ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« パソコンが遅いのは写真を入れすぎてるせい、という誤解…か? | トップページ | iPadが無線LANにつながらない。 »

2010年6月30日 (水)

iPad狂想曲。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

5月末についに発売されたiPad。
本場アメリカではすでに一足先に発売されていましたので、とっくに手に入れてあれこれ使っている人もいますけど、日本では5月末でした。
もうちょっと経済的に余裕があれば一発で買うところだったんですけどね…。

そしてそれから1ヶ月ほど。
今回のiPad騒動は、自分がユーザーにならなかったことで、かえって冷静に見ることができました。
見ていて思ったことを書いてみます。

-----

一つ言えるのは、とにかく過度の期待をしすぎ。

このデバイスが非常に魅力的であることは否定するべくもない。
カメラがないとか、GPSは3G版でないと付いてないとか、そういう部分は些細なことだと思えるほど、よくできたデバイスだと思う。

ただ、問題は、魅力的であるがゆえに、ユーザーが過度な期待をしているということ。

iPadは、アメリカで先行発売されていた関係もあり、いろんな情報が小出しにされて、いろんな期待を持たせられる状態となっていた。
実際には、iPhoneやiPod Touchというデバイスがすでに出ていて、それの上位機種といった位置づけにあたり、タッチパネルによる簡単操作、直感的な操作の下地が出来上がっており、それが大画面化されるという部分では、かなりイメージしやすかったのは事実。
ウェブもメールも、劇的に使いやすくなったのも事実で、そこに関しては改めて書くまでもない。

しかし、iPadだから導入も簡単かと言えば、決してそうでないのも事実。

3G版なら初期導入手続きは携帯電話ショップの店頭でやってくれるのは事実ですが、3G版でないWi-Fiモデルを通販などで新品の開梱を自宅でやる場合は別。
ある程度勝手がわかっている人間なら、家の無線LAN親機の無線接続暗号キーを入力してネット接続したり、iTunesをインストールしたパソコンと接続して、初期導入手続きを行なう必要がある。
スクリーンキーボードも標準ではかな入力をサポートしていないために、入力はローマ字しかできないし、利用イメージ映像で散々出てくる「写真を入れて表示する」なんていう使い方を実現するためには、iTunesからの流し込みか、別売りのSDカードリーダーを利用することになる。なので、

基本的な利用目的を達成するのに、決して「経験ゼロからでも簡単」とはとても言いがたい。

ウチの電話番をやってくれている女性(電話応対だけなので決してPCに詳しいわけではない)に印象を聞いてみたものの、やはり

「iPadは…テレビで見かけた限りでは、『あれは詳しい人が使う道具だ』という印象を受けますね」

という返答が返ってきた。
「いろんなことができるみたいだけど、そこまで使いこなせそうにない」という、高度な電子機器に対するごく普通の感想だと思います。
まだまだパソコンにすら馴染めていない人からすれば、そういう印象しか持たれないのは事実ですし、「あれこれ変わっていく画面を追いかけて操作する」という点ではパソコンとなんら変わりはないのです。

iPadの登場から「電子教科書」がやたらと盛り上がってます。
しかし、iPadが高性能・簡単操作であることと、コンテンツが豊富かどうかという点は全くの別物。
アプリはすでにiPhone用のものが多数流通しており、供給にさほど困らないのは事実。
しかしコンテンツは違う。
iPadがあれば、コンテンツが勝手に湧き出てくれるわけではない。

コンテンツとは、画面上で再生する「内容」。
タッチパネルにより指先の動きだけで「めくる動作」「拡大縮小」ができる、というのはあくまで「内容の再生」をするための再生機器の機能に過ぎない。
再生するのが、従来の教科書をただ単にスキャナで画像として取り込んでPDFにしただけ(いわゆる
「自炊」)とかであれば、手間をかけるだけ無駄。
その程度のものが教科書として成り立つなら、小学校なんかなら、とっくにパソコン室のみの授業で片付くようにできているはず。
iPadなんか使わなくても、スキャンで取り込んだだけの自炊PDFだけで授業になるかどうかはすぐに試せる。
本当に使える「電子教科書」の姿は何なのか、再生機器の性能からできることだけで考えていてはなにもできない。

私個人は、iPadを「使いやすい革命的な機器だ」と考えているのは、ある程度パソコンを知った人だけだと思います。
説明書がほとんどないとは言え、パソコンの知識までゼロから使えるかといえば、かなり無理があり、ある程度は知識がないと使い始めることすら困難です。
ある程度セットアップできていれば、何も知らない人に与えることはできても、そこまで仕上げて面倒を見れる「それなりの知識を持った人」がいなければならない。
それでは従来のパソコンが、新OSが出るたびに「簡単になった!」と言っているのとそう大きな違いはない。

機器の性能ではなく、使い方や再生するコンテンツが重要なのは、昔も今も変わらない。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年06月30日(水) ニュース, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき, 趣味 |

« パソコンが遅いのは写真を入れすぎてるせい、という誤解…か? | トップページ | iPadが無線LANにつながらない。 »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/48755095/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: iPad狂想曲。:

コメント

iPadがどうか知りませんが、アップルさんって説明書しょぼいですよね・・・何とかしてくれ^^;

iPodやウォークマンすら持ってない私も、仕事柄使い方の説明をする機会が多くあります。(使い方だけ知ってるってどういう事よwww)
お客さんもおしいとこまで出来てるのに後一歩の操作が難しいとかザラです。
ワタシ パソコン センモン ノ ヒトナンデスケド って訳にも行きませんしね。

パソコンや付随するデバイスが、万人が使用するようになると私どもは忙しく悩ましくなりますね~

投稿: ロート=レーヴェ | 2010/07/20 15:00:57

やっぱりそうですか。
70台半ばの両親に使わせてみようと思っていたのですが、あまり期待しない方が良いようですね。

それよりも受動メディアにどっぷりつかってる両親世代が、自分で情報取りに行くなんて考えられない事に思い至りました。

猫に小判になってしまいそうです。やっぱ、やめとこ。

投稿: こた | 2010/07/20 23:11:56

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« パソコンが遅いのは写真を入れすぎてるせい、という誤解…か? | トップページ | iPadが無線LANにつながらない。 »