ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« WZCSLDR2.exe - エントリポイントが見つかりません プロシージャ エントリ ポイント apsInitialize がダイナミック リンク ライブラリ wlanapi.dllから見つかりませんでした。の解決。 | トップページ | PPPoE接続(広帯域接続)のショートカットを作りたい。 »

2010年11月 1日 (月)

またお前かっ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

いろいろあって、ブログがすっかり放置状態でした。
どうせまたすぐに周回遅れになるのでしょうけど(ぉぃぉぃ)、ぼちぼち書いていきます。

こちらは、「インターネットにつながらない」という定番のトラブル。
パソコンは5~6年ほど前のXPパソコン。

「インターネットを出したら、『ページが表示できません』となるんです」

…いつもどおり、詳しく聞こうとしてもよくわからないので、とにかくお伺い。

お伺いして、とりあえず現象確認。
…確かに、「ページを表示できません」状態。

こういう時は、パソコンを先に疑ってはいけません。

疑う順番として、基本的には、

  • コンセント・ケーブルの抜け・緩み・折れ曲がり・踏んづけなどを確認する。無線LANの場合は、PC側の無線スイッチを確認する。
  • 回線業者・プロバイダに問い合わせる。
といった具合に、パソコン以外の要因を詰めた方が確実です。
私たちのような修理業者なら、いろんな状況から、本当にパソコン側に問題がないかどうか、というのはなんとなくわかるのですが、何もわからない普通のユーザーさんなら、パソコンの異常を真っ先に疑うのはやめた方が賢明です。
とにかく「パソコンの異常だ!」と思い込んでご依頼をいただくのはいいのですが、
  • モデムのコンセントが抜けていただけ
  • ノートパソコンの無線LANのスイッチが切れていただけ
  • 銀行引き落としがうまくいかずに回線が止められていただけ
というパターンは、年に数回は遭遇します…。

私たちのような修理業者なら、パソコン側か回線側かのチェックをしてから回線業者・プロバイダに問い合わせをすることになります。
とりあえずPC・ルーターが正常にIPアドレスをもらえているかどうか、というところですぐに切り分けができるわけですが。

今回はPCはIPアドレスをもらえてましたし、検証機でチェックしたらルーターもIPアドレスをもらえていたので、どうやらPC側を疑う方がよさそうです。
しかし、今回の原因は…。

-----

よくあるのは、ウイルス対策ソフトがブラウザを拒否っているというパターン。
最近は減ってはいるのですが、依然多いのです。

どうもお客様がいろいろもがいた一環で、ウイルスセキュリティZEROをインストールされたらしい。
(ネットにつながらないのでアクティベーションはできていませんが)

で、ファイヤーウォールをチェックしたら…あー、やってますねー。
InternetExplorerを拒否してました。

「これですよこれ!」とか言いながらドヤ顔で「許可」に切り替えたが…結果は同じ。
…立場ありませんがな。

さらにチェックしてみたら…うわ、WindowsファイヤーウォールがONのまま。
やっちゃうんですよねー、これも。
とかつぶやきながらWindowsファイヤーウォールを無効にしてみたが…結果は同じ。
うーむむむむ…。

とりあえず、ウイルスセキュリティZEROのファイヤーウォールを無効にすると…つながってくれます。
ということは、ファイヤーウォールの設定か、ブラウザなどで何らかの問題が起こっているかのどちらか。

たしかにファイヤーウォール設定で拒否をしてあるソフトはいくつかありますが、基本的にはIEのブラウズには問題のないはずのものばかり。
でも、ルーターの設定画面すら開かないということは、ブラウザかネットワークかのどちらかの問題ということになる。
ただ、ファイヤーウォールを無効にしたらつながるわけだから…。
うーん…じゃ、なんなんだ?

ふとブラウザのアドレス欄を見てみると…。

空欄の右端のほうに、JWordがどうとかいう文字が。

…∑( ̄△ ̄;

ま、まさか…。

コントロールパネルの「ソフトウェアの追加と削除」からチェックしてみたら、いましたよJWord。
もう有無を言わさず削除です。

ブラウザが無事サイト表示できました…。

またお前かっ!JWord!!!

ファイヤーウォールの設定もJWordが拒否られていたので、こちらも削除。
これが拒否られているのはよくある話なのですが、従来はこれの拒否でブラウザが表示できなくなる経験はなかったので、ちょっと気付くのが遅れました…。

最近のWindows7機でも、気付いたら新品のうちからJWordが突っ込まれている機種があります。
見つけ次第に駆除してますが。
いやはや、これほど入ってるだけ無駄なのが明白なソフトもないですね…。
ホント勘弁してほしいです。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年11月01日(月) 定番トラブル, ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連, ネットにつながらない・遅い, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき |

« WZCSLDR2.exe - エントリポイントが見つかりません プロシージャ エントリ ポイント apsInitialize がダイナミック リンク ライブラリ wlanapi.dllから見つかりませんでした。の解決。 | トップページ | PPPoE接続(広帯域接続)のショートカットを作りたい。 »

定番トラブル」カテゴリの記事

ウィルス・スパイウェア関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

ネットにつながらない・遅い」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/49942350/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: またお前かっ!:

コメント

お久しぶりです。JWord、ヤフーかんたんパソコン設定、グーグルアップデーター、何層にも積みあがったツールバー、この辺はパソコンに関心が無い人のパソコンでは定番アイテムですねw

投稿: わら太 | 2010/11/08 20:42:54

フリーソフトのアップグレード時に、あるバージョンからJwordを入れるか聞くようなっていたのに気づかずに入れてしまった思い出があります。

当然、わたしも駆除しました。

投稿: autumn | 2010/11/15 14:00:26

初めまして、某サポートセンターでオペレータをやっております。前から参考にさせていただいていましたが、ほぼ同じ内容、引き当てました。
このブログがなかったら、気付かずに残業になるところだったです、ありがとうございます><

備忘録を公開しておりますが、どこのセンターかは問い詰めないでくださいまし。

投稿: 霧雨 卯月 | 2010/11/26 21:12:45

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« WZCSLDR2.exe - エントリポイントが見つかりません プロシージャ エントリ ポイント apsInitialize がダイナミック リンク ライブラリ wlanapi.dllから見つかりませんでした。の解決。 | トップページ | PPPoE接続(広帯域接続)のショートカットを作りたい。 »