ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 旧dionユーザーの設定はどうすれば… | トップページ | セキュリティ対策ツールがユーザー登録できないのはなぜ? »

2010年5月 7日 (金)

メールが使えない理由は…。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは「メールが使えない」とのお客様。
マカフィーがどうとか状況をお伝えいただくものの、やはり「初心者」を自称される方ですので、やはり要領を得ない。
ある程度の情報はもらえたものの、やはり現地できちんと状態を把握しないと治せないのは同じ。

でも、こうして要領を得ないながらも事前にある程度の情報をもらえるのはありがたいこと。
ある程度の情報でも、あるとないとでは解決にたどり着く時間が劇的に変わる場合があるからです。

ということでお伺い。

…確かにメールが使えない。
OutlookExpressを起動しても全然反応がないから。そりゃダメだわ。

タスクマネージャを起動すると、msimn.exe が100%近く消費してる。
うーむ、なんじゃこりゃ?

「マカフィーがアンインストールできないんだけど、それが関係してる?」

お客様はどうしてもそこが気になるらしいんだけど、どうかなぁこれは…。

-----

お客様のパソコンは、NECのデスクトップで、SP2が出始めの頃のもので、もともと256MBしか搭載されてないタイプ。
この頃のNECは、標準でマカフィーを搭載しており、動作が重いことこの上ないものでした。
こちらはメモリ増設済みでしたが、よくよく確認してみたら、

2007年9月24日 (月) メモリを増設したのに速くならない。

こちらと同じく、増設後の仮想メモリの設定が不適切。
適切な設定に変更したらかなり速くなりました…。

しかし、購入後からリカバリを1回やった程度で、マカフィーは放置状態。
ちょっと前にフレッツ光に変更したときに、不幸にも接続サービスで来た業者が外すのにしくじったらしく、責任範囲の問題でそのまま放置されたらしいのです…。
確かに、コントロールパネルからアンインストールしようとしたら、失敗してしまう。
おいおい、責任範囲は確かにあるんだろうけど、マカフィーは削除ツールがあるんだから、それぐらいやってやれよ…。

ということで、MCPR(McAfee Consumer Product Removal tool)をダウンロードして削除。
あっさり外れてくれました。

しかし、意外にも、OutlookExpressの動作異常は改善されず。
うーむ、マカフィーのせいじゃなかったか…。

いろいろ調べていて、ふと気になったのは、メッセージファイルの破損。
お聞きしてみると、受信トレイにはそこそこの数のメールがあるらしい。
とりあえず、OutlookExpressを終了(タスクマネージャから強制的にmsimn.exeを終了)させ、「受信トレイ.dbx」などのdbxファイルを探し出して、とりあえずいったんゴミ箱へポイ。
※dbxファイルは、OutlookExpress内の各フォルダごとに構成されるファイル。

そして再度OutlookExpressを起動してみたら…。

何の問題もなく起動しました。

受信動作は全く問題なし。

とりあえずゴミ箱へポイしたdbxファイルを、新しく用意したフォルダへいったん出してきて、メッセージをインポートしようとしたら…。

「受信トレイ.dbx」をインポートしようとすると、すぐに固まります…。

や、やっぱり…。

どうやらdbxファイルが壊れていたのが原因のようです。

残念ながら受信トレイの中身は全滅ということになりましたが、「ああ、いいよ、それほど置いておきたいメールもないから」と言っていただけたのは不幸中の幸い。

で、メールの送信チェックをしてみたら…やっぱり送信できない。

アカウント設定を調べてみたら…送信ポートが25番のまま。

ああ、これは、送信認証の設定をしてやればいけるはず。

送信認証のない、何年も昔のメール設定のままで使い続けていると、何の前触れもなく、ある日突然送信ができなくなるという現象が、最近はあちこちで頻発しています。
以前から「25番ポートは使えなくなる」というアナウンスはされていたものの、どこのプロバイダも、一斉に使えなくせずに、徐々にやっているという雰囲気です。
まぁ一斉にやると「サポートセンターが大混乱になるから」でしょうけど。

ということで、例によってプロバイダのメール設定ページを参考に、送信サーバー・送信認証・送信ポートの設定変更。
別ドメインへのメール送信と返信を行い、無事送受信が完了することを確認。

これで基本的な部分は完了。
この辺で問題ないことを確認した上で、フレッツ光のセキュリティ対策ツールをインストールし、あらためてメール送受信の確認をして完了です。

まぁしかし、あの当時に超重量級で悩まされたマカフィーさんにまた絡まれるとは重いも…いや(笑)思いもしませんでした。
まぁメールに関しては、おそらく無関係だろうとは思うのですが…ねぇ。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年05月07日(金) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, メール送受信関連, 日記・コラム・つぶやき |

« 旧dionユーザーの設定はどうすれば… | トップページ | セキュリティ対策ツールがユーザー登録できないのはなぜ? »

ウィルス・スパイウェア関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる」カテゴリの記事

メール送受信関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/48492921/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: メールが使えない理由は…。:

コメント

OutlookExpressの.dbxファイルが壊れたときはDbxRescueでかなり救出できますよ。
時間かかるのが欠点ですが・・・

http://www.geocities.jp/zzuketta/

投稿: mitsuba | 2010/05/31 12:51:01

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 旧dionユーザーの設定はどうすれば… | トップページ | セキュリティ対策ツールがユーザー登録できないのはなぜ? »