※参考※
上記の「アップデート設定の変更」をしないと、お使いのパソコンが次のような動作になります。必ず上記の手順通りに設定してください。

  • 決まった時間にWindows Media Center がアップデートされます(そのとき、パソコンが省電力状態であっても自動的に復帰してアップデートが始まります)。

  • SmartVision の予約設定で、予約終了時に省電力状態などに移行するよう設定しても、設定通りに動作しないことがあります(SmartVision 搭載モデルのみ)。
…なんか大事なことがさらっと「※参考※」とかで書いてありますよ…。

決まった時間にWindows Media Center がアップデートされます(そのとき、パソコンが省電力状態であっても自動的に復帰してアップデートが始まります)

だそうです。

おいおい…

そこは、意図せず勝手に電源が入ることがありますとなぜ書かない?

そっちの方が問題だろうに…。

「Windows Media Center ご利用時のご注意」だなんて書いてたって、誰も読まんぞ。

勝手にパソコンがおっきしても、この半ピラにたどり着ける人がどれだけいることやら…。

VistaやXPでも、NECのTV内蔵機は、SmartVision(内蔵テレビのコントロール用ソフト)で、番組表の自動受信で勝手に起動する設定があり、「夜中に勝手に電源が入る!」と、量販店にしばしば問い合わせがあったのは聞いてましたけど。

NECのWindows7パソコンで、新規セットアップの際には、この半ピラどおりに設定を変更しましたが、テレビ内蔵でないものも、見事に全てのパソコンでこうなってました(再起動したらこの設定が入ったものも含めて)。

起動時間はまちまちで、夜中のものもあれば朝方のものも夕方のものもありました。

先日、ふと「もしかして、NEC特有じゃないんでは?」と思って、先日、富士通のWindows7機のセットアップの際に設定をチェックしてみたら…。

富士通のも見事にそうなってました…。

ダメじゃん…。
こりゃ全メーカーかも知れません…。

最近のサポートセンターのつながりが悪いのは、こういうのもあるんじゃないでしょうかねぇ…。
それとも、ひっそり起動してひっそり省電力設定で休止状態などで電源が切れてたら気付かないのかもしれません…。

結論:

Windows7のWindows Media Center搭載機は、セットアップ時に、タスクスケジューラーから「mcupdate_Scheduled」の設定を確認する必要あり。

セットアップ時には忘れずに。

関連:
Q&A番号16255 GV-MC7/VS GV-MC7/VZ 録画終了後、Windowsのスリープ機能が働かず、省電力状態に移行しないのですが? :I-O DATA DEVICE
対象のOSは書いてませんが、全く同様です…。

2009年12月01日(火) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連(設定不良), ハードウェア不具合関連(電源), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (8) | トラックバック (5)