ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年8月15日 (日)

WZCSLDR2.exe - エントリポイントが見つかりません プロシージャ エントリ ポイント apsInitialize がダイナミック リンク ライブラリ wlanapi.dllから見つかりませんでした。の解決。

さて、今回は「WindowsXPをSP3にアップグレードしてから変なエラーが出る」とのお客様。
よく聞いてみると、

SP3にしてから、起動時に「エントリポイントがどうとかいうエラー」が出る

とのこと。
ははぁ、こりゃアレだ。SP3当ててからなら、

2008年5月12日 (月) WindowsXP SP3 導入の余波。 - WLANmon.exe と WZCSLDR2.exe のエントリポイントが見つかりません -

おそらくコレだろう。
もうSP2はサポートが切れているので、SP3にする人が多いはずだから、コレガあたりの無線LANを使っている人なら、この手のトラブルが避けられないだろうなぁ。

「そうです、実はその記事を見てやってみたんですけど、治らないので…なんとかできないものでしょうか」

…ありゃ、そうですか…。
まぁいずれにしても、電話対応だけじゃ無理ですし、実機を見てみるしかないんですが。

-----

お伺いしてみて、パソコンの電源を入れてみた。

WZCSLDR2.exe - エントリポイントが見つかりません

WZCSLDR2.exe - エントリポイントが見つかりません
プロシージャ エントリ ポイント apsInitialize がダイナミック リンク ライブラリ wlanapi.dllから見つかりませんでした。

このエラーがひとつ出ただけ。

…うーむ、確か、前の記事では、エラーが2つ出るはずだけど…。

「そうなんですよ、何か違うんですかね?」

まぁとりあえず、無線LANカードのアップグレードをしてやれば治るはずなんですが…って、あれ?

他社の無線LANカードが刺さってるじゃないですか。

「ええ、そうなんですよ。調べてみたら、SP3に対応してないようなので、あきらめて買い換えました」

SP3以前で使っていた無線LANカードを出してもらったら…WLCB-54GTという型番。NTTマークがついてる。
多分、NTTが光ファイバ加入のオマケで配っていた、私が対応している範囲でもかなり壊れている率の高い、NTTマークつきのコレガの無線LANセットなんだろう。
実際、現状お使いの無線親機は、ちょっと前のNEC製だ。

対応しているドライバが無いかぐぐってみたら…。

無線LANアダプター ドライバーダウンロード corega WLCB-54GT

…うーん、SP3対応とは明記してない。2004/07/05の「Ver2.0 PL2」が最新だ。
これじゃSP3対応じゃないんじゃないのか?

コレガのサイト内を探ってみると、

Windows XP SP3 対応情報

ここにはWLCB-54GTという型番はない。
つまり、SP3に対応していないのはほぼ確定だ。
買い替えは妥当な選択だ。
お客様にお聞きすると、前の記事にそって、スタートメニューからアンインストールはした、とのこと。

しかし、なぜか起動時のエラーは解消されない。

うーむ、どういうことだ?

とりあえず、ドライバを再度ダウンロードして、インストールをして、再起動後(やはりエラーは出る)に改めてスタートメニューからアンインストールして再起動。

やっぱり同じエラーが出る。

うーむ、こりゃ困ったな。

改めてエラーダイアログをもう一度眺めてみる。

WZCSLDR2.exe - エントリポイントが見つかりません

この WZCSLDR2.exe って、どこのあるんだっけ?
前の記事によると、 C:\Program Files\ANI\ANIWZCS2 Service にあるようだ。

うーむむむ。

改めて「プログラムの追加と削除」を見てみたら。

Ani_01

  • ANIO Service
  • ANIWZCS2 Service

…∑( ̄□ ̄;
こ、これだ!

ということで、この2つをここからアンインストール。

無事、エラーは出なくなりました…。

アンインストールするんなら、ちゃんと全部アンインストールしてほしいですよねぇ…。

でも、これはSP3のマイクロソフトも、全部アンインストールできてないコレガも、どっちも対応としては…。

記事を書くにあたって、改めて調べていたら、こんな記事が。

Windows XP Service Pack 3 のインストール後、再起動するたびにエラー メッセージ "プロシージャ エントリ ポイント apsSearchInterface がダイナミック リンク ライブラリ wlanapi.dll から見つかりませんでした" が表示されます。 :Hatena Question

…どうやらパターンは同じようです。
アンインストールしても改善しないとか、2つあったエラーが1つになるとか。
うーん、なんで全部きれいに外れてくれないのかなぁ。前回とはドライバのバージョンが違うんだろうか?

2010年08月15日(日) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

パソコンが遅い原因は何?

こちらは「パソコンが遅くてどーにもならんので何とかしてほしい」とのお客様。

これは最近、本当に増えたご相談です。

原因は、簡単に書くと、

  • たび重なるWindowsUpdateでメモリが不充分となった
  • 古いウイルス対策ソフトをそのまま使っていて過負荷状態
  • ハードディスクを過剰に消費している
というのがほとんどです。
XPパソコンは、すでにこういう状態に陥っているものがかなり多くなりました。
その多くは、最初の「メモリが不充分」です。
新規パソコン(Windows7)をセットアップしに行って、「パソコンが遅いんで買い換えました」とおっしゃるお客様のパソコンを見せていただくと、

今時WindowsXPのSP1でメモリが256MBという構成のお客様の多いこと多いこと。

もうとっくにウイルス対策ソフトが見捨ててる構成ですよ。
よく我慢して使ってましたねぇ…。
他にも、

WindowsXPのSP3でメモリが256MBという構成のお客様も意外と多い。

SP3だと、もう256MBではほとんど使い物になりません。
起動は遅いは、起動しても漢字変換程度でひっかかるはで、正直なところ、我慢の限界を超えている場合が多いです。
それでもiTunesでiPodの管理をされてたり、中にはCabosといったファイル共有ソフトもガンガン使って音楽ファイルなどを収集しておられる方も。
よくやるなぁ。
こうなると、正直なところ、

WindowsXPは、メモリを最低1GBぐらいまで増設して、ハードディスクを大容量のものに換装しないと、快適に使えるとは言えません。

すでにWindowsXPは2世代も過去のものとなり、企業などのメンテナンスをしてくれる人がいるところでもない限り、使い続けるのは得策ではなくなってきています。

今時、そこそこ使えるノートパソコンが10万円切っている時代ですし、6年も7年も使ってるなら、買い替えた方が得策と言えることが多いです。

今回もそんなのかなぁ~と思ってお伺いしてみたら…。

-----

今回のパソコンは、予想に反して、WindowsVista機でした。
NECのデスクトップ機、PC-VS300JG。

VALUESTAR S 仕様 :121ware.com

でも、2007年4月発売の、いわゆる「2007年夏モデル」ですので、

世間から『Vistaはダメだ』と言わしめた戦犯とも言うべき、ハードウェアがダメダメだった時期の機種

ですよね。

CPUはシングルコアのセレロンMの1.73GHz、メモリはDDR2の512MB×2の1GB、ハードディスクはCドライブがなんと47GB弱、Dドライブはなんと230GBほど。
そしてバンドル版ウイルスバスター2007と、もっともメタボ体質のウイルスバスターしかも期限切れ。

…ダメだこりゃ。
当時はそういう機種しかなかったから仕方ないんですが、今こんな構成のVista機なんて、お金を払って買うということ自体考えられない。

私たちのようにメンテナンスが適切にできる者でも、シングルコアCPUのVista機は、いまさら手を出すのは得策ではないと言えます。

追い打ちをかけるように、Cドライブの残り容量はたったの3GBしかありません。

2010年6月17日 (木) パソコンが遅いのは写真を入れすぎてるせい、という誤解…か?

こちらでも書きましたが、

「写真を入れすぎている」は、必ずしもシステムが遅くなる要因とは言えない

のです。
単純なところ、10年前のパソコンでCドライブが全部で8GBしかない状態でCD-R1枚分のデータが入っているか入っていないか、というのはかなり大きいと言えます。
しかし、100GB超のCドライブで、CD-R1枚分のデータが入っているか入っていないか、というのは「大した影響はない」と言えます。
少なくとも、それがあるから・ないからで即「システムの遅さに影響する」とは決して言えません。

ただし、今回のようにCドライブ全容量が47GB程度で3GBしか空きがない状態ではダメです。
基本的には、

Cドライブの空きが全容量の10%を切るとシステムが不安定になる

と思っていただければわかりやすいです。

それにしても一体何にこんなに容量を食ってるんだろう…??

いろいろ調べてみると、どうやら写真などは思ったほど入ってなくて、仕事上必要で入れてある、とあるソフトの素材集がモノスゴク食っているようです。
それを外せば、おそらく劇的に改善しそうですが…残念ながら、必要なので外せない。

じゃ、とりあえず、不必要だと明確なものを外していきましょう。

まずは、念のためネットから切り離してから、バンドル版ウイルスバスター2007期限切れをアンインストール。
これだけでもかなり動きがマシになります。

あとは、NEC製の一般家庭向けに設計されているVistaパソコンですから、いろんなソフトがインストールされていますので、とりあえず容量を空けなければ話にならないので、とにかく「使わない」ソフトをどんどん外します。

そして、どう考えても不必要な以下のソフトも外します。

  • 121ポップリンク(NECがサービス終了したため)
  • BiglobeツールバーV4.31(バージョンが古い上になくても困らない)
  • JWord(不要ソフトの筆頭)
  • PhishWall(お試し版の上にウイルスバスターで代替可)
これらはほとんどの場合は「要る」と言う人はいません。

かなり空いたので、ウイルスバスターは改めて最新版の2010をインストール。
これでも空きは8GBぐらいにまで回復しましたので、かなりマシですね。
さらにメモリを調達してきて、2GBに拡張までしてみたら、最初と比べると、見違えるほど速くなりました。
アンインストールをたくさんしましたので、デフラグを後でかけておいてもらったら、さらに状況はよくなるはずです。

「おお~こんなにも違うものなんですね!!」

…ただ、業務でお使いの一番容量を食っているソフトは、できたら今時のマルチコア(Core2DuoとかCore i5とか)の機種で使ったほうが快適ですね。
VistaでセレロンMでは、ネットやメール、エクセルやワードの軽い文書程度ならいいんですけど、表示と処理速度が重視されるソフトを使うには不向きですね。

本当なら、少なすぎるCドライブのパーティションを適切に切り直す方がいいのですが、直接いじると、運が悪いとひどい目に遭いますので、できれば容量が大きめの新しいハードディスクを用意し、丸ごとコピーの際にCドライブの容量を増やすようにパーティションをいじった方が安全です。
とはいえ、そこまでやると、料金もかさみますし、現場で実施するのは現実的ではありませんので…。

「ああ~やっぱりそうですかねぇ~。まぁここまで軽くなったので様子を見て買い替えを検討しますわ」

ということで、今回はここまで。

まぁ実際、これ以前の機種をお持ちの方の買い替えが進んでいるのが現状ですが、いまやマルチコアが当たり前の時代になってますし、Vistaから7に変わってOSが効率化されている上に、グラフィック関連も進化してますので、特に冒頭で書いた「XPで256MB」の人が買い換えられたら、たいていは画面のキレイさと表示の速さに驚かれます。
加えて、回線を光ファイバに変えて「速くならなかった」とお嘆きだったお客様は、かなりカルチャーショックを受けることが多いようです。

XPから7への買い替えは、3年ほど前からあった「光にしたら速くなる」という光幻想を実感できてしまうものとなってます。
まぁWindows7も、64ビットとか32ビットとかいろいろありますけど、とりあえずCore i5あたりのを買っておけば損はない状態だと思われます。

起動の遅いXPで悩んでおられる方は、とりあえず新しいWindows7機をお店に見に行くことをおすすめします。

2010年08月09日(月) 定番トラブル, ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連, ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (18) | トラックバック (1)

2010年8月 7日 (土)

要らんことをするOffice2010。

最近、Windows7のセットアップをしていて気がついたこと。
おそらく、こんなことはほとんどのユーザーさんは気にもしていないことだろうと思うのですが…。

それはOffice2010のセットアップの際に起こる妙な現象。

え?
「知ってるよ、いままでメーカー製のだとプロダクトIDを入れなくてもよかったのに、わざわざ入れなければならなくなったことでしょ」って?

あー、確かに、WordとかExcelとかの初回起動時に、もれなくプロダクトIDを入れなければならなくなってますよねぇ。

で、ウィンドウが出ているにもかかわらず、そのまま打ち込もうとするとまるで入ってなくて、改めてプロダクトID入力ウィンドウを一度クリックしないとダメとか、そういうこともありますよねぇ。
いやいや、その程度では、単なる小ネタ。

って、こっちも冒頭に書いたとおりで、充分小ネタなんですけどね…。

-----

とりあえず、いつもはExcel・Word・PowerPointのアイコンをデスクトップに出すようにしていますので、先に出してしまいます。
スターとメニューの「MicrosoftOffice」のフォルダの中のそれぞれのアイコンを右クリックして、「送る」から「デスクトップへ(ショートカットを作成)」とそれぞれ実行しておきます。

Office2010_01

こんな感じですね。
で、このショートカットから、例えばWordなんかを起動して、プロダクトIDを打ち込もうとしたら入ってなくてウィンドウを改めてクリックして入れ直して(1回失敗したら覚えんかい!って感じですが)、セットアップを完了させてやると…。

Office2010_02

∑( ̄△ ̄;

ふ、増えてますがな…。

何を勝手に要らんことを…。

もしかして、ショートカットを自動的にデスクトップに作ってくれるのか?
…とか思いましたが、よく考えると、Office2010は他にもOutlookとかOneNoteとかいろいろあるので、デスクトップに出した3つだけってのはおかしい。

とりあえず、何かのはずみでそうなっただけかなぁ…と思ってましたが、何台か検証したところ、

  • スタートメニューから起動してもアイコンは自動作成されない。
  • 二重に自動作成されるのは、デスクトップに引っ張り出したアイコンだけ。
  • どうしたわけか二重に自動作成されないこともある。
ということが分かった。
まぁ、

初期セットアップかリカバリ時にしか発生しない、ささいな現象なので大したことはない

んですが…なんだかなぁ。
余計にできたアイコンは捨てればいいだけなんですが、ちょっとしまらない現象ですね。

2010年08月07日(土) ソフトウェア不具合関連, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

MP980が無線でつながらない。

こちらは「無線LANでプリンタを使いたいけどよくわからない」とのお客様。
パソコンは、先日買ったWindows7ノートパソコン。
無線LANルーターは、WZR-HP-G300NH。

BUFFALO おまかせ節電 USBポート搭載 11n/b/g対応 ハイパワー 無線LANルーター Air Station 単体 WZR-HP-G301NH
BUFFALO おまかせ節電 USBポート搭載 11n/b/g対応 ハイパワー 無線LANルーター Air Station 単体 WZR-HP-G301NH
おすすめ平均
starsコレが悪いわけではないと思うのですが今の環境に合わないようです。
stars概ね問題なし
starsハイパワー&設定簡単
stars速い!
stars2台で親機:中継器として使っています

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そしてプリンタは今回追加で買ったMP980。

Canon インクジェット複合機 MP980
Canon インクジェット複合機 MP980
おすすめ平均
stars最低極まりない
starsMP630のほうでもいいかなと、ちょっと思いました
stars満足しています。
starsフイルムスキャナーがスゴイ。
starsおすすめです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

組み合わせとしては、いたって一般的なもの。
パソコンと無線LANの設定自体は、ご家族の方にやってもらったらしいのですが、無線LANプリントの設定というのは、得てしてヤヤコシイもので、お客様は手を出せなかったようです。

ということで、特に意識することなく、お伺いして設定を開始したのですが…。

そう、ここにもトラップがあったのです…。

-----

今回は無線ルーターが最近のバッファロー機なので、プリンタと無線ルーターとの接続は、一発ボタンであっさり接続完了。
で、パソコンにCD-ROMをセットしてドライバのインストールを開始、ネットワーク接続の部分まで来たが…。

ネットワーク上にプリンタが見つからない。

これはファイヤーウォールの設定等でよくあることではあるけれど、ウイルス対策ソフトのファイヤーウォールを開放にしたり、Windows標準のファイヤーウォールをOFFにしたりとやってみたが、やはり同じ。

うーむ…。

こういう時は説明書。

MP980には、「ネットワーク設置で困ったときには」という説明書があるのだ。

…引っかかる部分がまったくない…。

以前にも全く似たような地雷…いや、事例があった。

2009年11月 5日 (木) MP560が無線でつながらない。

この時は、説明書に「11b/gでやれ」という記述がありましたが、今回はそれがない。

うーむむむむむむむ…。

説明書がダメならヘルプファイルだ。

接続を行なうソフト「Canon IJ Network Tool」のヘルプの「困ったときには」を開いてみたら…んんん???

Mp980

暗号設定の確認
  • 接続したいアクセスポイントに暗号は設定されていますか?
    アクセスポイントにWPA-802.1X、またはWPA2-801.2Xが設定されている場合は本プリンタと接続できません。アクセスポイントの設定をWEPまたはWPA-PSKに変更し、アクセスポイントを再起動してください。

…うーん、「ネットワーク設置で困ったときには」では、WPA2ではダメとは書いていないけど、こちらのヘルプファイルにはWPA2に関する記述がない。

WZR-HP-G300NHの「はじめにお読みください」の紙を見たら、無線のセキュリティは「WPA/WPA2 mixedmode-PSK TKIP/AES」と書いてある。

パソコンのクライアントマネージャでの無線LAN接続設定を確認すると…やはり「WPA2-PSK AES」だ。

ま、まさかなぁ~と思い、無線ルーターの設定を「WPA-PSK TKIP」にして、改めて接続設定してみた。

いともあっさりつながりました…。

な、なんじゃそら…。

どうやら、WPA2がまずかったらしいとしか言いようがないんですが、紙の説明書「ネットワーク設置で困ったときには」には、そういう記述がないだけに、そっちには頭がいかなかった。
こりゃまたわかりづらいなぁ…。

まぁなんとかつながったからよかったものの、こんなの普通の説明書しか読まない一般ユーザーにわかるわけないですよねぇ。

結論:
説明書・ヘルプファイルは関連する全てのものに目を通すこと。

…ってか、そんな「ウォーリーを探せ」状態な説明書では困るんですけど…。

2010年08月03日(火) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(プリンタ), ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 印刷できない・印刷不良, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (7) | トラックバック (0)