ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« Windows7パソコンが勝手に電源が入る(起動する)? | トップページ | DELLサポートのお客様対応。 »

2009年12月 2日 (水)

Windows Live メールでドコモ・auに送信できない。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらはWindows7への買い替えのお客様。
セットアップ自体は問題なく完了しましたが、問題はメール設定の完了後に起こった。

一通りのセットアップが完了してから、メールソフトがWindowsLiveメールに変わりましたので…と説明をしていたら、

「じゃ、とりあえずここに送ってみて」

と渡された、ドコモ携帯のメールアドレス
…うーむ、こ、コレは…。なんかイヤ~な予感が…。
(コレに関しては後述)
ま、まぁ、とりあえずコレで送信してみましょう。

メールの新規作成画面から、渡されたメールアドレスを入力してみたら。

メッセージを送信できませんでした。受信者の中に、電子メールアドレスが指定されていないユーザーが存在します。すべての受信者の電子メールアドレスがアドレス帳に入力されていることを確認してください。
(こちらはVista環境での再現画面です)

メッセージを送信できませんでした。
受信者の中に、電子メールアドレスが指定されていないユーザーが存在します。すべての受信者の電子メールアドレスがアドレス帳に入力されていることを確認してください。
…∑( ̄△ ̄;
な、なんだとぅ~?

-----

奇しくも、嫌な予感は的中してしまった。

渡されたドコモ携帯のアドレスは、ピリオド(ドット)で終わるアカウント、つまり@の前にピリオド(ドット)が来ているメールアドレスだったのだ。

これ、以前から問題となっていた件なんですよねぇ…。

RFCと呼ばれるインターネット上のルールを定めた文書があるんですが、それの違反であることは、私自身は知ってはいましたが、たまたま身の周りにそういう珍奇なメールアドレスを使っている人がいなかったので、ほとんど問題意識がなかったのは確かですが、メールソフトがはじくとは思いもしませんでした。

とりあえず、解決手段をぐぐってみましたが、「@以前をダブルクォーテーションでくくる(たとえば "hoge.hoge."@…とか)で回避できるかも」、というのがありましたが、Windows Live メールさんは認めてくれませんでした。
同じエラーで却下されました。
アドレス帳への手動での登録でも同様。

入力した電子メールアドレスは無効です。アドレスを確認して、もう一度やり直してください。
(こちらはVista環境での再現画面です)

入力した電子メールアドレスは無効です。アドレスを確認して、もう一度やり直してください。

どうも回避手段はないようです…。
お客様には事情をお話して、どうしてもメールをやり取りする必要があれば、別のメールソフトにするか、ケータイのメールアドレスを変更するしかないとお伝えして退出です。

-----

記事を書くにあたって調べてみたら、Windows Live メール自体は、実際には、

Outlook Expressの後継の「Windows Live メール」になるとドコモやauの連続ドット/@直前ドットのメールアドレスに送れない :Web屋のネタ帳

正式版がリリースされた時…いや、ベータ版の時かららしい。
この記事自体、2008年1月 7日とあるので、もう2年ほど前の話。
どうやら「いまさら」な話らしい…。

いまさらといえば、RFCでは、

メールアドレスにピリオド(ドット)が連続している、もしくは@の前にピリオド(ドット)が来ているメールアドレスは使えません

ということになっていますので、仕方のない話ではありますが。

ドコモ・auあたりの、その辺のいきさつについては、以下の記事にて詳しく書かれています。

au by KDDIがメールアドレスの設定仕様を再変更。2006年の改悪前に戻しましたの巻 :Web屋のネタ帳

これが2009年9月25日の記事。
関連記事へのリンクが多数ありますので、リンク先も必読です。

要するに、

10年前、ドコモがi-modeを作った時に、RFCの存在を知らずにルール違反を容認していた(KDDIは何を血迷ったかドコモへ「右へならえ」してしまった)ツケを、ユーザーが支払うことになってしまった格好

になるわけですね…。
(現状ではドコモもauも新規・変更では受付しなくなりましたが)

まぁ、Windows7からはメールソフトは好きに使えるようになった(MS-Office2007プリインストールだとOutlook2007になってしまいますが)わけですが、いまさらRFC違反の「メールアドレスにピリオド(ドット)が連続している、もしくは@の前にピリオド(ドット)が来ているメールアドレスが使えるメールソフト」というものを探しても仕方ないのではないかとも思います。

結論:
そろそろケータイなどで「ドット連続」や「@直前にドット」などの珍奇なメールアドレスはやめましょう。

「迷惑メールよけ」には、もうお守りほどの効果もないですし、そもそもケータイの迷惑メールを探し当ててまで送りつけるという手法は流行りませんし、サーバー側でそれなりの対処をしてからずいぶん経ちます。
(「それでも迷惑メールが届く」人は、メールの利用方法や人間関係などに問題がある可能性があります…)
Windows7になってからは、WindowsLiveメールに移行する人が増えますので、こういうトラブルを抱えることになる前に、メールアドレスの変更をした方がいいかもです。

あ、誤解のないように重ねて書いておきますが、ここで悪いのはあくまで「珍奇なメールアドレス利用を容認しているドコモ・au」ですので、文句はぜひドコモ・auへ。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年12月02日(水) 定番トラブル, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, メール送受信関連, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき, 迷惑メール関連 |

« Windows7パソコンが勝手に電源が入る(起動する)? | トップページ | DELLサポートのお客様対応。 »

定番トラブル」カテゴリの記事

ソフトウェアアップグレード関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

メール送受信関連」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

迷惑メール関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/46932050/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Live メールでドコモ・auに送信できない。:

» ドコモがメールアドレスの設定仕様を変更。連続ドットと@直前ドットを設定できないようになった トラックバック Web屋のネタ帳
1999年iモード登場以来10年間、全国の、いや、全世界のプログラマーとサポー... 続きを読む

受信: 2009/12/05 16:29:21

コメント

Outlook 2003、2007でも、これらのアドレスに送信する時にはじかれて、「配信不能」とのメールが受信トレイに来ますねぇ。

私の知り合いにはこのアドレスがかなり多く、携帯では打ちづらい長文のメールはいったん自分の携帯に転送してから送らんといけません。じゃまくさ・・・。

なんでもっと早ようにドコモもauも対策を講じんかったのか・・・。
今年の6月末にメルアド変更した友人でさえ@前にピリオドがあったので、変更のメールもらった直後に連絡して再変更させました。

そんなメルアドを許容してたOEもWindowsメールもなくなったことで、今後じわじわと問題が表面化していきそうですな。

投稿: う~ | 2009/12/04 18:11:51

お久しぶりです

半年くらい前に、経験しました。最近の娘は携帯のアドレスを顔文字感覚で作ってる人も多い様で、確かにアドレス帳に登録してもだめでした。

昔は英数以外使うことは、これっぽちも(古いのかな)考えませんでしたが。
結局、自分の携帯に送信して、転送でやり過ごしました。ホントめんどくさいですね!

原因は、なんとなく判ってはいたのですが、Windows Live メールに変えた要因もあったんですね!

これですっきりしました。(*^_^*)

投稿: HIRO | 2009/12/05 0:39:59

これWindowsLiveMessengerのプロフィール登録で、相手がオフラインの時の連絡先として登録するのにも弾かれますね。

ドコモとauに注目されてますが、ソフトバンクとかも酷いですよ。今はできないのかもしれませんが、「+」とか「/」も使えてましたからね。当時から信じられなかったです。
ソフトバンクではアルファベットの大文字も使えるようで、アドレス帳に小文字で登録すると相手の名前が出ず非常に迷惑しています。

投稿: ミュウ | 2009/12/05 13:50:45

大文字、+、/、全部旧版のRFC2822ですら規格合致で送信できない方が悪いと言って良いような文字だが?

投稿: 名無し | 2009/12/05 17:34:05

いつも、ブログ楽しく読ませてもらってます。

とあるISPの窓口で働いているのですが、定番のトラブルですね。
Outlookにしてから送れなくなったとか、何回説明したことか。。。

携帯会社から、利用者にメアドの変更を促してもらえないものかと。

投稿: TM | 2009/12/05 17:53:44

う~ さん
この場合、誰も「ケータイ会社へ問い合わせよう」とか思いませんから、当のケータイ会社自身は、ほとんど問題意識がないと容易に推測できます。
逆に言えば、メールソフト(WebメールUI含む)以外は何の問題もなくデータの送受信ができてたじゃないか、と言われそうな気もしますが。

ちなみに、「.@」については、ドコモは4月に、auは9月に取得時制限がかかったようです。
http://neta.ywcafe.net/001021.html

HIRO さん
まぁ、こういったテクノロジーが存在して当たり前になってくると、とんでもない発想というのは生まれて当然なんでしょうね。
たとえば、赤ちゃんがビデオデッキにオモチャを突っ込んだ、とか(笑)そんなことは、大人の発想では起こり得ませんからねぇ。

ミュウ さん
ひどいというか…それは「名無し」さんご指摘の通り、RFC的にはアリみたいです。
http://www.kvs.jp/archives/834
マイナス(ハイフン)、プラス、アスタリスク、スラッシュ、イコールまでアリのようですよ。
ただ、無用な混乱を避けるために、プロバイダ側でハイフン、アンダーバー、ドット程度に自主規制しているだけのようですが。
でも、大文字と小文字を厳密に区別する運用(たとえば「HOGE」と「hoge」は別のメールボックスとなる、など)はしていないと思われますが、どうでしょう。

TM さん
そうですよねぇ、悪いのはウチじゃないんですけど…ですからねぇ。
そろそろドコモもauもカミングアウトしていただきたいものです。

投稿: ささもと | 2009/12/06 8:11:57

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« Windows7パソコンが勝手に電源が入る(起動する)? | トップページ | DELLサポートのお客様対応。 »