ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« Macの「Mail」の設定は…。 | トップページ | 期限切れのウイルス対策ソフトは…。 »

2010年5月25日 (火)

メール送信が何重にもなる。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらはとある事務所から。
パソコンは某メーカー製のXPパソコン。

「OutlookExpressからメールがうまく送れないんです。何重にも送信されたりで…ウイルスですかね?」

お話をお聞きしている範囲では、あまり症状が一定しておらず、変な添付ファイルが付くわけでもなく、「変なエラー」が毎回出て、とにかく送信がダブってしまう、受信は問題ない、とのこと。
他のパソコンでも同じアカウントを使っており、そちらでは問題ないので、どうやらパソコンの問題らしいのですが…。
とにかくお伺いして実機を見ないとわかりません。

お伺いして現象を見せてもらったところ…。

要求されたタスクを処理中に、エラーが発生しました。詳しくは、エラーの一覧を参照してください。

要求されたタスクを処理中に、エラーが発生しました。詳しくは、エラーの一覧を参照してください。

…うーむ。
「タスク」にてエラーが2つ。
アカウントを2つ使ってるのでこれはこれでいいんですが…。
まぁ、メッセージどおり「エラー」タブをクリックしてエラー内容を参照しようとすると。

エラーメッセージが空白

…は?

え、エラーメッセージ詳細がない…。
ど、どゆこと?

-----

何度か送信を繰り返すと、言われていた現象が出始める。
送信メールがダブるのだ。送り先に何度も同じものが届く。
どうも送信トレイにメールが消えずに残ってしまっているような状態だ。
繰り返せば繰り返すほど増えていく。
なるほど、これかぁ。

しかし、これはこれでなんかおかしいなぁ。
ウイルスにしては動きが妙だ。

とりあえず症例を探すしかないだろう。
エラーメッセージがあればそれを手がかりにできるけど、これはエラーメッセージがない。
困った。
ぐぐってみるにしても、エラーメッセージがないのでは手がかりがない。

しばしうんうん言いながら検索してみたが…。
ん?これは?

OutLook Express送信エラー :教えて!goo

エラー一覧に何もない…送信トレイにメールが残ったまま…これ、かなり近いですね…。

どうやら送信済みアイテムが溜まりすぎているかららしい。

「送信済みアイテム」フォルダを開いてみると…ぐぁっ!5000通以上もあるよ!!!

メッセージファイルの保存フォルダを探ってみると…「送信済みアイテム.dbx」なんと2GBを越えてます!

こりゃまた…。

OutlookExpressの場合、ある程度使っていると、終了時に

「空きディスク領域を増やすために、Outlook Express はメッセージを最適化することができます。この操作には数分かかることがあります。」

というメッセージを出すことがあります。

Outlook Express のメッセージの「最適化」 :パソコントラブルQ&A

どうやら100回起動したら出るメッセージらしいですが、

えてしてこういうメッセージは中身も読まれず「キャンセル」かペケボタンで抹殺されるというのが常。

その事例 → 2009年5月24日 (日) 何ですかこの画面は?

…まぁそれはそれ。

この最適化という作業をやらなければ、それぞれのフォルダを構成する「.dbx」ファイルは、どんどん大きくなります。
単純にフォルダにメールがなくなればいい訳ではなく、極端な話、フォルダにメールが一通もなくても、「.dbx」ファイルは大きいままの場合があります。それを実態に合わせる作業が「最適化」なのです。
以下に詳しくかかれてます。

Outlook Expressのフォルダを最適化して領域を節約する :@IT

その昔、まだWindows95の頃、会社に導入されたのは「Microsoft Mail」。これはOutlookExpressの前身となるソフトで、ファイル構造はほぼ同じだったと記憶してます。
メッセージファイルは共用サーバーに貯めるので、メールを貯めすぎると警告が来て、メールの削除を迫られます。
このソフトも、フォルダを空にしただけでは容量が削減されず、1日1回の最適化処理を待つ必要がありました。
そこで私が見つけた裏技は、いったんローカルに取り込んで、改めてサーバーに戻す、というやり方。
この段階で最適化がなされるということに気付いたので、メーラーホリックなオジサマ方に教えてあげたら絶賛されました(笑)。

とりあえず、今回はメッセージファイル肥大化が原因の可能性が高いので、とっとと「最適化」してやればいいのですが、どうも焦って最適化をかけるとメッセージファイルが消失する可能性があるようなので、先にフォルダに移動してやることにしました。
新しいフォルダを、とりあえず1ヶ月ごとで分けるべくどんどん作成し、そこへ「送信済みアイテム」から順番にメールを移動していきました。
慎重に数を確認しながら移動していき、「送信済みアイテム」のメッセージをゼロにして、改めて「送信済みアイテム」を右クリックして最適化。

さすがに5000以上もあったので、かなり時間がかかりましたが、「送信済みアイテム.dbx」のファイルサイズは劇的に小さくなりました。

ということで、メール送信のテストをやってみたら…。

問題なく送信できます。
何度か送信を繰り返しても、送信トレイに残ったままになりませんし、送信済みアイテムにきちんと移動します。

どうやら「.dbx」のファイルサイズが大きいのが原因だったようです。

メールを送受信ともにガンガン使っている人は、ちゃんと「最適化」処理をしてあげないとダメみたいですね。
特に、OutlookExpressを使っているパソコンはWindowsXPなので、最低でも3年以上は使い込んでいることがほとんどです。

もし「空きディスク領域を増やすために、Outlook Express はメッセージを最適化することができます。この操作には数分かかることがあります。」というメッセージが出たら、早目の最適化をしてあげましょう。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年05月25日(火) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, メール送受信関連, 日記・コラム・つぶやき, 迷惑メール関連 |

« Macの「Mail」の設定は…。 | トップページ | 期限切れのウイルス対策ソフトは…。 »

ウィルス・スパイウェア関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

メール送受信関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

迷惑メール関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/48668672/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: メール送信が何重にもなる。:

コメント

この手のエラーはmicrosoft outlookでも多いですよ。
フォルダーの最適化は結構必要です。
会社関係で使っているメールは溜め込んでますからね。
大事に取っておかないと後で使うことが有りますから、
仕事で使うメールは大企業では昨年書いたメールを
以前の話の中での記録として使っていますから。
たとえば昨年の棚卸の時のメールのやり取りを
今年になって昨年はこのようなやり取りがあったので・・~
なんてね。
何年も前のメールを溜め込んで、現在の仕事に使っていますから、個人フォルダが大きくなります。
そんなときは最適化が如何に重要か分かります。

投稿: bb | 2010/06/20 0:02:51

何重にもなるということではないですが、受信したファイルが溜まりすぎて、送信ができなくなったことがありますね。
古くていらないのを削除して整理したら正常になりました。

投稿: 経験者 | 2010/06/21 21:18:15

メールを捨てられない人は多いんですね。
OEで3~4年分の添付ファイル付きメールを多数保存していると、動作がかなり重くなります。

仕事で大量メールを扱うのであれば、メールサーバを立てるかホスティングサービスで、IMAPで運用した方が良いと思います。

個人ユーザでIMAPを導入できなければ、OEでなくOutlookに移行して、古いメールはアイテムとして外部フォルダにアーカイブし、Outlookから削除すればメールソフトのデータファイルを小さく保てますので、普段の動作を軽快に保つ事が出来ます。

OEからOutlookに移行しておくと、.msg形式になりますので新OSに移行する際に楽です。OEのままだと.emlになりますから、後々OutLookにインポートする際にかなり苦労します。

投稿: こた | 2010/06/25 16:28:37

データが増えすぎた時の影響としては、検索ができなくなるというのもありますね。

紹介されているリンク先で重要なのは「『最適化』の途中で Outlook Express を終了すると「.dbx」ファイルが壊れる可能性もありますので、慎重に実施ください」という部分です。
最初そのメッセージが出始めた頃は、ある時期より前のデータが消えたなど問題おきまくりでした。
最適化中にPCをシャットダウンするとdbxファイルが破損して、メールが一部見られなくなる場合があります。
なので、しばらく後に自動的にゴミ箱にバックアップ?されるように仕様変更になってました。

最後にメール見てから電源落とそう、いう場合も多いと思いますが、
最適化だけは時間に余裕のある時に実行されることをお勧めします。

投稿: きゃすと | 2010/06/26 12:33:15

使い始めて4年程度のPC。
メールが丸ごと吹き飛びました。
社内の詳しい人間に聞いたら、最適化してるか、との事。
何分もかかるから、キャンセルしてたと答えると、
何故もっと早く言わなかったんだと怒られました。

投稿: ななし | 2010/07/16 7:36:05

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« Macの「Mail」の設定は…。 | トップページ | 期限切れのウイルス対策ソフトは…。 »