ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 暖機運転の必要なパソコン。 | トップページ | DVD-RAMに書き込みができない。 »

2010年1月11日 (月)

ウイルスバスターのパスワードがわからない。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは別件でお伺いしたお客様。
操作方法などの簡単な部分でのことでしたので、すぐに終わってしまいましたから、他に日常で気になっているところがないかをお聞きしていたら、ウイルスバスターの設定のことになったのですが…。

パスワードの入力

パスワードを聞かれました。

「え?パスワードって?なんですか???」

…( ̄△ ̄;
い、いや、それは私のセリフなんですが…。

「えーっ!じゃ、どれかしら…えーと、えーと…」

メモの束やノートやパソコン関連の郵便物から探そうとされるのですが、これはこのパソコンを使っている誰かが設定したものなので、メモせずに忘れたらどうしようもありません。

心当たりを片っ端から打ち込みましたが、どれも違ってました…。

うーむむむむむ…パスワードはわからなくてもウイルスバスターは使えますが、今使ってる2009を2010とかにアップグレードするには、2009をアンインストールしなければなりません。
アンインストールの際にも、パスワードは必要なので、今はよくても、このままでは先行きまずいです…。

ウイルスバスター2009のアンインストール方法 :サポート : トレンドマイクロ

↑こんな具合に、アンインストールの時にもパスワードを聞かれます。
パスワードロックは伊達ではありません。

「えーっ!そうなの?どうしましょう…」

…どうしましょうっていわれましても…。

-----

説明書とかヘルプとか読んでも、「パスワードがわからないときはサポートへ」とかしか書いてません。
こりゃ困ったな…。

とりあえず、お客様はあっちゴソゴソこっちゴソゴソしてみたり。
お出かけ中のご家族に電話してみたり。
でも、どうも芳しくないようです…。

しかし、この調子では、最悪はリカバリということになりかねない。

しょうがない、説明書どおり、サポートに問い合わせるか。

ウイルスバスターお問い合わせ :サポート : トレンドマイクロ

メールなんて返事がいつ返ってくるかわからんし、電話もいつつながるか想像もつかん。
ここはいっちょ、チャットサポートかなぁ。
一応、わからないのはご自身で設定したパスワードだけですから…。

ということで、必要事項を打ち込んで、チャットサポートへ接続…っと。

チャットサポートへようこそ。

サポートエンジニアが対応させていただきますので、少々お待ちください。

サポートエンジニアxxx がセッションに参加しました!

サポートエンジニアxxx に接続しました.

サポートエンジニアxxx: 本日は、チャットサポートへお問い合わせいただきありがとうございます。
ウイルスバスタークラブセンター 華がご案内させていただきます。
本日は初めての内容のお問い合わせでしょうか。

…は?「華」さん???
ま、まさか…ここまでもがチャイナライズされてる…?
まぁ、文字だけなら、中国なまりがあってもバレないしなぁ。
それに、そういう日本人の名前がないとも言い切れないしなぁ…。

それはそれとして、とりあえず会話を続けよう。

お客様: そうです。

サポートエンジニアxxx: かしこまりました。
恐れ入りますが、パスワードを忘れましたとのことでございますが
オンラインユーザ登録のパスワードでしょうか、もしくはウイルスバスター
画面上の設定用パスワードでしょうか。(例:有害サイト規制設定時、求められるパスワード)

お客様: ウイルスバスター画面上の設定用パスワードです。

サポートエンジニアxxx: かしこまりました。少々お待ちください。

…えらくご丁寧な日本語だなぁ。

この後、OSなど環境の確認事項などのやり取りをして、出てきた答えは、

トレンドマイクロ サポートツール(TISTOOL)を使って強制削除する

でした…。

サポートツールを利用したウイルスバスター2009のアンインストール方法 :サポート : トレンドマイクロ

まぁ確かに、強制削除ツールであれば、パスワードは聞かれませんからねぇ…でも、その程度の話だったら、説明書とかに書いといて欲しいもんです…。
とはいえ、それでパスワードを突破されてたら意味ないですから、安易に書いてないということなんでしょうね。
とりあえずサイトにもサポート情報として書かれていることですので、調べればわかることではありますが、手元の説明書でそれを解説していないのは、それなりの意味がある、ということなのでしょう。

ただ、強調しておきたいのは、

単にパスワード突破目的でこの方法を使った結果については自己責任

であり、

お父さん・お母さんに怒られるから、よい子のみんなは、勝手にやっちゃダメだよ!

ということ。

このやり方では、パスワードは突破されてしまうものの、元のパスワードはわからないままであり、インストールをしなおしても、元通りにパスワードを設定しなおすことはできませんので、突破されたことは明確にバレます。

あくまで、設定した本人がパスワードを忘れた場合の措置だということです。

仮に、親がパスワードを設定してフィルターがかかった状態を、未成年の少年少女がこの方法で突破した場合、パスワードだけでなく、他のセキュリティ設定(許可サイト・許可ソフトなど)や、警告ログもクリアされて、同じ設定に戻すのに大変な手間がかかったりしますから、どんな怒られ方をされるか…。
怒られるだけならまだしも、適切な設定をせずに(最悪はアンインストール状態のままで)勝手にあちこち見に行くことでマルウェアに感染してしまったりする可能性があるわけです。
これでは、ウイルスバスターをインストールした意味がまったくないのです。

ということで、強制削除という手段がわかったのですが、サポートエンジニアからこんな言葉が。

サポートエンジニアxxx: 恐れ入りますが、再インストールの手順がご存知でしょうか。
…( ̄△ ̄;
「手順ご存知でしょうか」って…。
何度かやったことがあるのでわかります、と返したら、
サポートエンジニアxxx: かいこまりました。
…( ̄△ ̄;
やっぱり中国人ですかね…?
まぁ「が」と「は」や、「かしこ」と「かいこ」は、ローマ字打ちでのミスタッチと言えなくもないですが…。

■追記 2010/01/22
セキュリティホールmemoにてご指摘をいただきました。
チャイナライズどころか、トレンドマイクロはもともと台湾だ、と。

そうでした。ご指摘いただくまで、すっかりコロリと忘れてました(^^;
てっきり最近のデルやシマンテックの風潮と同じかと…うっかりしてました。
追記終わり。

ということで、無事アンインストール完了、再インストールのついでに2010にアップグレードしておきました。

おそらく、有害サイト設定等をいじろうとして、パスワード設定を強要されたはいいけど、お気軽に入れたパスワードをうっかり控え忘れて、そのまま記憶から消えた、というのが真相だったんでしょうね。

-----

それにしても、パスワード管理程度でこういう話はあちこちであるはずですから、正直なところ、有害サイトフィルターとかを管理するだなんて、とても追いつかないんじゃないんですかねぇ。

電気通信消費者情報コーナー 違法・有害情報対策 :総務省

フィルタリング(有害サイトアクセス制限サービス)をご存知ですか? :総務省

…これをその辺のおとーさんおかーさん方にお見せして、一体どれだけの人が、この内容を理解して、フィルタリングを実施できるのでしょう?
ほとんどの家庭が、パスワード程度の話で、今回のような顛末が関の山なのに…。

ウチでは、コドモに対しては、変なフィルタリングソフトに頼ると余計に手間が増えるので、パソコンの利用自体に制限をかけています。
使えるユーザーアカウントは制限つきアカウントですし、勝手に触ることもないようにしてあります。
そもそも、コドモに使わせるのに管理者アカウントだなんて、それ自体危険ですから。
携帯電話も料金にリミットをかけてますし、時間帯を制限しています。

まぁ「有害情報に触れないように」という趣旨にはそぐわないのかもしれませんが、「見られなければ全てよし」というわけでもないと考えています。
ウチは女の子ばかりなので、これが全ての家庭に当てはまるとは言えませんが。
それに、ここはまだまだ検討の余地のある部分だと思います。

とはいえ、そもそも、親がその辺をきちんと理解しなければならないのに、まだそういう領域に達している家庭は少ないと感じます。難しいところです。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年01月11日(月) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ソフトウェア不具合関連(設定不良), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき |

« 暖機運転の必要なパソコン。 | トップページ | DVD-RAMに書き込みができない。 »

ウィルス・スパイウェア関連」カテゴリの記事

ソフトウェアアップグレード関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール)」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(設定不良)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/47351414/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: ウイルスバスターのパスワードがわからない。:

» このプログラムがアンインストールできない トラックバック パソコンサポートブログ【便利屋ハノイ】
ウイルスバスターのパスワード設定の情報、参考にさせていただきます。 続きを読む

受信: 2010/11/03 11:37:41

コメント

今日、いつものようにこのサイトに来てみたらいきなり、Norton Internet Security 2009が「このサイトは安全ではありません」というポップアップを表示してきました。

「はて?」と思い、詳細を見てみるとこのような感じ↓
http://safeweb.norton.com/report/show?url=orbit.cocolog-nifty.com

どうやら(↓あえて最初のhは抜いています)
ttp://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2005/03/post.html
に「ウイルス」がいるということのようで、環境をすぐに戻せる仮想PCの方で恐る恐る開いてみたら本当に「Bloodhound.Exploid.6」というウイルスをノートン先生が検出しました。

とりあえず、確認をお願いします。

投稿: vektor | 2010/01/21 11:16:02

vektor さん
このブログの記事の一番上、記事タイトルの日付の上、「引き取り修理、全国対応可能です!! お問い合わせはこちら。」の下に、その件のお知らせをしています。
あまりにもまんべんなく表示してますので、見落とされてしまっているのかもしれませんが。

ちなみに、同じ件での報告多数です。
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2009/12/post-934f.html#c40811728

実際に、そのご指摘の記事のコメントにも同じことが書かれています。
ttp://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2005/03/post.html#c13882716
特定の文字列に反応しますので、コメント書き込みのプレビュー画面ですら反応してしまう始末。

当方では、ノートンの誤検出ということで確定しております。
昔から、ノートンはこの手の誤検出が多いです。
少なくとも2007年から直ってません。困ったもんです。

投稿: ささもと | 2010/01/21 12:13:54

avastにもウィルスバスターと同じように強制アンインストール
のプログラムが有ります。
avast5の正式版がリリースされたと言う事なので4.8から入れ替えました。

このブログの記事の一部がavastでも誤検出があるそうですが
遭遇した事ないので改善されたのでは・・・と思います。

投稿: | 2010/01/21 22:07:47

シマンテックに誤検出の件を、
http://safeweb.norton.com/report/show?url=orbit.cocolog-nifty.com
こちらのサイトを通じて、サイト所有者としてサイト認証を行ってから、「一定のテキストによる誤検出だ」とクレームを入れたら、もう「安全」と表示してくれました。
えらく対応が早くて驚いてます。
そんなに早いなら、もっと早く言えばよかったなぁ。

NISの誤検出も治ってくれてるといいですけどねぇ。

投稿: ささもと | 2010/01/21 23:08:12

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 暖機運転の必要なパソコン。 | トップページ | DVD-RAMに書き込みができない。 »