ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« Windows Live メールがまたなんかヘタこいてます。 | トップページ | Windows7での株価表示ガジェットは? »

2010年11月 9日 (火)

起動しないパソコンからハードディスクのデータを取り出したければ…。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

「パソコンが起動しない!」というトラブルは、こういう仕事をしていると、常に向き合うことのあるトラブルです。
そして、それの復旧に伴って、お客様のおっしゃるには、

「中に大切なデータがあるんです!なんとか取り出してください!」

というご要望がかなり多いです。

そういう場合に、気をつけるべきところがあります。

-----

まずは、あらかじめのバックアップ。

「起動しないトラブル」は予防できるとは限りませんが、「バックアップ」はあらかじめできること。

とはいえ、これがなかなかできないものなんですよね…。
それに、起こってから言っても遅いですが( ̄▽ ̄;

まぁ、人によっては、

「だからバックアップを取っておけとあれほど」

偉そうに言う人がいます。

でも、そういう心無いことを言う人は、たいていは壊れる前にハードディスクを交換するとか壊れる前に買い換えているなど、壊れるほど使い込む前に環境を変えてしまうことがほとんどで、こうした不幸な事故に遭遇していないことがほとんどです。
しかし、こういう「不幸な事故」というのは、ちょっと油断した隙に発生するもの。
偉そうに言う人は、その痛みを知らない人です。
そういう経験をしていないのは、確かに賞賛に値するものではあります。
しかし、そういう人の気持ちを理解することはできていないようです。

私もパソコンと接することが多いだけに、何度か自分のハードディスクのクラッシュに遭遇しています。
その都度、失いたくないデータを失っています。
ですから、首尾よく復旧に成功してお客様に引き渡す際には、

「バックアップ、つまりはデータの二重化はしておいたほうがいいですよ」

といつもお伝えし、ある程度のバックアップ方法の相談に乗っています。
私自身が痛い目にあった経験があるのと、お客様自身も肝を冷やしたわけですから、その言葉は重く受け止めていただけることが多いです。

とはいえ、バックアップって、人によりデータの種類により重要度はマチマチですし、バックアップソフトで自動化しようにも、そこをきちんと理解して「運用」しなければならないものですから、それを素人の人に理解しろと言うのも難しい話。
そういった概念を把握していないと、必ずしも自動化がご希望通りにできるものとも限りませんし、バックアップ対象でない場所にせっせと保存していては、何の意味もない。

ですので、ソフトなどを使った自動化の指導まではなかなか難しく、結局は

デジカメ写真程度なら、とりあえずCD-R/DVD-Rに書き出しておく

程度の話になってしまいます。

本当に「システムクラッシュなどでデータを失わずに済むような環境」を維持するには、それ相応の知識というものが必要になります。
たいていは、システムクラッシュに遭遇して勉強することになるんですけどね。
システムクラッシュに遭遇しなければ、「そんなことは明日も明後日も、永遠に起こらないものだ」と思ってしまうものですから。

-----

そして、起こってからの話として、

「下手にいじくりまわさないこと」

これ、なかなかできないんですよねぇ。
何とかしようと、再起動を繰り返したりなど、わからないなりにあれこれもがいてしまい、結果的に完膚なきまでに破壊してしまって、取り出せていたはずのものが取り出せなくなってしまうのはよくある話。

この辺を、詳しく解説した記事がこちら。

ハードディスク故障時にやってはいけない4つのこと、データ復旧.comに聞く :INTERNET Watch

要約すると、ハードディスク故障の際は、

  • むやみにパソコンの再起動を繰り返さない
  • 下手にフリーのファイル復旧ソフトを使わない
  • ハードディスクの基盤を交換したり、開封したりしない
  • RAIDで障害が出たときに、むやみにディスクの入れかえやリビルドをしない
といったところ。
記事にもありますが、要は

「中のデータが大事なら、下手に触らず、プロに任せろ」

ということ。

ウチで受ける案件で、不幸にしてハードディスクそのものを認識しないようなトラブルの場合、「とにかくデータが大事」という事象なら、当方では手が出せない状態になります。
そこは必ず確認しています。
パソコンを治すのは二の次、データが最優先ということなら、データ復旧の専門業者へご依頼いただかなければならない、ということを、依頼を受ける前のヒヤリング時にお話します。
ハードディスク障害が疑われる際は、

  • 当方が作業することで中のデータの完全性が失われる可能性があること
  • データが本当に大事ならば、ハードディスクには手をつけずに交換して復旧作業をする方向になること
  • ハードディスクの修復作業で治る可能性もあるが、全くダメになってしまう可能性もあること
をお客様に伝え、ご了承いただいた上で取り掛かるようにしています。

メーカーに問い合わせをすれば、1も2もなくリカバリです。
お客様のデータが消えてしまうことなどはお構い無しです。
メーカーの責任範囲は、パソコンそのものの正常動作だけで、中のデータに責任を持つつもりはないのです。
利用契約や説明書にも、そういった文言が…どこかにあるはず。

ウチのような独立した修理業者は、それと同じでは成り立たちません。
きちんとお客様と向き合い、どういうご意向があるのかをきちんとお聞きすることが我々の存在意義です。
その上で、リカバリが必要ならリカバリ、修復可能なら修復、というご提案をさせていただいています。
(とはいえ、データが消えない保証なんて誰にもできないことに変わりはないので、あらかじめのバックアップが重要なのは全く変わりはありません)

ウチでも、過去には何度か、ハードディスクメーカー供給のツールを使って復旧できた記事を書いています。
しかし、前述のように「ダメ元ですよ」と念押しして作業してます。
よくブログの成功例を元にご連絡をいただくのですが、念押しすると、尻込みされる方がほとんどです。
まぁ、「ダメでした」でも送料や出張費などがあり、全くの無料というわけにはいかないですからね。

実際、先のINTERNET Watchの記事にあるとおりで、ハードディスク障害に伴うトラブルでのデータ救出関しては、相当に高度な設備が必要なわけですから、ウチはそこまで突っ込んで触れません。
特にパソコンがハードディスクを認識しない状態などでのデータ救出は、専門業者に任せるしかありません。

とはいえ、専門業者へ救出依頼をかければ10万円単位の見積が出ることも普通にあるんで、個人の方の場合はたいていあきらめてしまわれるんですけどね…。

まぁ、とにかく言えることは2つ。

  • 転ばぬ先のバックアップ。消えて困る大切なデータは複数の場所に保存。
  • システムクラッシュで起動しなくなった際は、下手にいじくりまわさない。
これに尽きます。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年11月09日(火) 定番トラブル, データ救出・バックアップ, ニュース, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い |

« Windows Live メールがまたなんかヘタこいてます。 | トップページ | Windows7での株価表示ガジェットは? »

定番トラブル」カテゴリの記事

データ救出・バックアップ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(ハードディスク)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/49990321/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 起動しないパソコンからハードディスクのデータを取り出したければ…。:

» 「黒い影」砲 トラックバック 馬写真日記
痛い目に何度も遭っているので、敢えて偉そうに言ってみます。「だからバックアップを取っておけとあれほど」 続きを読む

受信: 2010/11/19 23:23:00

コメント

転ばぬ先のバックアップ
そうキチンとDVD-Rなどにファイルを保存してあればいいのですが・・・
最近、たとえばF社マイリカバリ等をバックアップと信じておられる方が多く
HDDが死んでしまえば何んにもならないのをご存知ない
加えて、新規PCへの移行では胸を張って差し出されたDVDにはそのマイリカバリファイルが
「あの~、そのファイルだけあっても新PCでは復元できませんけど?メーカーも違いますし」
下取りに出される前に相談して欲しかったな~

投稿: ミナミのネコ | 2010/11/19 18:18:41

いつも参考にさせていただいて、助けていただいております。

私もこの手のやつには良く当たります。
無理に起動しようとして、chkdskなんかやって、とどめを刺してしまったようなのも、しばしばあります。

個人さんには、外付けHDDで自動的にミラーリングするフォルダミラーリングツールを
法人さんには、NASを導入するようにお勧めしております。

投稿: 青い流星 | 2010/11/21 8:47:42

データの多重化に威力を発揮するのが、ネットワークストレージです。特に、Dropboxはすばらしいです。
他のネットワークストレージが、単にオンラインのストレージ領域を提供していだけなのに対して、Dropboxは、自分のパソコン内に作成されたDropboxフォルダを読み書きするだけで、オンライン側と自動で同期がなされるのです。
このサービスは、もしもサーバがクラッシュしても、ローカルにまるごとデータが残っているので、安心です。
フォルダは複数のパソコンに製作が可能。

投稿: inoue04 | 2010/12/04 16:49:08

先日、PCとバックアップ用のNAS両方を同じOAタップに接続してたら
ショートにより両方がふっとんだ症例を見ました・・・・

しかもNASはRAIDだったのでデータをすぐ救うことも出来ず
出張して死亡診断しただけ、という後味の悪い結果となりました。

本当に大事なデータなら、本当の意味で2重化しとかないとダメですね~


投稿: とみぃ | 2010/12/08 12:16:35

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« Windows Live メールがまたなんかヘタこいてます。 | トップページ | Windows7での株価表示ガジェットは? »