ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« ダウンロードに6時間? | トップページ | 無線プリントサーバーはやっぱり難しい。 »

2009年12月19日 (土)

ネットブックに期待するもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

最近、パソコンに「ネットブック」というジャンルが増えたわけですが、これがどういう位置づけのモノかといいますと…。
おそらく世間的には、

  • ちっこいノートパソコン
  • ケータイのデータカードとセットで100円で売ってるアレ
  • とりあえずXP搭載で売られてるノートパソコン
といった位置づけかと思われます。

ネットブックというモノが出てきてはや2年ほど。
それなりのシェアを確実に積み上げているようです。

しかし、ネットブックって、そんなにいいものでしょうか?
初心者に勧められるものでしょうか?

とあるブログからリンクを受けて、別の記事を読んでいたところ、改めて考えさせられました。

-----

ネットブックはもう売れてない :とくみつ録

こちらのブログから、SSDのデフラグに関しての言及リンクをいただいてましたが、この記事がちょっと気になりました。

ふーん、そうかぁ。
つまり、

  • ネットブックはもう「売れている」とは言いがたい
  • 実は低価格のノートパソコンの方が人気である
ということ。

単純にランキングから言えば、「買ってもらえている」というわけではなく、どちらかというと先述した「ケータイデータカードの付録」として出回っている傾向にあるので、ランキングには現れにくくなってしまっているのが現状。

まぁ実際、ネットブックは、改めて書くまでもなく、いろんな制限があります。

  • CDをセットするドライブがない=プリンタなどのセットアップが単体では難しい
  • 拡張はUSB以外では難しく、かなり限定される
  • 本当に「ちょっとネットとメールだけ」ならそれなりに使えるが、画面が狭く、あまり使いやすいとは言えない
といった具合。まぁいまさらですが。

そういう意味でも、データカードとのセットは非常に意義があり、「とりあえずネット、全てはそこから」という、ネットブックという名前そのままの構図が成り立ちやすい商品と言えます。
ネットにつながってしまえば、プリンタなんかでもドライバをダウンロードしてくればいいわけで。
しかし、「ドライバをダウンロード」とかいった使い方を熟知している人であればいいのですが、初心者は誰かに完全にセットアップを済ませてもらえなければ、ちょっと「使いやすい」とは言いがたいですね。
そういう意味では、セットアップのハードルが高い分、安さの魅力は薄れてしまいます。

また、画像・動画編集などをしようとすると、パフォーマンス不足は否めませんし、そもそも「CD/DVDに収録されているソフトのインストールをする」という最初の壁をどうにかできなければなりません。

何度も言われていることではありますが、

ネットブックは初心者が一人でたった1台のメインマシンとして使うには不向き

ということに違いはありません。

1台売れたら50ドルの損失? ネットブックが売れてもマイクロソフトは大丈夫 :@IT
2009年上期、PCは売れたが単価は低下 ~ネットブックの浸透がはらむ問題が浮き彫りに :大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」

こちらの記事にもありますが、結局は企業ユーザーのニーズを満たしていたとは言えず、メーカーとしても、より利益の出るはずの「普通のノートパソコン」の売れ行きを圧迫していたに過ぎないのです。
マイクロソフトも、いつまでもXPを売っているわけにも行かず、廉価版のWindows7である「スターターエディション」という、利益を圧迫するものを提供するのもそれほど歓迎はできないでしょう。
結局は、デュアルコアCPUの廉価版でもより実用的な性能を実現できるようになったWindows7の通常版を搭載したノートPCにシフトすることになりそうです。

今となっては、Atom搭載のいわゆる「ネットブック」は、機能限定PCとして考えても「安くお気軽に使えるパソコン」ではなく、「使う人を選ぶガジェット」といえそうです。

そりゃまぁ、よくよく考えたら、外でまでデータカードが必要な使い方をするパソコンユーザーというのは、やはり限られますよね。

ネットブックも、物珍しさと安さにつられてそこそこ売れたようですが、結局は、Windows7や処理性能の向上などで、追いやられてしまう運命にあるのでしょうか。

個人的には、こういう小さなノートパソコンって好きなんですけど、ウィルコムW-ZERO3[es]という「キーボードつきスマートフォン」でもキーボードまでは意外と使わなかったりしましたし、カバンからノートパソコンを引っ張り出してまで…という使い方なら、もう少し画面が広いとか、充実したものがあった方がいいはずです。

価格的にも、契約必須とはいえ100円という額面を目にしてしまうと、4~5万円という価格帯は、安くて妥当だとは言え、どうしても躊躇してしまいます。

ネットブックというものにユーザーがどんな期待をしているか、それを読み取れるメーカーが現れるかどうかが、これからの動向を左右しているといえるでしょう。
まぁ、一時期ほどの勢いは出ないでしょうねぇ…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年12月19日(土) ウェブログ・ココログ関連, ハードウェアアップグレード関連, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき |

« ダウンロードに6時間? | トップページ | 無線プリントサーバーはやっぱり難しい。 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ハードウェアアップグレード関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/47091578/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: ネットブックに期待するもの。:

コメント

ネットブックは、私がネットサポ業務(ネット接続支援中心)を休止してから出てきたのですけど、やっていた当時にあればよかったなと思います。ちょっとした接続テストなどでなら十分実用でしたから...。当時にネットブックがあったら、USBの有線LANアダプターと各種ツールの入ったCD-RとUSBメモリー、データ通信カードをセットで持って歩いたでしょうね。

登場して間もない頃、PC DEPOTでEeePCの初代を見ましたが、ネットサポ要員向け支援ガジェットとしてなら十分かなって感じでした。けど、あれを最初のPCにするのはどうかなって思いましたね。店員の話では「初心者にも売れた」との事でしたけど、私が店員だったら絶対勧めません。

むしろ、ネットブックは機能制限されても問題ない業務でこそ生かされるべきで、保険会社の営業支援ツールとかで生かす方が良いのではないかと思ってます。ある意味、個人で使うと言うのは「新し物好き」な「コアユーザー」のためのものでは無いかと...。
私の勤務先では、バーコードリーダーとテンキー、モノクロレーザープリンタしかつながってない特定業務用端末にフルスペックPCを使ってるのですが、これなどネットブックやネットトップで十分だと思ってます。

まぁ、個人的には1台くらい持ってても良いかなと思うのですけどね、写真データの吸い上げ用に...。自宅でFONもやっているので、FONのAPがあればネットにも繋げられるし...。

投稿: sheepfactry | 2009/12/31 13:58:57

あけましておめでとうございます。
ホント、ネットブックはデータカードのおまけみたいなもんですね。
私の住んでる地域では未だISDNのみで、高速回線が引かれる予定すらないところが結構あります。
そういう方にはデータ端末は魅力的です。そして、タダでパソコンがついてくるなんて!!
みたいな感じで好評みたいです。データ端末が・・・。
だから、ネットブックに期待することは「おまけとしての豪華さ」かも。っとド田舎在住の私は思いました。

投稿: ケリンチョ | 2010/01/01 13:16:32

本体100円といっても月額はあるしトータルとしては6-7万円程度になるらしいですね
途中解約も違約金が発生しますし、そうすると性能相当の金額かどうか
確かに考えなければなりません。
本当にわかる人向けのツールですね

投稿: STINGRAY | 2010/01/05 8:47:30

消費電力が少ない構成で音が静かなので、常時稼働に丁度イイカナなんて考えまして、つけっぱなしにしていたらファンが壊れて焦げ臭いニオイがして電源が切れました、我が家のネットブック。使い方を誤ったか。

投稿: しゅがあ | 2010/01/07 8:29:13

初めまして。いつも参考にさせていただいております。ありがとうございます!

PCサポート業務に結構便利に使っています。
デュアルブートでWindows7Proをインストールしていますが、エクセルを起動しながら、ネットで調べものとか、無線内蔵ですからルーターのチェックとかに十分使えています。XPと比べても動作は少し遅いくらい、起動終了はかえって早いです。店頭サポートなのでLANは来てるし通勤はBIKEなので軽くていいです。
あまり一般的な使い方ではないですね。まあネットブックにWin7というのもかえっていいと思います。メインマシンにはなり得ないですけどね。

投稿: SLIDERWORM | 2010/01/09 23:09:15

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« ダウンロードに6時間? | トップページ | 無線プリントサーバーはやっぱり難しい。 »