ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« Acrobat JavaScriptはOFFにしましょう。 | トップページ | McAfee Security Scan Plusとは? »

2010年3月19日 (金)

無線LAN追加設定のトラップ。またまたまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらはWindows7のノートパソコンでの新規設定でお伺いした際の話。

お客様はすでにフレッツ光プレミアムで、coregaの無線ルーターで無線LAN環境があり、追加でWindows7のパソコンをご購入、という形。
うーん、NTTからタダでもらった無線ルーターだとしたら、またいずれ壊れはしないかと不安なんですけどね…。

まぁとりあえず、例によって箱からパソコンを取り出してセットアップを始めたわけですが…。

…無線LANとかプロバイダの設定情報の書類はありますか?

とお聞きしてみたら、

「んーと、プロバイダの書類はここにあると思いますが、無線LAN…は…どんなのですかね?」

…無線は設定した人が残してくれてたら、手書きのメモっぽいのがあるはずですが…。

「えーと、そんなのあったかなー…。ごそごそ」

といったいつもの風景を展開しながら、Windowsの初期セットアップは終わり、仕方がないのでとりあえず有線でつないで設定を探ることになるわけですが…。

-----

フレッツ光プレミアムは、192.168.24.***のセグメントでIPアドレスが割り振られています。
無線ルーターの後段にLANケーブルを接続してみて、同じセグメントであればブリッジ設定です。
とはいえ、光プレミアムのCTUからの接続がWAN側につながっていなければ、間違いなくブリッジ設定です。
今回はWAN側につながっていなかったので、見事にそれでしたが。

さて、このタイプのブリッジ設定は、LAN側のDHCPをOFFにすることでブリッジ化しているわけですが、固定IPの設定は手動で適当に決めるタイプが従来の基本でした(最近は自動取得とか自動で一定のIPアドレスにするとかいろいろです)ので、設定済みのIPアドレスがわからないとお手上げです。

お客様はまだ家捜しされてますので、とりあえず思い当たるアドレスを順番に打つしかなさそうですね…。

ということで、192.168.24.100はどうだ………見事ビンゴ(笑)。
一発であたるとは思いませんでしたが。

「あったあった、これじゃないですかね?」

…ああ、それですそれです。
何度か見かける、例の業者の無線設定メモ用紙です…。

ああ、やっぱりアドレスが書いてある。もう数秒早ければなぁ。

で、一応WEPキーは書いてありましたので、ルーターの設定画面はおいといて、無線親機の一覧から、見えているここの親機のSSID「corega」を選択して、メモの通りぽちぽちと入力。

……

………つながりません。

アクセサリからメモ帳を開き、手元のメモどおりに打ち込みなおしてコピーして、SSIDを選択したところのセキュリティ欄に貼り付けましたが同じ。

うーむ。

ふと見ると、WEPキーという項目名の隣に、なんか走り書きで「a」とかに見える文字が…。

ま、まさか…。

パソコンの説明書を開き、仕様の書いてあるページを探してみたら…あったあった。

IEEE 802.11b/g/n 準拠

…( ̄△ ̄;

や、やっぱり…。11aは無いのね…。

最近の子機は、11n対応が増えましたが、11a対応はないものが多いです。
対応してなければ、当然ながらつながりようがない。
どうやら既存のパソコンは、11aでつながっているということらしい。
でも、「corega」ってSSIDは見えてますし、受信強度もかなり強力ですので…。

まさか…。

まだ有線でつないでますので、無線ルーターの設定画面を改めて開いてみたら…やっぱり。

ルーターは11g/11a 同時両対応です…。

それも、別々のSSIDが設定できるのに、11g/11a 両方とも同じSSIDです…。
ま、紛らわしい…。
あろうことか、11g/11a それぞれのWEPキーは同じキーではありません。なんでこっちだけ変えてあんねんな…。

設定画面から11gのWEPキーを拾い出し、改めてセキュリティ欄に入力してみたら…つながった。
ま、まぁつながったからよしとしましょうか…。

今回は、SSID隠蔽(ステルス)もMACアドレスフィルターもありませんでした。
この業者、大手のはずなのに、なんかチグハグだなぁ…。

本来なら、WPA/PSKのTKIPとかAESとかに変更したりするところなんですが、もう一台もいじる必要もあり、料金が上がるので、お客様的には「とりあえずそのままで」とのこと。
一応、危険性などを説明したら、「いずれパソコンが追加になるかも知れませんから、またその時にでもルーターと一緒に買い換えとか考えます」とのことなので、とりあえず今回書かれていなかった11gのWEPキーを書き足して今回は完了となりました。

なんだかなー…あのまま設定の紙が出てこなかった方がすんなり終わってたはずってのが…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年03月19日(金) ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 日記・コラム・つぶやき |

« Acrobat JavaScriptはOFFにしましょう。 | トップページ | McAfee Security Scan Plusとは? »

ソフトウェア不具合関連(設定不良)」カテゴリの記事

ネットにつながらない・遅い」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(無線LAN)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

初期セットアップ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/48037705/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 無線LAN追加設定のトラップ。またまたまた。:

コメント

正にこの前同じ状況に遭遇しました。
国内大手メーカーのノートPC。お値打ちラインは無線LANまでケチってるようです。
ノートPCを助手席に乗せて、町内一周してみるとおびただしい数の無線親機が見つかります。チャンネルは被りまくり。
このような状況で、11gの11nで高速無線接続をうたわれてもなぁ…。

家電張りの見た目の華やかさや、プリインストールソフトの多さを前面に出すより、見た目地味でも、こういうところにコストを割いたモデルも併売してほしい。

DELLにお客取られますよ。

投稿: こた | 2010/04/09 14:25:02

でも「11g/11a 同時両対応」は、不幸中の幸いでしたね。
これで、親機が「11g/11a 切り替え式」、
既存PCのカード子機が「11a専用」(あんまり無いか)だったりしたら・・・

悲しいけど、これ「g」なのよね・・・

投稿: ゆうなのだんな | 2010/04/09 22:01:50

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« Acrobat JavaScriptはOFFにしましょう。 | トップページ | McAfee Security Scan Plusとは? »