ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« Yahoo!掲示板が使えない。 | トップページ | これは「対岸の火事」ではなく…。 »

2010年4月15日 (木)

STOP: 0x0000007Bでまた「DELLトラップ」…かと思いきや!

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは知り合いからのヘルプコール。4月12日のお昼の話。

「こないだ買ったDELLのXPノートが立ち上がらなくなった。何度やってもブルーの画面で…」

パソコンは、Dell Vostro 1510という、XPプリインストールのノートパソコン。
セットアップ作業も当方でさせてもらったものです。

「立ち上がらなくなった」という現象事態は、まぁない話ではないわけではありますが、

ブルーの画面の詳細がわからなければ対処のしようがない。

ブルー画面で止まるなら、基本的にはSTOPエラーなので、エラーコードがわかればある程度の対処の予想はつきますし、ダメかどうか、それともがんばって対処する価値があるかどうか、の判断ができます。

電話をもらったときは、「出先なので画面が確認できない」とのことで、とりあえず時間が取れた夕方に行くことに。

※当ブログは「事例」として記録しておりますが、個人情報保護の観点から、通常は日付を変更し、内容を公開用にアレンジして、第三者から個人を特定しにくいように書いております。しかし、今回のように日付が重要な意味を持つ場合もありますので、その日付で公開することもあります。公開日付ではなく過去日付で公開するのは、そういう理由ですので、あらかじめご了承願います。

-----

お伺いしてさっそく現象確認。

STOP: 0x0000007B

A problem has been detected and Windows has been shut down to prevent damage to your computer.
If this is the first time you've seen this Stop error screen,restart your computer. If this screen appears again, follow these steps:

Check for viruses on your computer. Remove any newly installed hard drives or hard drive controllers. Check your hard drive to make sure it is properly configured and terminated.
Run CHKDSK /F to check for hard drive corruption, and then restert your computer.

Technical information:

*** STOP: 0x0000007B (0xBACCF524,0xC0000034,0x00000000,0x00000000)


うーむむむむむ…。

「昨日は別に何か特別なことをしたわけでもなく、普通にシャットダウンしただけなんだけど、今朝起動したらコレなんだよね」

まぁ、皆さん同じことをおっしゃるのですが、パソコンとはそういうものなんですよね。
Windows自身の更新や、ウイルス対策などインストール済みのソフトの更新など、毎日状態は変わるので、人間が特別何かをしてなくても、トラブルを引いてしまう時は引いてしまうんですよね…。
まぁそれはそれ。
今はとにかく、この状況を打開しなければなりません。

とりあえず、STOPエラーのコードは「0x0000007B」と判明しましたので、その情報を探ってみます。

Windows XP における "STOP 0x0000007B" エラーのトラブルシューティング方法 :マイクロソフトサポートオンライン

…うーむ。
なんか見覚えがあるような…。

2008年9月18日 (木) DELLトラップ。

…ああ、そうそう。コレだよコレ。
でもなぁ。
アレは、パソコンのデフォルト設定がコンセントを抜いたことで復活して発生した、という古いパソコン特有の症状。
今回は買ったばかりのノートパソコンだし、コンセントを抜いたわけでもなし。

とりあえず、セーフモード起動しても同じだし、回復コンソールからCHKDSKでも試してみるか。

XPのセットアップ用CD-ROMをセットして、回復コンソールを起動しようとしたら。

Img004

Windows XP Professional セットアップ
=====================================

コンピュータにハード ディスク ドライブがインストールされていませんでした。

ハード ディスク ドライブの電源が入っていて、コンピュータに正しく接続されていることを確認してください。ハード ディスクに関連するハードウェア構成が正しいことも確認してください。必要に応じて、製造元の診断プログラムまたはセットアップ プログラムを実行してください。

セットアップを続行できません。セットアップを終了するには、F3 キーを押してください。


…うーむむむむむむ。
これはやっぱり…。

再起動して、BIOSの設定を確認してみたら。

SATA AHCI Controller Mode が AHCI に

∑( ̄□ ̄;
SATA AHCI Controller Mode が AHCI に!!!

スペースキーを押すと項目が変化しますので、変更してみました。

「AHCI」ではなく「ATA」に変更したところ、見事に起動するようになりました。

確認の意味で、再度「ATA」ではなく「AHCI」に変更したところ、また同じ現象。
これはどうやら「ATA」のままが正解のようです。

ついでなのでAdobe関連の更新や、以前記事にしたAcrobat JavaScriptをOFFにするなどして、何度か再起動を繰り返し、動作を確認して完了です。

「うーん、なんだってこんなところの設定が書き換わってしまうんだろう?」

…ちょっと今のところはなんとも言えませんが、あまり続くようだとDELLに問い合わせた方がいいのかも。

てな感じで12日の晩は作業完了。

-----

しかし、その後日。
原因は、実に意外なところでした。
Twitterでお付き合いさせていただいているルキテックさんからの情報。

ウイルスセキュリティでSTOP:0x0000007Bエラー:2010年04月14日 :Rukitech サポート修理日誌

∑( ̄□ ̄;

症状から機種から全て同じ!

ウイルスセキュリティZEROがやらかしてくれたようです…。

ウイルスセキュリティをお使いのお客様へ 重要なお知らせ  2010.4.13 :ソースネクスト サポートページ

この現象が起こる条件
インテル製のチップセットを搭載し、Intel Matrix Storage Manager driver(AHCI driver) のごく一部のバージョンを使用しているパソコンを、2010年4月10日(土)14:00頃 ~ 12日(月)14:00頃 に使用し、かつ、12日(月)24:00頃までにWindowsをシャットダウンした場合にのみ起こります。
現象の詳細と原因
該当期間中の自動アップデート後、ウイルスセキュリティが上記のドライバをウイルスとして誤検知し、次回起動時にドライバを削除するために、パソコンが起動しなくなります。
■誤検知が発生していたウイルスセキュリティのバージョン
  プログラムバージョン:10.0.0056
  定義ファイルバージョン:9.29.533および9.29.535
  以降のバージョンでは起こりません。
…( ̄△ ̄;

情報を公開してくれているのはいいのですが、パソコンが起動できなければ、この情報も読めません…。

デルはかなりあおりを食ったようです…。

「Stopエラー 0x0000007B」に関するご注意 2010年4月12日 :デル サポートニュース

今回はソースネクストの誤検出が原因なんですから、何らかの広報手段をとるべきじゃないかとは思うんですが…。
おそらく、ウイルスセキュリティZERO自体は、基本的には業務使用を推奨していない「一般家庭向け」ソフトなので、

2005年4月24日 (日) ウィルスバスター騒動。
2005年4月25日 (月) ウィルスバスター騒動。その2

この時ほどの規模の大騒ぎになっていないので、マスコミも取り合わないのでしょう。
ユーザー個別に対して連絡ぐらいするべきじゃないかと思うんですが、どうなんでしょうね。

-----

誤解がないように申し上げておきますが、私はソースネクストの回し者ではありませんので、ソースネクストの擁護をするわけではありません。

これでソースネクストの信頼が落ちるのは、自業自得で仕方がないと思うのですが、

ソースネクストなんて情弱(情報弱者)が使うものだ!

○○を使っている情強(情報強者?)の俺にスキはなかった

とか、某巨大掲示板やTwitterなどでは、こういったかなり痛い勘違い発言をされる方も目立ちます。

この事件での本当のポイントは、

どこのウイルス対策ソフトであろうと誤検出や誤動作で一発アウトの危険性に常に晒されている

ということ。
ウイルスバスターだって、先に挙げた記事のように、世間を大騒ぎさせたこともあるわけですし、ノートン先生にいたっては、

2010年2月 3日 (水) Windowsロゴが出た後、真っ黒の画面にマウスカーソルが…ない?

検出はしたものの、駆除ミスで起動できなくなるというチョンボをやらかしてくれます。
その他、Word/Excelが使えなくなるというトラブルも。

2007年2月 2日 (金) ファイル ××× は使用できません。解決編

ノートンに関しては、おそらく地味に埋もれているだけで、それなりの件数はあるはずです。

カスペルスキーに至っては、ヒューリスティックの名の下に、ブログ記事などの特定文字列への過剰反応がなかなか治らなかったりしますし。

検出率がどうとか言う人もいまだにいるようですが、

結局は家の戸締りとレベルは同じ

なので、

ウイルス対策を実施して「いる」か「いない」かの意識の問題

なのです。

とあるお客様で、エントランスのオートロックから各部屋の玄関の鍵から全て指の静脈認証のみで運用しているマンションにお伺いしたことがあります。

2006年9月 9日 (土) 人体認証。

認証システムに頼り切ってしまうと、確かに侵入者にとって脅威ではありますが、何かシステムに問題が発生した際には、自分の家ですら入る手段がなくなる、という諸刃の剣でもあるわけです…。

まぁ、先に挙げた「情強」を自称する人は、もちろん静脈認証キーのお宅にお住まいなんでしょうけど…。
まさか、パソコンに関してはそれだけの大口を叩いておきながら、窓ガラスは対策無しのペラペラの1枚ガラスで、玄関はピッキング非対応のキーのみで、セ○ムやALS○Kも導入してない、なんてことはありませんよね…。

強力なのがお好きであれば、コレでもいいでしょうし、従来どおりのピッキング対応ディンプルキーでのオートロックでいい、という人ならそれでいいでしょうし、中には「ウチなんて誰も狙わないよ」と一戸建てでも昔ながらのピッキング非対応シリンダーキーの人や、「玄関の鍵はかけない」という方もおられます。

一般の人のセキュリティ意識なんて、その程度のものです。
その辺は、人それぞれ。
セキュリティ意識が高いなら、それなりの鍵を導入すればいいのですし、「そこそこでいいや」という人には、それなりの鍵を導入すればいいだけ。

しかし、強力な鍵があれば「絶対に侵入されない!」と100%言い切れるわけではなく、必ずそれなりの「穴」はあります。
それを踏まえたうえで、各自でセキュリティを考えるべきこと。

-----

それらを踏まえた上で、ウチがウイルスセキュリティZEROをおススメしているのは、検出率などという目先の話ではなく、それなりの理由があります。
その辺に関しては、また改めて記事にさせていただきます。

とはいえ、この手のチョンボがまたすぐ発生するようでは、ちょっと考え直さなければなりません。
私の考えているウイルスセキュリティZEROの優位性は、そろそろ別のソフトに取って代わられつつありますので。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年04月15日(木) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ソフトウェア不具合関連(設定不良), ニュース, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い |

« Yahoo!掲示板が使えない。 | トップページ | これは「対岸の火事」ではなく…。 »

ウィルス・スパイウェア関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール)」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(設定不良)」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(ハードディスク)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/48106007/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: STOP: 0x0000007Bでまた「DELLトラップ」…かと思いきや!:

» バグは当然あるモノと思え! トラックバック MCDSTのてくにかる雑記帳
こんばんは。 本題は、後で書きますが、いつも参考にさせてもらっているオフィス・オービット様の「パソコントラブル出張修理・サポート日記」の件です。 既報の通り、ソースネクストのウイルスセキュリティZEROがIntel Matrix Storage Managerのコンポーネントを消してしまうバグが確認され、修正方法が報告されています。 起動できなくなるほどの障害でしたから、AHCIドライバの「iastor.sys」がウイルス(ないしルートキット)として誤認したものと思われま... 続きを読む

受信: 2010/04/17 21:23:16

コメント

へーこんなこともあるんですねー。

ウィルス対策ソフトの誤動作で特定のアプリケーションが動かなくなったりといったことは何度もありますね…。
ついこないだもNOD32でやられましたし。

もう、なんでもいいから使用者にストレスがない対策ってないんでしょうかねぇ。

ウィルス対策ソフトなんて入れないのが一番という意見も分かる気がしてくる(笑)

ウィルス対策ソフトに関しての記事を楽しみにしています。

投稿: kkzt | 2010/04/17 12:27:51

そのうちMSEに取って代わられちゃうんじゃないでしょうか。

投稿: ウワーン | 2010/04/17 17:34:42

お疲れ様です

なんということか、筆不精のσ(・ω・)までTwitterに手を出してしまいました。別に悪いこっちゃないんですがw
最近になってやっとTwitterのいい点がわかりました。まぁ、いろいろあるんでしょうけど。
個人情報を公開せずほぼリアルタイムで情報交換できるのは便利。
怪しい、ウザいツイートはフォロワーからブロックしてしまえばいい。
基本は一人つぶやきであると認識して使っていれば有意義ですね。
もちろんお礼や意見の返信、それを他人に見せたくない場合のダイレクトと、使えば便利だと、やっと気づきましたw

話がどっかへそれましたが(w)、4/12にくらったのが先日書き込まれていた件だったんですね。
自作のパソコンではたまにAHCIやIDE設定の話は聞くんですが、DELLでは初耳、というかZEROのトラップとは当時は思いもよらなかったでしょうねw
今は修正用のISOファイルが公開されていますが、さてこれを使える人がどれだけいるのか…。
念のためにCDに焼いてかばんに入れておきました。また厚みがorz

投稿: kei | 2010/04/17 18:50:18

「かなり痛い勘違い発言」と書いておられますが、ASK..JPに事実上サポート丸投げしているような「有料」ソフトですしねぇ、、、。
私の知っている方のクライアントも入れているんですが、特にトラブったという話も聞きませんから、問題のあったタイミングでシャットダウンしなかったみたいです。

投稿: おんでまんど | 2010/04/20 16:37:52

5年前のウィルスバスターの 「594事件」、思い出しました。
懐かしいですね(笑)
このトラブルも、土曜の朝にパターンファイル更新したがために罠にはまったんですよね。
当時在籍していた会社で、このトラブル対応でてんてこ舞いになってた事を覚えています。
今回も土曜のパターンファイル更新で…、
って、たまたまなんでしょうね (^-^;

投稿: けんけんじ | 2010/04/20 17:27:04

おんでまんど さん

サポート丸投げとか関係ありませんけど…。
「痛い勘違い」の意味を汲み取っていただけてないように思えます。

何度でも繰り返しますが、こういう事件に関して私はソースネクストの擁護などしません。この手のソフトはそういうものであり、ソースネクストに限った話ではありません。

ただ、「痛い勘違い」発言をしている自称「情強」さんは、他のソフトの不具合まですべて見てるのか?ということ。
ソースネクストだけ叩いたって意味がない。
過去の不具合が怖いなら、どこのソフトも使えません。
不具合がないソフトだからといって、未来永劫不具合がないという保証もありません。

それと、パソコンのセキュリティでそこまで言う人が、家のセキュリティを同程度に考えてるかどうかは、かなり疑問ですね。
自宅マンションがオートロックだという程度でそこまで言えるとすれば、ちょっと考えを改めて欲しいと思ってます。

投稿: ささもと | 2010/04/21 9:39:01

また、似たような事起こりましたね
「McAfeeのウイルス定義ファイルで障害発生、Windowsファイルを誤認識」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1004/22/news020.html

まあ、どのソフトでもこのような事は起こる可能性はありますからね、もしかすると明日、MSEでも起こるかもしれないですしね。

投稿: 槍 | 2010/04/22 13:58:31

お疲れ様です。

う~ん…以前からの記事を読めば、ささもとさんがノートンでもウイルスバスターでも様々なトラブルがあり、それに対処してこられた事はわかっておりますので、
「どうせ何入れてもトラブルになるなら何入れても一緒や!」
という事で、安価なウイルスセキュリティZEROをお勧めしているだけなんじゃないかな~、と思ってました(間違ってますよね、すみません)。

ですがウイルスセキュリティZEROの不具合があるたびに、まるでここがソースネクストの苦情係のように誰かが一言コメント、それに対応されるささもとさん…過去ログ読めや!といつも思ってしまいます。

私はウイルスセキュリティZEROは結構お客様宅でお薦めする事は多いです。やはりソフト代+作業料で言えば安価ですし、無料ソフトだと作業料のみ請求すると大抵お客様は
「ソフトは無料なのに…」
といい顔は決してなさいませんしね。
そのあたり、「仕事」と「趣味」との違いをわかっていただければいいんですが…。

投稿: DISPLAYS | 2010/04/22 23:59:40

私も今回と同じことが今週ありました。
会社のレンタルパソコンで、アップデート指示があり実施したところ、このメッセージがでて、起動できません。焦りました。

BIOSの確認はしましたが、見てもよくわかりませんでした。

もう少し早くこの記事が出ていたらと思います。
昨日、新規のパソコンが届きました。
これから、設定と思うと........

投稿: 小鉄 | 2010/05/19 5:28:24

本日、LenovoX61のHDDを交換して再インストールしようとしたところ、
このstop 0x00000007bエラーが出ました・・・・

案の定、やはりBIOSがAHCIモードになっており
ATA用のモードに切り替えたら正常動作しました。

HDD自体はまったく同じ型番でしたが、そんなこともあるとご報告まで。

投稿: とみぃ | 2010/12/08 12:00:05

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« Yahoo!掲示板が使えない。 | トップページ | これは「対岸の火事」ではなく…。 »