ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« メールが使えない理由は…。 | トップページ | Yahoo!BB with フレッツ光ネクストには気をつけろ。 »

2010年5月 9日 (日)

セキュリティ対策ツールがユーザー登録できないのはなぜ?

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは「ウイルス対策がうまくインストールできないので何とかして欲しい」というお客様。
よくよく聞くと、フレッツ光プレミアムに付属の「セキュリティ対策ツール」がインストールできない、とのこと。
パソコンは、WindowsXPのデスクトップ機。

そういう話はNTTに聞いてもらった方が…とは思いつつ、ネットもメールもできるなら、おそらく回線に問題はないだろうからパソコン側の問題なんだろうな、と思い、とにかくお伺いです。

お伺いしてみて、パソコンの状態を確認。
…どうやらスタートアップツールやらセキュリティ対策ツールやらはインストールされているようですが…。
問題のセキュリティ対策ツールを起動してみると。

セキュリティ対策ツール オンラインユーザ登録が行なえませんでした

オンラインユーザ登録が行なえませんでした
ネットワーク接続を利用できる状態で、再度オンラインユーザ登録を実施してください。
…だそうです。

うーん、そう言われてもなぁ。
メールもWebも問題ないし…。

とはいえ、ここでユーザー登録ができない限り、新しいパターンファイルのダウンロードができません。
つまり、インストールされている意味がありません。

ということで、何とかしてみるべく、調査開始です。

-----

とりあえずNTT西日本のサイトから、最新版のインストーラーをダウンロードしなおし、インストールのやり直しをしてみるものの、状況は変わらず。
なんかプロキシサーバーの設定がどうとか書いてありますが、そんなものは最初からかけていません。
なんなんだ一体…。

ここでピンと来たのは、やはりIPv6関連。
こちらのお客様の環境は、ちょっと古めの無線LANでの環境。
無線の親機は、NEC Aterm PA-WR6600H。
うーむむむむ…これはもしかして…。

おそらく、IPv6ブリッジの設定がかかっていない可能性が濃厚です。

とにかく、無線ルーターの設定画面を開いてみなければ。

パソコンのIPアドレスを確認してみたら…「192.168.24.xxx」ということは、どうやら無線ルーターはブリッジ設定だ。
じゃ、ルーター自身のIPアドレスは…思い当たるIPアドレスを打ってみるものの、全然ヒットしません。
お客様に、光ファイバの接続設定をしてもらった時の設定者のメモがないか探してもらいながら、あれこれ探ってみます。
説明書どおりに「192.168.0.210」にでもしてあるかと思い、パソコンのIPアドレスを「192.168.0.xxx」に固定にして、「192.168.0.xxx」のIPアドレスをあれこれ探ってみるも、やはりダメ。
そうこうしているうちに、設定者のメモが出てきました。
書いてあるIPアドレスは、「192.168.24.xxx」。私の打ったIPアドレスになかったもの。うーん…もっと早く出てくれば…。

設定画面はなんとか開けたものの、どこにもIPv6の設定は見当たらない。
うーむ、これはまさか…。

WR6600Hの情報を検索してみる。

Aterm WR6600H ソフトウェアダウンロード :AtermStation

…えーと、なになに…。

ファームウェア Ver8.72で「IPv6ブリッジ機能」に対応しました、とな。

設定画面から確認できるファームウェアバージョンは…「Ver8.2c」。
あきませんがな…。

じゃ早速8.72へバージョンアップ…と思いきや。
バージョンアップ手順をよくよく読んでみると…。

※Ver8.2cのファームウェアから「WR6600H_872b2.bin」を選択して「更新」をクリックしても、バージョンアップは行えません。Ver8.2cからバージョンアップする場合は、必ず、中間ファームウェア「WR6600H_835.bin」を最初に選択してバージョンアップを行ってください。
…ほらほら、書いてあるよ大事なことが…。

8.2cからは一気に8.72にできないので、いったん8.35にしないとダメだってさ!

やっぱり説明書は大事ですよねぇ…。

ということで、無事8.72へバージョンアップ。
設定画面は特にIPv6の設定はありませんが、「対応してる」って言うんですから、対応してるんでしょう。
それでは早速、セキュリティ対策ツールのユーザー登録をポチッとな。

…うまくユーザー登録画面に到達できました。

念のため、再起動や無線ルーターの電源の入れ直しなどを繰り返し、無事使えることを確認して完了です。

まぁ、従来からXPの場合はIPv6関連はホントに鬼門ですが、ルーターまで絡んでくるところまではちょっと想定してませんでした。
でも、今回のようにある程度の年数を使い込んでいるシステムに、新たに光ファイバがやってくることは珍しい話ではありませんから、一応想定はしておかないとダメでしょうね…。
今回はルーターのファームウェア更新で対応できましたが、古すぎてそれすら無理、というルーターもないではないでしょうから、そういうのに当たらないように祈るばかりですね…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年05月09日(日) ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ネットにつながらない・遅い, ハードウェアアップグレード関連, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき |

« メールが使えない理由は…。 | トップページ | Yahoo!BB with フレッツ光ネクストには気をつけろ。 »

ソフトウェアアップグレード関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール)」カテゴリの記事

ネットにつながらない・遅い」カテゴリの記事

ハードウェアアップグレード関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(無線LAN)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/48503616/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: セキュリティ対策ツールがユーザー登録できないのはなぜ?:

コメント

NTTのセキュリティソフトって、回線IDとソフト登録IDが関連付けされているので、プレミアムからネクストに替えた時とか見かけ上同じソフトでも登録し直さないといけない。
あと使っていない他の回線用の登録ID持ってきても使えない。

しっかりしてるなぁ。

投稿: しゅがあ | 2010/05/31 13:49:27

Toppa!がレンタルしているPLANEXのMZK-WNHでは、メインSSIDでIPv6の通信ができず、セキュリティ対策ツールが使えないという落とし穴があります。
http://faq.planex.co.jp/itemfaq/17/1354

実際に設定した際には、ESSID1(planexuser2)でもうまくいかず、ESSID2に独自の名前(ntt_flets等)を付けて、WEPで暗号化して使用しました。
(ESSIDおよびESSID1のブロードキャストESSIDは「無効」にして、ESSID2のみ「有効」にしました。)

投稿: 児島の仙人 | 2010/06/07 14:52:13

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« メールが使えない理由は…。 | トップページ | Yahoo!BB with フレッツ光ネクストには気をつけろ。 »