ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« VirusRemoval.vbsとの闘い。 | トップページ | 121ポップリンク、ついに終了!\(^o^)/ »

2010年1月21日 (木)

Yahoo!BB with フレッツ光プレミアムには気をつけろ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは、Windows7パソコンと、新規回線接続設定のお客様。
Yahoo!BBとはお聞きしてましたが…お伺いすると、なんとフレッツ光プレミアム。

西日本エリア:Yahoo! BB 光 with フレッツ :Yahoo! BB

最近、ヤフーBBは、光回線では自前の回線ではなく、フレッツ回線を利用することもあるようです。
前にもあったんですが、おそらくこの手の配線をやったことのある人でないと、絶対無理な配線です…。
その一例を、文字だけでざっくり言えば…。

  • 壁から出た電話線を2分岐し、一方を「光BBユニット」のLINEにつなぎ、もう一方をVDSLモデムに接続。
  • VDSLモデムのLAN端子と「光BBユニット」のWAN端子を接続。
  • 「光BBユニット」のLAN端子とパソコンのLAN端子を接続。
  • 「光BBユニット」のTELと電話機を接続。
…コレはBフレッツVDSLタイプで、まだ簡単なほう。
場合によっては、ひかり電話ユニットがあったりして、ここまで来ると、もう混乱の度合いは、完全に未体験ゾーンです…。

今回は、フレッツ光プレミアムですので、あらかじめあれこれつながっているわけで…ここにCTUが追加され、オマケに無線LANルーターまで追加なのです…。
いったい電話関連だけでいくつユニットがつながるんだ?という世界。

見たい件…じゃない、未体験ゾーンへようこそ。

-----

とりあえずパソコンのセットアップはそれなりにたまにクリックするとかして流しておけばいいのですが、問題は「光BBユニット」まわりの配線。
光プレミアムの場合の配線図はこんな感じ。

各種機器の接続方法 フレッツ・光プレミアムをお申し込みのお客様 :Yahoo! BB

これを見て一発で迷わず配線できる人は、100人中5人もいないでしょ…。

「光BBユニット」に添付された接続図は、Bフレッツまたは光プレミアムという分岐から始まり、ひかり電話の有無やBBフォン利用の有無で分岐され、AからGまでの7種類に。
普通の人なら、10人中少なくとも5人は、その時点で意味不明に陥るでしょう…。
さらに、複雑怪奇な、10本近くにわたる配線をこなさなければなりませんので、まず一般の人では無理ですよね…。

私はまがりなりにもプロですので、それなりに解読してそれなりに配線して、きっちりつながるようにするのが仕事ですので、ここで弱音を吐くわけにはいきませんが…経験からして理解できなくはないんですが…このメンドクサさはちょっと勘弁して欲しいものです…。
ここにこれからさらに無線LANルーターの接続まであるんですよね…。
まぁそれは後回しにしましょう。
それに、BBフォンの番号が書かれているのに、ドアホンがあったりして、電話の接続はちょっと一筋縄ではいきそうにない。これもとりあえず後回しだ。

なんとか配線をつなぎ終え、とりあえずパソコンからブラウザ表示ができるかどうかをやってみた。

…つながらない。

うーむ、なんでだ?
前は「光BBユニット」をつなぐだけだったし、YBBならADSLでもPPPoEなどの設定は、設定済みで送られて来ているので、特別何もしなくてもいいはずなんだけど…。

説明書を見ても、CTUに接続IDを入力するとかいった説明項目も図もない。

うーむむむむむむむ…。

それに、通常、光プレミアムの場合は、CTUの後段に接続するルーターはブリッジ接続が普通なのに、どうもこの「光BBユニット」経由での接続は、192.168.3.xxx という、YBBの白モデム伝統のセグメントになってます。
どうも調子が狂うなぁ。
なんか、IPv6はパススルー設定にしろとか書いてますけど、このセグメントじゃ、NTT西日本のスタートアップツールをインストールしても、CTU画面を開けないんじゃないのかなぁ…。

とりあえず、開通したばかりだし、もらってるパンフレットに挟まってたCD-ROMでスタートアップツールとかインストールしてみるか。

…やっぱりつながらない。

CTU設定画面を開くステップになっても、設定画面が開けない。
やっぱりそうだよなぁ…。

とりあえず、その辺はスルーして、セキュリティ対策ツールのインストールを試してみた。

…( ̄△ ̄;

「このOSはサポート外です」だってさ…。

そんなバカな…今日開通したばかりの回線で持ってきてもらったパンフレットのはず。
Windows7で使えなきゃ嘘でしょ…。

ということでパンフレットの日付を見てみると。

2009年10月発行です…。

Windows7は10月後半に出ましたし…ダメじゃんコレ…。

こんなこともあろうかと、手元に持っていた最新版のデータをコピーしてみたら…インストーラーのバージョンは7.2。
パンフレット付属のCD-ROMは7.1。
ダメだこりゃ…。

Windows7で使えない設定CDを置いて行くなよNTT西日本!

7.2のデータでインストールまでこぎつけられたものの、回線は接続できていないので、アップデートと利用登録ができません。
スタートアップツールも新しくなったものの、CTU画面が開けないのは同じ。

うーん、何がダメなんだろう…。

しばし悩みましたが、こういう時は、やっぱり説明書です。

改めて最初から読み返してみた。

…∑( ̄□ ̄;

か、書いてあるよ…大事なことが、メッチャちっこい字で!!

これは先に紹介した接続方法の説明ページにも書いてあります。引用してみます。

2.加入者網終端装置(CTU)とパソコンを接続
LANケーブルで、ひかり電話対応ルータのLANポートとパソコンのLANアダプタを接続します。
加入者網終端装置(CTU)の取扱説明書に従い、PPPoE機能の設定(PPPoE機能の使用を「する」に設定)を行ってください。設定が終了しましたら、加入者網終端装置(CTU)とパソコンからLANケーブルをはずしてください。
…そんな大事なことを2行程度の文字の説明でさらっと流すなバカヤロー!!!

一番大事な設定じゃないか!
これこそ図解入りできっちり書いておいてもらわないと困る部分じゃないか!!!

あまりにもさらっと流されていたので、完全に見落としてました…。

要は、YBB以外の一般的なプロバイダで言えば、CTU設定画面を開いて、接続IDを入力してCTUがプロバイダへの接続ができるよう設定するという、もっとも大事な儀式の部分。
YBBの場合は、「光BBユニット」にPPPoEの設定が組み込み済みなので、CTUにそれを通過させる設定をしてやらなければ、物理的につないだだけでは、ネット回線は開通しないのです。

よくよく思い出してみると、前回は、マンションタイプでVDSL接続のBフレッツでしたので、CTUがありませんでした。
そりゃつなぐだけでOKだったはずだよなぁ…。

ということで、CTUに設定を施したところ、問題なく接続できました。

うーむむむ…。

あとは無線LANだ。

結局はブリッジ設定でいいんだけど、設定画面のセグメントは 192.168.3.xxx にして…と。
あれこれいじくり、スイッチを切り替え、なんとか設定完了。
2回ほど再起動して、きっちりつながることを確認して、最後の説明の段になったのですが。
どうも電話との接続がうまくいかなさそうなので、BBフォンは解約しておいた方が…と言おうとしたら。

「ああ、『この辺の解約の連絡を入れておいてください』って店のヤフーの人に言われたんですが」

と見せてもらったメモには、あろうことか、解約指示の項目に、BBフォンと光BBユニットのレンタルの項目が。

要するに、今回の場合は、光BBユニットは最初から必要なかったのです…。

…ああ~最初にそれがわかっていれば…。
どうりで、ドアホンの接続とか、そのままでおいてあったはずです…。

どうやら割引などの関係で、とりあえずフルセットの契約が必要だったんでしょうけど…。
接続といい、契約といい、お客様は当然ながら全てを理解しているはずもなく、とりあえず言われたとおりに…という感じ。

…ま、まぁ、次から事前に確認すればいい、ということを学習できただけマシか。

どうせ光BBユニットは返却するので、もう外してしまいましょう。
せっかくPPPoEの設定をいじったのに、それを元に戻し、改めていつもどおりのCTU接続設定をやり直して、無線LANの設定画面セグメントの設定をやり直して、改めて接続できることを確認して、なんとかOKです。
当然ながら、スタートアップツールからCTU設定画面も出てきます。そう、こうでないとねぇ。

結論:
Yahoo!BB with フレッツ光プレミアムには気をつけろ。

って、タイトルどおりですが…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年01月21日(木) ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(有線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき |

« VirusRemoval.vbsとの闘い。 | トップページ | 121ポップリンク、ついに終了!\(^o^)/ »

ソフトウェア不具合関連(設定不良)」カテゴリの記事

ネットにつながらない・遅い」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(有線LAN)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/47413952/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: Yahoo!BB with フレッツ光プレミアムには気をつけろ。:

コメント

YBBのADSLや光の設定をメインにやっていますが、フレッツがからむと非常にめんどくさいです。
フレッツの種類(Bフレッツ・プレミアム・ネクスト)、マンションタイプ・ファミリータイプの違い、VDSL・ひかり配線・LAN配線方式の違い、ひかり電話の有無、BBフォンの有無などの組み合わせで接続パターンがかなりあります。
かれこれ100件以上の設定をしてきたので、どのパターンでも迷うことはなくなりましたが。
豆知識ですが、BBフォンを利用される場合BBユニットの市外局番の設定をしておかないと、市内通話にも市外局番が必要になります。設定後、市内通話ができないとクレームにならないようお気を付けください。

投稿: shara | 2010/01/29 15:30:10

いつも楽しく拝見させていただいております。
フレッツプレミアムの場合、CTUにプロバイダの情報を登録するのであれば簡単ですが、CTU配下にルータを配置させる場合は、今回の記事の通り「PPPoE機能を使用する」に設定しないと、ルータ側のPPPoEが使用できません。
これは、Yahooに限った話ではなく、CTU配下にルータを設置する場合では全てに当てはまります。
私も一度プレミアムによる設定で、かなりはまってしまった経験があります。

投稿: debring | 2010/01/29 17:42:38

ちなみに、
SBB携帯とBBフォンでの無料通話が必要な人には、光BBユニットが必須となります。
それと、光BBユニットで「IPv6はパススルー設定」をしないと、セキュリティツールが正常に動作しません。

投稿: K | 2010/01/30 18:20:49

Yahoo!BB with フレッツ光ということで、この無線LANパックもくせものです。
問題なく無線できるものもありますが、内臓無線やキャンペーン提供品でついてくる子機でつながらないと言うことが多いようです。
具体的にはSSIDは検出できるがつながらない、SSIDがみつからず手動で接続してもつながらない、
暗号をWEPにしてもつながらないというもので、私の場合、マルチSSID・WEPの設定でなんとか接続できています。
ただ、マルチSSIDを設定すると、もとのSSIDでの接続も切断されることがあるようです。

投稿: JJ | 2010/01/30 22:29:03

shara さん
市外局番…これも設定手順書にきちんと書いておいて欲しい事柄ですよね。
でも、最近は、変な市外局番があるんですよねぇ。
同じ市外局番なのに市外とか。
ウチの近所では、079-4xxと0794-xxとか、0796あたりとか。
まぁ、個人的には、ケータイを使う関係上、市外局番を省略するかけ方自体しなくなりましたけどね。
とはいえ、ケータイを持たない人とか、市内にしか電話しない人とかだと、この辺は致命的ですね。

debring さん
光プレミアムでCTU配下にルーターを入れるという使い方をすると、かなり面倒になるので、私は、よほどのことがない限りやりません。
何も知らない初心者にそういう環境をリリースすると、何かと後を引くことになりますので。
他の人が触れないような状態には、なるべくしないのが吉です。

K さん
まぁBBフォンはYBB提供のユニットがなければ使えませんので当然といえば当然ですよね。
ただ、私の経験上、IPv6パススルーは、やってなかったとしても、セキュリティ対策ツールは「使えない」わけではありません。どうしたわけか、うっかりパススルーし忘れた時に限って、アップデートできないという事態に陥ったことがありません。なんでですかね?
しかし、ガチガチにBBフォン仕様の配線にしておいて、光BBユニットのレンタルを解約すると、素人では手におえないような気がします。
配線を正常なものにして、CTUの設定を正しく書き換えて…って絶対無理。

JJ さん
なんかそうらしいですね。
それにしても、キャンペーン提供品(=純正品)でつながらないってのはどうかと思いますけどねぇ…。
そういえば、光BBユニットは「Wi-Fi」認定されてるんでしょうかねぇ?
今時「未認定」とか、それはないだろうって感じですけどね…。
今度見かけたら確認しておこう。

投稿: ささもと | 2010/01/31 20:26:19

ntt西日本のスタートアップツールはWindowsXPMCEにも対応してないんだぜ…

投稿: しゅがあ | 2010/02/04 8:35:35

すごくためになりました。私もYahoo光ユニットに泣かされ
「光ユニットってそもそも必要?」とまで考えていました。
PPPoEのくだりを呼んで目からうろこでした!!!
サポートセンターに電話する前に解決できて嬉しいです!
ありがとうございました!!!

投稿: インタネット | 2010/03/02 23:33:39

貴重な情報、ありがとうございます!!
先日、YahooBB!光Withフレッツに変更したのですが、繋がりませんでした。
仕方がないので、CTUに直接LANケーブルを挿すと、何の問題もなく繋がりましたが、光BBユニットに繋いだ時とIPアドレスのサブネットも違うし、光BBユニットって一体全体なんだろう???と訳がわからなくなっていました。
元々、光BBユニットが送られてきたときに接続図を見て、BBフォンを申し込んでいないのに、何で光BBユニットが必要なのか、疑問に思っていました。その時点では、CTUがただのルータで、光BBユニットがただのHUBになるのかと想像していたんですが・・・。しかも、申し込んでいないBBフォンの説明書も付いてきてるし、どれだけ混乱させる気なんでしょうか?
とにかく、これ以上悩まずに済んで、助かりました。ありがとうございます!

投稿: きー | 2010/03/29 23:25:02

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« VirusRemoval.vbsとの闘い。 | トップページ | 121ポップリンク、ついに終了!\(^o^)/ »